ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン628】 いの一番 (大阪・天神橋筋五丁目) 豚ラーメン

【天気が悪くてもガッツリ系でお願いします!】

 本当は、大阪ミナミの関東系の名店に突撃予定でしたが、この日は、天気の様子が気になりますので、帰り道に最近できたこちらに方向転換です。さすがに新店舗とは気持ちがいいものですね。まだ初々し清潔さにあふれます。ま・・・・こういう天候だから、先客1名。と思いきや、壁の陰に隠れてなななんと、若い女性の一人客がガッツリ麺と追加の鶏肉を食しておいでです。およそ、麺の系統とは似つかわしくないそのお姿に、邪魔せんとこ・・・と一番対角の遠い席に付きます。いわゆる、Jインスパイア系。まだ浸透していないこの天満エリアのお客様向けに、POPで分かりやすくその注文アレンジの「システム」について解説が張ってあります。記念にぱちり!




【これはまた!脱Jインスパイア系Jインスパイア???】

 なんか矛盾してまっけど、全体を一言で表すとそんな感じです。まず、スープが決定的ですね・・・。一切の乳化を排除して、スッキリ醤油のクリアタイプです。ま、それだけなら探せばあるかもですが、味わいの傾向が挑戦的です。甘辛いクリアー醤油と申せましょうか・・・・、スープだけみたら・・Jインスパイアとは言えない独特の個性を持ち合わせています・・・。すき焼き割りしたをスープアレンジ?というのは言い過ぎか・・・。

 フレッシュな刻みニンニクで辛みを増そうとしますが、ちょっと考えている方向には行かないもどかしさを感じます。んんんん・・・・と店内を見渡すとあるPOPが、「ラー油と黒こしょうを投入するのがおすすめ」とのこと。ラー油はテーブルにあるけど、黒こしょうが浄水器のところにまとめて置いてあるのでわざわざ取りにいって、いざ対処です。しかしやな・・・・・求めているものとはちと違うので諦めます。

 いざ正面に見据えて正々堂々と味わいますと、サラサラ系非乳化クリア醤油。カエシの輪郭は抑え気味で、トッピングの豚の脂とも対局なスっきりさ。それゆえ、さらりと食えまして胃への負担は少ないガッツリ系スープです。




【全粒粉とは恐れ入ったぞ・・・・ワシワシ麺】

 でろっとした柔い麺か、くちっとした割と固めな麺か、楽しいで麺をリフトすると、そこに現れ出たのは、平打ち全粒粉中太麺、くねり強めで・・・・いかにもつけ麺用とおも思えるビジュアルです。なんや・・・・ジャンクとは違うんか?と予想外の対応に驚きます。こんなインスパイアは珍しいなと・・。熱々でこれを噛むとやや素朴なボソっという感覚で、それがまたワシワシっとした大衆的な歯ごたえの中に、少しちびった高級感も感じますやん!

 もう・・・Jインスパイアな世界にまで、全粒粉の平打ち太麺って進出・・・・一般的になったんやね・・。最初食べたとき、のけぞって旨いと感動したもんなんやけどな・・・・。




【豚もスープに恋をするのか・・・・一心同体な味付け】

 醤油煮込みな風貌が独特ですな・・・・。しかも、甘辛いスープがベースですから、香ばしいチャーシューの味わいとは大きく異なりますし、またJインスパイアにある薄めの塩系の味わいでもありません。うがった言い方をすれば醤油ににつけられてる・・・・。

 割と固めな歯ごたえ。まぁ、豚らしい歯ごたえと言い切ってしまいましょう。豚を今回はトッピングしたものだから、気が利いていて・・・・実にいろいろな部位の肉がオンパレードです。あばら肉には、軟骨多めに感じられるワイルドさがあり、腕肉も、ロース部位もしっかり醤油色にそまってます。
かと言って・・・ご飯が進む系でもなさそうな感じかな・・・・




【アブラ・・・・というより脂肉と呼びたい】

 肉好きが言う「脂」と、J系好きが言う「アブラ」とは違うと感じますね・・・・・。あの、いつも二郎で言うアブラは・・・・でろでろでろ〜っとしたアブラ感があるじゃないですか。例えるなら、それ脂肪吸引したんかいというようなアブラのでろでろ感(ちょっと例えが過ぎる?)。こちらは、しっかりした皮下脂肪を角切りしました!ってな素材感があふれる「アブラ」なのです。しかし、このスープにはこちらが合うか?とも思っとりまして、好きとそうでないが分かれるという感じはしますな・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 総じまして、これは新しい二郎インスパイアへの挑戦と申し上げたい次第です。もっとも、関東で二郎を相当食べたつもりもなく、「こんな系統も二郎系であるねんでー」と関東の方に言われると身もふたもないのですがね・・・。しかし、確かに天満・天神橋筋六丁目界隈で、こういうガッツリ系は無かったため、これはうれしい展開かと思います。なにわの二郎系!という新しいカテゴリーをつくっちゃってもええやん!これは多いに応援いたしますよ! それに、冒頭でもうした・・・・・ガッツリ系には似合わないような女性にも是非食べてもらいたいし、だったら、関東直輸入みたいな二郎系はご遠慮気味でしょうし・・・・。新しい可能性に期待!ということで合掌!今日も本当にごちそうさまでした。





関連ランキング:ラーメン | 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅



followme