ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3212】 寿々㐂家 (横浜・上星川) らーめん並+のり増 〜じっとりな塩気パンチ系の中に明るさ感じる鶏油マジックな王道家系

<10年越しの願いが叶う〜横浜家系の名店探訪!>
 
 今や、どこでも見かける家系ラーメン店。太筆書きの大きな文字と、オーバーめにデフォルメしたラーメンの図柄が、街のあちこちに見られます。その勢いは、全国に広まっており、帰省のときは関西エリアでも頻繁に目にします。たった10年でラーメン界の勢力図は大きく変わった気がしますね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180414112452j:plain

 
 
 ところで10年ほど前、ちょうど私は関西に転勤しておりまして、そこでラヲタに目覚めました。どうも関東・神奈川には家系というのがあるらしい。で、大阪平野京都盆地を駆けずり回って当時探した家系と言えるラーメンは、たった3軒程度でした。中には家系とは言わずに横浜ラーメンと名乗ってたり、全く家系を名乗らず普通に出してたりと、まさしく当時の関西は家系砂漠だったんです。そんな時、頻繁に東京出張が増えまして、ちょぼちょぼと、まずは吉村家から攻めていったあの頃です。本当に隔世の感がありますねー。
 

f:id:TOMASSOON:20180414112524j:plain

f:id:TOMASSOON:20180414110006j:plain

 

 その当時、とても本場横浜で人気が高いぞ!これは行きたい・・・と願いつつも行けなかったのが「寿々㐂家」です。ネット上でしか目にできない店だったんですが、ちょっと今回は、港北エリアまで足を伸ばしたものですから・・・長年の宿題を片付けに行こうか!と気持ちが高ぶってしまう。なんかドキドキするね。鴨居のららぽーとで、レビューの片付けをして、そしてちょこっと仕事のメールを出したりして、腰をあげて上星川へと向かいます。まあ覚悟はしていたんですが、いざ行ってみると殺風景な16号線に突然人並み行列が発生しておりまして、そこが目的の 寿々㐂家でした。長い行列も今回だけは苦にならず。
 

f:id:TOMASSOON:20180414110118j:plain

 
 
 
<じっとり豚鶏コラーゲンにカエシのパンチ!鶏油の余韻が塩気を引っ張る!>
 
 行列の面々もバリエーションに富んでいます。ラヲタよりは一般客が多い感じ。カップルやら家族連れなどもたくさんおられます。しかも意外と回転が早く進みまして、15分か20分程度でカウンターに着席できました。途中、スタフのお兄さんが食券の回収に来て、好みを聞かれたりしますが、まだ買えてないお客も聞き回っておられて、効率性をとても実践されてます。そんな感じで10年の宿題の麺顔は・・・こんな感じでした。
 

f:id:TOMASSOON:20180414111958j:plain

 
 おおお!!!・・・なにこれ?大変お優しい印象ではありませぬか!。もっと無骨だと思い込んでましたよ。一見、ほかの家系と何の違いもないのだけど、別に照明があるわけでもなく、むしろ日陰の暗がりなんだけど、スープの表情の柔らかさは何ぞ!。クタクタほうれん草の地味な色合いが「陰」とするならば、スープの色合いは「陽」そのもの。デフォルトでお願いしましたが、煌めきすら覚えます。
 

f:id:TOMASSOON:20180414112000j:plain

 表面には香味油が層を成すかのように、分厚いワックス感があって煌めきます。豚エキスというより、鶏油の美しさ何でしょうか。キラキラとひかる輪が大きくうごめきます。レンゲですくうと、下層には細かい豚エキスが粒のように霞んでは滲む感じ。たまらず味わいますと、これがまたじっとりとした動物感が舌へと一斉に襲い掛かります。豚の煮出しのコラーゲン感覚がまったり!。そして鶏系のエキスも確かにありますよね!。口の周りが食うたびに少しベタつく。そしてそれらの動物感にはカエシの感覚が重厚にありまして、塩気のパンチがしっかりと感じられます。後味は、微妙に酸味を残すところが、醤油ダレの余韻なのか、旨味調味料の影響なのか、動物系のエキスと塩気の残存なのか・・・。しかしこの後味感が家系って感じを深く受けました。
 
 それにしても、これだけズドンと感じるエキス感の割にはサラサラと食えるし、華やかさある旨味に仕上がってる気がします。それは鶏油の影響何でしょうか。この塩気でも明るさを感じるとは、そこそこの鶏油がないと行けませんね。隠し味程度ではない鶏油。またこの鶏油が塩気の輪郭を引っ張っているような印象で、塩気が明るく引きづられてるーーーー。個人的には、塩気が醤油にあまり縛られてない開放感を認めてしまいました。人それぞれでしょうが。
 

f:id:TOMASSOON:20180414112013j:plain

 
 
