ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン3602】 中華そば 西の (東京・田無) 中華そば+味玉 〜ハートフルで優しい背脂醤油!通える安心感!田無で穏やかに食うラーメンならここ!

西武新宿線界隈に新たなラーメン脈動〜その1
 どうも西武新宿線界隈は、この早春に色々ラーメン事情に芽吹きを感じるようです。そんな情報だけは仕事よりまず最初にチェックするオレ。仕事にこの半分でもやる気を注ぎたいものですが、そうはいかず(笑)。田無・柳沢・保谷とこのあたりにラーメン脈動を感じる中で、今回は「田無」にスポットを当ててみようと、珍しくチャリこいてやって参りました。久しぶりに気温の高さを感じる週末の朝だったもんでね。
 

f:id:TOMASSOON:20190216114008j:plain

 
 
 その店の名は「中華そば 西の」さん。事前にネット情報探そうにもネタが一切ありません。無理くり検索しても「にし乃@本郷三丁目」が引っかかってしまう。何系かすごく不安になりながらの突撃訪問ですが、付近にラーメン屋の存在を感じないほど、路地裏のこじんまりしたエリアにございました。漂う風に豚骨煮出しの匂いが感じれれるね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190216114147j:plain

 
 
 新店舗らしい清潔感ある外観、そして店内。入店したら心地よい出迎えを感じて、いい雰囲気ありありです。当然最初の客と思ってたら4番手(汗)。先客方にはただならぬラヲタオーラを感じますが、存じた方ならあしからず。とにかくこの日は寝坊がすぎて・・・朝飯抜いてきたから、腹が減りすぎて困っていたのだった。早く食いたい・・・・。
 

 

 
 
 
<全体&スープ> 実に穏やか!背脂の円やかさ際立つ優しい味わい!これは広くウケるね!!
 
 全く情報がないとき、まずチェックするのはまず「券売機」。そして「先客実食状況」。しかし券売機からの情報はかなり標準的でイメージ付かず。また先客は配膳前の様子。なので厨房付近に目をやると「デカデカ丼」が積み重なっておったのでビビってしまった。ガッツリ系とは思えないが、大盛りで遭難しても格好悪いか?。様子見で今回は「中華そば+味玉」とさせていただきました。間も無く先客の配膳が進みますが高台で見えず。一体どんな一杯だとワクワクしながら受け取ったのが、こんな麺顔でございました!。
 

f:id:TOMASSOON:20190216111638j:plain

 
 
 おおお!ラーメンアイコンにしたいぐらいにオーソドックスな背脂醤油ラーメンじゃないですか!。これは和むねぇ〜。店周辺に漂ってた匂いから「背脂豚骨」かと思ってたが、とても馴染みやすい背脂醤油感覚。ギトギトとばらつく背脂じゃなく、スープに蓋をしてゆっくり溶けてゆくような背脂がいいね。味玉の卵黄にも溶けてゆくゆくようでこれは後が楽しみだ。
 

f:id:TOMASSOON:20190216111635j:plain

 
 
 で、早速レンゲで味わうが・・・これが実に「円やか」「優しさ」「甘み」が感じられて非常によろしい!!安寧なる味わいで、背脂が全く暴力的でないところが実に好みに合います。醤油はキッパリ感やら塩気やらは下支え気味。豚肉か豚骨の清湯エキスがしっとりとしている上に、背脂のコクが広がり、尖りがない中華そば感覚と受け止めました。この優しさ・円やかさは、子供でも抵抗感ないと思われるほど。ラーメンに背脂・駅そばに天かす、そんな甘みの組み合わせ大好きな方なら、これはハマるはずです。
 

f:id:TOMASSOON:20190216112822j:plain


 
 また円やかな甘みは、決して背脂だけではなさそう。全体的に豚コクがイメージを支配しますが、ライトな感覚と落ち着く味わいには、魚介系の片鱗が少しあるやも。昆布や野菜の優しさもあるとして、節系の穏やかさがあるのかもしれませんね。あるとしたら煮干しっていうより節ってイメージかもと・・・。このあたりの味輪郭は、先人諸兄にお任せするずるいオレでゴメンちゃい。また、このタイミングでは未提供だが、券売機に「辛味ダレ」という表示あり。背脂甘み一辺倒な訳でもなさそうなので、楽しみ増える一方です。
 

f:id:TOMASSOON:20190216112924j:plain

 
 
 
 
<麺> 素朴な太縮れ麺!そして滑らかさとソフティーは歯触りが心地よし!
 
 この一杯にはもう一つ特徴あるとしたら「太縮れ麺」。そんな組み合わせは珍しくないんだろうが、あえて伝えたいのは「滑らかさ」「ソフトさ」が明るい。見た目はすごく素朴に見える中太縮れ。なのでザラツキすら予想するのですが、茹で上がりとスープを潜ったその姿は真逆です。密度感というより、「明るい弾力」と「ソフトにすり抜けるスベり」が印象的。ふわふわとした中太麺と伝えるとちょっと言い過ぎに当たるか?。でもそんな感じに近い。
 

f:id:TOMASSOON:20190216113058j:plain

 
 
 個人的にこれは風味より汁を吸い込ませた後の旨味を楽しみたい一品。甘めの汁浸透が格別に相性良いし、また背脂のかけらを少し引っ掛けたりするのでなお楽しい。160gくらいはあるのかもしれませんが、これは大盛りでもすんなりと食える。太くてもしなやかなので、ズボボボボボボっとライトに啜りあげられるし、そのボコボコフォルムから軽いタッチ感が快適。
 

f:id:TOMASSOON:20190216113032j:plain


 
 このスープ感と麺の印象から・・・俄然「つけ麺」に興味が湧きます。あつもりも対応可能とか!。このフィーリングだったら、実は「つけ麺」がウケる店になるかもしれませんな・・・・また来なくてはならなくなった。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> オーソドックスな作り込みの中に質実さ感じる2種豚肉旨し!
 
 全体的にオードドックス。チャーシューも例外じゃありません。昔ながらのしっかり作り込まれ感のある煮豚タイプの、ロース肉とばら肉の2種盛りがデフォルトで提供されます。
 

f:id:TOMASSOON:20190216112954j:plain

 
 
 ロース・バラともそんなに濃い味付けはされてませんが、しっかり噛みしめて味わうロース肉は、吸い込んだ汁もベースになって旨さ優しい。バラ肉は背脂貼り付けつつ、皮下の脂肪分がトロトロと同時に溶けてくるので脂の甘みが芳醇で楽しめるもの。肉増し1枚100円と券売機表示にあったが、これはどっちの肉が出てくるのかが興味湧くところ。
 

f:id:TOMASSOON:20190216113004j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 実にスープ感覚とマッチ!背脂と一体感ある円やかさ!
 
 配膳時から、カットされた味玉が半分スープに埋没しながらやってきます。そこに背脂がすでに混じりあっていたりして・・・食う前から食色気を感じさる罪な奴。薄い出汁が深く染まっているような見え方で、実際に味わうと卵黄は熟成すら覚える甘みが支配。まったりとねっとりと舌に絡みつきます。これが背脂の旨味にベストマッチ。旨味の最強タッグ状態で頼もしくもあり。嗚呼、やっぱり今回もまた、味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20190216112851j:plain

 
 
 
 
総じまして「ハートフルで優しい背脂醤油!通える安心感!田無で穏やかに食うラーメンならここ!」
 
 ・・・という感覚でしょうか?。ちょっと路地へと向かう場所なんですが、飲み屋も付近に多いため締めの一杯にも使えましょう。また昼間のランチにもこの穏やかさならありかも。駅の南北と競合店が多いけど、地道に頑張ってもらいたいと思います。ともあれ穏やかな春を先取りした感じで嬉しい昼飯!そんな感動を胸に、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190216114237p:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!


中華そば 西の 中華そば+味玉 〜ラーメン食べて詠います

進め!  たかめ少女 高雄ソライロデイズ。 (GA文庫)

進め! たかめ少女 高雄ソライロデイズ。 (GA文庫)

 

 

【今週のラーメン3601】 中華そば 龍の眼 〜第二章〜 (東京・末広町) ワンタン鴨中華(塩) 〜まさにナチュラル&スムース!癒し感覚溢れる本格中華のすっぴんワンタン

完全独立の第二章・・・見届けてまいりました!
 週末は、神田・御茶ノ水秋葉原界隈をぶらぶら・・・命の選択ってやつをしてきました。なんか好きなんだよねこのエリアは。もう卒業したスキーやゴルフの店で遊んだり、またいつかはまたやりたい・・・と願うスキューバのショップに顔だしたり。いろんな機材の進化ぶりを学習したりとこれはこれで忙しく過ごせます。本業以外の興味あるもののスペックとか細かい数値はすぐに頭に入るんだよな〜(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113330j:plain

 
 
 適当に腹が減ってきたので、少し前から注目していた店へと伺いましょう。実は初訪問でもないんだが、以前食ったワンタン麺が好印象だったので、その際訪問です。狙いは「中華そば 龍の眼 〜第二章〜」さん。少しだけ名前が変わったんだよね。昨年は大塚にある名店の系譜により、プロデュースの名前が屋号に付加されてたんだけど、それが取れて再出発。そういう事情で「第二章」とわざわざ名乗っておられる流れです。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113417j:plain

 
 
 さてさて、喜び勇んでランチタイムに参りました。以前の通り「びっくりドンキー」真っ青のトタンで出来た外観が目印。この前で行列したのを思い出したが、あれれ?少し客入り寂しいじゃない・・・・。外神田5丁目近辺の店はそこそこどこでも混んでいたので、目立たなくともこんなに至近距離で差があるのは意外だね。ちょっと心配になってくるが、当初の予定通り「ワンタン麺」系で!。そして前回は醤油だったから、塩系でと変えてみました。
 

f:id:TOMASSOON:20190203110610j:plain

 
 
 
 
<全体&スープ> 素材感重視のすっぴんメイク的スッキリ感覚!沁み入るナチュラル鴨塩感覚!
 
 空いていたので実は少し気軽に過ごせたかも。暇だったのでウンチク書きなどを眺めて過ごしますが、目指すは「中国料理と中華そばのハイブリッド」とのこと。なんとなく前回もそんな感じしてましたよ。上湯の雰囲気がラーメンスープ!っていう感じしなかったもんねー。老舗中華料理店でのご修行が長いとのことで、第二章はこちらの方の腕前をもう少し前に出してくるのでしょうか、楽しみです。そんな期待をよそに案外早く配膳されたのがこちらです。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113508j:plain

 
 
 おおお!同じワンタン麺でも少し高級感がアップしてませんか!?。シンボリックには「鴨肉」がやはり存在感が大きい。少しゆずをトッピされてますが、皮部分の焦げ目とその直下の脂身部分がすごくうまそうだし、ピンク色の肉が実にそそる!。またワンタンがこの店は美しいし食べ応えあるのがそのまま継承。そして肉団子まである。スープから透けて見える麺だって変化してまっせ!。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113516j:plain

 
 
 さて注目の「鴨中華」と銘打ったスープ。鴨出汁バリバリ!?と言う感じはせず、あくまで清湯鶏ガラ&丸鶏豊かな旨味感がベースです。表層はキラキラと香味油が効いてて濃ゆいように見えますが、実はかなりあっさり味タイプ。これはもうええ歳したおっさん的には実に嬉しいタイプ。若い人にはインパクトがないかもしれませんがね・・・・時間が経過するとともに旨味をしっかり感じますから焦らないで味わいましょう。塩気や甘味より「旨味」は後からじわじわと感じ来るものですから、同じ旨味でも成分が違うとヒトの生体反応も違うらしい。唾液の出方も違うんだってさ・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113527j:plain


 
 中盤の早いめから動物系の旨味をゆったり感じ始めます。塩気はとてもマイルドで、乾物系のグアニル酸もじわじわと後追いで効いてくる?。やがて麺の風合いに似た炭水化物系の糖質が滲んでくるんですが、そうなると鶏ガラ動物系の旨味と炭水化物由来の甘味が、渾然一体となってきます。ここで「鴨肉」の旨味がじわじわとようやく溶け出してくる味風景で、ここからがこの一杯の真骨頂。あっさり味なのに旨味が深いことになってゆくようです。やはり、スープや出汁には、トッピングからの影響は確実に出てくるよ・・・、何も薬味だけでないことがわかる。ちょっと淡麗系かもしれませんが、この鶏塩スープ感覚は、和風鶏そばとは違う味の展開ですな!。うまし!。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113110p:plain

 
 
 
 
<麺> 舌や内頬喉奥を駆け巡る滑らかシルエット!スベり楽しくモツリと千切れる歯応え旨し!
 
 麺が全く変わっていた。細麺を選べるのですが、「鴨」から「鶏」にスープが変わってしまうことになります。今回は「平打ち麺」に変更されてました。手揉み麺も最近人気が高くなってきましたが、美しいパラレルがどこまでも続くような麺線です。加水はやや高めでしょうが、中心部に引き締まりを覚えますので、凛々しい歯ごたえも楽しめます。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113116p:plain

 
 
 しかし真骨頂は汁を吸ってから。この時点では麺風合いと、スープ旨味が交錯し交換してますから、旨味と甘味がとても複雑になって、これぞ「旨い!」と言う状態です。汁吸い込んだうまさは・・・やはり平打ちの方が上手だね。幅広なこともあり、口元に当たる所から、うち頬を駆け抜け、噛み潰してのど奥へと落とし込むまで・・・のシルエットが妙に残像として残ります。まさにスベり楽しくモツリと千切れる歯応え旨し!と言う感覚ですね。
 
 
 気になるのは「大盛」が出来ない??こと。大盛りボタンは「細麺」限定で「替玉」対応となってます。平打ち麺でもっと腹を満たしたい時はどうするのか??。ランチタイムは「白ライス」が無料らしいですから、これで対応してもいいかも。出汁茶漬けにはこのスープ感ならもってこいかも。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> 低温鴨ロースト肉!全然軽くてすっと消えゆく脂感!旨さひとしおもっとくれ〜!
 
 食う前から旨いに決まってるとわかる鴨肉。追加する勇気が持てませんでした(泣)。鴨はやはり少し野趣あふれるうまさが楽しみですが、実はすっきりとした脂の旨味が印象的。肉はふわふわで噛み締める前にちぎれ、存分に味わう前に飲み込みそうになってしまう。うすしお味がまた憎いうまさだが、柚子の風味が少しあるだけで、高級感がますから不思議。柚子嫌いな人は外せばいいね。実は汁を浸して旨味をアップしようかとも思ったけど、鴨肉は敬意を評しなるべくそのままで味わいましたー。
 

f:id:TOMASSOON:20190203113552j:plain


 
 
<つくね> 引き締まりと淡いねっとり感!塩気の合間に肉甘みを感じる逸品!
 
 たとえ一つでもつくねがあると嬉しい。大切に割って味わいましたが、普通の鳥つくねよりもねっとりしたような・・・はたまた引き締まりもある質感で、まったりとした旨味あり。粗挽き感があまりなかったが、汁の吸い込みもよろしくこれは美味かった。後で写真メモを整理して気づいたんですが、ひょっとして鴨入ったつくねなのか!。だったら意識せず飲み込んでしまって、実にもったいないことをしてしまった・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190203213112j:plain

 
 
 
 
<ワンタン> 皮の整形とサイズ&厚みが完璧!肉餡はつくね同様の逸品食べ応えあり!
 
