ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2577】 中華麺・飯 太楼 新丸子店 (川崎・新丸子) 酸辣湯麺+サービスライス

<たまに無性に食いたくなる・・・あの辛ゲロ酸っぱさが旨し!>


 先日、食い逃した「カレーつけそば」を狙いに新丸子の「とりとん」まで出向こうとした新丸子駅前。なんだか急にカレー気分じゃなくなり、もっとホットな汁系を食いたくなってしまった。彷徨ったあげく、辿り着いたのが「太楼」さん。いかにも街中華レストランってな感じで、近くの労働者が徐々に集まりだして、外待ちが発生しそうな勢い。どうしようかなーって迷っていたら「酢辣湯麺」のサンプル写真が異様に旨そう。それ観たら一気に私は酸っぱいもの大好き「すっぱい星人」に変身してしまった次第で、一気に入店し、勝手に空き席に座りこんでしまった不作法者です。お冷を持ってきてくれたとたんに「酢辣湯麺!」と待ちきれずオーダー飛ばします。







 でも結構私以外にも、このメニュー頼んでいる人が多くて、ひょっとしたら当たりなメニューかもしれません。たまに食いたくなるんですよねーこのメニュー。とある方は、この何とも言えないゲロ酸っぱさが嫌い!とおっしゃるのですが、いえいえそこがポイントですよ。たまに無償に食いたくなるあの酸っぱさ。そして辛さ。調子にのってランチタイムサービスのライスまでもらってしまいました。これで餡かけ麺と餡かけライス両方楽しめる段取りはついた。あとは待つのみ。食うのみ。












汁:「本格的ジリリとした黒酢の刺激!辣油のシャープな辛さで、脳まで汗かくホット餡掛け!」


 少々乱暴な感じと仏頂面した入店した私でしたが、ホール担当のおばちゃん二人組のハートフルな接客には、正直心がゆるみましたよ(笑)。何がどうこうというのではないのだけど、とにかく気さくというか、嗚呼こういうアットホームな中華屋でランチが食えることを、素直に喜びたいね。厨房の大将も姿は見えぬが、愛想良い応答を返していたのが好印象。そんな感じで流れるようにオーダーが通り、調理された「スーラー一丁〜♪」が配膳されます。良いねーこの透明感とねっとり感。そしてアツアツぶり。スープはまるで飴色といった素朴な琥珀色で、そこに溶き卵が流れている。そして表面には辣油の真紅が渦巻いている。まさに光り輝くその麺顔に魅了です。







 レンゲはいわゆる田舎レンゲで、私にとっては食べにくいタイプで、それを駆使してまずはひと啜り。すると分かっていたけど、酸味の刺激でこめかみから頭の天辺まで、ぞわぞわぞわーーーっと毛穴が広がるような刺激が駆け巡ります。単なる酸味とはまた違う「分厚さ」とか「ジリジリしたパワー」を感じますし、鼻も通るといいましょうか。まさしく黒酢を熱したという酸の爆発力を感じます。しかしその残り香と後味には、熟成された旨みのお土産を残しまして、結果としては旨い。ただ暴れるだけの酸味じゃありませんね。







 しかし、またその一方で辣油の刺激が襲い掛かる。酸と辣の相互攻撃という感じで、酸が引いたと思ったら爆撃を与える辣油が、とてもマゾヒスティックに旨しと思ってしまいます。そこへ溶き卵の円やかさが合わさってくるわけで・・・実に複雑な味わいなことか!。特に餡がかかっているから、酸も辣もまろやかさもアクセルがかかるような気がするのだが・・・。反面、餡があるからゲロ酸っぱいイメージが付きまとうのかもしれませが。












麺:「餡が絡みまくりの細く緩やかに捩れたストレート麺!ボリューミィー^^」


 麺がまた細い。なので餡に絡みまくりで、コーティングどころの騒ぎではありません。餡を食っているような感覚で、口元にあてると通常ライトな滑り心地ーっというところが、餡の熱がダイレクトにあたるおで、アチアチフーフーしながら食わなければなりません。しかも、麺が餡絡みでボリュームアップしたようにすら感じます。食っても減ったきがあまりしない。







 ある程度熱ダレするのは仕方なしなところがありますが、プツプツっとした歯切れはなかなか好感触で、いかにも中華調理麺という感じ。奥歯でプレスすると安易にクチリと潰れます。しかし具材が絡んで、その歯ごたえも絡みそこがまた好印象!。ニンジン、筍、三つ葉、豚こま肉等、いろいろ楽しめます。












具:「卵の緩やかさと、キクラゲのコリコリアクセントがナイス!」


 あと、歯ごたえ的には、キクラゲのコリコリしたアクセントと、溶き卵のにゅるにゅるしたすべりが、両極端というかコントラスト。それらの揺らめきがまた楽しい味わいです。さて・・・サービスで付けられたライスですが、そのまま食っても良いけれど、私は「ライスに餡をかけて」たべてしまいたい性格でして、早々にやっちまいました。丼にライスを投入することも考えましたが、それはちょっとお下品だと思って自重した次第。酸っぱい餡と白い飯・・・意外と合いました。












 総じまして、「冬場にナイスなコンプレックステイストな餡掛け中華麺」と言う感想でしょうか?。これ食ったら額に軽く汗をかくこと必定です。店の前にでて涼風が駆け抜けるのがとても気持ち良い。責めから解放された自由というか、何かを成し遂げた満足感というか、そんなのと満腹感が、一体化したような気分です。さて、午後からまたお仕事。パワーもらったので何とか乗り切れそうでした。そんな感じで気分が良いので、とっとと詠います!




   辛味責め
   酸味責められ
   悶絶し



   ヨダレ垂らして
   恍惚昼飯



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


   


関連ランキング:中華料理 | 新丸子駅武蔵小杉駅向河原駅


0457-10 (新丸子?武蔵小杉) 東急東横線・みなとみらい線 各駅停車 東急9000系

0457-10 (新丸子?武蔵小杉) 東急東横線・みなとみらい線 各駅停車 東急9000系