ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3390】 二代目 にゃがにゃが亭 (東京・三河島) 江戸辛味大根 ざる中華 〜朝から本格派!大根辛味痛快にして王道ざる中華!

日本一朝早く「ざる中華」を食った男
 
 年に一度の常磐線界隈への外出機会。指定時間がとっても微妙でして、久しぶりに朝ラーメンをして向かうこととしました。場所は、三河島
 

f:id:TOMASSOON:20180830082355j:plain

 
 二代目にゃがにゃが亭に、実に久しぶりに訪問です。ここで朝ラーメンやってるとは、今年知りました。朝ラーマニアとしては見逃してが痛い!。
 

f:id:TOMASSOON:20180830082316j:plain

 
 
 ようやく今になって課題クリア。以下のまとめも再編集しておきました。

 

 
 そんな感じで普通に「朝中華そば」をさらっと食って移動しようと思っていたのだけど、何とここでは「ざる中華」も提供してるのね。これも知らなんだ〜。ちなみに以下こんなのも、まとめております。こちらも慌てて再編集しておきました。

 

 
 何とこんな朝早くから「ざる中華」を食うことになるとは思わなんだ〜。都内で朝から「ざる中華」を提供するのは、思いつくのは恵比寿の名店。この日はその恵比寿の店はやってなかったし、おそらく推測では、私は「日本一朝早くざる中華を食った男」ではないかと!。どんなことでも、なんでもいいから一番になれよと親に言われたのを、今でも素直に実行しております。
 

f:id:TOMASSOON:20180830082317j:plain

 
 
 
 
完璧な和出汁感!正統派ざる中華に「江戸辛味大根」が粋だね!
 
 人通りが少ないところで、よく朝営業してるなーとすごく感心しつつ、余計なお世話と知りつつ客入りも心配するのだが、それは無用だった。入ると先客5名とそこそこの入り。ラーメンマニア恐るべしで、しかも冷やし中華っぽいのをガッツリと召し上がる方もおられる。これで朝から私も堂々とざる中華を食えるというものです。そんな感じでスタフさんからすごく丁重に配膳をされたのが、この麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20180830082319j:plain

 
 
 おおお!これは何と言う正統派!王道ぶりのざる中華なのだ!ざる蕎麦気分で中華麺を食うのが、ティピカルなざる中華。それに倣ったように、蕎麦猪口がいい感じです。また蕎麦屋なら辛味大根の薬味が外せないが、それがちゃんと付いている!!。ここまで正統派なざる中華は、今となってはなかなかお目にかかれない〜。嬉しさに涙ちょちょぎれ〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180830082318j:plain

 
 
 早速、まずは蕎麦猪口に入った出汁から味わうが、何とも少ないねー。江戸っ子仕様?ちょい付けで、ツーーーーーーー!ってな感じで粋に食えと言うメッセージだろうか。まずは従うつもりで味見するが、ほぼ和出汁!蕎麦つゆ感覚。塩気はピリピリせずカエシの効き方が分厚いと感じさせるもの。シンプルでうまい!
 

f:id:TOMASSOON:20180830082339j:plain

 
 
 その一方で、辛味大根は結構ボリュームあり。味見が終わったところで半分だけ入れてみました。これが実に痛快なうまさ!一気に味のレベルが飛躍したように、清涼感この上なしの辛味が響き渡るイメージ。朝の胃袋と意識が一気にシャキッとするような感覚です。これが無性にうまくて、麺を投入しすくい上げるときに大根を絡めようとする。中華麺と大根おろしは相性が良いのね。
 

f:id:TOMASSOON:20180830082354j:plain

 
 
 ただやっぱり、オレって関西オリジンだから、途中から出汁が足らなくなってきた。仕方なく追加をお願いしたら快く対応してくれました。デカいミルクピッチャーみたいな容器になみなみと出汁が入ってる。これだけあれば関西人のオレもドボンと付けまくっても十分足ります。残りの江戸辛味大根を一気に投入して、最後の最後まで堪能させていただきましたー。
 
 
 
多加水ボコボコ細麺の引き締まりが快感!蕎麦ライクにズボッと啜る!
 
 通常の中華そばの麺ですね。多加水っぽいストレート麺が、ソバージュっぽいボコボコさを表しております。また薄い黄色のようで乳白色の麺の表情が実に丁寧。トラディショナルな風貌もよくよく見れば、ハイセンス感じる仕上がりです。
 

f:id:TOMASSOON:20180830082336j:plain

 
 
 流水で一気に引き締められた麺は、やはりコシが違う。プリプリ感が少し際立ち、前歯で噛むときはモチモチっとしながらも、最後はプツリッ!と弾くようなイメージ。また全体的にツヤツヤしているので滑りはライト。奥歯に運ばれて一気に潰すと出汁の味わいの奥に麺の明るい風合いが感じられます。あとは咀嚼で味は融合し化合し、旨味を増しながら昇華して行きますー。 
 

f:id:TOMASSOON:20180830082337j:plain

f:id:TOMASSOON:20180830082340j:plain

 
 
 
和風冷やし中華的質感溢れるトッピングたち
 
 深い色をしたメンマ、青菜、そしてチャーシューの千切り、刻み海苔、ナルト。あまりにも馴染み深いクインテット。もうメンマと青菜だけで冷酒がガンガン行けそうな質感。見た目以上に味が濃いわけではなく、歯応えもしなやかなメンマは、東京っぽいですねー。またチャーシューもロース肉でしょうか、脂身少ない肉味がとてもしっくり丁寧な味わいに感じます。刻み海苔はあまりタイプじゃないけど、無ければそれはそれで寂しいかも。ナルトは一番最後まで残しておこう。そうでないと中華って気分が削がれそうなので。
 

f:id:TOMASSOON:20180830082338j:plain

 
 
 
総じまして、 「朝から本格派!大根辛味痛快にして王道ざる中華!」
 
 ・・・と言う何のひねりもない感想まとめでごめんちゃい。このお店は信頼感あったんだけど、朝からこの王道で丁寧な作り込みは、改めて感心する次第。この界隈は個人的には通えないが、間違いなく訪問は続けます。まだ朝のかけ中華そばも食ってないしね。そんな感じで朝から幸せありがとう。感謝を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ふがふがと
   朝の寝ぼけと
   お疲れに
 
 
 
   大根辛味
   体も目覚め
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 三河島駅新三河島駅荒川区役所前駅