ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2056】 味音 砧店 (東京・祖師ケ谷大蔵) 三河たまりらーめん

 ホント疲れた一週間。まだ課題は山積しているものの、ラ活の宿題店も増えて行く一方です。久しぶりに気分転換をと思いつき、クルマの調子を見るという言い訳並べて、環状八号線を下り、砧界隈までやってまいりました。この辺り、クルマで道路が混むイメージしかないのですが、どうしても押さえておきたい店がありましてね・・・。それが「味音」さん。クッキリしていて濃ゆいような醤油の色合いを、先輩レビュアーさんの情報を見てたまらなくなった次第です。クッキリした醤油なら、近くに「みき屋」さんがあるのですが、新店舗開拓に意欲を燃やすのです。


  






 家事をグダグダとやってから出発して、途中混んでたから・・・着いた時間は午後2時を回っておる。ピークアウトというか昼の部終了間際というような空気感。先客ゼロの独占的開放感です。新店舗だからまだ清潔感があふれて下り、白と白木のすっきりした色調が清々しいです。狙いは「たまりらーめん」という醤油らーめん。券売機のボタンを押すと、出てきた食券は「三河たまりらーめん」ある。なるほど・・・三河の醤油らしいです。ということで、題名は券売機とは違い「三河たまりらーめん」とさせていただきました。


  











【きっぱりとした痛快シャープな醤油の感覚に・・・軽やかな甘みと酸味、そして甲殻類の風味が滲む!】


 一人貸切状態だったからね〜・・・早い。配膳されたそれは、今風らしい鋭角的な背が高い丼で、並々とスープが注がれております。期待通りの濃ゆい醤油感がたまらん!しかも透明感も醸し出すという、まさに今欲しかった系統で興奮するばかりです。フライドガーリックのチップが多数表面に浮かび、香りの高さと食欲を呼び覚ます力を感じます。







 実際に味わうと、たまり醤油を謳うのがよく分かる滋味深いまろやかさが深いっすね〜。明るいけど深いという感覚でして、微かに酸味を醸し出すところが憎い。しかし、酸味についてそう思ったのは最初だけで、後から押し寄せてくるのは、甘み。「うまみ」と「あまみ」は漢字変換すると同じ「甘み」になるんですが、これが実に言いえて妙です。鶏のエキスがふんだんに溢れているのですが、香味を感じた後の「甲殻類」の旨味がじわじわと広がるのが印象的。これは海老ですかね・・・。きっぱり醤油の後味に甲殻類の香ばしさと甘みが広がるという図式。これが滋味深い正体。







 しかし、最初に感じたフライドガーリックのチップもじわじわっと効いてきます。クリアでサラサラなラードに滲んだシャープな風味が、甲殻類の風合いにしっかりとマッチしているようです。なのでレンゲが止まらん!水菜と白髪ねぎからも、ほのかに風合いがスープに移りだして芳しくも感じるし、後追いでグイグイと食わせるディープクリアーな醤油がいい感じ。これ好き!












【加水低めで潰しこみが良く効いたグルテンの風合いがナイス!汁を吸い込んでもなお旨し!】


 麺を引き上げると、すでに軽く醤油スープに染まってるのが直ぐに分かります。元の地肌は白そうですが、加水は低めな感じが見るからに窺い知れます。形状は丸めで細くもなく太くもなく、標準的なサイズ感。







 前歯で千切ると芯を視認することはできないけれど、全体的にクシリと受け止めるしっかりとした歯ごたえ。麺に潰しこみというか密度感を感じることができる一品です。奥歯で束になったそれをプレスしにかかると、程よい粉というかグルテンの風合いを感じて鼻腔をくすぐるのが分かります。表面は多少ざらっとしているけれども、きめ細かい地肌感覚。啜り上げは、内頬などに適度な抵抗感と、スルスルっとした駆け抜け感覚がたまりません。時間が経過するほどに、意外と汁を吸いがちなタイプで、後半はやや褐色に染まってしなやかさを増します。そこがまた違った美味さを感じて、最後まで飽きさせない良麺。これなら大盛りしておけばよかったと後悔してしまいました。












【それぞれのパーツの作り込みが高くてGOOD!肉もメンマも白髪ねぎイキイキ!】


 700円というデフォルトにしては、しっかりとした質感を感じるのがいいね。水菜は一時流行ったけど、このスープ感覚なら、流行りというよりあるべき組み合わせかも。また白髪ねぎが1本1本の長さと幅がビシッと決まっているように感じて、ただ盛り付けてあるだけにもかかわらず美しい。歯ごたえも柔らかさも、甘みも苦味も、どれも繊細でスープとも合うし、麺に絡んでも食感が美しい感じ。







 チャーシューは、バラ肉を綺麗にサイズと見てくれを揃えてくれている。解けるほどに柔らかく、脂の部分が醤油に染まって綺麗だけど、ベースは漬け込みすぎてないので塩気が新鮮でうまい。これは飯にも酒にも両方に合うタイプのチャーシューですね。またメンマは、穂先メンマで大きいのが二本。醤油スープに染まって褐色に染まったところを食うと、誠に上品な繊維のほぐれ方がいい感じ。いくらでも食えそう。












 総じまして、「醤油のきらめきと甘みが溶け込む、世田谷風コンテンポラリーな一杯!」かと。しっかりと基本的な所作が十分窺える上に、やはり今風の明るい若いセンスある風合いが見事です。この辺りは、日大商学部近くで学生さんたちも通うと思うし、病院関係も色々あるようだし、メディア関連も近くにあったりで、客層がちょっと独特そうですが、これならウケると思いますし、永く頑張ってほしいもんです。ともあれ、いい天気の休みに、いいもの食えた幸せ感はありあり。出会いに感謝!なので詠います!



   昼下がり
   休日長閑
   開放感



   醤油の酸味と
   甘みと戯れ



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 祖師ケ谷大蔵駅

日東醸造 足助仕込三河しろたまり 300ml

日東醸造 足助仕込三河しろたまり 300ml

三河屋製菓 いかたまり焼 45g×8個

三河屋製菓 いかたまり焼 45g×8個