ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

実力主義は、見た目が9割

 ちょっと先日、先輩の酒宴に同席させていただきまして、ちょっと考えさせられました。その話の相手は、うちの会社の元社員の方。なんか、やりたいこと出来なくて外資系の会社に転職された方です。話を聞いていてもキレがあるというか、華やかだし、どこでもやっていけそうだとなんとなく思う。そんな実力度は、ご本人もある程度自覚されているようですし、だから、実力主義がモノ言う外資系に行ったんでしょう。



 ただ、実力主義も完璧とは思っていないものの、逆効果もあることが意外でした。



 つまり、この方はこう言います。

外資系は、まずトップダウンが全てなところがある。だから、その指示を完璧にこなすか、こなさないかしかない。それでドライに評価されると。

 =>ふむふむ・・・それは何となく想像通り。


・全ての社員が、目標を達成するわけではない。また、できる能力がない人もいる。黙って切られるのを見過ごすわけには行かないから、直属上司には意外と媚びることが多い。

 =>なんだよ・・・逆に日本的じゃん・・・昔の。


・組織改編がドライにドラスティクに行われるから、上司は気に入った社員をすぐに引っ張っていく。だから、意外と日頃の人間関係が重要。

 =>なぬ!転職した意味なくない?


・達成できそうな目標を立てるようにしかならない社員が多い。なので見込み案件を隠したがる。

 =>あー、もうどこの国の会社だよ・・。




 なぜかもう、後半は気分が暗くなってしまいましたね・・・。そう言えばもう一人、同じ職場の先輩が、ウチを辞めて外資にいったけど、あれは、強烈な人脈あったしな・・・日本法人の幹部が友達なんてね・・・。あながち、ウソじゃないなーと思いました。



 どこにいても結局同じようなら、今の場所でがんばろぜ!とにかく、自分の武器を磨こうよ!

外資系企業で成功する人、失敗する人 (PHP新書)

外資系企業で成功する人、失敗する人 (PHP新書)

外資系キャリアの出世術

外資系キャリアの出世術