ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2462】 熱烈中華食堂 日高屋 西荻窪南口店 (東京・西荻窪) 味噌ラーメン大盛

日高屋ではこれが「野菜たっぷりタンメン」の次に好き!!! 味噌ラーメン〜その4>


 ここ「西荻窪」は、なかなかグルメな街で、かの井之頭五郎エスニックな店にハマったエリアです。カレー屋も有名どころ二軒もあり、私がか追い詰めた「麺尊RAGE」というラーメン店もあり、東京一と個人的には思うタンメン「はつね」がある。「いしはら」のワンタン麺もいいね。そして洋食系もなかなかいい店が目白押しで、グルメ雑誌の特集が組めるくらいです。そんな街でわざわざ「日高屋」です。しかも、今回もまた「味噌ラーメン」を食らう次第。ハマりやすい性格なので、自分で自分をしんどいヤツー!だと思いますよ、いやほんと。


  








 こちら西荻窪南口店に限らず、日高屋の偉いなーって思うところは、店員さんがダイバーシティなところかな。実にいろんな国の方が、日本式の接客で仕事をされてるのがいい感じです。この店は厨房にもそういう方がいらっしゃったりして、日本の未来って、だんだんとこういう風になって行くのだろうなーと、思うと感慨深いです。今の日本は老齢化と人口の減りゆく国ですが、労働意欲の高い各国の若者が集まるような国にしたいもんです。












【味噌スープが沁み入る麺が旨い・・・今更だけど味噌ラーの醍醐味を知るかも】

 これだけ通い詰めている日高屋ですが、それでも引き込む魔力は「麺」だったりして。多加水で平べったい形状自体は、個人的には好印象で、こういう太麺だったら好きなのです。スパスパって単純に切れ込むし、風味がどうのこうのというタイプではなくとも、汁を吸い込んでからのお楽しみ幅が大きい。味噌スープの場合は、ライト味噌の旨味と塩気と甘みが、麺に乗り移るような気がして・・・・奥歯で噛み締めた時の、味の残存が心地よいんです。今まで野菜炒めとか、スープの味わい自体に気が集中してしまいましたが、今更ながらの楽しみを見つけてしまった次第。










<野菜は熱でややへたった程度が旨い!特に味噌ラーの場合は!>

 これだけ食ってきて、味噌経験値が低い私ですが、味噌ラーのトッピング野菜は、ややクタった方が良いです。味噌を吸い込んだもやしは旨いと思うし、味噌の風味一辺倒だったスープに溶け込む野菜の出しが多いほど旨いはず。味噌ラーの場合は、固形物を食いおわたった後のスープが旨い。もしも、ニンニクがテーブルセットに備わっていたら、一番人気の「野菜たっぷりタンメン」を超えるヒットになるかもしれません。次回、マイ・チューブニンニクを持ち込んでもいいでしょうか?。きっと更に旨いと思う!!
















 総じまして、日高屋全メニューの中で、とまそん二番目押し!」と言うことでごめんちゃい。野菜たっぷりタンメンと味噌ラーメンしかこのブランドでは食わんかもー。と言うことで、なので詠います!



   ヘトヘトで
   食うの選ぶも
   チカラなく



   困った時は
   日高屋味噌ラー



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 西荻窪駅

熱烈 中華食堂日高屋―ラーメンが教えてくれた人生

熱烈 中華食堂日高屋―ラーメンが教えてくれた人生

日高屋だから「ひと」を学べた

日高屋だから「ひと」を学べた

「核の戦国時代」が始まる

「核の戦国時代」が始まる