ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン3519】 ラーメン二郎 西台駅前店 (東京・西台) ラーメン半分(ニンニクアブラカラメ)+うずら 〜たとえジジイなっても食い続けたい二郎の世界・・・もし迷ったら西台かもよ!?

せめて意地だけ通したくて・・・西台へ
 ラーメンデータベースのイケズ・・・。登録している店が移転すると、未訪問扱いに格下げされていまいます。これはイケズな対応ですよ(笑)。ま、その道理は分かるのですがね。しかし、西台二郎が目と鼻の先に移転(半分元通り?)しただけでこの扱いですから・・・。ちょっと意地を通したくて、私用で午前休暇取った日のついでに、無理矢理突撃してみました。もう冬へとまっしぐらな季節で、わざわざガード下の影で行列だなんて考えただけでも寒気が走りますが、ラーメンヲタク、通称ラヲタの業の深さを感じます。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111407j:plain

 
 
 それにしても今年一年もう終わろうとしてますが、今年ほど以前のように食えなくなったと感じ入るのは初めて。連食しようとは全く思えず、遠征しても1杯だけ食って帰ることばかり。大盛りもあまりしなくなった。その分、これはイカンとトッピングは増やしているのですが・・・・。そんな感じで「もう二郎は卒業だろうか?」なんて頭をよりぎます。それもやっぱり、神田神保町二郎で遭難しかけたことが、いまだにトラウマ。どのサイズを食おうかと、本当に西台に着くまで考えに考え続けた次第です。結果として、食べ物を粗末にしてはイケない・残してはイケないと強く教え込まれた世代ですから、今回は「麺半分」とさせていただきました。ずいぶん大人になったでしょ・・・・今更だけど。それでもちょっと久しぶりの直系二郎だったので、「ニンニク・アブラ・カラメ」はコールさせてもらいました。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111408j:plain

f:id:TOMASSOON:20181207205642j:plain

 
 
 実はこの日、開店30分前に行ったのですが、余裕だと思ってたら甘かった。すでに結構並んでおりその列は折れ曲がってうねっている・・・。平日でも油断なりませんのでご注意を。ただご店主が気を利かせてくれたのか、随分と定刻前なのに開店を前倒してくれまして、実はそんなに店前で寒さに震えながら待つことはありませんでした!。ご店主の機転がナイスだぜ!!
 
f:id:TOMASSOON:20181207111410j:plain
f:id:TOMASSOON:20181207111411j:plain

 
 
 
ジリジリ迫るニンニクと白い粉の塩気旨味の合体迫力!カエシとアブラ補強で食えば気合い入る!
 
 なるほど・・・先人のレビューにもあったとおり、厨房の中からの店主の行列オペは、機敏で鋭いものがありますね。店内に背後霊で並ぶにしても、各スペースには定員があるようで、券売機前には1名、入口マットの上には1名・・・などと規律があるみたい。しかし全体的には明るくハキハキと応対されており、既に店の中にいる客も、そとで寒そうに待っている客も、できるだけ均衡保って多くの方にリラックスを届けたいとの思いなのね。言葉と表情をよく見るとわかる。そんな思いも受け止めて、何となくリラックスしてしまい、がらにもなく「うずら」を追加してしまったではないか・・・。数分後、それはこんな感じでご店主自ら運ばれやってきた。
 

f:id:TOMASSOON:20181207105626j:plain


 
 おおお!丼が大き目で肉厚だからとてもフツーに見えてしまうが、麺半分とは言えとても迫力アリアリですよ!。ヤサイの量は麺量と比例する感じがありますが、その他はコテコテ脂感に醤油が色をさし、その下にはガッツリ肉が塊となって埋まっている。そして刻んだニンニクが、スープに溶かす前だというのに、プンプンと湯気をとおして香って来るではないか。スープは表層を覆うラードのコーティングでやけに輝いて見えるし、薄っすらと乳化も伺える。まるで褐色の悪魔のように見ているだけで誘い掛けます。
 

f:id:TOMASSOON:20181207105635j:plain

 
 
 久しぶりだぜーってな感覚でまずは、箸でニンニクを溶かしながら、そして半分だけ天地返しをして、汁と麺と具材を軽く混ぜ合わせ、そして一気にかっ喰らうように味わう。今日はブレスケアを持ってきたから、存分にニンニクを楽しめるがそれだけに、ジリジリと来る刺激が痛快で、辛さのようで香りを感じ、ニンニクマゾヒスト気分に陥る〜。特にカラメとしただけにカエシの結びつきが強く感じられ、豚のエキスもろとも香ばしく感じる。そうなのだ、アブラとニンニクが妙にマッチングが激しい。攻めたつもりが激しく責めたてられる。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111452j:plain

 
 
 コロコロとした形状でふりかかる背脂。これが箸ですくえそうでフルには捕まえられず、途中で崩れる。そしてカエシが濃い出汁に染まるが、それが褐色にそまり、まるでトパーズのように光っているではないか!。それをスープもろとも啜って食らうのだが、カエシの塩気と白い粉の塩気、そしてニンニクの辛味が一度に受け止め、背脂の甘味にもろともダイブしてくるような味わい。塩気と辛味がズドンとプッシュしてくる!。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111528j:plain


 
 これをもう少し別角度から引きづり込もうとするのがヤサイの役割!?。ヤサイの汁気で少しマイルドに仕立てても見たいものだが、如何せん今回はボリューム不足なので、ヤサイ旨みにプルしてくる力がやや弱い。こんなプッシュ&プルのバランスなので、どうしてカラメに傾く味風景なのだが、二郎としてはもともと全体的にはその傾向が強い食べ物だったんだ。だから妙に違和感が少なく、旨い旨いこの味なのだと、不思議と納得してしまうのですわ・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111512j:plain

 
 
 
 
デロデロし過ぎない程度の淡いクッシリ感!汁吸い込んでからのゆったり感!ワシワシっと一気食い!
 
 結論から言えば、旨すぎてこんなことなら、もう一段上でも良かったボリューム感でした。直系でもいろいろ麺のカタサには特徴があるみたいだけど、私の一杯ならややカタメ程度のナイスバランスだったかと!。最初の天地返しの瞬間から、あ!麺風味が香る!と感じます。日清製粉オーションらしい素朴で朴訥とした色合いの地肌感。そこにかん水の影響をやや感じる薄く白めな黄色が全体にさす。ご存知平打ち系でやや縮れとは言えない程度のボコボコなウネリ・捩れがある。これが麺と麺の間に隙間を生み、スープを持ち上げない代わりに、ヤサイやらを引っ掛けて来るという優れものです。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111513j:plain

 
 
 チュルチュルとは絶対に食えそうにない麺で、短くズボッ!スボッ!ズコッ!っと啜る。その後は、ハフハフと引きずりながらバキュームし、続けてワシワシと奥歯で潰して味わうのみだ。計算通りにモヤシとキャベツを引っ掛けて、またカエシに染まった背脂の粒も隙間で溶けだしている。そこをもろともくらい味わうのが、この系統の醍醐味ですな・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181207105729j:plain


 
 途中で割とデカめの背脂を発見したもんだから、こいつを麺の上に乗せ換えて食らってみたけど、カネシの塩気と脂のコクが一気に炭水化物に染み込み、一体化するから妙に旨いではないか!。もしも背脂の醤油漬けってのがもしあったら、ご飯にも合うのかしらん・・・。麻薬的な旨さと言いたいが、じゃあ麻薬やったことあるのかと、くれぐれも警察にたれこまないでいただきたい。
 
 

 

 
 
うずら:口休めと言うよりも二郎のアイドルと言った可愛い存在感!
 
 玉子に比べたら割高感がアリアリ。だがどうしても「うずら」があるとわざわざボタンを押してみたくなる。二郎系のパンチに合う合わないの問題じゃなく、粗野やワイルドに思える麺顔にもしコロッと姿があったら、素直に可愛いなと思う。だからスープに浸してどうのではなく、口休めとしてもナイスな存在感です。機能的よりも視覚的に効果があるトッピング。存分に楽しませていただきました。個人的に、これは西台に来るたびに合せる必要がでてきました。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111453j:plain


 
 
 
 
ロースとバラのガッツリ肉塊!質感嬉しくボリューム満足!もっと食えたかも!
 
 二郎を数々回っていると、ときどき「ネ申 月豕」に遭遇することってありませんか?。どの店の豚も柔らかくて旨いのだけど、タイミングというヤツでものすごい上振れした豚肉に出会うことが数回あるはず。それが、数年前、再々移転前の西台二郎で遭遇したのが私。あのころは、小サイズだったら楽に食えてたもんでしたが、その神豚で衝撃を覚えたもんです。それ以来、なんとなく西台が二郎各店舗の中でも見逃せない。
 

f:id:TOMASSOON:20181207111511j:plain

 
 
 いや〜2種部位の豚は今回も格別。ロース部位と思われるのは、サイズがハンパなく分厚さもかなりのもの。引き上げて確認すると、軽く一昔前のスマホと大きさサイズですよ。しかも身が柔らかでスポンジのようにフカフカ。またスープ生成にも貢献したようで、スカスカとした赤身部分も旨し。そこを今度は汁に漬け込んで汁を吸わせてから味わい倒します。肉を食うと麺の炭水化物が恋しくなるし、絶好の麺とのコンビネーションですな。
 

f:id:TOMASSOON:20181207105900j:plain


 
 またばら肉の方は、少し歯ごたえがあって肉を食ってる!!って感じがありありです。脂身も含んでますから噛み千切ると脂がスポンジのように滲み出ます。カネシの塩気も同じくにじみ出るようなニュアンスで、すでに脂と塩気の一体感が生まれてます・・・これは、麺でなく実は白飯で食いたい味わいじゃないか!。
 
 
 
 
総じまして「たとえジジイなっても食い続けたい二郎の世界・・・もし迷ったら西台かもよ!?」
 
 ・・・と一応私見でおススメします。麺サイズと肉トッピングのボリューム案内と、その日の体調を慮って組み合わせ自由。見栄なく楽しく適量を食べるなら、こんな二郎がベストと申せましょう。ミニラーメンもここでは堂々と頼める雰囲気。もっと女性進出もありそうな気もしますー。そんな余裕を感じる珍しい二郎体験を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181207152709p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 
ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

 
人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ (光文社新書)

人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ (光文社新書)

 
新版 ラーメン ガイドブック《英語対訳つき》 the RAMEN BOOK[新版]

新版 ラーメン ガイドブック《英語対訳つき》 the RAMEN BOOK[新版]

 
ラーメン二郎ニュースまとめ -簡単!二郎のまとめリーダー-

ラーメン二郎ニュースまとめ -簡単!二郎のまとめリーダー-

 
私の好きな二郎

私の好きな二郎

 

 

【今週のラーメン3518】 どうとんぼり神座 渋谷店 (東京・渋谷) こんにゃくラーメン 〜気持ちをどこまでも緩ませる・・・なにわ生まれのほんわか旨味らーめん!

バリウム検査の後は・・・早くスッキリさせたくて・・・
 冒頭から申し訳ない入り方だが、包み隠さず言えばそうなのです。「神座」と言えば、あっさりラーメンのイメージが濃ゆいと思いますが、実はスープだけでなく、麺にもあっさりバージョンがあります。春雨ラーメンとこんにゃくラーメンでして、春雨ラーメンはいわば定番メニューで既に実食済。ならば腸内環境を整えるには、よりナイスな「こんにゃくラーメン」を今回初トライさせてもらいましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20181208092714j:plain

 
 
「どうとんぼり神座」・・・それは私にとって青春の1ページを飾るかも。大阪ミナミ・道頓堀にこの店が現れた時は、すごくショックだったのを今でも覚えています。当時、大阪ミナミで飲み会して、〆のラーメンと言えば、「金龍」が有名でそこばかり行ってた記憶。ですが真逆の味わい神座」は開店当初の味は【神の味】とすら覚えました。記憶はみな美しすぎるのでしょうが、大阪ラーメンというブランドがない中で、燦然と輝いてた優しい味わい。豚骨しか知らない九州出身者をここへ連れて行ったら、驚愕して美味い美味いと食ってたっけ。
 

f:id:TOMASSOON:20181208092715j:plain


 
 因みに、とても外国人観光客にはウケる味わいなんでしょうね。外国語のメニュー準備などは、数十年前から完璧なマニュアル対応とその準備ぶりはさすが。東京五輪に向けて・・・なんて焦りは必要ないぐらい充実しています。道頓堀店などは、昔っから外国語が券売機に貼ってあったり、スタフは多国籍軍かと思える陣容ですよ。何気に神座は「ニッチ&グローバル」なのです(あれ?新幹線の電光掲示にそんな宣伝流れてたっけ・・・・・)。
 

f:id:TOMASSOON:20181208092717j:plain

 
 
 
 
本当にやさしい味わい!シェフの目指した「おいしい」の形がここにある!
 
 店内はいかにも東京一等地の旗艦店らしく、広々として長くでかいカウンターが続く・・・。半分朝ラーメン気分が店内に充満してます。みな穏やかな表情を浮かべ、優しい味わいのラーメンを静かに啜っている。そんな中、やはりここは渋谷センター街だなと思わせるのは、「ああ?オメー何やってんだよ!うるせーぼけ!」などと大きな声でスマホ片手に食ってる若者。電話越しに喧嘩?と思いきやそれがフツーの会話らしい。朝ラー気分がこれじゃ台無しだよ・・・すみませんと、店員さんに場所を移動することを告げて、ヘタレて尻尾巻いて席を移りましたー。そんな直後にこんな麺顔が配膳されました。
 

f:id:TOMASSOON:20181208100224j:plain

 
 
 おおお!年に一度か二度しか食わなくなって今でも、妙に親しみを覚えるこのあっさり醤油顔。キラキラと輝いているのは、豚エキスがメインと思われ、そしてシンボルとも言える白菜トッピングがなんとも和ませる。軽くスープで煮込まれたような汁吸い表情を浮かべてます。また麺がフツーの麺にしか見えない。春雨ラーメンよりずっとラーメンっぽいぜ!。
 

f:id:TOMASSOON:20181208092740j:plain


 
 まずは出汁をすするが、穏やかそのもの・・・。胃袋に一切負担をかけないように、まるでポカリスウェットのように染み込んで行きます。豚等動物系のエキスもさっぱり溶け込んでいるし、また昆布等の乾物も軽く効いているのでしょう。しかしやはり「野菜エキス」がメインと思えるほっこりした味わいが、神座の真骨頂。それを貫くのが白菜です。白菜の甘さが沁みる!冬の鍋料理では、肉類よりもそれらのエキスを吸い込んだ白菜の方が美味いと思うことありませんか?。そんな感じの白菜の出汁がよく効いている!。
 

f:id:TOMASSOON:20181208100225j:plain

 
 
 しかしそれだけでなく鷹の爪がいい仕事をしています。白菜と動物系コクと醤油の風味で、ほぼ味としては完成してる。醤油が優しくまろやかなエッジであることが、評価を更に高めますが、この醤油の優しさの中に、微妙にピリリとシャープに感じる香りがあります。それが「鷹の爪」であり。ほとんど主張しない味わいですが、これがないと成立しないようなプレゼンス。メインの味わいのあちこちに、関西で言う「いっちょかみ」のように、ちょこまかと働きをかけております。因みにこの鷹の爪の繊細さは、「白菜ラーメン」を食べるとよりはっきりと感じられます。白菜好きにはオススメな味わいです。
 

f:id:TOMASSOON:20181208100227j:plain

 
 
 
 
恐るべしこんにゃく麺!見栄えだけなら多加水ストレート麺と変わらぬ!
 
