ラーメン食べて詠います

ご訪問いただきありがとうございます。仕事の合間や、休日余暇を利用してラーメン探訪をつづけております。ラーメン食べて感じる、小さな喜びやストレス解放を、最後に詠って締めくくりますー。

【今週のラーメン4743】 中華そば みたか (東京・三鷹) チャシューワンタンメン + 半熟玉子 + サッポロラガービール 赤星 中瓶 〜何度食っても飽きない素朴な質実さ!ノスタルジーが極まり逆に斬新!三鷹にみたかあり!

やっぱり夜の「みたか」は馴染むね!
 
 へろへろ気分で疲れ切った土曜日の夜。そのまま焼鳥屋で酒食らって帰宅しようと思ったが・・・妙に「みたか」の地下空間が恋しくて、またまたやって参りました。どうせ混んでると思いきや、エアポケットのように空いてて、サクッと吸われたもの、直後に満席行列発生。ナイスタイミングでラッキーでしたが、今日はここで食えという運命だったのかもしれません。今日も疲れて時間がないので、レビューは簡単にいたします。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223840j:plain

 
 
 
<酒> サッポロ赤星!マイ定番麦酒!ズシリと響く苦味の後の軽やかに滲む甘味余韻!休日夜を盛り上げる旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211120223753j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223749j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223750j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223751j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223752j:plain

 
 もう完全に全自動対応。席に案内されると赤星出される準備を感じます。赤星を目にすると、パブロフの犬のように「チャシュー皿!」とオーダーしてしまうオレです。ま、マイ定番麦酒には違いないわけで、ズシリと響く苦味の後の軽やかに滲む甘味余韻!休日夜を盛り上げる旨さ!特にこの店では、この銘柄と酒心中しても良いとすら覚えます。あゝ、やっぱり来てよかった・・・今宵の赤星は気分的に一味違うのだった。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223754j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223755j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223756j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223757j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223758j:plain

 
 
 
<チャシュー皿> 魔法と思える醤油ダレと調味料の塩気!刻み葱が響き豚肉とメンマの旨味に染みるぜ!

f:id:TOMASSOON:20211120223801j:plain

 
 まだまだ、この店を知り尽くしたようでは無かったようです。前回は、古参の常連さんの真似してワンタン追加をさせてもらったが、チャシュー皿に「あたため」というコールがあるのを初めて知りました。チャシューを盛り付ける前に、ラーメン用のベーススープに軽く平ざるに置きつつ沈める様子。へぇー・・・それ絶対にうまいがな。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223759j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223800j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223802j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223803j:plain

 
 調味料の塩気も馴染みやすく、あたためて脂が甘味も増すし、ほのかにベースだしも染みるだろうし。また機会見つけて真似しよう。今回はチャーシューワンタンメンだったので、温かい肉はそっちで堪能予定。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223806j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223807j:plain

 
 
 
<全体> ノスタルジーさ極まり寧ろ今となって流行最先端?肉と雲呑!出汁と麺が実に素朴!実にオヤジを楽しませる麺顔!

f:id:TOMASSOON:20211120223823j:plain

 
 ここ数年、昭和ノスタルジーなラーメンが再認識されつつあるように思えるのは私だけ?。流行って周り回るってよく言うが、マジでそんな周期を感じるこの頃で、特にこの店の一杯は、最近迫力すら感じます。レトロと言うか、ノスタルジー感覚いっぱいで、豚肉とワンタンが特にそう。味玉じゃなく玉子をそのままってのも印象的ですな。古き良き時代の一杯って感じがありありで、出汁はすっきり濃ゆめの醤油ブラン!だけどライト。そして隙間から覗く麺の風合いは、後述するけど実に独特!。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223746j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223747j:plain

 
 
<スープ> 野菜と昆布が実にふんだんな旨味!穏やかな豚煮出しに醤油が優しく浸透する旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211120223815j:plain

 
 ライト醤油な味わいですが、尖りは全くなし。これまで散々語ってきましたが、野菜と昆布の溶け込みが実に豊かで、とっても優しい味展開なのです。醤油ダレと白い調味料の投入シーンが大胆に映るので、塩気を先行して感じがちだが・・・これは実に円やかな旨さ!。麺の風合いが移るだけでなく、ワンタンから滲む炭水化物の甘味も染みる展開です。それを煮豚の出汁感がバックアップ。今回も飲み干してしまった:汗。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223814j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223813j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223812j:plain

 
 
 
<麺> 自家製麺!和蕎麦ライクな風貌にオーション感覚がちょい滲む?出汁を吸い込んでも全くダレずに風味感キープ!

