ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン418】 らーめん あらうま堂 桜橋口店 (大阪・梅田) 焙々みそらーめん(ばら肉叉焼)

【本当に閉店間際で飛び込んだ!】

 ちょっといろいろとありまして、会社の帰りが遅くなりました。晩飯も食えなかったもので、このまま一日が終わるのが悔しい・・・。JR大阪駅の桜橋口改札から、すぐそばのこの店ならということで訪問決意です。梅田一番街店での先入観が働かないようにと、ちょっと変わったメニューをチョイス・・・、なのでこの一品。「焙々」と書いて「ほうほう」と呼ぶのね・・・。何となく説明書きなどを読むと焦がし味噌っぽいので、麺屋楼蘭とビビビーと共通項が思うかぶしね・・・。サービスの薄っぺらいメンマと、浅い単調な味付けのキムチをバリバリと喰いながら・・・・結構まったぞ10分少々。あいかわらずこのサービスつられで、客は入って混雑です(結構×2!)



【トッピングは個人的には好みじゃない・・・】

 チャーシューが好み以前ですな・・・・。注文のときに、チャーシューを選ばせるシステムは顕在!「こってり」は、ばら肉。「あっさり」はもも肉。じゃあと「こってり!」と選ばせて、期待高ぶらせておいて・・・・それほどでもない。たしかに、ばらロール肉だけど。

 また、学食の焼肉定食ででてきそうな、薄切り味付肉がトッピングで少々のっています。これは、普通ありがたいのですが、冷凍食品を炒めました的な匂いと後口が残りすぎるので、これは改善いただきたいですね・・・。この後口は、スープともケンカします。



【麺は・・多くを語らず・・】

 喉越し命!それだけは言える・・・・。以前は、そこそこ・・・弾力もあり歯ごたえは楽しめたはずが、今回はそれほどでも・・・。はやり風味という点では見劣りするなと思います。中太ストレートで色は黄色に近い。ライトなようでコクのあるスープとのマッチングもなかなか良いと思います。



【焙々(ほうほう)の意味を問いたい!】

 どこに焙煎の風味があるのか・・・バカ舌ですので分かりませんでした。タカノツメを少し感じましたがそんなところじゃ・・ないですよね。焙煎の香ばしさより、まったりクリーミー味噌ラーメンと呼びなおしたいです。後半は、サービスキムチを投入して、少し味辛味噌風味に変化を持たせて、個人的には落ち着けました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、スタフはみんな若くて一生懸命なだけに・・・もったいない・・・。麺顔の見栄えはそれなりに良いのですが、どうも既製品感覚がぬぐえません。とくに、750円という価格設定にへなへなになりました。やはり、こちらは定番の「あらうまらーめん」が一番よろしいかと思えます・・・。しかし深夜の空腹を癒してくれた点については、厚く御礼を申し上げたいです。それに、いつ前を通っても、この集客は、やはりファンが多少は根付いている証拠。定番のらーめんに益々磨きをかけて欲しいと思います。ということで合掌!今日もごちそうさまでした。

followme



あらうま堂 桜橋口店

食べログあらうま堂 桜橋口店