 最初は一瞬、オーダーミスか?と思いました。麺があまりにも普通に見えたので。透明感ある多加水ストレート細麺とほぼ見栄えは同じ。よくよく見ると、麺が少し幅広く、その幅のセンターに一本深めな溝が走っているのがわかります。これが、こんにゃくラーメンの場合重要で二つの効果があるみたい。
 
 一つは「スープを絡ませる」こと。こんにゃくだからスープの浸透が期待できない。そのためスープと麺が渾然一体となったイメージが作りにくい。なのでスープの持ち上げを期待したいところだが、濡れてもすぐに止まらずに落ち抜けてゆく。そこで縦に一本細かい溝を入れるとすこにスープが入り込み、麺にスープの味を引き止めると言う仕組みになってます。この技術は色々日常生活にもお世話になっていて、例えばこれからのシーズンだと、冬のスタッドレスタイヤの溝なんかもそう。接地面の雪解け水分を溝へと誘導し、滑りにくくしてるのね。
 

f:id:TOMASSOON:20181208100228j:plain

 
 そして「食感を豊かにする」こと。幅広麺にしたところで、こんにゃくだから舌触りに変化がない。ところが溝があると微妙に接地面に変化が現れる。啜りのシルエットが少しでも変わると思うのだが、実際は他の人はどう思うのだろう(完全スルーだったりして:汗)。また、歯ごたえもプツプツ感がしっかり生まれます。肉厚な部分とそうでない部分が生まれるから、淡白な歯切れの中に変化が生まれる(気がする・・・)。
 

f:id:TOMASSOON:20181208100229j:plain


 
 ともあれそんな感じで喜んでウハウハと啜り食ってたオレですが、味に関しては【やっぱり完全にこんにゃく】。やっぱりラーメン食ってる!と言う感じはしないのは仕方のないところです(爆)。
 
 

 

 
 
バラ肉スライスがどこまでも優しく!白菜がどこまでも甘く!
 
 ほぼスープと麺で神座に来たと言う満足度は達成できます。そこであとは、インパクト後のフォロースルーを楽しむかのように、トッピングをゆっくり味わいます。まずはバラ肉。まるで教科書に載るようなバラ肉スライスですねー。綺麗に整っており、厚さも薄めでとてもあっさりした味付け。なのでこれは麺を巻いて食う方が、単独で食うより美味いと思いました。実際にこんにゃく麺の味の補強にはうってつけでしたし、大変有効活用させてもらいました。
 

f:id:TOMASSOON:20181208100226j:plain


 
 また白菜は、普通にたくさん入っているので、レンゲで箸休めのように食らっても楽しいですね。白菜は歯よりも根に近い方が美味い!。因みに白い部分は茎じゃなくて「葉脈」だと誰かに教わったような気がしてますが・・・・間違ってたらごめんちゃい。最後に味変化として、ニラをご紹介。神座と言えばこれでしょ!。せっかくの優しいスープが崩れそうに思うかもですが、不思議と臭みは少なく、むしろ入れた方が味が伸びやかになる。唐辛子との反応が生き生きとするからでしょうね。口臭くならないから、ご心配なくトライしてみてはいかが?
 

f:id:TOMASSOON:20181208092718j:plain

f:id:TOMASSOON:20181208100230j:plain
f:id:TOMASSOON:20181208100231j:plain
 


 
 
 
総じまして「気持ちをどこまでも緩ませる・・・なにわ生まれのほんわか旨味らーめん!」
 
 ・・・と言うことしか思い浮かびません。訪問動機は不純でしたが、これ食って体内だけでなく、心もキレイになったような気にさせます。渋谷センター街・新宿歌舞伎町など、ちょっと怖いところを選んで出店してるのも面白い。街をも浄化する程の優しい味わい?。ともあれ平成最後のクリスマスにみなさんの幸あれ。そんな気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います。
 

f:id:TOMASSOON:20181208202936p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅神泉駅

 

故宮博物院 百財如意 蓄光 翠玉白菜 置物
 

 

【今週のラーメン3517】 本家 第一旭 新宿店 (東京・新宿御苑前) チャーシュー麺 + 九条ネギ増し 〜東京遷都以来の大事件!京都ラーメン東京進出!!あっさりジャンキーな味わい!

遂に京都ラーメンの源流が東京進出!
 私の中でラーメン的事件と言えば「ラーメン二郎 京都店OPEN」。あの二郎直系が関西に!しかもそれが京都に進出!それはもう、本当に度肝を抜かれました。京都オリジンな私にとっては、もうこれ以上の衝撃はありえないのかと。ところが今度は・・・京都ラーメンの源流「第一旭」が東京に進出してきたと言うではないか!?。平成最後の冬だと言うのに、これは真剣に衝撃を受けましたがな!!。中央線に揺られるオレは、思わずこれをネットで知った瞬間に言葉を漏らしてしまう・・・「んなアホな!ほんなん、ありえへんやろ〜!」と。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122922j:plain

f:id:TOMASSOON:20181208122921j:plain


 
 その衝撃は・・・関東感覚で言うと、横浜「元町・中華街駅」のホームで、初めて西武電鉄の車両見たときの驚き。さらにそれが「西武球場」直結なんて行き先を見たときの大衝撃。伝わりますでしょうか・・・瀧汗。個人的には、このブランドは、天下一品と並びソウルフルな一杯の最高峰。詳しいことは、とある板に書き込みましたので、暇な人はご参考まで〜。また「東京23区にある京都ラーメン」も少しまとめておきましたので、ご参考まで。
 
 

 
 

f:id:TOMASSOON:20181208131903j:plain

 
 
 嗚呼、遂にこんな日が来たのか・・・行列中、そんな感じで一人遠い目線新宿御苑方面へ目線を送り深くため息を吐く。まるで地方競馬の雄を、中央競馬に送りこむ馬主にも近い、そんな深い期待と躊躇いを思います。また最近の例えでは、関西実力派芸人を東京オフィスに送りこむ、吉本敏腕マネージャの憂鬱といったところでしょうか。もはや嬉しいとか感情は通り越して、東京に根付いてくれるかの方が気になってなりません。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122710j:plain

 
 
 
 
そこには京都らしい「はんなりさ」は皆無!「あっさりジャンキー」が溢れる醤油のカエシとラードのコクなのだ!
 
 近年、京都ラーメンとと言う感じで少しはブランドめいた雰囲気はありましょう。しかし、私的には、関西弁が近畿一円一定に広まっているのと同じと感じます。ベースは同じような気がするのに第一旭だけは、特別扱いされる。それは、少しこそばゆいような居心地の悪さを感じますが、それが「本家」「元祖」「源流」たるプレゼンスなのでしょう。だからこそ、素のままクラシカルな味わいをベースに、そのうまさを感じて欲しい。そんな願いを思いつつ、受け取った一杯はこんな麺顔でした。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122712j:plain

 
 
 おおお!この見栄えは合格!!オレだけに熱く伝わるメッセージ。ネギが別料金なのは、京都だったら解せぬが関東なら仕方ないよ。むしろ気がひけたのか50円と安めだ。そして表層に浮かぶ動物系の脂エキスがいい!。香味油とかが「しゃらくせえ」と言わんばかりの豚鶏煮出しのそのまま感覚が懐かしいです!。京都系でも背脂塊が細かく浮かぶタイプじゃない。目を転じれば根切りもやしも薄っすら入ってて嬉しいし。嗚呼この麺顔が私の青春の顔。ママチャリこいて予備校に通ってたあの頃・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122713j:plain


 
 これが京都なりの「豚骨醤油」ですわ。近年では、もっと濃厚で白湯系、もしくは関東系に近いのをそう呼ぶ傾向にあるので、今の一般的な解釈なら「醤油」ジャンルになるね。ところが、スッキリあっさり醤油味なんか予想してたら、あきまへんでぇ〜。「あっさりジャンキー」・・・私は個人的にそうカテゴライズしてます。さっぱり動物系ベーススープに、あえてパンチを聞かせて、こってりとあっさりの間の閾値ギリギリまで突き詰める。そんな、濃密な味わいが全体にじっとりと行き渡ります!。そこに化調系の輪郭と塩気が効いてスープ全部飲み干すと、後から喉が乾くタイプ(微笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122714j:plain

 
 
 おや?今日のスープは気合が入りすぎたか(笑)、ちょっと塩気が強いかもよと言う感じ。今では、第一旭本店は、たまにしか帰省の際に食う程度なので、偉そうに評論するのもどうかなのですが。そこんとこ悪しからず。ただ、豚骨が沁みる醤油ベースに、青ネギのエキスがじわっとしみてくるイメージ。そして茹ですぎっぽいモヤシの汁が溶けるスープの風合い、それが溶け込んで非常にナイスでしたよ!。初めて原付免許を取って京都を遊びまわっていた頃を思い出しましたわー。浪人中は金がないから、ひたすら「天下一品」「新福菜館」「ラーメン藤」そして王道「第一旭」でしたもん!。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122752j:plain

 
 
 
 
東京でも近藤製麺?:第一旭新福菜館も・・・実は同じ製麺所なのですよね〜
 
 唐突ですが・・・高校から浪人時代をざっくり鑑ると、通ってた高校の近くに「ラーメン藤」という店があり、そこが当時は回数的には一番多い(高校の頃が特に)。そして近年になって改めて知ったことですが、この「ラーメン藤」がグループ化してる「近藤製麺」ってのがあるんだけど(逆か?)、その近藤製麺が「新福菜館」と「第一旭」に麺を卸していると言うではないか!。なんだよーーーーって、今頃関東平野を悔しく地団駄踏しました。それまで双方の違いにうんちく垂れ流してたオレが、猛烈に恥づかしい(キャーー!!)。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122754j:plain

 
 
「カタメ」と指定しなくてもそれなりにクッシリとした印象。見た目は汁を吸い込んでるような見栄えなのに、見た目とのギャップも手伝い、非常に歯ごたえをクシクシと楽しく感じます。ぬるつきが非常に少なく、そして麺と麺とがあまり張り付かない。持ち上げよりは、濡れて浸透する加減で、汁との一体感を楽しむタイプ。微妙に片目が好きな私の素性が、ここから来ているのかもしれません。なので、蕎麦ライクにも啜り食えるズボボボ感覚がいいね。かん水を否定する人もいまだに感じ取りますが、苦味は一晩程度の熟成で抜けてるって!。むしろ麺風味の良さは、かん水由来から来るのか?と最近感じている次第。オレとしてもまだまだ、ラヲタとしてハンパもんですな・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122755j:plain


 
 
 
昔からこのペラペラなチャーシューを食って育ったオレだった!
 
 ラーメンに「味玉」「海苔」って当たり前のパーツなんでしょうが、私の育った周囲の京都ラーメンでは、皆無でした。「モヤシ」「ねぎ」「チャーシュー」のバリエーションで全てが決まる。味付玉子なんてものは、想像だにしませんでした。「ナルトもメンマもないけれど」って店が、横浜にありますが、それが王道京都ラーメンっすよ(爆)。
 
f:id:TOMASSOON:20181208122859j:plain
f:id:TOMASSOON:20181208122902j:plain

 
 で、オレは当時どうしてたかって言うと、行きつけの「ラーメン藤」のオヤジと週一回ベースで絡んでました。当時の京都のラーメン店ってのは、「モヤシ多め」「ねぎ多め」ってのが無料当たり前でしたので、食欲旺盛な高校時代のオレはそんな感じでトッピングをMAXで注文をしてた(連れの友達全員そんな感じ)。それに愛想を尽かした店主が、配膳のタイミングでいつもその腹いせのように、「モヤシラーメン!(今日はモヤシ多め!)」「ねぎラーメン!(今日はネギだけ多めだぞ!)」とか呟きながらいつも配膳してた。いつも普通のラーメン注文なのにね・・・。そんな気のいいオヤジでも、流石にチャーシューはサービスしてくれへんのです。だからペラいチャーシューでも大切でした。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122753j:plain

 
 
 オレの中では、ペラいと揶揄しますが基本的には総合的に「ミルフィーユチャーシュー」と呼んでます。一枚一枚はペラいけど、まとめて食うとうまい・・・そんなイメージ。いつもドトールの注文カウンターで、ショーケース見ながらそんな記憶と絡んでる。今回は特に、バラ肉っぽい脂の多さがあって、記憶の肉よりも旨いではないか!。昔の追憶にある第一旭のペラいチャーシューは、ロースだったり、もも???だったりしたイメージで、わざと汁に沈めてから汁を吸わせてから食ったっけ。でも肉だけで味わうなんて贅沢はしません。
 
 
 まずは肉で麺を巻きつけて?合わせて食うやり方。肉をご飯と一緒に食う感覚と同じですよ。ちょっとずれましたが、こんな感覚で私は高校から浪人時代は、食い続けていた味わいー!。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122900j:plain


 
 そのほかにも、ねぎと絡めて食うってのもアリです。ちょっと写真ではずれがあってイメージしにくいですが、焼肉で言う「タン塩」を逆さイメージで肉で被せて食う。これはこれでありだったんです、当時のオレは・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181208122901j:plain

 
 
 
 
総じまして「東京遷都以来の大事件!京都ラーメン東京進出!!あっさりジャンキーな味わい!」
 
 ・・・これ以上の言葉が私出てきません。喜多方系や白河系は言うに及ばず、ここ数年で台湾系だったり、広島系だったり受け入れて浸透してる東京ラーメンシーン。この冬から山形酒田系も気になりますが、自身のオリジン語る京都系も東京に根付いて欲しい!。よろしくたのんまっせ!と応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181208202941p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

ニュータッチ 凄麺 京都背脂醤油味 124g×12個

ニュータッチ 凄麺 京都背脂醤油味 124g×12個

 
LEAF(リーフ)2018年4月号 (京都・滋賀 最新ラーメン)

LEAF(リーフ)2018年4月号 (京都・滋賀 最新ラーメン)

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2018/02/24
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログを見る
 
日清 麺NIPPON 京都金色鶏白湯ラーメン 114g×12個

日清 麺NIPPON 京都金色鶏白湯ラーメン 114g×12個

 
京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

 
京都 滋賀 うまいらーめん

京都 滋賀 うまいらーめん

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

【今週のラーメン3516】 麺LABOひろ (東京・学芸大学) 白だし鶏そば 〜これ一杯でコース料理的崇高感と味のバリエーション!お高い価格で実は値ごろな一杯!

旨いもの目標に頑張ったオレへのご褒美麺
 いやー・・・早く引退したい。身も心もボロボロです(爆)。いろいろ私の仕事内容は、コンサルのようでもあり、しもべのようであり・・・。最近、いろいろアンケートに記入するときは、邪魔くさいので世間一般にいう営業と書いています。裁量労働制のさえたる業務内容なので、結果がすべてな反面、勤務スタイルは早くから自由度があったのは助かっています。だから比較的、この数年間は昼間のラーメン機会が圧倒的に増えてきた流れです。
 

f:id:TOMASSOON:20181201074636j:plain

 
 
 今日も早朝から業務開始でぶ飛ばしましたよ。誰もいないオフィスですから邪魔されないし、メールも飛び込んでこないしねー。極めて順調に進んだのは邪魔されなかったのもありますが、割と作業的な業務だったから。頑張って午前中の終えて・・・良いもの食いに出かけよう昼飯は!!と目標を立てました。そんな感じで予定通りに目的地、東横線学芸大学駅に到着。一度、東口へ降りて醤油の名店がひらめいたのですが、久しぶりに西口をぶらぶら・・・・。今回のご褒美ラーメンは「麺LABOひろ」さんで頂くことにしました。こっちの方が高級感あるからご褒美としてはいいのかなと。
 

f:id:TOMASSOON:20181130125621j:plain

 
 
 確か焼き鳥の旨い店が、業態変更したんだっけ?。つまり鶏が旨いということで、ここの鶏塩そば系は絶品であります。塩と醤油と双方実食済ですが、これらは激しくおすすめ!。そんな気分で今回迷ったものの、券売機をよくみると、いろいろボタン(メニュー)が増えたような印象。そんな中から「白だし鶏そば」と言う一杯を初体験することとしました。1000円です。こちらは少しデフォルトの設定が高めなのが特徴ですね。
 

f:id:TOMASSOON:20181130125620j:plain


 
 
 
和出汁の味風景色濃い芳醇感!鶏出汁円やかに!
 
