ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン4615】 らーめん文蔵 (東京・三鷹) 得らーめん 中盛 〜時を重ねてもブレぬ豚骨魚介の個性と完成度!長年ファンを惹きつける三鷹の名店名作!

豚骨魚介全盛期の雄!いまだにコアなファンを惹きつける三鷹の名店!
 ラーメンデータベース2007年、年間総合6位!時代はまさに「豚骨魚介」黄金期。そんな「らーめん文蔵」です。三鷹・武蔵野エリアでは1強だったような記憶。個人的には、当時は、吉祥寺のぶぶか(南口)と音麺酒家 楽々・・・などとちょくちょく訪問していたものです。初々しいご夫婦のオペレーションが、やがて奥様のご出産と育児でご店主ワンオペになり、行列は衰えること知らず。今はまた落ち着いて夫婦舟スタイルに戻ってます。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132404j:plain


 
 今ではランキングどうこうと言うのは卒業したように、数多くの地元ファンを中心に支えられてるって感じ。開店と同時にすぐ満席となるのは相変わらずで、メニューも一貫して変更なしです。やはり、いまだに三鷹の名店って貫禄は健在。今回は約半年ぶりに訪問させていただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132346j:plain

 
 
 
 
<全体> 芳醇且つ柔らかい豚骨魚介ブラウン!素朴なザラつき感じさせる魚介の濃ゆい溶け込み!

f:id:TOMASSOON:20210712132456j:plain


 
 開店して10年はゆうに超えているんですが、至って清潔感ありありなお店。奥のスペースに自家製機がありますが、粉っぽい部分もなく、掃除がゆき届いてるって感覚ですね。いい店名店ってのはこういうことなんでしょうよ!そんないまだに激しく応援モードな気分のまま配膳を迎えます。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132446j:plain


 
 おおお!見慣れた「またおま豚魚」なのですがやはり独特ですね。さながら濃厚ではあるものの、優しさを感じる風貌!色合いがまた特徴的で、少し赤みを帯びたカフェオレカラー。しっとりさすら感じるベースですが、相当の魚介の溶け込みが感じられ、粉感すら漂うようです。その魚介がオイリーと感じる部分もあって、豚エキスの煮出しも相当効いてるって伝わってくる。魚介のカケラ?豚骨魚介のクリーミーさ?も溶け込む印象です。本来なら軽く小瓶ビールでならしてから味わいたいところですが・・・緊急事態宣言下なら致し方なし。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132418j:plain

 
 
 
 
<スープ> 往年の豚骨魚介王道を踏襲しつつ個性的なオイリー感!貼り付く魚介の粗さの煮出し感!!

f:id:TOMASSOON:20210712132607j:plain


 
 こちらの魚介感は甘味先行型。東日本エリアのニボニボ感覚とは一線を画するイメージですな。オーソドックスに、豚骨エキスのコクをベースに煮干の甘味が前面にでた味風景です。文蔵の特徴としては、比較的魚介の印象が強めであることで、スープをすすると、減った分だけ丼の内側面に魚介の粉や泡が貼り付きます。それほど濃ゆい。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132542j:plain


 
 さらに割とざらつきを感じせるもの粗い感覚。これが素朴にも感じさせる一方で、味わいとしては、しっかりと旨味を伝えます。麺にもそれは貼りつき、豚肉にもエキスが浸透するかの様子。もう甘さと香ばしさが融合しており、醤油ダレの塩気すら円やかに溶けこむような味風景。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132600j:plain


 
 香味油がラードなのか?ちょっとオイリーな感覚も見逃せません。いずれにせよ、このオイリーさもあって動物系?豚骨旨味をしっかり伝えるようです。口の周りに貼りつくコラーゲン感はないので、カシラとか特別な部位は使ってない感覚。しかしそれでも、動物系の食べ応えも伝えます。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132547j:plain

 
 
 
 
<麺> 自家製麺!誰もが好きそうツルモチ感覚!明るい多加水!丸麺のような優しい中太ストレート!

f:id:TOMASSOON:20210712132639j:plain


 
 超行列だったころでも、バイトやスタフを増やさず独自経営。店を広げず真面目に味を守るって感覚です。そんな姿勢が味にも乗り移るようで、出汁だけでなく麺もいい感じ。素朴でとても馴染み易い、多加水系中太ストレート麺です。モチモチとした明るい弾力!プリプリとした物腰と捩れ!滑らかでツルツルと輝く地肌!滑りが良いのも当たり前か。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132612j:plain

f:id:TOMASSOON:20210712132656j:plain


 
 そんな感覚で、汁を吸い込むと言うより絡んで濡れるっていう序盤の感覚です。ライトなようで濃密なスープが濡れても、魚介のざらつき感は麺を啜ってあまり感じられず。むしろスルスルと滑らかで抵抗感なしで心地よしです。前歯でスパスパプツプツと千切れるのも快感で、そのまま奥歯へ運んでまたクチリと潰す。汁と一体化した甘味が生まれてそれが印象的な旨さ!。物腰しなやかなので、麺がまとまりやすく、中盤以降は、汁持ち上げも良くなって行きます。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132715j:plain


 
 また性懲りも無く麺に海苔を巻いて食らうのも楽しいからず哉。青菜やメンマと合わせて食うのもグッドです。明るいプリモチと弾ける千切れと、具材の歯応えが混じるのも食ってて楽しい!。
 

f:id:TOMASSOON:20210712133600j:plain

f:id:TOMASSOON:20210712132720j:plain

f:id:TOMASSOON:20210712132704j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 赤身脂身に深く浸透する魚介醤油!丁寧な煮込みで自重で崩れる柔らかさ!丁寧な豚肩ロース肉!

f:id:TOMASSOON:20210712132623j:plain


 
 豚肩ロースの煮豚タイプ。脂身も多めに差し、周りはタレがしっかり浸透しているようです。これが見た目以上にとても柔らかく、繊維質にそって崩れるように柔らかい。箸で持ち上げると自重で崩れ、麺に絡んでかき回されるとフレーク状態になるかと行った感じです。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132634j:plain

f:id:TOMASSOON:20210712132651j:plain


 
 脂身は甘みあり。そして赤身部分にそれが染みて、更に豚骨魚介のコクが浸透!それで更に旨い感覚です。本来の肉味に豚骨魚介スープがよく入り込むようで、まさにスポンジ状態。噛み締めると旨味が滲み出るのが実にナイスです。 大きさも厚さも申し分なし。特製で3枚の充実感!。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132759j:plain

f:id:TOMASSOON:20210712132736j:plain

 
 
  
 
<味変化> 後半にGABAN七味唐辛子を投入!薄らと刺激を与えて旨味も広げてみる

f:id:TOMASSOON:20210712132731j:plain


 
 今回も途中で味変化。いつもの七味唐辛子を投入しました。ひとふりで十分ですな。ちょっと入れ過ぎたかも?。魚介の甘味に七味の辛さが良く合います。甘味に慣れてしまいそうになったら激しくオススメ!。食欲刺激で更に爆食って感覚で最後まで一気に食い倒しました!。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132747j:plain

 
 
 
 
<他具材> 自家製?質実な仕上がりメンマが汁を吸い込む!単品でも味わい深い一品!

f:id:TOMASSOON:20210712132629j:plain


 
 多分自家製!?このメンマがいいんです。素材の味わいと風味がしっかり伝わるし、歯切れがすごく良い!。見た目太そうな繊維質が実に柔らかく、汁に濡れると旨味が足されて更に旨し!。単品でビールに合わせても旨そうですが、スープに濡れると白飯でも合いそうですね。これは逸品かも!。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132645j:plain

f:id:TOMASSOON:20210712132725j:plain

f:id:TOMASSOON:20210712132710j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 魚介醤油の甘味浸透する優しく深い旨さ!白身味わい深く!卵黄は熟成感高く濃く!

f:id:TOMASSOON:20210712132502j:plain


 
 味玉も得意なお店。白身の染まり具合がいい!。深く均一に出汁が浸透しており、白身だけでもしっかり旨さを感じます。それは、魚介醤油の甘味浸透する優しく深い旨さ!。
 

f:id:TOMASSOON:20210712132811j:plain


 
 また卵黄は当たり前のように更に旨い!。濃厚なオレンジ色でとてもねっとりとしたジュレ状態。食らうと濃密なコクで口の中がいっぱいです。出汁が卵黄と一体化しており、まさにマチュア!熟成した印象!。実に深く甘味を感じさます。これは旨い!味玉追加は激しくオススメ!。嗚呼、やっぱり味玉にはハズレがない!大好き!。
 

f:id:TOMASSOON:20210712133606j:plain

 
 
 
 
総じまして「時を重ねてもブレぬ豚骨魚介の個性と完成度!長年ファンを惹きつける三鷹の名店名作!」

f:id:TOMASSOON:20210712132507j:plain


 
 ・・・という感動の嵐!。今回も変わらぬ豚骨魚介の質実な旨さに心を打たれます。一周回って斬新と感じることもありますが、何だか卓越したような豚骨魚介のプレゼンスかと。相変わらず三鷹エリアの拉麺の雄!更に続いて老舗となるまで頑張り続けて欲しいと感じます。三鷹に来たらこちらもお忘れなく!激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210712161506j:plain


 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4614】 麺屋 さくら井 (東京・JR三鷹) 特製らぁ麺 醤油 + クラフトビール CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE

※緊急事態宣言前
店で飲めるの今しかねぇ・・・だったら”さくら井”へ!
 また緊急事態宣言復活かよ。今回は特にガクッときましたな。都内の店で酒を楽しめないと言うのは、鬱屈以外何も感じず、ただ気持ちは沈むばかり。そうは言っておれんので、宣言発令前にいい店でいい拉麺といい麦酒をいただくこととにいたしましょう!。もう私の場合、2店舗しか頭に浮かびませんが、日曜日なのにちょっと忙しい日でありましたので・・・午後2時過ぎの遅い昼飯。間に合う範囲で選んだのが、いつもの「麺屋 さくら井」です。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170548j:plain


 
 天候荒れ模様で読めずで、終了時間に近いタイミングだったからか、待ち時間1分程度ですんなり入れました。土日の行列のエグさも暑さには少々影響するようですね。また”冷やしらぁ麺”を食おうかとも思ったのですが、お茶漬けセットが売り切れでしたので、次回以降としたしましょう。今回はこの店看板商品の醤油を特製でいただきます!。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170602j:plain

 
 
 
 
<酒> CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE:ズシリとくる苦味と爽快感!芳醇で円やかな麦酒酵母の広がり!大人のクラフト麦酒!

f:id:TOMASSOON:20210711170634j:plain


 
 ううう・・・明日以降またしばらく飲めん!前回訪問に続きクラフトビール「CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE」でございます。こいつは、苦い!って感じる時や、後味に甘味があるぞ!などと思う時など、個人的に印象がまちまちなんですよね。体調に依るのか、料理との相性に依るのかは不明。今回は、本格的にかなりズシリと重めだと感じました。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170621j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170647j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170717j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170705j:plain


 
 ホップがしっかりと苦味を効かせて一口目でガッツリと感じさせますな。そして苦みを伝えつつも清涼感でくすぐるんですが、華やかさと言うより、麦の芳醇さという感覚。そして同じビールなのに前回よりワイルドな展開です。でも基本的には同じ味なのですがね・・・。味の感じ方って本当に面白い。いつもは酒にチャーシュー皿をアテるのですが、今回は晩飯に近いから自重。麦酒オンリーな対峙だったから、味わいも変わったのかもしれませんね。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170659j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170711j:plain

 
 
 
 
<全体> 仄かに霞むような明るい醤油感覚!煌めく鶏のコク!艶かしくも貞淑な肉の存在感がそそる!

f:id:TOMASSOON:20210711170555j:plain


 
 おおお!ワクチン接種とコロナ禍と東京五輪で悶々鬱屈した気分を・・・何だかほっこりさせる優しくも美しい表情ですな!。励ましを感じるような明るさと優しさを感じる気分。スープは透明感に穏やかさを残す感覚で、醤油ブラウンはとても明るく円やかとも感じさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170612j:plain


 
 そして、整然と並んだ肉片がまたそそります。浮かぶ半レア肉達は艶かしさを漂わせつつ、スープに浸ってじわじわと熱る感覚がいいね。艶かしさがゆっくりと貞淑に移り変わるような肉感覚です。そして具材の下でわかりにくいが、相変わらず整った麺線は美しい!全体的なまとまり感が素晴らしいのです!。何度も言うが全く飽きない旨さのアイコンというイメージ。
  

f:id:TOMASSOON:20210711170524j:plain

 
 
 
 
<スープ> 地鶏感伝わる鶏油の旨さ!乾物の甘味と落ち着きを感じさせる溶け込み!優しい醤油の輪郭!

f:id:TOMASSOON:20210711170807j:plain


 
 公式Twitterでも、時々季節やトライアル的にブレンド感を変化ご様子。駄舌な私にはその繊細さはキャッチできないのですが、魚介の変更、また鶏の入れ替えなどは分からんものの、醤油・鶏・魚介のバランスが時々変わるのは何となく・・・ってな感じ。なのでいつも飽きない。特にこの日は、全体的に円やかさな印象的だったかと。鶏油の濃密さは抑え気味で、そこに魚介出汁の甘味がより加わったような印象。乾物出汁と鶏油の一体感がいい感じ??。また墓穴を掘りそうですがー。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170801j:plain


 
 醤油はいつも軽やかで明るいってイメージでしょうか?。ナチュラルにスッキリとした生揚げ系のカエシって感覚です。カエシの尖りや後味に残る酸味もなく、軽やかでも優雅な雰囲気の醤油。6種類の醤油を「温度管理しながらブレンド」とありますが、陰ながら白出汁感もあるように思うので白醤油なんかも???と妄想ししたことあるけどね・・・。因みに、市販の冷凍拉麺をたまに自宅で作るんだけど、家族には内緒でスープに味醂を少し垂らしてます。たまたま家族にハマったので。私なりの円やかテクニック:爆。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170826j:plain

 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺!白く漆喰のような地肌にキリリと整う麺線美!出汁と絡み戯れてゆっくり甘味を醸し出す!

f:id:TOMASSOON:20210711170851j:plain


 
 カタ麺好きをも唸らせる、風合いのしなやかさを保つ麺でしょうか。地肌の湿った感覚がとても艶やかで、まるで漆喰のような地肌感覚。それゆえ益々、キリリとした麺線の美しさが整いを見せるようです。序盤は出汁と交わって濡れる程度で素地の風味をしっかり伝えます。中盤以降は、出汁をじわじわと吸い込み出して一体化して行こうとしますが、吸い切るまでは風味をキープ。素地が湿った感覚で、出汁の旨味と麺の風合いを咀嚼で一気に合わせて味わって行きます。すると噛み締めて甘味すら感じるかも。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170916j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170929j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170923j:plain


 
 決して低加水系ではなく反面、汁を吸い込み始めると滑りがナイス!麺線の整いからも分かるように汁の持ち上げも素晴らしい!。見た目の上品さんとは裏腹に少しワイルドにズボボボボボっと音を立てて啜り上げるのもいい感じ!。そしてやっぱり性懲りも無く、海苔を巻いて食します。特製だと2枚あるから2度楽しめるのが素直に嬉しかったりします。やはり特製激しくオススメかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170958j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170947j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー①> 鶏胸肉のコンフィ風!パフのような上品な柔らかさ!素材の滋味に出汁が染み入り味わい深し! 

f:id:TOMASSOON:20210711170832j:plain

 順位は付けられんが、東京でトップを争うほどいい肉だと思ってます。鶏も豚も。最近では釜焼タイプも新たに加わり、止まるところ知らぬといった、さくら井のチャーシュー。令和となっては、当たり前になってる低温調理の肉も絶品でございます。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170838j:plain


 
 相変わらず、コンフィを感じさせる鶏胸肉が秀逸!。ふかふかと言う使われ過ぎる例えじゃ収まり切らず、時々私は化粧パフのような柔らかさと伝えますが・・・実際にそれを噛んだことはないのであしからず(以前、質問されましたので:爆)。細かい肉繊維の合間に醤油出汁が浸透。上品で淡泊な鶏肉に、じわじわとその旨さが染み込むようです。それが実に淡麗滋味!。そしてジューシー!素材の旨味とか下味とか、ぱふぱふした食感を噛み締めると旨味が溢れ出す!。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170844j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー②> 豚肩ロースの低温調理!肉本来の旨さに溶ける脂の甘味!出汁も染み入り旨さ三位一体!!

f:id:TOMASSOON:20210711170819j:plain


 
 豚肩ロースは、以前はもう少し生っぽい部分を残してたイメージ。最近、微妙に熱入りが進んで安心感を覚えます。素材に温もりがあり、それが非常に細かく指す脂を蕩けさせ、味全体に甘味を感じさせるようです。これに合わせて残しておいたクラフトビールを味わうと、これまた最高!。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170857j:plain

 いつも食らう別皿のチャーシュー盛りとは、少し違う旨さの展開ですな。半レアなのに温かみを感じるような仕上がりは同じですが、スープに少し浸るだけで熱り方が違うし、出汁の浸透の有無もある。どっちも楽しくそして旨い。実は、いい肉はスープの中で泳がせて熱入れをするを、最近まで勿体無いと思っていたんですが、この肉食らうと考えさせられました。
 

f:id:TOMASSOON:20210711170903j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711170910j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 白身は薄めの出汁浸透が深い乳白色!卵黄はねっとりジュレ感覚!熟したような濃密甘味!

