ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン2048】 味噌中華そば ムタヒロ (東京・西国分寺) ミソソ特製味噌中華そば

 休日に、久しぶりに西国分寺駅に降り立ちましした。いつも通勤経路とは逆方向なので滅多に利用しないのですが、この日は、妙に出勤に気乗りがせず、経路を変えつつも、途中でいいものを食ってモチベーションを上げてみんとした。まったく、無駄なエネルギーをかけないとうまく起動が出来ない自分を恥じます。


  






 とはいえ、なぜこの店かというと、新店舗であり、「ムタヒロ」ブランドであるということ。ムタヒロさんは、いつ行っても接客がハートフルでしてとても癒される気がいたしますので。そんな感覚は私だけではないようで、開店時間少し前に伺ったもののシャッター行列が多くて、スタートダッシュが遅かったのを悔やんでしまいます。なんとか一巡目一番最後の席に滑り込むことができてラッキー。


  






 客層は全員若者ばかり。この界隈は学校が多いからか。こういった人たちと混じっても自分では違和感なく過ごせると思ってる。これはラーメン屋ならではの感覚なのかな〜なんて、タブレットで電子版の新聞を眺めて過ごしたけど、その行動はやはり周囲からはどこか浮いていたです・・・・やっぱり。オレはおっさんなのだと自覚した瞬間に、配膳が完了いたします。











【ライト味噌感覚のようでコッテリとした満足感もあり!味の微妙な変化も楽しめるスープ感覚】


 やはり「特製」というのは気持ちよいね〜。配膳の瞬間の重量感、そして具材の一つひとつの質感が押し寄せてくるように思えて、まさにご褒美感覚が満載なのがいい。そんな要素が満載の配膳時で、「あ、いい休日だ〜」なんて思える瞬間です。さてそのスープ感は、見た目は濃厚味噌というより、お得意の背脂煮干が少し滲んだライトな色合いか?といった様子。静かにレンゲを沈めると、淡い味噌ベースの黄土色が滲み、ほんのりと背脂が浮かんでいるのがわかります。そして・・・香味オイルが浮かぶといった様相。いい感じです。







 味噌と思ってすするからか、コッテリ感の見た目から察してしまうのか、最初に一口は意外にあっさりか?という感覚です。味噌はじっとりと塩気と発酵感で先導するという傾向はなく、やさしく寄り添う下味系というフィーリング。いわゆるライト味噌系っていう雰囲気ですね〜。しかし、旨味の凝縮は確かに感じるわけで、二クチ三クチと啜っていくうちに、やはり背脂他の動物系のコッテリ感、そして煮干の落ち着きも感じるので、段々と胃袋に染みわたる重みを感じてゆきます。ライトと思っていた味噌感も、しっとりとしたきめ細かい味噌のような印象に少しづつ変わってゆく。







 それだけでは無かった!。添えられた挽肉感が徐々に広がりを見せます。挽肉から滲むエキスと共に、ゴマとスパイスで炒められたような香味がとても香ばしく、食欲をそそり出す次第。こりゃいいわーーーと思っていたら、生姜の擦りおろしが別皿にあったのに気づきました。後半に投入すると、やはり味噌との相性の良さに唸る。味噌のほのかな醸造感に、このフレッシュで柔らかい生姜の味わいが、とても生き生きして、そして味わいそのものが締まるという感覚。食べ始めでは予想できなかった味変化を楽しむことができて、これがまた飽きさせない印象として記憶に刻まれますね〜。














【多加水のようで味噌に合う粉感もあるようで・・・不思議さで魅了するストレート麺】


 麺を箸でひきづり出すと、どこかでお目にかかったようなオーディナリーな多加水麺が飛び込んできます。ナチュラルでほのかな淡いイエロー感が実に美味そう。そして多加水の様相。味噌に合いそうな雰囲気がプンプン。喜びながら啜ってみると確かに多加水系のモチモチっとした感覚。味噌の出汁を吸い込むような、また張り付かせるような持ち上げ感がとてもよいですね〜。前歯でスパスパと小気味よく切れ込むような淡白な弾力。そして奥歯へ運び込みプレスする際には、淡くクッシリと潰れこむような反発感。こういうのも好き!







 一方、意外にも粉感をかすかに醸し出すようなニュアンスが面白いかな。芯を残すとかいう明確さはないのだけど、味噌出汁と混じり合うとそうなるのか、淡くグルテンと融合するような旨味感が、お食事としてもなかなか気分的にしっくりとくる感覚。これいいねー。







【これぞ特製というもの!単なるボリュームアップでなく、ワンタン追加なんですね〜!】


 満足のトッピングたちです。王道のチャーシューは王道のバラ肉。実に堂々と美しい重層を表しており脂身の甘さが見ているだけで伝わるようです。味付け自体は薄味系で、肉の旨味をダイレクトにそしてシンプルに味わえるタイプ。大きさ、分厚さともに合格の2枚肉です。これだけで心が満たされます。







 味玉もいい感じ!意外に薄味ですが深く浸透しているタレが印象的。白身もうまいが黄身がいい感じ。全体的に芋羊羹のようなとろみのない食感で全体的に湿ったようなしっとり感が、味噌出汁に浸るとまた格別に美味さが高まるといった感覚です。









 さらにワンタンが投入されているのがとてもいい!当初、申し訳程度に入っているのかと思っていたけど、4つはあったかな。ちゃんと肉餡が美しいピンク色。ワンタン皮をとして透かして見えるのが綺麗。そしてうまし。多少背脂が貼りつたのもあって、ちゅるりんと滑り込む感覚がまたたまらんのです!特製食って、まさにノックアウトされた痛快な気分。












 総じまして、「接客と雰囲気で温まり、味噌でさら暖まるような店と一杯」という感覚で、毎度抽象的でごめんちゃい。味噌中華そばも確かにうまかった。なのだけど、やはりこのブランドに来るとその接客が嬉しいのが確かでして、単なる「いいもの食った幸福感」以上の付加価値を感じてしまう。だから、またどうしても通いたくなる。やはり、心がこもった仕事ぶりというのは気持ちがいいもんだ。そんなことを感じながら、頭を切り替えていざ会社へ向かいました。なので詠います!



   二日酔い
   頭重くも
   休出に



   気合い注入
   朝ミソソ味噌



お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 西国分寺駅