ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン4371】 柏 王道家 (千葉・柏) チャーシューメン + キャベツ + 半ライス + 金麦 樽詰 〜常磐線沿線随一家系!まさに豚骨醤油の王道なる旨さ!一回食っとけ!

厳しさの中に愛情感じるフェスティブな空間

 

f:id:TOMASSOON:20201128154406j:plain


 

 家系と言えば白い特攻服のようなスタフのイメージが良いですな。王道家にようやく初訪問です。だって久しぶりに暖かい陽射しが射す休日だったもので、軽く柏まで遠征しちゃいました。取手は少し遠すぎると感じたものであしからず。店前に着くと若い衆がザル上げの練習を歩道脇で丹念に行っております。手ぬぐいを麺に見立ててチャッチャと回しながら湯切りの練習・・・。それを遠くで見守る先輩方と社長です。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154453j:plain


 
 直系との経緯やドラマは少々聞き齧っておりますが、社長の強面としわがれ声が実にいい感じ!一方で若い衆には優しい声がけもされてて、店内非常にいいムードでございます。後進育成が実にしっかりしておらるのも実際に見て取れるようで、それだけでもはるばる来た甲斐があったと言うものです。今回も性懲りも無く・・・チャーシューメンとキャベツで攻めさせてもらいました。
 

f:id:TOMASSOON:20201128153918j:plain

 
 
 
 
<酒> 金麦!グラスサイズでおつまみ付きで200円は嬉しくて泣けるね!

f:id:TOMASSOON:20201128154002j:plain


 
 200円って・・・嘘だろ!半信半疑だったのですが、樽詰の金麦がワンショットでご提供。そしてこの価格でチャーシューと海苔が一枚づつ、おつまみとして付きますから嬉しすぎて泣けてくる。この価格なら2杯飲んでやろうか?・・・外の行列を考えて自重しましたが、空いてたら絶対にやりたい!。
 
f:id:TOMASSOON:20201128154106j:plain
f:id:TOMASSOON:20201128154121j:plain

 
 さて金麦。いわゆる第3のビールってやつですが、ナメてたけど結構イケるね!。やはり樽詰だと味が絶対に違うと感じるのは私だけでしょうか?。鳥貴族ではいつも「メガ金麦」でお世話になってるのですが、一杯めは旨さは本家のビールと変わりません。ちょっとこれから家飲みのラインナップに加えようかしらん。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154142j:plain

 
 
 
 
<全体> キャベツ鬼盛り!豚骨の野趣溢れる重厚感!ヘルシー&ワイルドな豚骨醤油感覚!

f:id:TOMASSOON:20201128154012j:plain

 
 
 野菜ラーメンと言うのも人気らしく、それと激しく迷ったのですが、先客注文の野菜マシマシ状態を見て怯みました。大人しくチャーシュー&キャベツで抑えたつもりが、配膳されたのがこの麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20201128153949j:plain


 
 おおお!キャベツ鬼盛り!チャーシューは完全に埋もれており、盛り上がった上から醤油ダレが流れ落ちる。そして濃密そうな豚骨醤油スープに溶けてゆく。そのスープの湯気には濃厚豚骨らしい野趣な香りが立ち昇り、鼻腔をくすぐり空腹中枢を激しく刺激しまくり。半ライスを待ちきれず、食らいつくように実食スタートです。食らう前から旨さ間違いなしと思わせるオーラたっぷり!。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154035j:plain

 
 
 
 
<スープ> 豚骨煮出しの野趣感に醤油のカエシがややアクセル!キャベツのタレも混じり食欲刺激しまくり!

f:id:TOMASSOON:20201128154148j:plain


 
 さてスープ。ひと口めから旨!と声が漏れそうになります。意外と醤油が効いてるのね!。直系総本山と同等のカエシ感を感じ、その塩気で余計に食が進むといった風合いが素晴らしい!。そしてやっぱり豚骨のズシリとしたパワーがいい感じ。人によっては獣感とか例えられますがまさにそれ。野趣たっぷりと言ったところです。そしてコクの深さには鶏油もすごく貢献しており、豚に限らず鶏エキスがかなりパワフルな味わいに貢献してますな!。素晴らしい!
 

f:id:TOMASSOON:20201128154201j:plain

f:id:TOMASSOON:20201128154221j:plain

 
 
 そして、へへへ・・・休日だしこの後何もやることないから、ニンニクをたっぷりと聞かせます。3種のニンニクがある。行者と生と無限。無限がオススメらしいのですが、天邪鬼な私は生をチョイス。すりおろしタイプじゃなっく、刻みタイプなのが気に入ったためですが、やはりこれを入れる入れないでは、味の伸び?切れ味?が全然違います。今日はいつもより多めに溶かしてしまいました!。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154342j:plain

f:id:TOMASSOON:20201128154354j:plain


 
 そしてゆっくりとキャベツがクタり出して、そこから滲む野菜らしいフレッシュで優しい甘さが広がるのが後半の楽しみ。麺の風合いも同様に溶けますので、マイルドさが加わります。このタイミングで半ライスなどと合わせて食らうと絶妙な旨さ!。頭の中は家系天国状態!。
 
 

 

 
 
<麺> カタメ!濃厚スープをググッと受け止める風味の高さ!ゆっくり汁を吸い出し終盤は出汁と一体化した旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201128154207j:plain


 
 麺箱見ると自家製麺ですね。家系らしい中太麺で少しばかり捩れた平型っぽいフォルムですが、ほぼストレートと言っても差し支えないかも。色合いは家系でイメージするほんのりイエローとは少し違い、粉の素性を思わせるような雰囲気。汁を持ち上げると言う感覚はなく、汁に濡れると言う感じでそれでも滑らかに啜り食えます。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154154j:plain

f:id:TOMASSOON:20201128154228j:plain

 
 
 噛み締めると素地の風合いが伝わるのがいいね。序盤だと濃厚なスープの圧に負けずしっかりと麺の風味が楽しめます。噛み締めると汁の塩気とエキスと混じって、また別の旨さにシフト。中盤以降になってやっとしなやかさが出てくると言う感じでしょうか。カタ麺主義者としては、歯応えと風味がしっかりしていて嬉しい限り。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154311j:plain

f:id:TOMASSOON:20201128154259j:plain


 
 それでも終盤になると汁を吸い込んで甘みが深まる。最近、柔らかめも旨そうだなと思う所以でして、こういった状態をクチリと噛み潰した旨さも捨てがたいと思います。キャベツや青菜などを絡めて食らい楽しみました。
 

 

 
 
 
<チャーシュー> 汁に濡れても実にスモーキーな旨さ!程よい歯応えが快感!噛み締めるほど旨いモモ肉!

f:id:TOMASSOON:20201128154215j:plain


 
 燻製の感覚が実にいい!。見た目はしっとりした豚モモ肉ですが、味わうと実にスモーキーで食が進みます。柔らかいけど微妙に引き締まりを感じる歯応え。チャーシューメンだと3枚と5枚が選べ、肉付きそうなお兄さん方はちゃっかり5枚を選んでる。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154234j:plain

 
 
 この香ばしさは、濃厚な豚骨醤油味にマスキングされるかと思いきや、一貫してそんなことはなく、最後まで香ばしく楽しめました。そればかりでなく、肉本来の淡麗だけど滋味深い味わいもしっかりと伝わり・・・できることなら年末に買いだめしたいくらいです。やっぱり5枚ガッツリと食らうべきでしたな。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154330j:plain

 
 
 
 
<キャベツ> 実に優しい温野菜の甘みに醤油ダレの塩気がナイス!汁に浸してクタった後も旨し!

f:id:TOMASSOON:20201128154047j:plain


 
 中心部に近い白い部分と緑の部分が半々と言った感じ。ナチュラルでフレッシュな甘みがふんだんで、濃い味の中では嬉しい存在。これだけ大量に盛られていると、麺を最後まで食べ尽くすまで、しっかり残って味のアシストしてくれます。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154113j:plain


 
 前半はフレッシュな味わいと汁の塩気を口の中で合わせながら食らう旨さ。後半はすっかりクタってスープもそこそこ吸い込んだ一体感の旨さ。どっちもいいですね。後半は白飯と合わせても旨い感じで楽しみました。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154241j:plain

f:id:TOMASSOON:20201128154253j:plain

 
 
 
 
<〆飯> 半ライス!性懲りも無く海苔を乗せて汁かけて・・・王道スタイルでキメる!

f:id:TOMASSOON:20201128154434j:plain


 
 オヤジ世代になると食が細る。だけど痩せない。だけど食いたい・・・そんな時に半ライスが嬉しい。家系でライス付けないで終わった時の、「やっぱりやっとけば良かった」と言う後悔はもうしたくない。海苔を移してスープを少しかけてふやかしてからライスを巻き込み頂きました。嗚呼大満足。相当ガッついて食らったのか、同じロットで配膳を受けた中では、ダントツの一抜けでフィニッシュです。
 

f:id:TOMASSOON:20201128154428j:plain

 
 
 
 
総じまして「常磐線沿線随一家系!まさに豚骨醤油の王道なる旨さ!一回食っとけ!」

f:id:TOMASSOON:20201128154134j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。次から次へと客が訪れ、行列が減る気が致しません。確実に柏の人気店!。常磐線に乗る機会があればまた利用したいしそうすべき!。東千葉の家系もいいけれど、こちらも柏のここも甲乙付け難し。激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201128155621j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 

f:id:TOMASSOON:20201128153852j:plain

関連ランキング:ラーメン | 柏駅

【今週のラーメン4370】 立川大勝軒 (東京・立川) 特製中華そば + サッポロ生ビール黒ラベル 小瓶 〜いつまでも変わらぬ旨さの大勝軒!優しい味に心ほっこり!

東京都内で大勝軒の現役看板は59軒!

 

f:id:TOMASSOON:20201201181152j:plain


 

 記憶が確かなら、東京都内で「大勝軒」という看板屋号が現役で展開されている店は、現時点で59軒になります。丸長系・東池袋系(&タイプ)、永福町系・人形町系・無関係等含めて。いやぁ・・・この2年で大きく数を減らしました。店主の高齢化と、コロナ禍が追い討ちをかけたと言うことでしょか・・・。昨年秋の笹塚(永福町系)以来1年ぶりのニューカマ―。詳しくは以下にてまとめたことあり。ご参考まで。
 

 

 

f:id:TOMASSOON:20201201180659j:plain


 
 さてこの「立川大勝軒」。系列的には「小金井大勝軒」「武蔵村山大勝軒」の系列らしいです。つまり東池袋系の味わい。食らう前から分かっている味ですが、久しぶりにホッコリした旨さも感じてみたい。今回は、気持ち的に開店祝いも兼ねて早速やって参りました。
 

f:id:TOMASSOON:20201201180713j:plain

 
 
 
 
<酒> サッポロ黒ラベル!食らう前に飲むぜ!だって午後休暇だから!やっぱり定番飲み慣れた旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201201180835j:plain


 
 実は翌日、早々に検査を控えておりまして、夕方から食事制限かかる・・・その為、午後休暇を頂いてしっかり早めに飲み食いしとこうと考えた次第です。とは言え節制は前提なので、今回は小瓶サイズ。
 

f:id:TOMASSOON:20201201180900j:plain

f:id:TOMASSOON:20201201180906j:plain


 
 いやぁ~もうこれ一本しか今日は飲めないと考えると余計に愛おしく感じますな。そのためか手が震えて気が付いたら注いだビールは泡だらけ。一番量が飲めるとしたら個人的にはサッポロ黒ラベル。飲みなれた上に飽きがこない旨さと感じるためかな・・・。おつまみもサービスで付いて350円なら比較的リーズナブル。この後、何度注ぎなおしても泡だらけ(汗)。因みにもう少し冷えてたら尚良しだったが、開店したてだから冷えが甘かったのかな?。
 

f:id:TOMASSOON:20201201180854j:plain

 
 
 
 
<全体> まさに説明不要の王道東池袋系!豚骨魚介と醤油系の間に感じるスープのやさしさ!プリモチ中太麺の明るさ!

f:id:TOMASSOON:20201201180754j:plain

 
 
 お!小金井大勝軒と全く同じメニューラインアップですな。当たり前のようだが、開店初日からフル対応とはすばらしい!。御めでたいので特製とさせていただきましょう!それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20201201180805j:plain


 
 おおお!もう東池袋系の中華そば感のど真ん中イメージですね。優しく霞む茶色のスープにはライトな豚骨と魚介の旨さがにじみ出てる。そして透けてみえる中太で色白っぽい麺はいかにも艶々でもちもち感覚あり。見ただけで弾む食感すら覚えてしまうほど・・・ラーメンファンにとっては定番。メンマは明るい素朴さだし、今回はさすが特製だけあって、肉が存在感がすごくアピールされてるみたい!。特製で920円ってのが、このご時世的には頑張っている方かと!。
 

f:id:TOMASSOON:20201201180733j:plain

 
 
 
 
<スープ> 優しい豚骨魚介!?と言うより醤油系より円やか輪郭!ごくごく飲み干せる優しい味わい!味変化も楽しい!

f:id:TOMASSOON:20201201180942j:plain


 
 大勝軒系ってスープの分類で少し悩むことありませんかね?。例えば永福町系だったら「煮干し」にしたい気もするし「醤油」でさらっとまとめたい気もする。東池袋系だったら「豚骨魚介」だったり「醤油」だったり。店により濃淡があり、それで分類がよく私はブレます。今回も典型的なそれで、確かに豚骨のライトな煮出しに柔らかい魚介風味が溶ける味わいだが、とてもあっさりしてナチュラルに飲みやすい。気分的には「醤油」分類だが、醤油系のカエシが立っているわけでもない。小金井大勝軒での記憶も鑑みて、今回は「醤油」に決定。
 

f:id:TOMASSOON:20201201180959j:plain

 
 
 人によりパンチが低めに映るかもですが、これは優しく円やかな味わいが先行という印象です。まさにゴクゴクと飲み干せる感覚。麺や具材に浸透しやすいようなサラサラした感もあるし、香味油の漂いも円やかイメージを高めているようです。
 

f:id:TOMASSOON:20201201180948j:plain


 
 ちょっとライト過ぎるなと感じる方は、「辛味中華そば」「辛味もりそば」もあるのでそちらをオススメ!。私も少し味変化させて刺激を求めようと、後半は一味を少し振り入れてみました。この微妙なキリリとした刺激が気持ち良し。最後の一滴まで飲み干す羽目に・・・・検診前の最後の食事なので愛おしかった次第。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181140j:plain

f:id:TOMASSOON:20201201181135j:plain

 
 
 
 
<麺> 定番の中太ストレート細麺!加水高めで密度感低め!しなやかツルツルライトな滑り!出汁を吸い込み具材と絡み甘味マシ!

f:id:TOMASSOON:20201201181030j:plain


 
 これもイメージしやすい多加水系モチモチ中太ストレート麺!。見るからに艶々としており少し膨れているよなフォルム。柔らかそうなしなり方が印象的。中太だけどとってもライトに流れるようにすすり上げられます。前歯でプツプツとした淡く弾ける千切れ。奥歯で束になったそれを圧し当てると淡泊にモチモチと弾む食感。噛み締めてクチリと潰せば麺の甘味は既にスープと味が一体化しております。旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181023j:plain

 
 
 うー多めな麺量も逞しくも嬉しい感覚!。海苔を巻いたり、ネギやメンマを絡めたりして美味しく楽しみます。出汁を吸い込み具材と絡み甘味マシ!。見た目より密度感がないため、ボリューム多そうに見えても大盛はイケると思います。激しくオススメかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181036j:plain

f:id:TOMASSOON:20201201181054j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 豚ロース!厚めな赤身は出汁も吸い込み肉本来の味わいたっぷり!脂身もしっかり甘味深し!

f:id:TOMASSOON:20201201181005j:plain


 
 大勝軒のチャーシューとは言ってもいろいろあって、これと言ったパターンはあるようでない。だけど個人的にはいい感じでスカスカしたロース肉。それがスポンジのようにスープを吸い、繊維方向に柔らかく千切れていくのがパターンと感じてる。それを大きく覆しますな。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181011j:plain


 
 マジでうまいぞ!これだったら次回はチャーシュー麺にしても良いと考えています。分厚めなロース。ナチュラルな肉の本来味を残す赤身が大方を占めている大判肉です。一口で食らうとちょっとツラいほど。噛み締めるとその肉味がしっかり滲み出る旨さに、吸い込んだスープの旨味が加わります。噛み締めるほどに一体化擂る旨さ。気が付いたら嚥下し手喉奥に落ちている。ズルい肉め。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181101j:plain


 
 続いて今度は脂身の多そうな一枚を頬張るが、これはこれで脂身の旨さが加わり、歯応えもややソフト。噛み締めると脂身の明るいコクが甘さのように感じ入ります。ここでもスープの味が噛み締めるほどに感じて旨し。ううう・・・ビールは小瓶でなく中瓶にしておくべきでした。酒にぴったり。酒に妙な躊躇は不要とこころに刻みました。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181111j:plain

 
 
 
 
<メンマ> 短冊板型でライトな食感と出汁感!スープを吸い易く麺とも絡んで旨し!

f:id:TOMASSOON:20201201181017j:plain


 
 短冊というか板型のものと、スリムな材木型のものが入り混じる。量はとても多めで嬉しく、味わいは薄味系でスープや麺にも馴染みやすいタイプです。板型は繊維質にそってシャクリと歯切れがよく、スリム材木型はクニュリと柔らかい反応を一旦してから、コリッと淡く千切れる。そんな歯応えがランダムで感じながら、薄味の竹に、スープが混じった味わいを楽しみます。メンマラーメンもありだな・・・これだったら。そしてまた思うのが、酒にぴったり。ここでも、酒に妙な躊躇は不要とこころに刻みました。 
 

f:id:TOMASSOON:20201201181042j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> スープのライトさとマッチする薄出汁タイプ!ジュレ状の卵黄は濃密の中に軽く甘味を持つ旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201201180936j:plain


 
 本音は割ってない味玉の方が好き。なぜなら中の状態が分からない方がミステリアスで楽しいから。そしてスープに触れない中身の味わいが楽しめるから。とは言え、結局最後はスープに味玉を沈めて楽しむのだから、全くもって私は天邪鬼です。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181122j:plain


 
 優等生だと感じる味玉。全体の出汁浸透の深さ良し。薄出汁だからナチュラル。白身は均一に浸透しておりそれだけでも味わえる旨味あり。そして卵黄は全体的にネットリとした濃密ぶりで、近年の味玉に多いタイプ。沸騰茹で時間10分前後なのかしらん・・・。出汁が完全に卵黄の奥まで浸透してマチュアを感じる甘味がほんのり・・・。白飯に合わせて潰してまぶしても旨そう。やはり味玉って今回も旨いし万能です!。
 

f:id:TOMASSOON:20201201181128j:plain

 
 
 
 
総じまして「いつまでも変わらぬ旨さの大勝軒!優しい味に心ほっこり!」

f:id:TOMASSOON:20201201180724j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。東京とその近郊では説明不要の旨さのフォーマット!。流行るスタイルも好きですが、王道というか伝統感じる味わいも素敵!。優しい味わいはまさに心の味!。万人広く激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつもの通り締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201201191050j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 

関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅立川北駅

 

ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒 50年の秘密~
 
東池袋大勝軒 心の味(あさ出版電子書籍)

東池袋大勝軒 心の味(あさ出版電子書籍)

  • 作者:山岸一雄
  • 発売日: 2015/07/02
  • メディア: Kindle版
 

 

【今週のラーメン4369】 麺尊RAGE (東京・西荻窪) [限定]辛煮干しそば + 替え玉 + COEDO 毬花 〜肌寒さにホットな刺激!インパクト感ありのエスニック風辛煮干し!