f:id:TOMASSOON:20210711170729j:plain


 
 醤油系の薄出汁が深く浸透しておりストレスなし。形も美しい味玉で、拉麺店では見かけることも多い「那須御養卵」を使用しているのだとか。特徴は、卵黄が濃密なこと。オレンジ色に輝く艶めくほどで、出汁が浸透すると熟したような甘味を広げます。ねっとりとジュレ状態で舌全体に絡まりつくのもナイス!。
 

f:id:TOMASSOON:20210711171113j:plain


 
 また白身も旨い!。出汁が浸透した乳白色で旨味をしっかりと感じさせる。ぷるぷるした柔らかさも印象的で、味わうと出汁の旨味が白身にも感じて旨し!。白身と卵黄を合わせて一体化した旨さは極上です。嗚呼、ここの味玉も最高!旨し!味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20210711171035j:plain

 
 
 
 
<他具材> 薄味で歯切れよし!素材感が楽しめるメンマ!野菜の甘味に清涼さを醸し出す青菜!

f:id:TOMASSOON:20210711170743j:plain


 
 このメンマは自家製らしいです。スリムで凛々しい材木状。そして繊維質がきめ細かく引き締まっているよでサクサクと歯切れよく食えます。軽くスープに濡れて吸い込んでるのも旨い部分ですが、メンマ自体の素地も旨し。一度やってみたいのが、何度もこの板で言ってるが、白飯に乗せてメンマ飯として食らうこと。お土産用に購入して自宅で試せるものならそうしたい。
 

f:id:TOMASSOON:20210711171012j:plain

f:id:TOMASSOON:20210711171051j:plain


 
 青菜は小松菜。そして色鮮やか。瑞々しい色合いが凛々しく、歯切れもしっかり楽しめるもの。これもスープを少し吸い込んで旨い。野菜の甘味と清涼さとマッチするので、、ちょうど良い箸休めになります。
 

f:id:TOMASSOON:20210711171103j:plain

 
 
 
 
総じまして「日々進化?安定と斬新がせめぎ合う名作醤油そば!コロナと猛暑の葛藤を鎮める旨さ!」

f:id:TOMASSOON:20210711170534j:plain


 
 ・・・と言う感動!。五輪が終わるまでは東京は重い気分に包まれそうですが、好きなもの食って気分は前向きに!。そういうことなら、東京トップクラスのこの醤油ラーメンなら間違いなしです。都心で動きづらいなら、三鷹・武蔵野にお立ち寄りいかが?。もちろん地元の方々にも激しくオススメ!。旨し!なので・・・、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210711201154j:plain


 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4612】 丸幸 (東京・武蔵境) チャーシューメン ミックス + アサヒスーパードライ 中瓶 〜世代を越え受継がれる味!やっぱり落ち着く昭和のご馳走チャーシューメン!迷ったらこれ!

※緊急事態宣言発令前
店で飲めなくなる前に行っとけ!近場の老舗中華そば専門店へGO!

youtu.be

f:id:TOMASSOON:20210709163315j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709162850j:plain

 

 
 やっと気軽に店で飲めるようになったと思ったら、いきなり4回目の緊急事態宣言発令とのこと。これはショック!この週末しか飲めないではないか!ということで、宣言前に駆け込むように近場の中華そば店で、拉麺&麦酒とさせてもらいましょう!。すごく早めの晩飯ということで、丸幸@武蔵境へと突撃して参りました。とにかく店でビール中瓶を空けた買った次第!。
 

f:id:TOMASSOON:20210709162734j:plain

 
 
 
 
<酒> アサヒスーパードライ:また暫く店で会えない寂しさよ!冷えたグラスの心配り!お通し付きのサービス精神素晴らしい!

f:id:TOMASSOON:20210709162809j:plain


 
 ここではサービスでお通しメンマが付くから嬉しいね。昭和の中華そば店ってな雰囲気と実にこれがマッチしております。生ビールよりは瓶ビールなオレ。今回はアサヒスーパードライを堪能です。嗚呼・・・いい感じで今日も冷えている。いわゆるキン冷えってなやつで手に冷気が伝わる。大衆らしい「コップ」も冷えてるよ!。大衆酒場感ありありでキン冷えビールを注ぐ瞬間が最高な気分です。泡立ちが冷気に曇ったコップから透けて見えるのが、これまたオツだわ。
 

f:id:TOMASSOON:20210709162822j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709162948j:plain


 
 ううう!これこれ!スーパードライらしいカキーン!と響く辛口の刺激!。続いて喉越しで刺激を与えつつ、ライトな味わいと鋭いキレ味が実に痛快!。緊急事態宣言のストレスを一気に軽くしてくれるような展開じゃないか。ビールは切れ味優先!って感じる人の気持ちが分かる気がします。さてサービスお通しのメンマ。古風にも似た素朴さそのもので、今風にキレが鋭いドライビールにはミスマッチなようで妙に合う。いつまでもこのままで楽しんでいたい気分です。
 

f:id:TOMASSOON:20210709162915j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709162928j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709162922j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709162935j:plain

 
 
 
 
<全体> オーソドックスな中華そばに大胆なチャーシュー2種増し迫力!これで850円とはお得!

f:id:TOMASSOON:20210709162829j:plain

 さてこの店異様に安い。デフォルトの中華そばが450円というボランティア価格。それでは申し訳ないと、今回はチャーシューメンにしたんだがそれでも850円。令和では一般的にはデフォルト価格で食えるのだからありがたい。固定費を回収し切った故の価格戦略ですかな。そういう商売やってみたい・・・などと酔った頭でアホなことを考えてたら配膳完了です。 
 

f:id:TOMASSOON:20210709162759j:plain


 
 おおお!肉肉しいと思いきやすごく優しい表情。実は少し地味に感じる麺顔なんだが、いい意味でこれは素朴で雰囲気です。バラ肉多めな一杯に見えるが、実は2種類のチャーシューが入っており、バラ肉の下に別の肉が隠れている。単なる大衆中華そばだと侮れずなのです!そして2種類から選べる自家製麺も相変わらず中々!ハンドメイド感ありありで、オヤジなラーメンラバーの心を鷲掴み。現代令和の拉麺は、どれも随分と華やかで楽しいんだが、手を抜かずとも・・・やり過ぎない「ほどほど」感覚がむしろ安寧を感じて心地よいかも。高級素材を一切謳わないがそれで十分な気がするのです。むしろ素晴らしい。
 

f:id:TOMASSOON:20210709162840j:plain

 
 
 
 
<スープ> 乾物が溶けみ素朴な展開!豚鶏系の煮出しに玉葱の甘味が浸透!ゴクゴク飲み干せるライト系

f:id:TOMASSOON:20210709163049j:plain


 
 嗚呼、出汁がとても優しい。これをいい塩梅と言うのか、醤油は結構深い色合いをしているが見た目よりライトな印象。ベースは豚鶏でどちらかと言うと豚のイメージ?。玉ねぎが乗ってて全体の雰囲気から八王子系にも感じてしまうが、それよりはずっと出汁感が優しくので豚と乾物の味わいが響いている様子です。乾物の溶け込みには昆布??その他に野菜類の煮出しかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20210709163001j:plain


 
 薬味の甘味がストレート。玉葱の微塵切りがシャリシャリとして歯応えが心地良いし、それで溢れるフレッシュさがとても分かりやすいのです。また浸っているメンマも自身の下味を出汁に移しているかのようで、あっさり味の中に幾重にも乾物系の旨味が重なるイメージ。まさにカオスな旨さ。また国産そば粉使用と言う中華麺からも甘味と風味が溶けてるようでもあります。なので後半になるほど味わいが深くなりカオスが高まるイメージ。 
 

f:id:TOMASSOON:20210709163034j:plain

 
 
 
 
<麺> 自家製麺&国産そば粉入り!食感はスパスパ!クチクチ!と楽しい展開!出汁と一体化して旨し!

f:id:TOMASSOON:20210709163129j:plain


 
 こちらは麺を選べる。「玉子麺」と「国産そば粉入り」の2種類ですが、どうしても毎回「そば粉入り」を選んでしまう私。その麺のポリシーからもあまり八王子系らしくないのかもしれません(これまでずっと一貫して似ていると語っておきながらですが:汗)。ご覧の通りの地肌の色合いは淡い褐色系。多分色合いが好きなのだろうと思ってます。スパスパととても安易に小気味好く歯切れる。そして奥歯でプレスするとあっけなくクチリと潰れます。特にそば粉の味わいを感じることもないのですが、頭が勝手に蕎麦ライクと解釈してくれてるようです。そんな感覚も好きです。
 

f:id:TOMASSOON:20210709163153j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709163147j:plain


 
 緩くボコボコと捩れたところがいいね。弱い縮れが入っても捩れが強めに感じられるようで、ボコボコとした部分に啜り心地を伝えます。引っかかりの少ない喉越しと言うイメージで快感かも。加水はやや高めなのも喉越しや啜りもライトに感じさせる。そんな柔らかめの茹で上げがナイス。個別に要望すればカタメ対応もしてくれるようです。また汁を吸い込み易い感覚ですから、物腰がとてもしなやか。ズボボボボボボボーーっと勢いよく啜ってみましょう。後に続く喉奥シルエットはとても軽やかかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210709163217j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709163302j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 脂身蕩ける豚バラロール!赤身に旨さ滲む豚ロース! 甘辛だれとスープの旨味が共に染みて旨し!

f:id:TOMASSOON:20210709163103j:plain


 
 煮豚タイプの豚バラ肉は、自重で崩れる柔らかさ!出汁の浸透に脂の甘味が一体化する旨さです。そこそこ薄いのですが、昭和のラーメンならこれで十分。格安で提供していることを考えれば上出来ですよ。煮豚タイプなので脂身がすでに半透明。そして余分な脂が抜けているところに、スープが浸透しております。程よい脂甘さがいい感じ!。そして自重で崩れる柔らかい。リフトした途端に崩れるので、崩れた破片を集めては麺に絡めたりして味わい倒しました。
 

f:id:TOMASSOON:20210709163123j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709163135j:plain


 
 そして豚のロース。淡白な味わいを想像しがちだが、しっかりとここにも醤油系のタレが浸透しており、甘辛い上に肉の旨味と脂の甘味が染み込んでいるイメージ。なので白飯にも合う感覚です。そこにスポンジのようにベーススープを吸い込むから、案外とジューシーに楽しめる。こちらは崩れにくいので、また性懲りも無く麺に巻き付けたりして楽しんでみました。
 

f:id:TOMASSOON:20210709163205j:plain

 
 
 
 
<メンマ> 短冊型のフニャコリとした歯応え!素材と出汁を感じる素直な味付け!麦酒に最適!

f:id:TOMASSOON:20210709162954j:plain


 
 これぞ素朴!実にオーソドックス!。見慣れた短冊タイプでやや幅広い。繊維質はキッパリとしてるようですが、とても柔らかくて、歯切れがとてもソフトです。フニャっとする感覚とコリっとした感覚が合体したような歯切れが心地よいかと!。そんな優しい歯応えでありながら、味わいは深いです。
 

f:id:TOMASSOON:20210709163056j:plain


 
 全体的に醤油感ある見栄えですが、塩気はほとんどなく、下味出汁の円やかさがいい感じです。白飯に乗せてメンマごはんとしても通用しそうかも。スープに浸っているとその味を吸い込むので、これでまた味も穏やかになる様子。素朴さに温かみが増すイメージですので、これまた麦酒がさらに進むのでした。
 
 

 

 
 
総じまして「世代を越え受継がれる味!やっぱり落ち着く昭和のご馳走チャーシューメン!迷ったらこれ!」

f:id:TOMASSOON:20210709163021j:plain


 
 ・・・と言った感動!。店の雰囲気も含めて、実にほっこりさせるチャーシューメンです。まさに癒しの一杯かと。仕事終わりに晩酌の後には最高と思われます。緊急事態宣言が明けるまではそんなことも出来なくなりますが、拉麺だけでも癒されるので三鷹・武蔵野エリアのラーメンファンには激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210709180409j:plain


 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 武蔵境駅

 

 

【今週のラーメン4611】 洞くつ家 (東京・吉祥寺) ミニチャーシューメン + キャベチャー 〜スモールサイズでビックインパクト!朝から優越!さらっとガッツリ!家系朝ラー!

今日も多忙だ!朝から元気だ!朝ラー旨し!
 午後一番のスタートから大切な会議をぶっ込まれますと、昼休みなんて気分で取れませんし、ゆっくり飯すら食えんと言うもの。出勤前にさらっと吉祥寺で朝ラーメンを頂いて参りました。吉祥寺で朝ラーというと「一蘭」が思いつきますが、昨年から「青葉」がスタート。そして家系の「洞くつ家」は朝6時から営業開始の通し営業です。このコロナ禍の逆境で頑張ってるって感じ。朝からラーメンだけでなくそんな逞しさも摂取です。
 
f:id:TOMASSOON:20210709120457j:plain
f:id:TOMASSOON:20210709120422j:plain

 
 それにしても、さすが吉祥寺?。早朝から座席が半分程度埋まってます。苦肉の策と思ってた朝営業ですが、結構ニーズがあるんだと改めて納得。
 

 

 
 
 
<全体> 朝にピッタリ侮れないミニサイズ!まさに肉詰め!スモールサイズのビックインパクト!

f:id:TOMASSOON:20210709120439j:plain


 
 正直、朝から家系って重いかなと思って味薄めで行こうかと思ってたんだが、「ミニ」サイズのラーメンもあるじゃないか。そして惹きつけられたのが「ミニチャーシューメン」。ガッツリ食ういたい人向けなのか?小食気味な人向けなのか?。ものは試しと興味本位に従ってみた結果・・・配膳されたのはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120448j:plain


 
 おおお!確かにミニだぁ〜。写真では縮尺が分かりにくいが、つけ麺で言うとつけダレ用の小ぶりな器に入れられた感覚です。ところが、そこにレギュラーサイズの厚海苔3枚がしっかり投入!そしてチャーシューが所狭しどころかギュウギュウ詰めに押し込んだような風貌。スープは肉の隙間から滲み出たような感覚でちょとオモロイじゃないか。サイドメニューの小皿に盛られたキャベチャーと並べてみると、いかにも小さい器に詰め込まれたかが伺えるはず。麺は少なめだから、糖質制限ローカボ対応のチャーシューメンとも言えるだろうか?。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120507j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> スープ吸込み程よい塩気が滲むフカフカ豚肩ロース!食っても食っても肉肉肉!朝から興奮!

f:id:TOMASSOON:20210709120526j:plain


 
 もう途中で数えるのやめました。食っても食っても大中小サイズの肉肉肉って感覚で、肉座布団を片っ端から食らいつきますが、どれも旨いんだよなこれが!。フカフカで柔らかいし、豚骨醤油スープが程よく滲んだ味わいと、スモーキーさは低めだがしっかりと味付けされた肉味がナイスバランス。ほぼ豚肩ロースが主体と思われますが、脂身がしっかり目に差した肉が脂の甘味も染み入るようです。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120532j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120614j:plain


 
 あまりにも肉を持て余し気味だったので、ちょっと遊んで海苔で肉を巻いて食ったり、またまた性懲りもなく肉で麺を巻き込んで食ったりと遊んでみましたー。早朝から肉三昧でテンションが上がってきたぞ!。午後の会議までこのまま乗り切れるか!
 

f:id:TOMASSOON:20210709120627j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120620j:plain

 
 
 
 
<スープ> 豚骨の旨味濃厚なれど重くない旨さ!程よい鶏油の溶け具合でコク深く滑らか!塩気もマイルド!

f:id:TOMASSOON:20210709120556j:plain


 
 今回は濃さも鶏油も変更なくデフォルトでいただくが、やっぱりバランスがいいね。豚骨のパンチがマイルドに効いているって感覚で、重くないけどさっぱりとも言い切れず、程よいコクの厚さと感じます。朝だから余計にそう思うのか・・・塩気が柔らかいのが心地よく感じます。それに伴いカエシや鶏油もそれほどインパクトある感じでなく、それぞれの味わいを輪郭としてしっかり伝えるものの、さらりとした印象すらあるかと。なのでゴクゴクと飲み干せるスープと仕上がっております。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120544j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120538j:plain


 
 へへへ・・・今回は出社用のカバン持参だから、当然クロレッツとブレスケア・ストロングの準備万全。当然、家系なんだから入れますよニンニクを!。結構薬味がしっかりと備わっており充実。生姜もあったんだがニンニクパンチで決めてみました。やはり入れるとガラッと印象が変わりますね。塩気が生き返るようにビビッと感じますし、また独特のニンニク風味がチリチリと全体に響き渡るのが痛快!。ミニサイズだから余計に全体に行き渡るじゃないか!。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120710j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120703j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120741j:plain

 
 
 
 
<麺> 家系王道の酒井製麺!ボコつきと加水やや高めで出汁を吸いがち!スパスパと千切れる小気味よい食感!

f:id:TOMASSOON:20210709120651j:plain


 
 まぁ、家系食べ慣れている人なら説明不要ですが、王道の酒井製麺です。中太で弱い縮れと捩れが印象的で、やや薄く全体が黄色みがかったような風合い。麺の密度感もやや低めで加水はやや高めか?。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120645j:plain