f:id:TOMASSOON:20211120223820j:plain

 
 もう見たまんま和蕎麦ライク。でも蕎麦粉じゃない。香り高いが小麦の風合いです。オーションっぽい力強さも感じるようで、出汁がしっかり浸透してもダレた風合いは全くないし、甘味増して風味は衰えず。多少しなやかな腰つきになりましょうが、ハードさはキープです。これを肉!ワンタン!を巻き込み楽しみ尽くす!・・・そして次は半熟卵と戯れる。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223821j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223824j:plain

 
 
 
<玉子> 毎度定番の半熟玉子風に!割って麺に絡める楽しさ!熱感こもる熱々卵黄に思わず興奮!

f:id:TOMASSOON:20211120223825j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223826j:plain

 
 麺の湯で釜にポトンと生卵は落とされ、静かに短時間煮たところで平ザルで救い上げる。手法的にはポーチドエッグと同じです。薄く卵白部分に白い茹で上がりが生じ、卵黄は熱感がしっかり伝わって、熱々なコク円状態。そのまま出汁に溶かして月見状態は勿体無い・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223828j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223829j:plain

 
 私は、まず存分に麺に直接絡める主義です。麺に絡む卵黄の姿が素朴な風景の中に妖艶!。食えば旨さ質実です。あゝ、これたまらんわ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223831j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223832j:plain

 
 
 
<豚> チャシュー皿で食らうより熱感に出汁が染みて更に優しい旨さ!一気に爆食!

f:id:TOMASSOON:20211120223809j:plain

 

 

 豚バラ肉の切り落としで、何も特別な感じがしないんだが、なぜか真似できない不思議な豚肉。自宅で作れそうで作れないため、週末はお土産切り落とし肉が飛ぶように売れまくりのようです。醤油ダレにダイレクトに絡めて食らうもいいが、優しいスープに濡れて染まって柔らかみの生まれた脂身を潰すように噛み締める!それ最高に甘味を感じるようで好き!。なので・・・あゝ、一気に食い切ってしまったわ:汗。
 
 
 
<ワンタン> 豆粒肉餡が泣ける風合い!しっかり出汁を吸い込んだ皮が甘く感じる程旨し!

f:id:TOMASSOON:20211120223810j:plain

 
 ほぼ皮ワンタンのようで、ほんの僅かな豆粒肉餡が挟まれてます。面白いもので、その豆粒を奥歯で直接潰したくなるね。ちゅるちゅると滑る全体の感覚もあるが、割と「食べる皮」と言う感覚に近いか?。まるでワンタンも麺の一部のように、絡めてくらい、ビールで火傷しそうになったところを癒すように飲み干すのだった。やっぱりこの素朴なワンタンもこの店のアイコンだね。旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20211120223818j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223819j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223833j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223834j:plain

 
 
 
総じまして「何度食っても飽きない素朴な質実さ!ノスタルジーが極まり逆に斬新!三鷹にみたかあり!」

f:id:TOMASSOON:20211120223745j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。最近、三鷹周辺のラーメン店がテレビで特集されたのだとか。着実に拉麺プレゼンス高まる三鷹エリアですが、江ぐちの味を受け継ぐ正統派なここは中心的スポット!。若い人にこそ味わってほしい昭和ノスタルジーな旨さ!激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211120231020j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211120223839j:plain

f:id:TOMASSOON:20211120223838j:plain

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4740】 ホープ軒本舗 (東京・吉祥寺) チャーシューメン + もやし + 味付玉子 + 生玉子 〜旨さに時代関係なし!世代を超えて通じる旨さ!今も鮮烈なる王道東京豚骨醤油!

サクッと食らうつもりが・・・具材盛りまくりでボンバー気分!
 
 
 平日時間休暇取って、通院の後にユニクロとヨドバシ寄ってからの昼飯。パンツの裾直しの時間を利用して拉麺活動と言う流れです。ま、たまには古参の店に行こうか。吉祥寺だと・・・一圓、珍来亭、みんみん、そして旧ホームラン軒「ホープ軒本舗」ですな。何となく今回も、ホープ軒。へへへ・・・挙げた中では一番ガッツリ食えますからね!。サクッと食らうつもりが・・・具材盛りまくりでボンバー気分ですわ!。チャーシューメンは相場なんだが、何を考えたかモヤシ追加ばかりでなく、味玉に生卵まで勢いで追加してしまいました:汗。
 

f:id:TOMASSOON:20211118135238j:plain

 
 
 
 
<全体> 王道の東京豚骨醤油にモヤシが雄々しく盛り上がり更に肉マシの迫力!味付&生のW玉子!

