ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

製品開発や、販売活動を二の次にしてはいけないと思うのよね・・・

 世界同時株安がの状況で、韓国企業も例外ではありませんが、それでも尚且つ日本企業よりは抜群の業績を誇るSAMSUNGなのであります。SAMSUNGを褒め称える記事は、多少見飽きた感じしますが、またこんなの見つけてしまいました。

 <韓国企業の強さの秘密は「情報」重視の経営> 
  http://news.livedoor.com/article/detail/5803253/
 
 まとめ方として秀逸です。BI(Business Inteligent)と、SCMの統合と、意思決定の早さ、グローバル展開力と、徹底ぶりのすごさなど、組織・人事面の施策までに及び、まさに加速度的に、差をひらけつつあります。こりゃ本当にかなわないと思うし、取り入れるべきかと思います。しかし、・・・・・・なんか個人的にワダカマリがあるのよね・・・。



今の発展の基礎は、歴史的なウォン安による価格競争力によるものも大きいのでは】

 マーケティングと技術開発力、そしてブランド力で日韓の差はある分野では縮まり、またはある分野では逆転しているでしょうが、合理化だけでは説明できない「価格競争力」があるので冷静に判断できないと・・・・思うのよね・・・。情報収集の徹底振りと経営判断の迅速性だけが、少し強調されすぎかと・・・。



【アタクシは、開発力とデザイン力に脅威を感じるな・・・】

 正直言って、携帯電話やスマホのデザインにそうビビビと個人的に感じるものは無かったのですが、技術力とデザイン力の方が素直に気になります。脅威を感じます。「これぞ!」と思った商品には、思い切って開発投資と拡販活動に資金をつぎ込む・・・・思い切りの良さがすごと思います。先日、ヨドバシに行って、LGのLED大画面テレビを見ましたが、あの製品だけは、周りに日本製品が囲まれている中にあって、存在感ありありでした。また、GALAXY-SⅡは、知人のコメントですと、いちどこれに慣れると他のアンドロイド・スマホは触れんとも豪語しますし・・・。



 言いたいこと。BIや、SCMの推進も必要。だけど、製品開発や、販売活動を二の次にしてはいけない。これら、製品開発も、販売活動も犠牲にしないで、BIとSCMを推し進める方法を考えるのが現場から考えたいなと・・・。難しいテーマだな、今日は(泣)。

BI(ビジネスインテリジェンス)革命

BI(ビジネスインテリジェンス)革命

図解 なるほど!これでわかった よくわかるこれからのSCM (DO BOOKS)

図解 なるほど!これでわかった よくわかるこれからのSCM (DO BOOKS)

製品開発力と事業構想力 (Harvard Business Review Anthology)

製品開発力と事業構想力 (Harvard Business Review Anthology)

営業活動と与信管理

営業活動と与信管理