ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン643】 ラーメン人生JET (大阪・福島) あぶり豚そば

【オレの生き様・・・・「ラーメン人生」】

 ・・・とは言っても「食う方」ですけどねん♪ 昨日まで東京出張でしたんで、大阪らしいエエもん食いたいわい!と右脳がささやきます。せやったら、カドヤ食堂とか、玉五郎きんせいとかいろいろありまっせと左脳がつぶやき出しますが、「Don't think. Feel !」 と今度は天から言葉が降ってきます。さるラーメン情報サイトが誇る超高性能スーパーコンピューターでも予測つきますまい。アタクシの選んだ答えは、「ラーメン人生JET」。まさに、ラーメン人生そのものが今のアタクシだから(うそです)。とは言え、この時期ですから、大阪ラーメンを脳裏に刻み込みたい、シナプスやら海馬やら頭のどこそこでも、この時期に一気に積み込んでおきたいというのが本音です。昨夜、二郎系食って来たからその興奮を引きずって・・・・何となく汁無し系「あぶり豚そば」に決定ね!




【まだまだか・・・・アタクシもまだまだ常連とは言えない!】

 結構通ったつもりのこの店。しかし、まだ間が空くと「え?こんなんだっけ」と随所に記憶違いがでrてきますね・・・。そういうところ、まだまだ常連とは言えない歯痒さでんな。今回は、基本の「麺」のイメージ違いがアタクシの左脳の引き出しをかき乱します。

 「鶏煮込みつけ麺のときより・・・・ややハードタッチやないけ!(イメージだけの話)」

 つけ麺の場合、粗熱を取る都合上、やや熱盛りよりも「締まる」「コシがでる」という整理だったのですが、やや熱盛り状態で提供されるこの「あぶり豚そば」の方が、カッツリとしたややハードな感触やないですか!なので、このタレによく絡み、タレの濃い味をしっかりと受け止めるといった余裕すら感じるのです。温かい麺やろから、もっちりか、もっつりとした感じやろな・・・・というのは裏切られました。いや・・・、期待以上だったと褒め言葉です。

 それに表面の滑り加減が絶妙ですね。もっちりでもなく、タレと絡んだこともあって、程よいつるり感が、歯ごたえのクッシリ感とコントラスト的でして、食感の幅が広がります。いや〜、大盛りがあったら文句無しなんですが、これ・・・・大盛りないんですって。それを知ってて、お姉ちゃん店員に大盛り通してみたり・・・ごめよぉ m(_ _)m

 ※麺の感覚:自然な小麦色、表面があまりもっちりしない、芯をやや感じるハード麺
 ※麺の形状:平打ち太麺、ストレート、かすか〜に殻が配合??
  鶏煮込み・カレーつけ麺と全く同じあの麺です。こっちの方がエッジた立っていると感じる???




【甘辛でやや隠しペッパーがよく調和している和えタレ】

 和え麺系のタレは、あまり外したことないな・・・。ましてやJETですからね、旨いに決まっているようなもんです。しかし、何系のタレ?というとこれは非常に難しいんですわ・・・。

 基本は醤油甘辛なニュアンスなんですが、個人的受け止め方では、「塩ダレ」ベースと考えています。塩ダレの旨辛さの上に、あぶりチャーシューに混じる醤油タレが滲み加わり、さらにタマネギの甘旨味が加わり・・・・・そして、隠し味にニンニク少々。更に言うと、あぶり豚の段階でコショウが入っているのか、はたまたコショウを後からか不明ですが、ペッパーのぴりっとした味のエッジングも絶妙なんですわ。なので、単純な醤油ダレでもなく、また豚骨醤油ベースでもない・・・・さっぱりとした甘辛さが魅力的なんです。

 ※味のグラデーション:醤油あぶり香ばしさ>豚の旨味脂>塩ボディ>コショウ>その他
  素直に「醤油ダレ」って言えばいいのに・・・・アタクシもへそ曲がりなもんで




【二種類の豚肉のあぶりなのである】

 バラ肉とロース肉の少々小さめのブロックを、タレとタマネギでささっとあぶり・・・というか炒めたというかそういう感じの肉。故に、脂の旨味がじんわりと出て、それでもドギツくない程度になる工夫かと思います。種類の違う肉どうしもいい影響を受けあっているかのようです。

 三つ葉がさっぱりとして、また見栄えと清涼感も良いです。ネギが白ネギであることもポイントですね。関西だからと青!とばかり言ってるわけでもないんですね。そして味玉半分と・・・・糸唐辛子とメンマといういつものメンツです。これらは一定ということで。

 ※具のおさらい:豚ブロック小サイズ(バラ&ロース)、タマネギ(炒め状態)、白ネギ、三つ葉
         味玉半分、糸唐辛子、メンマ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 総じまして、さすがJETと感じるスペシャリティですが、実は一番のスペシャリティは、その価格。700円なり。このメニューだと他のラーメンより随分高くなったりするもんですが、手頃な価格であるため、パフォーマンスがより際立つといった一品です。これとビールの相性は抜群のはず。二人でシェアしても手頃な価格ですよね。おすすめしときますね! さて、今回も思ったけど、こちらの社員教育はさりげなく行き届いてると思います。いろいろありますが、今回は配膳の時をピックアップ。ラーメンの場合、配膳のとき「JET」の文字が丼に正面に見えるようにする・・・・。偉いけど、ま、よくあることかも・・・。しかし、今回のこのアタクシの一品。どこが正面かどうかあまり関係なくない?と思う。しかし、ちゃんと豚が正面にくるように置くのね・・・。他客の配膳もそうでしたわ。料理は見栄えも大事。ラーメンじゃなく料理を供しているという心配りなのね。アタクシもそういうプロ意識を見習いたいと思いました。ということで、合掌!今日も本当にごちそうさまでした。




関連ランキング:ラーメン | 福島駅新福島駅西梅田駅



followme