ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3172】 寿製麺よしかわ 坂戸店 (埼玉・北坂戸) 牡蠣そば 〜容姿エレガントにして大胆牡蠣風味はリッチ!高次元牡蠣そば!

<牡蠣大好き「牡蠣星人」のオレは・・・埼玉・坂戸へやって来た>
 
 幸いなことに、ここのところ週末は休めています。2〜3年前までは、休日出勤当たり前だったんですが、いいのか悪いのか。労働の裁量制が国会でどう審議されようと、結局は、仕事の責任は果たすぜ!と言うしかないのですがね、オレはーー。わかる人だけに共有したかっただけ。・・・そんなわけで、平日がしんどくて、最近は、夜のラーメン活動ができない分、昼飯とか週末で発散してます。今回はその極みということで、車で高速飛ばして遠征して見ました!。やって来たのが「関越道坂戸IC」。狙いは「寿製麺よしかわ 坂戸店」です。駐車場を広めに完備ってところがありがたい!。
 

f:id:TOMASSOON:20180310111357j:plain

 
 
 どうしてこの店に固執したかというと、私「牡蠣大好き、牡蠣星人」だからです。レギュラーで「牡蠣そば」があるなんて何て素晴らしい!。しかも、「よしかわ」ブランドですからね。もう旨いの保証されたのと同じです
 
 実際についてみたら・・・・なんとも、辺りは殺風景というか(失礼)、そうじゃない!空がデカい場所柄だ!。それに準じて店はとても広めで使い勝手が、店側も客側もナイスです。週末土曜日は混むかなーっと思ってたんですが、川越店よりは並びも少なく、するすると入店できましたよ。
 

f:id:TOMASSOON:20180310111728j:plain

 



 
<これは凄い!牡蠣の風味が遠慮なし!!大胆で驚いた!>
 
 ラーメン活動で、一万円両替お願いーってのは恥づかいので、いつも野口英世はキープしてます。ところが今回は、この手持ちの野口を、券売機が何回やっても吸い込もうとしない・・・・。吐き出すパワーがあったら、吸い込むパワーに使えよ!と言いたくなる。そこで店に、オレの野口と、店の野口を交換してくれと言おうと考えた。しかしそれも恥ずかしい。なので、祈る気持ちで6回目(だと記憶)をトライ。するとようやく受け入れてくれました!!!!!!!!。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110033j:plain

 
 
 
 達成感満載のオレに対して、背中で感じる後客の視線が痛い。
 
 座席についたオレは・・・何事のなかったかのように、ただスマホ好きのおっさんを演技して、周りの客と目線を一切合わせないのでした。そんなドギマギで配膳されたのがこの麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110734j:plain

 
 
 おお!これは・・・汁の濁り方がすでに海鮮牡蠣エキスの染み出しを濃厚に感じさせます。表面に漂う香味油がキラキラと輝いて、しかも霞んでいるように見えて、透明感もありあり。美しさに見とれているばかりではなく、ゆっくりとレンゲを近づけます。この時点でふわっと牡蠣の香を感じる。そして口元に接した時点で、いきなり物凄い牡蠣のエキス香を感じます。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110741j:plain

 
 
 おほ!?濃密な牡蠣の香り!!これは牡蠣好きにはたまりません!!!しかしその一方で食べ手を選びそうな風味感。好き嫌いがはっきりと別れますかね?。私は牡蠣をフェチの如く好きな方なのでいいのですが。しかし実際に味はというと、これが上品な牡蠣エキスなのです。貝類の中でも牡蠣ってすごく個性的だったんだとこの時感じます。関西転勤時代に、牡蠣うどんというのをよく食ってたんですが、その和出汁感覚とは違うワイルドさ。全体的にエレガントでありながら、牡蠣ワイルドさを持ち合わせるという不思議な一杯です。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110744j:plain

 
 
