ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3344】 おおぜき中華そば店 (東京・恵比寿) [限定]冷やしにぼしそば + ごはん ~アイデア尽きる事無しのミラクル限定!王道回帰の質実冷やし煮干麺!

<朝ラーメンを始め、昼から通し営業で質感高い一杯を提供!とっても重宝な店!>

 そろそろ盆踊り準備もピークなのでしょうか。東京あちこちで櫓の設営やらチラシ&ポスターなどを見かけます。暑さはまだ当面居座るでしょうが、祭りは始まる前が一番盛り上がり、いざ始まると同時に一抹の寂しさを感じ始める・・・・。JR恵比寿駅前は、外国人も多いのでさぞかし盛り上がることでしょう。

f:id:TOMASSOON:20180725114933j:plain

f:id:TOMASSOON:20180725115029j:plain

 

 そんな駅前から歩いて数分にある「おおぜき中華そば店」は、私にとって大変重宝させてもらってるありがたい店。当然「旨い!」からなのですが、それだけでなく「朝ラーメン」も汁系とつけ麺と出してくれるし、昼から深夜にかけての通し営業は、外回りが多いサラリーマンにとては確実に助かる。平日だと割と遅くまで営業してくれるので、〆のラーメンにも使える上に、なんと基本的に無休ですから、これはもラーメンファンとしては感謝にするしかないです。

f:id:TOMASSOON:20180725114932j:plain



 こんな好条件連発のお店なので、困ったときにはよくこの店のTwitterアカウントをチェックするのです。今回は、限定で「冷やし系」を提供という情報を見てしまったから、もうこれは魂が収まりません。ランチタイム混むの分かってても、行くしかない!だって10杯限定だからね!。
f:id:TOMASSOON:20180725114934j:plain
f:id:TOMASSOON:20180725112354j:plain
 




<とてもゆったりとした鶏醤油清湯!ニボニボ苦味アピール程々の淡麗煮干が旨し!>

 訪問すると、満席になったばかり?という状態でとても心配だったのですが、なんとか限定にありつけたのでホットしました。その後もカップルや女性客がそのオーダーが立て続いて、埼京線を一本乗り過ごしてたら、確実に食い逃していたでしょう・・・。今年の夏は「冷やし煮干」をそこそこ食った自負もあり、大体出てくる味を予想できそうなんですが、今回はちょっと王道過ぎて、予測ハズレで大変楽しませてくれました。そんな一杯の麺顔はこんな感じ!。

f:id:TOMASSOON:20180725114946j:plain

 

 おおお!最近特に感じる「あえて冷やし感をアピールしない」タイプの冷やしそば!。冷涼なる雰囲気を出そうとしなくとも「食えば分かる」という淡麗冷涼煮干をイメージしてしまう!。またこのジャンルだと比較的塩系や白醤油系が目立つなか、普通に明るい薄口醤油が広がるのは、逆に斬新とすら感じます。「煮干」と謳っていても、トッピングの肉感が芳醇だし、メンマも穂先がどどん!2本もあって贅沢。

f:id:TOMASSOON:20180725114947j:plain

 

 さて・・・どんなニボ感なのだろうとレンゲで一口味わうと、まず感じるのは「冷涼なる醤油感」。そして、塩気よりも円やかさを感じるカエシの雰囲気が秀逸です。そして二口めあたりから、ベースの本質が滲み出てきて、ベースの鶏ガラのあっさりした旨みが感じられます。鶏油はすごく抑えられていると思えるのは、煮干エキスへの配慮でしょうか。

f:id:TOMASSOON:20180725114948j:plain

 

 さてその煮干ですが、決してニボニボと苦味をアピールしないのです。さらっと香る程度の煮干感。煮干とわざわざ言うより魚介風味と言い換えてもよいほど、淡麗冷涼な煮干風合いでした。しかし、よくよく味わいだすと、麺の炭水化物の風合いに紛れて分かりにくいが、白身魚系の甘味を感じる煮干感?と思えてきた。非常に上品な煮干感であり、迂闊では見逃しそうだが、列記とした崇高化漂う煮干には感服ですね。
 

f:id:TOMASSOON:20180725114950j:plain

 



