ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3228】 玉 品達店 (東京・品川) 濃厚魚介味玉つけめん ~磨き抜かれた当たり前感覚!崇高スーパーまたおま濃厚魚介!

<出先昼飯で一番重宝な品達!名店のニューカマーにご挨拶な一杯>

 品川駅とくれば、ラヲタなら「品達」が頭に思い浮かぶはず!。二郎かもしれないけどー。まあ、オヤジビジネスマンともなれば、外出外回りで時間ないとき、ラーメンゲットするには、非常に好都合です。しかも名店が集まっているというので、これは大変ありがたい!。世間では連休から夏に向かってウキウキムードが高まっておりましょうが、この日は、あちこちと外回りで飛び回ることとなり、ありがたく利用させてもらいました。折角ですから、最近新規開店した「玉」に行っちゃいましょう!。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114858j:plain

 



 と言うことで、早めに到着したはずだったんだが、満席外待ち行列~。4~5名程度の行列だったので、大人しく食券を購入して連結することとしました。だいたい、いつも行列が絶えないのは、品達では「中本」くらいでしょうか。それに匹敵する混雑ぶりはさすがです。今回は、新規開店のご祝儀気分で特製!といきたかったのですが、英世一枚超えるのは痛いのでー・・・味玉つけめんとさせてもらいました。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114901j:plain

 



 それにしても、どんどんと回転よく店に吸い込まれていきますよ。5分も待たないうちに入店できたし、3分程度で配膳が完了です。ある程度フォーキャスト茹で上げでもしているんでしょうか。恐るべし玉のオペレーション。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114900j:plain
f:id:TOMASSOON:20180427114859j:plain
 





<王道で堂々たるまたおま系のプレゼンス!煮干しの甘みに節系の旨味感プラスで馴染み易い濃厚感覚!>

 本音を言わせてもらうと、実は本店と同じインドのつけめんが頂きたかった~。イメージ的には、豚骨魚介のつけ麺では、TETSUと内容がかぶるではないか・・・。醤油系の汁そばもある点がとても似つかわしい。ま、それはそれとして、微妙な違いを味わうのも一興でしょうか・・・と皮肉を思いついてたところで、ちょうど配膳が完了です。それがこの麺顔。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114921j:plain

 



 ううん!これまで何度もこの光景を見てきたような気分。まさしく「またおま」という感じですが、近年になって一周回った新しさというやつか、「またおま」が揶揄ではなく愛称のように思えてなりません。それほど、質実とした作りこみも感じるし、濃厚な泡立ちをじっと見つめるだけでもヨダレが滲んできます。太麺の少しくすんだアイボリーのような小麦色が、妙に旨そうですし、麺線の流れをみているだけで、グルテンの風味が頭の中で思い浮かびます。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114922j:plain

 



 そしてつけダレですが、鰹節が降りかかっているのがちょっとした特徴でしょうか。魚粉っていうのが多いなか、濃厚豚骨魚介で鰹節はどんな違いあるのかと楽しみです。一口すすると、これまで何度も通り抜けてきた味風景とその風合い。それがまた旨い故に、「またおまえか?」ではなく、「またおまえに会いに来た」という感じで受け止めましょう。豚骨の煮出しも十分に感じられるコラーゲン感。そこに煮干をすり潰したかのような魚介系甘味が溶け込み、苦み皆無でむしろ香ばしさを感じさせるのがいいね。しかも醤油ダレの感覚もしっかりと甘味に結びついているところが秀逸で、その仲介を鰹節がしているのか、魚介感に深みを感じさせます。魚介感を強化するとき、同じ煮干しでなく、節系という少し種類を変えることで、味に立体感か肉厚さが生まれてくるように思えてしまいます。これは王道の味なれど、堂々たる存在感とすら覚えますよー。うー・・・やはり旨し!。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114939j:plain





