ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2362】 肉中華そば ムタヒロ (東京・国立) 肉中華そば

<中央線に着々とムタヒロ帝国拡大中ー>


 今日は休みなのに軽く出勤だ・・・。と思って土曜日版の分厚い日経朝刊を広げてボケーっと広げて、興味あるところだけすっ飛ばし読みしてさあ出勤。がら空きの中央線に乗り込み、とあるラーメンSNSをチェックすると・・・なんとムタヒロの新規オープンの情報が!! ナヌーーー!こんなの知ってたら昨夜のうちに死ぬほど仕事して、駆けつけるはずだったのに。もう朝から気もそぞろで、仕事に身が入らん・・・。でもね、なんとか頑張って、一部やっぱり仕事を持ち帰ったりして、昼の部の終了間際になんとかスライディングセーフでたどり着けましたよ! ほんまに仕事とどっちが大切なんやオレ・・・・。いい加減、卒業しようと思ってるのに、やってることは真逆です。







 さて入店すると、あのいつものトレードマークみたいな店長はおられません・・・、新規オープンとは言え、もう手下の方に任せて安泰なのか・・・・。と思いきやどこからともなく出てこられましたよ(笑)。やはり、初日は肝心だからねーー!


   











【お得意の煮干しのライト出汁加減に優しい豚エキス!トッピングの味わいの妙がポイントかも!】


 それにしても開店日ということもあって、昼の部終わろうとしても行列は途絶えないというところがすごいね。一橋大学も国立高校も夏休みだというのに、どこから湧いて出てきたかと思うほど、学生さんらしき方々が絶えません。基本的に若者にウケている店でもあり、今日はお祝いモードで賑わいに拍車がかかっているようです。







 相変わらず・・・接客の明るさはさすが!関西人も舌をまくかも。そして働くこと大好きっぽいムードがあって、このブランドは好きだな・・・元気をもらえる。などと考えていたら、配膳が完了。本当にタイミングが良いフォーキャスト生産です。可愛らしい女子スタフから恭しく配膳されて、図らずも嬉しい・・・。そんな肉中華そばです。ああ・・・肉肉しいとはこのこと。それでいて上品さがあるね。スープは、霞みがかっていていかにも優しそうな煮干しが泳いでいますよ的な雰囲気がナイス!







 さてスープの味ですが、これが期待通り。これまでここの煮干しはそれなりに食ってきたから、不安もないし安定感しか信じていないけど、まさにその通り。あっさりタイプだけあって、さらりとした香ばしさ良い感じ。それでもニボニボっとした腸の苦味は抑え気味で、香ばしさを感じさせる程度のニボニボ感。そして、煮干しならではの甘みをほのかに忍ばせるといった感じ。これは、クセがないねーーーー。そこに塩気が加わって味の輪郭を形成するのですが、その塩気も穏やか。醤油ダレの輪郭もまろやかで下支え程度。それでも醤油のニュアンスは食べる側にしっかりと届いております。何もかもがいい塩梅。







 ここで、ネギと穂先メンマを広げて食し、スープを味わってみると・・・これまた穂先メンマのタレの味わいが誠に絶妙でスープに滲む!ライトなごま油っぽいコクと、ペッパーの軽いパンチが、軽い煮干し醤油に交わると、とても味に深みが出てくるカオスとなって広がります。美味さのギアが一段シフトアップしたことは確か! この一杯は、混ぜて食うとよりうまいかも!。麺が吐き出す風合いも重なるしね・・・。







【親近感覚えるしっとりした口当たりと歯応え!汁を吸い込んでからが旨しな中太ストレート麺!】


 麺が美しいね・・・・。軽い煮干し醤油に浸った感じが、なんだか象牙のような、大理石のような、漆喰のような・・・そんな落ち着きを感じます。形状は、やや角っとしていて、やや長方形な感じ。その微妙な長方形が、舌触りとか口当たりにとって、平打ちやオーバルなイメージに変わるから、脳のイメージ変換って実に面白いです。







 密度感は低め。だけど頼りなくない。グルテンのふくよかな香りがしっかりと薫る前半戦。きめ細かい地肌でツルツルっとすすり、前歯を立てると、スパスパっとリズミカルに切れ込みつつ、クチクチっと淡白に切断されます。奥歯でプレスするとヌチっとして容易く潰れる。そのあとは麺の淡い香りが残るだけ。無心に次々と啜ってはただ繰り返すのみ。







 そうすると後半戦は、やや汁を吸い込んでか、なめらかさ、しとやかさ、シルキーさ???が生まれるみたいで、歯ごたえよりも、すする喜びの方が増すといった感じでしょうか。汁吸って残念になることが多いけど、これはうまいね!







【肉の絨毯ーψ(`∇´)ψ 予想以上に香ばしく酒を欲する出来栄え也!】


 さてチャーシュー!この肉布団のような綺麗に整然に並べられたチャーシューは、たまりません!店の冠と同じメニューだけあって、自信が伺えます。漬け込みのタレは実にあっさり。しかし燻しかローストか・・・それが意外にもしっかりと効いていて、見た目以上に焼きの香ばしさがある!だからうまい!飯よりも酒に合うかも。







 バラ肉の脂も軽い甘みを発して、とろけるようなコクを吐き出します。それに焼きの香ばしさが後押ししますから、肉そばはやっぱりうまいね!後から気づいたけど、穂先メンマもそうだけど、チャーシューの香ばしさもスープの味わいの高さに貢献しているかも!












 総じまして、「ムラヒロ流王道の煮干感!手堅くまとまった肉煮干!」と言う感覚でして、これは不安なく美味しくいただける一杯ですわ!  正直言って期待のハードル上げて来たから、驚くようなことはなかったけれども、しっかりとムタヒロらしい肉煮干しであったことは確か! また「国立」というロケーションチョイスも個人的には戦略的かと思えます。学園都市だし、ベットタウンでもあり、立川・国分寺からも近いしね。着々と中央線沿線に勢力を拡大中で、ムタヒロ帝国は拡大中です。できれば・・・吉祥寺あたりに進出してくれれば、個人的に嬉しいのだけど。ま、そんなことはどうでもいいが・・・また来るか? と問われれば・・・・もちろん!最近、吉祥寺から立川にかけては、訪問が疎かになっておりますが、基本的に中央線LOVEですから!。ローテーション組んで定点観測は続けていきたいと思っています。ということで・・・なので詠います!



   暑くても
   明るく励む
   中華そば



   夏のへばりに
   元気をもらう



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


   


日常を旅する (中央線 三鷹~立川エリアを楽しむガイドブック)

日常を旅する (中央線 三鷹~立川エリアを楽しむガイドブック)

  • 作者: 萩原百合,日常を旅する編集部,やまさき薫,ハギワラスミレ,小沢利佳,加藤アラタ
  • 出版社/メーカー: けやき出版
  • 発売日: 2015/11/16
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (9件) を見る