ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2517】 中華そば 無垢 (東京・神保町) 肉増し煮干そば 大盛


<激戦区神保町で新たな煮干の専門店!>


 地震があったり雪が降るかもなど、いろいろ慌ただしかった午前中の外出。やっと飯が食えそうとやってきた神田神保町界隈です。こうなれば、「伊峡」か「さぶちゃん」で半ちゃんらーめんか!とノスタルジー系に的を絞っていたのですが、たまたま通りがかった「勝本」近辺で、新規店舗が営業開始!。結構並んでます・・・。屋号を確認すると「無垢」とのことで、おおお!独フランクフルトの名店が、横浜ラー博に続いて神保町に!!!と急に興奮を覚えましたが無関係のようですー。並んで券売機の前まで進んだら、煮干し系のお店でしたー。







 それにしてもこの界隈は学生さんが多くていいね。学生さんでなくても就業年齢が若いというか、スーツ着て白髪交じりのオヤジなんて私一人だけです。店主とスタフさんも大変にお若く見えて、若夫婦の新店舗門出なのか??は不明だが、丁寧で落ち着いた接客がとっても好印象です。気を良くしてしまって、デフォルトの一番お安いので様子を見ようかと考えていたんだが、調子こいて「肉増し煮干そば」の大盛りとさせていただきました。  












【穏やか煮干が象徴的ー^^ 円やかの上を行くような柔らかな味わい!】

 配膳と麺顔を見て瞬間的に、「中野のさいころに似てる?」と思った。こちらは薬味を極力置かない。小さい胡椒さしが置かれているだけ。表面の香味油はキラキラしているが、さらっとした感じできつくない。満来・ほりうちよりも煮干しの風合いがやや強く、さいころよりは穏やかといった立ち位置に感じるスープ感。







 ライトな煮干し感覚と醤油ブラウンの穏やかさ。それに肉煮干とくれば、中央線で通勤しているものとしては、それを連想してしまう。そんな先入観あっていよいよ実食ですが、麺顔の肉の折り重なりは半端なくて埋め尽くされてます。それを一旦端っこに寄せて、スープをレンゲでグビビっと味わう。やはり予想通りの「甘目の穏やか煮干し」の味わいだわ。パンチと塩気の煮干しも良いけど、こういう甘味主導で穏やか煮干しも捨てがたいね。関西オリジンの私としては、こっちの煮干しの方がピンと来る。煮干しだけでなく、いろいろ乾物や野菜も滲んでるのかもしれませんが、とにかくサラサラとした甘味がとても香ばしい・・・。これは老若男女に受ける味わい。







 動物感覚は少し抑え目に感じるけど、薄くはない。肉増しの風合いも溶け込んでいるし、またガッツリ行きたい方は「背脂」増しもできるというラインアップです。私はこの程度の動物ライトエキスが丁度、今の気分でして、毎日食っても飽きないし、胃もたれしない感じがする。鶏というより豚のほのぼのした味わいが滲むエキス感が好きだ。







 




【引き締まったモチモチ感覚とツルツル喉越しが楽しい!スリム平打ち捩れ麺】


 贈花の送り主名で分かったカネジン食品の麺。「金野 仁」社長・・・だからカネジンなんだと今更知りました(笑)。さてその麺ですが、なかなか引き締まりが感じられる多加水麺で、割としっかりしたモチモチ感が好印象。中太と言い切れないくらいのスリムな平麺でして、ところどころボコボコとしているナチュラルな風貌です。表面の光沢感もあって見た目通りにツルツルとした麺。口当たりもよく、スープとの絡みは「濡れる程度」なので、スルスルズボボボボボーっと気持ちよく啜りあげることができます。







 麺の風味をスープに吐き出すことと、麺にスープを吸い込ませる部分がちゃんと感じられて、グルテンの楽しさを十二分に感じられる。分解されて糖質を覚えるような錯覚すらあり、スープとの一体感がとてもよし。平打ち麺の楽しさがあるねー。












【さっぱり味で薄めのバラ肉スライス!まさに肉絨毯!】


 さっぱりしていて、何枚でも食えそうなチャーシュー。脂身と赤身のストライプが綺麗。しかも皮に一番近い部分がしっかりと残っていて、脂身で一番甘いところがキープされてる!。それが飴色に輝いていて、スープの熱で緩んで・・・・さらに甘味を感じさせやすい状態です。淡白な肉味ですが、とてお素直な肉の美味しさ。この肉増しと大盛りをかんがえると、790円という800円を切る価格は納得いく感じがします。10枚以上は確実にあったかと思います。肉をそのまま食っても余ったので、途中から麺を巻きつけて一緒に食いつくしました。












 総じまして、「激戦区裏通りにひっそり咲いた穏やか煮干!」と言う感覚でして、個性豊かなエリアですが、是非とも頑張って頂きたい次第ですー。かつてこの辺りに「Soup」といういい店があったのを思い出した・・・。そこそこ入れ替わりがそこそこ激しいエリアなんだよね・・・。近くには競合もありますが、徐々に名前を売っていただきたいと思います。これからラインナップが増えるのかな?・・・だったら期待!。やさしくて良い煮干がここにありますよ!とこの場で宣伝させていただきまして・・・・なので詠います!



   和やかで
   小春日和の
   激戦地



   穏やか煮干
   楽しく泳ぐ



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


東京都千代田区猿楽町1-3-6 原ビル1F