 昼飯ピークタイムの後半だったのですが、割と空いていてスタフの数と客が同じくらい。こんなに空いてるのは初めてだったかも。ラッキーでした。手荷物とジャケットを隣の椅子の上に置いて、悠々とすごせます。相変わらず木目調のカウンターとテーブルセットが清潔感あって、気持ち良い店。接客もナイスなので少々お高くても、あまり気にもせず。一番端の客がつけ麺くってたけど、それは旨そう。しまった・・・見逃したかと少々悔やんでいたところで、何とも早く配膳が進みました。それがこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20181130224832j:plain

 
 
 おおお!淡麗な味風景を感じるものと思い込んでたら、実に全体的に手の込んだ感じです。トッピング薬味が立体的に飾られており、とろろ昆布の山に紫のスプラウトがキレイに盛られている。一面エバーグリーンのスープに見えるそれは、ぎっしりと九条ネギらしき小口切りが浮く。巻いた麩がコロコロっと浮いていて、中央には肉じゅうたんです。これ普通の特製ラーメンと同じくらい迫力がありますやん!。
 

f:id:TOMASSOON:20181130224833j:plain

 
 
 スープをまずは確かめましょう。「白だし」と冠あるので白醤油の円やか塩気かと思っていたら・・・想像を超えていた!。丸みある円やかさと申しましょうか、和出汁の風格ありつつ、味が濃ゆいので芳醇な感じがいたします。ベースの鶏ガラの影響もしっかりあると思います。鶏&魚介のエキス感が脂に移るのかもしれません。魚介と言っても節系がメインと感じましたが、実は癖のない煮干系も滲んでるような甘い円やかさがいいね・・・。この時点でラーメンスープと言うより、日本料理の出汁料理とも少し思えてしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20181130224838j:plain


 
 
 
和風スパイスに溶け込み!薬味のオンパレード!!
 
 特に薬味がいい。とろろ昆布は日本料理の椀物で少し溶けていることが多い。そのとろみ感じるところに昆布由来のグルタミン酸が優しく広がるのだー。麺を忘れていつまでも啜っていたいと思うほど。このとろろ感にスプラウトが絡むと、淡い清涼感が生まれてちょっと崇高なイメージになります。また柚子皮が微妙にあるのだけど、ときどきふわりと感じる柚子感覚と、スプラウトの相性が実によい。違った清涼感がいい感じでコラボして鼻孔を駆け抜けてゆきます。
 

f:id:TOMASSOON:20181130224835j:plain

 
 
 さらに「後半の味変化」に用意された生海苔。これがまたとろろ昆布の風合いとよくマッチします。やはり和出汁感を高める、淡い磯の香がして、岩海苔とは別の海苔っぽい色っぽさを感じて、味の下味に心地よく溶けてゆきます。さらに和山椒がじわじわと溶けだすので、仄かなジリジリとした清涼感を生み、後味に影響を与えます・・・・。実に最後の余韻まで楽しませてくれる出汁だ!。
 

f:id:TOMASSOON:20181130224837j:plain

f:id:TOMASSOON:20181130224842j:plain


 
 
 
全粒含みの多加水ストレート細麺!出汁を吸い込んだ一体感素晴らしい!
 
 見た目が実に風流。多加水のほぼストレートな麺で地肌の色合いが素朴と上品を足して割ったようなイメージです。ここに全粒粉が少し混じるので更に印象深い。潰しこみや密度があまり高くないため、ストレスないグルテンの風味を楽しめる一方、スープはそれなりに吸いこみ易いと感じます。和の味風景が芳醇なスープを吸い込ませることをおススメします。
 

f:id:TOMASSOON:20181201074558j:plain

 
 
 これは吸い込ませた方が旨そうです。しなやかさが増し始めた瞬間にズボボボボボ――とすすり上げるのですが、意外にざらつかずにツルツルとすべります。時々白髪ねぎと、とろろ昆布を巻き込みながら持ち上がりますが、これも一興なる味わい変化ですな。これは旨い。大盛ボタンが無かったことと、1000円という価格にビビッてしまって追加しませんでしたが、これは麺の大盛なくとも、替え玉くらいは食いたい次第でした。
 

f:id:TOMASSOON:20181130224841j:plain

 
 
 
 
3種4枚の贅沢チャーシュー!しかも鴨入りだぜ!手も混んでる!
 
 焦がしがあるのは豚バラか・・・と思ってたら、これは鴨肉!。しかも鶏の胸肉コンフィと、豚肩ロースの半レアチャーシューが2枚という、すばらしい肉増し状態です。鴨は少し下味が滲んでいるような作りこみ方で、表面はワイルドな仕上げに見えますが、裏返すと隠し包丁が入っており、かなり柔らかく食することができます。嗚呼独特の食感だね。鴨好きとしてはたまらん!。
 

f:id:TOMASSOON:20181201074549j:plain

 
 
 また鶏肉はフカフカパフパフ感がすばらしく、明るく程よい塩気が噛むたびに溢れます。スープとの相性も一番よいと感じられ、わざわざ沈めて暫く放置してから食らうのも楽しからずや。さすが鶏肉のスペシャリストだけあって美味い。また豚肩ロースも絶品。2枚重ねてくれた点が非常に嬉しく思い、印象度を上げてます。下手にどっかで特製食らうよりもポテンシャルが高いのだ!。
 
 
 
 
総じまして「これ一杯でコース料理的崇高感と味のバリエーション!お高い価格で実は値ごろな一杯!」
 
 ・・・・と言う感覚でして、またしても痛快さを楽しめました。これは夜とか酒を合わせてみたくなる。私の好きなハートランドもちゃんと置いてあるし、夜の残業帰りに遠回りしてみようかしら。今回もハイレベル・ハイパフォーマンスを堪能!そんな痛快気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181130175853p:plain

   
 
お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 学芸大学駅祐天寺駅

 

合鴨のスモーク 約200gが5P 計1kg入り

合鴨のスモーク 約200gが5P 計1kg入り

 
決定版 日本のカモ識別図鑑: 日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述

決定版 日本のカモ識別図鑑: 日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述

 
アヒルと鴨のコインロッカー
 
ヤマモリ 元祖 鴨せいろつゆ 200ml×3本

ヤマモリ 元祖 鴨せいろつゆ 200ml×3本

 
日清 どん兵衛 鴨だしそば 105g×12個

日清 どん兵衛 鴨だしそば 105g×12個

 

 

【今週のラーメン3515】 手打ち中華そば 酒田 平間店 (川崎・平間) チャシュー麺 (小)+玉ねぎ+身入り 〜素朴さ優しさワイルドさ・・・突き抜けて中毒性発揮のやみつき中華そば!

身入りサイコー!!パート2

 
 嗚呼・・・よりによってまた「平間」に来てしまった。二日連続です。東横線で移動中、武蔵小杉なら食う店がそこそこ決まっている。比較的時間に余裕があったとは言え、わざわざ南武線に乗り換えてここまで来るかね普通は・・・・。その理由はとある強烈な吸引力を感じさせる、インスパイアラー15メンがあるからです。それはこの店「手打ち中華そば 酒田」さん。平間に2号店が出来て訪問したばかりなのにね。それに今度はチャーシューメンで食いたいと思ってたし。熱い魂が抑えきれませんでした。
 

f:id:TOMASSOON:20181205114954j:plain


 
 昼飯タイム少しまえではあったけど、丁度満席になるかどうかの入り具合。この辺りで満席になれば大OKのロケーションです。もうすっかりここの「ケンちゃんラーメンインスパイア」が知れ渡ったか!と思いきや、案外地元の常連が定期的に通っているような光景。そして彼らはみな「野菜すくなめ」「麺すくなめ」と言いつつ食券を渡してる。まだ少し前まであったJ系インスパイアの記憶を引きずってるのだが、それだけに実は少し、メニュー変更も惜しかったのかもしれませんね・・・。いやいや、今のインスパイアがまた受ければ、新しい常連を引き込んでさらに発展という方向性で頑張っていただきたい。
 

f:id:TOMASSOON:20181205114852j:plain

 
 
 さて今回は、トッピングを何にしたものか・・・。絶対に「ニンニク刻み」が絶対に合う!と思うのだが、まだ仕事の途中だからそれは無理~。ブレスケアを丁度切らしていたし。そんなわけで今回は「玉ねぎ」としておきました。個人的にはネギ大好き「ネギ星人」なんだが、すでに昨日やってしまいましたし。この流れだと、次回訪問は、夜に機会を作ってニンニク刻みにしなければならなかな。
 
f:id:TOMASSOON:20181205114853j:plain
f:id:TOMASSOON:20181205114911j:plain
 

 
 
 
うほ!?チャーシュー 余韻も加わって旨味がデフォルトより明らかに濃ゆい!
 
 まー実に気楽な店です。店箱もそんな感じだし、店内のニュース音声もそんな雰囲気を醸し出すのですが、客層だってそうなのだ(オレを含めて)。どこにクルマ止めたか知らんが、配送中の方とかガテン系の方々とか、そして穴の空いたジャージ姿の気楽な地元民など。そのジャージ姿で昼からビール片手にラーメン啜るというのが、実に羨ましいというか「カッコいい」のだわ!。年末ジャンボで10億当たったら、ずっとそんな生活してみたいー・・・と妙に萌えてしまいます。早くも引退生活に夢を馳すが・・・その前に「10億カモン!」と叫ばねばなりません。そん野望を知ってか知らぬか、早々に配膳が完了です。それはこんな麺顔!
 

f:id:TOMASSOON:20181205114912j:plain


 
 おおお!昨日食ったのと全く同じ麺顔!!当たり前なことに驚くのです。チャーシュー増しに「チャシュー麺」にしたはずなのだが、追加の玉ねぎと「実入り」の下に肉が隠れて、ほぼデフォルトと区別つかずの麺顔だったから(笑)。しかし玉ねぎと実入りを掘り下げると、鉱脈を見つけたかのようにチャーシューがワッサワッサと発掘されます。それに相変わらずラードの層が分厚くてスゲー。今日もまた午後半日胃袋が重くなると分かっていながら、全部飲み干してしまうオレなのです。
 

f:id:TOMASSOON:20181205114913j:plain

f:id:TOMASSOON:20181205202901j:plain

 
 
 もう鮮明に覚えているスープの味わいとその余韻。豚骨ベースのエキスがふんだんに溢れ、そこにコク深いラードの海が広がるー。透明な湖のようでごつごつと表面に現れるのは身入り(背脂の塊)です。実に鮮度がいい色合いですー。そして麺のボコボコ感が際立って映り、荒れる波ウネリのように躍動的に感じます。今回は玉ねぎ微塵の迫力もすばらしく、ラードをバクバクと吸い込んでいるようで見ているだけで生命力を覚えますかな。動物系のずっしりしたコク深さがズドンと広がりつつ、ラードのまったりさが醤油の輪郭に丸みを与えます。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202859j:plain


 
 
 
スープの3つの変化を楽しもう〜
 
 まずは「デフォルト」を味わう。円やかな味わいで甘味へとシフトする反面、塩気は化調を含んだ旨み系で、結構シャープに響く。あれ?何となくだが、昨日より味が濃ゆくなってないか?。チャーシューを追加したからかと思いますが、後味に酸味もあって、結構しっかり楽しめる。オレの方が段々この味に慣れてきたのかもしれまえんが・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202904j:plain

 
 
 次に「玉ねぎプラス」で味わう。ラードの透明なのとよく交じり合い、より光った粒のように見えます。それをレンゲでググッと食らうとやはりフレッシュ感がプラスされ、野菜なりの甘さと苦さが広がる。そしてスープなのに歯ごたえを感じさせて、シャリシャリと奥歯で噛み潰してから実食が終わる。食べるスープ感覚で・・・おしゃれに聞こえるが実際はベタだ(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202907j:plain


 
 そして「身入りプラス」で味わう。和出汁にフグ白子をのせてすするのとは、まったく味風景と店風景が違うが、感触感覚だけならそれに近いものなのかも。味は豚の脂ぁ~一色なんだが、妙に醤油味と馴染むのは理屈にならない旨さです。やはり塩気が恋しくなり、ベーススープ味をまた求めてしまうという相乗効果を一番発揮する組み合わせですね。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202908j:plain

 
 
 
 
味わい濃ゆめなところを鎮める玉ねぎ!チャーシューのナイス相棒玉ねぎ!
 
    昨日の「ねぎ増し」もかなり好み。特に背脂の塊がねぎの小口切りの輪に引っかかって、そこをまとめてザクザク食うのが好きです。少しそれを玉ねぎにも期待したんだが、それよりも上述の通り、スープに馴染ませて食う方が適しているようす。そんな中で、チャーシューとの相性に引っかかりました。割と古風なチャーシューで、醤油だれを吸い込むような煮豚タイプなので、妙に旨く感じる。どこかで似たような体験あるな〜と考えていたら、千葉県富津市の竹岡式ラーメン。あの素朴な醤油と肉、そして玉ねぎの一体感を彷彿としてしまいました。いや〜まだまだ発見するところ多いラーメンだね。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202902j:plain

 
 
 
 
汁と脂に染まった手打ち縮れ麺麺!朴訥ワイルドに見えて優しき東北魂!?
 
    まさに飴色な色合いにすら思えてくる。もうこの麺にハマってしまいました。麺の固さも自由自在みたいなので、次回訪問あたりからカタメ指定で行こうかと思ってます。そんなハンドメイド極まる素朴麺。偶然が紡ぎ出す、ランダムなボコボコ感と捩れの複雑さは、もはや芸術的。この複雑さに実は、人類の叡智をはるかに超えた世界やレベルの中で、整然と計算式でコントロールされた結果・姿なのだとしらちょっと面白い。もしかしたら、この美しく思える感覚は、一つのシンプルな完成美なのかもしれません。すみません、酔って打ってるから瞑想しつつ、迷走した文面でー。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202905j:plain

 
 
    しかし旨さはシンプルそのもの。瞑想・迷走など理屈抜き。柔らかく縮れた麺の表層には、よく見れば微妙に溝が短く入っており、そこから汁がしみるのか妙に汁吸い込みが早い。その分、デンプンの糖化した旨味がいち早く形成され、ダイレクトに旨いと感じさせてくれるのだー。噛むと一瞬にしてクチリと潰れゆく刹那の旨味。瞬時にウマウマ悦楽。このスープだと、麺が脂に濡れるというより、絡む!染みる!ような感覚でより味が深まりますね。もちろん、啜り食う瞬間の・・・ボコボコ!ニュルニュル!ズボボ!感覚が痛快!もう素朴なんだか、ワイルドなんだか分かんなくなってきたー。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202906j:plain

 
 
 
 
見映え以上にボリューミー!タレに染まった肩ロース肉がレトロに旨い!
 
 配膳の瞬間は「チャーシューはどこへ行った? ~Who Moved My Chasyu ?」てな気分。久しぶりにスペンサー・ジョンソンを思い出しました。そして外へ目線を向けてネズミのように行動することなく、内向き気分で丼の中を掘るとごっそりと肉の集まりが宝のように出てきます。玉ねぎの山に埋もれていたので、もう全体が玉ねぎまみれです。払いのけるのが邪魔くさいので諦めました。さてその肉・・・数え間違いでなければ、大中小あわせて7枚だったという記憶。見栄えじゃ想像できないボリューム。しかも昨日とは少し印象が変わった様相で、「醤油ダレ・煮出汁」がとても深くて、とってもレトロ感ありありの肉だったのだ!。
 

f:id:TOMASSOON:20181205202903j:plain


 
 肩ロースと思われ、脂身が少々乱れてさしている。そこが煮出汁で脂身の余計さが抜けてライトに食える。部位によっては、カット断面も醤油が薄くさす色合いで深さを思わせる。だけど塩気は低く、むしろスープを吸い込んで、「身入り(背脂)逆輸入の芳醇さが沁みる」旨さだ!。余計な脂を抜いてから、改めて旨みを染み透す・・・これは鰻料理にも通じる旨さの方程式。他にもいろいろあると思うけど、やけに旨さが沁みるのです。鰻と同じとは言わんが、食うと優しく解れて沁みる。嗚呼、できることならここに「ニンニク」というエキスを染み込ませて、昇華させたいのだが・・・。いかんせん、まだ午後の仕事を控える身。平日一般サラリーマンと言う宿命を呪うオレです・・・。
 
 
 
 
総じまして「素朴さ優しさワイルドさ・・・突き抜けて中毒性発揮のやみつき中華そば!」
 
 ・・・と言う感覚でして、ケンちゃんインスパイア本領発揮でございます。尚恐ろしいことに、昨日は食後に背脂が重くてしんどかったはずだが、今日に至っては全然平気。もっと食えそうという身体の進化ぶり。増々のめりこむ前兆なのか(汗)!。適当に驚喜と狂喜に付き合いながらまた食います。そんな快楽的アンニュイを覚えながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181205210722p:plain


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
ラーメンWalker山形2019 ラーメンウォーカームック
 
山形ラーメン図鑑100

山形ラーメン図鑑100

 
ラーメンマップ宮城・山形・福島3

ラーメンマップ宮城・山形・福島3

 

 

【今週のラーメン3514】 鶏そば そると 阿佐ヶ谷店 (東京・阿佐ヶ谷) とりこそば 〜ハイカラに見えて和の質実さ!そして宝箱の楽しさ感じる特製とりそば!