 これも完璧なワンタン。サイズ・肉餡・皮、どれを切り取ってみてもナイスです。
 
 ・肉餡:大粒挽肉の密度ある食感キープが3つ、鴨入りは不明
 ・皮:肉厚で皮も食わせるイメージ。大きく折り畳みが綺麗
 ・味:うす塩あっさりタイプ。シンプル塩味とスープで食わせる
 ・計3個:一箇所にまとまり美しく方向が整った姿がすばらしい
 

f:id:TOMASSOON:20190203113721j:plain

 


 

 特に汁の吸い込みが得意な全体イメージで、それゆえにちゅるんとよく滑る。折りたたみ部分のシワが口や咀嚼で当たるのも楽しく、形が味の感じ方にも影響出るんだなと・・・改めて勉強になりました。ワンタンとつくねは、どうもこの店のイチオシ、看板メニューのようですね。
 
 

 

 
 
総じまして「まさにナチュラル&スムース!癒し感覚溢れる本格中華のすっぴんワンタン麺」
 
 ・・・と言う感覚でしょうか。確かに本格中華系に少し舵を切ったのが伺える次第。今後はそのハイブリッド感を突き詰めて、新しい味境地を開拓していただきたい次第です。それにしてもランチタイムで並ばずこのレベル食えたことはラッキー。他で並んでいる人に教えてあげたいくらいだった(笑)。そんな第二章の発展に期待!。応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190203120130p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 末広町駅湯島駅御茶ノ水駅

日々のだし: 昆布と食材から得られる十分なうまみ

日々のだし: 昆布と食材から得られる十分なうまみ

 
コクと旨味の秘密 (新潮新書)

コクと旨味の秘密 (新潮新書)

 
うま味の秘密 (和食文化ブックレット7)

うま味の秘密 (和食文化ブックレット7)

 
うま味って何だろう (岩波ジュニア新書)

うま味って何だろう (岩波ジュニア新書)

 
「うま味」パワーの活用便利帳 (青春スーパーブックス)

「うま味」パワーの活用便利帳 (青春スーパーブックス)

 

 

【今週のラーメン3600】 春木屋 荻窪本店 (東京・荻窪) 中華そば 〜たとえ時代は変わっても旨いラーメンの道しるべ!

たまには基準を確かめるように・・・名作求めて春木屋
 疲れが溜っているのか身体が弱っているのか・・・・最近なんだかやる気が起きない。仕事は前からそうなんですが(笑)、ラーメン活動もちとスランプに入ってしまったようです。無理してでも食ってたパワーが出なくて、今日は昼飯をスルーして仕事してたっけ。さすがに3時のおやつにカロリーメイトをかじったけど、何だか「何を食うか選ぶ」こと自体が邪魔くさくなってしまったオレです。先日そんなことを、自宅で飯食いながら嫁に軽く話したら、そりゃボケる手前だから!と相当心配されてしまった。逆に不安になるじゃねーか(汗)。
 

f:id:TOMASSOON:20190204175827j:plain

 
 
 でも素朴に夜になったら腹減ってきた。早々に退社して適当に常連店へ行こうと思うが、その常連店が多すぎてこれまた選ぶのが邪魔くさい。だから通勤経路上で王道の一品を食おうという事で、思いついたのが「春木屋」です。ちょっと設定が高いんだが、この際あまり考え込まない方を優先してみましたー。
 

f:id:TOMASSOON:20190204180318j:plain


 
 春木屋行くなら絶対に平日夜でっせ。土日の行列をときどき他人事のように眺めてますが、平日で特に月曜日の夜だと驚くような居心地の良さがすぐに手に入ります。晩飯ピークで先客2名という・・・少し逆に心配に思えてきますが。ちょっと目先を変えて、季節前提の「味噌中華そば」を訪ねてみたんですが、売切れとのこと。わんたん・チャーシューともう選ぶのも悩ましいので、デフォルトの「中華そば」とさせていただきましょう!。
 

 

 
 
 
<全体&スープ> いつもと変わらず旨いね〜と思ったら負け!今日も安定感じる旨さに喜んで負けた〜^_^
 
 みなさん良くご存じの春木屋理論」。いつも安定した味と思わせといて・・・実は密かに味変化を季節に応じて試みているというものですよね。だったらその差分を確かめてやろう!と言う勇敢さは私にはありません。そして少しご存知の方が少ないかもと思う「春木家元祖論」。本当の大元は春木家」というそば屋で、暖簾分けして中華そば専門店になったのが「春木屋」。「や」の字を変えているのだが、その元祖の「春木家」が実は荻窪の近くの住宅街にあるのね。もともと蕎麦屋で、中華麺を出してたのが中華そばが普及するエポックとなったのだから、なんとなく合点がいく話です。・・・・そして、春木家も春木屋も、庶民なオレにとっては、ちと高いのは共通してる(苦笑)。そんなことを思い出していたところで、手早く配膳が進みました。それはこんな麺顔でした!。
 

f:id:TOMASSOON:20190204173539j:plain

 
 
 おおお!それにしても素朴さありあり!とてもフツ―な中華そばで、今となってはとても地味。地味だけど滋味なのはよく分かってるけど、他の店でこの麺顔風貌で850円って知ったら足が遠のくところ。その付加価値たるや、単にブランド価値という話じゃなく、なんでだか「ああやはり春木屋に来てよかった」「この味だよ」と思わせる説得力があるのでしょう。そう思うとこの「地味さ加減がとても迫力ある」ものに見えてならない。
 

f:id:TOMASSOON:20190204173536j:plain

 
 
 まずはスープを味わいますが、このスープを飲んでいつも口の中を火傷するオレ。ラードの層が熱さキープで蓋をしてくれるのはいいが、もっともっとと味わいが加速すると、熱退避が追いつかなくなり火傷しちゃう。この合間に飲む冷水がとても美味く感じてしまうんだよなー。永福町の大勝軒と、荻窪春木屋のお冷はとにかく旨いのだ。そしてまったりと舌にまとわる動物系のコクが実は濃いね。ラードだけでなく、ベースストックにもしっかりと煮出汁が効いていて、脂のゆったり感が滲みでてる。豚メインのようだが、鶏も入っているように実は色気もあるコクもありなむだな。
 

f:id:TOMASSOON:20190204175023j:plain

 
 
 そして何と言っても魚介の味わい。節と煮干しの種類と割合には、かなり試行錯誤されてると思うけど、その配合が実は季節で違ってるのだろう。煮干は甘味を醸し出すに十分で、苦みを利かせないのが特徴。分厚い魚介感を出すがすっきりもしているのは、節にも頼った味わいだとは思うけど、それだって単に鰹を煮出しただけじゃないだろう。野菜や昆布類もジワジワと感じだし、素朴に見えて実はハイレベルの甘味成分のカオスです。全体の感覚的には、前半はラード層をレンゲで掬って旨みを分厚く感じ味わう。中盤は麺にもラード層が絡み吸い込み、わりとスッキリと味わい、後半は醤油のカエシの輪郭に甘味や酸味も感じ取れる余裕も出てきます。
 

f:id:TOMASSOON:20190204175036j:plain

 
 
 
 
<麺> 自家製麺:縮れと言いより強い捩れ感覚!グルテンの粘度と風味を強めに感じる好みの味わい!
 
  手揉み麺も今は流行の兆しもありなむと思ってるんですがいかが?。流行とは違って地方の郷土ラーメンが東京進出してきた結果、手揉み風な麺を目にする機会が増えたという流れかもしれません。そんなのもあって、今の若い人には素朴さと映るらないかもしれませんが、我々昭和生まれのオッサン的には「そぼく」「レトロ」と思える縮れ感がいいね。
 

f:id:TOMASSOON:20190204175142j:plain

 
 いや・・・縮れというより、強い捩れがイメージにあってるかも。ボコボコとしたフォルムは確かに不規則に強く捻じれているように感じます。その捻じれ部分が強くグルテンの粘度を感じさせるポイントで、そこに風味の強さが潜んでいるようにも感じます。また多加水の風合いですが、汁の吸い込みもいい感じ。咀嚼して炭水化物とスープのエキスを一体化する前に、すでに馴染んでしまった食べやすさと馴染みやすさがあります。こういうのもまた、ズボボボボボボボボーーーーーっと啜りあげるに気持ち良し。ボコボコフォルムが、口の中では心地よいタッチ感を演出するし、喉奥ではゆっくり滑るようにシルエットを感じさる。
 

f:id:TOMASSOON:20190204175109j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> レトロと時代錯誤は紙一重?伝統の味わいは、現代では思い切った淡白さと映るのだろう〜
 
 豚ロース肉のスライス。豚肉をスープ生成にフル活用した煮出しを感じさせます。脂身じゃなく肉身自体の旨みを移しきったかのような肉感覚。なのでスープの味を逆に浸透させてから味わうべしで、かなりの薄味です。
 

f:id:TOMASSOON:20190204175012j:plain

 
 
 昔のチャーシューはこういうタイプが多かったかもと感じます。今の若い方なら、いろいろ旨み溢れる肉が巷に多いもんで、どう映るんでしょうかね・・・・。世代によって、 レトロと時代錯誤は紙一重?かもしれませんが、旨さと実績ある春木屋なら、レトロな旨さとして受け入れられてるんだと思います。ただ・・・私はまだ一度も、チャーシュー麺をここでは食ってないので、説得力がないのですが・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190204175155j:plain

 
 
 
 
総じまして「たとえ時代は変わっても旨いラーメンの道しるべ!」
 
 ・・・ってな一杯でしょうか。東京に住んでいて、突然ラーメンにハマったなら、ここは必ず食うべしな登竜門。関西オリジンな私は、この店で魚介の程よさを教えてもらったかもしれません。アッサリしてますが腹に妙にたまるスープ感ですので、寒い冬ならもってこいかと!。おススメです!。そんな宣伝気分のままですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190204204256p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅

 

【今週のラーメン3599】 らーめん専門店 Chu-Ru-Ri (東京・十条) 芳醇 塩らーめん 味玉付き 〜若いセンスで織りなす玄人好みの崇高塩そば!

迎え入れる気持ち感じる若い新店舗!気持ちいいねぇ〜
 平日の疲れを取るには、1日では足りませんな(汗)。とある日曜日、久しぶりに遠くの景色も見たいし、クルマも走らせないと調子悪くなるし、ラーメン遠征だ!と思ってたんですが、寝坊で出鼻を挫かれてしまいました。で目覚めたらすっかりブランチのお時間。参ったな・・・都内でラーメン物色するか。何時ものように、有名ブロガーさんの情報や、ラーメンデータベースを元にコーヒー飲みながらチェックして過ごします。
 

f:id:TOMASSOON:20190210112923j:plain

 
 
 こんな重い体調じゃ「淡麗」「塩」くらいがちょうど良いな。気分を変えたいし「新店舗」なんかがいい。そういえばガソリン入ってたっけ?往復考えて「都内」だな。・・・なーんて感じで検索し絞り込んで行くと引っかかったのが「らーめん専門店 Chu-Ru-Ri」さん。まだ情報露出が少ないですが、いっちょ行きますか!環八と環七の流れもよろしく、ネズミ捕りに引っかからない程度に飛ばし気持ちよくやって参りました。このエリアはPメーター、コインPが多くて重宝です。
 
f:id:TOMASSOON:20190210123022j:plain
f:id:TOMASSOON:20190210122728j:plain
 

 
 外観は扉からも白木の装いでなかなか落ち着いたもの。そして店内は和風で白木のカウンター等が眩しいさっぱりと渋い作り。地元の雰囲気に溶け込んでいるなと感じていたところで、ご店主と軽く挨拶を重ねますが・・・・結構お若い!!。へぇーってな感じで内心思ってたところで、言葉遣いも丁寧んだななんて感心しました。ところが更に嬉しい心遣い。一口サイズのアイスコーヒーが差し出されて、お待ちの間どうぞなんて気の配りよう。面白いなと感じてたら、店のうんちくでコーヒーって健康に良いらしく効能が詳しく紹介されてた。最近身体が完全にジジイだから、こういう効能書きって自然と食い入るように読み入ってしまう(汗)。
 

f:id:TOMASSOON:20190210122949j:plain

 
 
 
 
<全体&スープ> 芳醇さありながらも淡麗なる落ち着き感!シンプルな中にカオスな旨味!塩好きならオススメ!
 
 更に嬉しさが続く。「宜しければ浅漬けもどうぞ!」とな。カウンターには黒く大きめな壺があり、中には白菜を中心とした浅漬けあり。お手製とのことで、これも若いながら凄いねと、ますます感心してしまう。ここまで来るとラーメン屋じゃなくて料理店と呼びたくなるな。しかも旨いから納得度も深い。もうこの時点で、この店はなかなかラーメンもイケる店なんだろうなぁ〜って予感みたいなものありました。そんな期待を具体化したものが、このあと直後にお盆に乗ってやって参りました。それはこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20190210122045j:plain

 
 
 おおお!前衛的和風な丼に浮かぶ一杯は、一見すごく淡麗に感じましたが、見れば見る程明るさを増すじゃないですか!。そのスープの霞んだような半濁りには、魚介のニュアンスを感じて塩と結合する淡麗さが伺えます。しかし落ち着くと表層に流れる鶏のエキスが見事に澄み切っており、半濁りと感じた心がどんどんと澄んだ明るさに感じる。そしてよく見ると香味には焦がし葱が浮かんでいるではないか!。このアイテムは動物感に色を指す役目があって・・・一気に淡麗系から芳醇系へとイメージが変わってくる。
 

f:id:TOMASSOON:20190210122756j:plain

 
 
 先を急ぐように慌ててレンゲで味わったが・・・旨さは想像以上にライトな芳醇さだった!。薬味が効いているのか?香味野菜の雰囲気が感じられて、一瞬生姜でもと疑ってしまったほど(本当に隠れているのかも)。ネギの香味がすごく跡を引く。柚子も少しかおる。そして鶏のエキス感もしっかり出ているのに、嫌味がなくて重みがない。鶏油の化粧も低いのが好印象で芳醇さが実に好みに合う!
 

f:id:TOMASSOON:20190210122742j:plain

 
 
 しかし実際に芳醇と感じさせるのは魚介の風合いじゃないだろうかね・・・。その魚介だが、昆布・煮干・節など色々あるなか、個人的には節系の旨味が素晴らしいと思う!。節の旨味が塩気に結びついて、香味などと混じると明るく軽い旨味にも通じ、そして味の膨らみ感から「芳醇」と感じさせる雰囲気がありありです。
 

f:id:TOMASSOON:20190210115138j:plain


 
 さて、焦がし葱。わずかな分量ではあるけど、これがあるとなしではずいぶん違うんだろうね。もしこれがなかったら、ずっと魚介系に感じてたかも。これがあるので、動物感も味残像を食い止めるし、香りと甘みがカオスを高めるようなイメージ。実に繊細なスープ感。実際にはもっと色々な風景があり、例えば麺の風味も更に溶け込むのだから・・・興味が尽きないスープなんです。
 
 

 

 
 
<麺> 三河製麺:全粒ちょい配合!風味と汁吸い込みが両方楽しめる・・・いい意味でずるい細麺^_^
 
 おおお!全粒配合!!。これだけでテンションが上がり、依怙贔屓が始まるオレです。最近出会う配合麺は加水が高めのタイプが多い気がします。かと言ってモチモチ度合いは一定レベルで、明るさよりも引き締まりの方が印象深い麺です。前半は微妙に芯が残って、表層だけが軽く一枚透明感がある見栄え。ツルツルしてるけど、腰がキープされた感じでしょうか。ズボボボっとすすりも軽く、勢いよく噛むと微かに風味が残るのが嬉しいです。汁の芳醇さを咀嚼で合わせてゆき、甘みを楽しみます。
 

f:id:TOMASSOON:20190210115148j:plain

 
 
 後半になると、汁を吸い込み切っていますが、だれた感じはしません。麺の風味が汁にも移ってより一体感があるような旨さ。クチクチと奥歯で潰して感じる旨味が楽しい感覚。この時に薬味ネギと絡まると飛躍的に旨いですな。海苔も少し恋しくなりますが、いずれにしても、風味と汁吸い込みが両方楽しめる・・・いい意味でずるい細麺。大盛り必須かもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20190210115203j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 肉質の旨味!脂の甘み!塩スープを吸わせて溶かして旨し!
 
 流行りのレアチャーシューに手を出さないのがむしろ好印象。この全体感ならこの落ち着いた煮豚タイプでしょう!。薄味の仕立てなんですが、しっとりと旨味を確保しているところが素晴らしい。むしろ汁以上に味がしっかりしている部分もあります。脂身が少ない部位と、逆にサシが多めの部位と合わせてます。少ない部位は汁を十分に吸い込んでいて、自身の塩気も吐き出しながら柔らかく食えます。これはロックの焼酎と合うと思うあっさり滋味な肉味。一方、脂多めの部位は、ほとんど似た味風景ながらもとろける感覚と、脂ならではのコクが肉厚に広がります。両方ともスープや互いのを転換するような味じゃないからいい。正に、肉質の旨味!脂の甘み!塩スープを吸わせて溶かして旨し!なのだ!!
 

f:id:TOMASSOON:20190210115123j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> スープに溶け出ないねっとり卵黄!敢えて汁に沈め含めて出汁感で味わう!
 