 
 カタメとしましたが、出汁と絡みやすく吸い込み易いので、食感としては前歯ではスパスパ!奥歯ではクチクチとキレつツブレが心地よいです。今回はミニだから、感覚としては100g程度がみたないかかな?。今回は朝ラーですが、これは飲んだ後の〆には好都合な麺量ですな。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120638j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120730j:plain

 
 
 
 
<ほうれん草> クタり過ぎない柔らかい茹で加減!素材甘味とスープのマッチングがナイス!

f:id:TOMASSOON:20210709120723j:plain


 
 これも家系好きならお分かりの通り、クタり気味なほうれん草。そのクタった状態が一番豚骨醤油出汁が染みるようで、麺に絡んだりしても旨い感覚です。とは言え時々トロトロ寸前までクタるのも見かけるがそれはまた興醒め。こちらは、クタり過ぎない柔らかい茹で加減!素材甘味とスープのマッチングがナイスですので安心です!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210709120735j:plain

 
 
 
<キャベチャー> 酒があればそのままでもナイスおつまみ!さっぱりタレに絡むキャベツと肉の甘味が全体にしみる!

f:id:TOMASSOON:20210709120602j:plain


 
 知る人ぞ知る六角家系列。ならば「キャベチャー」も押さえておきたいメニューです。朝ラーとは言えスルーできませんでした。ややフレーク状態になったチャーシューに、ザクザクとしたキャベツが胡麻が効いた醤油ダレに絡んでる。なのでそのままでも十分美味しいので、フツーのタイミングでビールが傍にあったならおつまみとして成立します。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120754j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120747j:plain


 
 私は茹でキャベツ気分で、一気に後半になってからラーメンの方に全投入!小さい器だから溢れそうになるところを、箸で押さえ込みながら汁に浸してゆきます。そして汁に浸して味変化させたり、麺に絡めて一緒に楽しんだりして味わい尽くす!。朝から肉だけじゃなく、野菜もガッツリ食えるので、なんとなく罪悪感も薄らんでゆくような、そうでないような・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20210709120819j:plain

f:id:TOMASSOON:20210709120825j:plain

 
 
 
 
総じまして「スモールサイズでビックインパクト!朝から優越!さらっとガッツリ!家系朝ラー!」

f:id:TOMASSOON:20210709120550j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。家系は早朝からやってるところも多いけど、駅ターミナルからこんなに近くて、ミニサイズ対応もあるところが勝手がいいじゃないか!。サクッと朝ラーにも使えるし、また通し営業なので外出忙しい仕事人にも超便利!。激しくオススメ!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210709121916j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にご馳走様でした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 吉祥寺駅井の頭公園駅

 

 

【今週のラーメン4610】 鶏こく中華 すず喜 (東京・三鷹) こく塩 + 春雨ごはん 〜唯一無二の出汁感!魚介が溶ける鶏塩そば!三鷹に来たら絶対食っとけ激しくオススメ!

ワクチン接種の前に・・・鶏こく摂取!
 何とかワクチンの集団接種会場のインターネット予約を、早めに確保できたのでラッキー。ちょっとその前に早めの昼飯とさせていただきましょう!。中央線沿線で駅から近いところで、11時営業開始と言う条件で、今回は「鶏こく中華 すず喜」さんに訪問です。ちなみに私の愛する「中華そば みたか」の方が駅から近いんだけど、そこだと絶対ビール飲んでしまうので、今回は避けてました:汗。休暇なのに飲めない・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145458j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708145508j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708150037j:plain


 
 さすがに雨降る平日午前11時だと余裕でしょと思ってたら甘かった!満席!店主のスーさんはじめスタフも動きが快活ですな!。おそらく先頭客と思しき方が食べ終わったのと入れ替わって着席。店内とスタフ&他客を映さないから撮っていですか?とスーさんに確認して、いざ実食スタート!。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145437j:plain

 
 
 
 
<全体> 乾物の欠片が浮遊する独特鶏塩感!デフォルトでも迫力の鶏豚肉感!迫力たっぷり!素朴さほんのり!

f:id:TOMASSOON:20210708145429j:plain


 
 今回は久しぶりに、この店名物の「こく塩」。「冷やしで」と告げれば冷やしバージョが出てくる日だが、ちょっと気分的に今回はデフォルトのまま対峙させていただきました!。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145447j:plain


 
 おおお!やっぱり鶏塩系の中では独特の存在感ですな。出会った当初からトッピングが少し変わったりもしてるのですが、素朴さの中に垢抜け感もしっかり感じますよ。エキス蕩け方がいつも感心するんですが、少し淡い山吹色に似た琥珀色って感覚。なので屋号の「鶏こく中華」って印象があるんですが、魚介のエキスが表層を漂い、またその粒子が中で浮遊するのがまた独特。トッピンはででん!と豚肩ロースのデカいスライスがお見事!。デフォルトで味玉ハーフも付くのでお得感すら覚えます。そして今日はメンマが乗るのね。ちょっとお得感〜。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145419j:plain

 
 
 
 
<スープ> 清湯でも白湯でもないユニークな鶏出汁!ちょっぴり濃ゆい塩気に素朴な魚介が滲む旨さ!

f:id:TOMASSOON:20210708145703j:plain


 
 「味濃かったら言ってくださーい!」と言うフレーズを何回聞いたことか:笑。その濃ゆいところが好きさ!。さてスープ・・・何が好きかと言えば、半濁なようでそうでもない。また清湯って感覚もない。当然、白湯とは違う。そして円やかさを感じる濃厚な味わいで、重くない仕上がりがお気に入りです。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145601j:plain


 
 無論、丸鶏系の芳醇な鶏エキスを存分に感じますが、魚介の甘さがじんわりと効いてる!。豊潤な鶏エキスは分厚く感じますが、しっとり落ち着いた感覚。ここに魚介系の片鱗を感じます。節の溶け込みを感じますが、それは中で浮遊する欠片からもそんなイメージ。そして煮干しの塩気もあると感じるんだが、表層に浮かぶのは煮干しって感覚もあるかと。鶏エキス感に魚介の甘味!そこに塩ダレの深さがじっとり滲む旨さに展開されております。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145656j:plain


 
 「濃ゆい味」も食ってると段々慣れてくる。と言うか心地よくなるかな?。塩気がやや強めでも、味をしっかりめに感じる展開なのでここがヤミつきにさせるポイントなのでは?。ううう・・・やっぱり一番人気だけあるわ!スープだけでも酔いしれそう。
 
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺!中細ストレート!全粒配合の風味良さ!オーション配合の強い旨味!加水やや高めでもクシとした歯応え!

f:id:TOMASSOON:20210708145735j:plain


 
 特注麺らしいんですが、見た目の通り全粒が打ち込まれてます。そしてオーションとの配合。見た目は風流にも見えるんですが、香も味わいも強い仕上がりと感じます。スープも独特だけど麺も独特七日?。スープをガッツリと受け止めるのもお見事な旨さ!。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145741j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708145746j:plain


 
 標準サイズのストレート麺より少しグラマス。中細麺って感覚でしょうか?。素地の白さに出汁が染み込み、全粒の打ち込みが散らばってて実に旨そう。また熱ダレにも強い感覚で、多少加水の高さを感じる見栄えだが、どこか凛としたコシツキやしなりがあるようです。一方で汁とグルテンの旨味を存分に含んでいる様子。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145825j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708145907j:plain


 
 クシクシっとした感覚で、カタ麺主義者も好きになるかと。そして麺が品やかに揃って出汁を持ち上げると言うより、ソバっぽく濡れて染み込んで旨しと言う感覚。ちゅるちゅるっとではなく、ズボボボボボッと強く啜り食うほうが楽しいイメージです。後に噛み締めてオーションらしい風合いが口の中で広まる!。そこに出汁も一体化して実に旨し!。味付きの和え玉だと、もっと麺の素性がダイレクトに味わえますのでそちらも激しくオススメです。 
 
 
 
 
 
<チャーシュー> 鶏豚2種肉!ローストの香ばしさに本来の肉味染みる豚肩ロース!炙りの皮が香高い鶏モモ肉!
 

f:id:TOMASSOON:20210708145632j:plain


 
  デフォルトでローストタイプの肩ロース肉が一枚!しかもデカい!大判!。下味の薄出汁がしっかり浸透してる感覚。じっくりとローストされた肉は深い色合いで、中心部は熱入りがほんのりとしたピンク色。そんな豚肩ロースですが、これだけでも食べ応えある。そばにビールがないことが悔しくも思うが、今回はどうせ飲めないタイミングだった・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145638j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708145650j:plain


 
 鶏モモ肉がまた良い!。皮部分がしっかり炙られております。モモ肉のしっかりした歯応えは甘噛みしたくなるほど。脂の旨味もジューシーに含まれ、皮の香ばしさと実にマッチします。まあこの旨味が、モモの肉繊維にも浸透しており、鶏肉の旨さが深いかと!。さすが「鶏こく中華」だけあるね。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145855j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708145805j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708145759j:plain


 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> ほんのり塩気を含みいい塩梅!やや濃ゆめの味にマチュアな甘味も蕩ける旨さ!

f:id:TOMASSOON:20210708145729j:plain


 
 味玉も心持ち味が濃ゆめ?。出汁の浸透の深みを覚え、卵黄はトロトロとして蕩ております。白身は下味の出汁とスープの旨味が混じり合っていい感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145752j:plain


 
 卵黄はネットリとジュレっぽさを多く残し、絡みつくように舌全体に広がります。濃厚な味わいとマチュアな深みで口の中がいっぱいになるってイメージかと。若干の塩気があると味に力が増すって感覚です。見た目優しいが、結構味わい深さで主張する味玉。嗚呼、やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 
<〆飯> 名物「春雨ごはん」!甘辛い醤油タレに肉の旨味と玉葱の甘味!春雨が吸収しつつ白飯に絡む展開が痛快!

f:id:TOMASSOON:20210708145927j:plain


 
 これもこの店では食っておくべき一品。甘辛い醤油味で、すき焼き風でもあって少しそれとも違うようで、ハマる味です。少しスパイスが効いているような感覚もあり、それが味の面白さを広げます。
 

f:id:TOMASSOON:20210708145939j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708145933j:plain


 
 具材はチャーシューの細かめなカットが存分に入っているのが好印象で、白飯を無条件でかき込みたくなる!。しかも溢れんばかりにボリューミー。これで160円はお得感ありありです。時々、限定で「塩春雨ごはん」が出る時もあるので、それも激しくオススメ!。注文率高いです。
 

f:id:TOMASSOON:20210708150009j:plain

f:id:TOMASSOON:20210708150527j:plain

 
 
 
 
総じまして「 唯一無二の出汁感!魚介が溶ける鶏塩そば!三鷹に来たら絶対食っとけ激しくオススメ!」

f:id:TOMASSOON:20210708145514j:plain


 
 ・・・と言う感動!。まずは「こく塩」を推したいのですが、実は限定も旨い店。いつも必ず何かの限定を出していて、まめに周期的に入れ替わるので飽きない。三鷹・武蔵野もいい店増えてますが、押さえといて損はなし!。是非とも激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に歌って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210708171856j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

 

 

【今週のラーメン4608】 中華そば 青葉 吉祥寺店 (東京・吉祥寺) 特製中華そば 〜朝のひとときに安心安寧なる間違いない旨さ!一日のスタートに気分良く朝ラーなら・・・王道青葉の中華そば!

なぜか急に食いたくなる青葉テイスト!朝ラーで行ってみた!
 さて今日も昼前から色々と忙しい・・・とあって、時差出勤のタイミングを利用して、近場の吉祥寺で朝ラーメン!。なぜか急に食いたくなる青葉テイストを求めて、中華そば青葉 吉祥寺店へ。こちらコロナ禍の間だけ、一年以上前から朝9時から営業開始とのこと。そのうち治るどころかつい最近まで緊急事態宣言だったことから、今でも朝9時スタートのままとなってるのを、今回も美味しく利用させてもらいました。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113229j:plain

f:id:TOMASSOON:20210705113331j:plain


 
 因みに青葉と言えば平成拉麺の一時期を築き上げたブランド!。ご興味があれば・・・。やっぱり中華そば 青葉の功績も大と感じるこの頃です!。
 

 

 
 
  
<全体> もはやアイコン的存在感!優しいベージュに溶け入る旨味の表情!まさにほっこり!朝の胃袋にも優しそう!

f:id:TOMASSOON:20210705113406j:plain


 
 おおお!もう何度も何度も食ってきて見飽きるだろうと思うのだが、毎回そんなことはないんだよねぇ〜・・・やっぱり見てていつもほっこりさせます。もはや中華そばのアイコンとも感じるプレゼンス!今回も当然特製!そのインパクトもありましょうが・・・青葉らしいオーラが垂れ流しでございます。やさしいベージュ色したスープがまた和む。表層の動物系の脂が多めに感じられるのも意外かもだが、寸胴の上澄み脂エキスが流れているのでしょう。それがまたそそるね。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113350j:plain

f:id:TOMASSOON:20210705113339j:plain


 

 

 
 
<スープ> 一口啜れば青葉と分かるマイルド&スムース豚魚!豚骨塩気と魚介甘味のバランス感がナイス!

f:id:TOMASSOON:20210705113500j:plain


 
 かなり前からピュアなダブルスープはやってないんですが、豚骨と魚介の煮出汁が合わさる味わいはさすが。やはり「青葉の味!」と思わせます。ライトな豚骨の煮出しが丁寧で嫌味が全くない優しい味わい。塩気もあるが抑え目で豚エキスに妙なストレスを感じません。そして魚介出汁が甘味でグイグイと広がるイメージで、豚の旨味を取り込んで混じり合うような味展開。腹持ちの良さに似た豚骨の満足感と、魚介の甘味で楽しませる感覚が交錯しますね。これがまさに「青葉」というイメージあkと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113513j:plain


 
 何気にブラックペッパーがいい仕事してます。青葉の出汁に実に合う。チャーシューの風味付け的な役割なんだが、やっぱりスープに浸透して味わいに溶け込む様子。塩気控えめだが、このペッパー感がググっと塩気の存在感が高めるようです。これでググっと食欲も引き寄せる!。なので麺大盛にしても良かったなぁと少し感じてしまうかも。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113506j:plain


 

 

 
 
<麺> 軽く黄色みがかるストレート細麺!もっちり軽い弾力と柔らかい腰つき!スープに濡れて滑るシルエットが快感!ヌチヌチ奥歯で潰すと染み出す旨味!

f:id:TOMASSOON:20210705113612j:plain


 
 微妙に黄色さを保つストレート細麺もこのブランドを感じさせます。フツーの細麺よりややグラマスにも見えて、そんな黄色めな色合いも目立つ感覚。玉子麺ってイメージですが、その期待通りのモチモチ弾力で応えてくれます。量はそれなりに多めに感じますが、ライトに圧迫感なく食い切れるのもいい感じ。それでいて適度に引き締まっており腹持ちもよいようです。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113630j:plain

f:id:TOMASSOON:20210705113617j:plain


 
 汁を一気に吸い込むようでもなく、濡れているだけのように見えます。つるつるとしたライトなスベリがそう印象付ける?。軽く出汁を纏ったのを咀嚼すると、麺の風合いより甘味を感じます。スープエキスとの一体化して炭水化物の分解が始まってるのかと妄想しそう。食い始めからいきなり、出汁の一体感を楽しんでしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113645j:plain

f:id:TOMASSOON:20210705113715j:plain


 
 へへへ・・・特製だから当然、途中で海苔とか肉で巻いたりして食らう。そんな食べ方も青葉テイストの中では、一段と楽しくて旨いかと感じてしまいます。毎回性懲りもない食べ方してるけど、甘味ある出汁に浸る麺を旨く食えるから好き!。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113657j:plain

f:id:TOMASSOON:20210705113727j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> スープ熱で脂が蕩けて崩れる柔らかさ!甘味のタレにブラぺの刺激旨しな豚肩ロース!

f:id:TOMASSOON:20210705113428j:plain


 
 このややホクホクとし、バクバクと出汁を吸い込むような肉も、青葉!と感じさますね。出汁を吸ってホクホクとしておるが、元は全体がスカスカとしているイメージ?。いつも通りに、肩ロースの細かく差した脂身が煮出しで蕩けたイメージもあります。極端なほど肉繊維が柔らかく、隙間にスープがバクバク浸透。それが次第にフカフカな感触に変化し、噛み締めると肉味も混じった旨さとなっていい感じですね。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113539j:plain


 
 箸で摘まみ上げようとすると、やっぱり自重で崩れます。全体を食い進めると次第に乱れて、肉片がフレーク状に崩れそう。それにしてもこの肉は好きだな・・・麺の隙間に絡んだりするから。やはり特製で肉増しかありえんな・・・次回も多分特製にすると思います。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113559j:plain

 
 
 
 
<メンマ> 軽い歯応え!薄出汁の気軽さと親しみ易さ!汁を吸って旨さ一体感!

f:id:TOMASSOON:20210705113525j:plain


 
 やや薄味系のメンマ。馴染みの深いポピュラー形状で歯応え特に柔らかい!。デカく見えるが繊維がサクサクと小気味よく千切れていい感じ!。これに合わせてスープも吸い込むようで、やっぱり一体化した味わうがナイスです。麺に絡めて一緒に食い切ってしまいましたが、今回は更に海苔も。合わせて食らって旨し!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210705113606j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 薄出汁浸透深く濃密で円やか!スープに濡れて旨さ一体!

f:id:TOMASSOON:20210705113531j:plain


 
 毎回同じことを思い呟くのだが「味玉」ボタンを作って欲しいと!。厨房には業務用のどでかいステンレスボールが3つほどあり、そこにはたくさんの茹で卵で埋まってます。味玉を食いたければ「特製」を注文するしかないのですが、特製の注文がそれだけ多いということでの仕込みなのか・・・すげぇ特製人気。それにしてもやっぱり薄出汁浸透深くて味は円やか!スープとの一体感ある旨さが沁みるぜ!
 

f:id:TOMASSOON:20210705113704j:plain


 
 全体的にとろりとしつつジュレっぽい部分と、やや固茹で気味な部分がある風貌で、魚介系で淡く甘い出汁が深く浸透しているのを感じます。箸で摘もうとしたが滑る・・・。レンゲですくってスープもろとも食らうのが一番楽で楽しい食べ方ですな!スープとのマッチングは当然良くて、更に一体感が高まる旨さ。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20210705113624j:plain

 
 
 
 
総じまして「朝のひとときに安心安寧なる間違いない旨さ!一日のスタートに気分良く朝ラーなら・・・王道青葉の中華そば!」

f:id:TOMASSOON:20210705113212j:plain


 
 ・・・と言う感想。まだまだコロナ禍もデルタ株など怪しい動きを見せ始めているし、そう簡単には落ち着かなさそう。もうしばらく、朝営業対応の期間が延びそうですが、食って応援し続けたい所存です。朝でこんなにしっかりと充実したラーメン食える幸せはとっても貴重!。憂鬱な世相が続きますが、朝ラーで気分整えていざ仕事!ってのもありかと!。こんな時期こそ激しくおススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210705202409j:plain


 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 吉祥寺駅井の頭公園駅

 

 

【今週のラーメン4607】 拉麺 瑞笑 (東京・国分寺) 冷やし煮干しそば 〜塩煮干しの質実さに溶け込むコンテンポラリーな清涼感!極上冷製煮干そば!