実は思い出がとっても深い場所なのだ・・・居抜き開店が「そると」だったとは!?
 個人的な話を少し・・・。自分でもこんなにラーメンヲタクになるとは思っても見なかった。関西駐在時代にちょっとハマった程度で終わる予定で、特にまた東京に呼び出されて転勤した時点では、おとなしいタダのラーメン好きオヤジに落ち着くはずだった。そんなことにはならず、より一層ラーメンにハマりこむことになるのですが・・・そんな自分ではラーメンヲタクと一般人の隙間というか、エアポケット状態にいたときに、ハマった店がありましてそれが「つけ麺処 三ツ葉亭@阿佐ヶ谷」。
 

f:id:TOMASSOON:20181122221211j:plain

 
 それがいつの間にか閉店し、代わりに居抜きオープンしたのが「鶏そば そると 阿佐ヶ谷店」です。すごく寂しい思いありつつ、近年全然訪問を忘れていた自分が少し冷たい人間に思えてなりませんでした。
 
f:id:TOMASSOON:20181122221210j:plain
f:id:TOMASSOON:20181122221209j:plain
 


 

 今回は、ルンルン気分の新規開拓じゃなく思い出探訪でもありました。カウンターと小さいテーブル席の配置、券売機の位置やサイズも変わらず。ここで何度も生ビールを飲み干したことか。人生で一番仕事がうまく行かなかった年代であり、人生で一番忙殺されて苦いものを感じた年代で憂さを晴らしたのでした・・・。しかし代わりに入ったのが、あの下北沢の人気店「そると」の支店だったとは!。これは少し自分にはほっとするものがあるね。良かった店は、良い店に引き継いでほしいものだし。これも時代の流れか・・・・と感慨深い気分ですが、自分の身体は意識とは関係なく、猛烈にただ腹が減っているだけでした。
 

f:id:TOMASSOON:20181122190842j:plain

 
 
 よし!ガッツリ食うぞーーーーと意気込んでみたものの、「すみません・・・今日はもう清湯系しかなくなりました」とスタフさんからアナウンスあり。ガビーーーンとショックを隠せませんが、ここまできたら仕方ない。なんとなく目を引く券売機ボタンがあったのでそれを押すのみです。それが「とりこそば」。食券渡して座ったら、隣の客が鶏白湯食ってた。何!!一足違いで食いそびれたのか。どこまでもオレを苦しめるぜ(笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20181122221207j:plain


 
 
 
実に穏やかな地鶏の煮出汁加減!ポップなイメージ裏腹で淡麗沁みる旨さなのだ!
 
 気が付かなかった、「とりこ」と「そると」があるのね。特製には二種類のがあったのだった。「そると」は分かるが「とりこ」はなんだ。鶏そばだから「とり」は「鶏?」。だったら「こ」は何だ!!!。ブツブツと声がもれつつ、考えていたのだが一向に分からず、カウンターにあるうんちく書きなどを眺めてすごしましたが・・・・分かりました。「トリコロール」の「トリコ」だったのね!。なにがトリコロールなのかと言えば「トッピングの色彩がトリコロール」を意識したとのこと。それも野菜系で。季節の野菜でトリコロールを表現するとのコンセプトで、これは阿佐ヶ谷店限定の企画なのだとのこと。店主のイタリア好きがこういう形になったのかは不明・・・、そんな一杯はこんな麺顔でした。
 

f:id:TOMASSOON:20181122190839j:plain

 
 
 おおお!イタリア一色かと思いきや、和洋折衷のハイブリッド感覚が溢れる印象で、これは創作麺としてもちょっといい感じですよ。特にレンコンが良い!。オレは無類のレンコン好きな男なのだが、天ぷらだったら無限に食えるはず。レンコンのどこが好きかと言えば、「穴」だ。穴が旨い・・・・一体何を食っているつもりなのか?空気でも食っているのかと実家の兄貴にバカにされたものだったわ。今度の正月帰省で、今年のおせちのレンコンはオレが占領するつもりです。
 

f:id:TOMASSOON:20181122221201j:plain


 
 そんなことよりスープの優しい旨さがすごい!。うんちく書きによれば大山鶏を丁寧に時間をかけて透明感を失わないように仕上げたとのこと。その代償としてとても上品な仕上がり極まりますが、「優しさ」と「繊細さ」に溢れるイメージ。なのでトリコロールなイタリアンの風よりは、俄然に和風そよぐ落ち着いた風合いが染入ります。
 

f:id:TOMASSOON:20181122190836j:plain

 
 
 では和風か?と言えば否!。鶏肉の挽肉が浮いています。これは独身時代の自炊で、よく「なんちゃって」コンソメスープを仕上げる際に使っていた手法で、挽肉をスープの出汁にするのです。香味野菜などと一緒に煮たりしましたが、挽肉を煮るだけで肉エキスが深く得られる。絶対に沸騰させないのが条件です。エキスを出し過ぎると少し濁ったりしたっけか・・・・。そんな時はメレンゲを投入して、濁り成分を静かに吸着させ、あとは濾過して透明度を磨くのですが、そんなことに毎週末没頭してたから、婚期が遅れたオレだったのだった。
 

f:id:TOMASSOON:20181122190835j:plain

 
 
 そんなどうでもいい個人情報はさておいて、さっぱり、あっさり、いろいろ表現のしようがあるけど、これは「暖かみのある淡麗鶏塩」と言うイメージ。さらにうんちく書きは、塩の産地にまでこだわり言及が続くが、そんなところまで分かるはずはないオレの駄舌でありましたわー。
  

f:id:TOMASSOON:20181122190832j:plain

 ちなみに・・・・テーブルセットの薬味は活用すべし!。柚子胡椒がありますから、暖かみのある淡麗味から、一気に淡麗の風をふかせることも可能。実はこの味変化も捨てがたい!
 
 

 

 
 
全粒配合のクッシリさを残す麺!風味もしっかり感じつつ汁気の吸い込みでバランス良し!
 
 「暖かみのある淡麗鶏塩」には、意外にも個性的な麺を合わせてきました。全粒入り・加水低め・ストレート細麺。店によっては濃厚煮干にあわせるスペックかも。しかし全体的に薄い黄色な感じが、鶏塩の方が合うかなと思えます。玉子麺なのでしょうか??。この違いは実に大きいか。鶏エキスが浸透するとナチュラルなクッシリ感と風合いが広がるのです。クッシリとした歯ごたえ。パツパツとした超低加水とは明確に区別できて、多少の汁の浸透も計算に入れたイメージ?。前半は風合いを楽しみ、後半は汁エキスとの一体感に優れるという二面性を感じます。
 

f:id:TOMASSOON:20181122221157j:plain

 
 
 加水低めでも、麺が全体的にまとまるのですね。引き上げるとストレートさを崩さずすっきりと持ち上がります。汁の持ち上げとまではいかないものの、浸透ゆるし始めたクッシリした味わいは、刹那の旨みと言えましょう。麺好きには堪らん!。温度感覚もよいから、ゆっくりと汁が浸透してゆくー。時々、鶏の挽肉のかけらなんか引っ掛けたりして、一緒に奥歯で噛み潰すと、ちょっと面白い感覚も味わえます。ここは大盛りはなく替え玉制。鶏白湯の場合、多加水麺に変更になりますが、その場合でも替え玉は「低加水細麺」で提供するそうです。ひょっとしてスープよりも麺の方にこだわりが強いのかも。
 

f:id:TOMASSOON:20181122221156j:plain

 
 
 
 
名前由来のトリコロールの具材達が素晴らしい!特にレンコン好きには堪らん!
 
 さあ!ある意味主役であるトッピング達。まずはトリコロールの赤を示す「赤パプリカ」ですが、想像しやすいように、フレッシュで優しい甘味が陽気に思える味わいです。現代の子供は、ピーマンが元々苦いなんて知っているのだろうか。今の子供は、パプリカと言うらしい・・・時代だね。これは正直言って普通に旨かったっすよ!追加トッピングしてフェラーリ・ロッソにしてもよいくらいに!。
 

f:id:TOMASSOON:20181122221200j:plain


 
 次は白をあらわす「れんこん」これが既述の通り、ゾッコンに好きなわけですが、トリコロールにするなら「白アスパラ」の方が自然な流れ。コストの問題だろうがレンコンですがこれはナイス。なんたって肉厚なレンコンが3枚もあるんですよ!。しかも薄味煮つけも完璧。歯応え最高!追加トッピングして、レンコン尽くしにしてもよいくらいに!
 
 最後に緑をあらわすブロッコリー。温野菜感覚で食らいますが、茹で加減がいい感じ。この具材だけは日持ちがしないと思われ、仕込みの妙を感じるトッピングですね。日頃マヨネーズで食らうのですが、出汁に浸して食うのもこんなにアリなのかと、少し感心しましたよ。
 

f:id:TOMASSOON:20181122221201j:plain

 
 
 
 
鶏肉チャーシューも実に優しい!控えめな存在感だが優しい味わいは泣ける・・・
 
 今回だけは、すっかりと脇役になってしまったチャーシューの存在感。鶏のモモ肉を上品に煮たタイプで、噛みしめると鶏の皮近くから滲んだ旨みが、優しくアッサリした味と一体化してます。肉繊維はとても柔らかくて歯をどうやろうと差し込んでも、ソフティーに切れ込むのが秀逸。そして後味もやさしく、どんな酒とでも合いましょう。旨し!。鶏の皮と一緒に食らうと一層旨いかもしれませんね!。
 

f:id:TOMASSOON:20181122190834j:plain


 
 
 
総じまして「ハイカラに見えて和の質実さ!そして宝箱の楽しさ感じる特製とりそば!」
 
 ・・・・という感覚かしらん。この一杯は、食い始めから最後までずーーーっと宝箱のように楽しめるのです。スープもいい!麺もそれに負けないくらい。そしてトッピングが旨い上に「楽しい」と言う趣向が見事。個人的にはレンコンが上手!。いい店が後を引き継いでくれました。ちょくちょくお世話になりたいイメージですし、今後も頑張ってもらいたい!。そんな応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181123071142p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

 

 

【今週のラーメン3513】手打ち中華そば 酒田 平間店 (川崎・平間) ラーメン(小)+ねぎ増し+身入り 〜素朴とワイルドのせめぎ合う背脂補給系ローカルラーメン

見入りサイコー!!パート1!!
 川崎市陸の孤島に行かなくとも、ケンちゃんに会える!。その情報だけで喜ばしいオレは随分と自分勝手ですな・・・・。だってつい先日まで「山形・酒田」に行かなくとも、ケンちゃんに会えると喜んでいたわけだから。歳とると何でも邪魔くさくなってくるから、そんな発想をしてしまうのでしょう。ともあれ、南武線平間駅から常識的な範囲で歩いて行けるのは、外回りに使えそうでナイスなのです。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140538j:plain

 
 
「豚魂」→「魚魂」→「麦魂」→「蕾」と屋号は変わっているけれど、経営者はそのままみたい?。結構「〇魂」時代でもそれなりに常連を掴んでいたイメージでして、ただラーメンだけが落ち着かないという印象でした。訪問したこの日も、前の二郎系のイメージで注文調整を飛ばしてたお客がいたけど、基本的にお安くガッツリと食わせてくれる・・・・そんなコンセプトは変わらないと言ったところです。
 

f:id:TOMASSOON:20181204201616j:plain

 
 
 それにしても平日午後2時と言っても、客が入るねー。この日は昼飯食えずの外出の帰りだったのですが、ガテン系の方も現場から現場への移動なのか、客入り良好です。目の前が産業道路だから、この界隈をクルマで流す方々には、割と認知された店だったのか。次々に食券が置かれる。もう当面は屋号変えずに、酒田ラーメン・ケンちゃんインスパイアで、安心して続けて欲しいものです。とにかく「2号店開業おめでとう!」と申し上げたい!。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140536j:plain

 
 
 
 
ラードの海に浮かぶ身入り!益々コク深く・・・豚骨醤油は分厚く甘く揺らめく味風景
 
 へへへ・・・勝手知ったるシステム。身入りとはの説明は、券売機にデカデカと貼り付けられ、手作りポケットに、身入りの手作り食券があるから、それを抜いて店主に示すのみです。背脂といっても鮮度が命っぽいので、質感にも拘りが感じられます。今日は背脂三昧ということで、それに薬味を合わせてみましょう。玉ねぎと・普通のねぎで、追加トッピングで迷ってしまいましたが、関西オリジンの私は「ねぎ増し」と今回はさせてもらいました。京都ラーメンに寄せたわけじゃないけど・・・・。太麺だから結構時間がかかると思って呑気にまってたら、案外早く配膳が完了!。それはこんな麺顔でした。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140535j:plain


 

 おおお!小サイズとは言え麺量200gにめ一杯に汁が張られ、具材も山盛り状態なので、食べごたえありそう!見るからに、丼の端っこに覗くスープには、ラードの分厚い膜が出来ており、そしてトッピングには雪がかぶったかのような背脂の固まり。なるほど鮮度も感じる薄いピンク色がいいね。それが時間経過で溶けてゆくのか、トッピングが脂まみれでテカテカとしております。健康診断も終わったことだし、心行くまで脂の甘味を堪能するのだ!
 

f:id:TOMASSOON:20181204140534j:plain

 
 
 レンゲで少し攪拌してからスープを味わう。自然と一塊の身入りが張り込み、もろとも口の中へと流し込みます。嗚呼・・・・甘い!脂甘い!!。立ち食いそばなら天かすの油が不可欠なように、ラーメンスープに背脂が甘くさせるのが秀逸。ワイドるに脂が攻めててているかと思いきや、それでいて素朴な甘さという感じで和ませます。醤油味の輪郭すら甘味を増す、そんな背脂パワー。恐らくベースの豚骨出汁も下支えしていると思われ、旨味のベクトルにズレなしですな。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140541j:plain

 
 
 京町の本店は、少しさっぱりした印象でしたが、こちらは私のその日の体調のせいか、とてもしっかりとした印象でした。塩気と出汁の輪郭がはっきりしてる。例えばカエシは背脂で円やかになっているが、後味には塩気や淡い酸味も残すと言った感じ。また塩気にはダイレクトに「食塩」も感じますが、調味料的な旨みの余韻もあり、それが決して否定的じゃなく旨味を高めておりますよ。いやー、分かりすい庶民感覚のワイルドラーメン。すばらしい!。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140532j:plain


 
 
 
ピロピロ~~~見ているだけで和む平打ち縮れ!エキスをバクバクと吸い込みチュルンと滑る!
 
 お馴染みいの自家製手打ちピロピロ麺。素朴さの固まりです。超多加水っぽいプリプリ感が見て取れますが、既にスープを吸い始めたかのような汁の余韻か透明度を、地肌に感じてしまいます。やや褐色めいた印象もまた楽しからずや。引き上げると汁が跳ねるので強情なコシに感じるが、いざ啜り始めると、柔らかタッチなので、快感を与えます。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140531j:plain

 
 
 汁を吸い切ったピロピロ麺が旨い。同時に背脂も浸透しているわけですが、炭水化物の糖分と、豚骨&背脂のエキスとが、すでに一体化した別の旨みに昇華したイメージ。耳たぶよりも柔らかい反発を、一気に奥歯でクチリと潰すと、唾液があふれ出し旨さがまた増える・・・・。前回も思ったんだが、300gにしとけば良かったと、この時点では思う。しかし食い切ってから、これで良かったとまた思う。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140539j:plain

 
 
 
 
 
肩ロース肉に背脂をディップして更に旨みをアップ!
 
 チャーシューも素朴なようでしっかりした作りこみですね。昔ながらの煮豚タイプだとは言え、肩ロース肉は程よく解れやすくなっており、とても柔らかい。見た目より薄味で汁と一緒に食うと良いバランス加減です。少々脂身が抜けたところなので、そこはあえて背脂なんかをトッピングして食ったりして遊ぶ・・・・。後追いのエキス上乗せも面白い味わいですな。ライスの上でこれをやると旨いかもしれません。また次回はチャーシューメンに決定した瞬間でもありました!。
 

f:id:TOMASSOON:20181204140533j:plain

 
 
 
 
まさに背脂三昧・・・・あとでずっしり満足感!
 
