ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2592】 味噌が一番 中野サンモール店 (東京・中野) 頂上味噌麺 〜資本系プンプンなんだけど、かなり旨しと唸ってしまった味噌麺

<KVCグループにまんまとハマったラヲタが私・・・>


 最近、気になっているのが「中華食堂 一番館」というブランドでして、かけラーメンが290円という設定。そろそろ行ってみようかなと思って中野駅で途中下車です。しかし、先日京都へ帰省して旧友に「最近のラーメンレビューがしょぼいの混じってる」と指摘されて、胸にグサッと突き刺さりました(笑)。まあ、ちょっと面白いかなという面はあって書いてはみたのですが・・・。そんな感じで店の前まで来て、躊躇してしまいます。そしたら偶然隣に(裏に?地下に?)、「味噌が一番」という店があり、この冬は味噌を少し食う回数増やそうかと思っていたのもあって、騙されてもいいやと思って、つい方向転換をして、入店してしまいました。


   






 横の路地を入ってすぐ地下へと誘導されます。おや・・・いかにも大資本系のような店づくりがプンプンしてくるぞ?。今回はそういうの避けて来たのに罠にはまったか?。後から考えれば単純でした。「中華一番」と「味噌が一番」。一番繋がりで同じ資本系なわけですよ。そんなの見抜けないなんて・・・。とまあ、正直言ってそういう下げモードで今回のラー食は始まったという展開です。


   











汁:「妙に絡みつく味噌フレーバーがナイス!?十味唐辛子投入でツボにハマってしまったか??^^」


 資本系の味噌か・・・と多少なめながらも、選んだのが「頂上味噌麺」なるデフォルトのメニュー。頂上という冠が付いておりますが、一応一番お安いデフォルトメニューです。頂上などと言って、自分からハードルを上げるところも、「なんだかなー」って思っていたのですが、接客がそこそこ良くて少し機嫌を直す。そして席に着く前に製麺室が目に入ったりして、意外な期待をもたせてくれる。ちょっとづつあれ?イケる一杯かも?という気分に変わって行きます。







 味噌は少し時間かかるんだよねー・・・て思ってたら意外に早く配膳が完了。中華鍋で炒めるとか、極太麺を使うとかの余計な手間がかからないようです。麺顔は、チャーシュー二枚がアイガー北壁のように立ちふさがり、奥でネギの山が支えています。その頂上には柚子がある工夫がされとります。掘り下げるともやしが、こんもりとあって、全体的にはボリューム感はあります。







 スープは「濃厚」と謳っているほどではないけど、個人的にはこの程度の濃厚でちょうど良いという感じ。いわゆる「ドロ系味噌」は、汁系では重く感じるだけな気がしてね・・・。実はこの味噌がなかなか食わせてくれて驚いた。しっかりした熟成風合いを感じさせるタイプだし、塩気のバランスがよい。赤唐辛子の辛さ補強がわざとらしくなく、全体的にはバランスが取れていると思えるのです。へー、資本系の味噌麺ってなめてたけど、これならなかなかやる。味噌風味のラーメンもいいけれど、しっかりと味噌を感じたい日もある。そんな時にはいいかもしれない。中華鍋で野菜炒めと一緒に仕上げる味噌だと、野菜の旨味がサブメインになる印象。ここの一杯は、味噌の雰囲気と動物系の煮出しメインで食わせるような感じですかな。







 また柚子は少しの欠片なんだけど、濃厚な味わいの中に清涼感が瞬間的に吹くのでいいね。また、個人的には、この店特製の「十味唐辛子」を後半に投入するのがオススメ。京都の七味唐辛子よりは、かなり山椒が抑え気味な一方で、香ばしさが増えているので、そのままでも食える感じ。味噌スープには絶対に合うし、部分的に麺と絡んだりすると面白い。














麺:「自家製麺! 風味も感じるし汁もよく絡み吸い付く感覚!しなやかさもありなむ!!」


 これがなかなか美味かったので、冒頭で感じた不信感は一掃。濃厚味噌というと、頑強な個性を感じるような黄色っぽい縮れ太麺を連想させる。だけどこちらは、割と細さを感じさせ一方で、しなやかさを感じるようなふわっとした風合いが印象的。よくよく見ると全粒が微妙に混じっているようにも見受けられる。







 細麺だから濃厚スープとよく絡む。十味も貼りつかせる。そして気のせいだと思うけど、汁吸いを感じさせるような腰のしなやかもありなむ。ニュルニュルと滑らせながらすすり食う。もやしやねぎのザクザク感も相まって、複雑さで楽しい歯ごたえがいいね。余談だけど、こちらには「おすすめの楽しみ方」があるみたい。

 其ノ壱 まずは、麺を楽しむ。
 其ノ弐 麺と具材をたっぷりスープに浸して楽しむ。
 其ノ参 特製十味唐辛子で心地よい辛味を加えて楽しむ。


   





 ・・・どうやらスープよりも「麺」が一番の自慢というか、アピールポイントなようです。












具:「バラとロースの二種チャーシュー^^汁に沈めてから食うべし!」


 「其ノ弐」の教えにしたがって、スープに沈めてからいただきます。見た目以上にチャーシュー自身の味は薄めで、確かにスープに絡めて食うのがベスト。意外にもロースとバラという二種を配慮しているみたいで、気を抜いてはいないなという一定の印象です。あと心持ち少しだけでも分厚いと、かなり全体のイメージが上がると思うかも。














 総じまして、「資本系プンプンなんだけど、かなり旨しと唸ってしまった味噌麺」と言う感覚でして、これはこの冬にまた食うこと確実かもであります(調べて見ると新宿にもあるんですねー)。今年は、どうも仕事的には遠征が難しくなりそうで、チェーン店系とか、資本系とか、そういうレビューが増えると思うけど、ちょっとこれ食って安心したかな。これからは、中野の有名店の再訪問も増やすつもり。ということで、お腹も満たされたところで・・・詠います!



   空腹に
   耳を傾け
   中野下車



   味噌円やかに
   胃のひだ沁みる



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 中野駅


さんぽガール ゆづき澪。さん 中野編

さんぽガール ゆづき澪。さん 中野編