f:id:TOMASSOON:20211118135224j:plain


 
 すっかり忘れておったか?こちら何気に麺が多い。茹で前200g。それにデフォでもモヤシはそこそこ多い。なのに100円相当のモヤシが追加投入。配膳の瞬間は正直ビビりました。おそらく茹でるテボ一杯分のモヤシ量。麺顔が異様に盛り上がって、そこにチャーシューがのりまくる迫力です。そして出汁は豚骨醤油!海苔は凛々しく三枚。あまりコテコテしたラード感ではないとは言うものの、ズシリとした感覚はありますね。古参なりの古臭さがあるどころか、今でも通じる迫力満点。やっぱり名店とはこういうことなのね!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211118135222j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135223j:plain

 
 
 
 
<スープ> 程よい塩気加減!ラードコクにモヤシのフレッシュさが混じりコク深く味わい易し!!

f:id:TOMASSOON:20211118135226j:plain


 
 薄く明るい茶濁のスープ感がナイス。豚骨「醤油」とは言え、シンプルなカエシの輪郭が、豚エキスのボディに突き刺さる感覚です。ひと口啜ると醤油の塩気でギュギュッと引き出された旨味にたちまちノックダウン。やっぱり旨いね。塩気の旨さとバランス感は相変わらずさすがと言う感じだが、妙な話・・・豚エキスの甘味にもやしのフレッシュ感も混じる様子。非常に単純なんだが、野菜の甘味だとか、ひょっとしたらこの部分が非常に旨さ注目点!。
 
  

 

 
 
<麺> 相変わらずのマイクロ縮れ!茹前200gの充実感!汁吸っても仄かに素地の風味あり!小気味よいスパスパ歯応えもナイス!海苔と肉を絡めまくり!

f:id:TOMASSOON:20211118135253j:plain


 

 細麺の中でも割と細め。しかも激しくも非常に細かいマイクロ縮れ。ズボボボボボーーーーーーっと啜りあげたいところですが、具材の多さが許してくれません。スープの持ち上げはあまり期待できずですが、それがいい!。汁の吸い込みがいいんです。加水は高くも感じるようで素地感もあり。見た目はモチリと感じさせるようで、実はスパスパと小気味よく切れるタイプですね。不思議とボソっとした感触も幾分か含まれるようで、豚骨醤油系の出汁にすごくマッチします。
 

f:id:TOMASSOON:20211118135254j:plain

 
 へへへ・・・今回は、大量のモヤシに麺が絡みまくるだけでなく、海苔!チャーシュー!そして生卵!全てにそれぞれ絡みつく展開です!。短時間の平日解放を激しく気分発散!
 
 

f:id:TOMASSOON:20211118135255j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 実は上質感バリバリの肩ローススライス!大判5枚分!程よく塩気を含んだ断面美しき肉文様!

f:id:TOMASSOON:20211118135229j:plain


 
 昭和のノスタルジー感じる屋号ではありますが、ここは令和の今でもしっかり通用するしっかり&しっとりしたいいスライス肉を提供してくれます。非常にきめの細かいロース肉。脂身やその差しが低く、肉本来の味がストレートに感じる。更に引き締まりもありつつソフトなタッチと歯応え!。
 

f:id:TOMASSOON:20211118135231j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135232j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135233j:plain


 
 意外に塩気を含んでいるのがナイスで、出汁に浸し直したりせずとも、もしビールがあれば、そのアテとして十分に通用。形状も美しいのでオードブル的に盛り付けることも可能なほどです。大衆的昭和レトロなラーメンチャーシューとしては、個人的には非常に上品です。チャーシュー追加・・・絶対激しくオススメ!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211118135256j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135257j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135258j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135259j:plain

 
 
 
 
<モヤシ> こんなにモヤシが爆盛だったとは!これぞ嬉しい悲鳴!熱々シャキシャキ感覚存分に!

f:id:TOMASSOON:20211118135234j:plain


 
 実はこんなに多いとは想定外。渡した食券が厨房奥に通って、その行先を遠目で眺めると、テボにドサドサっとモヤシが投入されて茹で釜に投入。ああ、きっと他の客の分と合わせてモヤシ茹でてるのだろうと思って見てたら・・・・何と!一杯に全入され、私の目の前に配膳されたのでした。麺も標準で多めだから、少し焦ったわ!。 
 

f:id:TOMASSOON:20211118135235j:plain

 
 モヤシってのは・・・・とってもシンプルなトッピングですが、とっても迫力。軽くひと掴みした程度のモヤシが、チャーシューの下に押しつぶされた掛け布団のように、たんまりと存在!。出汁で塩気メインな全体味風景の中で、優しく染みとおる清涼剤のような存在感です。以前は割と見た目よりクタっとしてる感覚だったが、今回はシャキシャキ感覚と熱々感覚がしっかり!。うううう・・・これを知ると、毎回ここではモヤシ増しをしてしまいそう!。激しくオススメ!
 

f:id:TOMASSOON:20211118135236j:plain

 
 