限定のという言葉に弱い・・・素直に誘われてみた

 

f:id:TOMASSOON:20201127130329j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127130314j:plain


 

 この週は、少し多忙で頑張ったので、半日休暇でもいただくことにいたしましょう!。疲れているし腹も減ってるので遠征気分じゃなし。結局いつもの中央線沿線でお気に入りの店をネットで物色いたします。すると「麺尊RAGE」さんで限定やってるとのTwiterを発見。限定メインの月曜日でもないのに珍しいな・・・と言う流れで自然と足を向けてしまいました。限定って言葉だけで弱いのよね・・・私って。
 

f:id:TOMASSOON:20201127125927j:plain


 
 でもそういうのは何も私に限らずで、先客や後客はほぼその限定麺を注文しているじゃない。やはりSNSの情報発信力と伝播力ってすごいのねと考えつつ、客を引き寄せる店の魅力度ってのも考えたりする。いい店って宣伝力も素晴らしいのでしょうね。
 

f:id:TOMASSOON:20201127125920j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127125914j:plain

 
 
 
 
<酒> COEDO毬花!実に甘くも感じる華やかなアロマ!苦味に爽快感すら覚えるIPAの優れもの!

f:id:TOMASSOON:20201127130022j:plain


 
 こちら小瓶サイズしか置いてないのは承知してましたが、「COEDO」がラインナップに加わったのは知りませんでした。当然それをチョイス!。ひとことでCOEDOと言われても、どんなバージョンか知らされぬまま、配膳されたのは「毬花」と言う銘柄でした。IPA・・・上面発酵のタイプですな。欧州のパブで飲むようなイメージ。アルコール度数が高めで、ホップの量が多め。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130027j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127130016j:plain


 
 これは旨い!一口目から響きました!。ホップの清涼感が分厚く広がると共に、酵母の風合いなのだろうか、その香は芳醇で甘味もありそして華やか!。旨味が濃ゆいと言う感覚で、冷えもよく効いて旨い!。そして後味には軽く苦味が残り、飲み始めとはまた違った清涼さが感じられる。IPAって味が濃ゆいからたくさん飲めないのですが、これならいくらでも飲み干せそう!。初めて飲んだブランドでもないんだけど、こんなに旨かったっけ?と大きく見直してしまいました。当然、帰り道でクイーンズ伊勢丹によって、夜に備えて半ダース購入いたしました!。
 

f:id:TOMASSOON:20201127125958j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127130011j:plain

 
 
 
 
<全体> 真っ赤な辣油に煮干しの落ち着き!パクチー&花椒塩が香り立ち昇るエスニック感覚!

f:id:TOMASSOON:20201127125823j:plain

 
 
 COEDOをもう一本追加とも思ったが、ちょっと周囲の目が気になりまして、クヨクヨと迷っていたところで配膳完了!。ま、引導渡してくれたと思ってそのままそれと対峙いたします。その麺顔はこんな感じ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201127125848j:plain


 
 おおお!Twitterで見た感覚とはまた少し違う?なんだか少しエスニック感あるようでもあり、スタミナ系拉麺の雰囲気もありなむ。単に自家製辣油を垂らしたようでもなく、スパイス感が高く、花椒塩の香りが湯気にも染まっているような感覚です。そして三つ葉かと思いきや、それはパクチー。これも少し湯気に香りを乗せるので、一層エスニックな雰囲気を高めているではないか。また麺は今回選べるとのことで、手揉み麺にしたのもあって、いつもの煮干しそば感覚がとても抑え目に感じてしまう・・・実に面白い限定麺だこと!。
 

f:id:TOMASSOON:20201127125901j:plain

 
 
 
 
<スープ> シャープな辛さに軽い痺れと清涼感!煮干しの甘味がミスマッチなようでヤミつきに誘う旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201127130033j:plain


 
 ベースは確かに煮干しスープ。ノーマルな煮干しレベルで、苦味と甘味のバランスがよろしいです。サラッとしており片口の苦味や、いりこの甘味がとても落ち着きある旨味として広がる印象。しかし、辣油を感じたところで一気に雰囲気が変わります。スタミナ拉麺系のシャープな辣油の辛さが刺してくる。この煮干しと辣油のぶつかり合いは、序盤ではミスマッチ感少しあるかなと思い食っていたのですが、無意識にそれに慣れてしまった為か、ヤミつきになりそうな旨さと化している。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130043j:plain


 
 決定的なのは、花椒塩とパクチー。山椒の刺激と辣油の辛さは、まさに鬼に金棒的なコンビネーションで、辛旨系の味風景に全体を染め上げてゆくよう。そしてそれに絡んでくるのがパクチーで、あの独特な臭さが辛旨さをアクセラレートしてゆきます。この時点ですっかり、ベースは煮干しそばと言うことを忘れてしまってる。ところが、時々煮干し感がふわっと香る瞬間が訪れたりして・・・食えば食うほど面白い味風景。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130117j:plain


 
 
 
<麺> 手揉み麺!プリッと千切れる明るい食感!玉子麺らしいモチモチ弾力に汁が浸透する旨さ!薬味と相性抜群!

f:id:TOMASSOON:20201127130111j:plain

 
 
 この店の汁系で、細麺以外を食したことがないので、手揉み麺を選ぼうと訪問前から決めておりました。中太麺と表現していいんでしたっけ?。多加水系なのは一目瞭然で、玉子麺らしい色合いが印象的。赤いスープに黄色い麺がまた映えます。喜多方系ほどでない緩やかな捩れと縮れと不規則なボコボコ感あり。スパイス類を地肌に張り付かせながらスープの中を漂います。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130122j:plain


 
 ちゅるっと啜りたいところですが、汁はねしやすく、また器がこぼれやすいので注意しましょう(気がついたらカウンターの上びちゃびちゃ:汗)。歯応えはプリッと千切れて楽しい感覚。奥歯へ運ぶとモチモチした弾力で明るさを感じるような麺です。辣油も貼りついてるので辛味は十分。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130105j:plain


 
 噛み締めると汁を吸いやすいようで、ベースの煮干しスープの甘味と麺の素地がしっかり結びついているのが分かるかと。辛さの奥に甘味もあり旨し!。白葱が粗めにカットされてますので麺と絡めて食らいましょう。白葱も辣油と絡んでますが、その旨味も麺に絡んで美味しく感じますので。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130151j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 低温調理の鶏胸肉!タレの刺激感で爆ウマ!豚バラ肉は素朴な味わいと汁のミスマッチ感で旨し!

f:id:TOMASSOON:20201127130038j:plain


 
 こちらは、鶏肉の低温調理が実にいい。半レアな感覚が絶妙で、生肉のような食感が楽しめます。これは激しく冷酒を欲してしまう淡麗な旨さ!滋味なる旨さ!でして、そこに山椒や辛いスープが絡むと旨さ爆発!爆旨!。追加できるものなら肉増しを激しくオススメしたいです。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130127j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127130134j:plain


 
 また豚バラ肉もトッピング。これは煮干しそばにピッタリイメージできる。醤油ダレが周囲に浸透し、ローストの強い部分がまた香ばしくて甘いのです。これも辛いスープに沈めたりして味を絡ませます。スープで感じた和風とエスニックのミスマッチ感が、ここでも少し再現されるかも・・・・旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130140j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127130203j:plain

 

 

 
 
 
<替え玉> 隠れた看板メニュー!味つきなのでそのままでも旨し!つけ麺風に食らうもオススメ!

f:id:TOMASSOON:20201127130233j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127130227j:plain

 
 
 実は、これだけ通っておきながら、替え玉が旨いと知ったのは最近のこと。2号店で分かったのでした。お店では「つけ麺」風に食べるのを進めていますが、私はそのままで十分旨いと感じます。ま、一応両方いつも試すのですがね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130302j:plain

f:id:TOMASSOON:20201127130250j:plain


 
 醤油ダレに鶏油が足された感覚。甘味に少し魚介を足してあるかもしれません。全体的にすでにタレを絡めてありますから、まぜまぜしなくともOK。軽く乳化したようにタレが全体的に麺の地肌全体に貼り付き、滑らかに啜り食えます。タレの風味も良いですが、細麺素地の香りと甘味も十分に楽しめる逸品かと。この店くればこれをせずにおれなくなってしまってます。
 

f:id:TOMASSOON:20201127130321j:plain

 
 
 
 
総じまして「肌寒さにホットな刺激!インパクト感ありのエスニック風辛煮干し!」

f:id:TOMASSOON:20201127125943j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。レギュラーメニューがどれも一級品のように旨い店ですが、やはり限定も旨いし楽しいもの。またちょくちょくとTwitterをチェックして、また新たな限定も狙ってゆきたいと思います。西荻窪でランチなら激しくこちらをオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201127144639j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 

f:id:TOMASSOON:20201127130004j:plain

関連ランキング:ラーメン | 西荻窪駅

 

 

【今週のラーメン4368】 ラーメン 健やか (東京・JR三鷹) 味玉煮干ラーメン + 炊き込みご飯 〜緊張感の中に和やかさ!苦味と甘さが絶妙バランスの煮干ブレンド!崇高淡麗煮干そば!

カタ麺主義な私が三鷹・武蔵野エリアでイチオシするお店

f:id:TOMASSOON:20201126171936j:plain


 

 年末が近くに従い仕事が増えます。今日も在宅勤務ですが、近場から抜け出れません。拉麺活動は三鷹・武蔵野エリアで過ごします。と言うわけで、JR三鷹駅からほど近い店の中で、今回は「ラーメン 健やか」さんへGO!。この日は、晴天でも寒暖の差が激しく、昼間だとセーター来てると暑いほど。店についてからお冷を一気に飲み干しました。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171548j:plain


 
 ところでまた、コロナ禍の第3波が到来と・・・世相を騒がせていますね。営業時間の短縮とか要請が出されておりますが、飲食関連の方々の心中お察し!。「健やか」さんも衛生対応バッチリで、消毒や間仕切りなど完璧です。もはや衛生対応も店の評価の一部になってきた感がありますが、こちらはご安心ですよー。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171602j:plain


 
 今回は、久しぶりに「煮干し」をチョイス。月曜日限定営業の「裏健やか」は煮干専門なので、食らうなら裏営業にするのが常ですが、前日に国分寺でいい煮干しを食らった余韻を引きずっていたもので・・・。素朴な煮干しから、淡麗な煮干しへと意識が流れてしまいました。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171448j:plain

 
 
 
 
<全体> 緊張感の中に和やかさが溶けこむ・・・上質淡麗煮干そば!出汁の琥珀の輝きに透ける細麺が旨そう!

f:id:TOMASSOON:20201126171459j:plain

 
 
 さてその煮干系ですが、10年ほど前は「醤油ラーメン」とひとまとめになってたような記憶。今では一つのジャンルにカテゴリーされる認識です。分類の感覚では、醤油や塩が縦軸としたならば、煮干しは横軸。そこをクローズアップさせたのが近年のラーメントレンドだと感じております。味わいのフォーマットが確立された分野かと。苦味や甘味の構成が楽しみ・・・そんな妄想を重ねていたところで、配膳が完了です。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171511j:plain


 
 おおお!写真や動画では伝わりにくいが、緊張感と和やかさが溶けこむような独特の雰囲気ですよ。御店主のこだわりが乗り移ったような緊張感がありつつも、湧き立つ香りや風貌がどこかしらやっぱり煮干しらしい和やかさが広がるイメージ。興味深いのはトッピングの肉が2枚あるうちどちらも鶏胸肉。豚肉もあるの知ってるけれど、煮干しには鶏肉って主義なのかしら。表層を漂うエキスの塊は、いかにも煮干由来の成分。泡立ちがそれにくっつき、細かくザラつき膜を作ってます。全体的には琥珀色のスープが実に淡麗で旨そう!。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171522j:plain

 
 
 
 
<スープ> 柔らかい生(なま)醤油の輪郭に香り程度の煮干しの苦味!柔らかく溶けこむイリコの甘味!ゆっくり細麺の風合い滲み円やか!

f:id:TOMASSOON:20201126171716j:plain


 
 ひとクチめから、淡麗煮干しの風格が伝わります。ライトだけど芳醇に響く「苦味」と「甘味」。苦味はほぼ香り程度で味わいはとても淡麗。甘味は柔らかく円やかな風合いです。苦味は、ニボっとくるエグミ感とは無縁でシャープな切れ味なんだけど、どこか儚く上品なイメージ。片口イワシの片鱗を感じさせます。しかしそれだけじゃなさそうでもあり、片口イワシだけとは思えませんね。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171703j:plain

 
 
 甘味が複雑なブレンド感。頭にピンと浮かんだのは「いりこ」。その甘味はしっかりとキャッチしたが、薄口醤油・・・それも生(なま)だと思うが醤油のカエシにも結びついているので、それ以上は不明。うるめなど色々と考え出して味わい続けます。色々ミックスされてるようで、蘊蓄書きを探したところ、帰りの出口でそれを発見(衛生面を考えて、カウンターには物を極力置かない対策ぶりだから)。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171728j:plain


 
 答え合わせな気分。どうも「平子・鯵・片口・カエリ煮干・伊吹いりこ」が正解でそれがブレンドされてるとのこと。なるほど!。ところで、イワシは出世魚って知ってた?。「シラス→カエリ→イワシ」。スーパーで「食べられる煮干」ってよく売ってるけど、それが「カエリ」の場合が多いのよね。ハラワタまで食える煮干しだけど、苦味はとても柔らかい。そんなのもこのスープに滲んでいたと感じられ、頭を整理いたしました。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171652j:plain


 

 また後半は麺から滲み出た炭水化物の風合いも溶けます。それは糖質ってな感覚で、スープを少し霞立たせますが、ほのかで優しい甘味をプラスする印象。ググッと馴染みやすい旨さに変化しまして、味の楽しさはどこまでも続きます。
 

 

 
 
 
<麺> 自家製麺!パツンと歯切れ良さに広がる素地の風味!ゆっくり汁を浸透させやがて芳醇な甘味が滲む!噛むほどに旨し!

f:id:TOMASSOON:20201126171709j:plain


 
 へへへ・・・実は私「カタ麺主義者」。なのでこちらの麺は大好きこの上なし。いわゆる「パツパツ」系な歯応えで、それをどのスープラインナップでも提供してくれます。煮干し系ならパツパツ麺の相性抜群!。もう食らう前から旨いのを信じ切ってましたもん!。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171739j:plain


 
 とは言っても表層部分は半透明でしなやかさもあります。そこにスープが浸透するが、序盤では中心部の素地の風味が勝るイメージ。口当たりは上品で、スルスルと滑らかに啜れますが、前歯で千切る瞬間には小麦粉の風合いを少し感じるよう・・・。それを奥歯へ運んで束になったそれに力を入れて噛むと、クシクシと言う感じで潰れて一層の香りを知ります。咀嚼を重ねる度にじわじわと甘味が高まりましょう。煮干しの苦味や甘味と一体化!。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171806j:plain


 
 一本、細くて風味高い穂先メンマが入ってます。それとパツパツ麺を絡めて食らうも楽しからずや。全く別のクツクツとした歯応えと、メンマの淡麗な出汁と素材の味わいが、麺と絶妙に合いましょう!。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171838j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 引き締まりあり程よい歯切れの低温調理系鶏胸肉!仄かにスパイシー!煮干出汁にマッチ!

f:id:TOMASSOON:20201126171638j:plain

 
 
 特製にすると豚肩ロース肉が乗るみたい。2枚あるなら鶏豚一枚づつと思うが、敢えて鶏2枚。部位は胸肉。鶏胸肉と言えば、低温調理でコンフィにも似たふかふか!ぱふぱふ!な食感と、淡麗滋味なる素材感というイメージ。しかし、こちらは少し違って、引き締まりある歯応えと、しっかり出汁が染まった旨さがあります。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171733j:plain


 
 ぱふぱふしません。しっかりと噛み応えあり。カタイのではなく、柔らかいけど引き締まってるので低反発力あるって感覚。面白いようにどの方向から齧っても、サクッと小気味よく千切れます。繊維質がとてもきめ細かくてシルキー。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171750j:plain


 
 そして味わいは塩気が実にいいバランス。元々は淡白な味わいの素材だけど、奥に潜んでる旨さを塩気でぐいぐいと引っ張っているような感覚。食ってるうちに風味を感じましたが、蘊蓄書きによると多少スパイスが効いてるみたい。煮干しの軽い苦味と甘味に混じると面白い旨さとなった感覚です。2枚目は思い切りスープに沈め、味を絡めてから食らって楽しみました!。
 
 

 

 
 
<味玉> 塩ダレ系でフレッシュ且つ濃密な卵黄!煮干し出汁の塩気と甘味にもベストマッチでマチュアな味わい!

f:id:TOMASSOON:20201126171722j:plain


 
 ここの味玉は、塩ダレ系と思えるようなニュアンスなので貴重で旨いし好き!。フレッシュな卵黄の味わいが好きで、しかも出汁の浸透が深いから旨さ濃密。甘味を軽く感じるほどにマチュアな旨味と、毎回そんなことを感じながら食らいます。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171828j:plain


 
 特にこの系統だと煮干しの塩気と苦味によく合うと感じます。味玉の塩気とスープの塩気がリンクするというか、マッチするというか相性が良いようです。白飯と言うより、お酒に合うような不思議な味玉のイメージで・・・こちらの煮干し系なら味玉と合わせるのを激しくオススメでございます!。嗚呼、味玉期待以上に旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171818j:plain

 
 
 
 
<〆飯> 炊き込みご飯!濃口醤油と鶏のエキスがしっとり深く浸透する旨さ!おこげ部分としめじも旨し!

f:id:TOMASSOON:20201126171844j:plain


 
 カタ麺主義者なら何故大盛にしなかったのか?。それは「炊き込みご飯」を食らう予定だったからです。個人的にこちらのサイドメニューのこれが好きで、比較的ここに来ればよく合わせて注文してます。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171852j:plain


 
 濃口醤油を使った濃いめの味付け出汁で炊き上げた感じ。鶏は肉だけでなく皮も入っており、鶏醤油の旨さが全体的に滲み出てます。他にしめじも入っており、キノコ類の旨味も深く全体に滲みてる感覚。歯応えのアクセントにキクラゲも細かく刻まれ入ってます。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171910j:plain

f:id:TOMASSOON:20201126171929j:plain


 
 特に旨いところは3つ。まず【おこげ】。探すと必ずどこかに入ってます。醤油と鶏の旨味が滲みたご飯が焦げ付いてるのが絶品!。そして【三つ葉】。全体的に濃ゆい味付けだから、三つ葉と合わせると味と風味のコントラストが際立ち、実に旨さの幅を広げます。激しくオススメ!。そして【出汁をかける】こと。残ったスープを少しレンゲですくってかける。チャーハンでよくやる風景ですが、ここでもそんな楽しみ方はありなのではないでしょうか?。
 

f:id:TOMASSOON:20201126171922j:plain

 
 
 
 
総じまして「緊張感の中に和やかさ!苦味と甘さが絶妙バランスの煮干ブレンド!崇高淡麗煮干そば!」

f:id:TOMASSOON:20201126171613j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。実はこちらクラフトビールも相当拘っておりますので、週末休日の拉麺活動にビールを加えるのも良いです。そしてやっぱり何を食っても旨いし美しい麺顔!。ちなみにつけ麺の麺線はとても素晴らしいので一見の価値あり。中央線界隈で、パツっと旨い自家製麺に出会いたいと浮かんだら、何を置いてもまずここを激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものとおりに締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201126172342j:plain


 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

散歩の達人 武蔵野市・吉祥寺 (交通新聞社)

散歩の達人 武蔵野市・吉祥寺 (交通新聞社)

 
地域批評シリーズ30 これでいいのか東京都武蔵野市
 

 

【今週のラーメン4367】 拉麺 瑞笑 (東京・国分寺) 特製塩煮干しらーめん 〜素朴なようで淡麗!毎日でも食える安定感!質実塩煮干しそば!

