ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2034】 二葉 上荻店 (東京・荻窪) 熟成中華そば


 ラ活で遠征することなく、通勤経路で地道に食いたいものを、じっくり食ってみるか〜なんて。多少気の抜けた感があるけど、ナチュラルな気分で訪問した「二葉 上荻店」です。秋が深まると肌寒いこともあってビールは控えたけど、あまり負担を感じないものを胃袋に流したい気分もあり。今回は定番の「熟成中華そば」をチョイスです。でもね、多少確信犯な部分もあり、ちょっとだけ肉に埋もれてみたい気分だったんだよな〜。一体何がしたいんだろうワシは……。







 こちらの店は、いつ訪問しても寂しくもなく、混んでいるわけでもなく、いい感じで一人になって食えるのが好き。特に今回は、小テーブル席をキープして余計に安堵を覚えます。ちょうど目線の上にテレビがあって、無害な情報番組が流れているのを、ただぼんやりと眺める。仕事終わりのおっさんには、いい1日のエンディングです。こんなに落ち着くなら、やっぱりビールも注文しとくんだったな^_^。少しゆっくりと微睡んでいたいと思うと、たいてい配膳のタイミングを迎える。ラ活の臨戦態勢にスイッチが切り替わり、ラヲタに変身〜。


  











【しっかり&すっきりした醤油と豚コク、加えて香る煮干の味わい!安定感あり】


 激戦区荻窪で、価格と質感を両立しているとするなら、この一杯は外せないと思います。メニュー麺は「熟成中華そば」と銘うってますが、いわゆるどの店でも定番の醤油ラーメンです。一番低価格で粗利が少なくとも、味わいで勝負しプレゼンスを発揮するところですが、その点なら大合格だと思えますよ!少し前までは、たしか680円だったか???今は値上がりして710円ですが(10円こだわる)、低価格でこのインパクトはナイスです。チャーシュー麺以上にチャーシュー麺な定番品。そして醤油系の漆黒のスープに煌きを感じてとても全体的な質感が高い〜。







 そのスープなんですが、見栄え通りの醤油のまろやかさとキッパリさがよく出ています。熟成・・・という名称からくる先入観もあるのか、とっても質実な醤油の円やかさを感じ、そこに「さすが熟成!」などと感じてしまいます。ピッチリしているというより、濃ゆいのにあっさりしている醤油ダレという感覚。そのあっさりさの中にナチュラルな甘みも感じられ、なんとなく動物系の出汁感と結びつくものがありますね〜。確かに薄っすらとした脂も感じられるかも。そして豚系や鶏の味わいも深く滲み出ていると思えます。









 しかし、今回は妙に煮干しの風合いをいつもより強めに感じて、これがまた良かった!煮干し醤油と銘打っても、巷では十分にそれと通用しそうな、いい感じの魚介感も滲み出てまして、すっきり食えることこの上なし!












【多加水ストレートでやや捩れ麺、汁吸う旨味と、ややハードなモッチリ弾力】


 多加水のモチモチとツルツルが持ち味のこの店の麺。今回はとくに美しく感じる見栄えですね〜。割と密度感ありつつスパスパと切れすぎず、プッツリプッツリと間を置いてから千切れるような前歯の当たりイメージ。しかし、一旦奥歯へと送り出すと高反発のモチモチッ!っとした感覚が鮮烈です。ところどころ、汁を吸ってかナチュラルに和らぐような部分もあり、スープとの相性という点では、最高なのではないでしょうか。







 すべりにおいても、特段に言うことなく、非の打ち所がないです。張り付くような部分もなく、ただ内頬や舌触りなど軽くタッチしたかと思うと駆け抜けるような滑り込み。喉奥へと落ち入る瞬間のシルエット感もほどほどで、何気なくドギツサがない定番のうまさ。やはり、汁を吸いがちな多加水系のいいところを持ち合わせている良麺ですね。












【上出来のチャーシューが5枚!デフォルトの満足度ナイス!】


 さて・・・この一杯は、スープ、麺とも良好なのですが、やはり大喜利は「チャーシュー」に他ならないでしょう。余計な具材は一切排除して、この肉に賭けています。その枚数は・・・5枚。バラ3枚、ロース部2枚という構成だったかと。皮の部分も削がずに残して火であぶる。その周りの一番外周の脂がまた甘くて香ばしい。とくにバラ肉での炙り部分は最高です。そして、ロース部位もなかなか。きめ細かい繊維質がパフパフとした、まるで鶏胸肉のようでナイス!食べ応えを問うのがもはやナンセンス。汁の熱で脂身がより透明感をまして、甘みを醸し出すところまで、放置してから食うのがベストでありましょう。












 総じまして、選択と集中の潔さ!シンプル・イズ・ベスト以上の満足感ある熟成醤油麺!」と言うそのままの感想で、今回もごめんちゃい!ともあれ、ラーメン天国「荻窪」で降り立ち、いざ何を食おうかと思うといろいろ迷いすぎる。だけど・・・行列に嫌気がさすなら、まずはこちらかな。比較的営業時間がいいし、また疲れないでいい一杯を食えるからね・・・・。なので詠います!



   長雨の
   続く冷たさ
   暖をとる



   秋は深まり
   煮干も深し



 お粗末!と言うこと家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅

荻窪風土記 (新潮文庫)

荻窪風土記 (新潮文庫)

荻窪 シェアハウス小助川 (新潮文庫)

荻窪 シェアハウス小助川 (新潮文庫)