ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン530】 馬骨塩ラーメン 湯梅軒 (大阪・天満) 馬骨塩ラーメン

【ディープな天満に、ひとくせあるラーメン登場】

 「一松食品センター」の中にあります。この中ほとんど飲み屋。そのなかに一軒だけ新しくできたのが、こちらです。天満で一番ディープな場所にありますからねー、相当個性がないと埋没しそうですが、どうりでこちらは「馬骨」という武器をお持ちなんですね。こちらにたどり着くまで、相当誘惑的な大衆メニュー(串カツ・焼き鳥・お好み焼き・焼肉等)が立ち並びますが、すべて無視。立ち飲みワイン屋には相当後ろ髪を惹かれましたが、いつかこの界隈ではしごして死にたい・・。そんな、わが愛すべき天満なのです。



【大阪人の大阪人による大阪人のための・・・・】

 「いらち玉子」の張り紙が個性的。こちら、前金制でしてその払いの最中、大将から「玉子食べてて待っててください。」と促されます。なんのこっちゃと思えば、無料サービスのゆで卵のこと。「いらち(気短か)な大阪人」の個性をよくご存知で・・(ちなみにアタクシ京都人)。「いらち玉子」というネーミングもええやん! この玉子を食っている最中だけは、なんだかちょっぴり「横山やすし」になった気分です。お〜っこるで、しかしぃ〜♪



【馬の骨って初体験・・・】

 馬のラーメンって初体験なんです。食べると・・・・馬並みに元気になるのでしょうか・・・。配膳されたそれは、なんと「非常にシンプル」で揚子江ラーメンかと連想してしまいます。そして、馬肉のミンチ入っていますので、良くかき混ぜてくださいとのコメントを頂きます。なるほど・・・・極荒のミンチ肉がそれですね!

 透明なスープを頂く・・・。なるほど、牛骨のニュアンスに近いものある!しかし、牛より個性的な味わい・・・。しかし、全体的には、すごく淡いつくりのスープですので、馬のエグ味は全く感じません。動物系の余韻が、濃厚な牛な感じかな?

 味の輪郭としては、イメージしやすいのは牛骨。牛骨経験ない方は、牛テールスープに、少し野趣を加えた感じと想像いただきたいです。その上に、淡ぁ〜く天然塩というイメージで、正直言って「薄い」と思う。しかし、味わっていくうちに適度に感じます。トッピングの水菜が、微妙なクセと良くマッチします。野趣と上品が折り合う稀なスープです。



【麺は、適度なクッチリ感がステキ】

 麺は、標準太さのストレート。中加水。しかし、芯はなくとも、中心部をしっかり感じ取れる高評価な麺です。スベリも良いし、スープの個性をダイレクトに受け止めるように、細いながらもしっかりした造りが伺えます。



【具などは、評価がむずかしい】

 まず、馬肉ミンチは・・・・馬肉ってこんなかんじね!と分かる程度で、混ぜても麺とよく絡むほど量がない。そして味としては、スープに旨みを渡してしまったカスカス感がまたいい。嬉しいことに一枚海苔がある。これは、なかなか納得できましたし。水菜は、スープ個性をアシストしていてよく合います。メンマは、酸味ある味付けだけど、スキかも。・・・・・・やっぱり、チャーシュー欲しい!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、どこを向いて勝負しているかですね・・。アタクシは、飲んだあとの締めの一杯としてなら、大合格点を差し上げたいです。しかし、昼ごはんとなれば、評価が割れるかもと・・・。アタクシはいいんですが、ガッツリ系には不向き。しかし、場所柄がいかにもガッツリ系な土地柄のような気がするんで、しばらく見守りたいと思います。ということで、合掌!今日も本当にごちそうさまでした。

followme