 最初塩味玉と思ったのですが、薄口醤油出汁も滲んでますかな・・・。案外塩味が低くて、芳醇な甘みが優ったようなイメージ。卵黄のトロトロ度合いが重めでスープに安易に混じらないのが印象的。だから半分は、あえて沈めて汁を吸わせるようにしながら食らうのです。これが味が色々混じって旨い。白身はぷるんとして卵黄と混じらせて食いました。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなしの旨さ!
 

f:id:TOMASSOON:20190210115024j:plain

 
 
 
 
総じまして「若いセンスで織りなす玄人好みの崇高塩そば!」
 
 ・・・と言う感覚でして、近くにあったら夜に行きたい専門店。駅から少し離れているのが気がかりでしたが、これなら地元客をがっしりと捉えられると確信の旨さ。塩のレベルが高いと醤油も俄然気になってきたし、寒いうちに味噌もどうなのかと次々気になる。また来ます。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190210145521p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 十条駅東十条駅

赤羽本 (エイムック)

赤羽本 (エイムック)

 
0331-04 埼京線・川越線 快速 (十条?赤羽) 205系

0331-04 埼京線・川越線 快速 (十条?赤羽) 205系

 

 

【今週のラーメン3598】 竹麓輔らーめん創作工房 (東京・中野) 牛塩らーめん 〜淡麗のようで内に秘めたる重厚牛塩感!溢れ出る本気度か!?

5軒のラーメン店がひしめく壮観!本気度感じる殴り込み出店!?
 新宿に野暮用あってのおやつタイム前・・・。どこかで一杯引っ掛けようかと、東口をウロウロとしますが、どうも人混みと行列があって気苦労で疲れますな。最近は、ガイドブックや口コミもより具体的になっているのか、日本のラーメンもインバウンド効果に浴しておるようですよ。人口の減っている国の混雑とはこんなことになるのでしょうな・・・。疲れたから帰る方向の中野へ移動しました。
 

f:id:TOMASSOON:20190210140542j:plain


 
 通し営業で、その気になれば飲めるラーメン店。そして気取らずに済むといえば「中野大勝軒」でしょう。手荷物抱えながら移動しますと、あれれ????見慣れない店が手前にある。以前はうどん屋があった場所で、「武道家」と「大勝軒」に挟まれた場所だから辛いだろうなと思ってたら潰れたんだよな・・・。そしてその後に入ってきたのが、ラーメン店のようだ!!。それが今回の「竹麓輔らーめん創作工房」さん。何と!・・・もっと南側にずれた場所にあると勝手に勘違いしてました。これまた・・・厳しい場所に出店ですな。
 
 
 ここはご挨拶がてら、予定変更でここで食おう!という流れ。最近、流れで食っているケースが多いねオレって。入店するとバリエーションが豊富で驚いた。牛系メインだとは思ってたが、牛スジは想定内としても、「焦がし煮干し」「濃厚味噌」「海老味」など全方位的なラインナップ。それぞれが、汁系とつけ麺系で別れるという凄さだ。またサイドメニューにカレーがあるのか?、入店と同時にカレーに匂いがして、ここは何屋だと内心笑ってしまいましたー。
 
 

 

 
 
<全体&スープ> 熱々スープにゆったり広がる牛エキス!意外にじっとり感じる肉厚塩気!
 
 何を食おうか迷うな・・・・と悩むふりしたが、実は決まってた。おやつ替わりだから一番安いやつ。なので一目で「牛塩らーめん」と決めたのだが・・・よくよく家に帰って写真メモを見たら「焦がし煮干醤油」の方が50円安いのだった(汗)。気がつかなかったな・・・と思い出すのは実食した一杯なのでした。それはこんな麺顔をしてやって参りました!。
 

f:id:TOMASSOON:20190210140606j:plain

 
 
 おおお!なんだか「牛」という響きだけでそのエキス感じる説得力!。非醤油系の清湯ならではの透明感なら、通常はあっさり系と軽く感じてしまうところを、香りにも重厚感覚が滲み出てくるよう!。何たってローストビーフ調な肉のピンク色を見れば、参勤交代の行列にひれ伏す町人風情の心境に近いものを感じまする。ネギは白と緑の二色。肉の色合いとバランス良い色配置に何となくセンスすら覚えます。
 

f:id:TOMASSOON:20190210140611j:plain


 
 大体「牛塩」「牛骨」と名のつくラーメンはそこそこ食った記憶もあるので、実は何となく味予想がついてしまう。そこを一旦リセットして味わい始めますが・・・意外と新鮮な気分!。何がそうさせたかと言えば2つ。まず「熱さ」。結構熱々ぶりが高くて個人的にはいい感じでした。熱いものは熱く!冷たいものは冷たく!例え少々口の中をヤケドさせようとも熱いの大賛成!それでなくとも今は冬なのだから・・・。仕事以外の私生活では白黒つけたがる性格なのであしからず。伝えたいメッセージとか作り手の思いとして、熱さをうけとったオレ。松岡修造の日めくりカレンダー愛好家でございます。
 

f:id:TOMASSOON:20190210140613j:plain

 
 
 そして「塩気」。実は食う前からレビューでは「いい塩梅」「ナイス塩気バランス」などと述べようと形式張った構えで味わったのですが・・・それでは少し無理があろう。結構じっとり感がありました。決して「塩っぺー!」状態ではありません。牛エキスの引っ張り出しに用いた塩気が、少々勢い余った感があったか??というシチュエーション。どこまで伝わるか微妙ですが、旨さと濃ゆさは紙一重・・・・の二歩手前。
 

f:id:TOMASSOON:20190210141840j:plain

 
 
 しかしながら、さすがは「牛」。牛の旨さと、鯛の旨さは、どうしてこんなに心を明るくさせるのか。豚も魚も羊も馬も・・・・旨味は同じ「イノシン酸」に違いないのに、牛だけは濃ゆい色したイノシン酸じゃないのかと思える特別さがありなむ?。
 
 

 

 
 
 
<麺> やや捩れてボコボコフォルムの中加水麺!熱ダレに強く最後までヌツヌツとした歯ごたえ!しっかり腰ツキ
 
 やや塩気が強いだけに、麺がやけに食うのが進む。別に塩気を避けているんじゃなくて、汁を吸い込んだ感じが妙にいつもより食欲を刺激するという感覚。加水はそこそこあって、弾力感じさせるわかりやすい麺。表層のツルツル部分は単に汁に濡れているだけなく、吸い込んでそうなってる感じ。やけに噛むと旨いし唾液腺が緩む・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190210141902j:plain

 
 
 真っ直ぐな感じしないストレート麺。微妙にボコ付いたフォルムが素朴に映えます。微妙に黄色い小麦色に感じさせるのは練り水の反応?。上品な中華麺ですね・・・。そんな上品さが熱々のスープに最後まで耐えられるのかが心配でしたが、決して最後にダレたりしない。麺って「汁を吸い込みきる」「熱で芯がなくなる」この二つの瞬間に、いつも別の顔を示すから、全く飽きずに食べられるんだよな・・・・。後半最後は、完璧に汁吸いきった麺は、炭水化物団子と変わりないはずが、麺だと「啜る」という段階が一つ加わる。なので、食う楽しさが違って見えると思うのですが・・・妄想が過ぎましたか。
 

f:id:TOMASSOON:20190210141915j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> ローストビーフは早々に熱退避もさせて口へと運びあっと言う間にいなくなる(泣)
 
 なかなか考えてくれたな!・・・折り曲げて見た目倍増テクニックとは(笑)!。2枚の肉を折り曲げて4枚に見せてくれる。一休さん顔負けのアイデア(爆)。欲しければ特製か別皿追加注文するしかありませぬ。悔しいのは、この一杯はとても熱いので、熱退避させて肉を後からゆっくり食おうという計算ができなかったこと。早々に前半食い切って、あとは寂しさが残るばかり。いつも側にいて欲しいのは、恋人とチャーシュー。食い切ってしまったのは・・・冗談だったと笑っていたい気分(寂寞)。
 

f:id:TOMASSOON:20190210141852j:plain


 

 

 
 
<薬味ネギ> 意外とねぎ塩感覚で存分に楽しめる後半の味風景
 
 恋人(肉)が過ぎ去った後は、運命のアイテムが待っていた。それは「ねぎ」。・・・・拙ブログでこれまで私の「ネギ好き」はかなり語ってきたつもりで、自称「ねぎ星人」。『GANTZ』で早々に殺される奴とは別です。
 
 
 牛エキスのスープに・・・・ネギが合う!!。しかも白ネギと青ネギがコラボしておる!。旨味とは相乗効果で広がるもの。確かネギは「グルタミン酸」。牛と合う!と思うのは「イノシン酸」に「グルタミン酸」が混じり合うからで、それらの化学反応が、哺乳類サル目(霊長類)ヒト亜科ヒトの脳内麻薬とたらしめているのだろう・・・・。自分はヒトなのか、ねぎ星人なのか、だんだん分からなくなってくる。とにかく美味ければそれで良い。2001年宇宙の旅で舞い上がった骨のシーンは、牛骨だったのかもしれません。
 
 

 

 
 
総じまして「淡麗のようで内に秘めたる重厚牛塩感!溢れ出る本気度か!?」
 
 ・・・という感覚で激戦区に出店の意気込みと個性を感じました。このエリアは、その先に鈴蘭やどさんこもあってスゲー競争が激しい。そして色々入れ替わる場所ですが、しっかりと今度は根付いて欲しいと思います。店箱の活用次第では飲み寄りなスタイルもできそうだし、強みも発揮できますよ。冒頭で妙にカレーに心奪われましたので、腹空かしてそれ狙いたいです。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190210145514p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 中野駅新中野駅東高円寺駅

 

おさんぽっ!!かわいそくん 中野駅周辺

おさんぽっ!!かわいそくん 中野駅周辺

 
JR中央線沿線の不思議と謎 東京近郊編 (じっぴコンパクト新書)
 

 

【今週のラーメン3597】 らーめん香月 五反田店 (東京・大崎広小路) 醤油ラーメン 〜定番に押し寄せる背脂に、一周回った斬新さ覚える定番豚骨醤油!

20年以上ぶりの香月!?
 いやぁ~香月!懐かしい・・・と本当は言いたいのだが、大昔に1度しか行ったことがありません。それもラーメンヲタク覚醒前で、べろべろに寄っていたから尚更記憶がありません。確か、Y君に東京の旨いラーメン紹介してあげるとお引っ張られた記憶。新橋界隈で飲んでて、わざわざ恵比寿まで行って、背脂ギトギトのラーメン食ったのは覚えております。その後解散したのだが、結局渋谷で最終電車が途切れ、当時住んでいた目黒区の下宿まで歩いて帰ったっけ。若いときは本当にエネルギーあったよなー・・・今だったら絶対にできない。
 

f:id:TOMASSOON:20190212123824j:plain

 
 
 で、香月の復活からずいぶんと時間が経って、いつかいつかとズレズレになってた次第ですが、通勤経路の五反田に支店が新規オープンとあっては行かねばなりますまい。一度フライング気味で訪問して開店前にフラれてますからね・・・リベンジも兼ねました。お昼休みのピークしか都合が合わなくて・・・行列だったら「いし井」に回避だとリスクヘッジも考えておりましたが、案外肩透かしでピークなのにすぐに座れました。ちょっと不安にもなりますが、これから徐々に知れ渡ると思います。
 

f:id:TOMASSOON:20190212121016j:plain


 
 久しぶりだから、デフォルトの醤油を食うつもりだったが、まだ開店直後で様子見なのか、醤油一本での営業です。トッピングはいろいろあるんだけどね・・・・デフォルトで850円でしたので、ちょっと気持ちが怯んでしまった・・・・。今回は醤油ラーメン、オリジナル一本勝負といきましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20190212123716j:plain

 
 
 
  
<全体&スープ> デカ丼を背脂で埋め尽くすコク深さ!塩気やや強めのエッジング
 
 しかし・・・・やはり座って待っていると、昔紹介してくれたY君を思い出すなー。嫁さんも実は知ってて実に気持ち良いカップルだったのだが、オレが独身貴族貫いてたからすっかり疎遠になってしまった。会社も変わってぷっつりだが、ときどきfacebookなど検索してはその後を確認したりしてます。待つ間暇だったから、また検索したが該当者ひっかからず。溜息混じりなタイミングで、ちょうど配膳となりました。それがこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20190212120351j:plain

 
 
 おおお!全然覚えてないから遭遇が新鮮!こんなにデカかったんだ・・・丼が。若いころは今よりはるかに大食いだったからか、そんなことも忘れているオレ。しかし背脂は浮きっぷりは見事で、これだよこれ!!まだ東京で生活することがキラキラ見えてたころ、背脂もキラキラとして見えたのだった。麺も具材もほとんどスープと背脂の下に埋没しており、それ以上の麺顔イメージが湧かん。早速実食に気持ちが逸ります。
 

f:id:TOMASSOON:20190212123730j:plain

 
 
 レンゲなどしゃらくせー・・・当時の食欲を真似して、まずは丼直にクチ付けてスープを味わいます。おおお・・・口のなかに背脂が流れ込み、円やかの脂でイメージ染まるかと思いきや・・・・結構塩気の方がアピールするのね。背脂の円やかさが先だと記憶してたんだが、ほんとに曖昧なもんです。東京の西エリアでよく見かける「東京豚骨醤油」系を少し彷彿とさせながら、塩独特のミネラル感と同時に、調味料の片りんも楽しく味わう。
 

f:id:TOMASSOON:20190212123743j:plain


 
 落ち着いてスープを眺めると、確かに穏やかな醤油ブラウンではありますね。しかし醤油の醸造感は低く、ひたすら塩気のバックアップというイメージ。これ全部飲み干すと後から喉乾くこと必定です。それを分かってるのに、こんなに大きい丼なのに、グイグイと飲み続けてしまうのは「ハマる」と言う感覚か?。一種麻薬めいた魔力も感じます。結局、背脂の円やかさが呼び水となって完飲。身体健やか茶ダブルをこのあとがぶ飲みです(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20190212121119j:plain

 
 
 
 
<麺> ほんのりとクシクシ感あり!スープのパンチを受け止めつつ軽く伝える風味感!
 
 何も背脂だけが塩気を受け止めたわけじゃなく、麺の風味感もその役割をしっかりと果たしております。丼が大きいため麺が少なく見えますが、しっかりと160g程度はありましょうか。食べ応えがあるストレート細麺でした。加水は高くはありませんがほどほどのレベル。汁を吸い込む部分あっても、風味を伝えるクシクシとした歯応えが印象的です。ちゅるちゅると舐めるようなスベリではなく、ズボッと多めに啜ってから噛み締めて味わいたいイメージの麺。こういうの好きだな・・・・昼飯って感じがするし!。
 

f:id:TOMASSOON:20190212121044j:plain

 
 
 前半は麺の隙間に背脂も挟まったりして、クシクシと味わいますが、さすがに後半の最後になると汁と溶けた背脂を吸い込みます。エンディングでしなやかなスベリ感覚を味わいますが、大盛だとこの感覚が続くってわけね。このスープ感なら汁吸い込んだあと、どこまでもチュルチュルと啜り味わいたい気もしますね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190212121058j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 王道中の王道!とも言える豚バラロール肉がやっぱり安寧の旨さ!
 
