ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3243】 零一弍三 (千葉・船橋) 濃厚煮干し蕎麦 + 味玉 〜魂受け継ぐハイブリッド崇高濃密ニボニボ煮干麺!

<すごい修行経歴ですよね〜>
 
 ドトールで仕事やレビューの整理をするのが日課。利便性と価格、そして喫煙対応がよろしくて利用頻度が多いです。こう言う店のトイレは、男性(小)と男女兼用の組み合わせが多いんだが、男の大待ちは女性と一緒に並ぶ。これが、なんだか恥ずかしい。このオッサン、今から大をするつもりやで〜っと晒し者にされてるようでねー。いっそ男性(小)を取り払ってほしいかも。どうでもいい話ですんまそん〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113937j:plain

 
 そんなことより・・・前からとても気になってたので、思い切って千葉まで遠征してみました。今回はこちら「零一弍三(すうじ)」さんです。なんたって、Jインスパイア名店「ちばから」と煮干と言えばの「伊吹」さんで、経験を積まれておられるとか!。素晴らしい!。しかも曜日によって、J系と煮干系を提供分けていると言うので・・・これは選ぶの悩みますね。曜日の都合上、煮干のタイミングとさせてもらいました。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113900j:plain

 
 訪問タイミングは、嵐が近寄ったような非常に怪しい天候。しかしこう言う日こそ、行列回避にもってこい。そんな意識で開店時間前に、余裕を持って訪問したものの、ツワモノがもっとおられるわけで焦るー。なんとか一巡目をゲットできたのでやれやれです。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113902j:plain

 
 
 
<決して期待を裏切らない超濃厚ニボニボパンチ!コラーゲン感も濃密にバックアップ!>
 
 開店時刻に近づくと、かなり店前が混雑してきて、ご店主が早めに開店をしてくれました。店内にも待ちスペースがあるのね。券売機はやはり二郎系(笑)。プラ券でないと二郎系営業では雰囲気出ませんからね。すごすごと奥に順番に座ってゆき、静かにプラ券をおきます。一人営業でさぞ大変そうなんですが、非常にテキパキとされてて見ていて気持ち良い。そんな感じで割と早めに配膳が完了。それはこんな麺顔でした。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113904j:plain

 
 うおー、思い描いていた超濃厚ニボニボ感丸出し!まさにセメントカラーでして、深いモスグリーンにも思える泥系の色合いが素晴らしい!。そしてフレッシュ玉ねぎが、多めに投入されているのも好印象ですし、チャーシューというより「豚」というような肉のプレゼンスも申し分なし。もう見ているだけでビシビシと質感が伝わってまいります。もう慌てて写真メモを取って食らいつこうとしますが、そんなの私だけで、皆さんこの味を食うことを純粋に楽しんでおられます。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113903j:plain

 
 
 さてその味わいですが、もう一言ですよ。「超ニボニボ、超濃厚」ってな感じで締めくくっても良い感じ。その煮干しの味わいには、ニボっとした苦味が冒頭から痛快に響き渡り、ニボシストの心を鷲掴みですよ。ビターな感じが遠慮ないのに、エグ味も旨味と見紛う嬉しさです。相当の煮干量と溶け具合が感じられます。煮干しの旨味も苦味と一緒に丸ごと溶け込んでおり、なかなかの味わい。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113917j:plain

 
 また少し塩気が強めと感じます。ここはポイントでしょうね、煮干しのエキスを引き出すというか、クローズアップさせる役割とすら感じ、ニボニボ感覚には無くてはならないアイテムと言えましょう。さらにコラーゲン感が十分に感じられるため、濃厚さがさらにブラッシュアップされ、濃密とすら思えるドロドロ感へと繋がります。なので、小さめに感じる器も、これを全部飲み干すと相当胃袋にのしかかるので、食べ応えも十分です。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113919j:plain

 
 ニボニボ感を楽しんでいる中盤から、玉ねぎの粗みじんの部分を全部一気に溶かしこみましょう。さすればスープに歯応えが生まれて、フレッシュなクランキー感覚が味わえると同時に、玉ねぎが吐き出す甘みと苦味が、濃厚煮干に程よく中和され、昇華するように一気に食べやすくなります。玉ねぎ最高!。
 
 
 
<パツパツ過ぎず、やや滑らかに啜れて粉風味感もバッチリ!ニボって溶けゆく一体感!>
 
 言わずと知れた、低加水ストレート細麺タイプです。しっかりとスープに絡みまくり、麺と麺との隙間にもスープが入り込んで持ちあげも最高です。中心部が残る感じを明確にさせるようなパツパツでは無く、全体的に淡くクッシリと感じさせるような歯応え。その中に、乾いたようなイメージの麺の風味と熟成すら覚えます。そこに濃厚煮干しの味わいが、徐々に混じってゆく。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113920j:plain

 
 
 クシクシとした前歯の当たり、束になった麺を奥歯へ送ってプレスしてすり潰す。そこで粉風合いから、煮干し等エキスと混じり合った旨味へと昇華しますね。時折玉ねぎのシャリシャリ歯応えと、フレッシュな汁が混じりますが、それもまた苦味と結合し清涼感を感じるような旨さへと繋がります。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113934j:plain

 
 
 いや〜濃厚煮干しと低加水麺のコンビネーションは最高だと再認識。粉感とニボ感の一体した旨味は最高!。
 
 
 
<J系をちょっと感じさせるバラ肉チャーシュー!塩気が効いて旨し!>
 
 ちょっとだけ見栄えに違和感覚えるようで、馴染みのあるチャーシュー。バラ肉がロールになっていて、しかも分厚めにカットされています。二郎系に乗ってる見栄えと変わりませんね。二郎系営業の時を意識してかは不明ですが、肉でもしっかりと楽しませてくれました。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113918j:plain

 
 
 しっかりと周囲に炙りが効いていて香ばしいし、また持ち上げるだけで崩れるほど柔らかい。スープを吸い込むというより濡れる感じでかぶりつきますが、意外と塩気が効いております。なので、スープに埋没することなく、肉の主張ってなものも感じます。隣の方がチャーシュートッピングを追加されておられましたが、半レアっぽい別の肉が追加されてたご様子。何気に二種の肉を備えておられるのですねー。
 
 
 
<味玉にハズレなし!>
 
 これほど、どこを見てもキャラクターが濃ゆい一杯の中で、味玉は埋没しそうに思えますが、いえいえいどうしてどうして・・・。これがまた味わいが超深いのです。タレの浸透が半端なくて、白身は味噌漬けにでもしたのか?と思えるほどに茶色に染まり、まるでコーヒー牛乳のような色合いですよ。また卵黄も超濃厚で、味噌漬けしたのかと思えるほどの艶いた深い色合い。ガーネットのような色気さえ感じ、味わうと一転して甘みを感じさせる濃密タイプ。味玉で酒が飲めるかもしれません。今回も・・・嗚呼、味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20180507113935j:plain

 
 
 
 
 総じまして、「魂受け継ぐハイブリッド崇高濃密ニボニボ煮干麺!」と言う感覚しか思い浮かびません!。言わずもがな濃厚煮干しの伊吹魂と、スープコラーゲンと肉の処理あたりにちばから感を。これ食ったらもう一日が終わったような満足感に包まれることでしょう。こうなれば、普通の淡麗煮干しがどんなのか、そのギャップを確かめて見たくなる!また年内にこれるでしょうかね・・・画策してみます。そんな深い満足感を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   濃厚な
   雲と嵐に
   負けじとて
 
 
   濃厚求め
   煮干し魂
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 東海神駅新船橋駅船橋駅