 少し以前の京町でのイメージより、身入り多めな印象。スープやチャーシューで一通り堪能したあとは、ネギに背脂をまみれさせ、それをザクザクと食うという所業にでました。これはよく京都時代にやっていた、個人的な遊び方でして、それよりもワイルドさが増して凄く旨い!。二郎ではいつもそんな余裕がありませんので、こんなところで背脂三昧をしてしまいました。その結果か・・・この後一時間食らいすごく胃袋が重かった(爆)。もう若くないのだと痛感。脂を分解する酵素が、急激に体内から消えているのが分かってしまった・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181204201614j:plain

 
 
 
 
 
総じまして「素朴とワイルドのせめぎ合う背脂補給系ローカルラーメン」
 
 ・・・と言う捻りないまとめでごめんちゃい。以前も個性的でしたが、今回はより個性度が増して、しかもブランド性が明確になったんじゃいでしょうか。この路線で人気をキープしてもらいたいなと、個人的には応援!。割と競合も少ないエリアだと思うので頑張ってください。そんな応援気分のまま、ととっと最後に詠って、いつのものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20181204203358p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

山形ラーメン図鑑100

山形ラーメン図鑑100

 

 

【今週のラーメン3512】 中華そば もり川 (川崎・新丸子) 中華そば 醤油 +キャベツ+きくらげ 〜これぞまさしく Everybody’s Everyday Ramen!いつでも毎日でも食えるぜ!

これって「EER」しちゃってる一杯!
 一気に冷え込みを感じる朝に早朝出勤。この冬初めてユニクロのダウンに袖を通しました。順調にひと山仕事をこなして、ほっこりとしたお昼前に武蔵小杉に降り立つ。当然ここで昼飯なんだけど、あまりにもポカポカ陽気なので、少し散歩もしたい気分。穏やかな気分だったので、新丸子まで足を延ばして、穏やかな中華そばを頂くこととしました。なかなかレビューが上がらないですが、とてもお気に入りのお店へ訪問!。
 

f:id:TOMASSOON:20181121114856j:plain

 
 
 それは「中華そば もり川」。個人的応援してる理由は、最近になく珍しい「昔ながらのあっさりさ」がいい感じだから。淡麗というスタイリッシュさがあるわけでもなんだが、どこかが今風の中華そば。しかしパーツの一つ一つは昔ながら感を感じるんだよね・・・。これはまさに「毎日食える」タイプの一杯です。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204037j:plain

 
 
 入店時、先客一名。まだピーク前だからしょうがないが、どうも様子が少し違うなと思ったら、券売機のメーカーの人みたい。ちょっとトラブル起きてて対応に追われてるらしく、携帯電話で忙しそう。今回は直接口頭注文、事前清算と相成ります。今回二度目のトラブル遭遇ですが、落ち着いて切り抜けていただきたい!。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204027j:plain

 
 
 
 
あっさり味の好きな人!大衆的気軽さ好きな人!それならこの味このお店!
 
 いろいろとメニューが増えつつありますね。夜の部限定の「濃厚中華そば(豚骨醤油)」が登場したのは知ってましたが、「豆乳中華そば」も限定スペシャルとして準備中とのこと。今回訪問時には間に合わなかったのが残念でしたが、これでまた訪問しなければならなくなりましたね。ということで今回は、一番オーソドックスな「中華そば醤油」をチョイス。トッピングは野菜不足を補う「キャベツ」、そして歯応え大好き「きくらげ」をプラスさせていただきました。それはこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20181121114850j:plain

 
 
 おおお!何だか素朴な迫力の固まりのようなお姿!。一つ一つ素朴なトッピングが集まると妙に賑やかで、ややワイルドな大衆さを感じます。しかしスープの色合いと麺の縮れを見ると、これはもうレトロな中華そば感を深く感じます。何と言ってもデフォルトでハーフ味玉がありがたいし、スープの穏やかさは見事!。
 

f:id:TOMASSOON:20181121114851j:plain

 
 
 さてスープですが、相変わらずあっさり味。夜の〆ラーメンにも十分に通用する穏やかさで、塩気の尖りが一切ない出汁感がいいね。鶏ガラと豚骨の煮出しも感じるのですが、主体的なのは野菜の甘味では?と言うほどのじんわり響くイメージで、胡椒など振ると一気に味や風味が染まるイメージです。まさにゴクゴクと飲み干せる。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204030j:plain

 
 
 特に野菜トッピングをするとそのエキスが追加されるのでしょうか。前回の同じメニューより、軽やかさが増したようです。薄味好きには堪らないですが、こってり好きにはコクが薄いと判断されがちかも・・・。しかしだからこそ毎日食べられる安心感が生まれるのであって、それがこの一杯の大きなウリ。私としては非常に受け入れ易いのでお勧めしたい次第。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204034j:plain

 
 
 
 
引き締まりある多加水イエロー縮れ麺が妙に和むうまさ!
 
 馴染み深さを感じるのは、麺も影響が大きいですね。何と言っても黄色めの色合いがある、多加水の縮れ麺。ねり水の反応もあってか、打ち込み感のようなクシクシ歯応えがいい感じ。しかし、汁の吸い込み良い上に、熱や汁吸いでダレたりしません。麺の風味と言うより、汁吸った後の一体感が得意な麺だと感じます。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204035j:plain

 
 
 縮れと言っても実際は細かいボコボコ感で、昔懐かしい表現ならソバージュと言えなくもないね。このくらいの縮れがちょうど良くて、ズボボボボボっと啜れる範囲だし、抵抗感あるタッチも口元や舌触り、そして喉越しも楽しめる感じ。それに、汁ハネもあまり気にしないで済むー。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204036j:plain

 
 
 
 
この価格帯でデフォルトのバラ肉チャーシューが見事!白飯欲してしまうかも
 
 デフォルト650円のこの一杯。あっさりタイプとは言え、デフォルトのチャーシューは侮れません。サイズ感で問題なしのバラ肉。それが実は想像以上に肉厚です。白飯があれば移設してプチチャーシュー丼にしちゃいましょう。しかも薄味で肉と脂身が蕩けて解れて、トロトロ一歩手前の柔らかさ。次回は、チャーシュー増し決定的でございます。
 

f:id:TOMASSOON:20181121114852j:plain

 
 
 
 
ここではトッピング追加がおススメ
 
 こちらはトッピングを楽しめるのがいいね。デフォルトが価格抑えめだからついボタンを押しちゃいます。肉もさることながら、野菜系のトッピングがリーズナブル。前回は「野菜増し」で大納得したため、今回は「キャベツ」増しにして日頃の不摂生を一気にリカバリーですよ。見た目以上に実は豊富。葉野菜の柔らかくも明るい甘味を堪能です。また、きくらげと、ほうれん草がお安めでボリューミーなので、追加の追加で、こちらもおススメ。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204033j:plain

 
 
 
 
味玉にハズレなし!デフォルトでラージ味玉ハーフが嬉しい!
 
 繰り返しますが、デフォルト650円のこの一杯。チャーシュー見事であっぱれですが、更に味玉ハーフもデフォルト仕様です。本当にダブルで嬉しい。ハーフでも嬉しいし、見栄えや麺顔の第一印象まるで違う。しかもおまけでつけた感じはなく、仕上がりがハイレベル。塩ダレかと思うほどの仄かな醤油ダレで、浅漬け状態。これがいい。浸透した熟成感が薄っすらと、確かに浸透し、その上で玉子本来の味わいも残すイメージ。玉子のサイズもしっかりとLサイズ。もう半分を追加して一個にする選択も可能です。嗚呼、今回も味玉にハズレなし!
 

f:id:TOMASSOON:20181121204032j:plain


 
 
 
総じまして「これぞまさしく verybody’s veryday amen!いつでも毎日でも食えるぜ!」
 
 ・・・と言う感覚でしょうか。まだ混雑は見た事ないが、着実に「この味好き!」と言うファンはいる感じ。ちょっくらと、定期的に訪問させていただきましょう。勝手に宣伝部長気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181121204459p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 新丸子駅武蔵小杉駅向河原駅

 

田園都市生活 Vol.60[雑誌]
 
0457-10 (新丸子?武蔵小杉) 東急東横線・みなとみらい線 各駅停車 東急9000系

0457-10 (新丸子?武蔵小杉) 東急東横線・みなとみらい線 各駅停車 東急9000系

 
#331 新丸子「三ちゃん食堂」
 
プレミアムパスポート 武蔵小杉・元住吉・新丸子・武蔵新城

プレミアムパスポート 武蔵小杉・元住吉・新丸子・武蔵新城

 

 

【今週のラーメン3511】 燻製麺 燻 (川崎・百合ヶ丘) 特製燻製醤油ラーメン 〜燻しの中に、真面目と真摯と優しさも溶け込む・・・極上崇高朝ラーメン!

こんなところに朝ラーがひっそりあるなんて!しっかりしてるなんて!
 憂鬱な土曜日の夜、もうすでに休みが減ってゆくことにプレッシャーを感じ始めて、眠れません・・・。ちょっと下げモードに入りすぎるときは、次どんなラーメン食おうかと考えを切り換えて気分転換をいたします。チビチビとウヰスキーを舐めながら探していたら、あっという間に30分が経過。もうそろそろ諦めようと、神奈川県の朝ラーメン情報を最後にググったところで、偶然見つけたのが、こちら「燻製麺 燻」さんです。なんと・・・基本情報が「無休」「営業時間 7:00〜24:00」「百合ヶ丘駅すぐ」。とのこと。食べログRDBの先人レビューを斜め拝読しても、実にいい感じ。これは奇跡的な出会いかもよ!ならばと朝ラー目掛けてぶっこむこととしまして、速攻で就寝いたしましたー。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091025j:plain

 
 
 そして朝になって安心したのか少し眠りすぎて、家を出る計画が30分ずれた!電車のつもりが急に邪魔臭くなってクルマを飛ばします。早朝の都内って凄く道が空いてて気持ち良いね!一気に駆け抜けた。コインPだってガラすきだし爆安だ!ちょっと開店時間を過ぎてしまってやれやれとたどり着けました。しかし・・・・こんな張り紙が(愕然)。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091028j:plain


 
 まあ、臨時休業よりマシだ。と思って一旦、百合ヶ丘駅前で時間つぶしすることに。しかし・・・おいおいどこもそれらしい店が開いてない?。コンビニでドトールが開店するまで待ち、ドトールでカフェオレ飲んで体を温めて、新聞読み倒してから、ようやく重い腰を上げて再訪問すると・・・漸く営業開始してました。きっとお忘れなのか「準備中」のままだったので「営業中」にひっくり返して入店です。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091036j:plain

 
 
 
 
 
麺が燻製されているんじゃなく「たれ(カエシ)」が燻製しているんだわ!これは面白いあっさり香ばしさ!
 
 「燻」とあるから「燻し銀」のような店主・・・例えば「寺島進」のような想像をしてたら真逆で、とても優しそうでにこやかな方から、いらっしゃいませとお声がけ!。よくよく券売機の隅まで見てなかったんだが、麺を選ぶシステムなのを説明受けて、取り急ぎ今の気分で適当にお応えしてして座ります。座席全部には、お盆が備わってて、目の前各全部にうんちく書きが備え付けられてます。ブロガーとしてはこういう情報がありがたい。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091029j:plain


  

 テーブルセットも各席全部に同じ配列で、同じものが備わってる。そして後から気がついたが、お盆はカウンターに置いてあるのではなく、固定設置されているので動かない。「うわーーーーー几帳面!!」。いわゆる「ブレ」を認めない性格なのか?だったらそれは職人気質としてナイスですな!。そんなことを考えてたら後客が入ってきて、どうやら地元の人みたい。一緒のロットで生産され提供を受けたのが、この麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091034j:plain

 
 
 おおお!特製らしき派手さはないようだが、質の詰まったようなプレゼンスは見事ですよ!。素朴のようでもあり、また馴染みのようでもあり。朝ラーメンとしてなら十分すぎる迫力ですね。関西オリジンのオレとしては、朝の食事に青ネギがあるだけで嬉しくなっちゃう。チャーシューもなかなか控えめに見えますが、分厚めででかい。まるでスマホが丼に浸っているのかと思えるサイズ感。色々よく見ればツッコミどころ満載!
 

f:id:TOMASSOON:20181202091047j:plain

 
 
 まずはスープを啜ってからが面白かった!。麺顔の第一印象で、すっかり燻製のことを忘れていたのだが、スープの一口めで思い出した!。円やかで実にあっさりとした醤油スープと、情報整理しようとしていた頭にアラームが鳴り響きます。燻製が深い。見た目裏腹に、甘みのある芳醇な香ばしさ!!。あっさり醤油味に燻製がこんなにも合うとは知らなんだ!。それにしてもどこから来るんだこの燻製の香りは・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091046j:plain


 
 ここで店の「うんちく書き」が頼りになりました。屋号が「燻製麺」とあるから、ひょっとしたら麺を燻たか?という見方ありましたが、まさかそれはあるまい・・・とは思ってた。具材に燻製を効かせたものが汁に溶け込むとか、香味油に燻製の何かを混ぜたか移したかとは想像してました。答えは「カエシ」にありました。そのままうんちくを並べますが・・・・
 
 「かえしは醤油に牡蠣出汁、鯵煮干、鯖節等を加え、じっくりと煮込んで寝かせたものを燻製にしました」
 
 ・・・とのこと。燻製チップの種類までは企業秘密みたいー。なるほど言われるとすごく心が晴れる!。流石にオレの駄舌では、牡蠣はわからなかったけど、煮干し系の甘さは鯵とか白身魚の類いだとは想像してました。節系はカオスになると存在感が薄くなるので分からないのは仕方ないけど・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091042j:plain

 
 
 「ひょっとしたら・・・あんたも関西人?」そんなことをまた、うんちく書きで思ってしまった。カエシの次はベーススープの素性ですが、これは文句ない鶏ガラの煮出しぶり。実に優しいので朝の目覚めたばかりの胃袋には嬉しい限り。ストレスかけて煮込んだ感じは一切なく、上澄みのようなスッキリさが印象的な鶏ガラの脂感です。その素材はうんちくによると、「近江鶏・近江黒鶏・近江軍鶏」とのこと。また米は滋賀県コシヒカリなど、言葉が踊りますから、滋賀県人なのでしょうか。急に親しみが増す。
 
f:id:TOMASSOON:20181202091043j:plain
f:id:TOMASSOON:20181202091030j:plain
 

 
 
 
菅野製麺所:4種の麺から選べるシステム・・・真面目さゆえの決断任せがむしろ良い!
 
 スープにもこだわりありますが、麺はもっとこだわりがあるご様子。4種類の麺から選べることとなっております。内訳としては・・・、
 
「A:国産小麦とライ麦の全粒粉麺」
「B:モチモチな多加水手もみ麺」
「C:全卵使用の中加水たまご麺」
「D:ザクザク触感の低加水麺」
 
 いずれも菅野製麺所謹製でありましょう。ご店主によれば、厳選に厳選を重ねた上で、4つが絞り込まれたが、ここから先を一つに絞りきれない優柔不断が、こういう麺選択のシステムになったとか。ちゃんと説明を読むとストンと腑に落ちます。今回は、量は食えないと思ったので、質感だけ濃厚に味わおうとD:ザクザク触感の低加水麺」を選びました。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091040j:plain


 
 所謂「淡麗煮干しそば」系でよくお目にかかるタイプですな。また菅野製麺所自体が煮干しで有名な店でよく見かけるようなイメージもあります。これは期待通りの出来栄えで、白い地肌のストレート細麺は漆喰のようにきめ細かくて張りがあり、ツルツルとライト感覚で滑ってゆく。そして前歯を立てて力を入れると、パツッとした明快な歯ごたえがあって、朝の寝ぼけも目覚める気分にさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091039j:plain

 
 
 今回は腹が減ってたので、汁が麺に浸透するよりも早く食いきってしまいました。とは言ってもゆっくりと汁に馴染む部分は味わいに影響し、炭水化物と出汁エキスの結合する甘みある美味さは、また格別です。スープの燻製風味と、麺自体の小麦風味が一気に合わさる刹那が、今回の旨さを表現する一番のポイントでしょうか。噛むと香り自体を食っているような錯覚を起こさせます。また燻製に気をとられがちですが、ベースの鶏エキスとの浸透もsばらしい訳で、腹持ちよさげなずっしり感をしっかり伝えます。
 
 

 

 
 
むしろ肉には燻製かけずフレッシュな味わい!豚肩ロースのデカさと柔らかさと味わい深さは逸品!
 