 また、ニンニクも忘れずに!。動物系のじっとり感覚が、いきなり別の命を得たかのように、生き生きと映えます。やはり休日のラーメン活動は気楽でいい!。ニンニクきにすることないんだもん!。家系とニンニク最高!。思いっきりの開放感。勢い余って、残り三分の一になってから、豆板醤を少しだけ滲ませました。ニンニクのシャープさが、豆板醤に引き継がれますが、辛味ニュアンスがさらに加わり、採取的にはかなりパンチのある一杯と感じてしまいました。
 
 
  
 
<ご存知酒井製麺:全員がカタメコール!?芯のちょうど消えた感覚で淡いモチモチ感を引き出す!>
 
 言わずと知れた、家系と言えば「酒井製麺」。ここもそうです。しかし面白いと思ったのは、私が店内待ちして、それから着席して、食って、店を出るときまで一貫して、多客も私も「カタメ」コールだったことです。ここのデフォルトは柔らかいのですか???。
 

f:id:TOMASSOON:20180414112025j:plain

 
 
 私の感覚としても、それほどクッシクシのカタメではありません。ちょうど芯が消えたニュアンスだったし、それほど密度感が高いわけでもなさそうに思えました。その反面、抵抗感が少ないのですが。前歯でスパスパと容易に切れるし、その合間に麺の風味も前半は感じるが、スープに覆い尽くされる感じ。奥歯で潰すときに、ようやく炭水化物なりの甘さをホワッと感じる程度です。
 

f:id:TOMASSOON:20180414112031j:plain

 それでも病みつきになりそうな、ニュアンスがありまして、後半になると表面の薄皮一枚は完全にスープを吸い込んでいます。なので咀嚼しだすと炭水化物と旨味の一体を感じるのがとても早いです。脂と他グルテンと塩気が一気に混ざり合い結合をしてゆく旨さ!。これがたまらん。 
 
 
 
<ポーカーを思わせる海苔の重なり!豚骨醤油で湿らしても風味良し!>
 
 今回は、初訪問記念に海苔を増してみました。歳とってくると、海苔がうまく思えてなりません。実は就職で上京するまでは、海苔が大嫌いだった私なんですが、いまでは信じられない。エリマキトカゲみたいな盛り付けもありますが(古いたとえ〜)、こちらはトランプポーカーのような盛り付けです。これを上から順番に、一枚づつ剥がしながら、麺の上に置き、そして麺を巻き込みながら食う・・・。旨し!。本来ならば、これを白飯で実践したいところですが、この日二軒目だったので自重しました。
 

f:id:TOMASSOON:20180414112006j:plain

 
 それにしてもここの海苔もうまいね。海苔がうまくない家系なんてないんだけど、とにかく豚骨醤油の塩気にはミネラルを補給してバランスも取りたいし、ちょうど良いパーツですね。
 
 
 
<柔らかめの肩ロースはスープを吸い込んで味わい深し!>
 
 今回はすっかりと脇役にまわったチャーシューですが、旨いには違いなし!。肩肉?と思ったけど、柔らかさと微妙な脂の入り込みから、肩ロースかと勝手に察しました。全体のインパクトからは埋没しがちだけど、一切れだから仕方なし。しかし、とても柔らかくて旨味もある肉片で、スープもスポンジのように吸い込んでいるから、旨しことには違いないのです。白飯にとても合うはず!
 

f:id:TOMASSOON:20180414112003j:plain

 
 
 
 総じまして、「じっとりな塩気パンチ系の中に明るさ感じる鶏油マジックな王道家系」と、家系素人ながら感じ入りました。時々、乳化の進んだチェーン的家系をすすり喰いますが、やはりそれらとは系統も、同じ家系でも系統の違いを改めて感じますね。改めて自分の家系経験値の低さを感じますが、これからゆっくりとでも、神奈川遠征で体得したいと思う次第です。今回は、長年の宿題が一つ減った方が印象深いのですが、悪しからずです。そんなほっこり感を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   風香る
   浜の塩気か
   豚骨か
 
 
   思い焦がれた
   エキスが沁みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
YouTubeにまとめました
 

関連ランキング:ラーメン | 上星川駅

 

 

アイランド食品 箱入横浜ラーメン吉村家3食入 630g

アイランド食品 箱入横浜ラーメン吉村家3食入 630g

 
日清 麺ニッポン 横浜家系ラーメン 120g×12個

日清 麺ニッポン 横浜家系ラーメン 120g×12個

 
ニュータッチ 凄麺 横浜とんこつ家 117g

ニュータッチ 凄麺 横浜とんこつ家 117g

 
ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 横浜とんこつ家 117g×12個

ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 横浜とんこつ家 117g×12個

 
ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン 108g

ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン 108g