今、国分寺では気分的にここ一択!

 

f:id:TOMASSOON:20201125142702j:plain


 

 ここも今年度のTRY新人賞に入賞しましたね。寡黙そうなお若い御店主で、特にそれを宣伝しているようでもないですが、姿勢と向き合う心が何だか渋いっす。おめでとうございます!と言う気分で久ぶりに再訪問させていただきました。あ、そうそう、記事見て知りましたが「すいしょう」って読むのですね・・・今までずっと「ずいしょう」と呼んでいました(汗)。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142355j:plain


 
 個人的には、今、国分寺ではこの店一択な気分。土日は混んでるイメージですが、平日昼は余裕で座れました。逆にちょと心配になってしまうんですが、その後パラパラと客が入って、マイペースで営業できる方がいいのかもしれません。今回は「塩煮干し」。開店当初は。限定メニュー扱いだったと言う記憶。人気があったのでレギュラーメニューに昇格の様子。背脂足すが迷いましたが、それはまた次回に回すー。
 
f:id:TOMASSOON:20201125142419j:plain
f:id:TOMASSOON:20201125142430j:plain
 

 
 
 
<全体> 気を衒わない思った通りのニボ塩感覚!淡麗と素朴のハイブリッド感!

f:id:TOMASSOON:20201125142407j:plain

 
 
 意外とメニューがコロコロ変化してまして、以前あったつけ麺がメニュー落ち?。また塩ラーメンは、塩煮干しに一本化したような今の状況。最近、中瓶ビールも置くようになったし、通い続けて飽きない感覚です。さて今回チョイスの塩煮干しは、こんな麺顔でした!。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142714j:plain


 
 おおお!安定感がありあり!奇を衒うところがないというか、王道の今風煮干しそばって感覚でしょうか。目新しさはないが、ひとつひとつパーツがしっかり質感が伝わってくるような印象で、シンプルに旨そうに感じるじゃないか!。仄かに霞む透明感に塩系煮干しのエキス感ありで、表層の油などは動物系の下支え感すら覚える次第。肉が2種あり分厚目。特製の面構えってな満足感も伝わります。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142726j:plain

 
 
 
 
<スープ> 煮干しのスッキリ感と下支えする動物感!塩気で輪郭ぴっちり!毎日でも食える安定感!

f:id:TOMASSOON:20201125142512j:plain


 
 さてスープ!一口啜るとピントがあってる!って直感的に感じます。煮干しっ気と塩気がそれぞれ凛としていて、双方のバランスが良い感覚。いわゆるニボっとした煮干しらしいパンチ力は抑えめですが、上品に甘口ってなわけでもなく、サラっと感じるような煮干し度レベル。王道と言えばそんな感じ。煮干しの味わい深いがスッキリしたとも言えると思います。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142519j:plain


 
 そして塩気が意外と効いてる。塩っぱさまではいきません。しっかりと塩系ラーメンたるアイデンティティを感じると言った具合。これにより味の輪郭がしっかりと感じられましょう。また煮干しのレベル感とも調和しており、いかにも「にぼ塩!」ってな味風景がぴっちりと決まってると言うイメージです。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142707j:plain


 
 下支えの動物系もスッキリしているし、また他の乾物系出汁感もまとまっている様子。優等生なスープとも感じますな。動物は鶏メインといったところでしょうか。気を衒わない旨さがここにある。
 

 

 
 
 
<薬味> 香ばしく甘味芳醇なるフライドオニオン!シャッキリ歯応えとフレッシュな甘味を醸し出す紫玉葱微塵!

f:id:TOMASSOON:20201125142506j:plain

 
 
 薬味がまた変化を持たせて飽きさせません。フライドオニオンを足せば、揚げた野菜の香ばしさと甘味が増す。これはかなり主張する薬味ですね。そしてそれに対比して、紫玉葱のフレッシュ微塵もたされます。2種の玉葱薬味と言う構成。フレッシュな玉葱の甘味が加わるだけでなく、噛み潰す食感も楽しめるから面白い。麺と絡むとまた一興。
 

 

 
 
 
<麺> 三河屋製麺!ストレート中細麺!プリっとモチっと歯切れ楽しく滑らかなスベリ感覚!終盤の出汁浸透で更に味わい深く!

f:id:TOMASSOON:20201125142607j:plain


 
 煮干し系でストレート麺と言えば、パツパツ歯応えな低加水が連想しがちですが、こちらは少しグラマスなストレート中細麺。引き締まりはあれど、プリっとした部分や、もちっとした印象を伝えるイメージです。風合いよりも甘味を感じさせるタイプで、にぼ塩との相性もピッタリ。塩気に麺のほのかな甘味が相性良しです。表層はツルツルでスベリもいい。ズボボボボボーーーーっと静かな店内に響くすすり音が、少しだけ恥ずかしい(苦笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142602j:plain


 
 そして汁を吸いやすいのも特徴。中盤以降からググッと浸透が早まるのを感じます。そしてすぐに炭水化物の糖分と一体化した旨味へと昇華し、啜るスピードがまた早まると言うもの。嗚呼・・・こんなことなら大盛にしておくべきだったよ。どうも千円以上になると、ケチな性格だから躊躇ってしまう・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142653j:plain


 
 麺の旨味が高まれば、海苔や崩れたチャーシュー、そしてフライドオニオンなどを意識的に絡めて食うとまた旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142632j:plain

f:id:TOMASSOON:20201125142658j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 分厚く脂身多めで味わい深い豚肩ロース!炙りの香ばしさに脂の甘味が蕩ける豚バラ肉!

f:id:TOMASSOON:20201125142529j:plain


 
 来る度に肉の構成が違う気がしてます。今回は豚の2種。肩ロースは脂身が多めでしっかりと差し込んだもの。周囲のタレの浸透とローストが深くて香ばしい味わい。そして分厚目で食べ応え十分。もちろん柔らかい。注文に応じて切り分けているようで、断面の色合いが綺麗です。汁に浸して熱と塩気を入れてから味わうのもまた格別。脂身の甘味が増し、そこにスープの塩気が混じる旨さがナイスです。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142617j:plain


 
 そして豚バラ肉。こちらは軽く炙ったような仕上がりで、これまた香ばしい。脂身はバラが一番柔らかくて甘味が濃ゆいと感じており、そしてスポンジのように柔らかで、たくさんのスープを吸い込みます。自重で崩れてそれを拾って食べるもよし、麺に絡めて食うもよし。炭水化物との相性が一番良い部位ですね・・・特製にした甲斐あり!。
 

 

 
 
 
<メンマ> 深い醤油系の味わいに甘味あり!スープの塩気に浸って深まる旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201125142525j:plain


 
 ちょっとスリムな材木状。深い醤油系の下味を感じ、少し柔らかいがフニャっとした歯応えの後で、クツっと感じるような歯切れです。味わいは濃いめですがなかなかあっさりと食せるイメージ。深い醤油系の味わいに甘味あり!。これまた、にぼ塩スープに十分に浸してから食うと、別の塩気と旨味がたされて旨さアップです。スープの塩気に浸って深まる旨さ!
 

f:id:TOMASSOON:20201125142626j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 見た目マイルドで濃密な卵黄のトロミ!意外と塩気が効いて食欲誘う旨さあり!白飯相性良さ気?

f:id:TOMASSOON:20201125142535j:plain


 
 これもメンマ同様、ベースの出汁が深く浸透したようでミルクティーのような褐色が深いです。割ると卵黄は、全体的にネットリとしたトロミと、少しハードなジュレ状態が半々。出汁と卵黄の濃密な旨さが一体化し、マチュアな味わいが広がります。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142622j:plain


 
 少し塩気が効いた味わい。なのでどこか食欲を刺激するような感覚もあり、なんとなく白飯と合わせても良さそう。これも今回はスープに一部沈めて、塩味を深めて味わい尽くしました。嗚呼、やっぱり味玉って旨さの感覚無限大。ハズレな思いしたことないトッピング!。
 

f:id:TOMASSOON:20201125142636j:plain

 
 
 
 
総じまして「素朴なようで淡麗!毎日でも食える安定感!質実塩煮干しそば!」

f:id:TOMASSOON:20201125142448j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。気を衒わない旨さと言いましょうか、ラーメン食べ慣れている人ほどハマる旨さではないでしょうか?。だから毎日でも食えそうな感覚!。国分寺も拉麺店密集エリアですが、今一番勢いを感じるのはここかも!激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201125162844j:plain


 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅

 

国分寺市民室内プール!

国分寺市民室内プール!

  • メディア: Prime Video
 
第1話

第1話

  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: Prime Video
 

 

【今週のラーメン4366】 くじら食堂 nonowa東小金井店 (東京・東小金井) 特製ブラック 細麺 大盛 〜ワイルドな風貌にシャープな味輪郭!ニンニク入れてマイルドパンチ!やみつきブラック拉麺!

ついにヤミつきになってしまったブラック系?

 

f:id:TOMASSOON:20201124164909j:plain


 

 在宅ワークがかなり板についてきて、共有しているスケジュール表にボコボコと会議が設定されて行きますよ・・・。部屋に缶詰状態にならざるを得ず、これじゃストレス溜まるよね。ベランダでひと息つこうとタバコを吸おうにも、洗濯物の邪魔になる。うー・・・朝からコヒー飲み過ぎて何だか気持ち悪い。
 

f:id:TOMASSOON:20201124164835j:plain


 
 こんな気分の時はガッツリとJ系でも食らいたいものですがそれは無理。ならばと、最近心の中で痛快さで好印象のブラック系拉麺に賭けてみましょう。レギュラーで提供している「くじら食堂 nonowa東小金井店」へ、昼休みにチャリで猛ダッシュですよ。平日ならなんとか満席キープで直ぐに座れる状況です。
 
f:id:TOMASSOON:20201124164857j:plain
f:id:TOMASSOON:20201124164753j:plain

 
 ちょっと面白いことに、東小金井店は「ブラック」。三鷹店は「白醤油」。Black&White で棲み分けしてます。気分次第で使い分けるもよし。何かまんまと、くじら食堂の策略にハマってしまった感覚?
 

 

 
 
 
<全体> 醤油の漆黒な宇宙に・・・香味油が星屑のように煌めく!?味玉はダブルの満月!横たわるペッパーと肉は大地のような安定感

f:id:TOMASSOON:20201124164846j:plain

 
 
 実は最近、こちらでは名物の手揉み太麺の他に細麺が選べるようになりまして、その細麺でブラックを試してみたかったのもあり!。ワイルド差の中に、清廉な細麺がどのように絡むのかが興味津々。そんな思惑で狙った一杯は、こんな麺顔でした!。
 

f:id:TOMASSOON:20201124164812j:plain


 
 おおお!ブラックチャーシューに比べると、とても漆黒な迫力の中に力強さと美しさがありますね!。肉だらけもいいですが、海苔や味玉が漆黒スープにとても映えて見えます。闇夜の山々の稜線だったり、お月様のような抒情的な丼風景。それに漆黒スープに浮かぶ香味油の泡とか流れが、宇宙と星屑のようにも感じらえる?。そして横たわる肉はゴツくてブラックペッパー塗れ。大地のような安定感なる見栄えや旨さも妄想してしまいます。こういった見た目のインパクトも、ヤミつきにさせる一因なのかも。
 

f:id:TOMASSOON:20201124164921j:plain

 
 
 
 
<スープ> 凛々しさやキリリ感をゆうに超える濃密パンチな醤油感!ペッパーの刺激と塩気の他には鶏豚旨味と乾物甘味が染み通る!

f:id:TOMASSOON:20201124164945j:plain

 
 
 すでに知ってる味わいだが、やはり最初の一口はワクワクが止まらん!。その初動の味わいは、ギュギュギューーーと醤油感が強く迫ってくるようなインパクト。醤油の香ばしさも、余韻と言うよりパンチが効いたようなイメージです。それにブラックペッパーが染み込んでいるので、塩気がパワフル。塩辛いと言うより風味が強い味わいと言う感覚ですので、ジャンキーな痛快感が広がるようです。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165020j:plain


 
 醤油とペッパーだけでなく出汁も効いている!。豚鶏の優しい清湯系のさっぱり旨味が確かに滲みている。動物系のコクがサラサラと舌の上を滑り流れ、醤油の後味が広がる前にコク深く感じ取れる部分ありです。そして確かに甘味すら微妙に感じる?。富山ブラックほどのはっきりした甘味ではなく、もっと淡白な甘味ですが、節系も少し溶けるか??。ブラック一色!モノトーンな見栄えの中に、味わいは実にカラフル!。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165026j:plain

 
 
 
 
<味変> おろしニンニクは必須アイテム!ペッパー&ガーリックでシャープに攻めろ!

f:id:TOMASSOON:20201124165059j:plain


 
 ブラック拉麺で、ニンニクは外せません。今回も性懲りも無く、おろしニンニクを投入!。レンゲの凹みに移し、その中にスープを呼び込んでかき回し溶かし、あとは一気に沈めて全体へと攪拌させて行きます。やはり、これが入ると一気にパンチ力が生まれますし、味にシャープさが増すようなイメージ。在宅勤務だから、口臭はお構いなし(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165105j:plain

 
 
 
 
<麺> ストレート細麺!まるで焼きそばソースが絡むように早や浸透するスープの褐色感!スベリも持ち上げもナイス!具材を絡めまくって食らう旨さの痛快さ!

f:id:TOMASSOON:20201124165014j:plain


 
 引き上げると、すでに醤油に染まってる。深い褐色が全体的に広がり、麺線の陰影があって細い割には迫力満点です。湯切り終えたカップ焼きそばに、ソースを絡めたあの色合いに相当!。太麺で染め上がるので、細麺なら尚更と言う感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165041j:plain

 
 
 汁の浸透がいいから、腰つきもしなやか。なので寄り添い易いのかスープの持ち上げもなかなか良いです。滑らかでライトな啜り上げが楽しい!。醤油味一色でもなく、麺の素地の甘味も失われず、ますますハマる旨さです。三鷹店のバリカタ麺と同じかどうかは不明。色合いとスープが違うと分からなくなるものですねぇー(汗)。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165110j:plain


 
 こういった濃ゆい味わいに染まった麺は、具材を絡めて食いましょう。いつもの通り肉厚な海苔で巻いて食べたり、柔らかいチャーシューのかけらを呼び込んで合わせて食らったり・・・組み合わせで楽しみがいがある麺かと!。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165046j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> タレに二度仕込みされたような深い旨味の豚バラ肉!ペッパー塗れで更に肉の迫力が高まる旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201124164940j:plain


 
 この店舗ではご存知の豚バラ肉の分厚いもの。自重で崩れそうなほどの柔らか肉で、赤身もさることながら脂身の蕩けと甘味が最高です。そこに醤油ベースのタレが浸透し、出される直前で軽く炙りを入れられます。うまさ保証!。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165001j:plain


 
 これがブラック拉麺の上に乗り、スープと絡まると醤油ダレの二度付け?再仕込みかのように、また深い味わいに変化!。そして上から満遍なくふりかけられたブラックペッパーの風味がジンジンと響きます。酒がここにあったらな・・・・平日の昼間に食らうと逆に飲めずに辛いかも(笑)。前回はブラックチャーシューにして肉尽くしでしたが、特製の2キレでも迫力十分でした!。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165126j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 濃密でマチュアな甘味の卵黄にブラックスープの塩気が染まる旨さ!ライスを欲する!

f:id:TOMASSOON:20201124164950j:plain


 
 こちらの味玉は、出汁がしっかり染み込んで卵黄と深く結びついた旨さ。濃密な感覚で甘味すら感じるマチュアな旨さが好きなのです。そこにブラック系スープの濃ゆい味わいが足されるわけで、甘辛いような・・・いやいやより甘味と塩気がヴィヴィッドに反応したのか、ちょっと面白い旨さに変化。思いっきし沈めてから、汁と一緒に味わい楽しみました。
 

f:id:TOMASSOON:20201124165033j:plain


 
 そして・・・あまりしないのだが、スープとの相性が面白かったので、今度は海苔と合わせて味玉を食らってみました。大雑把に、レンゲに海苔を敷いて、その上に味玉を乗せて、海苔で包み込むようにしながら口へと運び味あう!。うん!スープと海苔の風味が濃厚な卵黄の味わいに絡まり、これはこれで実にありな旨さ!。味玉の楽しみと旨さはつきませんね!。嗚呼、味玉の旨さにハズレなし!。
 

 

 
 
 
総じまして「ワイルドな風貌にシャープな味輪郭!ニンニク入れてマイルドパンチ!やみつきブラック拉麺!」

f:id:TOMASSOON:20201124164825j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。何だか、ストレス発散の新しい吐き出し方を見つけてしまったと言うより、ブラック拉麺の沼にハマってしまったのかも。毎回ここでこれを食らうわけにもいかないので、近隣のブラック系を少し開拓しないと、今後の在宅ストレス開放に関わりますので調べてみるつもりです。二郎系でもなく、パンチのあるやつ食べたいなぁ〜など、食って発散したい時には激しくオススメ!。レギュラーメニューですからいつでもどうぞ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201124170500j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 

f:id:TOMASSOON:20201124164909j:plain

 

関連ランキング:ラーメン | 東小金井駅新小金井駅

 

 

【今週のラーメン4364】 麺屋 さくら井 (東京・JR三鷹) 特製らぁ麺 [塩] 麺中盛 〜最高レベルにあり続ける飽くなき探求心と向上心!いつ来ても旨さを実感!実に飽きない塩そば!

