ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3217】 中華soba いそべ (東京・矢口渡) 白旨特製ワンタン麺 ~ご注意を!これを食うとしばらく他のワンタン麺が食えなくなる〜!

<どうしてもワンタン麺って気分の日!あるよね!?>


 ワンタン麺って不思議なもので、特別にそれを食いたい!ってモードにさせる麺類です。単に個人的に好きが高じているだけなのかもしれませんが、諸兄のツイッターなどで情報が上がると、ついそんなモードに入ってしまいます。特に、ワンタンのアップ写真など上がって目に入ろうもんなら、完全に私は堕ちます・・・。今回は、午後出社で向かう途中にわざわざ遠回りして寄らせていただきました。今回もまた「いそべ@矢口渡」さんです。ちょっと「八雲@池尻大橋」で行列に加わる余裕まではなかったけど、私の中では双璧ですから問題なし。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115322j:plain

 

 開店直後に参りますと、何とか待たずに座れます。もう時間を見計らったように、ドドドドドっと埋まってしまうという、いつも盛況な店ですね。気が付かなかったが、息子さんか弟子の方が入られたようで、キリッとした気持ち良い接客とは裏腹に、厨房内では厳しく指導されてる緊張感があります。仕事というは厳しいもの。指導にも愛情が感じられますかね。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115323j:plain

 

 今回は、「白旨特製ワンタン麺」とさせていただきましょう!。本当はニコニコ(海老2、肉2)でと思ったのだけど、どうも私の中のワンタンモードが高ぶっておりますので、今回は特製(海老3、肉3)とし贅沢をさせてもらいましょう。



<海老のプリ感と挽肉の軽い生姜風味!皮まで美味しい極上ワンタン!>

 この店の雰囲気がよいのはすでに過去レビューで報告済ですが、今回は照明にいて。全体にやや影と明るさがメリハリあるいい感じなんですが、この店のカウンターで撮影すると、麺顔がいつも決まる!。ピンスポットではないですが、うまくどの座席にもピンポイントで照明が向いているようで、美しく見える工夫がされてると思われます。やるね!・・・・と思っていたところで配膳が完了。今回の麺顔はこんな感じです。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115324j:plain

 


 ううう・・・君は薔薇より美しい。麺顔に心の中で語ってしまいました。いつもとそう麺顔が変わらないけど、ワンタン金魚が二匹増えているだけで、美しさの中に充実感と満足度が深まる印象です。極太メンマが中央から六時方向に縦に伸び、二種チャーシューは4時方向に綺麗に並んでいる。そして海苔が8時方向に斜め置きされて、上部にはワンタンが泳ぐ。まるでピースマークのよう。平和の象徴的な麺顔なのであります。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115340j:plain

 

 


 今日は、いきなりワンタンから食らおう!。特製の余裕ってやつですね。まずは大好きな海老ワンタンから。餡と言うか・・・小エビがそのままブリンブリン!っと口の中で弾ける一方で、汁がブチっと皮から溢れて、アツアツの旨みも弾けます。歯応えが素晴らしく、いくつでも永遠に食っていたい気持ちにさせます。皮もチュルンとなめらかながら、味わえるほどの厚みを持ち合わせ、皮単体としてもスープに滑らかに絡んで旨い。そのまま夕飯のオカズにもなりましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115400j:plain

 


 また肉餡も甲乙つけがたし!。粗めの挽肉は歯応えを程よく感じさせ、また主張せず隠し味程度に香る生姜の風味が、非常に上品かつ大胆に食欲をさそいます。複雑なことはせず、いたってシンプルに旨さを伝えるのが、これまた好印象でして、これもまたいくらでも永遠に食い続けることができそう・・・。実にこの店のワンタンは上品な割には魔力的な魅力を持ち合わせますねー。次回も特製にするつもりですが、さらにワンタンを加えて、祭り状態にしてみようかと考え中ですー。
 

 


<ワンタンも美味いが、実は自家製麺旨し!クツっとしつつもやがてシルキーなものごし〜>

 前も語ったかだが・・・・実は「麺が旨い店」です。中華そばだけでも、十分な満足を与える印象でして、自家製麺の腕の良さが光ります。とても上品な乳白色を思わせる地肌の感覚。きめ細かいところが、熟成の完璧さを訴えます。また適度な歯応えがあって、風味というか質の良いグルテンの感覚を、淡くクツクツしっかりと伝えます。それが、ワンタンのとぅるとぅる~な滑らかさとは、コントラストを感じさせて、これまた楽しい。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115343j:plain

