ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3343】 NOODLE MEISTER 源九 GENK (東京・九段下) 塩煮干 + ハートランドビール中瓶 〜ソフィスティケートな淡麗煮干!エレガントな丸鶏エキス!

<九段下もラーメン事情が面白いことになってきそうだぁ〜!>
 
 九段下がすごく面白い。ハイレベル店が集まりだしてていい感んじ。八咫烏・二階堂などお気に入りの店が多い上に、専修大学まで範疇に入れれば黒須だって近い。そんな名店の隙間に堂々とオープンしたのが、こちら「NOODLE MEISTER 源九 GENK」さんで、ついつい後回しにして今に至ります。なんとなくいつも前を通ると空席が目立つ様子なのが、とても気になっており、日曜日の午後に訪問してみました。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113021j:plain

 
 
 もともと休日の人口が著しく減るエリアなんだけど、休まず営業しているところが泣かせます。それに普段平日は「貝だし」「丸鶏」のラインナップですが、土日だけ「煮干」と言う展開も、実に頑張っていると思う。なんだけど、グルメ系SNSではそこそこ苦戦しておられます。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113022j:plain

 
 
 酒のラインナップにしたって気が利いてます。クラフトビールと緑のボトルの国産ビールがあり、ハイボールだって銘柄にこだわり感じます。加えて自家製麺とのことで「NOODLE MEISTER」なんだから、結構魅力がてんこ盛り状態。今回は素直な気持ちで実食いたしましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113024j:plain

 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・ハートランドビール
 
 その前にハートランドビール!。また今回も二日酔いが完全に治らず、ちょっと迷ったんですが・・・ハートランドを目の前にして袖にすることは、ファンとしては出来なかったー。小瓶だったら迷わなかったもだろうが、くよくよしてるぐらいなら飲じまおう!
 

f:id:TOMASSOON:20180729113040j:plain

 
 
 アテにサービスしてくれたのが、アサリの自家製佃煮。これがまたふわふわの身で食感がすごく上品。それに薄味仕立てで、とても美味い!。あゝ、これだったら貝だしも質感良さそう。もうこの時点でもう一回平日に訪問し直さねばと考えておりましたわ。
 
 
 
<円やかな塩気と煮干感!丸鶏香味が豊かなれどしつこくないねぇ〜!葱油が好き!>
 
 とても清潔感ある店内で、大人の雰囲気ある洒落た店作り。あと客来ずでずっとひとりぼっち状態で、少し緊張を覚えます。それでも、色々下準備でご店主は仕事に余念無く、ぼっち好きな私は実は一番くつろいでいたのかもしれません・・・。そんな静かにBGMを楽しみ浸っていたところに、ちょうど配膳が完了いたします。それがこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113041j:plain

 
 
 おおお!想像通りのシンプルな煮干しそば!。煮干はやはり塩から攻めたい私にとっては、なかなか好みなスープカラーです。少し琥珀が強めな塩ダレが印象的で、そこにはほのかに香味油の存在がありあり。そこに塩のパンチではなく、甘みを感じさせる余韻を放つ感じですね。アニマルオフタイプでないところにも芳醇さが伺え、これはきっと食べやすそうな煮干し感覚!。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113044j:plain

 
 
 一口めからまろやかな味わい。ベースの鶏エキスがすでに芳醇な上に、焦がしネギ油?香味が効いており甘みと香りをふわっと感じさせる余裕があります。しかし「煮干そば」たる矜持は忘れておらず、煮干しの香ばしさはしっかりとしているようです。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113121j:plain

 
 
 ニボニボとしたタイプの煮干しではなく、身の甘みと香ばしさをアピールするタイプの煮干し。塩気は優しい感じで、塩味に風味すら思うまろやかなカエシは、きっと万人ウケすると思います。店のうんちくによれば、煮干しは、有名ブランド「伊吹いりこ」で出汁を取る前にローストしているらしい。それを低温でじっくりと時間をかけて煮出すという手間のかかりようなので、こういう価格設定になるのでしょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113122j:plain

 
 
 それにしても、丸鶏の豊かさと煮干し軽やかな旨さ・・・その一体感に静かに目を閉じて、唸ってしまいそうでしたが、ぼっちの開放感ゆえの自由さもいいものだね。
 
f:id:TOMASSOON:20180729113025j:plain
f:id:TOMASSOON:20180729113038j:plain
 
 
 
<パツパツし過ぎず上品なクスクスした歯応え!香りも伝える逸品自家製麺!>
 
 自家製麺がまた見事。淡麗系煮干しそばには、やや加水を低く抑えたストレート細麺がよく似合います。私は好きなタイプですが、パツパツさを苦手とする方にも、ちょっとこれはオススメかも。低加水なのですが、密度感がそれほど高くないため、歯応えに余裕があります。パツパツというのではなく、クスクスとした歯切れもまた楽しいもの。
 
 

f:id:TOMASSOON:20180729113125j:plain

 
 漆喰のようなきめ細かい地肌なので、大変滑りが良いです。ライトに啜り上げ、前歯でクスッと千切ると前半だとほのかな粉の風合いが伝わるはず。奥歯へ運ぶと尚更それが味わえます。時間がたつとゆっくりと汁の浸透を許し、出汁のエキスと麺の風合いが一体した旨味へと変わってゆきます。この後半もなかなか旨い味風景で、唾液が余計に出てくるイメージです。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113124j:plain

 
 
 
<片面炙りのバラ肉チャーシュー!久々に出会うと嬉しい!>
 
 10年以上前、関西転勤時代にラーメン活動していた頃は、こういうチャーシューが多くて、ちょっと個人的には嬉しい感覚。バラ肉の脂の甘みが芳醇で、スライスの片面だけハンディーバーナーで炙ってあるタイプ。この表裏の違う歯ごたえがまた楽しく、炙られた香ばしさと香りが、一層食欲を誘います。チャーシュー増ししても良かったな・・・この旨さなら。
 

f:id:TOMASSOON:20180729113123j:plain

 
 
 
 
 
 総じまして、「ソフィスティケートな淡麗煮干!エレガントな丸鶏エキス!」と言う感じでして、ちょっと客入りが心配でしたが不安を跳ね除ける印象。これは激しく貝塩バージョンを試してみたくなりました!。夏休みに入る前には何とかしたい・・・・。ともあれ、もう少し客入りがあっても不思議ではありません。ちょっと宣伝も兼ねて応援したい。ということで、宣伝部長募集!。そんな気分でとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   穏やかに
   いりこの甘さ
   染み入りて
 
 
 
   ハートランド
   苦味も染みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 九段下駅神保町駅水道橋駅

 

 

ビアマット (25枚25柄) シリーズ1

ビアマット (25枚25柄) シリーズ1