いつ来ても旨さを実感!実に飽きない塩そば!

 

f:id:TOMASSOON:20201119181900j:plain


 

 今日もテレワーク。そして忙しい!。時間をずらして昼休憩。平日昼間とは言え、どうせ混んでるだろうと思って「麺屋 さくら井」を素通りするつもりが、開店30分でポールポジションが取れそうじゃないか!。思わず並ぶ!!。そしたらなぜかこの日は、すごく早めに営業開始を前倒してくれ、たった10分弱で店の中へと案内されましたよ!。こんなこともあるんだねー・・・最近エグイ行列しかイメージないから、超ラッキー気分。
 

f:id:TOMASSOON:20201119181915j:plain


 
 基本的にどれを食っても旨い店。だからこそ悩む。気持ちの整理もつかないままに、券売機へ誘導されたものだから・・・本当にその場その瞬間の思いつきで「特製塩」をチョイス。そして押してから、2回前に同じのを食ってたのを思い出した(汗)。ま、旨いからいいか。いつ来ても旨さを実感!実に飽きない塩そば!なのだから。以前、大盛で苦しかったことを思い出し、今回は中盛で抑えておきましょう!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119181927j:plain

 
 
 
 
<全体> もはや絵画のような美しさ!出汁の透明感にレアな肉の迫力!旨さのオーラ流れる麺顔!

f:id:TOMASSOON:20201119182447j:plain

 
 
 この店に来て、飲めないというのが個人的にはツラいね。カウンター一番右端の席には、冷えたビールと日本酒一升瓶が並んでるから、もうここは酒の誘惑席ですな。誘いに負けない内に早く配膳が進んでよかった・・・それはこんな麺顔でした!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182005j:plain


 
 おおお!いつ見ても飽きない美しさ!スープは穏やかでキラキラ。肉は艶めかしく旨さで誘い、麺線はゆったりと横並びに揃えられてる。上部には凛々しい海苔と青菜とメンマが配置。そして仕上げに帆立の粉が添えられている。もうこの姿を何度見たことか。まさに旨さのオーラを垂れ流し状態で、気が付くとうっとりしている自分を発見します。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182025j:plain

 
 
 
 
<スープ> おお!また少し進化!帆立貝柱のエキスとパウダー!上品な鶏旨味と乾物の溶込み!更に和山椒が染みる!

f:id:TOMASSOON:20201119182111j:plain

 
 
 さてスープ。もう何度も啜り食らいて語り尽くしたかと思えど、旨さワクワクして伝えたい衝動が今回も止まりません。大山鶏に加え名古屋コーチンも加わる鶏出汁。丸鶏の部分は、鶏エキスや鶏油が芳醇に煮出されてると思うのですが、ことの他上品ですっきり。そして優しい味わいで、淡麗というより芳醇。全く負担のない旨さ。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182105j:plain


 
 そこに魚介系の乾物旨味が非常にバランスよく溶け込んでいます。鶏と魚介のバランスが甲乙つけ難しで、乾物は甘味もしっかりと与えているイメージ。そしてやはりこのスープの特徴は、帆立のエキス。塩ダレにはしっかり帆立エキスが溶け込んでいるようですが、それだけでなく「帆立の粉」がトッピングされ、それを溶かしながら味わうという工夫です。鶏節のようなパウダーに近い感覚だから、さっと溶けやすい。そして味わいをしっかり全体に伝える!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182201j:plain


 
 ところが今回はこれだけではなかった!。なんと「和山椒」がすり潰されて淡く溶けているではありませんか!。和山椒のラーメンは、一時期集中的に都内を食べ歩きましたが、それよりはかなり淡い。淡いけど味の輪郭をふわっと付けているような味の展開で、感覚的には和食の雰囲気。ちょっと訪問の間隔を空けただけで、また新たな工夫を溶かしていますね!。うう・・・また進化したイメージ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182304j:plain

 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺!序盤は素地の風味と甘味を感じる旨さ!終盤の汁を吸いきってからの品やかさと甘味は絶品!中盛以上オススメ!

f:id:TOMASSOON:20201119182221j:plain


 
 こちらの麺も好きです。とても白地が美しく映えるストレート細麺。麺線がくっきり見えがちな角細麺です。汁を割と吸い易いタイプと感じてますが、大盛にするとバランスが変化しそうなタイプ。大盛対応もしっかりしてくれてます。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182234j:plain

 
 
 別に芯があるわけではないが、序盤は麺の素地の風味と甘味をちゃんと伝えてくれるようなイメージ。湿ったプツプツとした千切る歯応えと、クスクスと潰す感触の合間にそんなことを感じてしまいます。中盤になると汁の浸透が一気に深まるような感覚で食べ続ける・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182323j:plain


 
 終盤にはしっかりと汁が浸透しきって、微妙にのびた風にも感じますが、そこからがまた旨し。より品やかなこしつきとなり、スベリが最高に気持ちいいじゃないか!。そして出汁との一体した旨味が高まる!。大盛はバランス崩れるから嫌がる店も多いけど、こういった変化も楽しみのうち!。中盛以上を激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182329j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> ご存知東京屈指の鶏豚2種低温調理肉!そのまま食らうも良し!汁を吸わせても良し!

f:id:TOMASSOON:20201119182059j:plain

 
 
 これもこの店の看板アイテム。東京トップクラスのチャーシューと言えましょう!。低温調理系では右に出るのはあるのか?ないのか?。全体に優しく熱が通っているようでもあり、生の感覚がありありな豚肩ロース肉。下味と肉本来の味わい。それに脂身の蕩ける甘味が最高の柔らかさです。舌の熱で溶けるのではと思うほどの食感。これには隠し包丁も入ってるのを私はいつも見逃しません。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182138j:plain

f:id:TOMASSOON:20201119182144j:plain


 
 また同様に鶏胸肉のコンフィっぽいチャーシューですが、パフパフな弾力み魅力的ですが、品やかに蕩けてシルキーとすら覚える肉感触。ここに少しスープが浸透して更に旨しです。いくらでも無限大に食えると思う!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182334j:plain

f:id:TOMASSOON:20201119182339j:plain


 
 そして今回は、仕上げに降りかかった和山椒の粉が、少し肉にも舞い降りて・・・その風合いも混じる旨さ!。チャーシュー皿で柚子胡椒が付くのですが、これとはまた違う、軽やかでも風雅なる刺激が肉味に溶けるのが最高!。嗚呼、肉も進化したのかと思ってしまう。特製で肉増しにしといて本当に良かった!。
 
 

 

 
 
<他具材> 歯応え凛々しい青菜とメンマ!清涼感と円やかな出汁の旨さを同時に堪能!

f:id:TOMASSOON:20201119182122j:plain


 
 これもいつものアイテム。青菜(小松菜)と細切りメンマが実に凛々しい食感を楽しませてくれます。同時に青菜は清涼感を運び、メンマは浸透した出汁の円やかさと、素材感を上手く合わせた味わい。これを食らうとやっぱり酒が欲しくなる・・・。やはり、いい店ほど休日に来るべきである!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182404j:plain

f:id:TOMASSOON:20201119182410j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 白身は出汁の風味で優しい旨さ!卵黄は凝縮すら覚える旨味の密集!優しさに濃密感あり!

f:id:TOMASSOON:20201119182132j:plain


 
 こちらも語り尽くしたアイテムですが、実は出汁はかなり深い浸透ですが、見た目は淡泊だし、味わいに濃ゆいと感じさせる部分は低め。なのに味わい深い。白身は薄っすらと染まっており、それだけでも味わえる円やかな風合い。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182345j:plain


 
 そして卵黄は、玉子本来のフレッシュさもあるようでもあり、出汁と一体化したマチュアな甘みもあり、不思議な濃密さあり。スープの塩気とも相性が良い為、少し沈めて味わいを足してもナイスです。これはご飯や麺と絡めるより、単体の味わいをダイレクトに楽しみたいですねー・・・・。嗚呼、やっぱり味玉の旨さにハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20201119182351j:plain

 
 
 
 
総じまして「最高レベルにあり続ける飽くなき探求心と向上心!いつ来ても旨さを実感!実に飽きない塩そば!」

f:id:TOMASSOON:20201119182433j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。少しづつ、どこか薄っすらと進化が加わり、いつも新鮮に楽しめる一方で、気が付けば以前よりもかなり旨くなってるパターンか?。かなりの人気店ですので、週末は混雑必須。秋の穏やかな日にのんびりと並んでみてはいかがでしょう?。秋グルメのひとつにいかがでしょう?激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201119183008j:plain


 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 

f:id:TOMASSOON:20201119182457j:plain

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4362】 東京味噌らーめん 鶉 (東京・武蔵境) 特製辛味噌らーめん 大盛 + サッポロラガービール赤星 中瓶 〜質実なる優しさの中にホットな刺激とその旨さ!素朴麺と絡まる楽しさ!晩秋に染み入る深き味噌麺!

普段あまり味噌を食わない男が通う・・・味噌専門店
 


東京味噌らーめん 鶉 (東京・武蔵境) 特製辛味噌らーめん 大盛 + サッポロラガービール赤星 中瓶 〜ラーメン食べて詠います

 

f:id:TOMASSOON:20201121150800j:plain


 

 ラーメンを食らう記録を取り始めて早や4000杯以上。その中で味噌系は200杯も食えてない。実はラーメンでは滅多に味噌系を食わない男です。そんな私が唯一、定期的に通う味噌専門店がこちら「東京味噌らーめん 鶉」さん。単に家から近いから?いえいえシンプルに美味いと思うからです。味噌と言えば白味噌文化のエリアで、私が生まれたのもあり、味噌ラーメン自体食べ慣れないまま、大人になり上京しました。だから今になって目覚めたのかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20201121150828j:plain


 

 さてさて・・・それほどこのお店に、ヘビロテでもない訪問状況だと思うのですが、近頃「毎度ありがとうございます」とのお言葉を頂くようになってきました。そろそろ常連の仲間入りを果たしたとほくそ笑んでいたのですが、今回は御店主からハンドルネームも声がけされましたよ(瀧汗)。顔とネームが一致したと言うことで私タジタジ・・・。店前には行列発生が見えたので、こちらこそいつもすみませんねとか、短く言葉を交わさせていただきました!。最近、三鷹武蔵野エリアでは、顔とハンドルネームがバレつつありますな・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201121150816j:plain


 

 
 
 
<酒> サッポロラガービール赤星!休日の過ごし方!秋晴れに染み入る苦さと旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201121151024j:plain


 
 こいつが置いてあるのも訪問意欲を湧かせます。サッポロ赤星があるだけで幸せ!。こちらは陶器のコップが冷やされて出てくるのが印象的です。冷えた陶器ってのも面白いが、陶器の微妙なザラザラ感がいいのでしょうか・・・泡立ちがいつもよりクリーミーにも感じます。和風な感じで日本最古のブランドビールを飲むってのも粋かと!。秋晴れを感じつつ、味わうビールの泡は雲のようでもあり、ホップの苦味と麦芽の旨味を、泡立ちと共に楽しみます。
 

f:id:TOMASSOON:20201121150955j:plain


 
 サービスおつまみがまたいい!。小皿にギッチリと盛られた切り落としチャーシュー。低温調理の質感が品やかで淡麗な低温調理の肩ロース。ブラックペッパー系塩胡椒が振られ、薬味ねぎ乗る上に、塩ダレのようなのが垂らされてます。旨いのは確実!。分厚めなカットなのも合って、噛み締める度に肉本来の旨味が、次々と酒を誘うじゃないか・・・。嗚呼、休日の過ごし方としては最高!。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151050j:plain

f:id:TOMASSOON:20201121151044j:plain

 
 
 
 
<全体> 質実な味噌風景に自家製辣油の鮮やかさ!彩りと味わいの華麗なるコントラスト

f:id:TOMASSOON:20201121150856j:plain

 
 
 そう言えば初訪問は奥様と二人三脚だったのを覚えています。とても気さくて丁寧な接客だったので印象深い。ご出産と子育て時期は、ワンオペで大変そうだったのも思い出しましたよ。味噌ラーは手間が掛かるから大変・・・。乗り越えて今があるって感じでしょうか。サッポロ赤星で軽く酔って妄想重ねてた頃合いに配膳が完了!。それはこんな麺顔です!。
 

f:id:TOMASSOON:20201121150843j:plain


 
 おおお!本格味噌系にしてはとても美しく整った麺顔!。中華鍋でガチャガチャ豪快に野菜や出汁をかき回していたにも拘らず、ぴっちりと美しさも演出。そして山盛り感も演出し味噌系のインパクトも与えているではありませんか。SNSやってる輩としては、こういう見栄えが大切にも思えて実はありがたい。美しいポイントは3つ。肉の質感と重なる配列。ベースの味噌スープと辣油のコントラスト感。そしてコニーデ型火山を思わせる山盛り稜線と頂上にある糸唐辛子。火山を思わせるデザインと、ホットな辛味噌のイメージが一致するようです。さながら、辣油の垂れ流しは溶岩流のようにも見えなくもない・・・。芸術は爆発だ!ラーメンも爆発だ!(岡本太郎連想した人、結構おじさん?オレもそう!)。
 

f:id:TOMASSOON:20201121150943j:plain

 
 
 
 
<スープ> 優しい動物系に芳醇円やかな味噌の溶け込み!炒めた野菜の甘さと香ばしさ!しっかり染みる花椒塩と辣油の刺激感!

f:id:TOMASSOON:20201121151114j:plain


 
 何回か食ってるハズなのに、今回は妙に美味かったのよ!。過去レビューと見比べて見たけど、何がどう違うのか不明だけど・・・。旨さは3段構成+α。【味噌】【動物系ベース】【自家製辣油】
 

f:id:TOMASSOON:20201121151133j:plain

 
 
 やはり【味噌】がいい感じ。「東京あぶたま味噌」使用との触れ込み。以前のレビューでも語りましたが、てっきり奥多摩エリアの味噌蔵かと思いきや、Google先生によると東京中野らしい。3種の麹を使うなど想像を超えた味噌。赤味噌のような塩気が漂うようで、実は麦味噌な如く甘味を感じるタイプ。味噌は知識ないのであしからず。優しいようで力強い。力強いようで優しい。風味も高い味噌なので激しくオススメ。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151159j:plain


 
 そして【動物系ベース】の出汁がいい感じ。鶏豚両方あるようですが、個人的には鶏系がいい感じ。店のうんちく書きでは「赤鶏さつま」と「大量の豚骨」とありますが、コラーゲン感覚が少しあり滑らかなトロミあり。口の周りにほんのりと貼り付くエキス感もあるのです。それが鶏のモミジなのか?豚骨(かしら)なのかは不明だが、個人的には前者だったら嬉しいかと。
 
 
 さらに【自家製辣油】がいいね!。本当はこのお店は「ごぼう油」が人気なんだけど、ひょっとしてこちらの御店主・・・香味油の使い手?スペシャリスト??。熱せられた油と赤唐辛子の迅撃!そこに花椒塩が滲むのはありありと分かるが、和風スパイスがあるのか・・・妙に清々しくもインパクトあり。瓶詰めで売ってくれ。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151145j:plain


 
 これら三位一体の構成で中盤以降は、カオスになり混じりあい一体化した旨さです。そして自家製麺から吐き出される【炭水化物の甘味】も加わり、旨さがゆっくりと盛り上がって行くという図式ですー。
 
 

 

 
 
<麺> 自家製麺!手揉み感ありあり!極太平打ち縮れフォルム!優しいタッチ!汁を吸い込み品やか!具材と薬味を絡めまくり!啜りと咀嚼がいちいち楽しい!

f:id:TOMASSOON:20201121151233j:plain

 
 
 一駅離れた「東小金井」にある「くじら食堂」。同じ「七彩」での御修業経験おありとか。喜多方系を思わせる手揉みピロピロ麺。ひと目みて好きになる。素朴な旨さですがやっぱり今風な洗練された演出も感じます。自家製麺を謳う店は、たいてい国産小麦粉。こちらも例に漏れず。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151315j:plain


 
 何回も上から体重かけて押しつぶすようなイメージが合ったのですが、握りしめるようなふわっと感もありそうです。見たわけじゃありません(汗)・・・食うと柔らかくて優しい食感なのでそう妄想するだけ。薄い部分などは、麺と言うより皮のような滑らかさ。そして表層の滑る層があり、それがスベリも良くするし、スープと絡んで味わいをキャッチするようです。噛み締めると、小麦粉の優しい甘味も感じるはず。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151330j:plain


 
 そして・・・嗚呼、汁を吸うね。ゆっくりと。柔らかい麺の旨さってここにある。終盤に近づくと一気に麺に出汁の旨味と一体化した甘味を感じます。それだけでなく、薬味や具材と絡み出すのが嬉しい!。歯応えと旨味のカオスも高まり、気がつけば、ズボボボボボボボボボボボボボボボボボボボーーーーーーーっと啜り上げ倒しているオレです。今度から自前紙エプロン持参したろかしらん。
 
 

 

 
 
<チャーシュー> 脂身少なめの淡麗な肉感!辛味との相性絶品!そして薄くタレが深く染み入る低温調理肉!

f:id:TOMASSOON:20201121151127j:plain

 
 
