ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2651】 らーめん とくいち (東京・三鷹) 味噌

<いい店なのにあまりレビューされない店・・・>


 なぜかそんな感じで、あまりワシしかレビューされない店ですが、なかなか良い店です。駅前再開発で取り壊されたエリアにあった「特一番」さんが仮店舗プレハブでリニューアル営業という形態。しかし、それがかなり以前よりも良くなっているので、そこそこ通っている私です。こちらは日本酒も銘柄揃えているので、会社から帰る前のサラリーマン客も多し。三鷹駅近くで一杯引っ掛けながら、うまい中華を食うというスタンスでしょうね。今回は、改めて「味噌」をいただいてまいりました。








<全体的に「味噌そば」ってな感覚でスッキリまとまり感じる>


 630円、とてもリーズナブルな価格設定ですが、麺顔を始めプレゼンスがキリリとした印象。何となく、味噌ラーメンと言うより「味噌そば」という粋な感覚があります。メニュー名称も「味噌」とだけあるシンプルさがいいね。別に特別な具材を使っている訳でもなく、ロース肉チャーシューとメンマ、そして八王子・多摩方面を貫く中央線沿線らしい、フレッシュ玉ねぎ微塵が割と多めに薬味トッピングされております。要するにそれだけシンプルなトッピングですが、厚化粧を感じさせないクールな感性もありなむです。







 スープについては、割と味噌は味付け程度のさっぱり感。しかし、味噌の大豆の欠けらが浮遊しており、味噌が濃いのか薄いのか戸惑うような味わいです。鶏ガラ&豚骨清湯スープがしっかりしているので、味噌味で覆い尽くすのも勿体無いので、この程度の塩梅がちょうどよろしかろう・・というライト味噌感覚です。だからこそ、フレッシュ玉ねぎ微塵の甘さも感じることもできるし、それの歯応えも明確に感じ取れるというもの。








 麺は、加水半ば加減のストレート細麺です。芯を感じさせることのない淡い密度感覚。しかし風味も感じさせつつ、汁を吸い込んでからの滑らかさがとても感じ良い。口元のあたりも軽く、前歯のスパスパとした切れ込みから、奥歯へ運んでプレスするときの潰れ感もライト。喉越しもスマートなシルエット感が残り、全体的にも品が良い方です。







 チャーシューは、全身の特一番を少し感じるところもある、スカっとした繊維質ですが、脂の刺しもちょうどよく、スープを吸い込んでからの甘みと柔らかさがナイス。多少小さく映っても厚さはほどほどなので、残念感はありません。










 総じまして、「庶民性とスタイリッシュ性がいい感じにハイブリッドな味噌麺」という感覚かしらん。写真と文章では伝えきれないのですが、プレハブ臨時営業スタイルの街中華屋としては、ちょっと小粋なラインナップとその味わいです。もう少し人気と露出度が上がっても良いはずなのだけど、それはそれで個人的な寂しさを伴いますので、さあ如何なものかと。ともあれ、知ってる人は知ってるいい店。それだけはお伝えしたかったかも(笑)。とまあいいもん食って気分が良くなったところで、さらっと詠って今日は寝ます!。



   一日の
   終わりに辿る
   味噌麺に



   得る活力と
   癒しの力



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


   




関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅


三鷹の森ジブリ美術館 短編アニメーション コロの大さんぽ サウンドトラック

三鷹の森ジブリ美術館 短編アニメーション コロの大さんぽ サウンドトラック