ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン599】 ラーメン人生 JET (大阪・福島) 鶏煮込みそば

【個人的には「名作」と呼びたいと思うのですが!】

 ・・・・と思っている次第です。先日、関東のとあるパワーブロガーさんが関西出張にこられた際、あ・・・・ここも行かはったらええのに・・・・と少し思ったけど、なんか差し出がましいかと察しまして、代わりにアタクシが食させていただきました(理由になってないね(笑))。しかし、大阪の旨い店ではなく、旨い一杯を選べと言われると、必ずこれがあがって来るだろうなと思っております。今更ながら、久しぶりに食うと・・・・「お前なんでこんなにうまいんや・・・」と心が折れましたわ、久しぶりに。



【鶏煮込みとは良く言ったものだ!・・・・ネーミングの妙も大事だね】

 とにかく、この鶏白湯は、大阪のラーメン探検なら一度すすっていただきたい。今は無き「東成きんせい」のニュアンスを引き受けていると申しましょうか、鶏の炊き出しぶりが秀逸です。で・・・「東成・・・」より進化したところとしては、かすかな醤油ダレの配合と、あとは何といっても「鶏肉の繊維質」でしょうか・・・。とにかく、トロッとしているだけでなく、わずかに鶏肉の繊維もほぐれて汁と一体化しているような風貌なのです。このニュアンスが『鶏煮込み』とよく言ったものだと関心するし、文字通りにじんわりくるのです。

 冒頭は、やさしくじんわりと語りかける「鶏煮込」スープの風合い。しかし食べ進めるとしっかり鶏味が濃いことが分かり、自然と体が水を欲するところが実感できます。やさしいようで、濃厚なコク旨。トッピングのチャーシューも柔らかくて旨いのですが、スープの方が肉の旨味が濃いとすら覚えます。

 素朴に見えてハイスペックなまとまり感がありますし、これで730円は安いと感じますな・・・・。塩煮干しより安いからそう感じるのかな・・・・。ともあれ、しっかり和風の鶏煮込みスープを一度お試しあれ。



【麺がいいのだ!和風リングイネ!】

 ほめ過ぎかと思うが、中加水ながら、微妙に芯を残したようなくっしり感があるのが好き!なんです。透かしてみると、周囲1ミリくらいは半透明で、中心部だけが見て取れるような見栄え。しっとり表面ながら、しっかり歯ごたえが自慢ですな。スープとのまとまりもいいと思います。でも、このスープなら、もっと素朴にややウネリの平打ちでもいいかもね・・・。



【おじやに酔う・・・・】

 大盛りにするより、ライスの小を追加するのがアタクシ流!最後にご飯割りしておじやでいただくのです。これが、めっさ旨いんです! 鶏煮込みつけ麺のつけダレでごはん割りもいいかもしれませんが、ラーメンの方がおじや的には合うと思うんです(個人的な趣味だけど・・・)。下手な居酒屋の締めのおじやどころではない、完成度すら感じますよ。がっつりご飯をいただくなら、鶏煮込みそば+ライス小の組み合わせは、ベストです。日本代表の本田と香川のコンビネーションのようやね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 総じまして、今ならそう混雑せずにこれが食える平日の夜・・・これはラッキーですかね。福島に新店ラッシュでばらけているか、はたまた・・・支店のある玉造の方に流れているか・・・・不明ですが、何度か来てますが、最近はかつてのような並びはないのでラッキーだと思います。東京のラーメンのように華やかさはなくとも、素朴で質実とした高品質は折り紙つき。大阪で食ってこそ華! 好みの問題もありましょうが、いつか大阪に来る機会があれば、いかがでしょう! ということで、合掌!今日も本当にごちそうさまでした。
PS お姉ちゃん店員さん、元気よくて愛らしかったっすよ! 社員教育もさすがやね!



ラーメン人生JET 福島本店

食べログラーメン人生JET 福島本店

followme