ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3276】 八咫烏 (東京・九段下) 鶏油の油そば + ハートランド小瓶 〜最高かよ!限定とは勿体ないー!油そば好きなら一回食っとけ!必ず満足!

<静けさに包まれる九段下で週末ハートランド!>
 
 九段下。忘れてはいけない夏の日には必ずここにやって来て、坂を登っております。そんな夏を思い出すかのようないい天気を通り越した暑い日。なぜ今回ここにやって来たのだろうか・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180602110717j:plain

f:id:TOMASSOON:20180602110358j:plain

 
 
 実は最近、遅ればせながらinstagramをやりだしました。facebookの友人たちがどんどんとこちらと連携しているもんですから、単に真似しているだけです。まぁだれも反応してくれないですが(笑)。ひょんなことからフォロワーさんがついて、まめにフォローしていただけるだけでもありがたいですね。そんな貴重な方のinstagramを拝見していたら、こちら「八咫烏」さんのフォトがとても気になりだし、そうこうしているうちに、「コレは!食わねば!」と直感的に響く限定の一杯がありまして、慌てて週末に突撃実食したと言う流れです。対した理由ではないね。
 
f:id:TOMASSOON:20180602110721j:plain
f:id:TOMASSOON:20180602111527j:plain
 

 

 人気店だから、早めに訪問しようと思っていざ行って見ると、空き席が見受けらます。ラッキーと思いつつ、やはり週末のビジネス街は人も疎らというか、別に慌てなくても食えたのが嬉しい誤算です。券売機に嬉しい「ハートランド」の文字を発見。当初から何か飲むつもりだったけど、ハートランドならテンション上がります。ライトな麦芽100%ビールは、私好みの風味と味わい。無人島に持って行くなら、こいつは欠かせないですね。 
 

f:id:TOMASSOON:20180602112006j:plain

 
 
 
 
<醤油ダレのキリリとした熟成感に鶏油のコクが肉厚に降り注ぐ!>
 
 出来上がるまで暇だから、「八咫烏」という店名を頭の中でなぞってました。するとやっぱりサッカーW杯が思い出されるね。サムライブルー・・・今年はどうなんだろうか。正直、監督問題でガタガタしたから、ちょっと心が痛みます。サッカーは戦略の積み重ねだからね・・・指揮官交代ってどうなんだろう。うーん・・・となんだかもやもやしながら、それをハートランドで流してゆきます。そんな感じで数分後にはちゃんと配膳が完了。それはこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112012j:plain

f:id:TOMASSOON:20180602112010j:plain

 
 
 おおおお!コレは丼が大きいから写真で見ただけでは分からなかったが、結構中身の詰まった豪勢な一杯ですよ。しかもこんなにチャーシュー類が多めとは、コレも嬉しい誤算!。しかも鶏のたたきとは豪勢極まる。ハートランドのお友達がまた増えたわー。それに何だか薄オレンジ色した刻まれた物体がいい感じですし、山椒の葉が何気にあしらわれてて、かなり計算高いのでは?。三つ葉も薬味もふんだんだし、コレは食う前から、見た目に大変楽しませてくれるじゃない!。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112020j:plain

 
 見た目からタレは塩かな・・・と思って、ゆっくりと麺の下、丼の底を覗いて見ました。するとコレが意に反して漆黒の醤油色!。しかも香味油と二層に別れており、なるほど鶏油の存在を見事に感じます。かき混ぜるとそれは全体を褐色に染め、さらに美味そうに演出させて行く!。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112104j:plain

 
 
 味わうとコレが見事な醤油のコクとキレ!。生醤油の風味がバリバリでして、熟成感をダイレクトに伝える風味が香ばしく、また塩気の味わいがとてもシャープ。しかし尖っているわけではなく、美味さで丸まったイメージがあります。ここに鶏油がぴったりと寄り添う感じで、醤油味の中に旨味成分が見事に広がるのを感じます。そして旨味の肉厚さが一気に増します。鶏油のほんのりとバターに似た旨味がいい感じで調和が取れているし、コレは食が進みまくりですよ。麺の風合いに解けるのが食っている最中からわかります。炭水化物の糖分が徐々に醤油ダレと同化してゆき、コレでまたビールが進む。すでに前半で痛快さが極まります。
 
 
 
<薬味の発想がすごい〜!紅芯大根ピクルスの穂の甘さと酸味がタレを更に昇華!>
 
 確かめる前に混ぜちゃったから不明なんですが、柚子胡椒っぽいスパイス感もありますかね。また三つ葉と白ネギが多めですから、醤油ダレに程よい香味のアクセントを施します。レモン汁の酸味も鶏油で重くならさせず、いい働きをしているー。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112036j:plain