 
 
<味付玉子> まさに昭和の旨さがタイムリープ!固茹で卵に沁みる豚骨醤油の塩気!割って出汁に沈めて崩して旨し!

f:id:TOMASSOON:20211118135227j:plain

 
 昭和を感じる固茹で玉子。スープの元ダレを貴重とした味わいが表面を染めます。灰褐色のようで優しい色合い。割るとスカスカ気味な卵黄が、見てるだけで懐かしいです。昭和の昔はご馳走感覚・・・。多少スカスカとしてる卵黄をしっかりとスープに沈めて湿らし、崩れさせながら食らうと・・・嗚呼懐かしい旨さです。固茹で卵に沁みる豚骨醤油の塩気!割って出汁に沈めて崩して旨し!。まさに昭和の旨さがタイムリープ!
 

f:id:TOMASSOON:20211118135300j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135301j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135302j:plain

 
 
 
 
<生玉子> 豚骨塩気がより一層マイルドに昇華する生玉子!細縮麺と絡む姿が妖艶にして旨し!

f:id:TOMASSOON:20211118135228j:plain

 
 味玉があるのに生玉子を追加投入。気を利かせてくれて、味玉の隣に生玉子の投入です。これを追加するのは二つの意味があって、まず「豚骨&塩気を円やかに」と言うこと。塩気が効いたまま食らうのオツなのですが、関西オリジンの私は月見風に溶かして見たいのです。
 

f:id:TOMASSOON:20211118135303j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135304j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135305j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135306j:plain

 
 そして「麺に絡める楽しみ」と言うこと。卵黄と白身をあまり混ざらない状態で、麺と絡めるのです。卵黄も卵白もそれぞれ別々に絡まるのが面白い旨さに発展でしょうか。
 

f:id:TOMASSOON:20211118135307j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135308j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135309j:plain

 

 
 
 
<味変> 刺激を求めるなら・・・ホープ軒オリジナルの「唐華」辛旨さで引き締まる味わい素晴らし!

f:id:TOMASSOON:20211118135312j:plain


 
 せっかくですから、もう少し刺激が欲しい・・・そんないや辛抱さんには、特製唐辛子がおすすめです。フツーの粗い一味唐辛子かと思いきや、少々唐辛子自体ブレンド感がありまして、単にピリッと辛いだけじゃなく、妙に味わいってな辛さ刺激も楽しめます。くれぐれも入れすぎにはご注意を。出汁に溶けると、辣油感覚が後から湧き出たよう錯覚が生まれましょうか?。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211118135313j:plain

f:id:TOMASSOON:20211118135314j:plain


 

 
 
 
総じまして「旨さに時代関係なし!世代を超えて通じる旨さ!今も鮮烈なる王道東京豚骨醤油!」

f:id:TOMASSOON:20211118135221j:plain

 
 ・・・と言う感動!。今回は、レトロとかノスタルジーな味わいをイメージしての実食でしたが、途中からそんなの忘れてガッツリと楽しんでしまいました。若い世代に受け継がれてるのも頼もしい!。やっぱり吉祥寺で拉麺なら外せないシンボリックさを感じます。どうせ来たなら激しくオススメ!。旨し!なので・・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211118203212j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 吉祥寺駅井の頭公園駅

 

 

【今週のラーメン4735】 つけ麺 大武 (川崎・平間) 特製中華そば 中盛 + 辛味 + 玉ねぎ 〜汁そばも強くオススメ!デフォルトと辛味と玉葱で3倍楽しめる突き抜け感!川崎平間に注目拉麺スポット!

川崎平間に注目のつけ麺店!だけどやっぱり汁そばが好き!
 この半月の中で珍しく、コロナ以前のようにガッツリと朝昼晩と、終日出勤&外出移動です。ずっと最近自宅近辺で昼飯でしたので、実はちょっと嬉しかったりします。ところが、こんな時に色々あったり、列車ダイヤが乱れたりしてままならず。計画では久しぶりに、自由が丘の崇高煮干し&極上極太メンマをくらうはずだったが、今回はたどり着けずで南武線平間駅で途中下車です。へへへ・・・ラーメンヲタクも長くやってると、そんなリスクも考えているのさ。忙しい時に、マイナーな駅で、しかも近場でいいのが食えるとなれば、私の中では今なら「大武」さんですよ。つけ麺メインなお店なんですが、私はどうもここの汁そばにハマってしまった訳で、今回も前回と同じものをチョイスしてしまいましたわー・・・。本当は飲めるタイミングで来たかったけど、そう思うようにならんのが人生さ。
 

f:id:TOMASSOON:20211108192316j:plain

 
 
 
 
