ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン452】 ぶぶか 吉祥寺店 (東京・吉祥寺) 油チャーシューそば

【僕の新しい活動拠点、一発目はここです!】

 いつかまだハッキリしませんが、三鷹・吉祥寺界隈が、新しい僕の活動拠点になりそうです。いろいろと諸事情ありまして、ちょいと先行訪問いたしました。駅からすごく近いし、夜遅くまで営業してはりましたんで、丁度良かった×2! 深夜バスがガンガン走っているのはさすが東京でんな・・・。さて、今回狙うは油そば。本当に若いスタフさんやお客さんに混じって、一人ビジネススーツな関西おっさんが、まじらせてもらいましたー。



【醤油ダレなんやね・・・・スッキリさが好き!】

 入口上部に思いっきり「とんこつらーめん」って書いてあるのに、油そばはスッキリ醤油なんですね。しかも壁には、「初めての方はたまごを落として・・・・」などマイルドな初対応を促しておられ、相当コッテリで辛いのか?とビビる・・・・。しかし出てきたその印象は、チャーシューだらけながら、小ぶりなスライスで普通に旨そうでプレッシャーあまり感じず。また、かき回して麺とご対面しても、スッキリ醤油ダレで褐色が旨そう・・・。丼底に溜まったタレを眺めてみたら、思いのほか澄んだ褐色してました。

 ライト系とは決して言えないが、ヘビー級とも言えない、むしろ適度な上品とジャンクがバランスある感じがいいですね。これなら、肉食系女子に抵抗感ないでしょう。さらりと濃厚な醤油のフレーバーが最初の味の輪郭を決めます。そのあとにタレに溶け込んだ豚の脂旨みがじんわりと口の中に広がります・・・。ちょっとラー油を垂らしてくださいと、アドバイス受けますが、辛いの苦手でなければこれお勧めです。更に、ラー油の辛さが味の起爆剤となりますので・・・。旨みに刺激が加わると、ここで「ガッツリ」という化学反応がおきるわけやな・・。



【タレで麺が更にええ感じになっとるな・・・・】

 タレの粘度が丁度この麺に合っているなと感じます。麺の表面のざらつきと馴染むのでしゅうね。スタフの麺とタレとの絡ませ方も上手いのでしょうが、綺麗に、つるーーーーと膜が麺に張り付いている感じです。そして噛むと、「ツル」の次に「モチ」っとくる!さらに噛むと「クニィ」とつぶれる・・・・。この一連がスムーズです。油そばながら、喉越しの良さを感じる不思議な麺。個人的に・・・・「高速ツルモチ麺」と名付けよう(誰も言わへんて分かってて言っている・・・アホなワシ)。



【チャーシューはそこそこ(うまい)】

 たくさん入っていて楽しめましたが、特別なスペシャリティまでは感じなかったかな・・・。普通に旨い!(ほめてます)。バラ部分とその他(ロース?)部分と分けて配置してるし、考えてる仕事わかってまっせー。ラーメンにも使わないといけないし、油そばだけに特化したチャーシュー出すわけにもいかないしね・・・・。そんなことするのは、松戸・兎に角くらいだけど。(ほぐしチャーシュー)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総じまして、東京らしいマイルドな醤油ダレが印象的な一杯でした。ワシワシっともっとくるのかと思ったけど、そうでもないのが意外性?これなら、他の塩の油そばも試してみたいと思う次第です。今日は、都合によりニンニク外しましたが、これがあると印象もっと変わってしまうかもはあしからずです。ということで、新本拠地(予定)一発目完了。そして合掌!今日も本当にごちそうさまでした。

followme




お探しの店舗のページはありませんでした