ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン3240】 ラーメン二郎 神田神保町店 (東京・神保町) 小豚 麺半分ニンニク 〜二郎本来のボリューム感!スケール感!を追体験してみませんか?

<「キッチン ジロー」のお向かいに「ラーメン二郎」!?しかも屋根黄色!!>
 
 ラヲタとして、二郎制覇はやってみたいものの、札幌店が出来た時点で諦めてしまいます。しかし、意地と言うか、見栄と言うか、「関東平野制覇」だけはキープしたい。この度、神田神保町店が、移転したことにより、食べログ、およびRDBの訪問済みチェックが外れてしまいましたので、見栄を果たし度やって参りました。
 

f:id:TOMASSOON:20180502113019j:plain

 
 
 訪問時、とあるGW平日。開店一時間前に到着で7人待ち。どうやら一巡目はキープできた模様で、後から続々とやって参ります。途中からスタフさんが行列整理に出て来られますが、ある集団は場違いな面々ながら店の中へと入って行く〜、きっと取材陣か何かでしょう(どこかでも見た面々〜?)
 

f:id:TOMASSOON:20180502123633j:plain

 
 オレは待ちながら考えていた。今日の麺量をどうしようかと。つまり前日夜の深酒がたたり、気持ち悪い〜。見栄と意地を放棄して「麺半分」としようか。時間が経つと体調復活し「少なめ」でいこうか。少なめにして小豚にしようか等など。しかしね〜、もうオレも歳だよなぁ〜なんて考え出したりして、結局妥協して「小豚(麺半分)」とさせてもらいました〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180502103822j:plain

   
 
 
<おいおい・・・これ本当に「麺半分」なのか!>
 
 こちらは、回転がゆっくりめで進みますが、事前に麺の量を確認しに来てくれるので、入店すると割と早めに配膳が進みます。中々、サービスを工夫しておられるのもわかりますし、近隣の方々への行列配慮には対応がとても早いです。好印象を抱いていたところで、コールタイミングとなり、配膳されたのがこれだ!。
 

f:id:TOMASSOON:20180502112126j:plain

 
 
 おいおいおい、オーダー間違ってないか??・・・いや、確かに「半分の方、ニンニク入れますか?」と聞かれた記憶がまあ新しい。これ、麺半分の麺顔とは思えません。ヤサイもデフォルト。危ない危ない・・・体調復活めで調子に乗ってデフォルト量だったり、ヤサイコールなんてしようものなら、今回はきっと遭難していたことでしょう。移転前もこんなだったっけ??。
 

f:id:TOMASSOON:20180502112116j:plain

 
 
 麺自体は、いつものオーション感覚の太麺ですが、太さがちょうど良いし、麺線が割と美しくストレートさがいい感じです。多少柔らかめな歯ごたえですが、その分スープをやや吸い込みがちだったり、ラードが吸着する部分が多そうです。なので、いつもの通りワシワシと食う中でも、後半はズボボボボボーーーっと啜り上げで食うのです。他客の様子を見ると、半分はカタメでお願いしていたみたい。やわ目がこの店の特徴なのかもしれません。移転前もそうだったような遠い記憶ー。
 

f:id:TOMASSOON:20180502112150j:plain

 
 
 しかし、体調悪めなのを言い訳にしたくないが、麺半分で遭難しては、もう二郎系を引退しなければならないだろうな・・・と最後は少し怖くなって来た。恥ずかしながら、半分で腹パンになってしまいました。一番美味しく食い切るボリュームと言えば聞こえが良いが、我に潮時を感じた一杯だったかも・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180502112211j:plain

 
 
 
<非乳化系のオイリー感覚の醤二郎!これは中々の好み!>
 
 所謂「非乳化」系の二郎ですね。透明なオイリー感が綺麗で、醤油のブラウンが透けて見える中で、プカプカと浮いている背脂が印象的。カエシは個人的にはマイルドな感じと受け取れ、ヤサイ(マシ)ならカラメが必要になるかも。カウンターにはカネシはなく、唐辛子が置いてあるので、足らないと思ったら振りかけるのがよろしかろうです。
 

f:id:TOMASSOON:20180502112122j:plain

 
 
 ニンニクはジリジリとせず、すんなりとカネシに馴染みますねー。これ食った後、新幹線に乗る予定なのだが、調子ぶっこきましたー。ブレスケアに処理を任せる次第。
 
 
 
<豚が柔らかくて美味し!遭難しそうになってもスルスル食える!>
 
 キャベツはやや少なめで、ほぼモヤシのイメージ。故に後半にはスープが薄く感じる部分もありましょうが、ヤサイの盛りもこちらはデフォルトがハンパないので、要注意かもですね。くどいですが、ヤサイ(マシ)にしないで本当に良かった・・・・遭難せずに済んだから。
 

f:id:TOMASSOON:20180502112118j:plain

 
 
 今回は麺半分にした見返りで、豚を追加したのが正解だったのかどうだったのか。体調とボリュームの観点でそう感じましたが、味わいはお見事!。ふわふわな脂身にカネシが染み込んで、甘辛く口の中で蕩けます。そして赤身の部分は柔らかく砕ける感じで、歯を立てる必要性すらないのかも・・・それくらい柔らかい。そして多かった。野菜の下にも沈み込んでいて、ずっとスルスルと食えたにに、とても旨いのに、最後の一切れの豚肉で遭難寸前でありました。
 
 
 
 総じまして、「二郎本来のボリューム感!スケール感!を追体験してみませんか?」と投げかけてみたい気がいたします。野猿街道でも死にそうになりましたが、それ以来の腹パン。決して体調のせいにしてはいけないかもですが、次回は、いや今度二郎を攻めるときは、前日に酒を抜こうと心を決めた一杯でした。最後にもう一度、自分自身に言いますが、「麺半分で遭難したら二郎は引退」しよう・・・・。そんなヘタレな私の神田神保町体験の巻でございました。自省を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   欲望と
   ヘタレな見栄の
   ラヲタ道
 
 
   苦しさ嬉し
   二郎の登山
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅

 

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

 
人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ (光文社新書)

人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ (光文社新書)

 
ぶかつ麺!ジロリアンはじめました 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ぶかつ麺!ジロリアンはじめました 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 
ラーメン二郎ニュースまとめ -簡単!二郎のまとめリーダー-

ラーメン二郎ニュースまとめ -簡単!二郎のまとめリーダー-