ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2870】 らーめん亜寿加 (東京・渋谷) 冷し中華


<調理回転の速さハンパないねー>


 渋谷は本当に疲れるねー。今年の外国人観光客の増加を、ここでも感じます。日本人としては嬉しい限りですが、渋谷のどこか面白いのだろうと・・・正直思う。いつも工事ばかりしているし、階段とエスカレーターばかり登ったり降りたりしてるし、やたら食い物屋が多い割に、ラーメン以外の印象がないし、その他色々。だけど昔若い頃、渋谷のとある会社に転職を考えていた頃もあって、結構裏路地とかは詳しいー(円山町は除く)。その頃からこの店はあったんじゃなかったっけなー・・・店に入った途端に思い出しました。







 やたらめったら「排骨」入りのオーダーが入ってる。オレだけですよ、排骨頼んでないやつ。かなり広めでコの字のカウンターは、ほぼ八割ほど埋まっていて、どんどんと麺がゆで上げられスープが準備され、次々と揚がったばかりの排骨が大型中華包丁で、ダンダンダン!と音を立てつつぶった切られて行きます。見ているだけでも快感。この時点で「やっぱり・・・冷し排骨にしとけばよかったかな・・・」と、ちょっと思ったりして(苦笑)。しかし、その調理と配膳の回転早さは半端なく、私がオーダー変更しようかなと迷ってたところで、私への配膳が完了してしまいました。どれだけ早いねん!












<ちょいとワイルドなワカメとチャーシュー!あとはきゅうりと言うシンプルさ>


 錦糸卵と紅生姜がない。つまり「日式冷麺」ではないですよとのアピールです。しかし和辛子があるのがご愛嬌ということで。このチャーシューですが、排骨と同様に、分厚いスライス肉を重ねて、ダンダンダン!と中華包丁で叩き斬る訳で、こんな姿になっております。粗い千切りではなく、ぶった切った割には細かい!細い!という感じ方をしてほしい。一方、きゅうりは準備された、丁寧な千切りで、そしてわかめが、どばどばっと載っています。







 わかめもアリだね!。この冷麺というか、冷し中華というか、淡く甘くて酸っぱいタレの味わいにはとても馴染むじゃありませか!。それにわかめ自体も質が良い。生状態をそこそこキープしたタイプです。以前、本当の「刺身用のわかめ」を食った時は度肝を抜かれたけど、海藻類の生の素晴らしさを、ちょっと感じたかもしれない・・・。







 いや〜、種類が少ないけど、質感とボリュームで満足感はあります。ここにもし・・・・排骨がプラスされていたとしたら、どうなっていたのでしょう。大きな魚を釣り逃したような気分が実はあったりして・・・・。












<キリリと主張する醤油のニュアンスに、酢のまろやかさと香味油色気あり>


 冷し中華の、特に「醤油だれ」の個性は実に表現しにくいっすー。かなり完成されたレシピで、街中華に至ってはどれも同じような味わいなんですもん・・・。ところが、こちらは少し様子が違う。何ていうか、色気がある。







 胡麻やゴマだれ、すりごまの助けとかはなし。醤油のキリリ感と、酢の円やかさと、若干の味醂か砂糖。そして香味油なんてつあってるんじゃない?って感じがします。この香味油を感じるところが、テクニックであり色気と感じる部分なんです。出汁を加えるのもあるけど、油を加えるのもありだな・・・と、いつも温かい汁系なら当たり前のようなことを、今回の冷し中華体験で感じてしまいました。












<なかなか密度感のある多加水麺の感覚! 弾んで伸びる弾力がさすが!>


 麺が実に明るい!。多加水のイメージは見た途端にわかります。光沢感がすごい!。微妙に平たい形状を保ち、所々ボコボコしていて、捩れが少しあるタイプ。縮れとは個人的に区別したイメージです。この麺は、前歯の楽しみが素晴らしいかも。当てると途端にもちっと弾む。しかし密度感があるので安っぽくない感じがいい部分。歯の隙間に入って前歯で完全には噛み千切れず、箸で引っ張ろうとすると、すごく縦伸びする。







 奥歯へ運んでからも、束になったそれをプレスすると、ボヨンボヨンとはオーバーだけど、全体で弾む。いかにも楽しい。麺自体にタレを吸収する部分は低くて、濡れた感じで高速に滑るといったライトなスベリが印象的です。












 総じまして、「何となく男の冷し中華!と言う迫力感じる一杯」と言う何だか抽象的な感想でごめんちゃい。これは調理過程とか店の雰囲気も合わせて「男の」っという感じ方をしてしまいます。それらに、アジアンなエネルギーを感じるわけでして、そんな中で食う冷し中華は、やはりレトロ街中華の冷しとは別の世界観を感じます。どっちも好きですよ。嫁さんにはぞっこんですけど、ラーメンには節操ないという感じですよ、ほんと。ま、一週間が終わったーという開放感もあって、この冷や中華とはいいタイミング、いい出会いだったと思います。深々・・・感謝です。という感じでしんみりと今回は詠ってからもう寝ますー。



   蒸し暑く
   週末渋谷の
   騒がしさ



   店に逃げ込み
   スッキリ冷や中


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


東京都渋谷区桜丘町2-11 荻野ビル1F