 ビールのサービスおつまみとして提供されたアレが、フル装備で登場!そんなイメージ。おつまみの時点で、このチャーシューは「レクサス級」なハイレベルと感じてます。おつまみが「IS」の積み重ねだとしたら、今・・・目の前にある肉は「LS」の縦列駐車状態。もしくはLSのリムジン(見たことねぇけど)。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151214j:plain


 
【手切り】【オーダー毎】なのがありありですね。カット面を見ると波打つ線あり。それが均等に並ぶのが手際のよさとリズミカル感。「手切り」による包丁の動きすら感じます。そしてきっと、これは「オーダー毎」に受けてからスライスしたと思わせる・・・カット面の鮮度あり。一杯に向かう姿勢を十二分に感じてしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151221j:plain


 
 さて肝心な味わいですが、軽く引き締まる歯応えと赤身の旨さが光るかと!。もちろん脂身の甘味もいいです。私が好きなのは、赤身がもつ肉本来味が、薄く淡い醤油系出汁と合わさり深く滲みていると言うところ。低温調理ならではの味表現でしょうか・・・・酒が進みます。このままでもシンプルに旨いが、辛味噌スープと絡めめるとまた違った旨さ!。肉をソースでディップするような感覚で、沈めて泳がせてから食うのも一興かと!。自家製辣油が、変わったスパイスソースのような存在感でマジ旨し!。
 
 

 

 
 
<ヤサイ> 中華鍋で炒められ出汁と絡まり自家製辣油が混じり合う!優しい味とホットな刺激が交錯する旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201121151209j:plain


 
 私は中華鍋で炒めが始まる瞬間が大好き。最初に炒めに入る野菜類・・・それは「もやし」なんだけど、炒め始まる瞬間が急にワクワクします!そんなこと、皆さんはありませんか?。炒め油の香りに、もやしの水分が混じり弾ける。一気に煙が立って、その瞬間に炒め野菜の香ばしさが香るのです。そしてスープが足されて軽く煮る間に、その香りがスープにも移るよう。その代償として、もやしもスープの旨味を得る。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151238j:plain


 

 少しクタり気味なもやしが、妙に旨い!。出汁の旨味と野菜ならではの淡い甘味がとても合う!。それだけじゃない、その上に自家製辣油の刺激と、その花椒塩の塊がもやしに添えられてるのです。旨味と甘味と刺激が一気に交錯して、パニクる旨さ!。そこに敢えて麺を絡めて食いましょう!。きっとハマる旨さですから。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151243j:plain


 
 さらに挽肉のアシストが泣かせます。もやしが・・・旨味と甘味と刺激が一気に交錯しパニクる旨さな状態に、挽肉の肉汁と旨味が重なります。もやしと麺が絡む隙間に、挽肉がいちいち入り込みますので、旨さハンパなし!。
 
 

 

 
 
<味玉にハズレなし!> 円やかな薄出汁が深く染み入る柔らか味玉!甘味が辛味噌を通しても感じられるほど濃密な旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201121151120j:plain


 
 日によっては「Twitte見ました!」と申告すればサービスしてくれます。訪問前にお店公式Twitterを要チェック!。今回ははなから特製食おうと思ってたから、発想除外でした。さてこの味玉、あっさりしてるようで実は深い。他でも見かける、薄出汁の深い浸透状態。全体的は柔らか仕立てで、卵黄の中心部に少しトロミを残すタイプで、卵黄全体ではジュレっぽい部分が多し。個人的妄想では、沸騰後11分と見立てます。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151308j:plain


 
 出汁と卵黄の濃密さが一体化して、濃密感と甘味ある旨さです。舌の上にねっとりと絡みつくのもあり、辛さで刺激しまくりの感覚には嬉しい甘さ。辛さの刺激がほぐれた舌で味わうと、白身の旨さもまた優しいじゃありませんか。卵黄と白身を合わせて食うのもまた一興。今回もまた、スープに少し沈めてから味わいますが、どっちも旨いね!。嗚呼、やっぱり味玉の旨さは果てしない!。
 

f:id:TOMASSOON:20201121151325j:plain

 
 
 
 
総じまして「質実なる優しさの中にホットな刺激とその旨さ!素朴麺と絡まる楽しさ!晩秋に染み入る深き味噌麺!」

f:id:TOMASSOON:20201121150925j:plain

 ・・・と言う感動!。味噌ラーメンにも色々あるけれど、東京味噌と謳うこれから発展系の心一気に激しく応援!。ありそうでなさそうな質実味噌麺!。そしてすでに完成度が高い味噌麺!。ちょっと中央線では地味な武蔵境駅ですが、しっかり良い拉麺根付いてます。途中下車して食らうも激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201121200943j:plain

 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 

関連ランキング:ラーメン | 武蔵境駅

 

芸術は爆発だ!(小学館文庫): 岡本太郎痛快語録

芸術は爆発だ!(小学館文庫): 岡本太郎痛快語録

  • 作者:岡本 敏子
  • 発売日: 1999/10/06
  • メディア: 文庫
 
岡本太郎 爆発する言葉

岡本太郎 爆発する言葉

  • 作者:柏 耕一
  • 発売日: 2020/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【今週のラーメン4361】 人類みな麺類 Red (東京・赤坂) らーめんmicro チャーシューのせ[ジェノバ風担担麺]+ 玄米ご飯 〜既成概念飛び越える・・・和の出汁感にイタリアの風!辛くな痺れないテンテンポラリー創作担々麺

担々麺専門だからRedなのか?赤坂だからRedなのか?

f:id:TOMASSOON:20201118190652j:plain


 

 大阪の名店「人類みな麺類」が東京・恵比寿に進出。それからあまり間をおかず、今度は東京のハイソなど真ん中「赤坂」に出店!。こんな場所、全く縁がないので行きたくても行けなったのですが、ちょっと千代田線を利用する機会がありましたので、逃さず訪問してみました。行列だったら引き返そう・・・なんて気持ちもあったのですが、案外肩透かしで直ぐに入れて、ゆったりとテーブル席に案内されました。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190703j:plain

f:id:TOMASSOON:20201118190658j:plain


 
 やはりそうだよね・・・赤坂なりの価格。デフォルトが1,280円、そこからスタート。ま、そんなのも少し予想して来たのだから覚悟はできてますよ。しかし、この価格感覚でアルコール類を考えると・・・週末昼には来れないかなぁ〜。相変わらずヘタレなオレです。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190528j:plain

f:id:TOMASSOON:20201118190543j:plain


 
 さてこちらは「担々麺専門店」とのことですが、メニューラインナップは、「原点」「micro」「macro」と本店と同一です。それに合わせて味変化アイテムが変更とのこと。micro だったら「ジェノベーゼ」がのる。「macro」だったら「イタリアントマトペースト」がのる。さて・・・どうしたものか。実は無類の「ジェノベーゼ好き」で自宅のベランダでバジルを栽培しては、自家製ジェノベーゼを作ってる私でして・・・、今回は「micro」とさせていただきましょう!。
  

f:id:TOMASSOON:20201118190404j:plain

 
 
 
 
<全体> お店のアイコン的な豪快な肉塊!都会的ハイセンスを感じさせる赤い透明感と緑のジェノベーゼ!

f:id:TOMASSOON:20201118190638j:plain

 
 
 価格高い設定だけあって、おしぼりは水商売で広げて出してくれるようなフカフカでデカいもの(ここでは広げてくれない)。そんな店も何年も行ってないなと邪念をしていたところで案外早めに配膳が進みます。それはこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190451j:plain


 
 おおお!いかにもハイセンス!都会的な担々麺!。担々麺もかなり食ってきた自負ありますが、こんなに透き通ったスープ感は初めて!。丼の底まで見えそうな透明感で、見ようによっては醤油そばと変わらない色合いかと!。微妙に浮かぶ辣油のエキス、そして挽肉の山が、担々麺たるプレゼンスをようやく確保しているような心境です。それと青梗菜もそう思わせる?。・・・そしてこれだよ!このブランドならではの肉の塊!豚バラ肉のチャーシューがないとやはり「人類みな麺類」に来た気がしない。後客の若い女性だって迷わずチャーシューのせを選んでますよ。嗚呼、しっかり食べる女性って素敵だよね!。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190514j:plain

 
 
 
 
<スープ> 醤油系かと見まごうほどで麻辣感はかなり低め!和風をしっかり感じ取れる出汁感!

f:id:TOMASSOON:20201118190711j:plain


 
 さてスープ!こんな担々麺は味わった覚えがないかという印象です。短く言えば淡麗系。担々麺にそんなジャンルが通用するのか?有り得るのか?と思わせますが、正直そんなところ。そして「辛味はすごく柔らか」で「痺れない」と言うのも特徴で、目を閉じて味わうと「醤油味」と感じるかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190756j:plain


 
 ポイントは「和出汁」。これは、昆布や乾物系・・・そして鰹の枯節等が優しく浸透する味わいが沁みる。こんな体験は、担々麺ではこれまであったか思い出せない。穏やかさがこれほど溢れる担々麺はなく、これぞ創作系!ハイセンス!コンテンポラリー!などと形容詞を並べたい気分にさせます。それでいて、担々麺に踏み止まっており、きっと辣油と仄かに中華系スパイスが混じるのかと思われます。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190821j:plain

 
 
 
 
<味変> ジェノベーゼ!淡麗系担々の味風系に・・・一気にイタリアンの風が吹く!

f:id:TOMASSOON:20201118190743j:plain

 
 
 なのにジェノベーゼをここに投じてる!。担々麺としての既成概念を破壊して、新たな担々麺を創作しているとしか思えませんな。これを溶かすと一気に無国籍風な味わいに変化いたしました。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190848j:plain


 
 自宅で作るジェノベーゼは、フレッシュバジルを粉々にミキサーしたものに、パルミジャーノレッジャーレ・松の実・エキストラバージンオリーブオイル・おろしニンニク・塩コショウを配合します。しかしこちらは、フレッシュバジルが主体的で、あとはオリーブオイル程度か?。もろバジルと言う清涼感に包まれます。なので清湯を濁すことなく、フレッシュなる清涼感をダイレクトに伝える感覚。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190915j:plain

 
 
 
 
<麺> スパスパと小気味よく千切れるストレート中細麺!微妙にボコつき感覚あり汁を吸い込む旨さ!挽肉やバジルと絡み易く噛むほどに楽しい旨味あり!

f:id:TOMASSOON:20201118190858j:plain


 
 恵比寿で食したものと同じです。恵比寿で打ったのを赤坂へ運んでいるイメージ。ジェノベーゼや胡麻が麺に張り付き、汁が絡んで少し浸透しているから分かり難いが、しっかりと麩の打ち込みがある中細麺です。麺の風合いの中に甘味を感じる逸品で、私は恵比寿では替え玉をしてしまうほど好きな麺。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190904j:plain

 
 
 やっぱりスパスパと小気味よく前歯で千切れるのが快感で、ズボボボーっとすすり上げると多少暴れながらハネを撒き散らします。紙エプロンもらった方が良いです。噛み締めると、淡麗担々スープが淡く浸透する味わいに、貼り付いたバジルの風合いが強く響いて旨し。後追いで麺の素地から感じ取れる甘味が浸透して旨味に結合しますねー。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190909j:plain


 
 さらに挽肉が絡み易いから、肉と下味の甘味が加わり、いっそう複雑な旨さに昇華!。挽肉の優しい弾力と麺の弾力のぶつかり合いも、歯応えとしては楽しいところです。最終盤になると、肉片とも絡めたりして、美味しい楽しさが尽きない!。替え玉したかったけど、白飯を追加したもんだから敢えて今回は自制です。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190958j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> ブランドご自慢の極厚トロトロ豚バラ肉!しっかり下味と脂身の甘味を感じさせる旨さ!スープに浸して更に旨し!

f:id:TOMASSOON:20201118190837j:plain

 
 
 チャーシューあってこその人類みな麺類。もう驚きはしないと思ってたんだけど、醤油ダレの深い浸透に少し意識してしまいました。ふかふかと柔らかさこの上ない豚バラ肉の塊。一応スライスっぽい形状はしてますが、その分厚さから角煮のような見栄えです。そしてフカフカこの上ない柔らかさ。箸で摘むだけで千切れるようでもあり、それでいて自重で崩れそうで崩れないのが秀逸です。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190832j:plain


 
 外周の醤油色は漆黒と思えるほどの濃ゆさ。しかし食らうと塩気より甘味を感じる味付けがナイス!。スープをスポンジのように吸い込みまくっているのも面白く味わいました。本当に噛むと筋繊維にそってサクッと割れますし、噛み締めるほどに汁が溢れてジューシーな肉。追加した白飯の上に移動させて見ようかとも思いましたが、箸が止まらずそのまま食し切ってしまいました。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190843j:plain

 
 
 
 
<挽肉> 辛さ忍ばせるが甘味のある肉味!ジェノベーゼと絡むと清涼感がプラスしまた面白い旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201118190801j:plain


 
 担々麺と言えば、挽肉に花椒塩が滲んでいたりするんですが、それがここでは有りません。あったとしても僅か。挽肉のふかふかさと、下味と肉味のジューシーな甘味。それがスープにも浸透して全体を円やかにしているように思えます。
 

f:id:TOMASSOON:20201118190815j:plain


 
 微かに唐辛子が溶けているのも分かりますし、またジェノベーゼと挽肉が混じり合う旨さもあり、これはこれで挽肉だけでも美味しく楽しめるかと!。ジェノベーゼと絡むと清涼感がプラスしまた面白い旨さ!。追加してみたい気もしますが、デフォルト価格を再考するとヘタレてしまうオレ・・・。
 

 

 
 
 
<他具材> 青物(青梗菜)に青物(ジェノベーゼ)のタレが滲む味の面白さ!

f:id:TOMASSOON:20201118190920j:plain


 

 淡い清涼感(青梗菜)に、強い清涼感(ジェノベーゼ)を足す味わい。あると思います!。担々麺と言えば、青梗菜の青い見栄えとその淡い清涼感。少し下味やスープの辛味も混じって、箸休めとなるのが担々麺では一般的ですが、これらが混じり合うとハッキリと主張する清涼感と映ります。バジルを野菜として食するような面白さ!?。野菜はバジルで清涼感をアクセラレート!。
 
 

 

 
 
<〆飯> 玄米ご飯!担々麺ならライス割!?ここは赤坂だからお上品に茶漬け風にしてみたよ!

f:id:TOMASSOON:20201118191018j:plain

 
 
 ここが新橋だったら、迷いなく白飯は丼の中の残った汁にぶち込む。ここは赤坂で、オサレな雰囲気の中に、若くて綺麗系なお姉さんがおられますからねぇ〜・・・・。出汁茶漬けでも味わっているふりをして、白飯茶碗にレンゲで汁を注ぎ入れます。しかも泰然たる態度で。
 

f:id:TOMASSOON:20201118191042j:plain


 
 しかし、本当に出汁茶漬け風になりましたな。担々麺の残り香が低めなので、挽肉の旨味とそして出汁の仄かさ、そして白飯の甘味を淡麗に味わいました。玄米の風合いを感じることをすっかり忘れて一気にフィニッシュ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201118191048j:plain

 
 
 
 
総じまして「既成概念飛び越える・・・和の出汁感にイタリアの風!辛くな痺れないコンテンポラリー創作担々麺」

f:id:TOMASSOON:20201118190717j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。一時期、それなりに担々麺にハマったのですが、こんなの初めて。ちなみに、担々麺なら、汁なしと冷やしならこんなまとめもしてみたことあり。
 
 
 ともあれ、大阪の名店名作「原点・micro・macro」の赤い担々麺バージョン!場所は屋号のRedゆえにか赤坂!・・・いずれ制覇して、新しい担々麺の世界の違いを楽しみたいと思います。最先端担々麺を体験するならここ!激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201118191808j:plain


 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
f:id:TOMASSOON:20201118190606j:plain
f:id:TOMASSOON:20201118190620j:plain

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

 

 

【今週のラーメン4360】手揉み中華そば 中村 (さいたま・大宮) 特製塩中華そば + ハートランドビール 中瓶 〜芳醇な出汁感!穏やかな手揉み太麺!路地裏に優しさ溢れる和みの塩そば!

埼玉の名店「狼煙」セカンドブランドは何と清湯系!

