ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2543】 らぁめん冠尾 (東京・恵比寿) 鶏清湯らぁめん

<飲む前に食う!!あっさりといきたい気分に極上鶏清湯!!>


 別に昼から飲む訳じゃないのですが、この日ははじけたい飲み会が予定されており、万全体制ということで、朝飯を抜いて、最近調子悪いので胃腸薬も飲みました。思えば丁度、一年前から悶々としておる。本当なら、ヤケクソで「野郎ラーメン恵比須西口店」で腹パンになってもいい気分です。しかし、裏手の路地へとまわり、最近オープンした「らぁめん冠尾」さんへとやってまいりました。下北沢の「桑嶋」プロデュースという事前情報が、私の背中を押しまして・・・、外回りの唯一の癒しとして、「鶏清湯らぁめん」を頂きました。







 なかなか交差点からすぐそこって感じなので、一度行けば忘れないロケーション。真新しく清潔そうなカウンターが好印象で、まだ認知度が低いのか、平日昼のランチタイムピークでも余裕で座れるという感じです。客層はサラリーマンばかりなので、落ち着いた店内。フロア担当の女性の接客も丁寧で、入口からのお出迎えから見送りまで、完璧に対応してもらって・・・ちょっとうれしいー。日ごろ優しくしてもらってないオッサンなので、こういうのにすぐ感動しちゃうんですよねー。
 











スープ:非常にあっさりーっと思っていると野趣深さに気付いたりする・・・・そんな大人な鶏清湯!


 店内もシンプルで好きだなーって思ってたら配膳されて、その麺顔の穏やかさに唸ります。温野菜、チャーシュー、淡い透明系なスープ等、胃袋だけでなく、目にも優しいという感じがしてなりません。こりゃ好みだぞと、適当に写真メモ撮ってまずは、レンゲで一口。そのレンゲが暖かい!?。そう言えばレンゲも温かくなっておりますから、気を付けて・・・とか言ってたっけ?。そして、穏やかな温度に包まれたそのスープは、イメージ通りにやさしい味わいに支配されてます。







 実はあっさり系ですが、鶏ガラがしっかり煮出されている感じがあって、髄のエキス感なのか・・・微妙に鶏の野趣な味わいも感じる。しかし冒頭だけでその後は慣れてしまうのだが、鼻孔を駆け抜けるときは、うっすらと動物系の野趣が残ります。でも野菜の甘みか、昆布系のアミノ酸なのか、旨みが芳醇!。それでいて塩気が低い。表通りの野郎ラーメン恵比須西口店とは対極の味風景じゃな・・・・。







 人によっては淡麗過ぎるかも。ブラックペッパーと、山椒がテーブルセットにはあるけれど、これは白湯向けのものか??。柚子胡椒などあればかなり、印象が高まったかもですが、このままデフォルトの汁を完飲いたしました。出汁茶漬けにしてもうまいかも。この少しばかり濁ったような清湯のほのかさが実に美味し!












麺:ご存じ三河屋製麺!?全粒粉入りの風流な細麺フォルムが大人な雰囲気!粉の風合いもしっかり広がる!


 丼の中には枯山水・・・。そんなイメージをさせる極細ストレート麺です。加水は低めでねり水の影響も少ないような白いめの地肌。そこに全粒粉が撃ち込まれて、パラレルに漂う麺の姿です。茹で上げも短めみたいな、クツクツ感覚。前歯で千切るとふわっと粉の風合いというか、グルテンの風味が広がります。







 これが意外に汁を吸いこまない。麺と麺とが貼りついて毛細管現象というか、スープの持ち上げというか、そういう性能は大変よろしいのだけど、最後まで粉の風合いが楽しめるという感覚。こういうのも良いねー。ところで、ここは大盛りボタンが見つけられなかったけど、替え玉せいなのか?? 誰か知ってるひといたらレポートしてほしいー。












具:低温と炙りで、酒にも非常に合うと思わせる大人な滋味!もっとくれー・・・


 ここは、ビールが「サッポロ赤星」「ハイネケン」「常陸野ネスト」というラインナップ!。どれも好きな銘柄ですやん!。午後から仕事をばっくれようかと思うほど(うそです)。しかし、その酒たちには確実に合うだろうなーと思わせる。鶏胸肉の低温処理チャーシューと、鶏もも肉炙りチャーシューです。特に胸肉は、少し冷たさが残っている方が美味しく思え、それをネストで胃袋へとがなしこみたい衝動にかられること仕切り。一方の炙りもも肉は、赤星で脂もろとも洗い流す感覚でいただきたい・・・・と妄想してしまいます。







 さて温野菜もいい感じだったけど、ちょっと硬かったかなー。とくにインゲンがそんな感じだった。他のキャベツ等は少し歯ごたえがあった方が旨いという演出だったような気もします。いずれにせよ、全て美味しくいただきました。







 総じまして、「味わうというより、沁みるといった優しさ!大人の味わい鶏清湯」と言った感じを個人的には受けております。本当は白湯の方が得意そうなこのお店。次回はそれを頂くつもりですが、これなら〆の一杯として夜も重宝しそう。これから飲み会が多くなる季節に突入ですし、恵比須ならちょっといい店知ってるよーって、便利に使えそうだし。何となく夜の方が使い勝手がよさそうですねー。とそんなことを考えつつ、とっとと詠います!



   空腹に
   鶏出汁沁みて
   恵比須顔



   酒焼け胃痛に
   大正漢方



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


【第2類医薬品】大正漢方胃腸薬 48包

【第2類医薬品】大正漢方胃腸薬 48包

私立恵比寿中学 カレンダー 2017 ([カレンダー])

私立恵比寿中学 カレンダー 2017 ([カレンダー])

ぴあ恵比寿広尾代官山食本 (ぴあMOOK)

ぴあ恵比寿広尾代官山食本 (ぴあMOOK)