ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3082】 Tombo (東京・井の頭公園) 汐の旨味ソバ 〜さすが美味さの震源地!吉祥寺ラーメン地殻変動を起こすか地雷源!

<思わぬ先客にタジタジ・・・>
 
 ラヲタの低年齢化が進むのかー!?。駅から少し歩くロケーションなので、ある程度のラーメン好きしか集まらんかなと、思い込んで余裕をかまして訪問してみた「Tombo」さん。ですが小学高学年か、中学一年くらいの集団が開店前のポールポジションですよ。うーすげー。年玉ゲットでバブリーな集団は、特製トッピングやサイドメニューなど、まさに欲望の赴くままに券売機ボタンを押しまくっておるー。まさかその歳でラーメンブログでも早や始めてるのか・・・写真メモまでキッチリ残してからすすり食ってる。思わぬライバル達出現で、面白い年始ラーメン活動となりました。
 

f:id:TOMASSOON:20180104115458j:plain

長渕剛 SINGLES Vol.3 (24bit リマスタリングシリーズ)

長渕剛 SINGLES Vol.3 (24bit リマスタリングシリーズ)

 

 

 とは言いつつも、その他は落ち着いた年齢層の客ばかりで、本格営業開始を待ちわびたような様子が、会話からもうかがえる。本当に地元に根を張ってきたなーって実感が滲み出るようです。そんなオッサンな私は、今回は「汐の旨味ソバ」並単品とさせていただきましょう。本当は味玉を追加したいところでしたが、年玉で散財した身ですから倹約的になってしまうー・・・。
 さて少年達よ、これが大人のラヲタと言うものだよ。食うのがメチャ早いだろ?。お腹が減っているだけじゃないんだよ、ラーメン好きで君たちのように猫舌じゃないから、すぐに食べきってしまうのだよ。私があまりに早く食い切って、少年達をごぼう抜きしてしまったから、隣の少年が唖然としてないかと思い、思わず心の中で呟いて最後は退店しました。
 
 
<程よい塩梅とはこのこと!サラサラで分厚い鶏ガラ系エキスと魚貝系の塩だれエキスのハイバランス!>
 
 若いうちはいつもいつも腹が減ってたと言う記憶。だから大盛りとか特製という文字には思わず反応していたわけだ。しかしある年齢を過ぎると、あまり脚色していないデフォルトの方に安寧を覚えるようになる。厚化粧よりは、薄化粧かスッピンの方が好きになる。そんなナチュラルメイクな麺顔は、少年達の生産ロットとともに、やってまいりました。それがこんな麺顔。

f:id:TOMASSOON:20180104114845j:plain


 
 うう!まさしく塩そば!!その名も「汐の旨味ソバ」ですな!!!余計なものがない一方で、しっかりと隅から隅まで力強いオーラを感じさせます。まずその透明度は、丼の底まで見えてしまいそうな勢いで、深く沈んだ麺線までもがはっきりと見えるバイカル湖状態。そして表層は鶏のエキスがプカプカ浮いていて、それはまるで11月の誕生石トパーズが光り輝いているようです。微妙に塩ダレのカケラが浮き、微妙に焦がしネギ油を連想したりしてしまうー。見栄えと香味は抜群です。
 

f:id:TOMASSOON:20180104114848j:plain


 そして味わいに移ると、これがまた「ええ塩梅」としか言いようがない。塩気を追い求めて味わうと旨味とぶつかってそれと区別ができなくなる。また逆も真なりで、旨味を探すと塩気とぶつかり迷子になる。なんだか旨味=塩気なのだと味の定理を感じてしまう。旨味も塩気も決して薄味ではないけど、ズドンとパンチを覚えるまでのワイルドさはなくて、極めて上品。この崇高な味わい、ハイレベル感を隣で小・中学生軍団が、静かに味わっているのだから、ちょっと逞しいやら末恐ろしいやら・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180104114910j:plain


 個人的には、チャーシューの脂身がスープで溶け出すような甘みが滲む、後半の味が好き。麺の風合いも少しスープに溶け出したりして、甘みが加わるような気がしてなりません。さらっと茶漬けにしてもうまいかもしれません。かといって大盛りではバランス崩れそうだし、本当に繊細なスープ感ですね。
 
 
 
<色白でとてもしなやかなストレート細麺!汁を吸い込んだ旨味が優しい旨味!>
 
 いわゆる多加水麺です。そしてしなやかな麺線が不規則に捩れつつも直ぐに解ける。そんなストレートさが気持ち良い見栄えです。冒頭から汁を吸い込んだかのような腰つきは、誰にも受け入れられるでしょう。ねり水の個性も消えていてグルテンの風味も序盤にはキープされてるし、麺同士が寄り添って揃う様は、毛細管現象となってスープの持ち上げをアクセルします。ズボボボボーーっと男前にすすり食うべしですな!特に少年たちに伝えたい(笑)。お子ちゃまのようにチュルチュル啜るのも・・・正直、捨てがたいがね。
 

f:id:TOMASSOON:20180104114929j:plain


 前歯のスパスパという切れ込みが心地よくリズミカル。また奥歯でもプレスでは淡白に短いタップでクチリと潰れるので疲れない。しなやかで細麺、そしてツルツルな表層なので、口元から内頬・喉奥までの駆け抜けるシルエット感はとても、軽やかで抜けていきますよー・・・これは美味いね!。
 

f:id:TOMASSOON:20180104115008j:plain


 
 
<肉厚で皮部分の甘みをしっかりキープした塩ダレ浸透バラ肉チャーシューが旨し!!>
 
 肉が上品そうで実はちょっとワイルドな一面もあります。極力皮の部分も残しているタイプで、皮膚のゴツゴツ感が残ってます。しかしその直下にある脂がとても肉甘く、塩ダレも一番浸透していてこの上なく美味い!。しかもバラ肉が分厚くて食べ応えあり。

f:id:TOMASSOON:20180104114850j:plain


 
 大抵の場合、醤油系のつけダレが普通だと思うのだけど、こちらは塩ダレ系で、塩ラーメンの中においても一体感が強いです。酒のアテにも最適なチャーシュー。またメンマは細めで長いタイプで、しっかりと熱が通っていつつも、コリコリとした歯ごたえがあって好みでした。これも酒に合うタイプ。昼からビールはやりすぎだと思うから、一度夜の部に訪問してサッポロ赤星とともに流し込みたいですー。
 
f:id:TOMASSOON:20180104114941j:plain
f:id:TOMASSOON:20180104114853j:plain

 
 
 総じまして、「さすが美味さの震源地!吉祥寺ラーメン地殻変動を起こすか地雷源!」と言う感じでしょうか。地雷源ご出身らしい美しさと旨さのバランスは、とても優しいながらも旨さは衝撃的!。メニュー制覇は確実にしたいと思っておりますので、今年は訪問頻度を勝手にあげさせてもらいましょう。今年はちょっと昨年以上に、仕事は荒れる年になりそうなので弱気になってはいられません。勝ち負けが否応無くついてしまう環境になろう・・・・と予測されますので気合いを入れ直しましょう。そんな気分で最後にさらっと詠って締めたいと思います!。
 
 
   穏やかに
   睦月の風も
   温かく
 
 
   今年決意に
   勝ち虫拉麺
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
f:id:TOMASSOON:20180104115420j:plain
f:id:TOMASSOON:20180104115427j:plain
 

関連ランキング:ラーメン | 井の頭公園駅三鷹台駅吉祥寺駅