 このばら肉ロールが、私の若いリーマン時代をささえたチャーシューイメージ。今にして思えば渦巻文様を丼に並べてみたかった・・・。まさに王道中の王道のラーメンチャーシューイメージ。もはやチャーシューのアイコンのように思えます。肉身と脂身の層の分かれ目が明確で、巻き巻きロール。箸で気を使って崩さないようにするが、やはり柔らかさのあまり、自重で崩れる。スープの塩気よりも穏やかなフィーリングで、背脂よりも甘い脂身の味がナイス。飯にも合いそうだが・・・やはりここは麺を巻いて一緒に食らうのが旨そうです!やはり、 王道中の王道!とも言える豚バラロール肉がやっぱり安寧の旨さ!
 

f:id:TOMASSOON:20190212121030j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 塩気の中に箸休め的に休まる円やかな甘みがナイス!
 
 デフォルトでハーフでも入ってくれると本当に嬉しい!。全体的に塩気が勝っていたので今回は、箸休め的に感じて一層嬉しい。出汁が浸透して熟成した感じがあり、甘味を醸し出すタイプ。ところで味玉は+100円なんだけど・・・追加すると、ハーフ味玉が3つ並ぶんでしょうかね。それともホール+ハーフで??。次回は試さないとイケなくなった(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20190212121143j:plain

 
 
 
 
総じまして「定番に押し寄せる背脂に、一周回った斬新さ覚える定番豚骨醤油!」
 
 ・・・と言う捻りない感想でゴメンちゃい。昔東京で寂しくしてたころの友情の一杯「香月」。味覚えてないけど妙に懐かしさを感じて味わいました。いっしょに食った彼は今でも元気でラーメン食ってるんだろか。オレがこんなラヲタになってるって知ったら腰抜かすかもしれないね(爆)。いつかどこかで再会したいもんです。この広い東京の空の下、かならずどこかでヤツも食ってるはず。お互いがんばろう!って英気を感じながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190212130549p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

…Mellow。うっとり背脂

…Mellow。うっとり背脂

 
日清ラ王 背脂コク醤油 115g×3個

日清ラ王 背脂コク醤油 115g×3個

 

 

【今週のラーメン3595】 中華そば みたか (東京・三鷹) ワンタンメン+キリンラガービール小瓶 〜偉大なるB級プレゼンス!オレ的ミシュラン級なる一杯!

1日の締めくくりに沁み入る最高なるB級!最高の癒し!!
 今年2月になって・・・「みたか」初詣でとなってしまった(汗)。色々と体調崩したり、スランプあったり、仕事でやさぐれたり(いつもだが)、タイミングを逸してしまいました。急にそう言えば食ってないと気がつき、そわそわし出しましたので、とある平日夜に訪問してみました。
 

f:id:TOMASSOON:20190208202657j:plain

 
 
 もう語り尽くした感のあるこの店とそのラーメン達。想いは以下にまとめてありますので、もし暇な方あればご参考までに・・・
 

 

 ともあれ、私にとっては最高の癒しのスポットに他ならず。今日もふらふらときてしまいました。
 
 

 

 
 
ちょっと酒控えめに・・・小瓶でいこう!キリンラガービール
 
 もうココに来て、ビールなしでは居られない。しかし、ちょっと今年になって酒を控えようと言う目標も立てたため、今回は「小瓶」とさせていただきましょう。・・・これってちょっとした勇気の決断だったりする(爆)。
 

f:id:TOMASSOON:20190208202806j:plain


 
 週末にもなるとラーメン食わず、この瓶ビールとチャーシュー目当てにゆったり過ごす常連さん多し!。とってもわかる気がする。特等席があるとしたら、一番左端の席。L字になってるが冷蔵庫の隙間となって、非常に狭苦しいんだが、一旦座ると居心地よい。お店では「1番」と呼ばれてます。猫が狭いところに入りたがるのが分かる気がする。今回はここをゲットした方が相当ツワモノで、中瓶3本空き瓶並べて、iPAD広げて録画のゴルフチャンネル観ておられました〜。ほぼ自分の部屋感覚で羨ましいー。
 
 

 

 
 
<全体&スープ> 化調ばかりに気が行くが〜実はふんだんに昆布と野菜が効いた出汁!
 
 ちくしょう・・・羨ましすぎる中年サラリーマンだぜ!。と悔しがってたら配膳完了。今回は定番のワンタンメン。もう驚きも何もないのですが、やはり久しぶりに観ると充実します。もしも、「中華そば みたか」に初訪問だとしたら、オレはこれを勧めるだろう。麺もスープも特徴的ですが、昭和のワンタンをこれほど堂々と出している店は、早々はありませんから。
 

f:id:TOMASSOON:20190208184714j:plain


 
 さてスープですが、調理過程が丸見えで、白い粉をパパパっと入れるのが目に焼きつきがちなんだが・・・実は、ヘルシーなスープなんだぜ!。時々、スープの入れ替えタイミングなんかに遭遇すると、中の香味具材がよく分かります。これ相当な量の昆布から出汁とってますぜ。引き上げたらトロトロ。コンビニのおでんの比ではありません。また玉ねぎ・キャベツ・にんじん等がゴロゴロ・・・・。醤油と豚ガラのさっぱりスープのようですが、実はこういった優しい味わいに支えられとるんですわー。
 

f:id:TOMASSOON:20190208190109j:plain

 
 
 
 
<麺> 今日も健在!蕎麦ライク麺!写真だと本当に伝わんから来て!見て!食って!
 
 スマホだと、妙にスッキリ写ってしまうんですが、実物はもっと蕎麦ライクなもの。褐色はもう少し濃い感じがします。モチモチさは低く、プッツリプツプツとした切れ味が印象的。そして汁は吸い込みやすいはずなのに、熱ダレせず、いつまでもプツプツクシクシとした感触で食えます。スープのあっさりさが印象的でファンになる人。唯一無二の蕎麦ライクな麺に魅了されてファンになる人。常連にとっては、その両方か豚肉トッピングの方なのか・・・。「中華そば みたか」の個性を決定づけるインパクトは、麺の方が強いと思われます。まあ一度くらい、来て!見て!食って!
 

f:id:TOMASSOON:20190208190053j:plain

 
 
 
 
<ワンタン> 個数じゃなく枚数で数えるのがイメージ!
 
 本当に豆粒程度の肉餡。そしてビロビロビロ〜〜〜ンと皮が揺らめきます。ワンタンいくつ?と言うより「何枚?」と捉えた方がよろしい。感覚的には6枚程度かと。ワンタン達が仲が良すぎて絡み合い、一体化してるので数えるのが面倒だし、難しかったです。まま、汁を完璧に吸い込んだ味わいと、チュルチュルっと滑る感覚を楽しむのみ。腹を満たすアイテムじゃない気がする。だが・・・ちゅるっとした感触はなぜかご馳走的な興奮を覚えてしまいますねー・・・・昭和生まれのオッさんとしてはたまらん!。
 

f:id:TOMASSOON:20190208190209j:plain

 
 
 
 
総じまして「偉大なるB級プレゼンス!オレ的ミシュラン級なる一杯!」
 
 ・・・としか言いようがございません。もはやファンと言うより、信者化しておるかも^_^。今回はうだうだと、ラーメン以外に感覚的なことを述べましたがあしからず。日頃常連ばかりですが、B級グルメデートでも使ってくだいまし。すごくハートフルに接してくれるスタフばかりですからご安心!。ワンタンメンよろしく!。自称宣伝部長の役目終えたところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190208213229p:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

【今週のラーメン3593】 中華ソバ ちゃるめ (東京・糀谷) 特製中華ソバ 〜新規開店なれどいきなり玄人好みのニューフェイス!一駅くらい寄り道ちゃう!

いきなりの実力店舗がまた今日も〜! 環八沿い糀谷にハートフルな良店!
 まだまだ寒いけど・・・季節は春にゆっくりと向かっているのか、季節変わり目のような重たい眠たさが、なかなか抜けない。そんな感じで毎日、ぼーっと生きてるオレ。流石に出勤途中の電車内で、新聞や経済紙など読む気にならず、ひたすらつり革と空き座席気配に神経を使う・・・・ただの日常一般人です。しかし、必ずどんな時でも目を通すのが「ラーメンデータべース」と「食べログ」。ビジネスマンの矜持すら放棄しきってますな(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131914j:plain

 
 
 そんあ怠惰な気分を一気に覚めさせるのが新店舗情報。都内でも城南エリアの新店舗情報には敏感にならざるを得ません。そんな感じで情報キャッチのこちら「中華ソバ ちゃるめ」さん。糀谷駅界隈に新規開店ですが、「糀谷?」と言われてピントこない。蒲田乗り換えで京急空港線の各駅停車駅でございますよ。蒲田と言っても京急蒲田」界隈は空港の雰囲気が少し感じられるのがいいですな。丁度、糀谷駅で乗車すれ違いで、あきらかにCA(キャビンアテンダント)風のお姉さまとすれ違いますが(黒いコロコロ荷物とアップの髪型、そして黒ストッキング)、日ごろの中央線や南武線ではありえないシチュエーションです。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131843j:plain

 
 
 ここはCAの根城なのか?と思って駅前に出てみると、とんでもない・・・全然大田区の和み感。ズドンと環八が突き抜けて冷たい風を運ぶそばに、糀谷商店街が息づいております。きっと夕方以降の方が楽しいに違いない~そんな雰囲気。商店街には入らずに、少し環八沿いにズレて数分もしないうちに、今回の目的地「ちゃるめ」さんがあります。開店祝いの花々が所せまし!。どんなお店から贈られたのか~なんて気になります。ネットではご出身店は内緒とあったので、気になった次第。直接聞くのも野暮ったいし、人見知りタイプなオレですし、贈った花々のお店とかご店主御尊顔などで想像しますが、思い当たりませんでした(爆)。しかし先客の方々は目にしたことあるHNの方もおれれて大体さっしがついてたみたいです。さすが!。
 
 

 

 
 
<全体&スープ> 日常的和やかさの中に少し滲んだコンテンポラリー!毎日食える和みの味わい!
 
 その先客方々は、やがて「ごちそうさま」と親し気に語った後、何やら小さい正方形状のものを、食べ終わった丼と同時にお出しになってた。初めて見たのですが、これがラヲタシールのやりとりなんですかねー。今更理解しましたよ(汗)。実は今まで、他人の店券売機に、客とは言え勝手にシールを張り付けて帰ってゆく輩とは・・・・無礼な奴だ!などと、思ってたオレ。なるほどねぇ・・・、オレの場合は「お前誰やねん!」と言われそうで、作るの止めときますがー・・・。一つ謎が解けた喜びに浸っていたところで、丁度配膳となりました。今回はお祝いも込めて「特製」とさせてもらいました。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20190208125947j:plain

 
 
 おおお!これは昨日今日修行明けというレベルではない、完成度の深さがいきなり!。特製とは言え、フツーの醤油ラーメンがここまで隙が無い感覚がすごいね。そしてスープの醤油ブラウンがとても透明感あって、香味油も少し粒子漂っていて個性的。肉感や味玉の明るさは申し分なく、そして海苔の逞しい凛々しさがなんとも旨そうでなりませんよ!。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131859j:plain

 
 
 これは食う前から「当たり!」って予感。その感覚でレンゲで最初の一口目は慎重に味わいます。これが期待通り!円やかな醤油のエッジングには、塩気も感じさせますが円やかな甘みを肉厚に感じさせます。醤油が甘いのではなく、ベースの鶏ガラエキス感がいいまとめをしていると思えます。節など魚介の甘味も感じますし、昆布や野菜などの滋味もあることでしょう。ただ、「あまり化粧をしすぎない」控えめなところがあり、素朴さとコンテンポラリーの中間にあるような味風景。ネットでは「毎日食べても飽きない」「地元に根ずく」などキーワードがあった記憶ですが、それらは忠実に味表現されていると思えます。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131040j:plain

 
 
 確かに鶏ガラ系の清湯の旨い中華そば・・・と片づけられるかもしれない。しかし私は「香味油」がとても気に入ったし、いい全体まとめをしていると感じました。「焦がし葱油」が利かせてあります。この焦がしネギが、非常に香ばしい風合いをあたえ、そして葱特有の甘味も深く感じさせる。素朴で押し切っても良かった気がするが、この香味油の色気なら、しつこくもなくナチュラルな色気として邪魔しないどころか、ベーススープを盛り立てます。 
 

f:id:TOMASSOON:20190208131147j:plain

 
 
 
 
<麺> 中野製麺:スパスパと切れ込み易く、汁の浸透許す割には風味が持続のストレート細麺!
 
 贈られた花の中に「中野製麺」とあったのでこちらの麺をお使いでしょう。まさか東京の中野区の中野??とおもってググってみたら「盛岡冷麺」のお店なのね!!・・つまり岩手県製麺所。こだわるねぇ~。冷麺っぽさは微塵もないのであしからず。ただ、スパスパと前歯の切れ込みが小気味良いのが好印象で、密度感が低め。すこし風味を感じる麺であとから汁を吸いこみ易いだろうな・・・と予測しながら食い進めました。とこころが、汁を吸い切る時間経過のあともなかなか風味が持続するようなイメージを残す優れもの。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131159j:plain

 
 
 形状はストレート細麺ですが、別にボコボコとしているわけでもないが、そんなにキッパリと凛々しくストレートを保っているわけでもなさそう。切り口を見ると多少の長方形な部分も残し、そこが素朴な風合いを少しのこしているのでしょう。シットリと腰砕け的にしなやかになる風でもなく汁の持ち上げはそこそこ。ただその濡れた感じを、スパスパと切って噛み潰してゆくときに、風合いがまだ残るんでしょうかね。これはかなり私の中では「好みな細麺」。ちょっと中野製麺は覚えておこうかしらん。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131214j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> さすが特製!とは言え3種のチャーシューは天晴れ×2!
 
 最近のラーメン屋さんは、フツーで2種の肉を供してくるからねー・・・本当にレベルがあがったと感じる部分です。さてこちらは、デフォはまだ未食ですが特製になりますと、3種で4枚付きます。「豚バラロール×2」「鶏胸肉×1」「豚肩ロース×1」。オレが好きで思いつく肉全部やん!。もしもここに鴨肉が一切れでもあったなら、盆と正月が同時に来たような感じでしょうか。その一歩手前。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131124j:plain


 
 まず熱の入りが入って変化しやすい肩ロースからいただきますが、まったく塩気を感じさせないのに旨みありとうズルい味。スープ熱でやや脂が蕩けつつあるところを口の中の熱と咀嚼で、一気に唾液に絡ませて味わいましょう。それこそ無限大で食える。そして鶏胸肉については、一転してスープに沈めて吸わせてから食いましょう。元々の鶏肉味ありますが淡泊なのでジューシーに吸わせた方が旨いはず。意識しなくても自然と身体と箸が動いてそうしているオレ・・・・。そして最後に豚バラ肉。標準サイズの面積と厚みですが、2枚あるから嬉しいじゃないか!。わりと薄い醤油味付けで、豚肉本来の脂味がナイス。3種の中では唯一白飯に合うタイプの味わいで、ほっこり度合いでは一番いいかも。
 
 

 

 
 
<他具材> メンマは下味しっかりして風味良し!そして海苔が異様に風味よく肉厚歯応えで旨いのだ!!
 
 普段ならスルーするところだが・・・・他のパーツも見逃せずうまし。メンマは少し深めの醤油浸透を感じながらも、見た目よりはあっさり。冷酒か熱燗でくいくい一緒に食いたい味わいでナイス。そしてもっと唸るのは海苔!。大判×肉厚×3枚。その肉厚ハードぶりはスープに沈めても全く溶ける気配どころか、水分を弾いているのではないかという感じ。そして濡れた感じでもクチに含むとパリパリと鳴る。そしてフレッシュかつ肉厚な海苔風味を発するのだから・・・・家系真っ青ないい海苔!。のり増しは100円。これは激しくおススメかも!。
 
 

 

 
 
<味玉にハズレなし!> ナチュラルな玉子味堪能の芳醇さ・・・そんな塩味風で旨し!
 
