ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2045】 バラそば屋 (東京・中野) バラそば

 それにしてもすごいことになっている「中野駅」のラーメン事情。春先には煮干し系が2店舗新規に開店して興奮を覚えたばかり。そして今回は、玉グループが、あの「青葉本店」のすぐそばに進出ですよ!いや、近隣の「ようすけ」も忘れてはいけません。もう一本通りを上がれは「五丁目煮干し」「kaeru」がある。さらにその先には「藤丸」があったり「ほおずき」がひかえている。これら、どこへ行って旨いですし、系統がバラバラ。この隙間に入り込んでくるとは、そうとうな勇気と計算が必要と思われます。それを今回、きっちりとやり抜けてきたのが、今回訪問した「バラそば屋」さんかもしれませんね。ようやく行くことができました〜。


  











【有るようで無かった塩豚骨感覚!出汁の甘さに塩気が効いて・・・】


 一口すすって・・・「これは面白い!」「この手があったか!」「新しくないけどなんだか斬新?」など、いろいろなワードが頭に浮かんでは消え、実に完食までの体感時間が短かったことか。さすが玉グループというか、組織の開発力というものを感じ入ってしまいましたよ。そしてその評価ポイントもいろいろ変わったりして、頭が混乱しています。







 まず「九州系豚骨の超ライトな風合いがナイス!」などと思ったんです。見た目がとてもあっさりな塩豚系なんですが、豚骨エキスが深く滲んでいるのがわかりますし、最初はライトな九州豚骨と思えてならなかった。思えば関西滞在時代には、西日本なりに博多系の割とあっさり風な出汁のような豚骨に魅了されていたんです。徐々にその記憶と比較してしまうんですが、ベースがライトな割に、豚骨なりの個性的臭が若干でも響く〜。ライトなだけに、臭気の逃げ場があまりなくて、薬味投入に早々踏み切ってしまいました。







 まずは試しに生姜だ。なんと紅生姜の他に白生姜漬けも備わっているという優れたテーブルセット。今回は白い方を投入。するとその爽やかな苦味と酸味がうまく気になっていた部分と中和し始めてかなり好みに近づいてきます。すると、今度は塩気がやや強いベーススープなのだと気付かされます。水か飯を欲してしまいますね〜。それでも食い続け味わい続けると徐々に、一周まわって感じる豚エキスの甘み。塩気と甘みがかなり濃ゆいと思えます。それが整理されているのでクドくはない。







 スープを半分程度飲み終えたころには、そんなに九州系のようなイメージは消えていたので、次にブラックペッパーを振ってみた。これがまたスープに合いますね〜。豚のコラーゲン系の旨味がきりりと引き締まるような恍惚的な味わい。なるほど・・・これは炭水化物とコンビで食うべき一杯なのだなと、改めて気づかされてしまいました。


  













【滑らかな平打ち麺〜!組合せもどこか斬新】


 途中から九州系を意識しなくなったのは、麺を本格的、爆走的に食い出してから。低加水系細ストレートで歯ごたえ残しならそのまま変わらないイメージだった。しかし実際は、真逆のようなややスリムな平打ち麺。この方がこのスープには合うと思うが、ここで「この一杯は博多系を意識しながらも、考えて立ち位置をずらしているな」と確信に至ったかも。あえて替え玉で「バリカタ」と追加しても良かったかも。そうすれば違いがよりはっきりしたかも。







 繰り返しますが、このスープにはこの麺が合います。やや加水が多めで汁を吸い込みがちですし、コラーゲンの張り付き感もよく、表面もきめ細かくて、結果的に滑りが非常にいいです。前歯での当たりはスパスパと非常に小気味良いし、風味もどことなく漂います。奥歯でもプツプツっと順に潰れてゆき淡い低反発を感じるイメージ。何といっても見栄えが白めがちで、滑りともどもシルキーとかじる部分が大きいです。







【無限大に食える気がする薄スライス豚バラ肉がミルフィーユ!】


 京都オリジンな私としては、こういう薄いスライス豚肉というのは大好きでして、京都ラーメンでは当たり前なスタイル。このミルフィーユのように重なった肉は好みですが、味わいとしてもナイスです。塩だれが深く浸み込んでいるけど、薄味で脂身の甘さがちゃんと感じられる。赤身は繊維質の隙間にスープのエキスが滲み込み、味わい自体がとても深くなります。嬉しいのは、この肉の追加なるメニュー設定が200円。これと少しメンマ等があれば、つまみとして成立ですよね。ちなみにこの肉が乗った肉飯は250円でとても美味そうでした。












 総じまして、「この手があったか!と思わせる、考え抜かれた味構成!」としみじみ感じさせてくれる一杯かと。激戦区に殴り込みしてくるのに、ちゃと準備を怠っていなかったと、当たり前のことをしみじみと考えました。それにしても・・・・この一角半径50mはすごいな〜。お金と体重と時間がきにならなかったら、毎日巡礼してみたいかも。なので詠います!



   夜毎に
   飲み街集う
   酔っ払い



   ランチタイムは
   ラヲタひしめく



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!






関連ランキング:ラーメン | 中野駅新井薬師前駅

大盛りにはこれ! 白 24.8cm 玉 ラーメン 鉢 丼【美濃焼】

大盛りにはこれ! 白 24.8cm 玉 ラーメン 鉢 丼【美濃焼】

[asin:B015GVSL1M:detail]