 肉が素晴らしい!。さぞや肉にはどんな燻製が効いているのかと思いきや・・・肉には燻製はあえて効かせず。フレッシュなうまさを堪能します。そこまで燻製に染めるとしつこいからなんでしょうか?。丼の底から大きくハミ出て見えるでかい肉2切れ。と思いきやそれらは一つに繋がってました。箸で引き上げると、写真よりも見た目や印象がでかいーーー。まるでひと昔前のスマホか?と思うほどの分厚さ。そして最新のスマホか?と思えるほどの表面のデカさです。
  
f:id:TOMASSOON:20181202091044j:plain
f:id:TOMASSOON:20181202091038j:plain
 

 
 しかも柔らかい。分厚い肉を折り曲げると素直に曲がるし、閾値でバクリと割れて繊維質の柔らかさを思い知ります。そこをもう一度スープに沈めて、割れ目から汁を吸わせてからまた引き上げていただく。噛むと汁がスポンジ吐き出しのように染み渡る一方、その吐き出しの汁は肉のフレッシュな味わいも全体に伝えます。やはり豚の脂身の甘さはラーメンには必要ですな・・・・。燻製の香ばしさと、豚の甘さがしっかりと融合。このデカい肉にはそんな繊細さと大仕事をやり遂げる役目がありますねー。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091041j:plain

 
 
 
 
味玉にハズレなし!・・・相模原産小川鳳凰卵が軽い燻しで和む味わい!
 
 隅から隅までこだわりますねーご店主(嬉)。鳳凰卵というブランド卵で、卵かけご飯もオススメのようです。それにしてもすっかりTKG(Tamago-Kake-Gohan)が一般的になってしまいましたね。DAIGOの社会影響の結果なんでしょうか・・・。そんなこだわりな卵を、今度は薄めに燻製を効かせているとのことです。
 

f:id:TOMASSOON:20181202091037j:plain


 
 ほんの軽い燻製なのでしょうね・・・私には卵の味わいの濃ゆさの方が優って、そちらに神経が集中してしまいました。特に卵黄がトロトロでオレンジ色が濃ゆい。出汁の浸透もありましょうがそれはライトで、むしろ本来の深みがしっかりしているという印象。出汁の薄めでライトな漬けが実にテクニックか計算高さとして伺えます。これは旨い!昼飯だったらTKGも行っとくところ!。
 
 
 
 
総じまして「燻しの中に、真面目と真摯と優しさも溶け込む・・・極上崇高朝ラーメン!」
 
 ・・・と言う感覚絵しょうか。いやいや・・・「日曜日の朝」というラーメン的には不活性な時間帯と、このロケーションでよくぞここまで質実なるラーメンを提供してくれるものです。この店は大切にしなければなりませんな。比較的厳しいロケーションと思われますが、ここは稚拙ながらこの場で大いに宣伝させていただきたいと思います。そんな感じで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20181202101659p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 百合ケ丘駅新百合ケ丘駅

 

ゲッターズ飯田の五星三心占い2019年版 金/銀の鳳凰

ゲッターズ飯田の五星三心占い2019年版 金/銀の鳳凰

 
百合ヶ丘 feat. 鬼

百合ヶ丘 feat. 鬼

 
ハートもエースも僕のもの 百合ヶ丘学園 (カクテルキスノベルス)

ハートもエースも僕のもの 百合ヶ丘学園 (カクテルキスノベルス)

 

 

【今週のラーメン3510】 らーめん太陽 高円寺店 (東京・高円寺) らーめん 〜いつまでも大切にしたい庶民の味!ワンコインでお釣りが来るボランティア拉麺!

まだまだ息づくワンコインラーメンの現役脈動感が素晴らしい!
 今年の師走はきついぜ。昨年なら修羅場乗り切ったら、自分にご褒美 だとうそぶいて、帰り道にとっとと有名店へ行って崇高なラーメン食って「うっひょー!」なんて叫んでたはず。しかし今年は、もうすぐにでも家に帰って自分の部屋で、一人ほっとしたい気分が強いのです。精神的に追い詰められて、なんかヤバいオジサンになってきたような危機感あります。家に電話して、夜遅くに飯作れ・・・とも言えないし、かと言ってコンビニで侘しくしたくない。中央線で揺られている最中、さてどうしてものかと一人眉間にしわ寄せて悩む・・・
 

f:id:TOMASSOON:20181203185144j:plain

 
 
 「高円寺 純情商店街」の看板が車窓の隙間から見えた!そうだ!あの店だ!「らーめん太陽」へ行こう!。その店は駅から近いうえに、町中華的な気軽さがあって、老若男女こぞってやってくる不思議なラーメン屋です。サラリーマンのオヤジと、アニメ好き少女がカウンターで並びながらタンメン食いあう光景がフツ―。そして違和感ない。また応援したくなるのは、スタフさんの平均年齢の高さ。オレの親とそう変わりないご年齢にもかかわらず、いきいきとしてるのがいいんだわ!。そして微妙に冷たくとても優しいような・・・ツンデレ感もありなむ。
 

f:id:TOMASSOON:20181203185149j:plain

 
 
 「あ?お一人様??・・・すみませんがこちらへ・・・」とのたまわれ暗がりのテーブルに案内されるが、そこにあった従業員のお荷物を、あわててかたす(爆)。全く気にしないのだが、いい歳したオッサン(オレ)がぼそっと、この店で一番安ーーーーーい「らーめん」を注文すると、それを嬉々として受けて厨房につたえるのだ。480円(税込)のラーメン。それでいて量産的でない。材料の原価率は多少感じるが、ラーメンのそもそもを再認識するなら、ここでこれを食うべしです。
 

f:id:TOMASSOON:20181203185148j:plain

 
 
 
 
確かに煮干の風合い〜!妙に塩気と化学的に合うから旨いね!
 
 隣の中野は「サブカルチャー」感満載なのが分かるが、高円寺も少しその余韻を感じる。この夜は、ロリータ一歩手前なご衣裳の女性が(少女とは言わぬ)、カウンターで辛味噌タンメンをガッツリと食っている。そのそばではジャンボ餃子で晩酌してるオヤジがいたりして、ナイス・ミスマッチング。それをフツ―の出来事のように覆い包む大衆中華屋の空間は、まさに魔力的ですな。いわゆる「オバちゃん」と呼びたいフロアの中心的スタフさんは、看板娘と呼ばせていただきましょう。いかなる集団や個性豊かな客人でも、まるでテトリスを操るかのように、適当なようで上手に座席へと促し埋めてゆく。雰囲気が魔力的だと、スタフも魔術的だな・・・。そんなテトリスの部品的な存在のオレに、かなり早めに配膳が進んだのがこれです。
 

f:id:TOMASSOON:20181203183844j:plain

 
 
 おおお!シンプル・イズ・ベスト! シンプル・イズ・コンフォータブル!。写真では分からんでしょうが、かなり片隅で暗がりなため、少々画像は明るめの加工をさせてもらいましたがあしからず。そんな暗がりショットでも、このスープの透明感となかなかの質感と思いませんか?。480円で全然残念感がありません。むしろお母さん的なやさしさを映すハートフルらーめん!。常連はこれの大盛りを「ラー大」と告げてましたが、いえいえ十分な存在感ですよこのままでも。高円寺周辺だけ、物価がタイムスリップしているのかもしれせん。
 

f:id:TOMASSOON:20181203183853j:plain

 
 
 嗚呼満足!食う前から(笑)。そしてゆっくりと食う行動を起こしましょう。まずはレンゲでスープですが・・・おや?今日は味がしっかりしてる。と言うか分かりやすいね。個人的にはこちらは昭和スタンスの薄味あっさりらーめんが主体。煮干の投入量を謳っておりまして、煮干しの旨みがナチュラルに感じる大衆系な味なのです。以前、そのあまりにもあっさりな味わいに、心無い通りすがりの客が「誰も気づかって言わないけど、本当はうすいよ!」と言って立ち去った出来事を思い出しました。あれはひどい言い方だったな・・・いまでも思い出す。それを気にしてるわけでもないだろうが、とにかくこれなら、あの通りすがりでも納得いくはずだ。
 

f:id:TOMASSOON:20181203183855j:plain

 
 
 確かに煮干の旨みは、塩気でひきだせる。旨みを「煮干しでPUSH」するなら、さらに「塩気でPULL」する旨みという図式ですか。良くできてると正直思いました。また単純な塩気でもなく、人工的な調味も感じますがそれ自体も上等ですよ。とにかくこの夜は満足度が高かった。
 
 

 

 
 
三河製麺:モチモチ感と吸い込みによるソフトな歯応え!格安でも満足ボリューム!
 
 体感、140~150gの麺量。スープまで飲み干すなら大盛り必要なし。厨房の奥には三河製麺の麺箱が積まれてました。一昔前の食堂やフードコートの麺とは一緒にしないでほしい。街中のラーメン専門店と同等で、しかもこの価格というのが奇跡。ワンコインでおつり来るのですから。配膳したての麺は、しっかりと峠越えのアルデンテを感じ、湿りながらも風味を感じます。ずるずると啜りあげると、滑る層がありますが、多少の湯切りの甘さはご愛嬌。むしろそれが触媒になったように、麺をまとめ、汁を呼び込むのです。
 

f:id:TOMASSOON:20181203213110j:plain


 
 噛むと淡いモチモチ感。でも細麺だから太麺よりは密度高めの設定だと思う一方、熟成度合も感じます。このスープ自体があっさりだから、とてもグルテンの風合いがナチュラルに感じ取れます。ワンコインの幸福には過ぎる麺かと。
 

f:id:TOMASSOON:20181203185145j:plain

 
 
 
 
複雑な脂のさしと繊維質が噛むとズレて解れる面白さ!レトロチャーシュー旨し!
 
 腕肉と言う部位。これもそう??。複雑に入りくんだ筋繊維と脂のさし。よく出汁に使われていたようなイメージですが、その後のトッピングへの転用が素晴らしい一品です。現代では二郎直系で見かける程度でしょうか。ラーメンの高級化の波に、プレゼンスが淘汰される肉かもしれませんが、どっこいここ「らーめん太陽」では、バリバリの現役選手で、応援団多数です。
 

f:id:TOMASSOON:20181203185146j:plain

 
 
総じまして「いつまでも大切にしたい庶民の味!ワンコインでお釣りが来るボランティア拉麺!」
 
 ・・・と言う感覚でしょうか。最近のラーメンは、美味しすぎてラーメンを越えてしまっている。またそれに疲れたかも?と感じているなら、一度ここでこれ食ってリセットしてみませんか?。見直すと言うより、教えられたような一杯です。もしご興味があるならぜひ!。すんません、今日は疲れてますのでこれで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181203213359p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみたよ!

関連ランキング:ラーメン | 高円寺駅新高円寺駅

高円寺文庫センター物語

高円寺文庫センター物語

 
高円寺 古本酒場ものがたり

高円寺 古本酒場ものがたり

 
高円寺

高円寺

 

 

 

【今週のラーメン3509】 メンドコロKinari (東京・東中野) Ra-men 山椒 白醤油 + 純米吟醸 奥の松 〜繊細なる味の色表現の見事さ!まさに4K8Kクラスの質実ラーメン!

全く個人的な感覚では・・・2018年度は地味に「山椒ブーム」だったような気がする
 師走になると、2018年のラーメン活動を振り個人的に返ったりいたします。私的には2017年は「冷やし中華」回帰が印象的で、2018年は一転して「冷しラーメンが完全に一般化」したようなラーメン事情と思ってます。そんな中、今年は一年を通して地味に「山椒のラーメン」がプレゼンスを表しているのが印象的です。

 

 
 一番わかりやすいのは「麻婆ラーメン」の浸透。数年前なら探すのに一苦労だったものが、今では楽に探し食べられる。一般的に意識されたのは「新潟麻婆ラーメン」の東京進出でしょう。大衆町中華の片隅にあったこの一品も、注目されたら嬉しいです。そしてもう一つ、さらに地味にファンを獲得しているのが「和山椒」。痺れではなくて、香りある刺激として捉えたような山椒テクニック。詳しくは以下にてまとめてみました。

 

 

 そんな中、完璧に見逃している山椒ラーメンを、今更ながらピックアップします。それがこの店この一杯です。「Kinari」は四季毎にメニュー見直しをしておられるようで、この「山椒 白醤油」は秋から定着化したメニューと記憶(間違ってたらごめん)。それが冬にも引き継がれたので、今回食い逃したリベンジを兼ねて行ってまいりました。実は最近、新所沢の同店新店舗を訪問したばかりで、そちらの影響意識も働いたのが本音ですがー。
 

f:id:TOMASSOON:20181202134620j:plain

 

f:id:TOMASSOON:20181202134615j:plain


 
 
 
大人の休日の過ごし方・・・純米吟醸「奥の松」
 
 とは言っても、せっかくの休日なのだから酒だ酒!まず冷酒だ!!。ハートランドもいいんだが、どうも朝から曇り空で冬気分な天候なので、寒くてならん。今回は冷酒とさせてもらいましょう。福島県の二本松にある蔵ですね。近年、賞を獲ったりして妙に覚えています。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141258j:plain

 
 
 純米酒の野趣を残しつつ、吟醸なりのキレも持ち合わせるバランスの良い酒。辛口にもズドンとくる重みがあるようで、キレがあるとは矛盾しているようす。なんだが、そんなアンバランスのようなバランスの良さが、純米吟醸と一般的に呼ばれるジャンルの良さなんでしょう。サービスのアテをつまみながら食うとまたうまし。鶏胸肉のコンフィを整形した時の端っこかのかな?。純和風な酒に妙に華やかな液浸透があり、合わせて食うと和魂洋才のような旨味あり。
 
f:id:TOMASSOON:20181202141300j:plain
f:id:TOMASSOON:20181202141259j:plain
 

 
 
 
琥珀色の白出汁醤油に、和山椒のフレッシュグリーンが染み入る美味さ!ほのかな日本の味風景が見事!
 
 店内は、案外狭いのだがスペースの使い方がとても旨い。グループ客の大小で器用に対応可能なテーブル席がナイスでして、学生4人組のガヤガヤ客から、小さい子供連れのファミリー、しっとりカップル客、そしてオレみたいな単独ラヲタまで器用に運び入れます。それでいて案外待たされ感がないから、ちょっと感心しました。コートをかけるプチクロークや、ベンチシートがスペースの有効性を発揮してますな・・・。最近、改装の見積もりとったから、ちょっと店の作りの方が気になっただけー。そんな興味本位爆裂なタイミングで、配膳が完了。それはこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141301j:plain


 
 おおお!これは和の穏やかさや落ち着きを一面に感じさせますが、肉の色気といい、山椒の散らばりといい、洋風装いも感じられる。今のトレンディさにズッポリハマっていると感じつつも、その完成度には息を呑む。和山椒は汁に浮いているか溶けやすくなってるかと思い込んでたら、なんと肉の上ですよ。それだけに、スープにも肉にもこの影響が楽しみに思えます。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141302j:plain

 
 
 さて・・・肉の上の山椒どうしようか。一応半分だけ箸で山椒を払って汁へと投入し、ちょとだ間を置いてスープを楽しみ始めました。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141303j:plain

 
 
 前半は白出汁、白醤油のまろやかさを存分に堪能です。もっと透明感あると思ってたら、しっかりめの琥珀色ですね。透明感にはうっすらと霞がかってまして、それだけにエキス感を連想させます。そして和だしの中でも、昆布類とか節系の乾物旨味が芳醇なのがわるような気がしてきた・・・。白醤油なりの輪郭丸めのカエシ感覚も想定内。鶏ガラエキスの豊かさがしっかりとありますが、鶏油とか派手な色気がない。鶏系よりも魚介系の旨味が微妙に過半数を超えたか・・・そんな味風景です。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141305j:plain


 
 そこにゆっくりと和山椒風味の溶け出しを感じ始める!?。山椒だから痺れないわけはないが、もともと刺激よりも香りが得意な山椒ですから、汁に溶けると生き生きと能力を発揮します。柚子のような果実系のフレッシュさを併せ持ちながら、洋風スパイスの身の詰まったような香ばしさもキープしており、鼻腔を抜ける雰囲気は華やかさがずば抜けている。しかも低刺激。もはや山椒はスパイスではなく「出汁の素」と化してます。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141309j:plain


 
 しかし、「はんなり」として「ほのか」な山椒風味だから、味が段々と慣れてきます。刺激を感じなくなるのが少し早いかも。そうなればオススメはテーブルセットの市販七味を少し入れることでしょう。一種のカンフル剤にも似た効能で、刺激が少し蘇ると共に、七味の風味がプラスされて微妙に味変化が生まれます。これは最早、関西うどんの出汁ですな。産まれの京都では、実は山椒好き・七味好きな人が多く、庭で山椒の木を植えては葉をもぎって冷奴や丼物やうどんに入れてたもの。七味だって山椒が生き生き。だから山椒ラーメンにオレがハマるのかもしれません。
 
 

 

 
 
湿りしつつもほのかに渇きと風味を感じさせるストレート細麺!汁を吸って迫力進化の美味さの勢い!
 