 塩気が非常に薄く素材の味をマスキングしません。京都弁でいう「はんなり」した味風景とでも言えましょう。特に気にいったのは、海苔が溶けて少しスープに漂うところ。こトッピングの海苔が非常に香り高く質感が良い。それがスープに溶け出すとその香が立つのです。海鮮出汁ですから、この海苔の風味がベストマッチ。節や煮干、昆布などのエキスも柔らかな一体感あり。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110808j:plain

 
 
 
 
<麺がここまでうまいとは!極細ライクでクッツリ感絶妙!!風味が汁に合う!!!>
 
 流石の自家製麺!!旨いとは知っていたが、特に今回の麺のうまさは、ピカイチとしか言いようがありません。全粒入りとまではいかない細かい殻粒子の打ち込みが、見えるか見えないかの程度で少し確認取れます。全体的に落ち着いて薄い褐色。かん水の低さを感じます。すするとツルツルというより、汁を吸い込んで滑らかにスベるという感じ。前歯で噛む瞬間は、クッツリとした緩い引き締まりを感じる歯応えがナイスです!。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110824j:plain

 
 
 加水は中程度?。割と極細系に近い切り幅で、角がきっちりしている印象を与えます。丼が今風の鋭角的なタイプだから、麺が少なそうに見えますが、きっちり140g以上は入っているのでは?と思う満足度ボリューム。奥歯でプレスすると粉の質感の高さが十二分に感じさせるグルテンの風味です。汁を吸い込んで牡蠣エキスを楽しむ。炭水化物と海系の旨味の一体感がたまらんです。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110833j:plain

 
<レアチャーシューが素晴らしくてもお酒は我慢だ!>
 
 しっかりレアチャーシューが入っておりまして、これが大満足!。やはりこのブランドのレアチャーシューは、しっとり感が最高ですー。塩気が薄く、肉の本来の旨味と、脂身の溶ける甘みがベストマッチ。立体的に盛り付けてるのは、飾り立てもありましょうがボリュームもあってそうなってます。奥にはモモ肉っぽい別のチャーシューもあって、二種楽しめるというサービス精神も嬉しい!嗚呼、こんな肉だったら・・・やっぱり酒が欲しくなる。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110748j:plain

f:id:TOMASSOON:20180310110958j:plain

 
 
 
<焼き牡蠣!牡蠣好きにはたまらん!お酒は我慢だ!>
 
 焼き牡蠣です。5粒入っとりましたー。牡蠣は黒い部分の淡い苦味と、肉の中にある深緑部分のえぐ味が好きなのですが、白身の焼き焦げた部分もまた堪りません!。ややプリプリ感薄く、引き締まっておりましたが、牡蠣大好き「牡蠣星人」としては満足満足!嗚呼、こんな牡蠣だったら・・・やっぱり酒が欲しくなる。
 

f:id:TOMASSOON:20180310110802j:plain

f:id:TOMASSOON:20180310110752j:plain


 
 
 総じまして、「容姿エレガントにして大胆牡蠣風味はリッチ!高次元牡蠣そば!」と言う何も捻りのない感想でごめんちゃい。いやー、やっぱりこのブランドは良い!接客も店箱も味も何もかも好みじゃないですか!。これは再訪問確実で、いずれ鰯そばを食べたいと思っているのですが、それは別の支店で提供してるんでしたっけ?。今回は個人的には、最近稀に見る遠征をしてみたのですが、行動した甲斐がありました。ご機嫌気分のまま、帰り道へとハンドルを切りました。そんな感動を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   頬を切る
   北風も早や
   緩やかに
 
 
   牡蠣の香運ぶ
   よしかわのそば
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
簡単にYouTubeにもまとめました
 

関連ランキング:ラーメン | 北坂戸駅

 

野口英世―伝染病にたちむかった医学の父 (学習漫画 世界の伝記)

野口英世―伝染病にたちむかった医学の父 (学習漫画 世界の伝記)

 
野口英世 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (1))

野口英世 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (1))

 
野口英世 (コミック版世界の伝記)

野口英世 (コミック版世界の伝記)