 

f:id:TOMASSOON:20201122162555j:plain


 

 あっと言う間に師走が迫る。本当に今年一年で世界中が変わってしまったようなコロナ禍の年。医療系に限らず飲食系と運輸系の方々は、本当にご苦労な一年だったかと思います。私の本業業界もインパクトを受けておりますが、そんなこともコロッと忘れてしまいそうな休日の秋晴れの日。ちょっと遠征気分で大宮へ。いつも利用する新宿から、埼京線・湘南新宿ラインを使えば案外近いですね。今回の狙いは「手揉み中華そば 中村」さん。あの埼玉の名店「狼煙」のセカンドブランドとのこと。しかも清湯系と手揉み麺で挑むと言うスタイル変化。これは混む前に早めに行っとけと言う算段でございます。
 

f:id:TOMASSOON:20201122161935j:plain


 
 余裕をかまし過ぎて・・・開店時刻5分まえに到着すると、早開けですでに満席な上に、外待ち15名と言う有様。諦めて引き返す人もいる中で、折角の遠征なので素直に連結いたします。しかし案外列がストレスなく進み、実感として並び初めて30分少々で実食スタートと言うイメージです。ご参考まで。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162047j:plain

f:id:TOMASSOON:20201122161958j:plain


 
 さて一番人気はやはり特製中華そば(醤油)のようですが、手揉み太麺がウリとのことなので、ダイレクトに麺の風味を味わいたい。激しく迷ったものの、そんな気が働いて、今回は「特製塩中華そば」とさせていただきましょう!。ちょっとお高めの1250円也。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162012j:plain

 
 
 
 
<酒> ハートランドビール!美味い店にはこれがある!ズシリとした苦味の中にどことなく軽やかさな清涼感!

f:id:TOMASSOON:20201122162119j:plain


 
 基本的に休日の活動で酒がない店には行かない私。そしてどこか赤星かハートランドを求めているオレ。へへへ・・・事前に諸兄のレビューでハートランドを置いてあるのは知っておりまして、それも今回の訪問意欲の表れに繋がります。グリーンボトルだけ眺めていても心が喜ぶ!。着席した途端に冷えたボトルとグラスがやってくる。ありゃ?グラスはスーパードライと書いてあるが、まぁいいか。いつもと同じですが、ズシリとしたホップの苦味と麦芽のコクが甘くにも思わせる。喉が乾いていたのもあり、格別に旨く感じます。喉越しの泡もいい感覚だが、あとくちが少し清涼感あるのが、私のハートランドに感じる特徴。だから止められない!。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162131j:plain

f:id:TOMASSOON:20201122162209j:plain
f:id:TOMASSOON:20201122162217j:plain


 
 サービスお通しは、鶏胸肉の切り落としと細切りメンマ。淡白な味の取り合わせで、歯応えはコリコリとフカフカのコンビネーション。これをツマんでは、その後味をビールの泡で洗い流す。嗚呼、休日の楽しみぃ〜。これがあるだけで、気持ちよく550円が払えますな。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162137j:plain

f:id:TOMASSOON:20201122162150j:plain
f:id:TOMASSOON:20201122162156j:plain
 


 
 
 
<全体> 穏やかで仄かな霞みを保つしっとり汁感!鮮やかな卵黄と裏腹の手揉み太麺の穏やかさ!

f:id:TOMASSOON:20201122161924j:plain

 
 
 家族連れも来られてました。小さいお子様も静かに並んでたし、店の中でもしっかりと残さず食べようとしてるし、本当にエライエライ!。ベビーカーは少し辛いが、高い椅子でも一人で座れるお子様なら一緒に来れますな。昔の我が家を見ているようで、ほのぼのとした気分でいたタイミングで、案外早く配膳が完了。ハートランドをまだ飲み干してない状態で受け取った麺顔は、こんな感じです。
 

f:id:TOMASSOON:20201122161946j:plain


 
 おおお!これまた東北南部を彷彿とさせる素朴な穏やか拉麺ながらも、どこか今風な存在感!。スープは透明だが旨味が滲んで少し霞みがかる感覚。透けて見える極太で手揉み縮れた麺が、素朴さに拍車をかける。その一方でとても鮮やかなオレンジ色した卵黄がヴィヴィッドな感覚。やっぱり今風の拉麺と思わせますな。特製ゆえに肉が多めな上に、ワンタンが2つ入っているのも嬉しい部分で、全体的には和みのなかに贅沢気分ってな感覚。休日の特別感を見事に演出する風格あり。シンプルに旨そうだわ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162019j:plain

 
 
 
 
<スープ> サラサラしつつも芳醇さたっぷりの地鶏達のエキス感!乾物系の旨味に貝類の滋味!麺の風合いも溶ける!

f:id:TOMASSOON:20201122162309j:plain


 
 スープが素朴なようでキラキラしてます。いかにも地鶏エキスって感じで、出入り口のうんちくを後から確認すると、「博多地鶏・阿波尾鶏・タマシャモ・大山鶏」。厳密には地鶏とカテゴライズされないのもありますが、こだわりの鶏の旨味感!。口の周りにぺたぺた貼り付くことはなく、さらっとした丸鶏煮出しと言う感覚。ガラから骨髄が滲み出るようなエグミも感じません。ピュアな鶏旨味感で、芳醇と感じる味風景。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162323j:plain


 
 塩中華と言えども、ナチュラルな甘みも多いです。乾物が程よく溶けていると言う印象で、個人的には節系メインな甘みかと。もちろん昆布や煮干しも一通り入っているようです。塩気は、ぬちまーす?。言葉の響きから察する通り、沖縄の海塩。実に円やかな塩気で、うるめ煮干しと良く合いそうな味わいと妄想が止まらない・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162329j:plain


 
さて滋味っぽさに、貝類が滲んでるなと感じてはいたましたが、アサリくらいは想像してましたが、正解はホタテと蛤とのこと。ホタテの味はいつも外してしまうダメ舌な私です。中盤以降になると、太麺の成分がゆっくりスープに溶けて滲むため、甘みをます感覚。なので細かい貝類の味わいは、終盤ではすっかり味のカオスさに埋もれてしまうかもですな。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162335j:plain

 
 
 
 
<麺> 自家製麺!全粒配合の手揉み太麺!蕩けるような滑りと優しい歯応え!素地の甘みに出汁の旨味が一体化!

f:id:TOMASSOON:20201122162419j:plain


 
 出入り口に製麺機を発見!。自家製麺の証。さてその麺ですが、全粒配合で軽く斑点が浮かぶ見栄え。手揉み麺ならではの、複雑素朴な捩れと手揉みつぶれがいいかじ。凹凸部分と分厚さが相互にランダムに交錯するため、汁に触れたり具材をひっかけたりするのに都合が良さそうです。また、啜り上げの口元タッチも楽しいし、喉越しのシルエットも感じさせてとても印象的。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162425j:plain

 
 
 密度感低めなタイプで、汁も吸いがちだから、とても柔らかい歯応え!多加水と言うのも影響してるのか、端っこ部分は蕩けているような感覚すらあります。これは出汁を吸い込んだ方が旨いに違いないタイプで、普段はカタ麺主義者の私でも愛してしまう優しい旨さ!。噛み締めると素地の甘みを十分に感じさせるような旨さが広がります。なぜ大盛りのボタンを押し忘れたのか、激しく後悔。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162431j:plain


 
 終盤は細切りなメンマを麺に絡めながら食しました。ふわふわとろとろな太麺と、コリコリなメンマの混じり合う歯応えが楽しいし旨い!。この麺・・・汁だけじゃなく、いろんな具材と絡めて食っても旨いみたい!。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162531j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 鶏豚2種!ロースト感が程よく残る豚肩ロースとふかふか感触のコンフィ系鶏胸肉!

f:id:TOMASSOON:20201122162243j:plain


 
 肉も旨いね!。豚肉は肩ロースの大判スライス。中でも比較的脂身が少なめな質感で、赤身の肉本来の味わいを楽しめるタイプです。ここに芳醇な塩スープが滲んでゆき、合わさる旨さで残りのビールを味合うのがまた最高!。ゆっくりと脂身の甘みもまわり出すので、旨さがまた深まる感覚です。また、周囲にロースト感がしっかり感じ取れる一枚も入っており、その香ばしさが加わると更に旨し!。サイドメニューの「ローストポーク丼」も旨さが激しく期待できます。誰か試して欲しい。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162353j:plain

f:id:TOMASSOON:20201122162412j:plain

 
 
 鶏胸肉もあります。これはコンフィに似たタイプで、胸肉のあっさりとした滋味がいい感じ。これもスープを吸い込んでなんぼの旨さ!って感覚で、しっかり吸い込ませてから食らいます。まさにスポンジから吐き出された汁は、鶏肉と出汁のエキスが結合してめちゃ旨い!。これでまたビールが進んでしまい一気に飲み干すことになります。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162340j:plain

f:id:TOMASSOON:20201122162347j:plain

 
 
 
 
<ワンタン> 肉餡はひと回り大粒?シンプルで素直な塩胡椒挽肉!尾ひれ短めでつるっと一口で頬張る楽しさ!

f:id:TOMASSOON:20201122162250j:plain


 
 肉を楽しんだ後でもワンタンが残っているのが嬉しい限り。全体的に尾ひれが短め?に感じますが、肉餡の方がひと回り大きく感じます。味わいはシンプル系で、挽肉に出汁が滲んで塩胡椒がいい塩梅で美味しい。薬味を込めなくとも、スープの旨味と一体化するだけで大変美味しゅうございます。なので一口でつるっといっちゃってください。3つ入ってた記憶ですが勘違いかも?。もしくは手が滑った?。ワンタン麺も激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162451j:plain

f:id:TOMASSOON:20201122162458j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 卵黄の濃密さありあり!マチュアな甘みとねっとり舌に絡みつく濃ゆさで旨さ濃厚!

f:id:TOMASSOON:20201122162303j:plain


 
 久しぶりに濃密なオレンジ色を見た気分。もう白身の味わいまで頭が回りません。艶かしくも深いオレンジ色。車のウィンカーよりも数段深くて明るい色合い。全体的にトロトロと絡みますが、ジュレ状態な部分もあり、境目なくグラデーションかかる濃密さ。味わいは、強めの出汁が深く浸透し、卵黄の濃密さにガッツリと一体化しております。まさにマチュアな旨味!。スープに沈めてもその濃ゆい旨さは変化せず。酒のアテにでもなりそうな濃厚味玉旨しです!。嗚呼、やはり味玉の味わいにハズレはない!。
 

f:id:TOMASSOON:20201122162439j:plain

 
 
 
 
総じまして「芳醇な出汁感!穏やかな手揉み太麺!路地裏に優しさ溢れる和みの塩そば!」

f:id:TOMASSOON:20201122162057j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。狼煙のスタイルとは真逆な攻め。近年、こういった系統の店もじわじわと増えている気がしますが、この手揉み麺があれば、路地裏と言えどかなりの拉麺ファンを引き込めるかと。巨大ターミナル大宮駅から歩ける距離だし、夜の部も期待大。特にお疲れ気分な時にしっとり優しい旨さです。激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201122164448j:plain


 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 

f:id:TOMASSOON:20201122163352j:plain

f:id:TOMASSOON:20201122162113j:plain

関連ランキング:ラーメン | 大宮駅

 

 

【今週のラーメン4359】 中華蕎麦 きつね (東京・芦花公園) 濃厚特製中華蕎麦 + まかない丼[ネギ塩牛丼] 〜出汁も麺も飯もみな実にハートフル!食えば心も潤う楽園拉麺!一回食っとけ!

今年は芦花公園界隈が拉麺的には熱かった!


中華蕎麦 きつね (東京・芦花公園) 濃厚特製中華蕎麦 + まかない丼[ネギ塩牛丼] 〜ラーメン食べて詠います

 

 今年度のTRY新人部門賞では、芦花公園駅界隈から2店舗が選ばれましたね・・・本当に春先から夏にかけては、このエリアが拉麺的に熱かったかと!。比較的マイナーな駅ですが、たくさんのラーメンファンがここを訪れるために下車したことでしょう。ちょっとお祝い気分もあって、少し久しぶりに「中華蕎麦 きつね」さんを再訪問させていただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183750j:plain


 
 こちらは基本的に通し営業だから、個人的には嬉しい次第。仕事の都合で少し時間をずらしてみましたが、ほぼ満席で人が入れ替わるような流れで、店も客もまったりした空気感が店内に流れておりました。若い夫婦船経営で、接客も和むし清潔感もあっていいよね・・・。もしメニューボタンにビール中瓶か冷酒が増えれば、個人的にはヘビロテしたいお店です。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183240j:plain


 
 そして・・・BGMがいいね。ずっとビートルズが流れている。オヤジ世代には懐かしく、若い世代にもキャッチ―に響いてて、世代を超えて共感できるのが嬉しいね。大好きな音楽と大好きなラーメンをいただくこの瞬間が最高でございます!。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183207j:plain

 
 
 
 
<全体> 何ともほっこりさせるお揚げと出汁の狐色!湯気に甘味すら漂う朗らかオーラの垂れ流しに和む~

f:id:TOMASSOON:20201116183658j:plain

 
 
 もう最初から食うもの決めてた!前回は清湯系だったので、今回は濃厚系!そして売上貢献で特製とさせていただきましょう!。そんな一杯の麺顔はこんな感じです。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183334j:plain


 
 おおお!見た瞬間から優しいオーラの風がこみあげてくるみたい!。スープとこの店のアイコンでもある大きいお揚げの色合いで、「優しさ」を訴えてる。それはペールオレンジともオレンジピールともとれる柔らかい色合いで、同時に甘味のある風味が湯気を通して伝えて来るようです。他には、デデン鎮座する肉や、凛々しく聳え立つ厚手の海苔もあるんですが、力強さよりも柔らかさが上回っているような佇まいが、余計に旨そうに思える。うう・・・今日ここに来て正解と感じる瞬間!。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183319j:plain

 
 
 
 
<スープ> 何というサラサラして軽やかな鶏豚コク!魚介の甘味とお揚げの出汁も滲むのか!?極上の柔らか旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201116183434j:plain


 
 一度訪問済なので、味の傾向は事前につかんでいるはずだったんですが・・・どうしてどうして!いざレンゲで汁を啜り上げると、旨さで唸ると言うより、旨さでにんまりと微笑んでしまいそうです。何というサラサラして軽やかな濃厚スープ!。冒頭からシルキーな流れとワードが浮かびます。ぽたぽたしてるわけじゃなく、柔らかく軽やかな濃密さと言うか・・・何とも形容し難い。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183440j:plain


 
 これは分類が難しいね・・・。動物感と魚介感の2本立てだと思うが、そこにお揚げを煮て含ませた出汁が混じりあるから、面白いMIXの仕方をしております。動物感から考えると、鶏白湯でも豚骨でもどちらもありではないかと。しかし、スープのシルキーな流れを考えると、鶏白湯がより近いかと感じた次第。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183744j:plain


 
 もう少し言えば「魚介鶏白湯」と言うのがあればいいんだが・・・甘味が柔らかくともしっかりと溶けているのは、魚介系の甘味だと感じました。そして甘味で言えば、「お揚げから滲み出る出汁」が凄く役割を果たしている!。これまで食べたことないような出汁の甘味へと、全体を仕上げています。これらがすべて備わって、極上の柔らか旨さと感じる!。
 

 

 
 
 
<麺> しっとりと優しいタッチの加水高めなストレート細麺!。汁との相性抜群で持ち上げよし!スベリ良し!甘味も良し!

f:id:TOMASSOON:20201116183523j:plain


 

 
 加水はやや多いイメージ。ストレートさが目立つけど微妙に平型なフォルム。舌触りのシルエットが分かりやすいタイプ。歯応えはプツプツと柔らかく千切れて、奥歯ではクチリと潰れて、直ぐに汁の旨味と一体化するのがいつもの通りです。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183529j:plain


 
 ただ凄く今回は滑らかに思えた逸品。地肌自体もきめ細かく滑りやすいが、全体的なしなりがとても品やか!。まとまりが良い麺とも言えて、汁の持ち上げも良い上に絡まるのにも優れているイメージです。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183516j:plain


 
 時が経過するほどに、汁が浸透するような感覚。なので一層品やかさが増す上に、汁と麺が一体化する甘味が益々感じられるかと。柔らか麺の旨さにも似てて、汁の旨味を一番楽しみながら食える麺との戯れです。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183537j:plain

f:id:TOMASSOON:20201116183543j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 引き締まりある肉にスープが浸透!タレと肉の旨味が甘い出汁に溶けて優しい旨味!

f:id:TOMASSOON:20201116183427j:plain


 
 肩ロースで赤身と脂身が割とくっきりと分かれているタイプ。バックに近い部分なのかは不明。下味がしっかり施された風合いは脂身の外周からもうかがえ、引き締まりを感じる赤身の見栄えです。食えば肉繊維にそって柔らかく千切れ、ビールのお供としても共感できる、脂の甘味と塩気、そして肉の本来味。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183448j:plain


 
 汁を吸い込みがちなのでそれも旨し!特に赤身はそんな感じで、汁を含んでは徐々に自重で崩れていくよう。タレと肉の旨味が甘い出汁に溶けて優しい旨味!そこを海苔やら麺で絡めてくらう楽しさありです。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183454j:plain

 
 
 
 
<お揚げ> 出汁の甘味と・・・お稲荷風のお揚げの甘味が実に朗らか!デカくて食べ応えもあり!

f:id:TOMASSOON:20201116183500j:plain


 
 屋号と関連するアイコン的存在のトッピング。この店意外でお揚げを乗せたラーメンを直ぐに思い出せないでいます。少なくとも、ここまで大胆なお揚げは、ラーメンでは知りません。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183509j:plain


 
 このお揚げが甘い和出汁に包まれて、油揚げの甘さもあってそれらが共鳴するが如し旨し!。特にスープを吸い込み、さらにジューシーに仕上がっているからめちゃ旨いのです。そこを敢えてまたスープに沈め込んで味わいと足す!。ううう・・・このまま白飯の上に乗せて食らっても成立する旨さ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183608j:plain

 
 
 そんなお揚げとスープであそんで食らい進めると、どんどんスープにもお揚げの出汁の旨味が広がって、また旨さを高めるのですよねぇ~・・・このラーメンは面白い。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183614j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 食感は柔らか仕立て!白出汁にも似た柔らか味わい!白身ふわっと!卵黄ねっとり!

f:id:TOMASSOON:20201116183721j:plain


 
 味玉は、全体の色合いに同化せず、白さを保ってます。塩味玉か?と思ってはみたものの、出汁系の円やかさがあったようなので、白醤油か白出汁系の下味なのでしょうか・・・これまた全体の味風景ともマッチして旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183549j:plain


 
 仕上がりは全体的にふわふわ。白身はふわっとぷるぷるした仕上がりで、卵黄は全体的にジュレ状態が多く、ねっとりと舌に絡みつく濃厚感ですが、熟したようなマチュアな部分は割と軽め。ナチュラルな玉子味を楽しめるイメージえしょうか。嗚呼、今回も旨し!味玉はハズレない旨さ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183555j:plain

 
 
 
 
<〆飯> 新名物!日替わりまかない丼!今回は「ネギ塩牛丼」色鮮やかで味わい深し!

f:id:TOMASSOON:20201116183226j:plain


 
 こちらはサイドメニューにも力を入れておられ、奥様がくりなす黒い稲荷寿司が人気。そして最近、店の公式ツイッターなどを拝見すると、「日替わりまかない丼」も人気なようで、画像からその質感と旨さがありありと伝わってきます。今回はそいつをチョイス!
 

f:id:TOMASSOON:20201116183636j:plain


 
 ネギ塩牛丼・・・名前からイメージしてたのよりずっと旨そう!。牛丼と言うより、ハイカラ豚肉丼といった見栄え。牛ばら肉と葱はイメージ通りですが、「にら・フライドオニオン・糸唐辛子」が薬味として備わり、更に白ごまを散らすという丁寧さ!。しかも結構肉の量もあって食べ応えあり。具材と白飯の間には、刻みのりが敷き詰められ、手も込んでる。色鮮やかだけでなく、しっかり味わい深い逸品として仕上がってます。本当に、毎日変わるメニューでどれも旨そうなので、激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201116183643j:plain

f:id:TOMASSOON:20201116183650j:plain

 
 
 
 
総じまして「出汁も麺も飯もみな実にハートフル!食えば心も潤う楽園拉麺!一回食っとけ!」

f:id:TOMASSOON:20201116183347j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。ここは何を食っても旨い店!。通し営業で使うに勝手もいい店!。そしておもてなし感もあるいい店!。ご家族連れや女性一人でも気兼ねなくどうぞ!激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201116184552j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 

関連ランキング:ラーメン | 芦花公園駅八幡山駅千歳烏山駅

 

ザ・ビートルズ 1

ザ・ビートルズ 1

 
イエスタデイ (字幕版)

イエスタデイ (字幕版)

  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: Prime Video
 
教養として学んでおきたいビートルズ (マイナビ新書)

教養として学んでおきたいビートルズ (マイナビ新書)

  • 作者:里中哲彦
  • 発売日: 2020/06/25
  • メディア: Kindle版
 
イエスタデイ (吹替版)

イエスタデイ (吹替版)

  • 発売日: 2020/04/09
  • メディア: Prime Video
 
The Beatles: Get Back

The Beatles: Get Back

  • 発売日: 2021/08/31
  • メディア: ハードカバー
 
A HARD DAY'S NIGHT【DVD(本編)+DVD(特典)】

A HARD DAY'S NIGHT【DVD(本編)+DVD(特典)】

  • 発売日: 2021/01/30
  • メディア: DVD
 

 

【今週のラーメン4357】 創始麺屋武蔵 (東京・新宿) 味玉ら〜麺 あっさり味 + プレミアムモルツ 500ml缶 〜無骨に見えて優しい旨さ!ガッツリ食っても軽めの負担!濃ゆさもマイルド質実ら〜麺!