 

 それだけでなく、時間が経つほどにしっかりと汁を吸い込み、麺の風合いを逆にスープに移して甘味を醸す感覚がします。汁を吸い込んだフィーフィングもまた上品で、ものごしがとてもしなやか!。思わずシルキーと頭の中で叫んでしまうー。さらにスープの持ち上げもよく、麺の風合いとスープのエキスが合わさる旨味の渦が、最高に美味しいのです。次回は、大奮発でさらに麺の大盛もしてみようかしら・・・・。さらにお祭り状態でしょうね~。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115359j:plain

 



<程よい鶏ガラと魚介のバランス!塩気とは区別したい、甘味感じる旨味!>

 黒旨と白旨で、甲乙つけがたしのスープ。だから交互で食っていこうかしら、また気分次第ということか。いつも、ここに来るまで、ずーっと迷い考える部分です。白は、白醤油を使っているとのことですが、塩ダレイメージの塩ラーメンとは明らかに違いを感じます。例えば、塩気をここではあまり感じません。鶏ガラ系動物エキスが芳醇で、そこにカエシが加わるのが旨さの秘訣だとは思いますが、旨さを感じて、さらに舌で追い求めてゆくと、どうしても甘味に傾斜した旨みと感じてしまう。単純に甘いスープと言っているわけではなく、旨味が甘さに一部転じているのかと感じる・・・・そんな味風景なのです。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115339j:plain

 

 上述の通り、後半になるに従い、麺の風味がスープにも加わり、その傾向は伝わりやすくなる。スープは麺が汁を完全に吸い込んでからがが旨いという人の気持ちがわかります。この甘味には、きっと昆布等の乾物や野菜のエキスも溶けていることでしょうが、個人的には煮干しの甘味が貢献していると感じますが、いかがでしょう。関西オリジンの私は、煮干しと言わず「いりこ」とよく呼んでいたのですが、和食に通じる和出汁感覚に近いと思っています。煮干は苦みを感じさせないエキスの抽出・・・・そんな感じでしょうか。当然今回も汁を完全に飲み干しましたが、丼の底には何も成分が残らない。とてもキレイに濾されてますね。仕事の丁寧さが伺えました。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115342j:plain





<トッピングにも一切手抜きが感じられない>

 豚の肩肉でしょうか。脂がさしていない部位で、肩ロースよりは、腕に近い部位と勝手に妄想してますが、引き締まりときめ細かさから、ほどよい歯応えを感じさせます。うっすらと周囲に紅がさし、ご出身の店を少し連想させます。とても淡泊な味ですが寧ろ上品と感じます。スープを逆に吸い込んで噛み締めると、肉本来の旨さとスープの旨みがスポンジのように溢れて、これがまたたまらん!。たまらんと言えば、鶏胸肉も同様で、こちらの方がもっと淡泊な味付けながらも、化粧パフを甘噛みしているような柔らかさがたまりません!。
 

f:id:TOMASSOON:20180412115341j:plain



 そしてメンマも最高。凛々しい極太ながらも、歯応えは柔らかく、適度に深く染みこんだ醤油系の出汁と、素材本来の風合いがベストマッチです。日本酒でもとても合うでしょうね。信じられんほど、サクサクと前歯だけで切れるので、たぶん手間をかけておられるのだろうと推察いたします。旨し。

 


 総じまして、「ご注意を!これを食うとしばらく他のワンタン麺が食えなくなる〜!」と言う感じかしら〜。いえいえ、ほかにも崇高なワンタン麺があると思うのだけど、そう言ってみたかっただけ。今の私の平日行動範囲の中では、ベストなワンタン麺は確かだけど。これから何度も通うこととなりましょうが、また新たな幸福を与えてくださいまし。さて、これ食ってから仕事だったのだけど、もうすでに一日が終わったような気分・・・・。夜のほうが気分が弾けそうです。と、そんな感じで感動を思い出しつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   ニコニコと
   ワンタン思い
   ニヤついて



   勢いあまって
   特製ワンタン(字余り)



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 矢口渡駅蓮沼駅武蔵新田駅

 

 

雲呑 T-shirts

雲呑 T-shirts