 そして味玉。明るい色合いから塩味玉風に見えます。醤油系の深みは低く、白身を味わえばほぼ塩味玉な雰囲気。卵黄はしっかりと熟成したトロミがあり、卵独特なマチュアな甘みを感じさせます。では甘いのかと言えば塩気の方が勝っている感じで、これが私の好み!。塩中華ソバの中で食うともっと塩気が映える味になるのか・・・・興味が尽きない。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20190208131057j:plain


 
 
 
総じまして「新規開店なれどいきなり玄人好みのニューフェイス!一駅くらい寄り道ちゃう!」
 
 ・・・と言う好印象。もう早速次の機会を狙っているオレです。次回は塩系のつもり。そしてまだ食ってないトッピング「わんたん」をゲットしたいと思っております。そろそろ新規開店と味レベルがヲタクの皆さまにも知れ渡る頃合いなので、これからが開店フィーバーの始まりか?。蒲田から一駅寄り道・・・増えそうな予感です。そんな応援気分高めながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190208141634p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 糀谷駅大鳥居駅京急蒲田駅

#426 糀谷「万福食堂」

#426 糀谷「万福食堂」

 
大田区の法則 (リンダブックス)

大田区の法則 (リンダブックス)

 
大田区あるある

大田区あるある

  • 作者: 東京23区あるある研究所,にゃほこ
  • 出版社/メーカー: TOブックス
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

【今週のラーメン3592】 中華そば もり川 (川崎・新丸子) 中華そば 豆乳+野菜盛り 〜ヘルシーさ溢れるストレスフリーなのんびり中華そば!和み度合いナンバーワン!

まさに毎日でも食続けられる・・・日常的あっさり中華そばならココ!
 どうも体調的にも、仕事的にも、ラーメン的にもスランプ・・・・やる気が起きない~。ドリンク剤飲んだり、どうしても抜けれない業務に絞ったり、麺類もうどんに変更したりしてやり過ごすこの頃が多いです。そんな中、東横線を使って都内へと急ぎますが、どこかさっぱりと食えるもんないかと画策。そして思いついたのが、新丸子駅から数分の「中華そば もり川」さんです。
 

f:id:TOMASSOON:20190205131332j:plain

 
 
 現時点で私の中では「まさに毎日でも食続けられる・・・日常的あっさり中華そばならココ!」と申しておきましょう。淡麗系のあっさりでなく、ハートフルでどこかしら日常なじみ深いあっさり系の店。御出汁のような穏やかさを保ちつつ、日常ラーメン的そこそこ感のバランスが非常に良い店です。
 

f:id:TOMASSOON:20190205131004j:plain

 
 
 ただいつも昼飯時のいい時間帯に訪問しているのだが、客入りがそう混んでもいない。だからまた個人的には利用しやすく、居心地がとても良いのだが、そこそこ継続的に流行ってもわらんと、せっかくのマイ止まり木的なラーメンスポットが失せてしまう。そんな部分もあって、定点観測はつづけていこうと思っているし、そこそこ広めたいかなと宣伝役もしてゆかねばと感じている。何気にちょっとファンになっとるわけです。 
 

f:id:TOMASSOON:20190205131014j:plain

 
 
 
 
<全体&スープ> 本当に嫌味のないベースストックにあっさり溶け込む豆乳!さっぱり塩気が生き生き!
 
 今回も相変わらず混んでおらず、先客2名という悠々たる雰囲気がいい感じ。ご店主の愛想もいいし、女性スタフなのか奥様なのか不明ですが、接客もハートフルです。もう心からさっぱりしたいものを食いたいと思ってたから「塩」を食おうと思っていたのだが、なんと「豆乳」という限定スープがあるではないか!。こちらのデフォルトは650円というリーズナブル設定なので、多少のことでは揺るぎませんが、豆乳は680円という心憎い価格。ヘルシーな気もするし・・・・ここはまんまとご店主の罠に、前のめりでハマってしまいましょう!。そんな自律のないまま、受け取ったのがこの麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20190205122217j:plain


 
 おおお!想像以上にホワイティ―だったのね!。もっと豆乳こってりな大豆感があると想像してたんだが、カルピス程度のサラサラさがむしろ体調的には有難いかも。そして今回は野菜不足を補おうと野菜盛りとしましたが、これがまた具だくさんで、白いスープに乗っかって彩りを与えて旨そう。こちらは野菜盛りがコスパ高いのでおススメなのです。
 

f:id:TOMASSOON:20190205122221j:plain

 
 
 さてそのスープだが、豆乳は多少ミルキーィな雰囲気を呈する感じでかなり穏やか。豆の味がすることはなく、香る程度のさっぱりさが印象的。こちらで好きな「中華そば 塩」と同系統の味わいで、優しい鶏ガラ豚肉の煮出しに支えられた、乾物と野菜の煮出し感ががいい感じで広がる。やさしい味わいで、いくらでも啜り味わい続けられるので、カロリーゼロかと思うほどです。
 

f:id:TOMASSOON:20190205131250j:plain


 
 豆乳エキスが溶けているからだろうか、塩気が薄くもなくさらにマイルド。そして更に野菜盛りトッピングの汁やエキスが滲んでくるから、余計にさっぱりと優しい味わいになってます。なので塩気の中に甘味を保つ感覚でグビグビといけてしまう。毎日でも食える豆乳中華蕎麦仕立てですな。
 

f:id:TOMASSOON:20190205130216j:plain

 
 
 
 
<薬味> 自家製辛味の味変が楽しい!一気にご飯に合う仕上がりになるね!
 
 後で写真メモを整理して知ったのだけど、ワンタンに合うスープだそうだ(見逃して悔しい)。さてそんな中、テーブルセットにいつもとは違うのを発見。お店自家製の辛味ってまえからあったっけ?。店のうんちくにようると、これを溶かすと面白いとのこと。
 

f:id:TOMASSOON:20190205131026j:plain

 
 
 つられて後半にほんの3滴ほど垂らしたんだが、これが白地に赤辛味がさすと、一気に拡散しだします。スープ全体の色が変わるまではいかなくとも、味のエッジングはかなり豹変して「分厚い旨み」と変化。チリっとした辛味が全体に散りますが、刺激与えるまではいかず。程よい香味として漂い、投入のまったり感に飲み込まれてゆく感じです。これで一気に白ご飯に合う味わいに変化し、体調良ければ追加で欲していたかもしれないです。
 

f:id:TOMASSOON:20190205130253j:plain

 
 
 
 
<麺> 加水高めで引き締まりの強い縮れ細麺!汁を吸い込んでも歯応え強めで快感!
 
 こちらの麺は、練り水利いた感じがする、少し黄色い感じがする細縮れ麺。昔子供のころ食った、味噌ラーメンで出会ったような麺で、うちの親父が好きそうな質感ですな。少しボソボソとしていると感じつつも、スパスパと明るい持ち味を感じさせ、歯応えの明確さからライトなイメージです。しかし具材などをいろいろ絡ませてくるので、妙に食べ応えを感じさせる。特にモヤシとの絡みつきが非常によろしく、まるでタンメンでも食っているのかと思わせる食感を楽しませてくれます。
 

f:id:TOMASSOON:20190205130227j:plain


 
 またスープがサラサラ系ですが、濡れる程度で前のめりに汁を吸い込むことは低そう。濡れた部分と麺の風合いだけでも、咀嚼で旨味をしっかりと味わえます。のど越し感にしっかりとシルエットを感じさせるタイプですが、実は奥歯でしっかりと噛み潰した方が旨みが伝わるタイプ。モヤシに限らず、いろんな具材と絡ませて食らう、調理用ラーメンにも適した麺だと思えてなりません。なので、この店では必ず野菜系のトッピングを追加投入するのオレです。
 

f:id:TOMASSOON:20190205130236j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> デフォルトでハーフ味玉が嬉しい!塩ダレ系で全体&スープにマッチ!>
 
 リーズナブルな価格設定なのに、味玉ハーフがしっかりと付きます。この心意気が実に嬉しい。しかも安っぽくない塩ダレけいの味玉。このタレ系は卵本来の味がしっかりと感じられうので好きなんですよねー。白身だって滑らかで馴染みある味だし、卵黄至っては塩味の中に熟成の円やかさなど感じられて・・・たまらん!。ついつい半分で満足してしまうので、いつかは丸ごと一個頂くことといたしましょう!。なぜ躊躇しているのかというと、あとハーフ追加で+60円。それと同金額でキクラゲ増量できるから・・・。難しい選択だな・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190205131322j:plain

 
 
 
 
<野菜盛り> もやし&キャベツに止まらず・・・・嬉しいキャラクターの豊富さ
 
 野菜盛りは+120円。もやしとキャベツだけならよくあるパターンだが、ここにキクラゲと青菜、そして九条ネギが加わる。もやしは上述の通り、麺と絡み合って旨しだがキャベツは汁に溶けて出汁として旨し。キクラゲとネギは・・・やはり麺と絡めて食う。モヤシのシャキシャキ!キクラゲのゴリゴリ!麺のクシクシ!ネギのザクザク!それらが一体となって押し寄せて、野菜の甘さだけで麺が旨い。その上豆乳のコクと塩スープのコクが一体化を成すので更に旨い。
 

f:id:TOMASSOON:20190205131311j:plain

 
 
 丼の隅にサイコロカットのチャーシューが存在。これはあまり全体に絡んだりしなかったけど、スープの具材として一緒に味わいました。豆乳スープに、チャーシューの醤油ダレとその豚エキスが絡むと、不思議と豚骨風な味わいになるのね。少しびっくりしたかも。豆乳スープもやりようによっては豚骨に寄せることができるかもしれない。ちょっといつか肉増しでもう一度確かめてみたいかも。
 

f:id:TOMASSOON:20190205131301j:plain

 
 
 
 
総じまして「ヘルシーさ溢れるストレスフリーなのんびり中華そば!和み度合いナンバーワン!」
 
 ・・・と言う感覚でしょうか。疲れてヘタた身体でしたが、するすると抵抗なく食えて気が付いたら完飲完食。不思議とそのあとは体が軽くなった気がして、午後の仕事に集中できました。何気にヘルシーさと活力を補給してくれた一杯に感謝。また確実に寄らせていただきます。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190205134648p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 新丸子駅武蔵小杉駅向河原駅

 

【今週のラーメン3591】 らぁ麺 いしばし (東京・阿佐ヶ谷) 味玉醤油らぁ麺 〜イエロー味玉はもはや店のシンボル!勢いづく地元密着型エンタテイメントらぁ麺!

盛況続く好スタート!
 平日の疲れが一気に出て、快晴の休日だと言うのに・・・遠征をしてまでラーメン活動をする元気がない。そんな状況なので、新規店舗開拓などは諦めて、地元中央線沿線の応援すべき店を回ってみようと感じ、かなり遅めで行動開始です。ほとんどおやつタイムに近かったので・・・通し営業の店に行こう。それなら「阿佐ヶ谷」がオススメ。「箸とレンゲ」「バラそば屋」「ソルト」「味丸」「ホープ軒」など半径100mで確実にゲットできますから。そんな中、少し南側に移動しますが「らぁ麺 いしばし」へ。こちらもニューフェイスながらも通し営業です。
 

f:id:TOMASSOON:20190202150220j:plain

 
 
 この店で是非確認したいことがあったのです。
一つ目は「醤油味を確かめる」こと。塩が好印象だったのでその続きで。
二つ目は、「黄色い味玉の正体」。何が黄色くさせているのか。
三つ目は、「反り返った丼でスープを飲み干ることができるのか」。
全く・・・何にこだわり、引っかかっているオレなのか(汗)。
 

f:id:TOMASSOON:20190202142629j:plain

 
 
 誠に中途半端な時間なので、すんなりと食えるだろうと思いきや・・・甘かった。盛況満席!。店内待ち状態で、あと客も続々。パール商店街の駅からかなり奥に当たりますが、ちょっと開けた位置で、スーパーのピーコックのそばだから、人目が多い。家族客が多くなかなか盛況です。接客サービスもいいし、いい店だとは思ってたが、すでにかなり地元に密着しており、ロケットスタートって感じでした!。やるねぇー。
 

f:id:TOMASSOON:20190202150101j:plain

 
 
 
 
<全体&スープ> 丸鶏エキスと言うよりも〜鶏節で和風を感じる淡麗感!?
 
 店内で待たされたけど、立っているとこれはこれで厨房の中が良く観察できて良かったわ。特に、メイン寸胴はよく見えて、これは旨そうだった。香草も少し揉み込んだか?オーブンで軽く炙ったような丸鶏と、ももなどをはじめとする部位がじっくりと煮込まれている。これが実にゆったりとクツクツと柔らかく煮込まれており、表層の脂を見てもとても綺麗・・・・。もうこの時点で旨いの確実!。すっかり脳裏に刷り込まれてしまい、順番を呼ばれて座ってからもそわそわ状態です。そして運ばれて来たのがこの麺顔。いざ・・・・対峙!。
 

f:id:TOMASSOON:20190202143747j:plain

 
 
 おおお!相変わらず丼のデカさよ!!。写真に収めてしまうと麺顔面積が相対比較で小さく見えるが、実は各種具材とスープと麺の密集感がすごくて、迫力この上ない。しかもスープ・麺・各種トッピングとも、質感に隙がなく崇高感の塊って感じ。特に薄ピンクの鶏ムネ肉の艶かしさと、イエロー味玉の存在感は、この店らしさを物語ります。
 
 

f:id:TOMASSOON:20190202143750j:plain

 
 さて早速、一つ目のミッション「醤油味を確かめよう」。これは辛抱たまらず、まずはレンゲでスープを頂こう!。ずずずっと少々下品な音が立ってしまったが・・・・これ実は味が意外。厨房内にある寸胴は何だったのだろうと思えるほど「スッキリ」「さっぱり」感覚が広がります。確かに鶏の出汁感覚なのだが、鶏節メインで旨味を引き出した淡麗な感覚・・・・しかも「和風」とすら覚える。鶏の滋味は確かに感じるが、脂分がこれほど少ないのは意外でした。何でも鶏油プラスの一辺倒だと、差別化になりませんし、これは戦略なのか・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190202143752j:plain

 
 
 そしてこれは先日食った塩よりは淡麗だぞ。こんな事ってあるんだよな・・・と思いつつ、先に少し寸胴の中身を見てしまったから、妙な肩透かし感を感じたかもしれません。ここからは妄想ですが・・・取扱注意で誹謗のつもりはありません。弘法も筆の誤りか??と少し穿った考えが湧いてしまった弱いオレ。香味油の足し忘れがなかったか??。他のレビュアー諸兄はどんなイメージだったのだろうと、後追いで比較して根拠なく思っただけ。しかし、味は薄くないし、塩気もしっかりあった。醤油の本質的なカエシの部分とも思え、不満はないのであしからず。
 

f:id:TOMASSOON:20190202144850j:plain

 
 
 さて次に二つ目の気になってたポイント「スープの飲み干し方」です。極端に反り返っている丼の縁に「口を当てるのではなく、口を二の字に横に広げて、丼の縁(はね)を奥歯が接するくらい噛み気分で当てて」みました。それで黒田節を舞うように丼を上に上に・・・ゆっくりと。完璧に飲み干せました!。
 
 

 

 
 
<麺> しっとりと粉の風味を感じさせるような崇高さ感じるストレート麺!
 
 接客よし!店箱よし!味よし!営業時間便利!といいことづくめなこのお店。特に味よし!の部分では「麺が旨い」という点で私は高評価しております。実はこの麺なら、つけ麺で食ってみたいと思ったほど。上述の丼ポイントが気になってなかったら確実にそしてた。
 

f:id:TOMASSOON:20190202144812j:plain


 
 全粒が打ち込んであるので錯覚的に風味を感じているのかもしれない??。いやいや・・・面白いのは、麺が汁を吸い込んでからも、まだ風味を楽しませてくれてるイメージがあって、そこが好き。全体的に白い地肌でパツパツしているでもなく、しっとりしてる。スープを吸い込んでいるようで、滑らかな滑りが見て取れるのに、ざらつきないのに風味を感じるとはどういうことだ!。おやつタイムじゃなかったら、確実に大盛気分です。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> 低温と高温の二種合わせ技が面白い鶏肉チャーシュー
 
 こちらはチャーシューは全て「鶏肉」のようです。前回の塩でも語りましたが、低温調理の鶏胸肉と、オーブンで焦げ目香ばしい鶏モモ肉。フツーに考えると鶏胸肉に軍配が上がりそうですが、個人的にはモモ肉がたまらん。あの焦げた皮部分が旨い。香ばしい。皮は焦げているのに、下の身はツルツルとしてて柔らかい。脂身のうまさも浸透しており、酒にも合うし白飯にも合いそうだ。これは早く、体調を整えて夜の部に来て酒と合わせたい次第。
 

f:id:TOMASSOON:20190202150158j:plain

 
 
 ところでいきなりメンマが今回はフツーに感じた。前回はたまたま神メンマだったのか・・・。厨房の中ではメンマ製造工程もしっかり見えて、これが実に旨そうだったのにね。また隣客の餃子がめちゃうまそう!。一個あたり100円相当だったので尻込みしてしまったが、値ごろ感はありありみたい。やはり夜がいいかもね。さらに・・・茶漬けで締めることもできる。すげー・・・・サイドメニューの充実ぶり!。
 
 

 

 
 
<味玉にハズレなし!> クチナシ天然素材のイエロー浸透!風味すら移すあっさり味玉!
 