<全体> 相変わらずの肉肉しさ!そして全体から凛々しく感じる高質感!濃厚さアップ?滑らかで艶やかな醤油ブラウンが食欲をそそる!

f:id:TOMASSOON:20211108192319j:plain

 
 おおう!やっぱ特製!麺顔の過半数を覆う肉の蓋感がたまらんね!しかもどれも大判で肉厚で、整えられた感覚が実に凛としても感じられるではないか。そして具材の質感がどれもハイレベル。そして気のせいなのかスープの表情が、前回よりもエキス感が分厚い様子。脂がじっとりしてる様子です。基本的に醤油そば系なんだが・・・どうも単なる醤油そばとは言い難い。ゆったりとした濃ゆさがあり、少し黄色みがかった醤油の色合いは乾物の影響なのか。今回も気持ち新たにこの一杯と対峙させていただきませう。
 

f:id:TOMASSOON:20211108192307j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192301j:plain

 
 
 
 
<スープ> 芳醇を超えて分厚さ感じる豚エキス!濃ゆく円やか醤油!魚介乾物の甘味がとっても豊か!一口目からまったり感で魅了!

f:id:TOMASSOON:20211108192328j:plain

 
 今回の一口目は、動物感が分厚く展開するように感じます。豚肉というより脂の揺らめきがじっとりな様子。前回もそう感じたが、今回は微妙にパワフルのようです。それだけでズドンと腑に落ちる感覚が、食べ応えと頭の中で転換sれて興奮します。この感覚を・・・重いとは伝えたくないのだよな・・・。なのでこの分厚さは鶏にも通じると感じておりますが、駄舌ゆえに確信は持てませぬ。そして醤油が実に円やか!。塩気や酸味が溶けていようが、頭に浮かばないほど円やか!そして魚介系が溶けたような味風景。動物系の旨味に魚介が溶けているですが、鯖節じゃないのかと思ってしまいます。そして表層に微かに煮干のエキス膜が浮かぶ。頭の中では節一辺倒と感じるのですが、微かに見栄えに煮干しも感じる?。これはかなり構成は複雑!全体的に旨さの濃ゆい!。
 

f:id:TOMASSOON:20211108192310j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192345j:plain

 
 
 
 
<麺> 菅野製麺所!出汁を持ち上げるように絡みつく直細麺!クスクス歯切た後に甘味ある素地の風合い!出汁を吸ってからが特に旨し!今回も勿論中盛サービス!

f:id:TOMASSOON:20211108192343j:plain

 
 麺が旨いのよ。今回も風味と甘味が実に印象的。菅野製麺所と言えば素地の風合いをダイレクトに伝えるイメージ丸ですが、パツパツな加水低めなハードさは低めです。今回もクスクスとした歯応えの余韻に混じる素地の香りがいい感じ。奥歯で噛み締めると、出汁と麺の風味と旨味を掛け合わせて、甘味へと昇華!。あゝ今回も後半が旨い。出汁を吸い込みガチな状態からの甘味がいい!。浸透するスープ旨味を受け止めつつ、麺自体の味が濃くなる感覚があるのです。やっぱりこうなると具材を絡めて食らうとどれも旨い!。更に今回はそれで終わらない。具材を絡めるて楽しみ尽くすのはいつもの通りですが、今回は薬味を2種揃えており、それらと存分に絡めるのが突き抜けるほど美味い!。実は・・・・汁なし系・混ぜそばも、かなりポテンシャル感じるお店なのす。出汁と麺を味わっただけでも、ポテンシャルあるわ!
 

f:id:TOMASSOON:20211108192336j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192337j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192342j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 分厚い豚バラ肉は下味が深く染み入る脂甘味!豚肩ロースは分厚く赤身肉味を伝えて柔らかさ極まる!厚さ大きさ文句なし!ここは肉得意の店だわ!

f:id:TOMASSOON:20211108192315j:plain

 
 出汁と麺を食しただけでもハマってるのに・・・さらにここ肉が相当得意!。なんとも分厚い豚バラ肉が柔らかくて、これを箸で持ち上げると千切れるほどに柔らかなのだわ!。その分厚くとろとろ大ぶり豚ばら肉で、下味も出汁にすごくマッチ。ベースの醤油スープも絡んだ旨さが、酒も白飯もそそるように迫ってきます。肉味に魚介の甘味が加わって、唾液腺を刺激しまくって顎の量端が痛い:笑。ここに来たら絶対に特製して肉増をオススメです!
 

f:id:TOMASSOON:20211108192332j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192407j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192411j:plain

