ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3193】 机上の空論 (東京・東十条) 味玉中華そば 〜誰もがきっと好きになる!そんな定番中華そば!!

<う〜〜ん、オレのこと言われたみたいな屋号だな〜〜(´-`).。oO >
 
 よく先輩上司から言われた「机上の空論」。理屈ばかり立てて実行を伴わないので、叱られたもんです。ダメな理由はいくらでも思いつくのに、出来ることは少しも浮かばない・・・ダメ社員。そんなオレです。最近は、そのダメさに磨きがかかり、週末にはどうしても飲みすぎてしまう。土日の午前中は二日酔いってことが増えとりますわー。特にこの日は、頭痛までひどく、移動中の中央線では吐くかと思った(瀧汗)。しかしそれでもラーメン屋へ行くのだから、一体オレは何をやっているかです。
 

f:id:TOMASSOON:20180325114213j:plain

 
 
 本当は、濃厚そうな限定の煮干狙いでやってきた東十条のこちら「机上の空論」さん。流石に二日酔いで濃厚煮干を食う気にならず、定番らしき「中華そば」とさせてもらいました。店前に待ち席が用意されていて、しばしそこで寛ぎながら過ごしますが、流石に暖かくなったので、風が気持ち良いー。徐々に体調も戻って、やはり煮干に変更しようと思ったが・・・・。大事をとって味玉追加程度にとどめておきました。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113130j:plain

 
 
 それにしても、東十条商店街ってのもいいとこだね。人情あるというか、気さくな人が多いというか、店先で待ってると通行人から、「ここ美味しいの?」とか二人ほど声をかけてくる。「ネットで評判ですよー、これから初めて食べるんだけど」と答えると、その内一人は素直に並びに加わったりする。オレを信用するんですねー(へへ)。
 
 
 
<THE BASIC と呼びたい!東京中華そばのアイコン的存在感とその醤油の感覚!>
 
 店内は、こじんまりしたL字カウンターのみ。お手洗いは見つからない??。キョロキョロしてたら、危うく券売機で煮干を押すところでした(汗)。しかし座った席の隣客が食ってた煮干は美味そうに見えたが、さすが田中出身といったところでしょうか。カウンターで元気なく座ってたら案外早く配膳が進みます。そして運ばれてきたのがこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113513j:plain

 
 
 おおお!こりゃ王道ですよ!醤油味の中華そばそのもの!!アイコンにしたいようなラーメンの普遍性を見事に表してる!!!体調悪くても、こういうのならスルスルと食えそうなほど、優しく見えるのです。特に青菜がちゃんと、箸休めになる分量あるのが、麺顔のバランスをとってるような気がします。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113517j:plain

 
 
 結果的には、体調が悪くてスープを残すつもりが、完全に飲み干してしまいました。なつかしの麺顔してますが、醤油スープの透明度は素晴らしい。まさに醤油ブラウンという絵の具があっても良かろうと思うほどきっぱりとした琥珀色。表層を漂う香味油がとてもゆったりと移動してます。そしてその味わいはというと・・・・素直な鶏ガラと豚肉の煮出しを感じるまったりしたコク。それが全然重くない。しかも節がとても効いているし、煮干系の甘い煮出しがとても円やかです。昆布・野菜も穏やかに効いてるような優しい味わいが、とてもいい感じ。これは誰にでも愛される味わい!。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113520j:plain

 
 
 特に印象的だったのは、醤油ダレの味輪郭。しっかりと、醤油らーめんを食ってる感覚に意識を染めてくれます。カエシをしっかりと舌に伝えるし、飲んだ後に広がる醤油ならではの熟成系の淡い酸味がナイス!。特に豚肉をしっかり沈めて、それをレンゲで一気に味わうのが絶品でありました。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113526j:plain

f:id:TOMASSOON:20180325113547j:plain

   
 
 
<王道のもっちりストレート多加水細麺!いくらでも啜れる!>
 
 麺がまた気を衒わない。王道のストレート細麺でよじれがない。箸でリフトするとすっと持ち上がり、綺麗に整う。多加水系のモチモチ感があって、非常に滑らかな滑り。麺自体も汁を吸い込みがちなのですが、麺と麺が引っ付きあって、スープの持ち上げの良さがとてもいい。醤油スープの味わいも味わいの内・・・というような麺です。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113602j:plain

 
 
 体調悪くても、これなら消化が良さそう。残すどころか、これも一気に食い切ってしまいます。前歯の千切れもスパスパと小気味好いし、また奥歯では一気にクチリ!っと短いタップで潰れます。気軽な麺というのもいいもんだな・・・・と、今更ながら改めて思う次第です。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113610j:plain

 
 
 
 
<定番中の定番!ブラボーな豚バラ肉チャーシューがナイス過ぎる!>
 
 これも定番と言えるような豚肉。バラ肉チャーシューです。今やレアチャーシューが全盛な気がしますが、こういうのも全然飽きがこなくて良いですね。私のラヲタ原点のチャーシューは、京都系のピラピラペロペロ・ミルフィーユなタイプですが、のちにこういうのばかり食ってた関西での青春時代。懐かしさがこみ上げるとは大げさですが、好きなんです。なんたって、脂身が醤油の味に染まって、塩気と甘みがしっとりと味わえる点ですかね・・・。ふわふわで柔らかいし、また身の部分はスープを十分に吸いこんで特別味わい深い。ナイスですよ!。
 

f:id:TOMASSOON:20180325113524j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!>
 
 味玉も印象的。まず半固ゆでタイプだという点が面白い。なんでも半熟がいいとは限らないと教えてくれた感じ。それは、「甘い」味わいには半固ゆでがピッタリくるか?。タレが浸透して熟成したような味わいってのが、味玉の場合ほとんど。なんだけど今回の味玉は、塩気を感じないほどに【甘い】と思わせる点。これが素晴らしいー。嗚呼、やっぱり今回も、味玉にハズレなし!!
 

f:id:TOMASSOON:20180325113804j:plain

 
 
 
 
 総じまして、「誰もがきっと好きになる!そんな定番中華そば!!」と言うしかないでしょう!。これは、再訪問確実なんですが、ちょっと遠いぞ個人的にはー。近隣に強力な吸引力を持ち合わせるラーメン店もあるんだが、こちらも負けずに、頑張り続けて欲しいと心から思う次第です。次回は体調をしっかりと整えて、煮干しも食べたいし、限定もどんどんくりなして来る感じもプンプン。食い終わったら、すっかりと体調復活しておりまいしたー。ラヲタには、らーめんスープが栄養剤なようですー。でもこれからは、ちょっと飲み過ぎには注意だなと、プチ反省したところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   さくら咲く
   商店街に
   そよぐ風
 
 
   杉の花粉と
   煮干香運ぶ
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeでまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅

 

 

非モテが教える婚活机上の空論

非モテが教える婚活机上の空論

 
机上の九龍 (ビッグコミックススペシャル)

机上の九龍 (ビッグコミックススペシャル)

 
机上の食論 オリーブ牛 肉味噌 80g 讃岐罐詰株式会社

机上の食論 オリーブ牛 肉味噌 80g 讃岐罐詰株式会社

 
机上の空論実行部隊

机上の空論実行部隊