平成花の96年組!創業のスタイルに原点回帰??

f:id:TOMASSOON:20201115174958j:plain


 

 私が、ラーメンヲタクになったのは、2000年頃だったかと。実は、それより前から友人から、度々ラーメン食らいの道に誘われていたのですが、当時はカレーや餃子なんかも興味があったりして、だらだら食い歩いておりました。そんな時期に訪れたのが、麺屋武蔵 新宿本店。これだけは強烈に覚えていて、店主が厨房で目を光らせてるピリピリ感とか、スープのパンチ力に慄いておりました。「魚が強すぎるー」って正直思ったっけ。秋刀魚節の濃さに、これが現代拉麺なのかと思ったりしてね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175518j:plain


 

 その後、あちこちと支店が出来たり、ブランド分化したりして広まった頃合いには、私も完全なラーメンヲタクとして出来上がってまして、あちこち行って今に至ります。近頃、原点回帰みたいな感じで、屋号が変わった新宿本店。これは行かねばと・・・今更ながら、9年ぶりに訪問してみました!。
 
f:id:TOMASSOON:20201115141453j:plain
f:id:TOMASSOON:20201115141421j:plain

 
 ちなみにこちらを含む、花の96年開業を初め、平成を彩った拉麺は、個人的に以下にまとめてありますので、もしご興味があればご参考まで。
 
 
 
 
 
<酒> プレミアムモルツ!小春日和以上の暑さ!キン冷えな上に芳醇な苦味と華やかな香りが広がる!

f:id:TOMASSOON:20201115175011j:plain


 
 妙な巡り合わせで、初訪問と同じ座席に案内されました。さてこの日は、小春日和の暖かさがすごくて、ジャケット来てたら汗をかくほど。こりゃ堪らん!と言うことで当然ビール!休日だからビール!。飲むことも活動の一巻。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175027j:plain

f:id:TOMASSOON:20201115175018j:plain


 
 金属製の小ぶりなカップ。冷気を溜めてる感覚に、キン冷えなビールを注ぎます。瓶じゃなくてロング缶なのが、微妙に興醒めするのですが、喉が乾いている方が優っているのでネガはスルー。一口目から、ごくごくと喉を鳴らしてしまいました。いや神味!。温度や泡立ちなど、いろんな条件が偶然にマッチしたのでしょうか。プレモル独特な華やかな麦芽の香りが素晴らしく、鼻腔にいつまでも漂うかのよう。ホップの風合いと苦味は凛としていて、後味には甘みすら覚えるじゃないか。スーパーでも売っているロング缶なのだが・・・、オレの注ぎ方が今回偶然に、神だったのかもしれません。
 
 
 
 
 
<全体> 武蔵と言えばガッツリ大盛りだが・・・今日は大人しく並!微かな霞みを含む醤油清湯が全体を柔らかく包む!

f:id:TOMASSOON:20201115175607j:plain


 

 
 武蔵と言えば麺大盛無料!大体これ目当てで来る人もいると思うが・・・気分じゃなかったので「並盛」。そして下腹を考えて「あっさり味」。レディースメニューのような展開ですが、それはこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175447j:plain


 
 おおお!太麺にじっとり感・・・見慣れた武蔵のイメージだね!。多加水系の太麺が微妙によじれてライトに照らされて旨そうに見える。そして、角煮のような分厚くブロックに近いバラ肉チャーシューもシンボリックですね。そしてスープは、あっさりにしては少し深みとコクを感じる風貌で、エキスが溶けて霞んでいるようにも見受けられる。そして表層に漂う香味油のそばには、魚介のエキスの貼り付きも確認。煮干し系の甘みと推察します。久しぶりに、このブランドの一杯をまじまじと眺めてみましたが、やっぱりかなり旨そうじゃないか。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175423j:plain

 
 
 
 
<スープ>  膨よかな豚の旨味に芳醇に溶け込む魚介の旨味!醤油は明るく円やかなカエシ!旨味芳醇な醤油清湯!

f:id:TOMASSOON:20201115175153j:plain


 

 おそらく初訪問時の魚系の濃ゆさが、頭に残ってたから「あっさり味」にしたのでしょう。トラウマじゃないけど、記憶の味に備えながら味わうと・・・ううう!実に優しい味わいが広がり、心を奪われてしもうたがな。確か秋刀魚節でしたっけ?。鯖節とはまた違った強さを感じさせる魚介感で、和風を強くイメージさせる風合いがいい。しかしくどくなく、円やかなエッジングで後味を引きます。確かに「あっさり味」だけど、淡麗さはなく、やはり一般的には芳醇で、濃ゆい分類ではマイルドな扱いになりそうな気分。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175203j:plain


 
 円やかな味わいには、豚が貢献してると感じます。個人的には、鶏よりは豚の方が、清湯の場合優しい味になると思っていて、豚骨もいいが豚肉から滲む旨さが、芳醇な旨味を産んでるような妄想に取り憑かれている次第。香味油の煌めきにも少しそんなのを感じてしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175214j:plain


 
 カエシは醤油の風合いが優しく包み、塩気は魚介と豚の旨味に確実に取り込まれて一体化しておりょうな。塩気を探そうとすると、出汁の甘みに行きついてしまうようで、そんな感覚が優しいスープと映ってしまいます。結構無骨な見栄えな割には、旨さは優しい!。
 
 
 
 
 
<麺> 柔らかいと言うよりソフト!出汁を吸い素地の甘みと一体感高まる!後半はまるで煮込み饂飩の如く優しい旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201115175224j:plain


 
 初訪問時の麺が全く記憶にありません(汗)。当時は、今みたいに麺の画像メモを残していなかったもので・・・。新鮮な気分で味わいますと、見栄え以上に柔らかくて優しいじゃないですか!。もっと多加水系でプリプリと明るく弾けるかもと想像してましたが、柔らかいと言うより「ソフト」な食感で、優しくヌメるようなすべり。前歯での歯切れは、明るいモチモチ感にふわふわとしたイメージが混じるよう。奥歯で潰すと太い麺がクチリと潰れ、麺の素地の甘みをすぐに感じるよう。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175232j:plain

 
 
 意外と出汁を吸い込むのが得いなようで、中盤以降は出汁と麺の甘みが完全に一体化しております。同じじゃないけど、まるで煮込み饂飩を彷彿とするイメージがあり、それがまた優しい味わいに拍車をかけるよう・・・。これも結構無骨な見栄えな割には、旨さは優しい!。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175238j:plain

f:id:TOMASSOON:20201115175257j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> あっさり系のバラ肉角煮!脂身の断層は蕩けて砕けて・・・赤身は出汁を吸い込み旨さはジューシー

f:id:TOMASSOON:20201115175117j:plain


 
 ほぼ角煮ですな。角煮で大切なポイントは「皮をできるだけ残す」と言うこと。赤身と脂身の断層が綺麗で旨さを誘うのですが、脂身の甘さをどこまで残すかで仕上がりが変わって来そう。その店で言うと外側(皮側)はしっかり確認でき、脂の中でも甘みを強く感じる部分です。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175306j:plain


 
 赤身はスカッとしており、出汁を吸い込むスポンジのようにも見えますが、肉本来の味わいも保っております。出汁を吸い込んでそれと混じり一体化した旨さを楽しみましょう。また脂身と絡ませて食うのも美味いですよね。やはり武蔵では肉をガッツリ食わないと寂しい気がするかも・・・肉増しか、特製に当たる「武蔵ら〜麺」が激しくおすすめかも!。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175313j:plain

 
 
 
 
<メンマ> 極細のコリコリ系!歯切れが小気味良し!ソフトな麺と絡めて味わう楽しさ!

f:id:TOMASSOON:20201115175352j:plain


 

 ここまで言及するつもりはありませんでしたが・・・妙に麺と絡むと旨かったもので。繊維質がコリコリと音を立てるように千切れる楽しさあり。またフレッシュな風味を残す仕上がりが、優しい麺とは対比的です。そこをあえて合わせて食うと、優しい食感にコリコリとクリスピーな歯応えが生まれて、妙に面白い!。そして旨い。
 
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 下味があっさり出汁と近似!出汁に沈めて食ってジャストフィット!軽いマチュアな風合いが旨し!

f:id:TOMASSOON:20201115175134j:plain


 
 味玉も自然な流れで美味しくいただきました。出汁と麺や他具材によっては、箸休め的な役割を果たしたりする味玉ですが、スープとの親和性を感じる下味の浸透。そのまま流れとしてナチュラルに味わいました。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175329j:plain


 
 下味が出汁の旨味と近似。白身はそのまま出汁の旨味として楽しめますし、卵黄は軽くマチュアな甘みがあるものの、出汁との一体感は残っており、マイルドな濃密感で楽しめます。スープに沈めて味を足しても違和感ない旨さ!。余裕があるなら味玉追加を激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201115175338j:plain

 
 
 
 
総じまして「無骨に見えて優しい旨さ!ガッツリ食っても軽めの負担!濃ゆさもマイルド質実ら〜麺!」

f:id:TOMASSOON:20201115175059j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。店内の威勢の良さはフェスティブ!って感覚で元気がもらえる!。無骨なブランドイメージとその麺顔ですが、とてもマイルドで優しい「あっさり味」。通し営業ですから外回りな営業職にも便利!西新宿で飯迷うならこちらも激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201115180249j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

 

涙のラーメン(平成つるつるMix)

涙のラーメン(平成つるつるMix)

  • 発売日: 2014/03/19
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
中華そば(らーめんテクノ)

中華そば(らーめんテクノ)

  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

【今週のラーメン4356】 中華そば はし本 (東京・中野) 辛味味玉らーめん + アサヒスーパードライ 中瓶 〜食欲刺激の導火線!質実な甘みベースにキレ味鋭い辛味の刺激!痛快ホット豚骨魚介!

小春日和に誘われて少し歩いてらーめん活動

 

f:id:TOMASSOON:20201114165857j:plain


 

 朝夕の肌寒さが強まる一方。朝から天気が良いのだが、寒くて家を出る気がしないー。うだうだしてたら陽が昇り、気温が上がったところで休日のラーメン活動とさせてもらいましょう!。ちょっと出遅れ感があったため、比較的近場の中野駅界隈へGO!。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165537j:plain


 
 そんな感じでいざ中野駅に来てみれば、超あったかいじゃないか!。少し歩きたい気分になって、新井薬師の酉の市でも覗こうかと言う気にもなるね・・・・。今回はそんな全く無計画な行動をしつつ、途中で狙いを定めたこちらのお店で一杯!。中華そば はし本さん。豚骨魚介が旨い百名店のひとつだね。やっぱり混んでましたが、タイミングよく行列が発生する直前で、運よく着席!。
 
f:id:TOMASSOON:20201114165935j:plain
f:id:TOMASSOON:20201114165844j:plain

 
 
 
<酒> アサヒスーパードライ!いつも味わう国民的ビール!外だと一味違う!

f:id:TOMASSOON:20201114165603j:plain


 
 暑くても寒くてもビールは旨し!。今日は国民的ビールのスーパードライ。毎日家で飲んでる銘柄を外でも飲む!。しかし、家とは違ってうまく感じる!。瓶だからか?。冷えゴロが良かったからか?。心理学で言う転地効果と言うやつか?。ま、旨けりゃなんでもいい。
 
f:id:TOMASSOON:20201114165629j:plain
f:id:TOMASSOON:20201114165609j:plain
f:id:TOMASSOON:20201114165620j:plain
f:id:TOMASSOON:20201114165615j:plain
 


 
 
 
<全体> 想像以上に赤みがさすスープ感!オーディナリーな豚骨魚介に辛味パンチが効いた痛快さが滲む!

f:id:TOMASSOON:20201114171229j:plain

 
 
 ここもワンオペの店だったんだっけ?。9席程度のカウンターを一人で回すのは大変だと思うが、忙しさの中にスムーズな身のこなし。あまりビール飲みながらでも、まったりしてると外で並んでるお客にも迷惑かな??。今日はさくっと飲み食って帰るかと考えてたところで、ちょうど配膳を迎えます(早!)。それがこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20201114171222j:plain


 
 おおお!少し紅をさす程度か、小皿に少々の薬味程度かと思っていたら、結構スープの色合いが赤いではないか!。多少辣油も滲むと思うが全体的には一味系のレッド。豚骨魚介のマイルドなブラウンにしっかりと結びついた色合いは、いかにも身体が温まりそうな明るい茶色です。そして肉厚な海苔が凛々しく立っており、肉厚で大判なチャーシューがシンプルに1枚どでんと鎮座!それで十分!。味玉は、唯一ほっこりとさせる存在感で、安心感を与えますかな。少々小ぶりに見えるが、底が丸い丼なので、実はそれなりに重量感もあり、スープもなみなみと感じられます。
 

f:id:TOMASSOON:20201114171238j:plain

 
 
 
 
<スープ> ゆったり味わい深い豚骨と鶏エキス!軽いポタポタ甘みをベースにハードな一味系辛味が沁みる!食欲刺激しまくり!

f:id:TOMASSOON:20201114165720j:plain


 
 さてスープ。一口目から食欲をダイレクトに刺激しまくります。とてもマイルドで味わい深い豚骨魚介がベース。平成の昔に流行った濃厚タイプとは少し違ってゆったりと余裕が感じられる程度のとろみがナイスフィーリング!。軽くポタポタとした感じがあり、コクは深い。これは鶏のモミジが溶けているなと感じられます。そして円やかな甘みは豚エキスかと。加えて魚介の甘さがとても品が良いと思われます。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165726j:plain

 
 
 しかしここに辛味がじっとりと溶けているー。豚のエキスにこの一味系の辛さが非常にマッチしており、一体感が半端ない!。スープの軽い塩気に確実にフィットしており、結構シャープな辛さとして口の中で展開されます。思わず残りのビールを欲してしまう・・・。食えば食うほど食欲スイッチが全開になる気分。麺から滲み出る炭水化物の甘みともマッチし、辛さの中の旨味がどんどん増幅してゆくようじゃないか!。またチャーシューに染み込ませても大変うまく、レンゲが止まらんとはこのこと。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165733j:plain


 
 調子に乗ってたら辛さで咽せてしまったではないか(瀧汗)。満席のカウンターでゴホゴホするわけにもいかず、かと言って辛抱してたら益々咽せるのが止まらない!!。旨いと焦ったように食らうクセがあるからなぁ・・・もういい歳なのだから落ち着いて食えと自分に叱咤。
 

 

 
 
 
<麺>多加水系ストレート細麺! コク深い辛味をしっかり受け止める風味と甘み!汁の絡みと辛味の浸透もよし!後半に一層旨味溢れる感覚!

f:id:TOMASSOON:20201114165832j:plain


 
 中太と細麺の中間みたいなサイズ。ちょっとグラマスなストレート細麺です。多加水系だと思うが、茹で加減もよく、また引き締まりも感じるところがあって、序盤での風味は高い。ホットなスープの個性をしっかりと受け止めて旨味を感じさせます。スープを貼り付かせるようなところもあって、汁が外れることなく一体化します。麺も寄り添うからスープの持ち上げもいいタイプ。スベリは、心地よい重さがありましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165752j:plain

 
 
 前歯ではスパスパと小気味よく千切れてリズミカル。奥歯では束になってクッシリとした歯応え。潰すと麺の素地の風味に唾液が絡まり、やがて甘みへと通じる旨さです。そこにホットな辛さのスープが混じって旨さが融合!。崩れたチャーシューの欠けらや、巻いた海苔などの味わいも加わると、これまた楽しい旨さが広がります。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165814j:plain


 
 中盤以降はスープの熱で麺がほてり、急にしなやかな風合いに変貌。そこからはゆっくりと汁の浸透を感じ、また一段と麺の甘みが感じられるようです。麺から甘味と風味を吐き出し、汁からは辛味と旨味を吸い込み、明るく弾むような食感が生まれて一段と旨し!。大盛りにしたいところだが、ボタンがないのね・・・。全体のバランスが崩れるからなのか?。結構こだわりのお強い御店主なのかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165826j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 引き締まりありながらしっとりした仕上がりの豚肩ロース!汁に馴染んで崩れる柔らか旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201114165707j:plain


 
 細かく網の目のように脂が差した豚肩ロース肉。柔らか肉質を糸で縛ったようで、引き締まりある歯応えですが、一瞬にして崩れるような柔らかさに変貌です。汁に浸すと脂身がとろけて割れていくような感覚。後半はすっかりと自重で崩れます。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165746j:plain


 
 ホロホロした歯応えの中に、赤身の本来の旨さあり。そして下味の旨さが滲んだ後に、脂身の甘みが蕩けます。ここでも辛いスープの旨味が浸透して旨さがアップ!。このタイミングで味わうスーパードライがまた旨いのだ!。ううう・・・どうせ麺の大盛りがないのなら、特製か肉増しにしておくべきだったかとプチ後悔。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165819j:plain


 
 後半はすっかり崩れますが、上述の通り麺に絡めて食らうとかで非常に楽しめます。また白飯追加でそちらに移動させてガッツリ食らっても旨そうですね。激しくオススメかと!。
 

 

 
 
 
<味玉にハズレなし!> 出汁が深く浸透して濃密度が高い卵黄!マチュアな甘みが辛味スープとナイスマッチ!

f:id:TOMASSOON:20201114165659j:plain


 
 唯一、最後まで甘みを楽しませてくれるアイテム。見た目以上に奥深く下味が浸透して、卵黄に結びついています。卵黄はねっとりと全体的にジュレ状になっており、舌に絡みつく。
 

f:id:TOMASSOON:20201114165838j:plain


 
 マチュアな熟成を感じるような濃密感で、甘みを感じる仕上がり。これが全体的にホットな味わいの中で、生き生きと感じられるようで、ほっこりさせてくれます。嗚呼、やっぱり味玉の甘さは万能!ハズレない旨さ!
 

f:id:TOMASSOON:20201114165923j:plain

 
 
 
 
総じまして「食欲刺激の導火線!質実な甘みベースにキレ味鋭い辛味の刺激!痛快ホット豚骨魚介!」

f:id:TOMASSOON:20201114171234j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。マイルドな豚骨魚介の旨さを感じられて、辛さの刺激も楽しめるということで、これから気温が低くなる季節には持ってこいの一杯かと。ちょっと秋冬の街を散策ついでに、秋祭りの腹ごしらえとしても、激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201114172047j:plain

  
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 

関連ランキング:ラーメン | 中野駅新井薬師前駅沼袋駅

 

 

【今週のラーメン4355】 麺屋 わおん (東京・上井草) 特製魚介とんこつらーめん 大盛 〜和やかな旨さに包まれる!店も拉麺もハートフル!永く続けよ愛情の一杯!