 最後に三つ目に確かめたかった「味玉の黄色の正体」ですが、「クチナシ」でした。厨房の外側にどうぞ見てください的に大型タッパが置いてあった。乾燥したクチナシが漬け込みタレでふやけている様子が分かると思います。そうやって知ってて味を確かめると、クチナシの風合いも少し味として感じ取れることがわかるから不思議。味覚というのは「目からの情報」がかなり占めているという説を以前読んだことがありますが、これが今深く理解できましたよ・・・。やはり見ないで本物の旨いものを答えられるGaktは偉いね。
 

f:id:TOMASSOON:20190202142626j:plain

 
 クチナシ白身の周囲深さ2mm程度で浸透しています。それより深いと白さが残り、中心は卵黄のオレンジ色。この色層がはっきりしているところ面白い。どこが?と言うと、見た目はこうだがタレの浸透は、均一かもしくはグラデーション。中身までしっかりと区別なく味が浸透しているところ!。クチナシの風味が抜けると、熟成した甘みと、塩味玉のような玉子本来の味わいと塩気のうまさが粘りつく!。嗚呼・・・味玉って奥が深い。そしてハズレが本当にない!。
 

f:id:TOMASSOON:20190202144000j:plain

 
 
 
 
総じまして「イエロー味玉はもはや店のシンボル!勢いづく地元密着型エンタテイメントらぁ麺!」
 
 ・・・と言う感じでして、つくづく好スタートと思えます。阿佐ヶ谷パールセンター商店街自体も楽しいスポットだが、しっかりとすでに客層食い込んでる。これからもちょくちょくと伺いましょう!。それにしてももう一回、醤油を食わないとハッキリと味がわからんかな。そんな応援と宿題気分を抱え、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190202154846p:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 南阿佐ケ谷駅阿佐ケ谷駅新高円寺駅

マスコット 袋入 くちなしの実 3個

マスコット 袋入 くちなしの実 3個

 

 

【今週のラーメン3590】 らーめん文蔵 (東京・三鷹) らーめん+味付玉子 〜真摯な姿勢!ブレない旨さ!王道の豚骨魚介!三鷹にあり!

またおま系の殿堂と言えば・・・ここを思い出す
 この10年余りの間にも流行りの移り変わりがあったり、色んなエリアに新旧店が入れ替わったりして、ラーメン界の風景も随分と変わったなぁ〜と感じます。特に「JR三鷹駅エリア」のラーメン事情は随分と変化が大きく感じてしまう。転勤後東京に再上京してかなり時間が経過したけど、その当時は三鷹といえば「中華そば みたか」と「らーめん文蔵」しか主に思いつかなかった程度。「みたか」についてはその後も定期的に通い続けているけど、「文蔵」の方が営業時間のハードルが高いせいで、ここ数年すっかりご無沙汰です。何と4年半ぶりに寄らせていただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20190202110034j:plain

 
 
 当時お若い夫婦船経営スタイルが印象的。そして若いけど質実な内容で心に響いたわけですが、のちにご出産か育児でワンオペの期間があったはず。久しぶりに伺うとご夫婦そろってらして、全く変わらない明るく誠実な笑顔対応で心が和みます。先客はほぼ常連さんばかり。挙動と会話でそんな雰囲気がありありです。メニューは当時のまま。そしてデフォルトが650円という嬉しい対応は、出会った当時と変わってません!。物価も上がったろうに・・・これは素晴らしい営業努力!。
 

f:id:TOMASSOON:20190202110015j:plain

 
 
 また変わってないのは、土曜日は少し早めに営業開始してくれるところ。当時大行列が当たり前で、寒い時も暑い時も辛抱してたんだけど、特に酷くなる土曜日は開店早めてくれるのがいつものことだったような記憶。今回もそんなつもりで開店時刻より早めに着くと、すでに常連さんたちが数人店内におられたという展開でした。
 

f:id:TOMASSOON:20190202103134j:plain

 
 
 
 
<全体&スープ> シルキーでサラリとした豚骨煮出しに・・・ザラツキ粗めの節と煮干しの甘さが沁みる
 
 一周回って新しさを感じる・・・とはこのこと。豚骨魚介は、関西オリジンの私には20年前に遭遇した時は未知の味で食いまくったのですが、その後誰が言ったか「またおま」氾濫時代に突入。たくさん生まれては、一気に潰れていった店多数。そんな荒波をかいくぐって時代淘汰されたのが、今目の前に一杯なのかもしれません。そんな旨さの自信に溢れたような一杯は、こんな顔をして配膳されました。
 

f:id:TOMASSOON:20190202103703j:plain

 
 
 おおお!4年半ぶりなのに・・・やっぱり馴染み感じる「またおま」感。これは褒め言葉でありトップクラスの豚骨魚介の雰囲気ありありです。目新しいさが一切ないのに迫力がある。それが王道の所以でスープの周りのざらつき感などは、魚介旨味の濃厚さを伝えるに十分だし、表面の光沢は豚の旨味を見せつけて目に焼きつくようです。その他パーツ達もタイムスリップしてきたかのようで、正しく平成時代の一時期を築き上げたラーメン系統ですね。
 

f:id:TOMASSOON:20190202103711j:plain

 
 
 そうそう・・・文蔵の豚骨魚介は「ざらつき」感が特徴でありました。さらさら粉末の魚介や鶏コラーゲンも追加したりする濃厚ブームの中、さらり系を維持しつつ旨味は分厚いという不思議なスープ感。白い丼の縁にはぐるりと一周、魚介成分の張り付きがあり、それがスープ表面と繋がってるほど濃ゆい。それでも嫌味のない魚介感で、個人的には粗い節系の煮出しが甘みをしっかり際立たせると思うし、煮干しのエキスでもコーティングしたかのような味輪郭すら覚えます。
 

f:id:TOMASSOON:20190202103715j:plain

 
 
 ラードも少々感じる雰囲気ですが、ギトギトコテコテとしたギラつきがないため、見た目以上にするりと飲み干せるのも印象的。案外豚骨の煮出しはシルキーとすら思っており、豚骨の癖が非常に低いのもいい感じです。全体的に控え目な豚骨のようですが、塩気のベースは豚コク側に結びついており、甘辛い感覚の半分は豚の旨味。醤油ダレは魚介より豚骨に感じてしまうので、個人的にはブラックペッパーを振ったりして豚の旨味引き出しを支援して楽しみました。
 

f:id:TOMASSOON:20190202112046p:plain

 
 
 
 
<麺> 自家製麺:王道のモチモチプリプリ系多加水!中太ストレートの明るさがいいね!
 
 これも王道の多加水ストレート麺。豚骨魚介で特に汁系なら、このモチモチ感が相性のイメージですよね。つけ麺で一時期低加水極太にハマった私でしたが、今はこれがいいかも。改めて今なら・・・エキセントリックよりもオーディナリーな味わいが、長く愛され生き続けられると感じるのです。
 

f:id:TOMASSOON:20190202104526j:plain

 
 
 非常に丁寧な自家製麺。奥の製麺スペースに粉埃もなく、そういうところも好印象です。まず歯切れが楽しい中太麺で、前歯では案外プツプツと安易に切れ込みます。そして奥歯へと運んで噛み潰す時に軽い弾力がええねぇ〜。それを更に潰した時に豚魚の味より先に麺の味を感じる?。ゆっくりと汁が浸透しだしたり、舌が出汁の味に慣れてしまった後は、それらは瞬時の出来事になってしまいますがね。また中盛(半玉)+50円、大盛(1玉)+100円という設定も誠実です。大盛の量が曖昧で半玉で+100円してても分からんこと多いからね。比較的「中盛」がよく注文出てたようなイメージ。つけ麺なら半玉分引いてもらうと50円引にしてくれますから、女性も嬉しい心遣いかもです。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> 王道バラ肉ロールは蕩ける脂の甘み!久しぶりに沁みるのであった・・・
 
 今や東京のラーメン屋では低温調理の半レアチャーシューが隆盛してますが・・・やはりまたおま系豚魚にそれは似合わんか(笑)。いや、王道のバラ肉ロールチャーシューって個人的には好きで、がっつり気分のラーメン職ではこのタイプ肉がいいよね。脂身の部分は比較的少なめに感じますが、肉身にはしっかりと脂旨味も浸透しており、箸で難なく解れるほど柔らかさも保持しています。
 

f:id:TOMASSOON:20190202110020j:plain

 
 
 味は比較的薄めと感じますが、肉味がしっかりしている上に、豚骨魚介の出汁がいい感じで塗れます。普通に脂の甘みと豚骨魚介の甘みがコラボして旨し。これは白飯に合うタイプですし、また油そばにすると絶妙な気がします。私はここにブラックペッパーを少し振って食うのが好きでして、これが豚骨魚介の出汁にも好影響を与えますから、実はニンニクやお酢よりオススメです。
 
 

 

 
 
<味玉にハズレなし!> 白身への甘辛味浸透がナイス!ねっとり滴れる卵黄のマチュアな甘み!
 
 全く失念していたこの店の味玉。おいおい、こんなに旨かったっけ。出汁が実に深く浸透しており、白身がこんなに旨く感じたのは久しぶりです。魚介系の甘い味と塩気のバランスがナイス!。これは卵黄にも同じですが、こちらは少し熟成した雰囲気があるみたいです。ねっとりとした卵黄は舌にまとわりつくと、熟成したような甘みを感じるし、白身と一緒に咀嚼すると妙に玉子本来の味が塩気で呼び覚まされて旨い。嗚呼・・・やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20190202103928j:plain

 
 
 
 
総じまして「真摯な姿勢!ブレない旨さ!王道の豚骨魚介三鷹にあり!」
 
 ・・・と言う感覚。これからもラーメンシーンは色々変遷してゆくと思うけど、確かな旨さはいつの時代も突き抜けると思う。無骨に見えても思われても、信じる道信じる味を進んで欲しいと思う次第。もう少し訪問しないといけないかな(笑)。また来ます。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190202111158p:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

三鷹の森ジブリ美術館ファンブック―迷子になろうよ、いっしょに。 (ロマンアルバム)

三鷹の森ジブリ美術館ファンブック―迷子になろうよ、いっしょに。 (ロマンアルバム)

 
吉祥寺・三鷹あるある ご当地あるある

吉祥寺・三鷹あるある ご当地あるある

 
中野6番線、三鷹5番線他(JR SH?3?1)

中野6番線、三鷹5番線他(JR SH?3?1)

 

 

【今週のラーメン3588】 中華soba いそべ (東京・矢口渡) 黒旨にこにこワンタン麺 〜迷ったらこれ!混まずにゆったり食える八雲系譜の質実ワンタンメンならここ!

いろいろ疲れたから矢口渡へ逃れて・・・・質実ワンタン麺旨し
 猛烈に疲れているこの頃。少しづつ天候に変化が見られるのか、寒さに年々弱くなっているだけなのか。はたまた花粉症の季節が始まりだしたということなのか・・・身体が妙に重い。ランチタイムめがけて降り立った「蒲田駅」界隈で、いくらでもいいラーメン店がありワクワクするはずなんですが異様に疲れた。・・・人ごみに浸かれた、ゆっくりしたい、それでもいいもん食いたい、すぐ食いたい・・・と我がまま放題な我が自身。そんな時は、「蓮沼」か「矢口渡」へと移動してみましょう。丁度火曜日だったので、梟@蓮沼さんが休業。そんなわけで「いそべ@矢口渡」さんへと逃れました。
 

f:id:TOMASSOON:20190129134143j:plain

 
 
 もうこの店も確実に定点観測を続けているお店。一通りメニューは食いきったものの飽きないのでループして食い続けております。ピーク時は満席になるんですが、外待ちもそれほどなくいつもスルッと入れるので重宝。それに店内がとてもシックで清潔感がいつも溢れているし、とっても落ちく空間。夜はもっと落ち着く~。そして何と言っても池尻大橋の名店「八雲」系譜のこのお店・・・ワンタンをはじめとするパーツの質実度がハンパないのです。この店は何を食っても旨いし絶対に残念な思いをしない店。同僚にはこれまで激しく勧めているんだが、蒲田からの一駅が面倒らしく・・・・まったく分かってくれないのだわ。実に勿体ない。
 
f:id:TOMASSOON:20190129134208j:plain
f:id:TOMASSOON:20190129134012j:plain
 


 

 こちらでは、白と黒を交互に食い続けている。そんな単純な理由で「黒旨」に決定。そして定番の「にこにこワンタン麺」。海老と肉のワンタンを両方味わえる上に、2個づつなので一つ呑みこんでも、もう一つ残ってるから寂しくさせない。語りつくしたこの一杯に、また今日も薀蓄をうだうだと・・・コメントする私をお許しいただきたい。
 
f:id:TOMASSOON:20190129123212j:plain
f:id:TOMASSOON:20190129123140j:plain
 

 
 
 
<全体&スープ> 実に円やかな醤油ダレの輪郭!鶏豚の旨みスッキリ、乾物の溶け込みゆったりでマイルド!
 
 もともとワンタン麺ってあまり経験値がなく、上京してから食いだしたメニュー。関西オリジンな私は、焼売やワンタンよりは、餃子が主流。しかも、京都の王将餃子はおやつで食ってた世代だから、ワンタンメンなんて、エースコックしかイメージになかったかも。それがラヲタに変貌して、ある時「八雲」を訪問したときにゾッコン好きに陥りました。その後、特に「塩ワンタン麺」にハマりこれを1ケ月弱追い求めたこともあり・・・・。そんな当時の麺活動も少しまとめてあります。

 

 
 まぁそんな感じでまだ気分新鮮に食い続けてるジャンル・・・それがワンタン麺。今回は黒い醤油系でいただきましたが、妙に旨かったぜぇ~。それはこんな麺顔をしてやってきました。
 

f:id:TOMASSOON:20190129123501j:plain

 
 
 おおお!凄く絵になる!木調のカウンターと丼の文様が渋く決まっているのもあるけど、こちらの照明の関係なのか・・・いつもビシッと決まっている印象。醤油の感覚がワックスをかけたかのように艶やかに感じる一方で、しっとりとした落ち着きもある。ご出身の八雲と同じトッピングの配列も気持ち良いし、ワンタンがいつも同一方向に整然と向いているなど、麺顔がまるで絵画のようであります。これは外国人の方にはウケると思っているんだが、もうそんな仕事はとうの昔に縁を切ってるのが妙に残念~。
 

f:id:TOMASSOON:20190129123504j:plain

 
 
 いつも思うがスープが円やか。白醤油でも黒醤油でもだが、出汁と言うより「おつゆ」と呼びたい滑らかさと塩気の丸みを感じます。醤油だからその塩気の輪郭をさがそうとすると旨みにぶつかってしまう。しかもその旨味が、どちらかと言うと甘味にも感じる。塩気を探したら甘かった・・・などと少し不可思議な展開を感じるバカ舌でございます。醤油が円やかなのだと思うけど、個人的には乾物の力が寄与していると思ってる。例えば魚介の甘さではなく、昆布や椎茸の甘味に近いのでは?と感じているんですが・・・・。実は少し味醂を香らせてますなんて言われると笑うけど。
 

f:id:TOMASSOON:20190129123506j:plain

 
 
 そしてそんな甘味を可能にするのが、スマートな動物エキス感覚。鶏ガラスッキリ系のようで、豚の清湯エキス感もあるような、どことなくミックス系エキスなれど、くどいところは一切ございません。動物のエキスを円やか醤油が幕を引くっという淡麗な味風景。これだから飽きないのかもしれません。また、麺やワンタンの風合いの溶けだしもあると思われるので、案外一言で語ろうとできない次第です。 
 

f:id:TOMASSOON:20190129124423j:plain

 
 
 
 
<麺> 自家製麺!実はワンタンだけじゃなく「麺が旨い店」なのだ!毎度シルキーな密度感に和む!
 