<容赦ないハードなクツクツ歯応えのストレート細玉子麺!痛快且つ豪快に食うべし!>

 煮干そばにはハードなクツクツ麺。そんな定石が冷やしになってもそのまま乗り移ったかのような、超ハードなクツクツ感でした。クツクツが苦手な方には厳しいかもしれませんが、クツクツ好きには堪らない逸品かと!。私は後者ですので、今回これ食ってちょっと興奮してしまいました。

f:id:TOMASSOON:20180725115002j:plain

 

 この感覚は、山形系の冷やしラーメンの「バキバキ歯応え」にも通じるものあり。これくらいハードだからこそ、粉感覚が楽しめたり、咀嚼が要求されるから、唾液と化合した糖質感を味わえるのかもしれません。汁が浸透するというより、濡れた程度の感じですが、表層がつるつるしているため、すごくライトに啜り食えます。その上、咀嚼の後にはのど越しが待っている。このハードな麺が駆け抜ける喉感覚が、歯応えに負けないくらいに痛快に思えます。

f:id:TOMASSOON:20180725115003j:plain

 

 これは大盛不可なのが分かるような気がする。だからごはん追加で良かったかも!

 


<現代王道の二種チャーシュー!鶏モモ旨味深く、豚肩ロースは上品でソフティー!>

 肉が立派なものだから、余計に煮干っぽいイメージが見た目では低かったのかもしれません。最近のネオ中華そばと呼ばれる、王道なコンテンポラリーラーメンには、必ずと言っていいほどトッピングされているのが、このタイプ。「低温(真空)調理」と「鶏&豚二種」のパターン。この10年で一気に定着化しましたね。

f:id:TOMASSOON:20180725114949j:plain

 

 それもそのはず、美味いんだもの。鶏肉は皮の部分も丁寧に処理されたモモ肉。一番筋肉活動が多い部分で、歯応えがある反面、味わいが深い。しかし固くはなく、ナチュラルに噛みちぎると脂のコクが広がります。これは少し食ったあと、残りは最後のごはんと共に食うこととしました。また豚は肩ロース肉で、赤身のピンク色がとても優しく鮮やか。肉繊維がとても柔らかく、肉本来の味わいに脂身の甘味が溶けて交じり合います。これは飯よりも酒と合わせたいような質感。平日じゃなかったら、恵比寿でエビスを味わいたいところですよ!この肉で。


 

<鶏肉をごはんの上に引越しさせて・・・出汁茶漬け風にして〆る!旨し!>

 今回も残った冷や出汁で茶漬け。丼へごはんを丸ごと投入もいいんだけど、ごはん茶碗の方に出汁をかけるほうが、上品で美味しい気分になると今回再確認できました。

f:id:TOMASSOON:20180725114935j:plain

f:id:TOMASSOON:20180725115004j:plain

 

 鶏肉と、薬味のネギを少々大目に移動させて出汁をレンゲで丁寧に、何回も分けて回しかける。するとなかなかいい面構えになってきました。ここからは、箸でなくレンゲ一本で食い続けましょう。仄かな煮干風合いが、ごはんの熱気で魂を吹き込まれたように香りがアップする。同じく薄口醤油やベースのあっさり鶏ガラも、明るく反応してご飯の甘味に呼応します。時々鶏肉チャーシューで箸休め的に食ったりすると、これはもう完璧な〆一品と申せましょう。今回はとくに出汁茶漬けが旨かった~。

f:id:TOMASSOON:20180725115005j:plain

 
 


 総じまして、「アイデア尽きる事無しのミラクル限定!王道回帰の質実冷やし煮干麺!」と言う感覚でして、全く捻りの効いていないまとめ方で、ごめんちゃい。思いのほかかなり上品な冷やし煮干でありましたので、これは食の細い方でも、軽々食えると思えます。夏バテ気味なら、こんな上品出汁で茶漬け食って、パワーをつけましょう。まだまだ猛暑は続くようですから、体調崩さないでみなさん乗り切りましょうね。そんな応援気分を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。




   猛暑でも
   王道娯楽
   盆踊り


   準備横目に
   冷やニボ拉麺



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

 

日本の盆踊り集

日本の盆踊り集

 
盆踊り ベスト キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2017

盆踊り ベスト キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2017

 
東京音頭(東京都)

東京音頭(東京都)