7月再スタート!冷やしもスタート!
 国分寺も本当にラーメン的にいい店が多いよね。代表格は「ムタヒロ」なのは間違いなく、ムタヒロ帝国って感覚もしますが、個人的には現時点で国分寺では「瑞笑」一択でございます:苦笑。そんな激しく応援なお店が、7月になって再開とのことで早速行ってまいりました。Twitterで知った次第ですが、その中でどうもこれまで食った塩煮干とは雰囲気が少し変わった麺顔が紹介されとりまして、気になって気になって仕方がない!。
 
f:id:TOMASSOON:20210703174608j:plain
f:id:TOMASSOON:20210703174654j:plain

 
 ところが、いざ訪問して券売機ボタンを眺めると、以前とそう変わってない気がするのはなぜ?。落ち着いて探すと「冷やし」の文字を発見して、あ!これか!!ってな感じでボタンを叩き押します。こちら、塩煮干と背脂醤油の印象が強いので、冷やしはどんな感覚なのかと興味津々ですが、「煮干」と冠がついてることから、塩煮干の冷製バージョンだと感じました。ますます楽しみ!。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174627j:plain

 
 
 
 
<全体> 名作塩煮干の冷製!?大葉と冷たさで旨さの緊張高まるオーラ感覚!

f:id:TOMASSOON:20210703174617j:plain


 
 休日なので飲むき満々だったんですが、ビールのボタンには、赤く❌のランプが光ってますので、今回は大人しくラーメンと対峙いたしましょう!。そんな期待の麺顔はこんな感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174714j:plain


 
 おおお!まさに麺顔は塩煮干そのもので完全コピーな感覚!されど冷えてるだけで斬新な感覚ありますな!しかし一点だけ変化があって、それは大葉。青葱の薬味の代わりに、大葉の刻みがトッピングされております。たったそれだけのことが妙に気持ちが新たな感覚なのが不思議。もともと奇を衒わない質実な一杯が、冷えてるだけで緊張感が高まるようなオーラすら覚えます。ううう・・・ベースが旨いの知ってるだけに激しく興奮する!。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174723j:plain

 
 
 
 
<スープ> 絶妙の塩気と煮干香味の軽やかさ!大葉の清涼感と揚げ玉葱の香りと甘さが溶け入る旨さ!

f:id:TOMASSOON:20210703174732j:plain


 
 冷えると塩気の感覚が下がるので、多少は強くタレを引いてるのかと思いきや、絶妙なる塩気と煮干のバランス感覚!軽やかに響きます。鶏豚の動物系の旨味はしっかり出てましょうが、煮干の軽やかな香りと微かな苦味が心地よい!。そして香味油に工夫があるのか?煮干の香りをしっかりと感じます。ラード系の重さはないので、植物系のオイルに煮干しを溶かしたのだろうか・・・そんな妄想。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174737j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703174753j:plain


 
 そして薬味たちが相変わらず冷えてもいい仕事をしております。代表的なのは大葉ですが、これは分かりやすい和風のハーブ感がいいね。バジルよりも油に強く清涼感が持続するって勝手に思い込んでいるんだけど、まさにそんな感覚。香味油に染まり切らずに青々とした清涼感を発揮します。そして揚げ玉葱は、もはや説明不要か・・・葱類固有の甘みと香ばしさを溶かして旨さをアシスト。さらに紫玉葱微塵はフレッシュな甘味を弾かせます。ここに微妙に柚子皮が溶け込むので、ちょっと柑橘系の爽やかさも滲む。これが煮干感とベストマッチですな!。冷えても旨さ質実!加えて華やかさ増すと言ったところか?。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174748j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703174759j:plain

 
 
 
 
<麺> 引き締まる食感と素地の風味!出汁を持ち上げる品やかさ!噛み締めて甘みある一体感!

f:id:TOMASSOON:20210703174858j:plain


 
 いつものストレート細麺ですが、冷えて締められてるだけで、瑞々しくも笑いが止まらぬ旨さです。まさに瑞笑。加水中程度と思われ、芯を残さない程度にしっかりめに茹であげたのを締めてる様子?。素地の風味も感じますが、引き締まりつつも全体でモチモチと弾むような食感。加えて腰つきがとても品やかです。このため麺が揃いやすく、麺と麺の隙間に出汁を絡ませて持ち上がるのが得意な感じ。出汁の旨味を十分に絡ませる旨さです。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174811j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703174853j:plain


 
 粉感はなくスープと一体化したグルテンの旨味といった妄想的な味わい!。特にこれに加わり揚げ玉葱が絡んだ時が最高でございます。噛み締めてこそ、素地と薬味・・・そして出汁感の一体化した旨味を知ると言ったところでしょうか。この感覚ならつけ麺も旨そうに感じます。もう次食らうの決まった感じですが:汗。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174919j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703174914j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703174925j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 豚鶏2種!ロースト豚バラ肉と低温調理の鶏胸肉!冷製出汁にフィットする芳醇な肉旨味!

f:id:TOMASSOON:20210703174841j:plain


 
 素朴と今風がそれぞれ分担したってコンビネーションですね。まず素朴と感じる豚バラ肉ですが、これは実に長い間馴染んだ味わいで、醤油ダレに染みた豚の脂の甘味が全体に深く広まる旨さです。醤油ダレが染みて甘辛いと言うのを通り越して甘味が深い。そしてローストされた旨さも滲みますから、ビールよりも白飯に絶対的に相性が良さそうです。
 

f:id:TOMASSOON:20210703175011j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703174846j:plain


 
 そして鶏胸肉がいい感じ。結構分厚目にカットされており、周囲のブラックペッパーが程よく胸肉にも染みている感覚で、ちょっぴり洋風にも感じる旨さ。ちなみにこのブラックペッパー感がスープにも影響しますから、時折洋風にも感じる時があります。この噛み締める弾力が素晴らしく、噛み締めると弾き返すかと思わせる明るい反発の始まりで、いきなり千切れると言った感覚。冷えてるからいつもと違う感覚なのか??。こんなに美味かったのかここの胸肉と思ったりしてー。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174830j:plain

 
 
 
 
<メンマ> 醤油系に深く染まるデカ太メンマ!解けるような柔らかな歯切れが心地よい旨さ!

f:id:TOMASSOON:20210703174835j:plain


 
 冷えても旨いメンマは、本当に旨いメンマと思う次第。麺顔にも堂々と質感を放ちながら横たわっております。少々デカくて太いサイズ。少し醤油系の出汁が浸透深い見栄えですが、全く塩気を感じるどころか出汁の甘さを感じます。歯切れがとても柔らかで、繊維が崩れるようにちぎれてゆく。それが見栄えは素朴なのに歯切れが上品とも感じさせます。特製もいいが、デフォルトにメンマ増しと言う手もありますね。いや・・・ライスを別に購入してメンマ足してメンマご飯もオツかも!?。
 

f:id:TOMASSOON:20210703174819j:plain


 
 
 
総じまして「塩煮干しの質実さに溶け込むコンテンポラリーな清涼感!極上冷製煮干そば!」

f:id:TOMASSOON:20210703174701j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。煮干と背脂系が得意な店とは認識してましたが、冷やしもなかなかイケるとはこれは嬉しい!。丁寧な質実さに今風の涼味が溶けるハイブリッドな旨さでございます。夏の暑さはまだまだ始まってない!この夏、中央線沿線でランチの機会がございましたら、サクッと国分寺で瑞笑を激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210703175526j:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅

 

 

【今週のラーメン4606】 中華そば しながわ (東京・要町) 特製朝ラー + アサヒドライゼロ 〜休日朝からご馳走!あっさり&ガッツリな本格派朝ラーメン!

休日こそ・・・朝ラーメン!
 在宅勤務でも結構忙しかった一週間。代休もとったりしたけど、やはり週末休日はいつもと違う麺活動をしたい。そんな衝動で都心で朝ラーメンを決行です。Twitterを眺めていて「中華そば しながわ」さんが土日だけ朝ラーメンやってると見かけましたので、早速やってまいりました。
 
f:id:TOMASSOON:20210703172150j:plain
f:id:TOMASSOON:20210703172203j:plain

 
 朝から雨降ってて、立教大学周辺にはほんと人影少なく、きっとガラ空きだろうな・・・と思ってみたら、あらら座席は半数以上埋まってる:汗。みなさんも相当ラーメン好きなのね・・・:笑。これは負けておれんと、特製!ノンアル!で攻めてみました。
 
 

 

 
 
<ノンアル> アサヒドライゼロ!結構キレある辛口!スーパードライ気分でヘルシーに味わう!

f:id:TOMASSOON:20210703172342j:plain


 
 朝はビール未提供とのこと。あったら飲んでたかもしれんが、ちょっとそれは正月でもないから気が引けるよね。ちょうどいい感覚です。それでもしっかりと、ビール同様のおつまみ(メンマ)がついてくるから嬉しいじゃないか。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172329j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703172421j:plain


 
 最近、緊急事態宣言続きなのもあって、ノンアルコールビールにも相当慣れてきました。最近自宅の冷蔵庫では、オールフリーが備わってます。でもアサヒドライゼロも捨てがたいね。やっぱり、スーパードライの味わいに似せてる気がするし、パッケージもそんな感じ。多少金属的ではあるが、キレと辛口飲みクチが表現されてると思うし、おつまみと合わせると結構ビール気分も味わえますね。朝からヘルシーな気分にもなりますが・・・ヘビーなラーメン食う目的だから、ヘルシーとは言い難いか・・・汗。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172355j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703172401j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703172414j:plain

 
 
 
 
<全体> 喜多方風の素朴さと肉迫力!?優しく明るい琥珀出汁に漂う煮干しの香り!結構ガッツリ!

f:id:TOMASSOON:20210703172322j:plain


 
 さて本当は大盛があればそうしたかったんだけど、そういう設定がなかったので、憂さ晴らし気分で特製です。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172222j:plain


 
 おおお!朝ラーだから結構あっさり系かと思うスープカラーだが、実際見てみるとかなりガッツリと本格派じゃないか!。まず肉がこんなに投入されとるとは知らなんだ。喜多方系を思わせる豚バラ肉が、絨毯のごとく折り重なって敷かれてる。しかも下にもまだ重なってる様子。それだけでなく、メンマも相当量で、おつまみでもメンマ食ってたからメンマだけでも小腹が張りそう。更に味玉がまたいい色合い!渋い色合いでかなりそそるね。すでに1日の麺活動がこれで終わってもいい感じ!?。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172231j:plain

 
 
 
 
<スープ> しっかり煮干しが効いた出汁!朝にはずしりと感じる?結構オイリーで分厚い豚コク!

f:id:TOMASSOON:20210703172505j:plain


 

 さてスープ。明るく軽やかな琥珀色であっさり朝ラーに見えますが、いえいえそんなことはありません。それなりにずしりと感じます。豚のコクがしっかりと出ており、少々オイリーとすら感じるほど。背脂とはまた違ったコク深さでしょうか。これはガッツリ感あるね・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172511j:plain


 
 その一方で、塩気はとても円やか。オイリーな豚コクが尖を完全に抑えた感覚で、煮干しの旨味が結びついてるようです。煮干しエキスは表層に固まりとなって浮遊しており、しっかり溶けてるなぁ〜ってな感じ。粉も浮遊するようで魚介の甘味もしっかり出ております。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172518j:plain

 
 
 
 
<麺> 少しグラマスな多加水系ストレート細麺!ちゅるっと滑らか!ソフトな歯応え!品やかな物腰!

f:id:TOMASSOON:20210703172623j:plain


 
 麺も印象的。ちょっと柔らかめ。私はカタ麺主義者なのでそう感じるだけかもしれませんが・・・。スープと同様に明るい色合いで艶やか。見るからに多加水といった感覚で、物腰品やかでちゅるちゅるとすすり食える。弾力は、モチモチと弾むと言うより、プツプツと歯切れ良いようです。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172644j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703172556j:plain


 
 ストレート細麺ですが、微妙にグラマスに感じるフォルムで、麺量もフツーに150gはありましょうか。結構食べ応えあるね。比較的寄り添いやすいので、スープの持ち上げも優れています。煮干成分も地肌に貼り付く様子。また後半になるとスープも軽く濁ってくるので、麺もスープをかなり吸い込んでいる感じ。噛み締めると、炭水化物と出汁が一体化した旨味が分かりやすく感じるタイプかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172650j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703172631j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 圧倒の豚バラ肉8枚?もはや豚そそば!円やかで柔らかい脂身は出汁にも溶けるか!?

f:id:TOMASSOON:20210703172543j:plain


 
 小さいのも数えると8枚くらいはあったのでは?。三枚肉といった脂身赤身の層がきっぱりしてる肉が分厚くカットされてます。全体的に薄味な煮込みですが、豚肉本来の味わいが素直に味わえる感覚。特に脂身の甘みは出汁に混じってもしっかり伝わりましょう。また脂身が多くスープに浸るので、そこからまた脂がスープに溶け出しているのでは?と思えるほど。まさに豚そば感覚ありあり。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172550j:plain

f:id:TOMASSOON:20210703172608j:plain


 
 赤身もいいね。とてもフカフカと柔らかい仕上がりで、脂身の旨味も滲むが、赤身の味わいにスープの旨味が染み込んでるので、これだけでも白飯が食えるような感覚。意外と噛み締めるとジューシーな展開でバクバク食えるが・・・朝からこれだけの肉量は、ちょっとヘビーに感じてしまったかも:笑。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172614j:plain

 
 
 
 
<メンマ> ボリューミー!あっさり薄味分厚い歯応え!サクサク幾らでも食えるライトな味わい!

f:id:TOMASSOON:20210703172524j:plain


 
 メンマも朝ラーとしては多めで嬉しい。おつまみメンマと合わせると結構食った食ったで大満足です。分厚めでサイズも大きめな感じ。これも薄味に仕上がっており、スープと合わせて味わえるタイプ。また、サイズの割にはサクサクと歯切れよくライトに食えるのが好印象。昼間だったらビールと合わせてみたい!。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172530j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 出汁の浸透の深さ極まる!決して甘過ぎず乾物出汁と玉子の一体感!

f:id:TOMASSOON:20210703172459j:plain


 
 めちゃめちゃ深い出汁の浸透!割ってみると、白身の断面均一に茶褐色か灰褐色で染まってる。さぞかしマチュアな甘みなのだろうと思うが、実際はそうじゃないんだよね。乾物の旨味中心で甘過ぎずでいい感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172602j:plain


 
 卵黄は全体がねっとりとした仕上がり。舌に貼り付く感覚で、卵黄のコクと乾物が超深く浸透した濃密さ。これは感心する旨さだね・・・スープに沈めて味を足しても実に合う。これほど深く出汁浸透して甘過ぎない味玉は、ちょっと他に思いつくのが難しいかも・・・・。朝からいい味玉食えてナイスな1日!。
 

f:id:TOMASSOON:20210703172656j:plain

 
 
 
 
総じまして「休日朝からご馳走!あっさり&ガッツリな本格派朝ラーメン!」

f:id:TOMASSOON:20210703172255j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。ちょっと朝から食い過ぎ感はありましょうが、朝だからという妙な遠慮がない本格派ってな感覚!頼もしい一杯かと!。朝から気分盛り上げるなら激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210703174541j:plain


 
 

 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 要町駅椎名町駅

 

 

【今週のラーメン4605】 麺屋 さくら井 (東京・JR三鷹) 冷やしらぁ麺 お茶漬けセット + チャーシュー盛ハーフ + クラフトビール 〜これぞ名作!冷えても煮干しの芳醇さしっとりな冷製煮干しそば!この夏絶対食っとけ激しくオススメ!