TRY新人賞部門賞獲得おめでたい!

 

f:id:TOMASSOON:20201113112143j:plain


 

 個人的に割と近いエリアだけど、駅からは少し遠いのでずっとスルーしていた店なんだけど、TRY大賞最新刊を見て驚き!。つけ麺とMIXの2部門で入賞という快挙!。誠におめでとうございます!。在宅勤務の休憩時間をずらし工夫して、クルマで突撃いたしました!。ちょうど店の目の前が、大き目のコインPがあるので誠に好都合!。今後、出没機会が増えると思うー。
 

f:id:TOMASSOON:20201113105159j:plain

f:id:TOMASSOON:20201113105134j:plain


 
 さて入店すると、いきなり店の空気感で和む!。こちら入店時に入口で注文と精算を済ませるシステムで、奥様の対応がとても良いのよ!。物腰柔らかというか、声がすごく客商売に合ってるというかねー・・・。いや、実にハートフルではないか!。既に地元に溶け込み切ってるというか、近くの御婆さんやら、若い方々も世間話がてらにテイクアウトを所望。地元の愛に包まれてるのですな。
 

f:id:TOMASSOON:20201113105047j:plain


 
 それにこのご時世だから重要なんだが、アクリル仕切りも完璧で、衛生面でも配慮が行き届いているという感覚!。嗚呼、良い店の雰囲気を確実に感じます。近くにあれば、入り浸りになることうけ合い。
 

 

 
 
 
<全体> 店もハートフルなら麺顔も実にハートフル!実に和むMIX系豚骨魚介の旨さが溢れそう!

f:id:TOMASSOON:20201113111113j:plain

 
 
 TRYダブル入賞だからね・・・つけ麺とラーメンで激しく迷うが、とりあえず今回はラーメン。売上貢献で特製とさせてもらいましょう!。しばらくしてから配膳されたのがこの麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20201113111116j:plain


 
 おおお!とても馴染み深い豚骨魚介の和やかな麺顔!もはや「またおま」と呼ばれた感覚は時効を過ぎて、むしろ新鮮に感じるではないか!。そして店もそうならラーメンもハートフルな雰囲気がありあり!。やさしいベージュのスープは濃密感ありありで、芳醇さと明るさに満ちている感覚。特製らしい肉盛りの迫力に、凛々しい海苔の存在が嬉しさを増します。メンマは太くて豪快ながらも、そばにある味玉はとても優しい表情をたたえております。ナルトも妙に映えるし、旨そうなオーラがありありですやん!。
 

f:id:TOMASSOON:20201113111119j:plain

 
 
 
 
<スープ> 微かにポタポタする粘りとサラっと食わせるライトな流れ!香りと旨味の芳醇さはハンパなし!

f:id:TOMASSOON:20201113180850j:plain


 
 さてスープ!平成の豚骨魚介ブームは過ぎ去り、また復活の兆しという感じですが令和の豚魚は少しスタイリッシュといったところか?。濃厚というのとは少し違い、サラサラ感もあるけれどしっかり味わい深いというイメージ。濃厚に対して「芳醇」と形容したくなる。
 

f:id:TOMASSOON:20201113180907j:plain


 
 魚介系のザラザラ感は影もなく、エキスとしてジットリと溶けているイメージで、甘味の一部として表れてる。醤油系の旨味とも混じり合うイメージで、ゆったりした甘味。それに対して動物系は、ややポタポタした軽い粘りがあって、豚等の煮出しの片鱗が感じられます。軽く口の回りにはりつきを覚えるようなエキス感でそうか?。魚介とのバランスが非常によろしいかと。
 

f:id:TOMASSOON:20201113180921j:plain


 
 また香味油の余韻もなかなか・・・。ここが芳醇と感じさせるポイントなのかも。少しオイリーさも混じる豚骨魚介かなと感じました。まさかここで鶏油など入ってる?そんな訳ないよね(汗)。ともあれ、和やかな旨味には、少しばかりのスタイリッシュさと、軽やかなエキス感が絶妙のバランス感覚で溶けていると、認識させていただきました!。
 

 

 
 
 
<麺> 大成食品!多加水系ストレート麺!豚魚系ではちょいと珍しいスリムなフォルム?スープに寄り添う滑らかな滑りと持上げ感!

f:id:TOMASSOON:20201113181023j:plain


 
 入口での注文時点で、大盛にしようか迷ってたんだけど、相談すると「大盛でも細麺でして、そんなに心配なくイケると思いますよ」とアドバイスあり。そんなやりとりが、日々ヤサグレてるオヤジなオレには、いちいち嬉しい次第。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181033j:plain


 
 なるほどこれは魅力的だ!。往年の豚骨魚介系なら、つけ麺なら太麺、汁系なら中太麺が主流と思いますが、細麺と中太麺の中間いくような絶妙なストレート麺です。もちろんこのスープ系統なら多加水。これが意外なほどしなやかで、麺が寄り添いながらもスープを持ち上げるので、汁絡みが絶妙!。こまかく弾ける歯応えに、束になったのをムチムチと奥歯で噛み潰す感触が楽しいです!。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181043j:plain


 
 少しスリムなので後半になると汁の浸透を覚えますが・・・ここからがまた旨さが増す。芳醇な出汁を吸いきって、炭水化物の風味と甘味が一体化しきったところが旨さの頂点??。なるほど・・・これはつけ麺では味わえない旨さだね!。MIX部門入賞の意味を少し垣間見たような気分。大盛激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181129j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 分厚くもしっとりした豚肩ロース!自重で崩れる柔らかさ!崩れて細麺に絡む楽しさ!

f:id:TOMASSOON:20201113180944j:plain


 
 一本の長い肩ロースの塊を注文に応じ、必要分手切り。どうかオレの分には手が滑って分厚くなりますようにと・・・こういう時いつも願う。さてそのチャーシュー!。カットされてるときは引き締まってるように見えましたが、スープの熱で脂がとろとろ状態です。持ち上げると、脂が差している部分が割れ目となって砕けるほど柔らか!。
 

f:id:TOMASSOON:20201113180957j:plain


 
 大判が3枚ほど乗るイメージ。最初は分厚くてしっとりした感覚がとても嬉しく、噛み締めて舌の熱で脂が溶けるイメージ。染みこんだタレの優しい味に、肉本来の味が一体化した旨さあり!。酒でも白飯でも欲する気分です。2枚目3枚目に行くと、柔らかさゆえ自重で崩れる。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181003j:plain


 
 あとは肉片をつまんで味わうのも良し。もっと砕いて麺や海苔と絡めて食らうも楽しからず哉。最後の麺を啜り切るまで肉の欠片が浮遊する・・・それほどボリューム感もあり。やはり特製は楽しい!。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181116j:plain

 
 
 
 
<メンマ> フレッシュな質感と柔らかいバキバキ感が痛快!極上材木メンマ!

f:id:TOMASSOON:20201113180932j:plain


 
 柔らかチャーシューに対して、メンマはバキバキです。固いと言う意味じゃなく、対極的な歯応えという意味だけ。薄い出汁がしっかりと芯まで浸透している仕上がりですが、素材感も楽しめる風味あり。形状は、いわゆる材木型と呼ばれる極太タイプで、歯応えが表現力なのです。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181011j:plain


 
 バキバキとかみ砕き続けるのが快感で、きめ細かい繊維質故にオヤジの歯のスキマにひっかかりすら与えない質感!。素材のフレッシュさも楽しめますが、芳醇な出汁に沈めてから食らうのも、絶妙な味変化でナイスです。これなら酒が進むでしょう!。今後はクルマで来る場合ではないのかも・・・。
 

 

 
 
 
<味玉にハズレなし!> 薄出汁の深い浸透!柔らか仕立て!軽くマチュアな濃密甘味を感じる卵黄旨し!

f:id:TOMASSOON:20201113180938j:plain


 
 チャーシューは柔らかで柔和。メンマはバキバキ。そして味玉は、その間をとりもつかのような存在?。素材感と出汁の浸透がまたいい感じ。全体的には柔らかい仕上がりで、沸騰茹で時間で言うと11分前後?。白身は、ぷるぷるさが残っており、卵黄はジュレ部分が半分、トロトロ部分が2割程度でしょうか。残りの部分は、緩い芋羊羹のようなイメージ。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181054j:plain


 
 薄出汁が深く染みてるぅ~。そして卵黄と一体化して濃密な甘みすら感じさせるぅ~。しかしそれらは柔らか軽い感覚。卵黄の本来味も少し残す旨さで、端的に言えば上品。和やかな旨味の豚骨魚介のスープに、試しに沈めてみてもこれまた旨し。味玉って万能の旨さですな・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201113181100j:plain

 
 
 
 
総じまして「和やかな旨さに包まれる!店も拉麺もハートフル!永く続けよ愛情の一杯!」

f:id:TOMASSOON:20201113180838j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。TRY受賞で目立ってしまったけど、本音は自分だけの地元の和む店にしたいイメージ。実はビールは数種類あって夜も楽しめる店です。思わず応援したくなる温かみのある店とその旨さ。激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201113181419j:plain

 

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 

f:id:TOMASSOON:20201113181135j:plain

 

関連ランキング:ラーメン | 上井草駅上石神井駅

 

 

【今週のラーメン4354】 覆めん 花木 (東京・東中野) 特製ラーメン 〜あっさり淡麗出汁に浮かぶガッツリ具材!優しい味わいでガッツリ食える醤油そば!

覆面期待で遅ればせながら訪問
 


覆めん 花木 (東京・東中野) 特製ラーメン 〜ラーメン食べて詠います

f:id:TOMASSOON:20201112180533j:plain


 

 突然、ラーメンデータベースに新店舗情報が上がり、その屋号から拉麺好きならピンときますね。神保町の「覆麺 智」の関係者だと。会員証をもらったけど、引っ越し数回してどこかに失くしてしまったっけ。こちらの開店日は、相当な行列だったようで尻込みしてしまいますが、外出直帰のとある平日にピークアウトした時間を狙って訪問してみました。ちょうど空席1つに難なく滑り込みセーフ。ま、以前の神保町のスタイルのように、覆面して調理場に立ってるとは思ってなかったが、このコロナ禍だからマスクは欠かせない。今や世界中が覆面スタイルのようなものだけどね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180312j:plain


 
 新店舗だから売り上げ貢献とさせてもらいましょう。うだうだ考えず、当初から特製ラーメン狙い。具材が多そうだから大盛は辞退しましたが、ビールがハートランドとの噂なので、次回は休日に再訪することを既に心に決めております。
 

f:id:TOMASSOON:20201112135116j:plain

 
 
 
 
<全体> さすがは特製!肉ボリュームのみならず2種ワンタンのデカさが嬉しい!美しい清湯とボリュームが印象的!

f:id:TOMASSOON:20201112135906j:plain

 
 
 そうだ、また会員証をもらわねば。スープを半分以上飲むのが発行する目安とのこと。全く問題ないのでちゃっかり頂きました。そんな切っ掛けになった一杯はこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20201112135910j:plain


 
 おおお!意外と具材が大きくて質感あり!麺を完全に覆い尽くしており、肉とワンタンがデカくてオーバーサイズ!。しかもどちらも2種タイプで味の違いも楽しめるというもの。海苔は肉厚なのが好印象で、味玉がとてもツルツルしているのも印象的。更にスープが醤油のキリリ感が伝わる上に、とても透明感ある質感で・・・大胆さと繊細さが交錯する一杯じゃありませんか!。
 

f:id:TOMASSOON:20201112135913j:plain

 
 
 
 
 
<スープ> 透明感高い醤油系清湯!あっさり鶏ガラ旨味に優しい魚介感!?乾物の溶け込み滋味深し!貝??

f:id:TOMASSOON:20201112180300j:plain

 さてスープ。遠い記憶の覆麺@神保町のそれと比べようとも忘れてしまってるが、透明感ある醤油だったのは微かに覚えてるような・・・。そんな気分で対峙すると、個人的にはイメージにピッタンコ!。非常にスッキリした醤油系で、あっさり系と分類されます。鶏ガラ・魚介・乾物・野菜他一通りバランスよく滲んだスープ感。これは万人受けする旨さですね。醤油のカエシがキリっとしているようで、どこか丸みも帯びており、非常に後口がいい感じ。

 

f:id:TOMASSOON:20201112180347j:plain


 
 個人的には鶏の旨さと魚介の旨さが4:6のような構成??。魚介の中でも煮干しより節系の旨味と感じたり妄想が止まらない・・・。そして妄想が過ぎて貝も滲んでいるのでは?とか悩んだりしてしまう。実はあっさりしていても、味のカオスなところが深くて旨くて面白い一杯。半分以上どころか、気が付いたら飲み干していたという感覚です。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180323j:plain

 



 
  
<麺> 黄色い色合い!明るい弾力!多加水玉子麺!ツルツル地肌でスベリ良く・・・ゆっくり汁が浸透する旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201112180424j:plain


 
 麺も神保町のイメージと同じ。イエローヌードルというか、かん水の影響あるかもしれませんが、玉子麺らしいプリプリな食感がなかなか心地よいです。表面はツルツルしているので、汁は外れやすいが滑りは快適!。久しぶりにズボボボボボーーーと音を立てて豪快に啜り込みます。やや密度を感じるが、明るく弾ける歯応え!。多加水系のいいところを表した食感です。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180435j:plain

 
 
 それでもゆっくりと汁の浸透を感じ始め、醤油スープの旨味が炭水化物の甘味に溶ける。少し捩れた部分が薬味や肉片を絡めたりして、一層味わい深し。また性懲りもなく海苔を巻いてみたが、黒と黄色のコントラストが旨そう。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180441j:plain


 
 それにしても結構食べ応えがあったが、ひょっとして180g前後はあったのではないでしょうか?。遅い昼飯だったのもあって、夕方過ぎても妙に腹が減りませんでした。見た目以上にガッツリ感があるかも。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180508j:plain


 

 
 
 
<チャーシュー> 王道の煮豚2種タイプ!豚のバラロール肉と肩ロース!自重で崩れるほどの柔らかさ!汁が浸透してより優しい旨さ!

f:id:TOMASSOON:20201112180317j:plain


 
 注文を受けてスライサーで切る。肉を入れ替えてたので、あれ?っと思ったけど2種チャーシューでした。豚の肩ロースとバラ肉のロールタイプ。どちらも大判で特製って感じが十分に伝わります。どちらも柔らかく、箸で持ち上げると自重で崩れる。そして麺に絡みやすくなり、個々につまみ上げやすくにもなります。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180402j:plain


 
 噛み締めると出汁の旨味と、赤身の本来の味わい・・・そして脂身の旨味が染みわたります。これを知ってしまうと、ビールが欲しくなってしまいそうですが、あっさり出汁が脂と混じり合う旨さは、白飯の方が合うイメージ。崩れた肉に薬味の青ネギを絡めて食らうとこれまた旨し!。やはり特製肉増しは、やめられない・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180407j:plain

f:id:TOMASSOON:20201112180430j:plain

 
 
 
 
<ワンタン> キッパリした生姜の旨さ!プリプリした海老餡の優しい旨さ!餡も皮尾ひれもオーバーサイズの迫力!

f:id:TOMASSOON:20201112180328j:plain


 
 こちら、ワンタンが売りの店みたい。券売機を見ても他の具材とは別格の扱い位置だし、1つ100円というのが自信の現れかと。最初このボタン見たとき高くね?と感じたのだけど、実物を見るとそれも納得。まずデカい!。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180447j:plain


 
 肉餡の大きさ、皮の尾ひれの長さなど総合的に食べ応えがあります。冒頭で海老と生姜のワンタンがありますと紹介あり。特製だと2つ入るので一つづつでいいかとの確認ですが、生姜と海老の設定です。別に海老2つと言ってもいいみたい。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180503j:plain

f:id:TOMASSOON:20201112180516j:plain


 
 しかし、生姜が旨かった。風味に薫る程度の肉餡もいいが、しっかりと生姜が主張する味わいが旨い!。旨さに清涼感が芳醇に広がるので、餡の大きさとも絡み非常に満足度が高いかと!。また海老はすり身とむき身が混じった歯応えで、王道の旨さ!。塩加減がまさに文字通りいい塩梅で、淡麗な醤油スープとも相性バッチリ。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180528j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 全体的にふわふわした仕上がりと優しい出汁の味わい!卵黄は本来味を残すライト感!出汁とベストマッチ!

f:id:TOMASSOON:20201112180352j:plain


 
 味玉が上品でした。緩めの仕上がりで全体的にふわふわとしたもの。出汁がしっかりと浸透した感じがありますが、つやつやの地肌が薄い褐色に光って、実に旨そうです。割るとゆったりとした弾力があり、ぷるぷると震える。薄い出汁がしっかり浸透して香るような旨さが印象的です。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180413j:plain


 
 卵黄は緩め。そして本来の旨味とフレッシュさを多く残している感覚で、これは全体で一連の味の流れの中で、ちょっと新鮮な感覚を受けたかも。いつもよく食べているマチュアで濃密なタイプとは少し違った旨さに思え、感覚的に新鮮でした。やはり面白いねぇ~味玉ってやつは!。
 

f:id:TOMASSOON:20201112180418j:plain

 
 
 
 
総じまして「あっさり淡麗出汁に浮かぶガッツリ具材!優しい味わいでガッツリ食える醤油そば!」

f:id:TOMASSOON:20201112180249j:plain

 
 
 ・・・と言う感動!。覆面→覆麺→覆めん・・・そんな系譜からくる面白さを感じつつも、実に真面目で淡麗な美しい出汁感が印象的!。在宅ワークが増えたとは言え、通勤ルートにありますので、定期的に訪問したいと考えてます。それに会員証ももらったしね!激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20201112181203j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 
 

関連ランキング:ラーメン | 東中野駅中野坂上駅落合駅