 
 あ、それだけじゃなく豚肩ロースも極上!。まさに赤身肉味を崇高に伝えるって感覚で、出汁に染まらずそれだけでも素材の旨さが塩気に混じって最高です!。親交させて頂いてる強者ラヲタ殿は、あえて別皿でこの肉を堪能し、ビールを合わせて堪能し尽くすという暴挙。オレも呼んでくれと心の中で叫んでしまいました:爆。あゝ分厚さも大きさも文句なし!繰り返しますが、やっぱりここに来たら特製にして肉増にしてしまいませう!。
 

f:id:TOMASSOON:20211108192305j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192333j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192330j:plain

 
 
 
 
<メンマ&青菜> ちょっとした高質感がナイス!見た目も味も麗しき!噛み締める歯切れの良さに素材の旨味をしっかり堪能!

f:id:TOMASSOON:20211108192339j:plain

 
 具材のどれも旨い!メンマもいわずもがな。ややスリムな短冊タイプで、醤油出汁によくマッチする印象で、出汁にとってもよく絡みます。下味ナイスで丁寧な短冊タイプ。ふにゃこり歯応え心地よいです。一方の青菜は、小松菜で色合いが良く歯応えと野菜らしい仄かな苦味が、スープに微かな清涼感を与えるようです。あゝ、これももっと増してみたい!
 

 

 
 
 
<海苔> 肉厚で粗めな海苔!出汁に崩れ易いが溶けにくい!風味が実に高く頼もしい風合い!麺に絡めて磯風味を楽しむ!

f:id:TOMASSOON:20211108192344j:plain

 
 海苔も妙に。肉厚で香りが高いのは通りといつも伝えるところですが、海苔の「目」が大きめで粗い。その目がいちいち風味深くて味わい深いのです。実に肉感厚がたまらん!。出汁に浸ると、目が崩れるのだが、決して溶けたりしない様子。なので麺に貼り付いたりすると、とっても味わい深く濃ゆく楽しめるのです。絶対に冷酒に合うタイプ。置いてくれ・・・冷酒を!。まぁ今回もまあ性懲りもなく、麺に巻き付けて巻き付けまくって食らい尽くしましたわ!。
 

 

 
 
 
<味玉> 白身は杏仁豆腐の如くプルプル!黄身は滑らかでシットリ!下味の柔らかさに卵黄の濃密さが深まる!味玉追加は激しくオススメ!

f:id:TOMASSOON:20211108192311j:plain

 
 味玉って、卵黄に気が行きがちだけど、最近「白身」の旨さも少し注目してる私です。力強さの卵黄に対して、優しさを感じさセル白身。特につけ麺の時より汁そばの方が、はっきり両者の旨さを感じます。白身の内側に深いところ・・・卵黄と接する部分がプルプルと緩いところが実に楽しい。時々杏仁豆腐に比類する柔らかさと感じます。そして出汁の旨さを素直に伝える部分であり、淡白な白身の風合いも下地として醸し出すような旨さ・・・実に素晴らしい仕上がりです。
 

f:id:TOMASSOON:20211108192402j:plain

 
 一方で卵黄は全体的にジュレっぽい仕上がり。これは平成令和となれば当たり前になって来たんだけど、濃ゆい液体が固まったようなジュレ感覚。一旦舌の上に乗せると滑らかさ極まります。下味やつけダレと混じって一体化する濃厚でマチュア風合い。やっぱり味玉追加は激しくオススメ!これで100円ワンコインとしては、値頃感ありです。
 

f:id:TOMASSOON:20211108192401j:plain

 
 
 
 
<玉ねぎ> この店看板の味変アイテム!甘酢漬けの紫玉葱微塵!分厚い豚エキスを和らげ醤油ダレと乾物の甘味に結合!

f:id:TOMASSOON:20211108192416j:plain

 
 さて「玉ねぎ」!50円だからと言って、単に刻み微塵と思ってもらっては困るのです。紫玉ねぎで、それだけで見栄えがいいんだが、実はこれ甘酢浅漬け。「酢」と言ってビビることはなし!素材の甘味を引き出す甘酢なのです。今回はちょっと濃厚に感じなスープだなと頭を掠めたとこでこれを投入!。単に中和と言う感覚ではなく、芳醇濃厚スープをさっぱりさせつつ、味を高めることハンパなしです。単価安いしこれ絶対に毎回トライすべしかと思います!。
 

 

f:id:TOMASSOON:20211108192406j:plain

 

 
 
 
 
<辛味> 高級七味のように香る辛味!和山椒の刺激柔らかく風雅な辛さ!出汁に溶かして崇高な辛さ!旨さ別物別格!絶対にやるべし!

