ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン434】 麺処 銀笹 (東京・汐留) 銀笹塩らーめん+鯛つくね+半鯛飯

【東京土産にちょっと大人な塩ラーメンを食べに行く・・・】

 東京出張前からちょっと気になっておりました。塩ラーメンが上品そうで、しかも鯛飯なるサイドメニューが妙にオヤジ心をつかみます。会議が早めに終わりこれは好都合と開店直後に間に合うか?というタイミングで来店。すでに開店待ち3名程度いたらしく・・・やっぱり東京って人が多いなと凹む。とは言え一巡目に楽々セーフということで、掲題の通り、塩ラと半鯛飯と鯛つみれをオーダーです。客層みてみると・・・「今つきあってます!」的な初々しい男女と、若い男性客ばかりで、おやじはワシ一人。あ・・・・落ち着いた店ということは、デートにも使えるということやね(このデートという言葉も発すると若いやつに気持ち悪がられる(泣))

 ちゃんとお通しと、薬味(正体不明・・・乾燥岩海苔+α?)が御盆に添えられて、ちゃんとしたものを出してきそうな雰囲気が盛りあがる!水じゃなくて、麦茶っぽいのがまた高級感をそそりますね。お通しの大根の薄切り煮付けっぽいのをかじりながら・・・案外早く配膳完了です。



【大人やなぁ・・・・これは、銀座・新橋界隈ならではの大人しい塩】

 「塩やったら・・塩元帥って最高やん!」って思っている関西人には、「なんやパンチないな」と思うかもです。塩元帥がパンチで有名なわけじゃないけど、塩の旨みが濃いというよりは、塩と節系の御出しの上品なところの上澄みを集めたような・・・・京都で言う「はんなり」した塩スープと申しましょうか・・・。料亭が塩ラーメンつくったらこうなるという感じでんな・・・。

 塩ラー好きでも、ほんのり酸味が好き!という方には肩すかしかもで、正直僕もそういった感じが最初はしますね。しかし、薄いと思っていたらだんだん慣れてくるというか、旨みが舌に馴染んできたところに、鯛の出汁やん・・・ここにおったんかいな!という感動に包まれます。そのあとに鯛つみれを食して見たら・・・これはもう立派な椀物の仕事やがな!と更に興奮度が高まります。鯛の御出しを引き出すのに、最低限の適度な淡い御塩でしたんか・・・。

 味の輪郭は、塩というより出汁由来の塩分という程度にとどめたわきまえた振る舞い。白身魚旨みが漂うやや濁った透明系。少し残して・・・鯛飯にかけてみましょう。あとのお楽しみが増えます。スープ表面に浮かぶ脂も上品そうでキラキラ光りますし、見ていて上品です。


【麺は、いろいろ注文付けたいようだが、これしかないなと再認識】

 麺も最初は、そう好印象でもなかったのが本音。ちょっとええところ回ったらどこかで会える、一般的な高品質だなと思いまして、崇高なスペシャリティを感じませんでした。太さも普通で全体的にストレートでややクネリ。芯を感じさせない茹で上げで、麺全体で均一な噛みごたえ。反発が少ないようで、やっぱりクッチリとした麺としか表現しようがない。のど越しは思ったより良いので、するすると入っていく・・・。

 ほな・・・どんな麺やったらええねん!と考えると、極細や、平打ち、縮れなど空想をしてみてもあまり鯛仕立ての上品なスープに合いそうもないし・・・。また、全体的にクッチリとした歯ごたえな麺は、食べ応えという点ではありだと思えるようになり、一周回ってこれしかないわな・・・という落ち着きになってしまいます。

 一般的のようでバランス計算された麺。スープと裏腹に素朴なクッチリ感が意外な感じですが、スープの持ち上げや、のどの滑りが気持よい麺でございます。



【具は、鯛つくねに印象が集中してしまう】

 はい、鯛つくねしか記憶に残っておりません。チャーシューも薄切りながらバーナーで炙り、芳ばしくまた柔らかかったのですが、鯛つくねには叶いません。鯛つくねは、身の粗ずりに卵白を混ぜ込んだようなふわふわ感が楽しめ、噛むと肉感がゴツゴツとあり、ずるいと思うほど泡のように消えてしまいます・・。スープが良く染み込んで・・・たまらん!!

 僕は、追加でこの鯛つくねをオーダーし、半鯛飯にトッピングしまして、すこしこの上に塩ラーのスープをレンゲでたらします。そして御箸でなくレンゲですくって食しますとこれ絶品!麺の大盛りよりは、半鯛飯で正解ではないでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、流石に演出としては、銀座に近い店だけあってすごいなと思います。ただ、客を選ぶといか、誰が食っても旨かった!という店でもなさそう・・・。醤油ラーもありますが、白醤油という言わば淡麗系スープを極めたいという趣向のお店ゆえ、こってり系がガッツリ系をもとめては、かわいそうだと思います。創作系なラーメンのようで定番なラーメンのよう・・・。またその逆か?いずれにしても、個性豊かな塩ラーメンでした。ということで合掌!今日も本当にごちそうさまでした。


followme




麺処 銀笹

食べログ麺処 銀笹