私が東京で一番大好きな冷やしラーメン
 今年も解禁!名作!冷やしらぁ麺!。煮干味がしっかり効いた冷やしラーメンで、何たって限定一日30杯。毎年天候次第では午後過ぎには完売なる人気作でございます。なのでいつもこれを狙う時は焦るのですが・・・へへへ、今回は野暮用あって平日休暇。そして朝から強い雨が降り続いておりましたから、そう焦らずとも食えるはず!。開店時刻少し前に到着しましたら、なんとか一巡目をゲットです。桜井店主直々に、開店の扉を開け客を招き入れるのは、いつものルーティン。軽く目線でご挨拶して入店いたします。 
 
f:id:TOMASSOON:20210702164547j:plain
f:id:TOMASSOON:20210702164538j:plain
 
 
 
 
<酒> CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE:渋みと深い苦みでズシリとくる爽快感!フルーツにも似た円やかな麦酒酵母の余韻!

f:id:TOMASSOON:20210702164725j:plain


 
 へへへ・・・今日は飲めるぜ!この数年で別ブランドも立ち上がったので、スタフの数も増えましたね。新顔さん?に食券を渡して?隅の座席へ。一応、休暇だがスマホでメールだけ軽く確認して、トラブルが起きてないことを確認したところで、タイミングよく出されたのが、この店オススメのクラフトビール「CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE」。確かビール通の「健やか@JR三鷹」御店主も推してたはず。久しぶりに味わいましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164707j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164655j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164701j:plain


 
 こいつは、ラベルがポップな図案ですが、実はかなり本格的な味わいで、かなりズシリと重めだと感じます。ホップの苦みがしっかりと効いており、苦みをしっかりと伝えながらも鼻腔を清涼感でくすぐるような華やかな展開。味自体が濃ゆいし、何かアテを欲してしまうようなフィーリングです。確か長野のブルワリーで名前は忘れた:汗。ここまでの味展開でも満足だが・・・今回は妙に麦酒酵母の余韻と言うのか、微かな甘味が非常に心地よい!。大袈裟に妄想的に言うとフルーツのような風合いが仄かに滲むような展開!?これは今までで一番旨いぞ!。2本目いったろかとかすめたが、結構良い値段するので、思いとどまった次第。嗚呼、金持ちになりたいなぁ〜。死ぬまでに一度気兼ねなくいい麦酒に埋もれる日々を過ごしたい。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164753j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164830j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー盛りハーフ> ちょい温かめな遠熱で中まで均一に脂が蕩ける旨さ!東京随一の拉麺チャーシュー!一度食うべし!

f:id:TOMASSOON:20210702164639j:plain


 
 今回は楽しいなぁ!東京で一番好きな冷やしラーメンと、東京で一番好きなチャーシューを同時に楽しめるのだから。以前にも拙ブログ&レビューで伝えましたが、刺身感覚で味わう楽しさです。最近、釜焼豚バラ肉がリリースされ、低温調理&炙りの構成だったんですが、今回は鶏豚の低温調理系。以前からあったスタイル。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164824j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164739j:plain


 
 これが実に華やかな麦酒に合う!麦酒が低温調理半レア肉の脂など洗うように馴染ませてくれます。そしてきめ細かく隠し包丁が入って超柔らかい肩ロース肉!。温めららた皿の熱でこの脂が緩み、口へ入れると舌の熱で蕩けるような展開。肉脂の旨味を感じたところでまた麦酒を流し込むのが最高に幸せなルーティンです。酒が通り過ぎた後でも円やかで印象がが口の中に残るのも良いね。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164806j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164836j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164818j:plain


 
 厚さやサイズ感もいいね。余計なところは切り落としてあるし、豚肩ロースや鶏胸肉も質感高い上に旨味が溢れるのが見ててありありです。柚子胡椒もお決まりアイテムで、主に鶏胸肉にねじり付ける。ジリジリ感と肉甘味が共鳴し旨さの絶頂でっせ!。滋味な清涼さと芳醇な肉汁が実に一体化!。柚子胡椒も最高の薬味ですな。この肉に出会うためだけに足を運んでもいいかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164733j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164759j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164848j:plain

 
 
 
  
<全体> 涼やかさ伝える出汁氷!冷ややかさに煮干の香りが溶けて芳醇!?優しく漂う魚介エキス感覚!

f:id:TOMASSOON:20210702164556j:plain


 
 一巡目最後尾だったので、結構ゆっくりとマイペースで酒と肉を楽しみ尽くし、程よく酔いのまわりがで始めたところで配膳が完了。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164714j:plain


 
 おおお!もう見た瞬間安寧を覚える美しさ。割と地味な色合いなのに上品と感じるベージュとグレーの展開ですな。まだ食ってもないのに、頭の中では旨さの記憶がフラッシュバック。薬味の揚げ玉葱が実に芳醇さを期待させるし、出汁氷は冷涼さと香ばしさを伝えるようです。チャーシューは先ほどハーフ盛で食った鶏胸肉。刺身のようなしっとり感に出汁が浸るのが更に旨そうです。そして全粒粉配合のストレート麺!これは、冷たく引き締まってるのに優しく素朴な表情。煮干出汁汁に浸っており、表面漂う香味油がキラキラと粒子が輝く!。いかにも崇高にも感じる冷やし煮干しな表情!。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164620j:plain

 
 
 
 
<スープ> 冷たさに深く香る煮干しの香りと甘味!妙に温かみある旨味の冷製煮干感覚!

f:id:TOMASSOON:20210702164746j:plain


 
 やっぱり冷えても「さくら井の煮干」って感覚だね。淡麗な煮干甘味と言うか、魚粉のようなコペコペした感覚は皆無で、非常にナチュラルで優雅な煮干甘さ!。優しい甘さと言うか、旨味に温かさすら覚えるイメージ。実に温かみのある冷製スープなのです。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164915j:plain


 
 煮干には香ばしさあり!。ニボとしたよくあるパターンではなく、苦味自体に甘味が溶けるような展開?。片口鰯も使ってるんでしょうが、ニボニボ感ではなく昆布の出汁感とよく似ていると感じるのです。トビウオなど淡麗な出汁も潜んでいると思われ、この上品な旨さには、そんな崇高さすら覚える感覚。毎年微妙にレシピが変えてますって言われる鴨田が、いやはや今年もこの冷たい煮干感最高です!。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164929j:plain

 
 
 
 
<薬味等> シャリっと崩れる出汁氷!香ばしさと甘味が深い揚げ玉葱!全体の旨味感アップ!

f:id:TOMASSOON:20210702164943j:plain


 
 揚げ玉葱が実に良い仕事をしております。煮干の甘さと香ばしさだけでも既に完成した感があるが、やっぱり、この揚げ玉葱をざざっとかき混ぜましょう!玉葱ならではの甘さ!そして揚げならではのサクサク歯応え!しっとり崇高な煮干出汁感に、色気を加えるような味展開です。これでググッと食欲が湧くような気もしますね。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164922j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702165208j:plain



 また出汁氷が心憎い!あっさりした鶏出汁を凍らせたものだったっけ?。ゆっくりと溶けてやがてシャービック状態になります。噛み砕くより、ゆっくり溶かして煮干しの味に、味わいと足してゆきましょう。変化を楽しむのもオツなもので、最後の茶漬け割で効果を激しく期待してしまいます。最後まで大切にキープしました。
 

f:id:TOMASSOON:20210702165122j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702165116j:plain

 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:平型中太ストレート麺!全粒配合の風味良さ!冷えて引き締まりのクッシリ感!出汁と絡んで甘味を感じる逸品!

f:id:TOMASSOON:20210702165014j:plain


 
 確か昨年から平型太麺に変更したっけか?。以前の麺風合いがすっかり頭から抜け落ちてますが、それだけ昨年インパクトを感じた様子。やはり全粒配合の平打ち麺は、存在感あります。見た目は優しい腰つきなのかと思いきや・・・少し引き締まりのある腰つき。程よくヌチヌチした歯応え。麺素地の風味が実に深く味わえると共に、煮干し出汁を微妙に吸い込み甘味も醸し出す感覚です。そして麺の甘味もあって、噛み締めてゆくと出汁との一体感が素晴らしい!。
 

f:id:TOMASSOON:20210702165008j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702164956j:plain


 
 平型麺のグラマスなフォルムも良いね。啜るとそのスベリが印象深く、淡麗なスープを纏ってスルスルとのど元を駆け抜けるシルエットが心地よいです。微妙に揚げ玉葱も貼り付けて持ち上がるが、軽い表面のザラつきと区別なく啜れるので引っ掛かりがない。嗚呼、もっと食いたい。麺量変更不可と勝手に思い込んでたが、よくよく券売機を見ると「大盛不可」とあるだけで、中盛りはOKであった!!。悔しいので、今シーズンもう一度食おうかと考え中です。
 

f:id:TOMASSOON:20210702165020j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702165108j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> しっとり貼り付くような鶏胸肉!煮干出汁に浸し冷製感覚で食らう旨さ!酒を呼び込む!

f:id:TOMASSOON:20210702164902j:plain


 
 既にチャーシュー盛で実食済ですが、まずはちょっと趣向を変えて煮干出汁に部分的にちょい付けで味わうのが良いね。鶏のさっぱりした滋味に、煮干の仄かな苦味と芳醇な甘さが混じり合い、淡麗&芳醇に味わえます。いかにも冷やしラーメン的な味風景で、とっても旨さが分かりやすい!。しっとり肉を少し冷やしながら食らうのも旨い!。この肉、温めても冷やしても実に旨さ有能的ですな!。
 

f:id:TOMASSOON:20210702164950j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702165028j:plain

 
 
 
 
<他具材> 煮干に相性ぴったりの青菜苦み!麺と絡んで歯応え楽しく美味なる自家製メンマ!

f:id:TOMASSOON:20210702165003j:plain


 
 もう毎回食ってる青菜とメンマ。青菜は冷や出汁とも絶妙です。煮干の芳醇な甘さと軽やかなニボ塩気、そして苦香ばしさにフィットします。青菜特有の清涼感に苦みがマッチ!実に旨し!。ザクっとした歯応えも清々しく気持ちよく食えるね。
 

f:id:TOMASSOON:20210702165036j:plain


 
 さて自家製メンマ。確か幾日もかけて戻し自家製味付けだとか。これもかなりの出来栄えで、繊維質が引き締まる緩いコリコリ感が楽しい!。歯切れが快感です。味付けは優しく素材感もある。個別にメンマ追加するのも手ですね。
 
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 那須御養卵!冷えても濃密なコクとマチュアな甘味がしっかり浸透!煮干出汁に絡めても旨し!

f:id:TOMASSOON:20210702165148j:plain


 
 へへへ・・・これは常連&一巡目ならではの特権というか、どうやら、やや崩れ気味のB玉をサービスしてくれたみたいです。感謝!。これもれっきとした那須御養卵。割ると卵黄の色合いが実に濃ゆく、深いオレンジ色のようです。ジュレっぽい部分が少し残る仕上がりで、味わうと濃密!。ブランド卵のコク深さというやつか?。出汁の深い浸透でマチュアな甘味がまた冷えてても伝わるようです。
 

f:id:TOMASSOON:20210702165135j:plain


 
 そして白身はふわふわ〜。冷えた感覚もあって、まるでプリンのようですな。白身だけでも旨いので、冷酒だったらより進むかと!。冷やしでも味玉追加を激しくオススメです。
 
 
 
 
 
<〆飯> 定番!セットの出汁茶漬け!飯の温かさに煮干芳醇な冷出汁投入!旨さテッパン!旨さに笑みが溢れる〆飯!

f:id:TOMASSOON:20210702165103j:plain


 
  今でも思い出す・・・初めて食ったとき、桜井店主から「絶対に旨いですからお茶漬けもどうぞ!」って言われたのを。これ食って茶漬けセットにしないと実に勿体無いですから、セットがデフォルトです。
 

f:id:TOMASSOON:20210702165141j:plain

f:id:TOMASSOON:20210702165129j:plain


 
 出汁茶漬けに冷たい出汁をかけるのも魅力的。更に「出汁氷」もプラスするという楽しさ。温かいご飯に冷えた出汁が浸透すると、「ひやあつ」の温度差も味わえて良いね。白飯の温もりに冷や出汁の冷感が混じり、氷の鶏出汁が溶けて旨味がアップ!。楽しさと旨さが増すばかり。もう少し白飯くれと言いたいところだったが、最後の汁まで完全に飲み干すとちょうど良い塩梅でしたー。
 

f:id:TOMASSOON:20210702165202j:plain

 
 
 
 
総じまして「これぞ名作!冷えても煮干しの芳醇さしっとりな冷製煮干しそば!この夏絶対食っとけ激しくオススメ!」

f:id:TOMASSOON:20210702164630j:plain


 
 ・・・と言う感動!。まさに夏の麺屋さくら井にこの逸品ありということで、限定30杯だと暑さ増すと早々に売り切れ。ご訪問の際はお店公式Twitterで事前確認した方が良いです。冷やしファンなら激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210702170529j:plain


 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4604】 ふく流らーめん 轍 東京高田馬場本店 (東京・高田馬場) 特製ふく流らーめん 〜儚く消えゆく泡立ちにしっかり伝わる鶏コクの旨さ!さすが本家関西泡系!

大阪のビブグルマン獲得名店!満を持していよいよ東京本格進出!
 待ちに待ちました〜。実は6/10に営業開始との情報があって突撃したものの、中は全く準備中で店内暗闇〜。後日また開店しそうな情報が流れて、また突撃したもののやっぱり撃沈。実はかなりヘソを曲げており、当面スルーを決め込んだのですが、欲望には勝てずグランドオープン初日にやってまいりました。
 
f:id:TOMASSOON:20210710163309j:plain
f:id:TOMASSOON:20210710163250j:plain

 
 いわゆる関西泡系としても有名ですよね。私、関西転勤してたことがあるのですが、その頃とは随分と大阪拉麺風景も変化しており、しっかりと泡系を意識して食らうのは実に久しぶり。東京では初めてかもしれません。開店当日に、RDBで大崎さんが紹介レビューアップしたもので、これは相当混むかなぁ〜・・・なんて気合い入れて来ましたが、気持ちが入り過ぎて、ポールポジションゲット!と言いたかったんですが、上には上がいると言うことでした〜^_^。
 
f:id:TOMASSOON:20210710163334j:plain
f:id:TOMASSOON:20210710163326j:plain
 
 
 
 
<全体> まさに泡々!全てを優しく包み込むミキシングとホイッピングのダブルの泡立ち!さすが本家関西泡系!

f:id:TOMASSOON:20210710163344j:plain


 
 よくある出来事として、開店日に限って券売機が故障すること。行列長そうなので何だか早めに開けるような雰囲気もあったんですがね。入り口のガラス越しにスタフさんがしきりに券売機の調整をしており、何だか手間取ってる様子・・・。少しだけ心配したんですが、どうにか間に合ったようです:笑。店主さんの最初の招き入れに従い、しばらくして配膳したのがこの麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163409j:plain


 
 おおお!期待以上の泡泡じゃぁ〜。自宅台所にバーミックス備えてるもんですから、大体その泡立ちは想像してた通りです。意外だったのはエスプーマ。雰囲気程度かと思いきや、結構多めで麺顔の3割以上を埋め尽くしてる感覚。味玉が今にも泡に沈みそうなほどです。肉などは特製にした割には迫力が薄いが、実は泡立ちに埋没し隠れているだけ・・・。全てを優しく包み込むミキシングとホイッピングのダブルの泡立ちって感覚です。ここまでの泡立ついっぱいはこれまでで初めてかも!?。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163400j:plain

 
 
 
 
<スープ> 鶏白湯なのにスッキリ!そしてコク深し!攪拌の泡立ちの中に清湯にも匹敵する滑らかな白湯感覚!

f:id:TOMASSOON:20210710163525j:plain


 
 味わう前にカウンターの蘊蓄を読んでしまったが;汗・・・納得できる味わいの組み立て方です。まずはベースのスープを味わうが、レンゲを刺すと泡立ちが揺れつつ口に含むと意外とスッキリ。近年、鶏白湯を食する機会が減ってるのは、ちょっと重いと感じるからですが、これにはそれがない。蘊蓄によると、元は鶏清湯系の煮出しらしいのですが、それを再度圧力鍋に移し替え再度煮込むのだそう。これにより白湯に仕上がってるようですが、過ぎるコラーゲン感がない感覚で、ごくごく飲み干せそうな鶏白湯に仕上がってる。それでいて痩せた感覚は一切なく、鶏の旨味はしっかりと伝わります。阿波尾鶏というブランド鶏を使ってるようですが、ともあれ鶏の旨味は濃ゆいのに味わいスッキリというのが面白い!。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163519j:plain


