ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2563】 ぎょうざの満州 荻窪南店 (東京・荻窪) みそラーメン


<店内どこもかしこも餃子で・・・PARTY!PARTY!!>


 大事な任せ仕事はとん挫するし、突然降りかかって買って出た調整役では、ぼろくそ言われ・・・まったくいいことなかった一日。どの店に行こうかと狙った店にも次々に振られ、夜も遅いのでここに来ました。「ぎょうざの満州」にまず来ると、餃子を注文しないとかっこ悪いとすら思えてきます。常連客の餃子への執着度合は、王将以上と思われ、サイドメニューになったとしても餃子はつきもの。私のように「みそラーメン単品」というのは、かえって不思議がられるのでは?と思えるほど。ああ、一日の労働が終わって、晩酌と晩飯をかき込むのに、白飯にもビールにも合う餃子を発明した人こそ、ノーベル賞を差し上げたいですね。それも平和賞を。







 さてその「みそラーメン」は、先日の「満州ラーメン」の記憶からそれを選ばせるのでして、ちょっと残念感あるスープでも、味噌味が加わればそこはかとなく仕上がり度合がアップするでしょう!との目論見からです。まあ、ベクトルは期待通りでありましたが、ワンコインラーメンという感じは、否めませんねー。しかしコンビニのレトルトに比べればかなり旨いには違いない。







「中華鍋の火力にはタジタジ・・・威力満点のアツアツ炒め!」







 全体的なイメージはスープより、麺より、トッピングの炒め物でして、ニラ・もやし・にんじん・きくらげ・ネギがそこそこ感じよく、熱烈に炒まっているのがナイス!。実にアツアツなのがまたうまさを高めます。もう少しボリュームがあるといいのだが・・・。







 またスープは、中華屋の調理麺という感じで、味噌味・みそ風味というセンスで、ガッツリとは攻めてこない娑婆さがあるね。そして唐辛子が少しピリリと効いていて、そこに微かな酸味を覚える。なにか味噌キムチっぽいニュアンスを連想したけど、キムチっぽいパーツがあるわけでもなし。味噌は熟成度が一般的なもので、少しぼやけているけれど、すりゴマなども投入されており、コクをアップせんと工夫のあとが見られます。









 麺が個人的に好きではないのだけど、すこし柔らか目が好きなかたには合うかも。熱烈な野菜炒めに高められた温度により、麺が少々熱だれをおこしておるように思えるのだが・・・。ちゅるちゅると啜れる感じは好印象なのだが、熱すぎてそうちゅるちゅるっと啜れるものでは実際ない。












 総じまして「餃子のサイドメニュー的みそラーメン」という感じかな・・・。単品で食うには、隣の席の餃子が眩しすぎて、正直集中できなかったかも。ま、餃子屋に行って餃子を食わない変な客のざれごとは忘れてくださいー。ともあれ、いいことなかった日は、最後までつきぬけなかったなーっということで、なので詠います!。


   やるせなく
   人のせいして
   女々しくて


   今日もさみしく
   一人で啜る


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:餃子 | 荻窪駅


BOYSLIFE vol.5 菅野博貴 吉祥寺&荻窪編

BOYSLIFE vol.5 菅野博貴 吉祥寺&荻窪編