ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

怒っても仕方ないことの方が多い・・・

 少し前の話になりますが、怒りを表してしまったんですよね・・・・職場で。アタクシは、昔から「瞬間湯沸かし器」みたいなところが多分にあって、何度も何度も、周りの空気を乱してきたんです。 絵に描いたような怒鳴り散らしも、関西転勤中にやらかしちまったし、多少・・・この数年でコントロールできるようになったのかと思ってた矢先だったんです。本当に、成長してへんわと・・・・見た目以上に凹んでました。 先日、JR大阪駅で、電車を待つホームで携帯電話を通して、ビジネス上の喧嘩と思える口論を見かけまして、自分も笑えないなと思い出してしまったわけです。

 ここで思うのは、以下の点。怒る時ってのは・・・・

 1)怒っても気持ちがすっきりするわけでもなく、満足もしない。
 2)周りの空気を乱してしまい、周りまわって悪影響が自分にでてしまう。
 3)怒りやすい人って烙印をおされる(プレッシャーに弱い?)

 まぁ仕事をする上で、時には避けられないこともあるでしょうが、この「怒り」についても、マイルールを心に決めておいたほうがよいようです。さて・・・・アタクシの場合どうしようか?? とりあえず、携帯をあけて家族の写真を見て、一息つこうかしら・・・。無理にでも何か飲み物をのんで気を落ち着けようかしら・・・。それとも、トイレに駆け込もうかしらん・・・・・。
 ともあれ、怒りのタイミングをはずそうと考え中です。何を言っても/やってもダメというときはどうしてもあるわけで、一歩下がるのも勇気かと。もう自分だけよければ良いという立場でもないので、チーム全体に迷惑かけない心がけをより強くしたいと考える夜です。

「しつこい怒り」が消えてなくなる本

「しつこい怒り」が消えてなくなる本

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える