 
 そして確か・・・ハンドブレンダーを使ってるような記憶。我が家のバーミックスも同様に、これによる攪拌の威力は確かに違う!。例えば、かぼちゃのクリームスープなどをよく作るのですが、バーミックスで攪拌するとしないでは、口当たりの違いは当たり前ながら、味わいすら柔らかくなるのだから不思議!。濃厚鶏白湯なのにスッキリしているのは、清湯から再仕込みした工夫と、ブレンダーによる攪拌というダブルの技が支えていると、勝手に妄想しておりますー。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163531j:plain

 
 
 
 
<エスプーマ> なんとほんのり柚子香り!スッキリ鶏白湯を更にスッキリさせる泡薬味!

f:id:TOMASSOON:20210710163538j:plain


 
 更に旨味濃ゆいのにスッキリとさせるのが、白いエスプーマです。一口舐めるとすぐわかるが柚子がほんのりと効いてる。鶏出汁と合わせたようです。仄かで微かな清涼感が全体に広がるのだが、泡になってるだけに、あちこちにふわっと貼りつくような広がりなのが印象的。鶏白湯をスッキリさせている張本人はこれも当てはまります。さてこのエスプーマ・・・なかなか溶け切らない。よくあるのは、写真メモを撮ろうとした途端に半分くらい溶けているパターンだが、これは中盤を過ぎるまでしっかり残るようで、それがまた面白いのです。さすが本家関西泡系と言ったところか?。ところでこのエスプーマ、+100円で増量可能とのこと。追加すると、とろろ丼のような麺顔になるのだろうか。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163609j:plain

f:id:TOMASSOON:20210710163556j:plain



 
 一方、ひょっとして濃厚好きな濃厚民族な方々には、これによりスッキリしすぎると感じるかもしれませんね。そんな時はブラックペッパーで味変化してください。ミル付きのハンディータイプ。これでまたググッと鶏出汁&ペッパーで、味が引き締まるのでそれもナイス!。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163845j:plain

f:id:TOMASSOON:20210710163839j:plain

 
 
 
 
<麺> 丸みすら感じるつるつるとしたスベリ!加水高めの明るい食感!泡に塗れて滑らかさ極まるストレート麺!

f:id:TOMASSOON:20210710163628j:plain


 
 正直言って、泡と出汁感で頭が一杯で・・・麺の印象があまり入ってこなかったんだが:汗。微かな記憶を辿ると、加水は高めのストレート細麺なイメージ。そのスベリが独特で泡立ちと絡むから、非常に滑らかにスベるのでした。その舌触りや喉越しのシルエットからは、丸麺ではないか?と思えるほど。ツルツル系の麺が好きな人には実にフィットすると思われます。汁を持ち上げるという感覚ではなく、麺の隙間に泡が入り込んで包み込むようなイメージかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163654j:plain

f:id:TOMASSOON:20210710163634j:plain


 
 素地の風味感よりは、プツプツと千切った後の潰し込んだ甘味が印象的かも。明るい食感だけど、弾けるような部分は記憶に少なく、しなやかに奥歯で潰れて泡出汁と一体化してゆくようです。なので、いつもの汁麺のように、出汁を吸いこいんだ甘味感は案外淡白かも。やはり泡との一体感を楽しむって感覚なので、印象薄かった割にはユニークな展開だったんだなと回想しております。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163659j:plain

f:id:TOMASSOON:20210710163730j:plain


 
 とは言え、どんなスタイルの麺でも具材を巻き込んで食らうのはいつもの通り。特製だったので肉増しだったうち、豚肩ロースを泡と巻き込んで食らいましがこれは旨かったと覚えております。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163705j:plain

f:id:TOMASSOON:20210710163743j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 鶏豚2種!淡い滋味感溢れる豚肩ロース!焦げ目に香ばしさと脂旨味を感じる鶏胸肉!

f:id:TOMASSOON:20210710163550j:plain


 
 これは今風なスタイルの鶏豚2種肉。低温調理系です。豚肩ロースは淡いソミュール液の浸透が深く、熟したような肉艶を放つようですが、泡に塗れてよく分からん・・・きっとそうだろう。本来の赤身肉味も淡麗で旨いし冷酒は白ワインと確実に合いそうな仕上がり。脂身がある程度抜けた感覚ありつつ甘味を放つのが印象的です。
  

f:id:TOMASSOON:20210710163616j:plain

f:id:TOMASSOON:20210710163506j:plain



 そして鶏胸肉。形と焦げ目があることから、てっきりもも肉と思ってたが肉繊維の質感と柔らかさから胸肉(だよね?最近ボケてて心配)。外周の焦がし部分が香ばしく、脂が少し残ってる部分は甘味が染みるようです。肉繊維はとても分厚くても柔らかく、出汁を含む泡に包まれつつ全体に絡む。そこを食らうと・・・香ばしさと甘味と泡の清涼感が一体化するようで、とても不思議な旨さです。一度、泡立ちに塗れるのを除外して素で食べてみたい。おつまみチャーシューってのがあるようなので、次回はそれと酒を絡めてみたいと思います。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163749j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 甘めの薄出汁深く優しい甘味を伝える味玉!出汁の泡を座布団にして佇む!

f:id:TOMASSOON:20210710163640j:plain


 
 てっきり特製でも味玉は半分だけか・・・と肩を少し落としていたんですが、もう半分は泡に埋もれてただけでしたー!。これも泡立ちの方に気を取られがちだったのですが、結構甘味が効いてて円やかさを主張する味わいかと!。薄出汁ですが浸透は深く、漬けによる熟成感すら覚える・・・そんな深い卵黄のコクでした。これも泡と絡めて食らうという、他にはない味わいもあって味わいと食感としては、とても印象的。やはり味玉ってどんなスープ感でも成立する万能な旨さですな!。
 

f:id:TOMASSOON:20210710163737j:plain

 
 
 
 
総じまして「儚く消えゆく泡立ちにしっかり伝わる鶏コクの旨さ!さすが本家関西泡系!」

f:id:TOMASSOON:20210710163447j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。泡系の経験値が浅いだけに、久しぶりにとても新鮮な気分で楽しめましたし、これだけじゃなくて煮干しも混ぜそばも違った方向性で興味が尽きないお店。東京の中でも拉麺激戦区なる高田馬場で大阪ブランドの展開が今後楽しみ。通勤経路からも近いので、定点チェックをしてゆきたいと考えております。ともあれ本格的関西泡系!面白い旨さだから激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210710164633j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 高田馬場駅西早稲田駅学習院下駅

 

 

【今週のラーメン4603】 支那そば あおば (東京・武蔵野大学前) 塩ネギチャーシューメン 〜仕事に頑固!いつ来ても旨さにブレなし!今も健在!佐野JAPAN系スピリッツ支那そば!

拉麺の鬼直伝!王道支那そば!迷ったらここ!
 とある雨の強い平日。近場でサクッと麺活動するしかなく、それでも憂さ晴らしでいいもん食いたいと思う流れ。今回訪問に選んだのが「支那そば あおば」さん。ちょっと陸の孤島っぽいロケーションだけど、バス利用で楽させてもらいました。
 

f:id:TOMASSOON:20210701143815j:plain


 
 この界隈で旨い拉麺店としても有名だけど、グルメ本とかで紹介されないところがまた良いのです。開店と同時に車が並ぶ光景は、今も相変わらず。自己責任でよろしくです。こちらの御店主は、ご存知ラーメンの鬼!佐野実氏の愛弟子。いかにも仕事に頑固ってな感じで、むしろ出てくる拉麺に気迫が乗り移りそうですな。今回は、雨の中わざわざ来たのもあってテンションが高く、一番高いメニュー「塩ネギチャーシューメン」とさせていただきましょう!
 

f:id:TOMASSOON:20210701143757j:plain


 
 
 
 
<全体> 穏やかな琥珀の出汁に浮かぶ青々しいネギ盛!ドデカく浮かぶチャーシュー!質実な醤油色合いのメンマ!

f:id:TOMASSOON:20210701143901j:plain


 
 ちなみにこちらは、昼だけ営業で酒類未提供。緊急事態宣言や蔓延防止対応等で、インパクトは割と少なそうですね。アクリル板はないんだけど、店内少し張り詰めた空間なので、くっちゃべってる風景はこれまで皆無です。そんな感じで静かに提供を受けたのがこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210701143730j:plain


 
 おおお!実に典型的な佐野JAPAN系支那そば系の風貌!穏やか且つ凛々しい雰囲気が溢れております。そんな中にも微妙に緊張感が漂うってな雰囲気もあるんですが、今回はネギを増してエバーグリーンな展開が染みるか?。その上にデデン!と肉厚大判チャーシューがゴツくアピールしてます。王道支那そばのオーラに肉迫力が滲むといった展開か?。またフライドオニオンがい感じ!塩出汁とチャーシューの肉汁に今にも溶けて混じり合いそうです。甘味が見ているだけで伝わって来そう。
 

f:id:TOMASSOON:20210701143739j:plain

 
 
 
 
<スープ> 丸みのある塩気!乾物&動物系の旨味とのバランス!香味の揚げ玉葱&フレッシュ青葱のダブルでコク豊か!

f:id:TOMASSOON:20210701143808j:plain


 
 やっぱり塩気のバランスが絶妙!ミネラル分が抵抗なく浸透して全く尖りがない。そしてどことなく優しい淡麗感で、塩気を感じたと思うと引いてゆくような感覚です。そして後味には塩ダレの淡い酸味が残り、味わいを深く印象付けます。二口目以降食べ慣れてくると、塩気と言うより旨味そのもののよう感じてしまう。塩気なのか旨味なのか判別つかず、塩気と旨味の境目のないバランス?一体感??と感じ入ってしまいましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20210701143855j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701143837j:plain


 
 ベースは鶏豚ミックス。そして魚介。鶏コクが主張しているようだが鶏油の雰囲気はかなりあっさりで、豚の旨味も感じるか?肉増にしているから余計に今回は、そう感じたのかもしれません。豚肉か豚骨の丁寧な煮出しのような妄想をまた覚える。魚介系の乾物は節系主体と思われますが、塩気ダレの後味に軽く寄り添うような落ち着きのある雰囲気が好きです。当然香味野菜も溶けている?そんな仄かな優しさもありなむか?。
 

f:id:TOMASSOON:20210701143929j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701144043j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701144052j:plain


 
 さて揚げ玉葱。こいつがいつもいい仕事をしますが、とても分かりやすいように、油を含んだ玉葱の甘さが芳醇に溶け込み、まるで香味油の代役かのようです。カリカリさが汁に浸って溶けるのも見てるとそそりますね。その香ばしさが出汁にも広がるのが素敵。それだけでなく、今回は青葱増しです。青々としたフレッシュな風合いと内部の甘味が出汁に溶ける。揚げ玉葱とは真逆な展開なのに同様に香高くて甘味を発するのが痛快!。まさに葱旨さにダブルインパクト!。
 

f:id:TOMASSOON:20210701143849j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701143954j:plain

 
 
 
 
<麺> 色白で品やかないストレート細麺!素地は優しい甘味!汁持ち上げと浸透感!そして一体感が素晴らしい!

f:id:TOMASSOON:20210701144021j:plain


 
 上品で色白なストレート細麺。確か三河屋製麺だったか?。頑固そうな御店主に聞くのも気が引ける:汗。青葱に覆われて麺顔からは分かりにくいが、箸でリフトするたびに揃いがちに持ち上がり、麺線でも楽しませてくれます。時々薬味の揚げ玉葱や青葱を引っかけるのも一興。早速序盤から汁浸透が始まっており、すすり食らうと汁旨味と麺風合いが一体化しております。そして甘味へと感じる展開。これぞ支那そば!って唸ってしまいそう(頭の中だけ)。
 

f:id:TOMASSOON:20210701144104j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701144028j:plain


 
 中盤以降はすっかり汁が浸透して一層と品やかな物腰になります。なので啜り上げがとてもライトで品やかで、気持ち良く口の中へと駆け入ります。前歯のスパスパとした歯切れも小気味良いし、奥歯でクチクチと潰せば甘味を堪能させてくれる。時折、青葱や揚げ玉葱の食感と旨味が入り混じり合うのも楽しい限り!。私の腹感覚では、180g程度で結構量は多め。それでももっと食いたいとまた感じてしまう。心ゆくまで支那そば感を楽しむなら、やっぱり大盛ですかね。
 

f:id:TOMASSOON:20210701144131j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> ガッツリ大判3枚!豚肩ロース肉!肉本来の旨味と塩出汁の旨味が融合!噛み締めるほど旨さ楽しき!

f:id:TOMASSOON:20210701143843j:plain


 
 へへへ・・・朝から土砂降りで終日雨予報なので、気分が滅入ってたところ。ガッツリと肉食らいたい気分でした。定番&王道の煮豚タイプ。これが実に丁寧な仕事っぷりで、カットも分厚い。スマホ並?大人の手のひらサイズの大判豚肩ロース肉!それが3枚デカデカと投入。フツーに並べると肉が全体を蓋してしまうためか、うち2枚は丼の縁に立ててあります。
 

f:id:TOMASSOON:20210701143942j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701144015j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701144008j:plain


 
 肩ロースでも赤身が多めな感じ。その赤身から染み出す肉本来の旨味がガッツリと楽しめます。分厚さ故の程よい噛み応え!その後に染み出す汁は、吸い込んだスープの旨味が一体となって、スポンジ感覚で溢れる!。実にジューシーな展開です。塩味だから肉の旨味もシンプルに伝わるイメージ。肉を噛み締めるって楽しさがありありです。なのでせっかく、陸の孤島みたいなところまでわざわざ来たのなら、肉増しは激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20210701144117j:plain

f:id:TOMASSOON:20210701144139j:plain

 
 
 
 
<メンマ> 深い色合いで幅広短冊型!優しい醤油の風味と素材の旨味!塩出汁染みて旨しな逸品!

f:id:TOMASSOON:20210701144001j:plain


 
 色合いはやや深めな醤油系の色合い。それほど醤油に染まり切ってる風でもなく、自然な風合いが保たれているようです。この色合いが、青葱とも色彩対比になってる感覚かも。味わいは、仄かな醤油感に出汁の風合いがふわっと香るか?。繊維が見た目よりしなやかで、サクサクと軽快に食えます。そして噛み締めると程よい味の濃さ。スープに浸るとやや明るい味わいにも感じられ、全体にフィットします。
 

f:id:TOMASSOON:20210701144058j:plain

 
 
 
 
総じまして「仕事に頑固!いつ来ても旨さにブレなし!今も健在!佐野JAPAN系スピリッツ支那そば!」

f:id:TOMASSOON:20210701143749j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。支那そば一本で雑念なく集中できる店って感覚。なのでハマるファンも多く、少しサディスティックなロケーションとは言え、固定客をガッツリ掴んでる様子。たまには質実とした支那そばと対峙って麺活動もいかがでしょう?激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠っていつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210701145444j:plain


 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 西武柳沢駅田無駅武蔵境駅

 

 

【今週のラーメン4602】 麺うらた (東京・自由が丘) 塩SOBA + 海老わんたん + 鯛めし 〜美しさと明るさ!そして柔らかさが染み入るハイセンス塩そば爆誕!

