ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

社長とトラブル・・・そんな経験ありますか?

 アタクシ、何かとウチの歴代社長と物理的やいろんな意味でぶつかることが多いのかもしれません。要するに間が悪いのです。歴代社長4人はつまらないことですが、トラブル経験がありますな・・・。


 一番古い遭遇は、K会長。まぁ前社長ということだけど、既にご高齢だったな・・・。旧本社ビルのエレベーターで、アタクシは前も見ずに飛び乗ったら、そこにおられて・・・・よろけさせてしまいました。もう相当ご高齢でエレベーターの中に専用?とおぼしき椅子が設置されて・・・・そこにゆっくりと御すわりになられた・・・・・。やばいと思い、お先にどうぞとゼスチャーして降りようとすると、「いっしょに乗って行きなさい。」と声をかけていただきました。その間二人っきりでして、とても緊張したのを覚えています。今思うと、二人っきりでよかった・・・・。


 その次の遭遇は、有名なS社長でして、役員フロアで会議をセッティングしてたところ、秘書の手違いから会議室がダブルブッキングしてしまいました。開催まであと10分というところで、急遽部屋の変更と再セッティングです。もう役員が3名ばかり集まりますからね・・・・必死で椅子と机を運んでました。そんなところに、S社長とモロにぶつかってしまいました。結構痛かったはず・・・・。お隣に社長秘書らしきおじさんがおられて、そっちの方がコワかったっけ・・・。社長がアタクシより身長がでかいので、びっくりした。だって写真しか見たことなかったしね。


 その次は、ぶつかったわけではないが、精神的にはそれに近いということで。当時、Y社長はまだアメリカ子会社の社長だったんだけど、なんでか手違いで、そのお方に、直々に、前の日の夜の飲み会の清算をあおるメールをだしてしまったんです。当時は、電子メールが業務で使われ出したばかりで、lotus の cc:mail という製品を所属グループ全員で使っていたんですが、電話帳が仲間に公開&共有されていたんですよね・・・・平社員から役員社長まで。なので、誤送信なんかもあったと思うのですが、おおらかな時代でした。それで、全く同姓のYクンに送ったはずが、アメリカのY社長に送られてしまったというわけ・・・。で、その後、ちゃんとやさしく間違いですよ、今度から気をつけなさい、払わなくていいよね、とYさんから直接返信メールが返って来たから・・・・実にほのぼのしとりました。そのあと、北米事業第一部からえらい怒られましたがね・・・。大抵・・・ご本人よりその取り巻きの方が、怒るんだよな・・・・。


 その次は、また別のK社長かな・・・・。当時、健康管理センターでの診察がまだ一部負担できまして、風邪気味で咳き込んでいるとき名前呼ばれて、診察室に入ろうとしたら、危うくごっつンこ・・・。どこかで見たおじさんやなと思ってたら・・・・社長だったのね。。。なんで、そんなに覚えているかというと、そのあと同じ日に、社員食堂で一人でソバを食おうと思ってたら、あいにく一つしか席がなくてそこにすわったら、隣が社長だった!あ・・さきほどはどうもと、無言で頭をさげあって、並んでソバをすすりました。周りの若い女子社員は・・・・気づいていなかったんじゃないかな・・・・そばに社長がいたって・・・。

 今にして思うと、普段の自然なときの社長さんって、案外普通の人だったりするし、若い人にはとてもおおらかだな。その周りの役員さんの方がよほどオーラがきつかったりしたけど、それは、アタクシが若かったからそう感じただけなのか・・・。プレッシャーのある地位の人ほど、事業のこと以外は、とてもやさしいのかもしれませんな・・・。

はじめて社長になるときに読む本

はじめて社長になるときに読む本

社長の教科書―リーダーが身につけるべき経営の原理原則50

社長の教科書―リーダーが身につけるべき経営の原理原則50