ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン410】 博多長浜ラーメン 一二三 紅梅町店 (大阪・大阪天満宮) 長浜らーめん+替玉

【知らず知らずに・・・最近、とんこつづいています

 なんだか体が「とんこつ」を求めているこのごろ・・・。そういえば半年ほど前に、とんこつシリーズをしていたことを思い出しますが、最近の連続は偶然そうなっただけ・・・。特に、大阪中心部あたりが訪問少ないのもあって、こちらを探し当てました。他先輩レビュアーさんの採点が妙に高かったりしていて期待を持たせますが、高ランキング店でもありませんし、期待半分、そうでないの半分という曖昧なスタンスで訪問です。こちらは、事前確認では、「カレーとんこつらーめん」というなんとも魅惑的なメニューがありますが、まずは定番590円を実食いたしました。



【おおお!こいつは、初体験だ!ダシで食わせるとんこつスープ!】

 それなりに食べてきたつもりでしたが、久しぶりにこの一杯には衝撃をうけました。店舗は外見も中も家庭的すらある町のラーメン屋さん風で、そのときは女性2名でオペレーションです。久しぶりに「ばりかた」ということもあって、ものの3分足らずで配膳完了!いざ実食しますと、なんとも博多風のあっさりとんこつが上品で「ダシで食わせる」という風格なんです。あっさりとダシで唸らせるとんこつってのが、初めての体験でした。とんこつといえば、コッテリが主流でガッツリと食ってきた・・・。そして、これまではアッサリでも独特の匂いとクセ、そして塩味が濃い輪郭が全体をまとめるという構成が多かった・・・。しかし、今回は新鮮でした。

 とんこつ由来のクセある匂いが、あまりしない、ほとんどしない。それなのに、とんこつの味わいが優しく語りかける感じ・・・、とんこつってこんなにいい出汁がでるんやという【クリアなエキス感】がたまりません。塩味もそうするどくない。生ニンニククラッシャーで好みで味付けできるのがいいね!店舗も家庭的だが、この麺顔がいかにもハンドメイド!という感じがして、こういう長浜ラーメンなら、だーいすき! 初めて知った本当の薄味とんこつの旨味です!



【麺はバリカタ〜、替玉も安い】

 いやいや、麺も旨かった。博多麺でも、バリカタでは随分と感じ方が違うと思うのです。本当に、生も粉感を中心部分で感じるものもあれば、粉感を強く感じないけれど歯ごたえはしっかりある・・・。熱の通り方が粉の感じと太さで微妙なんですね。茹で時間10秒も違えば全然変わるといいますし・・・。

 しかし、こちらの麺での「バリカタ」は、粉すぎて失敗ということがないと思います。固さをおいしく楽しめますので、ひごろ固いの苦手だな・・・・と思う方も、その気があれば、一度ここで試してみてはと思いました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、これは大阪市内で一番旨い長浜らーめん」のひとつだと僕は思いました!博多どころか、九州に一度も言ったことが無い男の発言なので、説得力はありましぇーん(泣)。CPも良いし、ここはまた来させていただきます。もう一回同じものを食うと思いますが、また「カレーとんこつ」という・・・カレー好きなら無視できんものもありますしね!という決意もありまして、めずらしく自らすすんで、店のポイントカードをもらいました(普段はじゃまくさくてすすめられても断る性格)。帰りがけに、3歳位の女の子にバイバイと言われて、「ばいば〜い♪」とテンション高く返事してしまったのは旨かったゆえ・・。それでは合掌!今日も本当にごちそうさまでした。

followme