ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2527】 AFURI 新宿店 (東京・新宿) 塩らーめん まろ味


<デパ地下感覚、乗り継ぎついでにサラリと食える崇高系塩らーめん>


 年末が近づくと、本当に一気に忙しなくなります。四半期決算に追われる毎日に、忘年会などが重なり、一年で一番疲労困憊する時期に突入しました。そんな中、乗り継ぎ駅の新宿駅で、早めの晩飯を食うこととして、「AFURI新宿店」へとやって参りました。AFURIって個人的にはちょっと高くとも結構すきなブランドでして、何気に全店制覇!・・・と思ってたら、知らぬ間に横浜と新宿に新支店を出している。そういうつまらない意地も訪問理由の一つです。







 今回、オヤジがLUMINE1の地下街をうろうろするのは場違いでしたが・・・若い人たちであふれる店内です。小洒落たスローフード系食堂や、今風で落ち着いた感じのあるカフェなど並ぶ一角に、AFURIがある。なるほど、この店ならこの雰囲気に違和感ないわな。さすがです。若い子たちも店員さんに、原宿店とメニュー一緒ですか?などと気さくに問いかえてたり、若い方たちの間でもAFURIのらーめんは、十分認知度が高いようです。中途半端な時間帯でも、五割の客入りですからねー。一応、一通り定番メニューは食いつくした記憶なので、ここは一番好きな、定番の「塩らーめん」とさせていただきましょう!。淡麗味といきたいところですが、ちょっとお疲れ気味だったので、エキス補給目的で、「まろ味」チューニングとさせていただきました。


   











【ちょっとした淡麗に感じる程度加減がちょうど良い? まろ味鶏油塩清湯!】


 どの支店に入っても、男前な金太郎飴のように同じようで整った麺顔。スープの透明度の奥には枯山水のような流麗な細麺。水菜の鮮やかさと漆黒な海苔の深み。誠に調和がとれていると思われる中央に、味玉ハーフが鎮座いたします。お見事!・・・・と感じつつ、和風民芸調レンゲでスープをすすり始める(・・・・このタイプのレンゲってとても使いにくいと思いません?、だれか格好よく啜る方法を教えてくほしい)。







 いつもながら・・・角がないすっきりした味わい。鶏ガラの透明度もあるし、乾物系の出汁も見事で、まさに淡麗系という感じがありありです。しかし、体が疲れていたからか、いつもより薄くね?。ひょっとして、まろ味じゃなくて「淡麗」と間違った??と勘繰りもいたしますが、たしかに「まろ味です」と配膳時にいたから間違いはない模様。ただ、鶏油の甘味よりは、青菜の清涼感の方が前向きに感じられ、中々の淡麗を感じる味ぶりです。しかし、最近になってタバコを控えているためか(やめたとは言わない)、とても味覚が敏感になったのか、徐々に味わいレベルが丁度よくなって感じられてきます。







 昆布のうまみを、きっぱりと感じるのも最近珍しいかも。また葱なのか・・・・香味野菜の風味もふわふわと感じる。デパ地下のような雰囲気の店内には不釣り合いなほど優雅に感じる一方で、麺からにじみ出る炭水化物系の風合いもゆっくりと感じだす。後半はでんぷん質の溶け込みの味わいで昇華するといった感じです。












【極細全粒粉入りストレート麺!素朴なようでどこか都会的なハイセンス麺!】


 私が初めてAFURIと出会ったころは、密度感あるパツパツ細麺で、とても麺の風味が鮮烈だったのがイメージ。数年後、全粒粉入り麺が登場してきて、最初は選べるシステムだったんだけど、近年は全粒粉入りの極細角ストレート麺がメインとなっています。極細だけど、多少のザラツキを感じさせて、それでいてとても歯ごたえをクツクツと感じさせる。前歯で切る度に風味がある。奥歯でプレスする度に、クチクチとスープとグルテンの潰れ混じりあいが瞬間的に楽しめる。







 やはり極細麺のストレートが見事!。そのため麺と麺とが毛細管現象も手伝って引き合い、スープ持ち上げの良さへとつながり、ざらつきながらもスルスルっと滑りのよいパフォーマンスを生み出す感じがよいね。個人的には、つけ麺よりも、汁麺の方が合っていると思っています。やや芯が残ったような風合いがすばらしいため。












【炙り肉あってこそ、淡麗系スープがよく映える!】


 AFURIのパフォーマンスは、肉炙りもその一つ。焼き場を仕切る方と、麺場を仕切る方がいなければならないので、どの店にも、どんな暇なアイドリングタイムでも、2名は必要です。このAFURIは女性スタフがとても重要なポジションで頑張っているイメージなのだが、最近はそうでもないのか男性仕切りの場面もよく見る。さてその肉ですが、確かに香ばしさと柔らかさを両立するいい肉!。カリカリ度と脂のジューシーさが相反してるのに整った旨さ。また澄んだ透明スープに、焦げ目のある肉を浮かべるなども、どこかミスマッチな雰囲気。しかしそれでも旨い。もっと肉をくれと思うのだけど、それやるとあっという間に、英世を超えるから、根性のない私はいつもべそをかいている。












 総じまして、「飽きの来ないハイセンス塩らーめん!」としか思い浮かばない、鉄板級の固い安定度を示す一杯かと思います。今回はいろいろ突き抜けたーーー!ていう感動が久しぶりの割には薄かったけど、まあ一時期頻繁に食い過ぎたので、それも仕方がないかと。せめてもう50円ほど安ければと思うのだけど、しかしそれでもまた食うのでしょうね。新宿は通勤の乗り継ぎ駅だから、間隔があくかもだけど、確実に今後食い続けると思いますよ(笑)。ちょっと落ち着かない店舗っぽいけど、気にせず頑張っていただきたいです。さてと・・・・あと残るAFURIは、横浜店だ。年内に行こうっと。と言うことで、なので詠います!



   走る月
   近づき焦る
   冬みぞれ



   塩ラー啜って
   また駆け回る



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

[asin:B01HMAVGZ8:detail]