ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン539】 新月 (大阪・農人橋) 鶏団子ラーメン・醤油・大盛り

【いきなり売り切れでっせ・・・人気出てまんな】

 何を隠そう、限定のトマトつけ麺狙いで訪問。夜の部おそらく一番のりの先客ゼロ。この状態でトマト星人全開なアタクシで、早速注文通したところ、女将さん曰く「売り切れました・・・・」と申し訳なさそう。なぬーーーーーー!!!ショックがでか過ぎる・・・。10秒は立ち直れませんでした。ならばと、ようやく気を取り直して、メニュー冒頭にある、これもおそらく自信作であろう「魚介鶏白湯」を注文しようとすると、何と・・・・それも売り切れているとのこと。この店の昼の部、どんだけ人気やねん。と・・・・あいなりまして、かすかな記憶をたどって確か鶏団子が評判良かったはずとこれをオーダーです。参りました。



【鶏団子うまし!大阪名物たこ焼きみたいにふわふわ感あり!】

 まずメインの鶏団子をレビューいたしますと、こいつはなかなか「優しい」高品質を感じる絶品です。しかも予想に反して薄味で、これがまたスープが上手い具合にしみ込み格別になるのです。 巷にあふれる軟骨のコリコリなど、歯ごたえ&ジューシーもいいのですが、ここのは、はんなり生姜が風味程度で利いていて、そして大葉がアクセントがあるかないか程度に味わいに溶け込んでいます。そして、鶏肉ミンチは、大阪のたこ焼きのごとくふわっふわな感じがします。箸で半分に割って直接楽しむもよし、麺と絡めてもよしで、とても機転と応用がきく一品です。これを肴に日本酒か焼酎というのもいける!金があったらやってみたい!



【醤油ラーメンみたいな表記なんだが・・・しっかり鶏白湯】

 この手のラーメンで他に思いつくのは「東成きんせい」さんなんですが、あちらの醤油ラーメンよりも、香ばしさが立ちます。その香ばしさというのが、醤油由来だけではない独特の個性があります。焼き鳥のつけダレのような感じもするし、鳥皮の旨そうに焦げた風味のようでもあり、また・・・ひょっとして魚介由来の香ばしさかとも思える・・・・自分のバカ舌さです。トロみは見た目ほどなく、さらりと食わせます。

 濃厚鶏白濁スープのコクに、マイルド醤油が合わさった立体的味わいのスープ。鶏団子の旨みも合わされば最強のコンビネーションを発揮するスープです!



【定番とすら思う安定した品質の麺ですよ】

 この手の教科書的な中加水の麺ってレビューしずらいのよね・・・・。健康的な黄色が印象的で、中加水のど真ん中の噛み応え。芯がないのだけど、やや中心部分が感じられ「クッシリ」と感じる抵抗感がたまらない。そしてストレートで太さもまさにラーメンとしても標準的。表面が微妙なざらつき感あるものの、濃厚スープとうまい具合によく絡み、すべりも思いのほか良い麺です。大盛りにして良かった!と思える!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、狙いのメニューを2段階外してもこの満足感は、イイネ!困ったことに、これでますます、とまとつけ麺への野望が高まったではないか・・・いっそのこと、とまと合え麺にでも言って無理を通してみたいという衝動にかられるやんか・・・。これは、また近いうちに再訪が確実ですな・・・・。自ら宿題を招いてしまったか・・・。ということで、合掌!今日も本当にご馳走様でした。

followme




お探しの店舗のページはありませんでした