 麺がまた旨い。いわゆる中加水のストレート細麺と思われます。ねり水の個性は極めて低く、粉の風味感をストレートに伝えるところが旨さの本質。表層がうっすらと透明感ある滑りです。中は芯があるのかと思って、千切って見ると、アルデンテが今まさに消えゆくといったイメージ。湿り気と乾いた風味が入れ替わる瞬間のようです。そこですでに汁の浸透が始まってます。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141306j:plain


 
 前半は残り香のような麺の風味、グルテンの風合いを楽しみますが、中盤以降は汁と麺が一体化した旨味が高まります。炭水化物だけでは旨さに限界があり、おかずやふりかけがあってシフトアップするもの。そんな瞬間に食欲が刺激されると感じてます。おかずやふりかけには、動物系タンパク質や各種アミノ酸が含まれているので、新たな刺激を受けるのは当たり前ですな。そんな味風景の下克上が、ラーメンの汁と麺の関係にも展開されているように思えてしまう。ほとんど病気な発想ですが・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141307j:plain


 
 
 
ピンク色した肉地肌に、フレッシュグリーンの粗挽き和山椒の散らばりに味の錦を見る!
 
 中学か高校で、色環というのを習った覚えがあります。確か赤と緑は真逆な色合い。確か補色関係って言ったっけ。白と黒のようにコントラストを強く感じさせる相性だと記憶してます。学術的には「合わない組み合わせ」でしょうが、ファッション的にはこれが「刺激」と捉えられ、また広告宣伝の世界では「高いメッセージ性」と捉えられうようですな。私の普段のプレゼンで使うパワポでは、絶対に使ってはいけない禁忌な組み合わせなんですが・・・・。その爆裂な組み合わせが、このレアチャーシューと和山椒クラッシュの間では調和している。こんなに長閑なコントラストが、この世の食べ物の中にあったのだろうか。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141304j:plain

 
 
 残ってた山椒を落とさずに、そっとレアチャーシューを食らう。嗚呼!!!痺れ低刺激とフレッシュな香味が駆け抜ける一方で、しっとりでレアな豚肩ロース肉の身と脂の旨味がこれを覆う。もし味の世界にもコントラストとうものがあるとしたら、山椒の刺激と、肉脂の甘み旨味の相性はまさにそれなのか!?。普段絶対に遭わない味がこれほどに超絶うまいのか!。もしも、ここに粟国島の塩がひとかけらあるとしたら、完全に完成して昇華しますな・・・・。
 
 
 これだけで終わりませんでした。隠れていたから気がつかなかったが、豚肉の下には「鶏胸肉のコンフィ」が備わっておりました。しかもサイズよりは肉厚ぶりがハンパない。それに汁を十分に吸いまくっており、オレが見つけた時には準備万全で、すぐ食えと待ち構えておりました。前歯を当てて軽く力を入れますが、その瞬間に肉繊維がプチプチプチプチプチプチ・・・と避けてゆき、その後奥歯で噛んだらスポンジのようにジューシー。まじかよ!・・・、実はこの時、「奥の松」が一番回ってた瞬間でしたがー。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141308j:plain


 
 
 
総じまして「繊細なる味の色表現の見事さ!まさに4K8Kクラスの質実ラーメン!」
 
 ・・・と言うしかありませぬな。唐突な例えですが、ちょうど妻子が買え買えとうるさいもので、あしからず。でも細かい味風景の表現や計算が見事だし、味の移り変わりもしっかりわかる。唐突だったが、そう外れてもないと思うのだが。ま、今年一年の山椒の振り返りもできましたし、来て食って本当に満足です。そんな・・・はや来年へと繋げる気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181202141645p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 東中野駅落合駅中野坂上駅

 

奥の松酒造 特別純米辛口 1800ml

奥の松酒造 特別純米辛口 1800ml

 
奥の松酒造 純米大吟醸 1800ml

奥の松酒造 純米大吟醸 1800ml

 
奥の松 あだたら吟醸 720ml

奥の松 あだたら吟醸 720ml

 

 

【今週のラーメン3508】 中華そば きなり (埼玉・新所沢) 味玉肉増し赤味噌そば + 清酒八海山 〜突き抜ける味噌の芳醇!ぶちかます鴨肉のお祭り状態!酒じゃ酒じゃ昼から酒が合う味噌拉麺!

久しぶりの埼玉ラーメン活動〜なんだが東京のラーメン追ってみた
 

 

 駒込から東中野へ移転して、今度は新所沢に新店舗開業と知って、早速週末に遠征してみました。同じ味なら東京でも食えるのだけど、それをわざわざ遠くに出かけて食いに行く。これぞラーメンヲタクの典型的な習性ですな。しかも開店前に並ぶと言うなら、かなりのヘビーラヲタ。そんなヤツそうそうおらんやろと思ってたら、30分前に到着したら、軽く6名は行列発生ですよ・・・。埼玉のラーメン熱も恐るべし。そう言うオレも、実はあまりにも早く現地に来すぎた。なので時間を持て余して駅の改札前にあったQBハウスで軽く散髪をしてから向かったのですが(爆)。オレも全くバカで、また同じ失敗を繰り返してしまった(瀧汗)。
 
f:id:TOMASSOON:20181201115617j:plain
f:id:TOMASSOON:20181201115524j:plain
f:id:TOMASSOON:20181201115522j:plain
f:id:TOMASSOON:20181201115523j:plain
 


 
 ここはきっと居酒屋の居抜きだね。駅の西口はまるで居酒屋銀座のような路地が続き、昨夜の喧騒が過ぎ去った気だるさが、まだ雰囲気の中に感じられます。そんな雰囲気の中の行列発生なので、「一体何の行列なの〜?」って通りすがりの人も目を丸くしてます。開店時には20人以上は並んだか。開店フィーバーとは言えもはや有名人気店。少しみなさんの参考になればと思います。
 

f:id:TOMASSOON:20181201115511j:plain

 
 
 さて何を食おうかねぇ今日は。「きなり」と言えば駒込時代は塩が大人気だったんだけど、東中野では白だしが評判良く創作系もいい感じ。メニューを見ると、これまでの系譜では見慣れない「赤味噌」の表記があったので、今回はそれでいきましょう!もちろん冷酒も合わせる。お馴染みのブランド八海山と合わせて楽しみましたー。
 
f:id:TOMASSOON:20181201115521j:plain
f:id:TOMASSOON:20181201115520j:plain
 

 
 
 
大人の休日の過ごし方・・・「八海山」雪解け水と魚沼の天地が創る清酒旨し!
 
 嗚呼、八海山は旨いねー。特に吟醸でもなくレギュラーの八海山です。いわゆる醸造アルコールが入ったやつなんだが、これが実に侮れない旨さ。冷えた温度感も絶妙で、キリリと辛口味わいにピント合いつつ、料理の甘みを損なわせないシャープさがいいね。後味がよく腹が膨れすぎてラーメンが食えなくなる心配はありません。
 

f:id:TOMASSOON:20181201115518j:plain

八海山 清酒 1800ml

八海山 清酒 1800ml

 

 

 
 アテのチャーシューのカケラも程よい相性で、ラーメンができるまでの刹那を埋めるには絶対王者の存在感です。酒1合とちょうど釣り合うボリューム感と味の濃ゆさ。いい肉はラーメンだけでなく、酒にも合うという証拠ですな。最近疲れているから、たった1合で程よく酔いが回りました。旨し!。
 
f:id:TOMASSOON:20181201122323j:plain
f:id:TOMASSOON:20181201122322j:plain
 


 
  
八丁味噌のコク深さを香味油薬味で旨味演出!味噌だけでないカオスなエキスが芳醇!
 
 店内に入るとご店主一人のオペレーション。6席を小気味好く回しておられます。ふと見れば、カウンターの上部にある部分に食券が並べてあるが、全員味噌(笑)。現時点では味噌が一番人気のようです。駒込時代のことを懐かしく話されてるお客もおられ、本当にこのお店が好きな方なんだなと感じ入る。ご店主と懐かしそうでもあり、今後のことを頼もしく会話されてました。・・・こういう方はラヲタと呼ばずラーメンファンと呼びたいよね。果たしてオレにはそんな真摯な姿勢があるのか?悩み始めていたところで配膳が完了です。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20181201122320j:plain

 
 
 おおお!味噌よりも肉のすごさに正直目が行くし感動するかも!。ベースのチャーシューは3種のレアチャーシュー系で、豚肩ロースに鶏胸肉。そして鴨肉ではないか!。しかも中心部は「鴨肉オンリー」でして、このサービス精神が素晴らしくて泣ける。そしてようやくスープに目が行くが、コク深そうなダークな味噌ブラウンが実に空腹感をそそりますやん!
 

f:id:TOMASSOON:20181201115517j:plain

 
 
 辛抱しきれず震えた手でレンゲから出汁を味わう。ううう・・・うめぇ・・・。店のうんちく書き説明から八丁味噌とは知っており、すっかりその頭で味わい始めたが、独特の熟成深いコクはそのままで、しかも塩気が実にマイルドに仕上がっている。見栄えよりもかなりマイルドであるけど、決して薄くなっているわけじゃない。別の旨味がさらに加わって、むしろ深みが増し、カオスぶりがハンパないのです。
 

f:id:TOMASSOON:20181201122318j:plain


 
 見た目でわかる「ゆず皮」のエッジングは流石にわかるな。味噌の出汁にゆずが合うとは、知識では知ってても実際に食うとでは違う。濃厚感の隙間にふく清涼感が、全体の旨さをシフトアップさせます。しかしもっと旨味が溢れている。例えば香味油がプカプカと表面に浮いているのがわかるけど、それはおそらく鶏油と思われ、味噌の塩気に隠れているけど、明るい色気を味風景に彩ります。またラード系の油膜も見て取れるような・・・。カメリア等の上品なものだと思われ、コクだけでなく甘みも加えているようです。
 

f:id:TOMASSOON:20181201122312j:plain

 
 
 まだまだ語り尽くせぬ味噌スープの余韻。後半にやや柔らかさが出てくるのは、麺から吐き出される炭水化物の風合いが結びついたものか?。また一貫して香味油の余韻のように感じるのは、甲殻類の旨味なのか?。姿は見えねどいろんな味と出汁のカオスがここにあります。
 
 
 
 
 
三河製麺:微妙にランダムにボコボコする中太麺!微妙に味噌煮込み的に汁を吸い込む旨味!
 
 味噌そばの麺は、醤油と塩の麺とは別みたい。やや水分を含んだ中加水系のようなモチモチ感があり、汁系にしては出汁の浸透がとても深い。そのため、中太い麺だけど味噌味お浸透がすごいのだ。どうもこれには理由があるようで、どうも一旦鍋で麺とスープを短時間だけ煮込む?ようなイメージあり。一旦、雪平鍋で麺とスープを一つにして短時間茹で、そして麺丼に移し変えているようです。手が込んでる。
 

f:id:TOMASSOON:20181201122314j:plain

 
 
 だからとても多加水と言ってももちもちというより、ふわふふわとしたイメージの歯ごたえです。締まりはしっかりあります。風合いもそれなりに強く残ってるので濃厚めの味噌味スープを、がっつりと受け止めてくれる。
 

f:id:TOMASSOON:20181201122313j:plain


 
 微妙に平打ちのようでもあり、捩れ麺のようでもあり、ボコボコした形状がいいね。味噌ラーメンにはこういう素朴さ感じるフォルムがよく似合います。多少太くても味噌を吸い込んでるのでしなやかだし、ズボボボボっとすするとボコボコ感が軽くタッチして駆け抜けてゆく。喉越しもしっかりシルエットを残し、食べ応えと印象を深く残すところもすごいね!。
 
 
 
 
 
鴨の謝肉祭か!?デフォルトもすごいが、三種の肉のパレード状態の特製状態!
 
 鴨肉3枚が連なるのか!すげー鴨を名乗ってる訳でもないメニューが、鴨肉祭り状態でっせ!。鴨大好き「カモ星人」としては興奮を抑えきれない。しかも美味い。薄味のようで鴨の脂身が野趣を感じさえつつ濃密な甘みを醸し出す。そこをあえてカオスな旨味溢れる八丁味噌のスープへ短く沈めるのだ。色や半生風合いが消えない程度の短時間だけ。少し濡れた味わいで食うが・・・これがなんとも言えず美味い。その直後に八海山を口の中へ流し込んで、洗うかのように後味を楽しむ。ああ・・・最高の週末〜!。
 

f:id:TOMASSOON:20181201122317j:plain


 
 肉増しでこんなに喜んだことは、数少ないような記憶。3種の肉トッピングでサイズも厚さも申し分なし。現代のラーメン事情では、2種チャーシューも相当珍しくなくなってきて差別化が難しくなってるかも。低温調理の半レア系は一巡した感じだし、鶏胸肉もかなり見かける。どちらも平成ラーメン時代の最後を彩る名開発なんだけど、この上にさらに追加されたのが「鴨肉」です。なんて素晴らしい!
 

f:id:TOMASSOON:20181201122316j:plain

 
 
 
 
普通に終わらないトッピングの絶妙さ!お揚げと春菊の味噌相性の良さが光る!
 
 まだまだツッコミどころ満載な一杯。穂先メンマは、約15年前関西転勤時代のラーメン屋で初めて見たときはひっくり返そうになった。しなやかな歯ごたえもいいが、メンマが自ら前向きに汁を吸い込むなんて・・・。味噌のカオス旨味がここでは浸透して、淡白な味わいと濃密な味わいのマッチングがうまくて震えそうでした。また青菜に春菊を選んだのはナイス。近年になって春菊もラーメントッピングで珍しくなくなったかもですが、水菜の生産量の伸びと同じくらい、お目見え度が増えたんじゃないかな。
 
 
 
 個人的には「お揚げ」がとてもナイスでした。本当に小さめで控えめすぎるサイズですが、味噌スープをばくばく吸い込むお揚げは、麩よりも存在感大きく、またお揚げのエキス自体が出汁成分になって、お鍋の具材でも食っているような満足感を与えます。これは追加料金払っても良いから、大きな揚げをこの汁で食ってみたい!。
 
 
 
 
味玉にハズレなし!:程よい出汁の浸透によるナチュラルな卵味に甘みを含むジェル状態旨し!
 
 すっかり興奮しまくって、味玉にたどり着くまでに脳みそが相当汗をかいてしまいました。気持ちの中で汗をぬぐって気を落ち着けて食らいますが、なかなか出汁浸透が深くて芳醇なうまさ。濃密になりすぎることなく、熟成感がほどほどで、玉子本来の味わいをキープしてます。卵黄が少しトロトロ気味で、少しスープに溶けますが、味噌スープなら溶けても濁りが気にならんのでしいいね。白身は均一の薄く染まっており、出汁濃度の調整が見事な証拠となっております。旨し!嗚呼・・・今回も味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20181201122311j:plain

 
 
 
 
総じまして「突き抜ける味噌の芳醇!ぶちかます鴨肉のお祭り状態!酒じゃ酒じゃ昼から酒が合う味噌拉麺!」
 
 ・・・という感覚でして、単に酔っ払いオヤジ状態ですが、本当に満たされ具合がハンパない。これはまた食いたい、是非とも食いたい。むしろ東中野でも同時展開してくれんかと期待!。そう言えば・・・東中野もご無沙汰。近いうちにまたそっちにも行きます!とにかく今日はいい気分!このまま気分変わらんうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20181201175121p:plain


 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 新所沢駅

 

まるや八丁味噌 有機赤だし八丁味噌 500g

まるや八丁味噌 有機赤だし八丁味噌 500g

 
三河産大豆の八丁味噌

三河産大豆の八丁味噌

 

 

【今週のラーメン3506】 東京ガブリ豚 (東京・中野) パクチー油そば+ハートランドビール中瓶 〜とにかく明るくライトな感覚!今風アレンジ感じる武蔵野油そば?