 通いだしたころは、ワンタンぞっこんLOVEだったんだが、最近になって麺の方がとても気になりだしてます。店先にある機械から伺える「自家製麺」の店。いつも感心するのは、製麺室・製麺機がとてもキレイな掃除されてるというところ。埃っぽさが一切ないのが職人気質を物語るようです。
 

f:id:TOMASSOON:20190129124634j:plain

 
 
 ストレートさがとても綺麗な印象。そして「引き締まり」ありつつも「しなやか」さがあるという両立性がすばらしいのです。製麺技術も相当なもの?。汁をとてもナチュラルに持ち上げる一方で、クッシリさを失わない。それでもゆっくりと浸透しだすのですが、熱や水分吸ってダレたりなど感じない。前半は出汁の風味と麺の風合いを同時に味わえるほどの、ハイスペックですよ!。中盤以降は汁を吸い始めた麺が旨くて旨くてならない。ワンタンよりも先に麺がどんどんと減ってゆく・・・・。かなり上質な麺だけど、自家製麺だから大盛でも+100円なのが嬉しい。実はしらすのご飯やら、しめのご飯なども旨いんだが・・・お腹の許せる方なら大盛と丼を両方楽しんでいただきたい!。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> 定番なる豚ロース肉と鶏胸肉のあっさり2種チャーシュー!汁を十分浸透させて旨し!
 
 流行に流されず、ご出身の系譜を忠実に守るチャーシューです。豚のロースと鶏のムネ。どちらも脂身を排除した部位で、スープのスッキさキープに配慮したような選択。しかも汁をこれらは吸いやすいので、スポンジのように汁と肉を楽しめる寸法です。これらはなるべく沈めて汁を吸わせてからの方が旨いよねきっと。淡泊な味ですが、肉旨みもしっかりキープ。奥歯で噛み潰して楽しんでください。白飯よりも酒に合うタイプの肉です。
 

f:id:TOMASSOON:20190129134027j:plain

 


 

 またいつもコメント忘れるけど、メンマがやっぱり旨い。極太系の材木メンマで、ゴリゴリっとした繊維質を感じさせながらも、サクリ!と千切れるかバキバキと痛快にかみ砕けるのがいい感じです。これも薄味系でスープに浸した方が旨いかもしれません。もちろんこれで酒が進むと思います。やはり夜に来た方が面白い店かも・・・。
 
 

 

 
 
<ワンタン> 何度食っても飽きない金魚タイプのワンタン!
 
 ・肉餡:海老の食感キープが2こ、豚粗いひき肉でが2こ。肉厚一口感覚
 ・皮:肉厚で皮も食わせるイメージ。皮自体もしっかり食わせる対象
 ・味:海老も豚もうす塩あっさりタイプ。シンプル塩味とスープで食わせる
 ・計4個:一箇所にまとまり美しく方向が整った姿がすばらしい
 

f:id:TOMASSOON:20190129123507j:plain

 
 
 簡潔まとめ方だとこんなところでしょうか。特にてるてる坊主か、金魚のような形状なので、肉厚部分を噛みきった後は、チュルンと一気に喉奥へと滑ってゆきます。時々無意識に飲み込んでしまうので、寂しさが残ること多し。本当にいいワンタンは、いくらでも無限大に食える気がする。これもきっとカロリーゼロなんだろう・・・。
 
 
 

 

 
 
総じまして「迷ったらこれ!混まずにゆったり食える八雲系譜の質実ワンタンメンならここ!」
 
 ・・・と言う感覚。一駅ずれるといいことあります。蒲田であふれて昼飯難民になるなら激しくおススメ。忙しいときほど八雲に匹敵する極上ワンタン麺で心を和ませましょう!。そんな少しほっこり気分ですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190129135049p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 矢口渡駅蓮沼駅武蔵新田駅

雲呑ガール

雲呑ガール

 
究極ラーメン 麺を科学した新製麺術

究極ラーメン 麺を科学した新製麺術

 
#292 矢口渡「鳥勢」

#292 矢口渡「鳥勢」

 

 

【今週のラーメン3587】 鶏こく中華 すず喜 (東京・三鷹) こく醤油 〜鶏!魚介!醤油!旨さのせめぎ合う不思議な濃密感覚なる一杯!

三鷹で旨いラーメン食うなら・・・地下に潜れ!
 
 食べログ百名店」の称号もゲットなこのお店。ご店主「すーさん」は今日も元気です!。新たにスタフさんも加入ですね。ツイッターでのお子様の成長を微笑ましく眺めておりますよ。心休まる思いで応援しているんです。しかし、その割にはオレ・・・全然訪問してへんやんけ!と言われそう。だって昼のみ営業って何気にハードル高いんであしからずです。今回は、今後は訪問頻度を上げたいなという思いでやってまいりました。
 

f:id:TOMASSOON:20190127145847j:plain

 
 
 おおお!地下に行列かい・・・。三鷹駅南口の鄙びたビルの地下。入り口は平成最後だというのに、思っ切り昭和スタイルで「味の散歩道」って掲げられてます。そこを下って地下に潜ると行列がスゲー。地下フロアの他のお店は閉店に追い込まれるのも分かる雰囲気。しかし、すーさんの店だけは活気に溢れてる。旨いラーメンの吸引力ってのはこういうことだよと、改めて考えさせられます。
  

f:id:TOMASSOON:20190128204542j:plain

 
 そして、三鷹駅南口ってどうしてこう鄙びた地下テナントが多いのだ。「中華そば みたか」もそうだけど、再開発に取り残された地下感アリアリなほど、何かそそるものがありますね。三鷹で旨いラーメン食うなら・・・地下に潜れ!・・・なのかな?。今、中央線で一番開発されていない「三鷹駅」。三鷹市武蔵野市にはもう少し頑張ってもらいたいものです。大手デベロッパー任せにすることなくね。
 
 

 

 
 
<全体&スープ> まさに「こく醤油」・・・濃厚な鶏旨味に寄り添う魚介の甘味!醤油味をベースに落ち着かせる味わい!
 
 屋台向けフロアを仕切ったような店構え。むしろ客と店主の距離が近いと言えましょう。給水機・テッシュ・紙エプロン等は、店外に配置してあって、呼び込まれたらコップをとって水を入れ、指定された座席に座るという流れです。そして前金制。客と一体となったこの流れですな。麺のストックも店外にある。追加の麺玉を取りにきたスタフ君が、厨房内に戻るついでかオレに近寄ってきて「オーダーお決まりですか?」と聞かれたので「こく醤油」と答えました。明るい表情で帰ってゆく彼を見送り、なぜだか心温かく思い。真面目と誠実さが一番だ、頑張ってくれ給え。それに比べて・・・・オレを完全に舐めきってる部下。どえらい違いだと感じつつ・・・・、数分後に受け取った麺顔はこんな感じでした。
 

f:id:TOMASSOON:20190127141423j:plain

 
 
 おおお!「こく醤油」とは聞いていたが、想像以上にじっとりした麺顔迫力じゃないか!。濁りを多少感じるためだが、看板の「鶏こく」だけじゃない。汁内部の細かい気泡や、表層の膜などを観察するに・・・魚介溶け込みが感じられます。限定メニューに「中濃煮干ソバ」を掲げることから、「鶏こく」と言いつつ「魚介」の使い手だと感じます!。「濃かったら薄めますから!」とすーさん言ってたけど、何だかそのアドバイス分かる気がする・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190127141427j:plain

 
 
 そんな見栄えから、勝手に魚介意識にシフトして味わいはじめますが、これが半分予想が的中。意外にも魚介の味わいが濃ゆいのです。しかも甘みを感じさせる方向にまっしぐら!。ニボっとした印象皆無な魚介系で、魚介の甘みの分厚さすら思わせます。ここだけクローズアップすると「もちもちの木@大久保」を思い出したが・・・そうだとも言い切れない。それは、やっぱり『鶏こく』が深いから。
 

f:id:TOMASSOON:20190127141501j:plain

 
 
 そうなんだよな〜・・・甘みのインパクトを感じたかけど、やはりボディの主体は「鶏こく」。鶏白湯でもないのに、これほど鶏の煮出しの分厚さを感じることは最近あっただろうか?。これを何系と言うのも判断しずらい。鶏系と魚介系の濃密さがせめぎ合い、甲乙つけがたし。結構コラーゲン感もあったりして・・・これは冬場にはもってこいの一杯!。熱を蓋して高温で保つ油膜がいい感じです。
 

f:id:TOMASSOON:20190127142734j:plain

 
 
 特に気に入ったのは薬味のフレッシュさ。ふんだんに粗い玉ねぎがあったし青ネギも豊富。これらのシャリシャリとした歯ごたえと薬味感覚が、じっとりとしたスープには非常にマッチ。食べるスープ的にレンゲですすりながら食いまくってしまいました。見る見るうちにスープが減るほどで、味が濃いからではなく、減ったからスープで薄めてくれと言いそうになったほどでした。
 
 

 

 
 
 
<麺> 三河製麺:加水低めのストレート麺!濃ゆいコク味を受け止め、持続する風味感がナイス!
 
 麺風合いの選択がいいね。そして三河製麺の麺箱が露わ。この銘柄なら勝手にモチモチ感の高いのを想像してしまいますが、さにあらず。実にクシクシとしっかりした歯ごたえと風味を感じさえる、加水低めのストレート麺です。しかも汁の浸透をあまり許さないので、最後まで風味を楽しめた感じ。スープの持ち上げ期待よりも、汁を絡め取るような感覚で箸をリフトしては遊んで食い進めました。
 

f:id:TOMASSOON:20190127142748j:plain

 
 
 感覚的には密度感が少し高い。ふっくらするイメージはないけど、やや微妙に一回り肉厚な細麺?ってなイメージでした。汁との浸透圧はあまり考えなくてよく、ただ濡れただけの地肌がきらめく感じ。もともと濃ゆい目のスープだから、ちょうどよかったのでしょう。これほど熱耐性があるのなら、大盛りにしても影響は少ないと思いました。ただ、サイドメニューのご飯が評判な店なので、あまり麺大盛りしている人は少ない。大盛り&ライスという客はポツポツと見かけます。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> 噛み応えがちょいと嬉しい!豚肩ロースと鶏モモの共演!熱入れの違いも楽しみ!
 
 鶏豚2種の肉。肉別に味付けと調理法を変えており、こだわりが見え隠れします。まず豚肉。これは肩ロースの部分でも歯ごたえを感じさせます。薄味が深く浸透してピンクの部分を程よく残し、スープが蓄熱するタイプなのですぐに退避させないと、煮上がってしまいそうなくらい。半レアな状態で味わうと、浸透液の味はほのか薄味で、本質的な肉味を感じさせます。そして一気にスープに濡れてしまうと、魚介&鶏コクの味にまみれ複雑な味に昇華!。嗚呼、これはこれで旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20190127142816j:plain

 
 
 一方の鶏は、もも肉。これを皮ごと炙って焦げ目をつけ、タレの甘さも浸透した香ばしさがアピールしてくるようです。これがうまい。鶏のモモは歯ごたえがいい感じだし、噛み締めて皮の旨さも浸透する部分。多少甘みのあるタレが、スープの甘さと共鳴!?。これは酒より白飯に合うタイプの肉かもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20190127142832j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし> さっぱり目のタレ浸透深く、コク醤油の深さが後追いで染み込む旨さ!
 
 味玉は、デフォルトでハーフが入ってます。嬉しいね・・・このサービスだけで+50円の価値がある。そんなサービス味玉だが、実はスープに混じって楽しい味になってます。フツーにあっさり系の味わい深い味玉なんだけど、濃密で熱々なスープに完全に埋没する。すると卵黄のねっとり感も少し重みを増すようだし、甘みがさらに加わって濃密な旨さが映えます。タレが深く浸透してマチュアな甘みとなるタイプとは少し違うんですよ〜。タレをつけて食ってる濃密さという感じか??うまく表現できないが、これはこれで確実にうまい!。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!
 

f:id:TOMASSOON:20190127142647j:plain

 
 
 
 
総じまして「鶏!魚介!醤油!旨さのせめぎ合う不思議な濃密感覚なる一杯!」
 
 ・・・と言う感覚でしょうか。定番の醤油もかなりインパクトあったので、これは限定メニューにもさらなる期待がかかってしまう!。サイドメニューの春雨ご飯が絶品みたいだし、これは通っても飽きない予感がしてきました。近いうちにまた来たい!次回は腹をすごく減らしてから伺います!そんな期待膨らませながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190127231256p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

女の子の育て方  子どもの潜在意識にこっそり“幸せの種

女の子の育て方 子どもの潜在意識にこっそり“幸せの種"をまく方法

 
決定版 女の子のおりがみ (実用No.1シリーズ)

決定版 女の子のおりがみ (実用No.1シリーズ)

 
女の子の育て方?「愛され力」+「自立力」=「幸福力」。0?15歳児の親が必ずしておくべきこと。?

女の子の育て方?「愛され力」+「自立力」=「幸福力」。0?15歳児の親が必ずしておくべきこと。?

 

 

【今週のラーメン3586】 本家 第一旭 新宿店 (東京・新宿御苑) チャーシュー麺+煮玉子+九条ネギ増し 〜我が愛惜と郷愁の味・・・京都ラーメンの大御所!いつまでも幾久しく!

やはり・・・第一旭は朝が似合うねぇ〜
 午前11時開店で、朝と言うのでもないんだが・・・。やはり、第一旭は朝でも行列ってのが京都本店のイメージ。ので、新宿での散歩と買い物を適当に切り上げて「第一旭新宿御苑」へとやってまいりました。理由は何となく・・・先日の年末年始の京都帰省では、ラーメン活動を一切できなかったので、実に心残りのまま過ごしているため。まぁ、辛抱しきれずという感じで、想定範囲の行動です(予定範囲)。
 

f:id:TOMASSOON:20190127110925j:plain

 
 
 とは言いつつ、特に冷え込んだ朝。しかし風が無かった分、過ごしやすかったのが幸いです。開店前の時間帯でも並ぶのにそう苦労はしませんでした。そして徐々に後客が集まるのを見ると、お店側で気を利かせてくれ、早めに開けてくれました。「お寒いでしょうから、中へどうぞどうぞ」という感じでね。思わず「あっ、おおきに!」と私も地が出て京都弁が溢れます(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20190127112305j:plain

 
 
 もう京都ラーメンを、東京ではフツーのデフォルトで食えないオレ。だから少しでもエキセントリックな組み合わせを食うに決めてます。それは、九条ネギ増しは当然として、チャーシューも増して「チャーシュー麺」。いつもそればっかりだから、今回は「煮玉子」も追加してみました。
 
 

 

 
 
<全体&スープ>  おお!本領発揮だよ!塩気がオープン時より収まり出て来てカエシ感がナイス!
 
