ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2509】 中華そば 芳麺 (埼玉・関越自動車道上り三芳PA内)中華そば


<突如温泉紀行!その3:全く期待をしてなかった・・・弓削多醤油使用のキレある一杯!>


 草津温泉からの帰り道、家族は疲れて車の中で眠る。だって草津から、高速ICのある渋川まではすごく遠いんですもの。すっかり家族は車の後ろで爆睡状態。まあ、鼻歌程度なら起きませんから、私は、最近のお気に入りのカラオケ曲などをクチづさんで、ひたすら運転です・・・。「渋川伊香保IC」から、埼玉を超えたところで、「上里SA」があって・・・「嵐山」あたりから混みだしてまあ、予想通りの展開です。今回はそんなにストレスなく移動して練馬まで一気にいけるかも!?と思っていたところで、家族が起き出してトイレ休憩を懇願・・・・、慌てて辿る「三芳PA」です。温泉宿を出る時、私の胃袋はそれまでの過食により膨満感の極み。それが、三芳PAに着いた途端んい少し腹が減ったと思うから、実に人間って自分勝手だわー。今回は、三芳パーキングエリア内にあるフードコートでの一杯。







 それにしても、醤油系だけでラインナップがすごいです。「魚介醤油」「背脂醤油」そして「魚介つけ麺」「トムヤム醤油麺」と言う展開でそれぞれにセットとかトッピングの組み合わせで工夫をされています。ポイントは「弓削多醤油」と言うブランド醤油を推しているところでして、「中華そば 芳麺」の中華そばをいただいて帰りました。







 ピピーー!と無線の呼び出し機が反応して、受け取りに行くと、この麺顔。うお!ちょっと期待を良い意味で裏切る質感がありますやん!。少し喜んで座席に戻ると、家族が「わー美味しそうーーー」なんて反応し、味見と称して先食いされてしまいます(笑)。その直後、「おいしー」とスープをゴクゴクと飲み干そうとするから、慌てて制止。気をとりなおして三分の一食われた後で実食スタート・・・。







 第一印象は、侮れず・・・フードコート醤油ラーメン!と言う感じですね。確かに、弓削多醤油を謳うだけに、醤油の香りと塩気と甘みのピンとが合った豊かな味わい。醤油そばと言うプレゼンスすら感じます。後味に残る微かな醤油の酸味と甘みが、次へ次へと食を進めるといった感覚で、家族が飲み干そうとした気も分かる。そしてさっぱりした鶏ガラ出汁と、節系を想像させる軽い魚介の味わいが良い印象。ねぎも大雑把な青ネギ出なくて、ちゃんとそれなりに白髪っぽいねぎをトッピングして、醤油系のスープにほのかなネギの香りを醸し出す・・・。







 そして麺も侮れず!。従来のフードコートのイメージから、良い方向に外れるもので、麺の風味と感じ取らせるもの。きっぱりした醤油が、麺のグルテンの風味に染み込むのがわかりやすく、旨味を感じさせる。茹で上げは、芯を感じさせない程度ですが、コシツキをきっぱりと感じさせますし、表面の薄いぬるつく層が、口当たりと全体のスベリを良くさせます。前歯でプツプツと小気味良く千切れ、奥歯ではクニクニと淡く潰れる感覚がナイス!。







 具もなかなか頑張っている。チャーシューは、バラ肉タイプで大きさと肉厚さも納得のいくもの。表面の醤油だれ浸透がとても香ばしく、脂身の甘さと良く馴染みます。安っぽさはない。海苔もそこそこの肉厚ぶりで、単なる飾りでなく普通に旨かった。またメンマが材木状で非常に良い。2本しっかりと入っていて、なんちゃってーと言う感じが全くなくて好印象。









 総じまして、「高速道路SA/PAで食える醤油麺としては・・・・なかなかの納得クラス!?」と言う感覚。高速SA/PAで730円ならこれはアリだなと感じました。たまたま疲れてて、腹減ってて、胃袋の具合もヘタり切ってたタイミングであったけど、染み入る醤油ダレであったことは、間違いない。残念なのは、サービスエリアだけに、いろいろな飲食(そば・ピザ・カレー・すし・・・)と競争しないといけないと言うことかな。定番醤油だけに、こう言うシチュエーションでは、インパクトが心配。でも、じわじわと認知されればそれで良い。これからも、頑張ってもらいたいと思います。ということで・・・なので詠います!。



   行楽後
   後部座席で
   寝る家族



   眠りの深さ
   私の充実



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | ふじみ野駅鶴瀬駅上福岡駅