f:id:TOMASSOON:20211108192318j:plain

 
 毎回追加オススメするアイテムばかりで、お前関係者かと疑われそうですが、決してそんなことはありません。これが旨い。いかにも刺激的ですが、尖る刺激がまるでない。マイルドな辛さですがキリリとした刺激があってナイス!。赤唐辛子の刺激もあるが、個人的には和山椒と勝手に感じる清涼感がすばらしいのです。濃ゆい生七味唐辛子のような妄想。これきっと・・・・汁なし系とかで試すと爆旨に変化すると思われます。芳醇濃密な醤油出汁との相性が抜群!。これを一気に溶かすと、また別のもの一杯に対峙したような、2倍のお得感!。
 

f:id:TOMASSOON:20211108192418j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192419j:plain

f:id:TOMASSOON:20211108192421j:plain

 
 
 
 
総じまして「汁そばも強くオススメ!デフォルトと辛味と玉葱で3倍楽しめる突き抜け感!川崎平間に注目拉麺スポット!」

f:id:TOMASSOON:20211108192308j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。少しづつ東京城南エリアから神奈川に関しては注目集めてる様子です。実は名店「玉」のご出身だったりするらしいので。行列店にならないのは、意外と店箱が大きいからか?。使い勝手よく旨さ確実なので超激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211108225423j:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211108192317j:plain

関連ランキング:つけ麺 | 平間駅

 

 

【今週のラーメン4734】 麺屋 さくら井 (東京・武蔵野市西久保) 特製らぁ麺(塩)つけ麺変更 + チャーシュー皿ハーフ + クラフトビール + 純米吟醸 帰山 〜自分史上最高の塩つけ麺!細つけ最高旨さ爆誕!カタ麺主義なら一回食っとけ!激しくオススメ!

いよいよ「つけ麺」本格始動!?自分史上最高の塩つけ麺でありましたわ!
 秋口から溜まりつつある代休を半日利用。ツーか毎週土曜日は確実に潰れるので、前もった憂さ晴らし気分の金曜日の昼下がりに、名店さくら井へとやって参りました。前回訪問して飲めなかったので、そんなリベンジを兼ねて。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162017j:plain

 
 さて、こちら季節限定で昆布水つけ麺を提供してるのは知っておりましたが、いつの間にか全メニュー(醤油・塩・煮干)のつけ麺変更が可能となっておりましたわ!。券売機には「つけ麺変更ボタン」までありましたので、ひょっとしてレギュラー入りか??。汁系ではもはや文句の付けようがないプレゼンスですからね・・・これにつけ麺が加わるとなると鬼に金棒状態なのか!。フツーに醤油にするには、以前食ったのとダブるので、今回は塩でつけ麺変更にしてみました!。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162016j:plain

 
 
 
<酒1> CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE!渋みと苦みが深くズシリとくる旨味!フルーティな麦酒酵母の余韻!

f:id:TOMASSOON:20211112162029j:plain

 
 はっはっは・・・今日は飲むぜ!すぐタイミングよく出されたのが、この店オススメのクラフトビール「CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE」。ビール通の「健やか@JR三鷹」御店主も推してたブランドで、味わいは確か!。ホップの苦みがしっかりと効いており、苦みをしっかりと伝えながらも鼻腔をくすぐるような華やかさ。それなのにズシリと味自体が濃ゆい。麦酒酵母の余韻と言うのか、微かな甘味が非常に心地よい!。それをフルーティーと感じてしまうのは妄想なのだろうか。もしも万が一、宝くじに当たって金持ちになったら、デカい冷蔵庫を買って、こんなビールで埋め尽くしてみたいもんです。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162031j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162032j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162033j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162104j:plain

 
<酒2> 純米吟醸 帰山!清涼感誘う仄かな酸味!純米らしい甘味しっかり!キレを感じる吟醸余韻!

f:id:TOMASSOON:20211112162030j:plain

 
 
 武蔵野市の浄水場近辺にいい酒屋があるんだけど、そこ仕入れなのか?。日本酒は全く疎いので蔵の名前も知りませんでしたが、いつもいい感じの純米酒を楽しませてくれます。初耳なブランドと銘柄なのですが、ラベルと瓶がちょっと気に入って選んでみました。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162115j:plain

 
 これ一升瓶とラベルのイメージと、注がれた酒のイメージが違う。ところが味わって見ると、味は一升瓶とラベルのイメージに合っているのだった。液体としての見た目は図太い様子。少し黄色みがかっているような感覚さえあります。あゝ、純米の重いタイプだと頭を掠めながら味わいますと、あらら・・・これまたスッキリ感と重厚感がナイスバランスやん!。清涼感誘う仄かな酸味!純米らしい甘味しっかり!キレを感じる吟醸余韻!。くいくいとイケるので調子に乗れそう!そして自宅だったらきっと悪酔いしてることでしょう。今年の年末は帰省する予定なので、これ買って帰ろうかしら。
 
 
<チャーシュー盛りハーフ> 遠熱で温まり蕩ける豚肩ロースと鶏胸肉!東京随一!隠し包丁も冴える極上柔らかさ!

