ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン3768】 ピコピコポン (東京・西早稲田) 冷やし中華 ヤサイニンニク 〜ポン酢気分と肉に埋もれる快感織りなす・・・ガッツリ系冷やし中華!

嬉しいじゃないか!「豚星。@元住吉」系譜の店が都内進出!
 すっかり訪問が後回しになってしまった「ピコピコポン@西早稲田」。昨年のGWあたりに、神保町二郎で遭難しかかったのがトラウマになって以来、随分とこの系統の頻度が落ちてしまいましたもんで・・・。ましてや冷やし中華強化活動中なもので、当面行けないかなと思ってた矢先、ツイッターでこちらに冷やしがあると知ったもので、暇を持て余した有休に行ってまいりました。
 

f:id:TOMASSOON:20190614195353j:plain

 
 
 入店して・・・券売機に「冷やし中華」のボタンを見つけられず・・・声張り上げて質問したら、説明対応してくれた。そのお兄さん!やっぱり豚星。で見かけた方でした。ノリノリなのに丁寧な接客口調が妙に覚えていたのだー。そんな感じでノリも良い上に、調理回転も実に良い。場所柄若い学生のグループ客が多い中、実にまったりさせてくれるのでした。
 

f:id:TOMASSOON:20190614195354j:plain

 
 
 面白いのは、この日の製麺で打ち損じた麺を無料サービスするというもの。常連さんはツイッターをチェックしているらしく、パラパラと家から持ってきたビニール袋を厨房に差し出し、希望の人数分の麺を入れてもらってる。中には、ラーメン食わずにビニール袋だけ手渡して、麺だけもらって帰る方も(爆)。しかしこれも有効利用とコミュニケーション。学生さん達の底なし食欲を満たしてあげてくんなまし。打ち損じたからって・・・焼きそばなんかにしたら絶対旨いに決まってるもんね!。
 

 

 
 
<全体> 案外フツーに・・・ラーメンや汁なしと変わらん風貌!
 
 冷やし中華は、券売機上のボードにメニュー表示してありますが、買い方を一応説明しときます。券売機の右下に、水色のプラ券で、唯一「メニュー表示がない」のに「売切」と光ってないボタンがあります。それを押して、手渡す際に「冷やし中華」と口頭で伝える・・・そのようになっとります。実はその他に「汁なし」もこの水色プラ券を流用するらしく、冷やしと伝えねばならぬようです。あしからず。そんなプロセスを実行した後、数分後に配膳されたのはこんな麺顔でした!。
 

f:id:TOMASSOON:20190614183947j:plain

 
 
 おおお!これほど冷やし中華を感じさせない冷やし中華も珍しいかも!?。二郎インスパイア系に来てこの風貌は違和感全くないが、冷やし中華ですと言われると妙な気分になるね(笑)。記憶の中の「豚星。」の冷やし中華は、多少なりとも冷やし演出があったようだが、目の前のそれはほぼ皆無と言ってよいでしょう。しかし創作系じゃなく、フツーに二郎系豚骨醤油を冷やしたタイプだったら・・・それはそれで超嬉しいかもと期待を寄せる。
 

f:id:TOMASSOON:20190614185945j:plain

 
 
 そして見ただけで少し頭が混乱するのは・・・この一杯、果たして冷たいのかすら分からなくなってくる。この麺顔風貌だと、湯気しかイメージすることができない。
 
 
 
 
<タレ> おおお!これは果実感ありありな爽快系酸味の広がり!ほぼポン酢??
 
 さてタレだ!。レンゲを沈めてまず色合いを確かめると・・・醤油ブラウンが濃ゆい。おお!これは醤二郎系に通じる非入荷系かと一瞬ワクワクするが、非入荷というより「透明性が高い」ではないか?。全く予想がつかないままで、味わい始めます。・・・・するとびっくりする位、酸味が立った!。しかも金属的な刺激は一切なく、フルーティーな酸味。シークァーサーのような強い爽快感まではいかないが、橙程度の酸味と甘みは感じる。これはフルーツ酢だ!と思ってばくばくと食い進めて行きます。
 

f:id:TOMASSOON:20190614190106j:plain

 
 
 すると途中から・・・「これほぼポン酢??」と気持ちが変化してきたりして(笑)。二郎直系でも「ポン酢」は時々見かけるし、のスた系でも好きだった味わい。ちょっとこんな記憶が頭をかすめたら・・・・それをなかなか払拭できなくなってしまい、後半からはポン酢気分でガツガツと爆食して行きました〜。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:冷やし過ぎずにいつものラーメン風合いをキープ!いつものワシワシ感覚で食らおう!
 
