ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2570】 餃子の王将 武蔵境駅前店 (東京・武蔵境) しいたけ旨煮そば


<「武蔵境駅前店」限定のスペシャルメニュー!>


 「餃子の王将」は、子供の頃から身近にあって、小学高学年以上になると友達の家へ遊びに行くと、たまに餃子はおやつ代わりに出してくれた。高校から予備校までの間は、もっぱら「木須肉(ムースーロー)」とライスばかり食ってた記憶。確か、昔の京都にあった王将チェーンは、もっと店ごとにバリエーションが独特で(というばバラバラで)、限定メニューやセットが目白押しだった。例えば、プロレス好きな店主は、「ジャイアント馬場定食」ってのを勝手に考案して出してたような記憶(定かではない)。また、京都の貧乏学生は、王将で30分皿洗いをすれば、食事代は無料にしてくれる制度もあり、多分かなりの方がお世話になったんじゃないだろうか。私が就職で東京に出てきた時には、東京では王将がとても少なくて泣いた。それが今では、かなりどこでも食えるようになったのだから隔世を感じます。中央線なら気軽に食える。今回は、「武蔵境駅前店」に出没。近くのイトーヨーカドーへ用事があったついでに寄ってみただけ。







 王将でラーメンなんて、関西にいた頃は食ったことほとんどないんだけど、東京に出てきてから食うようになってしまった・・・。「他店では食べられない当店限定オリジナル」「しいたけ大好き大集合!」「しいたけ好きにはたまらない」「しいたけしっかり、たっぷりしいたけ」等、キャッチコピーにも熱がこもってる。ガチで推しているから今回は「しいたけ旨煮そば」なるものをオーダーしてみました。きっとこの店の店主はしいたけ大好き「しいたけ星人」に決まっとる。なんだか、王将本来の心意気を感じるところが良いねー。麺顔みた時は正直びびったわー。












「確かに宣伝文句に偽りなし!しいたけボリューム半端なし!しいたけ食いすぎ地井武男ーーーーー!」


 しいたけの洪水状態です。これで外税560円とは嬉しい。しかも肉厚で実に立派なしいたけばかりです。食っても食ってもしいたけが減らない(笑)。スーパーで売っている1パック分は絶対にある。それ以上かも!?。それにキクラゲも入ってるからさらに嬉しい。人参、白菜、玉ねぎ、さやえんどう、豚肉もがっつり入っている餡掛けトッピングが実にナイス。非常にお得感があります。











 スープは、どうせレギュラーの醤油ラーメンスープに、餡がのっただけでしょう・・・・と思ってたけど、理屈は外れてないけど、これが意外にうまかった。なぜかというと、【これだけたくさんのしいたけが入っていれば、旨味成分の滲み出が半端ないはずでしょ!】というもの。しいたけの出汁が実によく滲んでいて、いつもの化調を感じさせる塩気など、全然吹き飛んだか多い尽くしたかのごとしです。これは本当にびっくりで、しかも他の肉野菜炒めのエキスも滲むので、さらに感心をしてしまった。







 麺をリフトすると、一部ダマになってて笑った・・・こういうところが王将ラーメンなんだが、この場合は愛らしいではないか。しかし、ダマはこの一部分だけで、全体は偶然なのか、やや硬めの茹で上げでとても美味かったりします。当然、餡が全体に絡まって
スープの持ち上げが良いどころではないし、お食事としてもしっかりした一品に仕上がってるような印象です。














 総じまして「しいたけ大好き『しいたけ星人』に捧げる冬の贈り物」という一杯でして、こうなると中野坂上のしいたけの一杯も食わなければならななくなりました(しいたけ心に火がついた)。この「武蔵境駅前店」は、こういう昔ながらの王将スピリッツがあって好きだな・・・これは定期的に訪問したいかも。自宅に戻って、家族にこの話をして今度一緒に行こうと誘ったら、オレだけ行ってきて、帰りに餃子を買ってこいとのこと(泣)。関西人の大衆めいた郷愁は、伝わらなかったという結末・・・。ということで、とっとと詠います!



   年の瀬も
   きついノルマも
   もう限度



   しいたけ食って
   ストレス回避



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


PS ちなみに、帰り道にスーパーに寄ってしいたけの価格を確認てみた。248円だってさ・・・このラーメンに比べれば少ないけど。やはりこの一杯のしいたけポテンシャルはすげー!
 




関連ランキング:餃子 | 武蔵境駅

多摩さんぽ~武蔵境編 [DVD]

多摩さんぽ~武蔵境編 [DVD]