ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2094】京鼎樓小館 ラゾーナ川崎プラザ店 (川崎・JR川崎駅) 麻婆麺

月末ってホント忙しい。今日も外出ですがいい天気なので、サクッと時間を作っていい店でいいラーメンを食おうと画策を果たしますが、思い通りに行かないのが世の常です。朝飯抜いてて、午後一の会議の前に何か食わないと、集中ができなさそう。乗り換え駅の川崎でラゾーナに立ち寄って、サクッと食ってしまおうという判断です。ラゾーナのフードコートは侮れず。関東の名店に止まらない上に、そう変わらないレベルで提供してくれます。銀座の篝、市ヶ谷の庄野などありますが、今回は、聞いたことない恵比寿のお店の麻婆麺をいただくこととしました。そろそろ麻婆も飽きてきたかなーって正直言って思ったんですが、これが意外なことに、飽きさせずいい感じで食えました。もう少し量は欲しかったかな。


   











【複雑な中華醤!豆板と豆〓の刺激バランスに、辣油と花山椒がシャープに響く!】

小籠包も推している店なので、基本的にはセットメニュー。それをあえて麻婆麺単品としたからか、少々こじんまりした丼感は、否めませんかな。フードコートによくあるブザー呼び出し機はなく、すぐに出来ますのでそのままお待ちくださいと言われる時点で、「あ、作り置き麻婆餡?」という不安もよぎります。なのでスタートは、下げモードから実食スタート。席に着く途中で紙コップ給水機に立ち寄って、ベビーバギーの親子連れからひとつおいた席に落ち着いて、まずは記念撮影。ラヲタ感丸出しですな。







さて麺顔ですが、意外にじっとりしている部分と、クリアーな部分がハッキリしていて、全体的には深い色合いです。それなりにユニーク。まずは、混じり合う前のベーススープを味わいますが、すでに山椒の溶け込みを感じて、ジリジリとしびれる手前の華やかな香ばしさを滲ませます。そこに醤油系のさっぱり感が相まって、おお!これはなかなかと見直し始めます。







それでは一気に全体を味わいましょうと、レンゲで少し掻き乱しますが、麻婆餡はとろみがほとんどなく、サラッとしていて一気に全体拡散してしまうよう。そこを味わうと、おおお!今度は一気に味わいが深まるばかり!。辣油のシャープさが加速しだす一方で、豆板醤の味わいが厚みを醸し出す感覚。唐辛子の辛さだけでなく薫る味わいがいい感じです。そして、薫る言えば豆〓醤の風味もいいですよねー。中国の田舎味噌のような、また違った熟成感を与えます。豆〓も一部で姿のまま残って、溜まったり漂ったりで、奥歯ですり潰す際の味わいがいい感じです。







さらに、何気に水菜がよく合う…。色々と複雑な麻婆の味重ねの中にあって、この青っぽく鮮度あるニュアンスが、他の調味料ではない味の時間軸でしょうかね。時間をゆっくりかけて作り上げた味わいと、鮮度が命のような青物の味わい。そんなもの同士のぶつかり合いも、食ってて感じて遊び心を思います。







【極細ストレートに低い加水感!粉感豊かでスープとベストマッチング!】


スープが想像以上に美味かったのだが、麺も個人的には好きなタイプ。極細に近いストレートで、ネリ水の化学反応の低さが気に入ったかも。個性的で濃厚な麻婆を越えて、しっかりとした粉の風合いを感じさせてくれます。密度感はそこそこで、高くも低くもない。スパスパっと割とリズミカルに切れるが、ボソッとした風合いは少ない。束になったところを奥歯でプレスして、クシクシっとしたテンピュールにも似た感覚。後半、少しばかり汁を吸い込むが、熱ダレもなく品質感も一定の味わい。







気に入ったのは、山椒やその他調味料のかけらを、細麺同士の隙間とか、それ自体の地肌によくよく貼り付けてくるところ。すすり上げても口当たりがよくよく楽なのだが、咀嚼でこの貼り付いた薬味の味わいが、弾けるところが面白い。ほんの僅かなクリスプな歯ごたえが、この麺にはあって、それはそれで嬉しいポイント。












【挽肉と豆腐に染み込むスープ感!白飯よりも麺に合う麻婆感覚】


最後に麻婆のフィーリングを少しだけ補足。麻婆麺より、麻婆飯の方が認知度が上だし、ファンもそちらに偏るのだろうなと実際のところは感じています。本格麻婆の度合いが高まれば高まるほど、その傾向は高まるのでしょうか。しかし、この一杯にある麻婆は、俄然麺の方がマッチ度は高いと思います。まず餡が極めて緩いところ。サラサラ度合いと、山椒をはじめとする薬味の絡みが麺に合うはずです。また豆〓醤がスープ感を高めるところがあり、汁は汁として味わいたいような感覚があり。なのでセットなら飯系よりも小籠包の方がまとまりがあるように思えてしまいます。極めて個人的な感じ方なので、あしからず。












総じまして、「思わず本店へ誘い込まれそうな、ナイスバランスの本格麻婆麺」と言わせていただきましょう! なんでも麻婆はとろみ餡必須と感じてたところも、払拭でき斬新さと本格さを感じましたし! 今度は、もう少しこの味をガッツリといきたいって興奮もあり。フードコートを侮るべからずと思ってはいても、また新たに感じてしまいました。さていつ恵比寿に行く用事ができるだろうか……。なので詠います!



お昼どき
笑顔溢れる
モール街



麻婆の刺激で
笑顔を忘る



お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!




関連ランキング:飲茶・点心 | 川崎駅京急川崎駅

テツオト サウンドポット 京浜東北線・川崎駅

テツオト サウンドポット 京浜東北線・川崎駅

テツオト サウンドポット 京急・京急川崎駅

テツオト サウンドポット 京急・京急川崎駅