ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン424】 麺一盃 (大阪・塚本) 正油(こってり)大盛り

大阪駅近辺で妥協するくらいなら、一駅我慢しよう】

 JR神戸線大阪駅から一駅の塚本駅までなら空腹を耐えられる・・・。夜も遅くいつもの常連店が閉店している時間なのですが、高品質なの食べたい気分・・・。そんな感じで迷いなく午後10時半近くに塚本駅におりたち、まっつぐ訪問です。先客2名。僕のあともパラパラと入っては入れ替わりで、結構いい回転。そら・・・新しいアルバイト君が入るわけですね。着実にのってきてるな・・・とファンな気持ちで一安心です。ご店主も以前より余裕あるやさしい笑顔がいいね。今回は、こってりで、がっつりと、いかせていただきます!



【抵抗ないこってりですね・・・やっぱりすごい】

 見た目からして他の先輩レビュアーさんもおっしゃってますが、どこが正油やねんといいたい・・・マットなベージュ・・・。昔懐かしいオジイのラクダのパッチを彷彿とする・・・・キャメルカラーです(例え下手・・・点数に免じてm(_ _)m)。レンゲから垂れるしずくがもはやコッテリ〜なトロミを感じさせます。前回の濃厚味噌を体験しているものとして、相当濃そうやな・・・と一瞬意識内でたじろいだりします・・・。しかし、濃厚なものの、何の引っかかりもなく、クリーミーとすら覚える重厚感覚です。豚骨の独特のクセも感じないし・・・・鶏骨かと思うくらい。魚粉もきつく感じることもなく自然な感じだし、スープのボディ自体が表現豊かです。甘み、塩分、風味等相当濃いのに相殺しあわないバランスさえ感じますね。それにしても、ほんまに目一杯まで溢れる寸前までのスープ量でして・・・少し銀の受け皿とテーブルに溢した・・・・・。すんまそん。



【手作り感溢れる麺でして、麺の外側が飴色見えてしまう】

 こちらの麺も独特です。平打ちややうねりあるちょいウェービー麺。表面がモッチリ系で、ジャガイモ澱粉でも入っているのかと疑いたくなるくらい、表面ちょいザラなモチモチ麺です。歯ごたえは少し柔らかめなのですが、最後はしっかりとくっちりとした感触があります。またスープの持ち上げが強く、こってりスープとの相性はばっちりです。もう・・・箸でリフトして、まじまじと眺めますと・・・・手作り感溢れる麺でして、麺の外側が飴色見えてしまう。



【チャーシューも柔らかくて大きいね】

 こんだけしっかりとチャーシューが入っているのに、気があまりつきませんが、結構大きめでGOODでしたよ。味も薄味で控えめだったし、スープと絡む計算をしているのが伺えます。あと玉ネギのスライスが入ってたのが面白いですね。スープのコッテリの中にあって、フレッシュスライスたまねぎが、爽やかさに感じられ、若干の苦味も旨みにとけこむ感じですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、すでに軌道にのったかのいい安定した雰囲気すら感じました。いかにもラー好きなお客が、根付いている感じすら・・・。少ないメニューでよくがんばっているなと感心します。この品質で通常650円がすごく安く感じる。こってりだと、スープまで飲み干せば、大盛りでなくてもかなり充実した満足感が味わえると思います。更なるステップアップを期待してやみません。ということで合掌!今日も本当にごちそうさまでした。また、春本番になって、春夏の限定麺を期待してますよ!

followme



麺一盃

食べログ麺一盃