お洒落な街に新たなお洒落な拉麺店
 最近、自由が丘で個人的には「中華そば 堀川」一択な感覚なのですが、どうも気になるし店舗あり。それが「麺うらた」。「無邪気 北口店」の跡地にオープンですが、噂によると独立開業とのことです。私こう見えて、少々義理堅いと思っており、行きたくても堀川に後ろ髪を引かれるのは必定。だったら、堀川定休日なら気兼ねないかと、漸く水曜日昼に外出機会を利用して、突撃訪問してみました。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151345j:plain


 
 場所はよくよく承知の場所なので、ランチタイムピークに迷わず向かうが、ちょっと周囲とは雰囲気が違う、和風で落ち着きのある店構え。通りすがりの目線も集めるようです。若い人向きの店箱じゃないが、入店するとやっぱりそこは自由が丘。実に若い客層ばかりで、一番奥の席へと案内されてひと安堵です。 今回は飲めるタイミングではないので・・・ヱビス中瓶を諦める代わりに鯛めし」をチョイス。特製だと腹膨れ過ぎてしまうけど、海老わんたんだけは見逃せないので、デフォルトの塩SOBAにそいつもチョイス。いい雰囲気だったので、ゆっくり食い過ごさせてもらいました。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151503j:plain

 
 
 
 
<全体> 芳醇そうな琥珀透明感!九条葱と細麺の流れる美しさ!たっぷり餡で期待も大きい海老雲呑!かなりハイセンス!

f:id:TOMASSOON:20210707151352j:plain


 
 それにしてもこの店気合い入ってます。接客もそうなんだけど、メニューは塩SOBA系オンリー。鯛めしも推した感覚で通し営業とのこと。一本勝負ってな感じですね。それじゃしっかり襟を正して気合いを受け止めて対峙いたしましょう。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151414j:plain


 
 おおお!いわゆる淡麗系の白出汁そばって感覚。とにかく出汁の琥珀色がとても美しく、透明感ある上に旨味の溶け込みがありありと感じさせます。乾物類のエキスは霞みがかって優しい色合いだし、表層を漂う脂はおそらく鶏系の旨味!。麺線だって整って見てて気持ちいいし、肉は低温調理のピンク色して優しい感じ。更に何と言っても海老雲呑!その餡のデカさが気前良く、大人の耳サイズ以上はあろうかと思われるたっぷりさ!。この質感でこの立地でデフォルトが730円ってのはとても安く感じてしまうほど!。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151423j:plain

 
 
 
 
<スープ> 鯛の旨味と香ばしさ!乾物溶けこむ白出汁感!ゆったりとコク深く食べ応えある鶏豚芳醇な煮出し!

f:id:TOMASSOON:20210707151442j:plain


 
 さてスープ。最初に何を感じたかと言えば、私の場合は「鯛」。最近の傾向では塩系では貝出汁がブームのような感覚ですが、その数年前は鯛出汁がプチブームだったような記憶。それらを思い出しながら食らうが、こちらの鯛の印象は、旨味もいいが「香ばしさ」の方が実に好みです。ここからは妄想だが、焼きが入ってる?。鯛のアラから出汁を取ってるならアラを焼いた?。鯛煮干しからだったらそれを軽く焼いてる??。香ばしさ故にそんな考えに迷宮入りです。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151520j:plain


 
 ただ鯛出汁ラーメンと定義したくないのは、他の旨味が実に芳醇だから。例えば、これは「鯛塩」と言うより「鯛白出汁」みたいな雰囲気で、微かな甘味が心地よいと感じます。なので節系や煮干、香味野菜など幅を効かせているようなイメージ?。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151538j:plain


 
 そしてこれはアニマルオフではないね。鶏豚の旨味が実に芳醇で、実に食べ応えを感じさせるほどに満足度をアップさせています。香味油は、鶏油のバターのような濃厚余韻は感じず、実にナチュラルで上澄みのようなスッキリしたコク!。鯛から始まって乾物類の旨味、そして動物系のコクが実にバランスよく溶け込んで、見栄えも美しい琥珀出汁と仕上がっているようです。
 
 

 

 
 
<麺> 菅野製麺所!中加水で引き締まるクツクツ歯応えが快感!エッジ感じる凛々しい喉越しシルエットと汁の持ち上げの良さ!

f:id:TOMASSOON:20210707151634j:plain


 
 麺がまた面白いチョイス。キッパリとした麺線で美しく整うストレート細麺。殆ど分からない粒子レベルで全粒が打ち込まれている様子。それも少量。面白いと思ったのは、加水は中レベル?で見た目はモチモチとしそうに感じたが、歯応え感が実にクツクツと小気味良いのです。この歯切れのクツクツって処が、菅野製麺所のイメージに合うんだがそれも妄想の一部としてあしからず。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151621j:plain

f:id:TOMASSOON:20210707151725j:plain



 
 これが熱ダレを一切寄せ付けない感覚で、少し膨れた角麺のようなエッジングが最後まで持続する。それでいて物腰は柔らかいから、麺と麺が寄り添い熱々スープは持ち上がってくる。そのスープも多少吸い込むものの、喉越しのシルエット感が凛々しいとすら覚えます。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151719j:plain

f:id:TOMASSOON:20210707151745j:plain


 
 今回は海苔が無かったので、巻いたりすることもできず、代わりに穂先メンマと混じらせ戯させ、一緒に味わいました。ややスリムなメンマであったので、麺のクツクツさとマッチした歯応えが印象的に楽しめました。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151805j:plain

f:id:TOMASSOON:20210707151732j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> オイル漬けトリュフでお化粧!溶ける脂の甘味と鯛出汁を吸い込み旨味高まる赤身がナイス!

f:id:TOMASSOON:20210707151627j:plain


 
 チャーシューの上に黒く小さい物体が乗せられてアクセント?。最初は、黒ニンニクかと思ったのですが、オイル漬けのトリュフだったようです。出汁にも貢献しているのか?駄目舌ゆえに明確に旨さが判別つかづですが、肉の脂の混じっており、つまみで食らうと酒が楽しめそうです。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151607j:plain


 
 肉は、低温調理系の豚肩ロースのスライス。今風なラーメンとしては定番ですが、下味が薄味で、スープと熱を吸い込んで仕上がる感覚。脂身は溶け出して半透明。その脂身の甘味と、ベースのスープを赤身が受け取って味わい完成?。旨いのですわ!。思わず九条葱を乗せて一緒に食らうが、その組み合わせもナイス!。ただ今回は忖度したので、特製とか肉増しをしなかったので、あっという間に肉楽しみが終わってしまった・・・・。教訓!券売機の前では勇気を出そう!後で後悔するくらいなら。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151641j:plain

 
 
 
 
<海老わんたん> なんとも大ぶり剥き海老が2尾!弾ける歯応えと上品な海老身の味わい!たっぷり餡で食応え有!

f:id:TOMASSOON:20210707151408j:plain


 
 肉をもっと食いたかったという寂しさを、すっかり打ち消してくれるのが海老わんたんでした。このサイズ感が気持ち良いね!。割とデカい皮なのに餡がたっぷりで棒餃子か焼売に匹敵です。皮は黄色みが深いのが印象的。卵麺ならぬ卵打ち込み皮って感覚かしら。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151544j:plain

f:id:TOMASSOON:20210707151550j:plain


 
 さてこの餡。海老のすり身も多少ありましょうが・・・ほぼ海老の剥き身って感覚。デカめの海老剥き身が一つに2尾しっかりと入っており、食感が弾けるようで海老味が口の中で炸裂!。またスープも吸い込むから全体的に、味わいとしてもフィットするしスープ海老雲呑としても実に仕上がってます。せっかく来たならこれをトッピング追加しないと勿体無いと正直思う!。激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151739j:plain

f:id:TOMASSOON:20210707151812j:plain

 
 
 
 
<〆飯> 鯛めし!出汁で炊かれたふっくら飯!鯛ほぐし身もしっかり!葱と白胡麻の香味に出汁を垂らして堪能!

f:id:TOMASSOON:20210707151400j:plain


 
 あ!これお得かも!ここに来たらな見逃せないと感じました。鯛ベースの出汁で炊いたと思われ、期待通りのふっくら飯の仕上がりです。白胡麻と九条葱の薬味も実にあってる。そしてアピールしたいのは鯛のほぐし身がしっかりと多めなこと。「今、鯛めし食ってる!」って充実感に溢れます。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151850j:plain

f:id:TOMASSOON:20210707151911j:plain


 
 ボリュームはゆうに茶碗飯一杯はある。そして200円と言う設定なら、これはアリ!でしょ。そのまま一気に食らおうと思ったが、やっぱり後半には少し残ったスープを垂らしかけ・・・淡く湿った鯛めしに変化させ全部かきこみ、このあとスープ飲み干し・・・今回の一連の実食完了です。
 

f:id:TOMASSOON:20210707151832j:plain

f:id:TOMASSOON:20210707151844j:plain

 
 
 
 
総じまして「美しさと明るさ!そして柔らかさが染み入るハイセンス塩そば爆誕!」

f:id:TOMASSOON:20210707151457j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。この界隈も拉麺激戦区ですが、いきなりいい雰囲気いい拉麺が誕生したって感覚。自由が丘駅から超近いし通し営業ってのが、とっても便利なサラリーマン多いはず。コスパも高し!激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20210707172352j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

 

 

【今週のラーメン4601】 KEN軒 (東京・JR三鷹) 味玉濃厚魚介らぁ麺 + 辛味 + チャーシュー盛ハーフ + アサヒスーパードライ 中瓶 〜濃厚なれど上品!芳醇な旨さ!ビジュアルと味わい美しき豚骨魚介!

名店「麺屋 さくら井」3rdブランド!軌道に乗っていい感じ!
 個人的に毎週水曜日は、いつも出社しているので水曜日限定営業の「KEN軒」さんに、中々行けないのよねぇ〜。なので、今回は、早出対応でさっさと仕事を終え、昼の部の後半に滑り込むように訪問してみました。なんたって、名店「麺屋 さくら井」の3rdブランドですから、旨さの信頼感絶大です。一時期はラーメン界を席巻した「豚骨魚介」に特化したお店。オープン当初は、つけ麺オンリーだったのですが、その後らぁ麺も登場してずっとそれを食い逃しておりましたので、今回はそれをチョイス!。ちょっと飲み食いで弾けてみましょうかねぇ〜(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20210630181859j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182000j:plain

 
 
 
 
<酒> 店で飲める幸せアサヒスーパードライ!キレ味絶好調!お馴染みの洗練されたクリアな辛口が今日も冴える!

f:id:TOMASSOON:20210630182031j:plain


 
 今回は飲めるぜ!仕事はもうないし!。久しぶりのこの店内での酒です。気分はビールなのでスーパードライ中瓶!。言わずと知れた「洗練されたクリアな辛口!」と言う宣伝コピー一杯です。若い頃はすごくハマって、アサヒビールへ就活に行ったのは遠い昔。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182008j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182037j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182057j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182117j:plain



 そして緊急事態宣言明けて、堂々と久しぶり飲めるも痛快ですな!。嗚呼、なんだか今回は特別に、店で飲める幸せアサヒスーパードライ!キレ味絶好調!お馴染みの洗練されたクリアな辛口が今日も冴えるのだった!
 

f:id:TOMASSOON:20210630182155j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182148j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182200j:plain

 
 
 
 
 
<つまみ> チャーシュー盛!ハーフでも大満足な質感と量!低温調理の肩ロースに!釜焼きで香ばしいばら肉?ナイスコンビネーション!

f:id:TOMASSOON:20210630182044j:plain


 

 これも久しぶりのアイテム。名物のチャーシュー盛!。ハーフサイズで十分。以前は、低温調理の豚肩ロースと鶏胸肉の構成でしたが、今は鶏の代わりに「釜焼豚」になってます。温められた皿にのせられ、低温調理の肉はじんわりと熱を受けて少し脂が溶け出す感覚。それが脂の甘味が増す感覚でして、そこに柚子胡椒をねじりつけると、これが旨い!酒に合う!酒が進む!。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182110j:plain


 

 開店以来ずっと通い続けて食い続けている者として、ちょっとづつ変化もあるようですよ。例えば、肩ロースは少しづつレア感を抑え目にしてる印象。熱入れを微妙に増やしたようなイメージだが、柔らかさは変わらない。どうも最近の低温調理の傾向のようですね・・・。最近は少しこの低温調理の熱入れも当初より深めになったイメージで、赤身の肉味よりも脂の甘味が深まったように感じます。
  

f:id:TOMASSOON:20210630182142j:plain

 
 また窯焼豚ですが、脂身と赤身のバランスがよく、外側は皮に近い部分は若干飴色な雰囲気もある。そんな脂身がとても印象的で、さすが吊るしの焼豚って感じです。バラ肉と言えば柔らかいイメージだが、程よい引き締まりのある感覚と、いい塩梅の塩胡椒味付けが秀逸!。燻しの雰囲気が実にそそります!。スモーキーと言う強いレベルではないものの味わいは上品と言ったところか?。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182103j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182130j:plain

 
 
 
 
<全体> 落ち着きと美しさすら覚えるきめ細か豚魚感覚!上品な濃密感!またおま感払拭!

f:id:TOMASSOON:20210630181938j:plain


 
 どうも、男性はつけ麺、女性はらぁ麺、カップルやコンビはシェアし合うってのが多いみたい。汁系は早めに調理が進むようで、案外あっと言う間に配膳が完了。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210630181911j:plain


 
 おおお!思ってたよりも実物は上品な感覚ですね。濃厚豚魚と聞けば、パンチのある迫力や、ズドンとした素朴さがイメージなのですが、非常に整っており美しさすら覚える麺顔じゃありませんか。このあたりの仕上げは、やはり「麺屋さくら井」って感覚ですね。以前食したつけ麺でのアクセント「魚粉」もしっかり踏襲。魚介の香ばしさと甘さを期待させますね。中々、汁系もかなり仕上がってるじゃないか!。
 

f:id:TOMASSOON:20210630181944j:plain

 
 
 
 
<スープ> 苦味抑えめ優しい甘味の上品な煮干感!滑らかさ極まる豚骨コラーゲン感?ハイエンドなマイルド感覚!

f:id:TOMASSOON:20210630182238j:plain


 
 さてスープ。濃厚魚介と言う割には、とっても柔らかいクリーミーさ!。ほど良い濃厚感です。味わうと煮干の甘味がしっかりと感じ取れ、合わせて軽く苦味が隠し味程度に潜んでるイメージ。甘すぎないのがいい!。魚介と言うより「煮干!」って言うアイデンティティもありなむかと。その部分はちょっと「麺屋 さくら井」の「煮干らぁ麺」にも通じる部分があるような感覚です。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182226j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182219j:plain


 
 そして動物系もこう見えてしっかりしてる。つけ麺の時と同様に、滑らかな粘り?ペトペトとまでは行かないが、コラーゲン系の貼り付きを覚えます。なので豚骨をかなり煮出していると思うけが、それが全然嫌味がなし。むしろそのコラーゲン感覚が、分厚く旨味を醸し出すようで、これがかなり旨い!。以前のつけ麺でも感じたが、ひょっとしたら、名古屋コーチンや、大山鶏のコラーゲンも混じってる??。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182405j:plain


 
 「辛味」ってのが有料だけどあったのでそいつも入れてみました。これっぽっちで+50円かと正直感じたが、足らなかったら言ってくださいとのことですので、後で追加しようと思ってましたが・・・いやいや、これで十分!。そして+50円で追加する価値ありですな。後半の味変化としての活用をオススメです。自家製かどうかは不明ですが、赤唐辛子のフレッシュな辛さもあるが、発酵したようなのもあって旨味ある辛さ!。そして和風な辛さです。上品な豚骨魚介に溶けてもワイルドに暴れない辛味の展開で、優しく味わえる辛さと言えましょうか?。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182353j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182359j:plain

 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺!全粒配合のストレート中太麺!素地の風味をしっかり伝え噛み締めほどにスープと高まる甘味!

f:id:TOMASSOON:20210630182213j:plain


 
 公式Twitterの情報だと、らぁ麺は太麺と細麺を選べるそう。迷ったが今回はデフォルトの太麺のままで!。だって濃厚豚骨魚介だったら、やっぱり太麺に絡めたい。以前、関西転勤時代に、無理言って馴染みの店につけ麺用太麺で、細麺仕様のラーメンに入れてくれと頼んでやってもらったら、めちゃ雰囲気変わって旨かったのを今でも覚えております。上品さを保つ濃厚感に、裏腹の捩れた中太麺が絡む。全粒配合と言うことで濡れた風貌がまた素朴。噛みしめれば・・・ふわっとした小麦の風合いに豚骨魚介の甘味が滲むイメージ!。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182250j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182258j:plain


 
 夢中で食い進めて行くと、デカいつけダレでつけ麺食ってる感覚も過りますな(笑)。表面がツルツルしてるように光って見えるが、しっとりしてる部分も多く、スープをしっかりと吸着。プツプツモツモツとした千切れは小気味よく、後に奥歯へ運んで潰すと、スープの魚介甘さに麺甘味が一体化します。旨し・・・。豚骨コラーゲン系の分厚さも加わりますから、一段と旨いはず。噛み締めるほどに、甘味はつけダレの甘味合体しますね。これなら中盛りとシンクロする旨さ!味の一体感!
 

f:id:TOMASSOON:20210630182327j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182347j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182333j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> さくら井お得意の低温調理肩ロース!豚骨魚介と絡んで溶け合い甘味が更に増す旨さ!

f:id:TOMASSOON:20210630182305j:plain


 
 冒頭の「チャーシュー盛」とかぶるので軽くコメント。ご存知の低温調理の肩ロース。とても全体的に柔らかくしっとりした歯応えに肉味と脂身の甘味が優しく広がります。2キレですが中々質感がある食べ応え十分。少し豚骨魚介スープに沈めて食しますと、別の甘味が加わってまた味わいとコクが厚くなるイメージです。やっぱり相変わらずの低温調理肩ロース!。やっぱり東京トップクラスの肉!。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182312j:plain

f:id:TOMASSOON:20210630182320j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 那須御養卵!ほんのり甘味ある薄出汁の浸透!濃密な甘味感深まる卵黄!豚魚出汁に濡れて更に甘し!

f:id:TOMASSOON:20210630182207j:plain


 
 これも上品に楽しませていただきました。那須御養卵ブランド。卵黄が濃密で濃ゆい旨さとのことです。なので店では卵かけご飯を激しく推しているわけですが、豚ユッケご飯にも乗っており、それも激しく旨そうです。そんな上質な卵を甘めな薄出汁で丁寧に漬け込んでいるよう。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182341j:plain


 
 白身はふわふわのままで、卵黄がトロトロな飴色でもあり、ジュレのような緩さもあって実に旨そう。そして濃密なコクに出汁に染まって熟した様な甘味あり!。仄かな出汁に香る白身と合わせて食らうのもいいけど、濃厚豚骨スープに沈めて合わせ食らうもいい感じです。旨さ一層濃厚さアップ!。やはり味玉の味わい・旨さにはハズレはありません!。
 

f:id:TOMASSOON:20210630182412j:plain

 
 
 
 
総じまして「濃厚なれど上品!芳醇な旨さ!ビジュアルと味わい美しき豚骨魚介!」

f:id:TOMASSOON:20210630181920j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。さすが名店「麺屋 さくら井」の個性も滲み出る崇高さも感じ、高級感とほっこり感が混じるような食後の余韻です。3rdブランドもここまで旨ければ、店のスタフ全体として底力も上がったような感覚。益々期待でまた、1stにも2ndにも行きたくなってしまいます。水曜日オンリーというハードルの高さはありますが、行けば納得!食えば幸せ!激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210630183808j:plain


 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4599】 くじら食堂 nonowa東小金井店 (東京・東小金井) 朝ラーメン 醤油 + 味玉 〜朝の充実!朝に贅沢!やる気の朝にくじらの朝ラー!

