ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン437】 希望軒 甲南山手店 (兵庫・神戸 甲南山手) トマトチーズラーメン

【少し前から阪神地区を中心に勢力拡大してまんねん】

 最初は、東京のホープ軒と関係あるんかなと思っていたのですがちゃうのね・・・。それにしても、阪神地区を車で流しているとよく見かけるなと思います。地元近くで食べてないのがこちらの店でして、なぜかというと、以前は「あじゅち屋」があった場所の居抜きな店だから、気分はすでに体験済みな感覚でいるためです。かつて、あじゅち屋が兵庫県版RDBで一位でもあり、よくこの場所は嫁さんと通ったものです。さて店内はというと、「そのままやん・・・」な造りで、唯一昭和レトロな感じを出しているだけ。さあ・・・勢力拡大中ラーの腕前とやらを見せてもうらおうか!と定番ラーメン注文するつもりが、限定星人の血が騒ぎ・・・このメニュー・・・。軽薄なおっさんですんまそん。



【おいおい・・・・キャベツは狙いなのか?見た目な話】

 短に雑なのか、一枚は大きな葉っぱをトッピングする趣向なのか、判断つかず・・。ただ中央の糸状おろしチーズと、トマトジュレ、ラー油混じりなひき肉のトッピングはよい印象を与えます。まず、スープを一口・・・。ライトとんこつな味わいとトマト風味が合いますが、ちとボディーが薄いね・・・。そこで、全体を一気に転地返しのごとく混ぜ返しにかかります。チーズが熱で一気に薫りをたてながスープに溶けていきます。そして麺にもからみます。トマトジュレも一気にスープと区別付かなくなり改めて食しますと、「あっさり甘口トマト」なスープに変わります。酸味がない。あるいは足りない。しかしこれでもええかと思えるまとまりは一応あるわけで、ちょっと惜しい感じがする。シャバいと切って捨てるほどでもない。

 そこで、こちらのサービスで置いてある、ホール生ニンニクとクラッシャーの出番となりまして、一粒丸々投入しますと、とたんにフレッシュな生き生き感が沸き起こります。一枚コクと薫りとわずかな苦酸味が加わり、これなら及第点だと思われます。

 あまり酸っぱさを追求しない、完熟トマトの甘みを目指したスープ。ライト系とんこつと相まって、とんこつ苦手な方でもサラリと飲み干せる出来具合い。セロリも利いているので、ちょいとニンニク足せばガッツリいけるかも!




【麺は期待していなかったんだけど、そこそこ好きな系統】

 細めんです。強いクネリがあります。加水は中から低めで、色白なカラーが印象的でした。そして油で加減が、若干芯を残す手度の微妙さ。これ・・・好きなんです。スープがライト系だからよく馴染むのでしょうか、スープとのからみもマッチしていますし、麺の風味も感じ取れます。糸状のチーズと丁度同じ太さと色合いなので、これらが絡まりやすく、麺の味わいとチーズの味わいが一体となって旨い・・・・。旨く計算されている。



【わずかでいいからチャーシューくれ】

 これ・・・・しめて約1000えんです。大盛りですがね。なのでチャーシュー一枚くらい載っけてくれよといいたくなる。ラー油混じりなひき肉は、あまり全体への貢献が感じられんかったし・・・・。そこのところ前向きにご検討よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、気になるのはCPだな・・・。普通に旨かったけど、価格に値するかといえば即答ができない。やはり、見栄えとチャーシューないところが、引っかかってしまう・・・。スタフ2名も一生懸命だけど、すこしバタバタして見えるな・・・。そういうところもあって、一応合格点に1点づつ2名分ということでお願いします。今後に期待してますよー。ということで合掌!今日も本当にごちそうさまでした。

followme