 
 
 さらに秀逸なのは、「紅芯大根のピクルスの刻み」。コレがなんとも甘酸っぱい感じで、しゃりしゃりとした歯ごたえも気持ち良い。コレ単独で齧ってもうまいしビールが進む。さらに醤油ダレに交じり合うと、タレの味わいがステップアップしたかのように、芳醇な味わいがプラスされます。コレは魔法のピクルスか!。いやー、薬味の発想が素晴らしすぎる。コレはアイデア!。コレは旨し!。
 
 
 
<鶏のたたきがタレに絡むと悶絶級に旨し!最高のハートランド・コンビネーション!>
 
 最近のいい店だと、二種チャーシューはもう全然珍しくもなく、また豚と鶏のレアチャーシューも都内だと本当によく目にするようになりましたね。10年前、まだ関西転勤中に東京出張に出てききて、都内でレアチャーシュー乗ったラーメン見た時は度肝を抜いた者ですが・・・。豚はロース肉でも脂身の少ない部分のように思え、しっとりした肉繊維が見事で塩加減が薄めでナイス。肉本来の味わいと、醤油ダレの絡みでいくらでも食えそうな感じ。仕上がりの良さを深く感じさます。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112023j:plain

 
 
 しかし驚いたのは鶏のたたき。コレはこの暑い時期なら、店としては敬遠しがちなアイテムなんでしょうが、コレが絶品でさらに量も多い。ハートランドが特に美味く感じさせます。絡める前はさっぱりと柚子胡椒でいただくんだけど、歯に引っかかることが一切ない上に、肉の甘みを確実に伝えます。さらに醤油だれと絡めると一気に美味さがブレークスルー。瞬間的に「漬け」になったかのような芳醇な醤油味がいい感じだし、また見た目も褐色に染まり、本当に寿司ネタになるんじゃないか?と思うほどに甘みを深く感じます。コレが大きく3切れはあったという記憶なので、コレは大変満足度が高い!。コレはこの夏一回食っとけ!と言いたいね。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112224j:plain

 
 
 
<タレに絡んで褐色に艶めかし!三河屋製麺の平打ち太麺!しっかり玉子感があって食べ応えあり!>
 
 鶏肉で興奮しまくって記憶が飛びそうなんですが、麺もなかなかクッシリした歯ごたえと風味があってナイス。やや黄色い麺で醤油ダレが絡むとまさに褐色!いや飴色という感じでしょうか。実に味わいを感じる麺でして、タレとの相性の良さを感じます。しっかりした玉子麺は、炭水化物の糖質なる美味さを感じさせつつも、醤油ダレの絡みで風味と塩気をまとい、美味さが際立ってゆくか!。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112038j:plain

 
 
 啜るたびに、表層に張り付いた醤油の香味と、鶏油の風味を伝えるのね。噛むと一体化なのですが、時々張り付いた三つ葉と大根のピクルスの味が沁みて、嬉しいアクセントを感じます。大盛不可とのこと。その理由は何となく分かる気がします。この力強さだとタレが良くてもバランスが崩れそうですからね・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180602112127j:plain

f:id:TOMASSOON:20180602112134j:plain

   
 
 
 総じまして、「最高かよ!限定とは勿体ないー!油そば好きなら一回食っとけ!必ず満足!」と言う感じでして、この週末最高のゴージャス感でした!。いやー・・・先人のコメントや写真に素直に従って本当によかった!。なとなく今年の夏のスタートをこの一杯で切ったかと思えました。昨年の夏は冷やし中華のみを2ヶ月以上食い続けたけど、今年はマイペースで油そばや冷やし汁なしも食いたい気分。ただし、この一杯は限定期間が終わるまでに、もう一回食いたいなー。それほどハマりました。八咫烏さん、絶好調ですね!日本サッカーの八咫烏もこんな感じで絶好調で頑張ってもらいたいんですがー。そんな美味さの感謝と、サッカーの応援を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   度肝抜く
   旨さみなぎる
   八咫烏
 
 
   奇跡起こせよ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

 

 

 

サムライブルーの料理人 ─ サッカー日本代表専属シェフの戦い

サムライブルーの料理人 ─ サッカー日本代表専属シェフの戦い

 
八咫烏の軌跡―W杯と日本サッカーの1460日

八咫烏の軌跡―W杯と日本サッカーの1460日