ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2598】 壱丸家 (川崎・武蔵小杉) 塩ネギラーメン・カタメ


<ナイスな大将から元気エキスを注入〜^^>


 冬もピークとなると、自然と脂肪を蓄えたくなるのは、まだ私の中にちっぽけな野生が残っているからでしょうか。本日は、武蔵小杉への移動途中、手前の向河原駅で途中下車。飯食ってから歩きで武蔵小杉まで行けばいいや・・・と「壱丸家」さんへとやってまいりました。なんだか、家系の味噌味が恋しくなってしまって。先日、駅の反対側の「ラーメン屋けん」での感動を引きずっていたのもあって、味噌を空気満々で訪問。さすれば、味噌の設定がそもそも無かった!!。思い込みって激しいからだめねー・・・私って。気を取り直して、少しでも日ごろ食わない家系を食おうとチョイスしたのが「塩ネギラーメン」でした。しかし、選んでから後の祭りというか、ネギ大好き「ネギ星人」の私は、よく食ってるメニュー名ではないか。なんだか今回は、全体的にちぐはぐな訪問になってしまいました。







 ヘルプの女性に食券を渡して「カタメ、あと普通」とぼそっと告げて着座いたします。こちらは、味以外にも好きな点があって、それはこちらの大将の対応。少し甲高いけど、きもちよく抜ける高音で、「いらっしゃいませー」というフレーズが、頭にスコーーーーンってハマる気がする(笑)。そんな他客を向かい入れる声をも気持ちよく聞きながら、昼間のFMニュースを聴く。そんなほのぼのっとした感覚がこの店の雰囲気で、特別でない居心地の良さってのを、いつものように深く感じ入ります。3杯1ロットでチャチャっと生産されて、太麺の割にはあっという間に配膳が完了です。















汁:「ミルキー塩とんこつ!くち回りのベトツキ感覚が濃厚さを感じさせる仕上がり!」


 満を持してカウンターの高い位置で受け取ると、思いの他軽い?と思ったのは丼がプラスチック製だったからですね(笑)。しかし中身はしっかりと詰まった感じがする重厚なスープ感がたまりません。今回は塩とんこつ。醤油のじっとりさ、鶏油のギラギラさは少な目なのもあって、あっさりとまとまった白濁オイリーな風貌が旨そうです。実際に味わってみると、脂分に溶けて化合した塩気がとてもマイルドで角が無い。するするゴクゴクっと飲み干せる!。と思って調子にのってやっていると、口のまわりにベトベトとこびれつくコラーゲンん感覚。最初は軽いと思っていても、ゆっくりと重みを感じさせるコラーゲン芳醇ですね。







 このままでも十分に旨い。午後から会議がある。でも入れたい・・・・ニンニクを。ちょっとだけよ、あんたも好きねぇーと頭の中で悪魔が囁きますが、抵抗できませんでした。ほんの小さじ半分だけ投入します。そのわずかばかりの業務用おろしニンニクは、効果覿面、シャープさ炸裂でして、豚骨をさらにパワーアップさせます。同時に食欲は指数曲線のような上昇カーブを描くよう。淡いネギのフレッシュさもこれに拍車をかけており、ウマウマ状態の洪水。味噌も旨いが塩とんこつも旨い!

















麺:「麺の風味がとても良いね!腰の強さとネギの歯ごたえで、咀嚼自体たアミューズメント」


 並盛が830円、中盛りが980円(+150円)、大盛りが1080円(さらに+100円)。中盛りだけアップ幅がおかしくないか?などと穿った見方をしてごめんなさい。そういうところ、敏感に反応してしまって今回は並盛り。







 こちらの麺は、家系の中でも密度感があるように個人的には思えており、カタメにしたときの麺の風味感覚がいいし、歯ごたえのクッシリとした明確さが気持ち良いです。また同時に表面のぬめりが少ないイメージで、地肌にダイレクトに脂で湿るようなイメージで、高速に啜り滑り出します。平打ち型が、舌触りとかのど越しにもシルエットを残しやすく、はっきり言って旨い麺。そこに今回は、細かい味付け白ネギがかかるわけだが、クッシリ感覚と、ザクザク感覚が交じり合うのも絶妙。ネギに辣油をたらそうかと迷ったけれど、ニンニクフレーバーで充分、ネギがザクザクといただける次第です。麺をつまんで、ネギも寄せるという箸使い、一気に食切ってしまいました。やはり・・・中盛りにすべきだったかとプチ後悔していますが。















具:「豚骨コラーゲンに浸った肉の背脂・・・塩系なのに、脂の甘み旨みを思い知る」


 豚ばら肉がいい感じ。1枚だけなんだけどね。骨の外れ部分が肉味濃いし、周囲の脂肪部分がとろけるように柔らかくて甘い。そのくせ塩とんこつスープに絡ませるわけで、もうカロリーの塊って感じです。その背徳感もたまらない。味玉も塩味が染みこんで卵黄が甘いMサイズハーフ。海苔は家系らしく肉厚なもの。。。もう一枚できればほしいものだけど。












 総じまして、「真冬に春の陽気漂う〜穏やか塩豚骨家系!まさに労働者の味方!」と言うようなナイスな一杯です。予想外に旨かった次第。食切ったら額にじんわりと汗をかいていた。さらっとハンカチでふき取って、高い台に空いた丼を返して、ごちそう様って軽く挨拶して帰ろうとします。そうすると「いってらっしゃいー」って大将の明るい送り出しの声。ああ、いい気持ち。午後からの仕事頑張ろうって思うよね本当に。そんな気持ちを思い出しながら・・・詠います!




   疲れ出て
   元気と脂
   注入し




   客の背を押す
   店主の明るさ




 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!




関連ランキング:ラーメン | 向河原駅武蔵小杉駅新丸子駅