 千里眼@駒場で食った「冷やし中華」の記憶がまだ新しく、さぞかしワシワシ太麺の引き締まり感強い剛麺かもと身構えつつ、喰らい始めました。さぞかしハードな歯応えなのだろうと・・・。しかし、確かにハードさはあったものの、剛麺とまではやしたてるほどではありませんでした。キンキンに冷え冷えになってるわけでもなく、粗熱を十分に取り除いた?・・・そんな感じの冷やし麺。しかし、それもまた楽しいのであった!。
 

f:id:TOMASSOON:20190614190130j:plain

 
 
 例えば微妙な温もりが残っているだけに、馴染みの風味がはっきりとキープされており、それが冷やしを意識させずに旨いじゃないか!。またややハードなれど、スパスパと歯切れが良いし、少しボコッとしたフォルムは、腰の強さと相まってワシワシと食い進めるには実に楽しい仕上がりだったのだ!。時々絡むモヤシとも馴染みある歯応え相性だし、またブラックペッパーが地肌によく貼りつくので、これを奥歯で麺もろとも潰した時の刺激香味がたまらんわい!。
 

f:id:TOMASSOON:20190614190137j:plain

 
 
 
 
<ヤサイ> モヤシ100%!温もりがはっきりと残り・・・ブラックペッパーの風味が香る!
 
 冷たいポン酢(のようなタレ)・常温タイプのワシワシ麺・そして温熱なモヤシ。割と温度感がはっきりと分かれていて、微かにモヤシからは湯気が上がるような感覚。温度のギャップを一度に味わうのは実は好き。「ひやあつ」のうどんやつけ麺が旨いと感じる由縁だね。この一杯にもそんなエッセンスを感じたりして楽しみます。
 

f:id:TOMASSOON:20190614190151j:plain

 
 
 キャベツは一切なかったような記憶。モヤシ100%の味わいを、ポン酢の味で楽しみますが、ブラックペッパーも程よく効いて、ガツガツと食えるイメージ。ややクタっている感じもあって、麺とのコントラストある歯応えも絶妙と言えましょう。
 
 
 
 
<豚> 豚星。譲りの肉々しさ!豚々しさ!デフォルトでこの質感と量感がすごいぜ!
 
 デフォルトで豚がこれだけ立派だと素晴らしい!。ロースとそれに近い部位が2塊以上は入っているね。また脂身のトロトロを存分に楽しめるような部分もあれば、肉身のタレが深く浸透したところを歯応えで楽しみ潰し味わう部分もあります。
 

f:id:TOMASSOON:20190614190115j:plain

 
 
 やはり豚星。譲りの肉々しさ!豚々しさ!デフォルトでこの質感と量感がすごい。やはり、二郎系・そのインスパイア系では豚をかじらないと落ち着かないもんですな・・・。非常に満足度が高い仕上がりで、これは別腹に入ってゆくわ〜。旨し!
 

f:id:TOMASSOON:20190614190123j:plain


 
 
 
総じまして「ポン酢気分と肉に埋もれる快感織りなす・・・ガッツリ系冷やし中華!」
 
 ・・・という感覚。6月は冷やし中華に明け暮れて(笑)、ちょっと変わった味が欲しいと思ってたところだし、こういう冷やし中華は実はありがたかった(爆)。ちょっと今年の夏は「二郎系冷やし中華」に目覚めたかも・・・そんな危ない誘惑を感じつつ、こちらも宣伝と応援気分で、とっとと最後に歌って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190614195929p:plain

   
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅

ピコピコポン

ピコピコポン

 
ピコピコ ハンマー

ピコピコ ハンマー

 
僕とおませちゃん(1)

僕とおませちゃん(1)