<モチモチ感に密度があるような中加水感!後半は一味を振って口当たりの変化を楽しむ!>

 甘味系の濃厚豚骨魚介なら、あつもりでもよかったな・・・と後になって思ってしまったけど、ひやあつも悪くないです。やはり引き締まった麺のモチモチ感がいい感じ。柔らかくもなく、低加水のようにクシクシとした感じがない程よい中庸感覚がいいね。表面はつやつやして見えますが、多少舌に貼りつくような部分もありまして、タレとよく絡みます。やや褐色に見えるのはカラの部分も多少打ち込んでいるからでしょうか・・・風味もなかなか。大盛にしとけば良かったのだが、ちょっと今金が無くてね・・・・。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114923j:plain

 



 いつものように、ズボボボボボボーっとすすり上げましたが、太麺にしてはとてもしなやかな感じで、すすり上げが楽でした。また、後半は、テーブルセットにあった一味を、麺の方にパラパラと振りかけて遊びました。ひやあつの温度差も味の内ですが、ここに一味のピリリ感が混じるとこれもカオスさが増して旨いのです。つけダレに溶かしたときとは、また違った一味の風合いが楽しめますので、興味のおありの方は是非。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114940j:plain





<味玉にハズレなし!>

 味玉も完璧な部類です。白身はふわふわぷるぷると震えるような仕上がり感覚がナイス!。また卵黄はジェルっぽい部分がたくさんあって、非常に濃厚で旨みが濃ゆいです。ただ、濃厚豚骨魚介の甘味の中にあるから、いつもの汁そばの時より埋もれた感がありますが、よくよく単体で注意して味わうと、いい仕上がりとなってました。嗚呼、味玉にハズレなし。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114942j:plain

 





<全体に埋もれがちなバラ肉チャーシューをメンマがアシスト>

 埋もれがち・・・と言えば、あえて言うとチャーシューだったかも。豚バラ肉の美しい断層がいい感じですが、やはり脂の甘味がつけダレの濃度に近いため、旨いのだけど印象にはあまり残らなかったという印象です。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114941j:plain

 



 その一方で、わりとメンマがたくさん入っていたのは嬉しい!。材木メンマも好きだけど、程よく箸でつまみあげてくうサイズ感のがうようよとつけダレの底から這い出してくのが、とても面白く食させていただきました。昼間じゃなかったらビールよカモン!と言うところでしようがー。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114943j:plain

 





<割スープ:スタフさん呼んでポットから入れてもらう>

 スープ割をしなくても、ゴクゴクと飲み干せそうですが、せっかくですから手を上げてスタフさんを呼んで、割スープコール。その場までポットを運んでこられますが、器を受け取って注いで返してくれます。まあ、いつもの淡い魚介のスープで割ったという感じで、汁系スープよりは淡泊な味わいですが、さっぱりと胃袋を温めてくれるという感じの、やさしい味わいでフィニッシュです。

 

f:id:TOMASSOON:20180427114958j:plain

 





 総じまして、「磨き抜かれた当たり前感覚!崇高スーパーまたおま濃厚魚介!」と言う感じでしょうか〜。汁系は、豚骨魚介系と醤油清油系と二種類あるようですから、そちらもゆっくりと攻略してみたいと思いました。またこの品達店限定メニューもいずれ出そうだし、「京急120周年限定」という企画麺もやるそうな・・・・。ちょこちょこっと品川を経由する際は、チェックしないといけないかもですね。また、またおま系が恋しくなった頃合いに、伺いたいと思います。ともあれ忙しい日にベリーコンビニエント!ベリーデリシャス!な一杯には感謝!。そんな記憶を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   午前午後
   都内を渡る
   旅烏


   豚魚嬉しや
   玉で止まり木



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

 

YouTubeにまとめてみました!


玉 品達店 濃厚魚介味玉つけめん 〜ラーメン食べて詠います

 

関連ランキング:つけ麺 | 品川駅北品川駅高輪台駅

 

 

シン・ゴジラ 巨災対 ツールボックス

シン・ゴジラ 巨災対 ツールボックス