中野に新たな「油そば」の伝道師になるか!?
 とある金曜日の夜・・・疲れ果てた。空腹感と疲労感がせめぎ合い、とっとと家に帰って風呂入って寝ようと思いつつ、このまま一日が終わってしまうのが悔しい気分もありなむ。また微妙に空腹感もじわじわと感じだして、どうしたものかと悩みつつ中央線の揺れに身を任せて考えておりました。新宿を過ぎて中野へ向かうときに、中央線は大きくカーブするんだけど、このカーブが大好き!。特に南側(下りだと左側)の車窓が好きで、列車がやや大きめに傾きながら、西新宿の高層ビル群を遠めに巻き取るように走るのです。その流れる風景がとっても好き。鉄道ヲタクだったら、私は乗り鉄に分類されるのかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075047j:plain

 
 
 日課のように中央線のカーブを楽しんだあとは、腹がへったのだった。もうあれこれ店を悩まずにいきたかったので、「中野大勝軒」か「中華そば青葉本店」かで決めた。ですが、久しぶりなのもあって後者を選択。とっとと中野駅北口暫定駅前広場を抜けて、青葉へと向かいましょう。すると以前北海道系ラーメンがあった場所が、がらりと改修されて全く別の店が入ってた!。しかも「油そば」専門店。本当にこういう系統は、東京西エリアに増殖したよなーって思いつつ通り過ぎるつもりでいた私ですが、妙に引っかかってしまった。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075030j:plain

 
 
 だって「パクチー」の文字が券売機に踊る!。そして「ハートランドビール」が置いてある。何と言う緑色の誘惑なのだ!!。本当にもうこれだけで反応して、無意識に行動し、食券を購入し、気が付いていたら席に着いていましたー。この時間にガッツリ食うと、また腹回りが苦しくなるんだよな・・・・。しかし誘惑に負けてしまった。いやパクチーの誘惑ががそもそもいけないのだ。私はある意味被害者なのだと思いつつ、しっかりと大盛りを頼んでおりました(汗)。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075032j:plain

 
 
 
 
大人のオフタイムの過ごし方・・・ハートランドビール
 
 おおお!ハピネス!!。まさにハートランドは人生パートナー。この安らぎはエバーグリーンなのだ!。欲を言えば・・・・専用とは言わんが、お冷と同じグラスでは飲みたくなかったが。そことっても大切なポイントだと思うのよ。オヤジ世代はうるさくてゴメンね。きっと手早く提供してあげたいという気持ちだったのだと思うけど。
 

f:id:TOMASSOON:20181130195630j:plain


 
 
 
ライト感覚を謳う油そば!ハードル低めでウケやすさアリアリなのだわ!
 
 面白いことに、客層はすべて学生風ばかり。明治大学もこの付近にキャンパスあるからねー。ガツガツと食ってるイメージを想像するのは昭和的発想なのか、非常におとなしく油そばをゆっくり啜り食って、スマホと対戦している方が多い。うちの息子と同じだなーと思いつつ、もうそれが普通になってるのだと深く感じました。いい悪いは野暮だからイワンのバカ。そんなタイミングで配膳を受けたのがこんな感じです。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075037j:plain

 
 
 おおお!都内で良く見かける汁なし系に匹敵する明るさ!。しかし勘違いすること勿れ、明るいけど質実とした丁寧さは如実に感じますよ!。パクチーの鮮度も抜群!そして麺のアツアツぶりの熱気を通して感じるパクチーの風!!。気分はモンスーンから一気に亜熱帯!。この丼の中だけは、武蔵野亜熱帯気候な旨さが凝縮しているように感じます!。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075553j:plain

f:id:TOMASSOON:20181201075608j:plain
f:id:TOMASSOON:20181201075506j:plain
 


 パクチーの痛快に感じるけど、タレを確認しだすと香味油のコクが広がります。鶏油のまったりしたコクもあるように感じますが、カメリアラードのような上質ライトな甘味、ピーナッツオイルのような香ばしさも感じますが、これらはすべて妄想の世界。ハートランドが酔わせた頭で感じたことなので、戯言です。しかし、それと合わさる醤油ダレがとてもクリア。重さがまるでない。否定的ではなくて「とっても馴染みやすく、ハードル低目と感じさせるライトさ」がありありです。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075417j:plain

 
 
 
 
実はあたりまえのアイテム「酢」と「辣油」がポイント!そこに「フライドオニオン」をぶち込め!
 
 お好みで「酢」と「辣油」を入れて混ぜ合わせるのではなく、デフォルトのように当たり前で入れてくれと、この店は伝えてます。だったら最初から入れてくれ??ってのは汁なし系・油そばでは野暮かもしれません。特筆すべきは、「酢が酸っぱくない」「辣油が刺激すくないくてスッキリしている」ということで、ライトな醤油ダレと非常にマッチします。なのでこれは一般的な武蔵野系油そばの味わいとは別のイメージ?。女性でも、初心者でも、子供でも、油そばデビューならこれが最適でしょうね。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075036j:plain

 
 
 そして絶対に「フライドオニオン」を多めに入れましょう。思切って多めにいきましょう!。ここに辣油を少し垂らすなんてのも戦略に合ってます。玉ねぎの香ばしさと甘味を、タレに浸透させるように・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075428j:plain

 
 
 
 
 
並盛・大盛・特盛まで同一価格!明るくモチモチとした感触がいかにもウケるか!
 
 本当に罪だぜ。特盛まで同一料金なんて。思わず特盛をお願いしそうになりますが、敢えて控えても「大盛り!」と嬉しそうに笑って答えている自分がゆるせません(笑)。この時点ですっかりと元気を取り戻してたもので・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075043j:plain


 
 これは実になじみ深い麺かも。多加水中太麺で、緩やかなウネリと捻じれがあろうとも、基本的にはストレート麺です。半分透明感すら覚える色白さが素敵。潰しこみや密度感は低めで、前歯ではプツプツスパスパと小気味よく、奥歯ではクチリと短く、切れて潰れます。汁なし系だから、香味油でコーティングされてその上にタレが混じりますが、油が貼りついている間は、タレも同じように絡むようす。乳化する前の水と油ははじき合うのですが、麺に貼りつきやすいという性格は同じなのでしょうかね。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075044j:plain


 
 このタレの貼りつきに、パクチーが絡む。そしてフライドオニオンが容赦ない。麺はライトなフィーリングでも、まわりのキャラクターが味と歯応えの色合いを高めます。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075045j:plain

 
 
 
 
ガブリ豚がデフォルトで入っているものだと勘違い・・・ご注意を!
 
 店名になってる「がぶり豚」は、いわゆる特製でしかお目にかかれないのでした。てっきり・・・・パクチー・インだとしても950円だったら小さいのでもいいから入っているものと思い込んでた。でもちょっと考えてほしいかも。パクチーは問題なかったのだが、短冊切りのチャーシューとメンマが、思いっきり日常風景に感じてしまいました・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181201075516j:plain


 
 
 
総じまして「とにかく明るくライトな感覚!今風アレンジ感じる武蔵野油そば?」
 
 ・・・と言う感覚でして、これはトッピングや盛り等で、多角的な発展の可能性ありです。かと言って何でも二郎系にしてしまいがちですが、新たなガッツリ系がそろそろ生まれてもいいはず。どこの店もそれを実現してないので、ぜひいろいろ工夫と研究と努力・・・・そして時代感覚を磨いて獲得していただきたい。金曜の夜というタイミングでしたが、快調な滑り出しの店かと。中野は競合も多いので切磋琢磨してください。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20181201080252p:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:油そば | 中野駅

 

S&B きざみパクチー 38g×5個

S&B きざみパクチー 38g×5個

 
アジアンテーブル かけるパクチー 75g×2個

アジアンテーブル かけるパクチー 75g×2個

 
フジフードサービス タイプライド パクチーペースト 180g

フジフードサービス タイプライド パクチーペースト 180g

 

 

【今週のラーメン3505】 中華そば 梟 (東京・蓮沼) アジ煮干中華そば + 肉増し + 懐かしの固ゆで玉子 〜復活のフェニックス的ふくろうの羽ばたき!レトロとコンテンポラリー裏腹な二面性崇高中華そば!

知らぬ間に復活!フェニックス梟!!
 蓮沼の「梟」さんが休業という知らせがあり、嗚呼・・・やはり負のスパイラルが切れんのかと、寂しさを噛み締めておりました。駅から近いし旨い店なのに、実に残念で不思議。そういうオレも訪問頻度を上げて貢献しきれなかったのだが、と罪意識です。ところが暇に任せてツイッターを眺めていたら、再開を知りこれは実に嬉しかった。早く行かねばと思いつつ、ようやく実現できました。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125412j:plain

 
 
 お昼休みの後半になんとかたどりついた蓮沼。早速店前に行くと暖簾代わりのTシャツが揺れている。ああ本当に完全復活だと喜んで入店します。すると先客1名、後客1名でなんとなくまだ寂しい感じ。ご店主から「空いている椅子を使ってお荷物置いてください」と伝えられたが、そんなに満席になる心配はないということか?。不思議だ、旨いのに・・・・この時点から応援気分です。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125322j:plain

 
 
 実は「辛いそば」で最後は飯割をして楽しむつもりでしたが、中華そばが「アジ煮干」という冠がついて以前とはちがうのか?そんな興味から、急遽予定変更して「アジ煮干中華そば」に決定。そして売上貢献しましょう!と「肉増し」と「懐かしの固ゆで玉子」も追加いたしましょう。さらに飯系も追加したかったのですが、最近食が細くなってしまいきっと食い切れないので、それは辞退ということで・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125324j:plain

 
 
 
 
アジの甘めの煮干感に透明な醤油感!薬味が実は上品に響くのだ!
 
 今回はあまりにも天気が良くて暖かいから、蒲田から歩いてゆきました。全然行ける距離ですね。商店街を抜けたり、線路沿いを歩くとラーメン店がはやり多いのを実感します。一駅移動すれが随分と落ち着いた街並みに変わるところも実感。この一駅の距離感で、客入りにこんなに影響するんでしょうかね。ますます応援気分です。そんな気分高まるところで、タイミングよく配膳が完了。それがこんな麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125325j:plain


 
 おおお!これはなんとも心憎いね!ダイナミックな肉感ありつつも、全体的には穏やかな馴染みを深く感じさせる落ち着き。肉の質感が艶めかしい一方で、スープの柔らかく落ち着く醤油ブラウンが魅力的。そして何と言っても深く渋く光る味玉が、存在感を放っておりまして、写真でみるよりも実物ははるかに旨そうです!
 

f:id:TOMASSOON:20181128125326j:plain

 
 
 まずスープからですが、確かにアジ煮干をかんじさえる「柔らかい甘み」が分かりやすい。アジの白身由来のすっきりした甘味が支配的ですが、鮮魚系とは言いませんが、意外にも魚感もしっかりと受け取れます。ニボった苦みは皆無で、これは広く受け入れられる魚出汁という感じ。鶏豚のエキスは仄かでもしっかりと感じる部分もあり。魚強めのミックス出汁というイメージでしょうか。
 
 

f:id:TOMASSOON:20181128192023j:plain


 醤油の明るい輪郭も奥に隠れてますね。どうやら「にほんいち醤油」のようだった記憶!?。ゴクゴクと飲み干すと鼻孔を駆け抜ける風味が、一部カエシの輪郭を感じさせます。さらに注目したいのが薬味です。薬味が溶けるだけでかなり食べやすくなるだけでなく、崇高にも思える!。これはネギも頑張っているけど、細かく刻んだ茗荷の効果が絶大かと!。この清涼感がネギにも響き、そして煮干の素朴感を一気に洗練させてゆくようです。いや・・・薬味は侮れませんよ!。
 

f:id:TOMASSOON:20181128192024j:plain

 
 
 
 
しなやかそうで淡いクッシリ感を保つストレート細麺!大衆的なようで用品かも
 
 少し湿ったような「渇き」が芯に残るイメージがいいね。全体的にしなやかな腰つきで、スパスパと切れ込む密度が低めな感覚です。その分しなやかさがキープされており、まとまりとすすり上げがとても楽しく感じます。加水としては中レベルなストレート麺。歯で千切った断面を視認すると、見た目には芯があるけど、感覚としては淡いクシクシした感覚で、奥歯で潰して味わいました。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125355j:plain

 
 
 基本的にこれは汁を吸わせて楽しむタイプですね。出汁エキスとグルテンの風味が一体化した旨みがいい感じ。細かい茗荷の微塵が、この麺にも貼りついたりひっかるので、所々旨さが弾けるかも。これは汁なしでもなかなか使えそうなイメージなのだがね・・・・。今後ラインナップの増加を期待したいところですな。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125408j:plain


 
 
 
うわ!悶絶の極上低温調理チャーシュー!夜なら酒を必ず合わせたい!
 
 ここも低温調理がすばらしいね。肩ロース肉はサイズも優雅だが肉厚な感じもあって食べごたえがある。薄味好きなら絶対に気に入るかも。肉を折り曲げて繊維質にスキマをバックりと作り上げ、そこに浸透させたりして遊びます。折曲がった分厚い肉でも、カフカと千切れてストレスなし。肉味とスープの旨みがジューシーに広がり、格別な豚肉として楽します。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125351j:plain

 


 

 一方鶏の胸肉も絶品。周囲に伺えるペッパー感がいい風味を感じさせて、少し洋風な味わいも楽しませてくれる。これも繊維質がしなやかでフカフカパフパフな歯応えですが、豚よりもきめ細かいです。これは淡泊な味わいのままを楽しむのがいいと思います。例えば焼酎など辛口の酒と合わせたい雰囲気ありあり。これは旨いね。こんど自前で柚子胡椒でも持ち込んでみようかしら・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125352j:plain

 
 
 
 
改めて懐かし味感じるレトロ味玉!固ゆでの旨さを思い知る!
 
 故きを温ねて新しきを知る。そう!今更ながらこれが斬新さを思うほどに旨い。近年、トロトロ卵黄の色気にノックアウトされてきましたが、スカスカに渇きを覚えるような卵黄には、実は出汁が深く滲んでいて、湿り気のある白飯と一緒に食えば最高に合いそうです。以前ご店主のTwitterを拝読してたら、「辛いそば」の残り汁に白飯を投入し、そこにこの固ゆで玉子を放り込んで、ぐちゃぐちゃにしてみると旨いんだそうです。これ実に魅力的でして、本当は今回これをやりたかったんですよね・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181128125409j:plain


 
 私なりのこの固ゆでの食べ方だと、3ステップでしょうか!
 1)そのまま最初はかぶりつく。乾いた風味を味わいながら、スープを口に流し込む。
 2)割れ口にスープを少しだけ沁み込ませ、半分湿った状態で味わう。
 3)最後に残った欠片をレンゲで受け、たっぷりスープを掬い合わせて一気に食らう
 
 特に2)のステップでの味わいが面白い・・・・。「固ゆで玉子」のブームが来ないだろうか!。
 
 
 
 
 
総じまして「復活のフェニックス的ふくろうの羽ばたき!レトロとコンテンポラリー裏腹な二面性崇高中華そば!」
 
 ・・・という感覚でしょうか。シンプルなメニュー構成ですが面白さ味わい深さは多面的。こちらはおやつタイム過ぎても営業してるようなので、これは通し営業的に使えて更に嬉しい。引き続き定点観測をさせてもらいます。そんな応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 

f:id:TOMASSOON:20181128165633p:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 蓮沼駅蒲田駅矢口渡駅

 

にほんいち醤油 二段仕込 (有機再仕込醤油) 500ml

にほんいち醤油 二段仕込 (有機再仕込醤油) 500ml

 
日本一 国産有機濃口しょうゆ 500ml

日本一 国産有機濃口しょうゆ 500ml

 
岡直三郎商店 冨士晃 たまりしょうゆビン 500ml

岡直三郎商店 冨士晃 たまりしょうゆビン 500ml

 
にほんいち とうがらし醤油 500ml

にほんいち とうがらし醤油 500ml