ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2629】 ラーメン さくらい (東京・吉祥寺) 味噌ラーメン 〜昔ながらの良き時代の吉祥寺ラーメン

<名物オヤジ店主!言うことを聞いて食うべしだな:笑>


 年末に嫁さんの実家で親戚が集まって飲んでた時、武蔵野にも「さくら井」って美味いラーメン屋ができたんですよーって話してたら、「知ってる知ってる!」ってノリが返って来て、意気投合して飲み続けました。でも妙に会話が噛み合わないのよ。駅の北方向とかは合っているんだけど、地下に潜るとか、味噌やタンメンが旨いとか・・・。ベロベロに酔ってるもの同士の会話でしたが、最後は「永福町大勝軒っていいよねー」って言う話に落ち着いて、あとはさよならしましたー。


   






 そんなことを忘れかけてた時、吉祥寺のダイソーに用事があって帰る途中、同じビルの地下に蕎麦の「砂場」を発見。入ろうかと迷っていたところで、角の奥から妙にダミ声が聞こえて来た。・・・なんだろうと近寄ってみたらそこに「ラーメン さくらい」があったわけだ。おお!年末で言ってた店はここのことか!と個人的には猛烈に驚き!。そして店前に呆然として居たら、店の中から「寒い夜には、味噌ラーメンかタンメンだねーーー」と刑事コジャックばりの低い声が私を捕まえます。いかにもオヤジクサい店主からの俺への囁きです〜〜。こりゃもう入るしかねーだろー。


   











汁:「懐かしいタイプの味噌ラーメン・・・子供の頃を思い出す味わい」


 そんな感じで、オヤジ店主の独特な個性で入店した次第ですが、前情報があったので「味噌ラーメン」とオヤジ店主に告げました。「味噌に限るよこんな日は」とまた呟いてるよ俺に・・・。その後もパラパラと後客が入って来て、まあ似たようなシチュエーションが展開するわけです(仕事が楽しそうでいいね)。こう言うの店主は関西エリアにはよくいたかもよ。例えば、なんでも値段の最後に「万円」をつけがたるとかね。そんなのを思い出して過ごしてたら、とっても意外に配膳が完了。厨房の料理人は、店主とは真逆か、どうも寡黙で素早い手さばきの料理人らしい・・・。







 麺顔を見た途端、懐かしくて泣けてくるようです。これは、昔よく食った昭和の大衆系味噌ラーメンですよ!。昔、デパートの大丸へ家族と出かけたあとは、地下の食品街にあったラーメンコーナーでよくこう言う味噌を食ってた記憶。親父がまだ若かった頃、子供の俺は小さい茶碗をもらって、冷ましながら食ってたよ・・・。当時はどさんこラーメンチェーンも元気があった。







 味噌といっても現代の基準から言うと「味噌風味」に近いタイプで、中華屋にある味噌ラーメンに似ている風合い。超熟成味噌とか、塩気と辛味でパンチを効かせるとかは無縁の味わいでして、どちらかと言うとあっさりした味わい。パンチがない。そこが懐古的であり、いい感じだなーっと浸っていると、「ニンニクを入れても旨いよー」ダミ声が囁きかけて来ます。ベースの豚骨と鶏ガラ出汁も濃厚風でもないが、良い感じで調味料が効いているところに、もやしの炒め汁が絡み、いい塩梅で旨い。












麺:「熱々ーな蓄熱タイプのモチモチ細麺!汁吸っても熱ダレせずハフハフしながら食う!」


 店前の看板には「手打ちラーメン」とある。これ手打ちなんすかねー。しかしナチュラルにくねった細麺だし、捩れもほどほど。縮れとまではいかないボコボコとした形状は、ハートフルなイメージかもしれません。見た目はとてもヌルヌルとしていそうですが、実際はそれほどでもなし。心地よい滑りの上に、汁を吸い込んだような滑らかさがあって、口当たりと歯ごたえが優しい感じです。







 小麦の風合いがどうのこうのと言うより、蓄熱でもしとんのかと思うほどアツアツー。だから冬にはもってこいの味わいと言うか、オヤジ店主が妙にアピールしてくるのもわかる気がします。クタクタなもやしともよく絡まり、全体的に調和が取れた歯ごたえ。悪くない!と言うかいい感じに仕上がっている全体感です。












具:「クタったモヤシが和むー!それでもチャーシュー無くとも違和感なく食い切る」


 そんな感じで具はモヤシがメインでして、モヤシこそが麺よりも汁を吸っているような気がするほどに、しなしなーな感じ。そこにコーンが乗せられていて、具はほぼそれだけ。だと思ってたら、ひき肉が後から見つけてしまったけど、コーンの陰に隠れたひき肉と言う感じで・・・ま、こう言うものなのだろうと改めて考え直した次第です。800円と言うところが引っかかるが、これ以上言うと無粋だよね。












 総じまして、「昔ながらの良き時代の吉祥寺ラーメン」ってな感じがしまして、なぜたかとても憎めない味わいとそのオヤジ店主。ラーメンよりもオヤジに会いに来たりして(笑)。そう言うのも味わいってやつなんだと、しみじみと思います。なんだか和むわー。ここは吉祥寺・・・「かーすけ・おめだ・ぐずろく」も今は昔。みんな歳をとるのだけど、ここのオヤジ店主もいつまでもお元気で、名調子を聞かせ続けて欲しいもんです。また来ますよ・・・次回は、店主の仰せに従いタンメン食います。と言うことでまた新たに宿題ラーメンを作ったところで、しみじみと詠います!



   寒い夜
   オヤジ口撃
   冴え渡り



   寒いダジャレも
   粋な味わい



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!




関連ランキング:中華料理 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

俺たちの旅 Vol.1 [Blu-ray]

俺たちの旅 Vol.1 [Blu-ray]

青春ドラマシリーズ・ソングブック 俺たちの旅

青春ドラマシリーズ・ソングブック 俺たちの旅

俺たちの旅 十年目の再会 [DVD]

俺たちの旅 十年目の再会 [DVD]

俺たちの旅 二十年目の選択 [DVD]

俺たちの旅 二十年目の選択 [DVD]

俺たちの旅 三十年目の運命 [DVD]

俺たちの旅 三十年目の運命 [DVD]