 今回は少しお冷を多めに注いで配膳を待つちました。と言うのも前回のスープの塩気が少し強いのが気になっておったから。この数年、本店どころか第一旭そのものを食ってないので、だんだん自信が薄れてたのですが、前回の「少し塩っぺー」という記憶が残ってました。なのでお冷を飲みながら食うだろうなと準備したわけです。でも改めて思うと、別に飲み干さなくても良いだけだね?。ところが、どうもそれがいつも出来ない・・・「食べ物を残す」と怒られた世代の性。そんな感じで、待ち受ける間に色々考えが巡ったタイミングで、受けた配膳はこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20190127105632j:plain

 
 
 おおお!今回も青ネギの山!森の緑を眺めるよりも見ていて清々しさを覚える。そして空腹を促進する青さ。熱気で盛り上がるネギの香りが私を猛烈にリラックスさせ、そしてアルファ波へと誘います。ネギで埋もれて分からんが、下にはチャーシューが丼一面に、海が波打っているように一面に広がる。隙間からじっとりした豚コクの油分が見え隠れしており、今回は珍しく味玉がこちらを睨みつけております。
 

f:id:TOMASSOON:20190127105636j:plain

 
 
 前回から気になってたスープをまずは確認までに一口。すると・・・「おおお!飲みやすいじゃね?」。記憶にある郷愁の味わいじゃないですか!。単に塩気か醤油を抑えただけだったりするかもしれないが、あしからず。だがこの庶民的な塩気が中毒性を思わせ、オレの身体成長期にはガツンと沁みこまされてきた味。DNAに染み込んだ味と言えましょう。いい意味で塩気の後に調味料の輪郭が残り、それが塩分と結びつく。そして何よりも豚骨の煮出しによく響く。豚のエキスと塩とは切っても切れない仲で、塩気があってこそ豚コクの旨さが引き出されると勝手に妄想気味に思ってます。白濁系で突き詰めたものは九州豚骨系でしょうが、清湯系で強く感じるのかこれかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20190127110950j:plain

 
 
 少し塩っぽくなった口の中を、塩分調整してくれるのが「青ネギ」。いわゆる「九条葱」というブランド化したネギですが・・・オレにとってはただの青ネギ。九条ネギは甘いなどと持て囃させることがどこか「こそばゆい」のであって、つまり日常のネギ。ザクザクとおしげもなく存分に食らいつくのみです。塩気も豚脂も、青ネギを食えばカロリーをゼロにリセットしてくれると思い込み激しく、いい歳したおっさんが無心に食う姿はきっと異様であったことでしょう・・・・。
 
 

 

 
 
<麺> 近藤製麺:我が青春の味わい〜微妙なクッツリ感に懐かしさを覚える〜
 
 以前の拙ブログでも少し述べましたが、実は「第一旭」も「新福菜館」も同じ製麺所から仕入れています。それが「近藤製麺でして、その近藤製麺がラーメン店舗展開してるのが「ラーメン藤」というブランド。そしてこの「ラーメン藤」は高校時代には大変お世話になったのでした。その通った支店は今やなくなってしまったが・・・実に愛嬌のある店主が懐かしいです。当時学食だけでは物足りなかった、あの頃の食欲が今となっては泣ける〜。
 

f:id:TOMASSOON:20190127111008j:plain

 
 
 高校生のオレは「麺カタメ」が言い出しづらくて・・・引っ込み思案なひねくれ者でしたっけ。他人よりも余計なことをするのが出来ない小心者でした。でも麺の旨さはこれで知ったのかもしれません。最初の一口めの麺のクシクシ感には風合いの楽しさを感じたし、後半の汁に染まって褐色に薄く染まった麺がいいと・・・友人は語っていたっけか。あの頃はまだコンビニが無く、マクドナルドすら繁華街にしか無かった青春時代。オレたちこのラーメンを、ソウルフードとなんてこれっぽっちも思ってなかったんだけど・・・、妙に今こうやって新宿御苑の近くで気軽に同じものを食えるのが喜びであります。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> この肉の「ペラさ」に会いに来たのだ!重ね食いの楽しさよ!
 
 チャーシュー増しだなんて、大人になってからの所業です。昔やりたくても出来なかったから、その反動なんでしょうか。ペラペラな肉ですが、京都ではそれがスタンダードでして、他府県の方から「ペラい」と言われると我が事のように腹が立ったもんでした(大学のころクチ喧嘩)。肉は重ねてくうものなんだよなー。肉と肉が基本だが、肉と麺でもいいし、肉とネギでも面白い。肉ともやしが意外にオススメ。少し塩分濃いめのスープに染まった肉は、何と合わせても旨いはず。
 

f:id:TOMASSOON:20190127111017j:plain

 
 
 
 
<薬味> 青ネギの爆盛り無くしては収まりがつかないオレなのさ!
 
 自分でセコいと思うけど・・・ネギ増しで金取るのかと今でも少し感じることあります。ずっと京都では「ネギ増し・もやし増し」など無料だと刷り込まれて育ってきてますので・・・。しかし+50円という設定は少し店側の遠慮も垣間みえて好印象。ここは東京。郷に入っては郷に従うか。ちなみに個人的なリクエストとしては、もやし増しも設定して欲しいかもと!+30円くらいでいかがでしょうか(誰に言ってるんだオレ・・)。
 

f:id:TOMASSOON:20190127105638j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 学生当時の憧れを今は存分に味わい倒すのだ!
 
 味玉追加など、昔は絶対にできなかった。そんな金銭的余裕があったら麺の大盛りをお願いしたよ。とにかく京都ラーメンは青春の空腹を満たすものだったからね・・・。でも本音は食いたかった。高校の頃初めてしたアルバイトは、京都新聞の配達だったんだけど、もらったお金で味玉食ったかは、全く覚えていません(汗)。
 

f:id:TOMASSOON:20190127112318j:plain


 
 それにしても面白い味玉だね。薄ーーーく褐色に染まってる。味は塩味に近い感覚。熟成の甘みよりもフレッシュな卵味が深い感覚で、個人的には馴染みあるかなー。プルプルっとした白身も好印象で、スープとの相性ならこのタイプがベストマッチ。時々ネギに塗れた味玉も楽しい味わい。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!。
 
 

 

 
 
総じまして「我が愛惜と郷愁の味・・・京都ラーメンの大御所!いつまでも幾久しく!」
 
 ・・・と言う願いを込める一杯。ちょっと東京生活に疲れを感じたらこれを食えばいいさと感じるオレ。今後ともよろしくです。それにしても前より安定してきたと思うので、今まで様子見だったラーメンファンには激しくオススメかも。再食継続を誓いつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190127113821p:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

 

ニュータッチ 凄麺京都 背脂醤油味 124g×12個

ニュータッチ 凄麺京都 背脂醤油味 124g×12個

 
LEAF(リーフ)2018年4月号 (京都・滋賀 最新ラーメン)

LEAF(リーフ)2018年4月号 (京都・滋賀 最新ラーメン)

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2018/02/24
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログを見る
 
京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

 
ほんとにおいしい京都の100ラーメン。 (Leaf mook)

ほんとにおいしい京都の100ラーメン。 (Leaf mook)

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 
京都ラーメン物語 (極める味の旅)

京都ラーメン物語 (極める味の旅)

 
京都・滋賀のうまいラーメン207軒 (Leaf MOOK)

京都・滋賀のうまいラーメン207軒 (Leaf MOOK)

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2012/10/15
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

【今週のラーメン3585】 塩生姜らー麺専門店MANNISH (東京・神田) 塩生姜らー麺 味玉入り 〜美しき鶏塩旨みと素朴なる生姜滋味!まさに晴れ渡る美味さここに有り!

献血後にちゃっかり麺活!塩生姜の名店移転視察!
 都内に外出ついでに昼休み前に間があるので、有効利用と社会貢献を兼ねて有楽町で献血。ネットで予約できるのでとても重宝ですね。丁寧な応対を受けて400ccの血液を寄付しました。実は今の会社は神奈川県にあって、そちらでも時々献血したりします。同じ日本赤十字社でも、事前の健康チェックみたいなのが微妙に違ったり、またお菓子やドリンクなども違いが面白い。私は有楽町のベンダードリンクで、ワンタンスープが非常に興味をそそられました。やはりどんな状況でも中華そばの汁が気になるんだよね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190201120232j:plain

 
 
 さて献血後のはゆっくりと体休めて水分と甘いものを摂取。そしてこの後の仕事と麺活でも計画するか!とスマホを探って調べてみます。するとなななんと!!!!塩生姜の名店が新規移転OPENの情報を発見!。これは正直ビビったよ。すぐに慌てて飛び出そうとするところなんだが、アイスクリームやら、せんべいやら、クッキーやらで実は少々小腹が張ってたりしる(苦笑)。しかしこんなラッキーな機会はないと思われ、少々無理してでも食おうと正午過ぎあたりに突撃してみました。
 

f:id:TOMASSOON:20190201205018j:plain

 
 
 とは言いつつ、全血400ccって抜いた直後は少し体が重いよな・・・。心は焦るが小走りも危険な気がして、神田駅からゆっくり歩いて入ったのだが、丁度、開店時瞬間混雑と昼飯ピーク混雑の隙間に入り込めたようす。すんなりと空席1つにスベリ込めました。直後には店前で行列が発生です。さてオープニングで店内は活気。常連客も酒もって祝いに駆け付け食いに来たり、厨房だって応援多いみたいで和やかです。以前は地下に潜った怪しさも良かったんですが、一転して新店舗はガラス張りで明るい!。そして一方、生姜星人のご店主は、この日は地球人の風貌(twitterアイコンご参照)。何はともあれとても楽しそうな開店風景っていいね。
 

f:id:TOMASSOON:20190201115035j:plain

 
 
 
 
<全体&スープ> 明るい鶏出汁と二段仕込み的に後から効いてくる・・・きなしょうがの演出が素晴らしい!
 
 ところで、献血する度に「血が足りねえ、何でもいい、食いもんじゃんじゃん持ってこい」という台詞が浮かび、いつか誰かに使いたいんだよね・・・。また今日も・・・つまらんものを語ってしまった。本来なら「肉増し」や「特製」「大盛」などで満たしたいところですが、直前に菓子食いすぎて、今回はデフォルト+味玉(意地)とさせていただきましょう。そんなちょっと乗り切れない不安を抱えた一杯は、こんな麺顔をしてやってまいりました。
 

f:id:TOMASSOON:20190201115349j:plain

 
 
 おおお!実に明るくてピカピカしてる全体感!。表層に広がる鶏の旨みエキスが素晴らしい。ペイズリーがうごめくようにゆったりと泳いでいる。そして透き通ったようで少し霞がかっているのも旨さを感じる。見た目は生姜塩というより「鶏そば」って感覚。器のモダンさやトッピングの色合いが斬新に見えたりもします。こんなにエキス感が濃ゆいのに、不思議なほどさっぱり感が溢れるのは、やはり塩生姜の先入観なんだろうか。
 

f:id:TOMASSOON:20190201115346j:plain

 
 
 スープの不思議さに負けて最初からスープを丼クチ直付けでいってみました。すると・・嗚呼~仄かにじんわりとくる生姜の刺激。そして塩味に支えられた淡くもシャープな味わいが感じられます。そして塩が尖らないのは鶏コクと深く結びついているからと思われ、動物系の旨さがしっかりと支えています。これはジーンと染み入るねぇ~、まさに冬の寒さにはありがたいし、また胃が暖かくなり心から落ち着く感覚。よく見ればポツポツと生姜の欠片が浮遊しているのが分かる。兎に角、鶏の芳醇さをベースとした仄かな生姜刺激が、いかにも上品な旨さ。これはラヲタと言われなくても広く受け入れやすい旨さです。
 

f:id:TOMASSOON:20190201205142j:plain


 
 ・・・と前半はそう思ってたんだが、実は後半に味の雰囲気が変わる!。何もせずとも途中で味変化するのがこの一杯の真骨頂!!。実は生姜を擦った欠片や、旨味を更に忍ばせる挽肉が、わざと丼の底に潜ませてあるのです。これは面白い展開だったわ!。食い始めて麺などをズリズリと啜りだして攪拌さえていくと、全体に行き渡り始める。すると生姜の欠片が少し大きくなり、数が増えてくる!。そうなるともう明確な生姜のニュアンスが広がり、密かに酸味すら感じる生姜の清涼感がぶわーーーーっと展開されて痛快!。単に刺激だけでなく、鶏の旨みとしっかりコラボしますから、金属的なジリジリ感は皆無です。店のうんちく書きによると「きなしょうが」使用とのこと。初耳食材でさすがにコメントできん~。
 

f:id:TOMASSOON:20190201121252j:plain

 
 
 
 
<麺> 三河製麺:風味を感じさせ!汁を吸い込んで旨み感じさせ!両方のツボを押さえたストレート細麺旨し!
 
 確か・・・麺箱がどこかにあったはず(違ってたらゴメン)。全体的に非常に上品さを感じさせる細麺。まず「ストレート」「色白」という見栄えからくる上品さで、いかにも今風の風流さを伝える質感。実に悪くないし、店とラーメンの明るいコンセプトにも合いそうです。
 

f:id:TOMASSOON:20190201120935j:plain

 
 
 そして「風味」がまた上品。パツパツとした密度感はなく、どちらかと言うと潰しは抑えめなイメージで優しい歯応えなんだけど、表層は汁を吸い込みがちだが、芯や中まではそうはいかない。やや湿りつつも渇きを覚える部分が前半には感じられ、そこを前歯で千切ったり、奥歯でクシクシと噛み潰す時にはふわっとグルテンの風合いを知ったりします。噛むことで香りを楽しむって部分が少し自分の中ではあるんですよね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20190201120921j:plain


 
 最後に「旨味」。これは汁がしっかりと麺に吸い込まれて、汁の塩気と麺の甘味が一体化した旨さを感じています。もはや唾液の化学反応助けをあまり借りずとも、旨味を感じるときもあるか?。クチリと短いタップで奥歯でプレスされるときの旨みが、実に爽快。後半にはこれを楽しむのが我流でございます。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> 鶏モモ肉が固くならずに旨みが溢れる!鶏皮も芳醇な甘みあり!
 
 お仲間の「生姜は文化。@巣鴨」は豚バラロール。こちらは王道の鶏モモ肉といった違いがあります。この鶏のモモ肉って、ちょっと手料理経験がある方なら分かると思うけど、時々固く引き締まったりする食材なんですよねー。しかしそれはそれで、噛み締める楽しさなんだが。この一杯の上品さからは、当然柔らかさを大いに期待したいところですが、見事に応えてくれました。
 

f:id:TOMASSOON:20190201205118j:plain

 
 
 ふかふかのモモ肉。しかも薄味でスープの塩気だけで十分と言う感じ。肉繊維の隙間にスープエキスが入り込んでいくか、毛細管現象のような深入りすら覚えます。噛むとスポンジ状態でじゅわ~と旨みが広がりますが、そこには鶏皮の脂のコクも加わります。またこの鶏皮が旨いのなんのって!。まるで蒸したか?のようなアッサリ味でふわふわな感覚。これほど食べやすい鶏皮は、容易に思い出せませんぜ・・・。素晴らし!。こんなことだったら・・・無理して肉増しにするのであった。
 
 

 

 
 
<味玉にハズレなし!> ナイスな塩味玉系!すっきり塩だれが深く浸透し熟成感の中で塩気が旨い!
 
 見た途端、味が予想できました。真っ白な白身は塩ダレ浸透の証。しかも塩系のスープですからコンビネーション抜群です。見た目以上にタレが深く浸透しており、味わいの中には熟成にも似た円やかさが感じられます。白身のフルフルとした揺れる中にも塩だれの旨みが感じられ、また卵黄に沁み込んだ部分にはマチュアな甘みすら覚えます。しかし基本的には塩味が凛としており、玉子本来の味と塩気が交じり合って・・・非常に馴染みやすい味玉の旨みでまとまっている。嗚呼・・・全く味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20190201115537j:plain

 
 
 
 
総じまして「美しき鶏塩旨みと素朴なる生姜滋味!まさに晴れ渡る美味さここに有り!」
 
 ・・・と言う感じでしょうか。この界隈はビジネス街のど真ん中で、ニーズは非常に高いエリアですが「生姜のラーメン」としう認識は既に定着してる様子。移転情報をかぎつけて昼飯時は一気に混雑するかもです。しかし並んでも食う価値あり!。またつけ麺や限定などメニューが増えたころに再訪問です。そんなお祝い気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。

f:id:TOMASSOON:20190201153746p:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
献血

献血

 
献血ラッシュ 第1巻 (花とゆめCOMICS)

献血ラッシュ 第1巻 (花とゆめCOMICS)

 
献血ソング

献血ソング