ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン598】 らーめん ぺぺ (大阪・北新地) ぺぺ塩

【関東のラー友と北新地の夜ですることは・・・・やっぱり「ラーメン」なのです】

 ってか、当たり前やんけ!という話ですがね・・・。本当は「カドヤ食堂」を紹介したかったんですが、酔ったため面倒くさかったのです。というか・・・・どうも奴はカドヤにはピンとこないらしいから仕方なしですな。なので、〆の一杯をもとめて、近場という次第。ぼんくらへ行く手もあったのですが、こちらの名前は奴もなぜか知ってたわけでして(なんでやろ)、急遽変更です。梅田東通りでニンニクたっぷりの中華でビールと紹興酒をあけて、汗だくで北新地をポロシャツとジーンズで闊歩しても・・・・だれも声かけんわな・・・・ここでは。



【ビル2階にあるかわいい店舗ですね】

 ネットで確認すると・・・・穂積ぺぺとは無関係の様子。さて、新店舗なので奇麗なのはわかりますが、店主も店舗も愛らしさがあっていいですね。もう・・・おなかがぐったりでしたので「ぺぺ塩」をいただきます!



【鶏清油がはっきりしていていいね!】

 じんわりとやさしい系・・・というより、分かりやすい旨味がビビビと最初につたわる鶏清油です。北新地という場所柄と夜営業を考えると、この程度の味のはっきりさがまたいいね!と思いますね。塩味とまではいかない味の塩加減、そこにまったりと・・・そしてはっきりと鶏の滋味を深く感じます。純和風とか中華とも違った洋方向?しかし洋風とまではいかないスープニュアンスです。最後までゴクゴクといただきましたよ〜。舌やけど少ししたけど・・・。



【素朴さある細曲麺も合っていると思う】

 やや細めんでウネリありのタイプ。加水は中でやや表面のざらつきがあり、スープの持ち上げ感いいかと思います。そして、わずかに微妙に芯を感じる程度の茹で上げが好きでして、「もっつる」とした噛み心地な麺。いけてるんじゃないでしょうか・・・・スープとの相性。



【串がトッピングのラーメンって初めて!】

 豚の塩焼きとつくねが串にささって提供されます。このひと手間だけでずいぶんと楽しくなるものです。この豚の塩焼きは食前の一品としてもいける品質ですので、旨いです。ゆっくりできる広さであれば、ビールでやりたいな・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 総じまして、北新地にまたほっとする止り木的な店が誕生しました。お水がセルフなのはよくある光景ながら、ビールもセルフで大阪ではよくあるスタイルですな・・・・。客も一体となって気楽にやって行きましょう!という安堵感がいいね!ということで、時間と都合があえば、ちょくちょくと通うかもしれないお店です。たいてい・・・・夜遅くなると、いつも行くところ閉店してしまうし、通勤路にある駅近ですからね〜。ということで、これからもよろしく&合掌!今日も本当にごちそうさまでした。








followme