No Ramen No Life ・・・最近朝ラーが増えたわけ
 在宅ワークとは言え、そろそろ忙しさが本格的になって参りまして、ちょっとお昼休みをシフトしてラーメン活動ってのも苦しくなってきた。そんな感じでも、さすがに朝開始前にいきなり会議ってのはないのが救いなのか・・・だから朝ラーメンです。私にとって「No Ramen No Life」ですので、食えない1日はテンションがダダ下がり。それでは仕事も差し支えるだろうと、今回も屁理屈をこねて麺活動です。チャリを飛ばして、やってきたのが東小金井。くじら食堂さんでサクッと一杯いただいて参りました。
 

f:id:TOMASSOON:20210628115133j:plain


 
 さて朝の東小金井って、結構降りる人も多いのね。学校がこの周辺に多いためでしょうが、出勤前にサラッと食らうって方もいるみたい。がら空きで食えると思ってたら、そこそこの客入りって感覚は意外でした。
 

f:id:TOMASSOON:20210628114720j:plain

 
 
 
 
<全体> 朝に程よい肉迫力!琥珀の醤油に浮かぶ焦がし葱の香りは・・・朝のアロマ!?

f:id:TOMASSOON:20210628114906j:plain


 
 醤油と塩煮干と海老塩から選べるシステム。三鷹店と同様のラインナップですね。ここは定石通り、まずは醤油からいかせていただきましょう!。ワンオペでも流れるような作業でとっても早い配膳!それはこんな麺顔でした!。
 

f:id:TOMASSOON:20210628114819j:plain


 
 おおお!明るいようで深みのある醤油ブラウン!太麺だとスープよりも麺に意識がいきますが、細麺だとスープ感が比較的アピールされますね。馴染みの色合いと質感ですが、妙に透明感にそそられる表情。単に透けているだけじゃなく、エキスの溶け込みってニュアンスも良く伝わります。そして焦がし葱があちこちに浮かび漂うのがまたそそる!。ふわっとその香ばしさも湯気の中から感じるほどで、旨さをふわっと滲ませるプレゼンスは見事です。朝からご馳走の一杯ってな感じがありあり!。
 

f:id:TOMASSOON:20210628114856j:plain

 
 
 
 
<スープ> 明るい甘味を感じる動物系煮出しと醤油の輪郭!深みを感じる焦がし葱の香味!

f:id:TOMASSOON:20210628114753j:plain


 
 既に馴染みの味わいなのだが・・・やっぱり旨いね。とっても円やかで明るい甘味すら覚える醤油の出汁感です。鶏豚ミックスな動物感覚で、ベースには豚の優しさを感じるようだし、また鶏油の微かな輪郭も溶けるイメージ。それが醤油のカエシの輪郭と結びついて丸みを帯びつつ、芳醇な旨さと感じます。
 

f:id:TOMASSOON:20210628114913j:plain


 
 やはり焦がし葱が実に良い仕事をしますな!。この焦がし葱が醸し出す葱由来の甘味がとっても柔らかくて濃厚。香りと共に出汁の甘味にも直結したイメージです。朝だからあっさり・・・と言うのもいいが、それだと物足りない時もある。かといってズドンと来るのを朝から食うと身体がびっくりしてしまいそう。そんな中間を行くような程よい芳醇さがお見事としか言いようがありません。
 

f:id:TOMASSOON:20210628115119j:plain

 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺!クスクスした歯応え心地よし!汁と絡んでも風味と甘味を感じさせるストレート細麺!

f:id:TOMASSOON:20210628114951j:plain


 
 ラインナップが三鷹店と同じだし、また細麺提供とあって同じ麺かな?と思ったのですが、少し違うイメージ。三鷹店はプツプツと明るい弾力が印象的ですが、こちらはクスクスとした加水がやや低めな感覚で、素地の風味を伝える様子です。
 

f:id:TOMASSOON:20210628114957j:plain

 

 
 序盤はその風味を存分に楽しめる上に、細切りメンマと混じり合うコリコリ感もあって歯応えも楽しい感覚。割と麺が揃いやすいから、スープの持ち上げも期待できるようです。そして中盤以降からゆっくりと、出汁が浸透した甘味を感じ始め、次第に出汁の甘味と焦がし葱の香りと混じり合う旨さ!。思わず替え玉できませんか?と言ってしまいそうです。この店ではほぼ太麺の手揉みばかりを注文してるけど・・・これなら昼か夜でも細麺でいってみようと感じた次第。
 

f:id:TOMASSOON:20210628115028j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 手のひら大!大判豚肩ロース!醤油出汁と香味油を吸い込んで高まる旨さ!芳醇なり!

f:id:TOMASSOON:20210628114943j:plain


 
 朝ラーとしては、エポックな大判なチャーシュー。手のひら大サイズの豚肩ロースです。ローストとボイル両方感じるような仕上がりですが、適度な脂の抜けがあって脂身はとろとろ。そして赤身はしっかりと肉味を残しますが、そこに醤油スープと焦がし葱のエキスが浸透しております。噛み締めると見た目よりかなりジューシーに楽しめるかと!。大判なので分けて食らって楽しみますが、一部は麺に巻き付けていつも通りに楽しみ尽くさせてもらいました!。
 

f:id:TOMASSOON:20210628115009j:plain

f:id:TOMASSOON:20210628115042j:plain

f:id:TOMASSOON:20210628115048j:plain


 

 

 
 
<味玉にハズレなし!> 乾物出汁の旨味がしっかり浸透した熟成感ある甘味!クチの中で広がる濃密感!

f:id:TOMASSOON:20210628114747j:plain


 
 くじら食堂の味玉は旨い!甘くて旨い!。感覚的には乾物系の甘味がしっかりと中まで深く浸透しており、熟成感覚ある味わい。仕上がりが少しハードに思えるが、しっかりと全体がジュレ状態に仕上がってるのもポイントで、舌全体に絡みつくように広がるので、濃厚感がハンパなく楽しめます。白身も甘味ある出汁を感じる旨さで、白飯と一緒に食いたいと思うほど。へへへ・・・朝っぱらからいい味玉を食えるとテンション上がる!。
 

f:id:TOMASSOON:20210628114925j:plain

f:id:TOMASSOON:20210628115036j:plain

 
 
 
 
総じまして「朝の充実!朝に贅沢!やる気の朝にくじらの朝ラー!」

f:id:TOMASSOON:20210628114736j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。やはり朝にしっかりと質感あるラーメン食うと、なんだかやり遂げた感あるほど充実しましょうか。忙しい一日ほどスタート切るには朝ラーメン。ちょっとクセになるかもです。中央線利用者なら、ちょっと早起きで朝ラー激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210628115824j:plain


  
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 東小金井駅新小金井駅

 

No Ramen No Life

No Ramen No Life

  • 1299382 Records DK
Amazon

 

【今週のラーメン4598】 麺食堂 くにを (東京・国分寺) ワンタンメン + 味玉 + サッポロ生ビール黒ラベル 大瓶 〜国分寺のニューカマー!旨味と中身の濃ゆさがハンパない塩ワンタン麺!

国分寺が拉麺的に益々面白くなってきた!また実力派新店舗登場!
 お茶の水にあった「角煮酢豚麺 ゆきふじ」が、国分寺に移転して屋号も変更とのこと。そのお茶の水時代の常連さんが開店前から並んでいる様子で、一巡目は逃しましたが、店内では盛り上がってるご様子でした。御店主のワンオペで大変そうでしたが、嬉しそうでもあり何より何より。でも常連さんが居座っても困るなー・・・って思ってたら、食ったら素っ気なく退店し、また新たに行列に並び直されてました。ナイス!そういうの良いよね!。お茶の水時代も、愛されてた様子!。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162327j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162305j:plain


 
 とまあ、ちょっと様子見で訪問したんだけど、かなり個人的には良い感じでハマりそうで、これまで国分寺では瑞笑一択と豪語してた割には、後ろ髪をかなり引かれてばかりでした。うん!国分寺界隈もだいぶ拉麺的に益々面白くなってきたって感じ!。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162238j:plain

 
 
 
 
<酒> サッポロ生ビール黒ラベル!ズシリ感に軽い甘味の後口!いくらでも飲み干せる!何と今回だけ大瓶サービス!

f:id:TOMASSOON:20210704162423j:plain


 
 開店当初からビールが置いてあるのは嬉しね。休日なので飲むしかないでしょ!。どんな銘柄かって期待してたら、サッポロ黒ラベルが出てきました。これ個人的には若い頃の思い出もあったり、また量をたくさん飲むには適した感覚もあってかなり好印象な国民的ブランド!。しかも、どう見てもいつもより瓶がデカくない?と思ってたら・・・「たまたま、これしか冷えてなかったので大瓶でどうぞ!」とのことでした。超ラッキー!。好きなブランドの大瓶が何とワンコインで今回だけは飲める!。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162411j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162437j:plain


 
 ちなみに、近いうちにおつまみも準備されそうです。雲呑食った後の感覚では、かなりそれも期待できそう!ううう、休みの日にまた来なければならんねと心の中ではずっとブックマーク店になりそう。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162450j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162443j:plain

 
 
 
 
<全体> 所狭しに上質具材の数々!落ち着きの琥珀出汁!透けて見える細麺の乳白色!食らう前から当たりの予感!

f:id:TOMASSOON:20210704162403j:plain


 

 ちょうど調理作業場の目の前に座ったものだから、見えてしまうのだが・・・実は「つけ麺」がかなり旨そうでユニーク。そのままでも食えるよう麺には軽く味付けがされた上で、つけダレが配膳されてる。しまった、そっち食えば良かったと正直思ったんだが・・・いえいえ、塩ラーメン!雲呑追加のワンタン麺もかなり良い感じです。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162347j:plain


 
 おおお!自分で注文しておいて何だんだが、ワンタンの迫力がすげぇじゃん!。とても肉餡たっぷりな仕上がりで4個入ってて、かなり麺顔が賑やかになってる。そしてデフォルトのチャーシューがまた上質感あって迫力と華を添えているという感覚です。メンマもしっかりボリュームあるし、味玉追加したもんだから具材で所狭しな風貌になっちゃった:笑!。そしてスープは塩系にしてはとても落ち着いた和風感が漂うし、透けて見える麺がまた旨そう!はっきり言って、これは食らう前から当たりの一杯だと確信しました。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162334j:plain

 
 
 
 
<スープ> 芳醇な鶏出汁と上品に滲む塩ダレの柔らかさ!魚介のエキスがちょっと独特?鮪??

f:id:TOMASSOON:20210704162543j:plain


 
 私は、まず最初はスープから頂く派なのですが、最初のひと口目から面白いと感じます。とにかく、とっかかりの魚介感が少しユニーク。煮干しか節か、それとも他のエキスか・・・味わってて頭の中がぐるぐると回るって感じです。今でも確信が持てませんが、マグロの余韻が微妙に残るか?。しかし、武蔵小山や大阪黒門市場で食らったマグロ出汁よりかなり軽やか。上品と言いたいが、それだと例に出した2店が反語として取られてもシャクだが・・・。処理が上手なのか、マグロのワイルド感がスッキリと纏まってるようでかなり秀逸。西早稲田の鮪塩もちょっぴり思い出す程度に彷彿としますが、節っぽい感覚がこちらにはより感じるイメージでしょうか?。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162618j:plain

 

 
 とは言っても鶏エキスもしっかり感じており、腹持ち良さげにしっくりと味わえます。バターのようでなく、軽くマイルドな鶏油が溶けてる感覚で、動物系の味わいは分かりやすい旨さかと!。ここにゆっくりと、麺やワンタン皮の風合いやらが溶け始めて、しっとりした甘味が足される展開になります。塩ラーメンと言ってもかなり円やかで甘味を楽しめるタイプですから、これは広く受けそうですね。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162626j:plain

 
 
 
 
<麺> 浅草開化楼!軽く打ち込まれた全粒!風味と甘味の確からしさ!出汁をゆっくり吸い込む旨味の発現!

f:id:TOMASSOON:20210704162715j:plain


 
 麺もうまいし出汁とバランス合ってると言う感じ。老眼が進んで分かりにく買ったのだが、ほんのりと全粒が5%未満で配合し打ち込まれた感覚で、風味をしっかり伝える様子。また素地には甘味をしっかり伝えるようで、出汁を吸い込み始めてから、旨味が増すようです。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162703j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162721j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162727j:plain


 
 物腰柔らかそうで、個人的には強さも感じました。寄り添いますがブルン!と踊るようなところもあり噛み締めて楽しい感覚。前歯の千切れはプツプツと切るような感覚あって、束になった部分を奥歯で潰せば、ヌチヌチと引き締まった沈み込みがあるようです。なるほど・・・この感覚なら細麺でもつけ麺で楽しめそうだ!。見た目優しいフォルムだけど、強い麺ですね。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162800j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162819j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 半レアの赤身に肉感伝える噛応え!ぷるんと弾ける脂身の食感!出汁と熱を吸い込んで高まる旨味!

f:id:TOMASSOON:20210704162610j:plain


 
 本当はチャーシュー麺と迷ったんですがー。それだとワンタン入ってこないから今回はワンタン麺。ただ、チャーシュー麺でも良かったかとも思ってます。私の直前で1ブロック使い切ったみたいで、慌てて奥のスライサーでカットされましたが(ワンオペって大変忙しい)、納得の大きさと厚さ。半レアのピンク色した肩ロースは、簡単には熱で上気しません。ピンク色キープのまま食らいますが、赤身の弾力が気持ち良いね!。噛み応えをしっかり楽しませてくれますが、決して固くはない。肉そのものの味わいと噛み締めて味わうって感覚です。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162643j:plain


 
 また脂身もしっかりしており、蕩けてふわふわになることなく、これも締まった感覚。自分の口の中で咀嚼してゆく中で、脂が溶けて赤身と混じり合うのが旨いのです。ううう・・・この感覚なら、別皿でもらってビールと激しく合わせ味わいたい気分。つけ麺つけダレでディップ感覚で食らうのもかなり旨いはず!。肉増しオススメかもしれない!。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162649j:plain

 
 
 
 
<ワンタン> すり身のふわふわ食感に混じる剥き身のプリプリ感!海老風味と甘味をしっかり大粒雲呑!

f:id:TOMASSOON:20210704162559j:plain


 
 豚挽肉雲呑だろうなーって予想してたんだけど、4個入ってそれ全部海老雲呑でした。海老のすり身がシンジョウのように擦られており、それを餡として小海老の剥き身ぶつ切りが混じったような感覚。すり身の旨さに、剥き身のプリプリ食感が混じり、とっても旨さも含めて快感に楽しめます。てるてる坊主に近いフォルムをしており、皮はやや肉厚でこれも楽しい。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162551j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162709j:plain

 
 つるんとすべるが皮が厚いのでそれ自体が出汁を吸い込み、実に皮自体も旨さあり。麺とはまた違った、炭水化物の甘味が合って明るい旨さ!。海老の風合いにもマッチしとります。これならいくらでも食えそう!。追加トッピングには含まれていないのが残念。今のところ、これ食らうならワンタン麺しかないですね。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162748j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 見た目は深いが割るとフレッシュ感弾ける円やか味玉!ふわっと明るい甘味がナイス!

f:id:TOMASSOON:20210704162530j:plain


 
 見た目は醤油出汁が深く浸透してそうですが、割ると白身の白さが眩しい。乙女の日焼け感覚の味玉といった様子です。さてその仕上がりは、とても全体的に柔らかめ。全体がふわふわっとしており、白身はフルフルと揺れ、卵黄はトロトロと流れる部分が多めです。全体的にライトな味わいですが、しっかり甘味を感じる味わいで、明るい旨さという感覚。なので塩スープの甘味にもマッチする旨さでしょう。形も美しいし、麺顔に是非とも添えるの激しくオススメかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162813j:plain

f:id:TOMASSOON:20210704162754j:plain

 
 
 
 
<メンマ> ライトにサクサク!いくらでも食える薄味薄カットメンマ!麺に絡んでいと楽し!

f:id:TOMASSOON:20210704162637j:plain


 
 一言で表すと「ライトなメンマ」。薄味でサクサクと食えるので箸休めとしても楽しめそうです。私は麺に絡めて楽しみましたが、麺の歯切れにも違和感なく混じるので良いかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20210704162655j:plain

 
 
 
 
総じまして「国分寺のニューカマー!旨味と中身の濃ゆさがハンパない塩ワンタン麺!これも一回食っとけ!」

f:id:TOMASSOON:20210704162357j:plain


 
 ・・・と言う感動の嵐!。醤油はつけ麺!塩はラーメン!という構成展開。今のところ醤油人気。これから旨さが認知され始めた頃、一気に塩人気が進むかもしれません。円やかな甘味ある塩系だから、女性人気も出そう。特別快速停車の国分寺駅からも近いし、付近にコインPもあるのでサクッとランチにも便利。行列になっちゃう前に激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20210704164030j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