f:id:TOMASSOON:20211112162019j:plain

 
 当然これ注文するよね。ここで酒飲むならば。相変わらずきめ細かく隠し包丁が入って超柔らかい肩ロース肉!。Twitterだったか知ったが、ちゃんとお肉屋さんに教えてもらったそうですよ。温めららた皿の熱でこの脂が緩み、口へ入れると舌の熱で蕩けるような展開が毎度たまらん。肉の脂旨味を感じたところで、序盤は麦酒、終盤は冷酒を流し込む人生最高に幸せなルーティン。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162105j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162108j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162109j:plain

 
 余計なところは切り落としてあるところもナイス。豚肩ロースや鶏胸肉も質感高い上に旨味が溢れるのが見て取れます。ここは柚子胡椒もお決まりアイテムで、主に鶏胸肉にねじり付ける。これがジリジリ感と肉甘味が共鳴し旨さの絶頂!。柚子胡椒好きとしてはたまりません。滋味な清涼さと芳醇な肉汁が実に一体化!。この肉とならば、酒は永遠無限大の楽しめそう。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162106j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162107j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162110j:plain

 
 
 
<全体> 肉豪勢さと出汁淡麗さが交錯するナイスバランス!麺線の美しさとつけダレの眩いエキス感!

f:id:TOMASSOON:20211112162025j:plain

 
 どうも写真が下手で伝わらないのですが、配膳された時は少し緊張感すら漂う凛とした雰囲気なのですよ。まず昆布水に浸りつつ美しく整う麺線。そしてつけダレは、透明感とじっとりさを併せ持つようで、動物感の余韻を感じさせながら、表層に軽く煮干し系の存在を感じさせる膜も浮かぶよ。そして特製別皿に供せられるチャーシュー2種。また再びハーフ盛りが提供されたのかと錯覚するほどです。ただ違いは、柚子胡椒の代わりに沖縄の海塩「ぬちまーず」が配せられてること。ううう・・・味演出が行き届いております。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162023j:plain

 
 
 
<つけダレ> 山椒刺激が程よく華やか!鶏出汁スッキリ乾物溶けこむ滋味深さ!食うほどに昆布水が混じってゆったり味変化!

f:id:TOMASSOON:20211112162021j:plain

 
 ひとクチ啜ってびっくりした。そう言えば、塩系は最近になって少しリニューアルしたと記憶してます。以前はホタテパウダーなど魚貝の旨味で塩旨味を引き立てる展開でしたが、最近は山椒の刺激が軽く溶けヴィヴィットな味わいが上品に滲む方向性です。それがしっかりと、つけダレに濃ゆめに感じ取れ主張する旨さですな。ここからは妄想ですが、山椒と言うより七味と言う華やぐ雰囲気もあるのが印象的で、京都生まれとしては心に響きますな。ベースは鶏出汁のあっさり感覚に少し鶏油系の分厚さもありなむ。そこに魚介がバランスして落ち着く旨さに変化し、塩気が少し補強して旨さの輪郭際立ちます。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162135j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162136j:plain

 
 昆布水つけ麺なので、食らい続けると次第に昆布水の溶け込みが増して来ますね。この昆布水のグルタミン酸が、つけダレ乾物のグアニル酸、動物系のイノシン酸に混じり合い旨さのカオスが高まるようです。冒頭では山椒が効いて痛快なイメージですが、この昆布水でゆっくりとマイルドな旨さに変化してゆくようです。旨さのグラデーションがそれぞれで味わえるので、つけ麺好きとしてはたまらんはず!。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162137j:plain

 
 
 
<麺> 三河屋製麺!整い極まる美しい麺線!つけ麺らしからぬクシっとハードな仕上げ!昆布水をじわじわ吸い込み風味と甘味をましてゆく

f:id:TOMASSOON:20211112162024j:plain

 
 これだよこれ!待ってたつけ麺。元来「カタ麺主義」な私。つけ麺ってのは、もちもち柔らか目なのを、流水冷水で引き締めるのが定番。引き締まったとは言え多加水な風合いで、そこがヌリチと感じさせつつ甘味を楽しむものでしょうか。ところが、この麺は、ヌチヌチどころか「クシクシ」と素地の風合いすら感じさせるのです。こう言うの、つけ麺であるようでないようなイメージで、他に思い出せないようです。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162123j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162131j:plain

 
 へへへ・・・この盛り付け、きっと三鷹・武蔵野エリアの有名店「健やか」さんの影響?はたまた教えてもらったのでは?。細つけ麺ファンとしては、こんな麺線の整いをされると写真に何枚も収めたくなるほど興奮してしまいましょうか。ライムの薄切りを箸でねじって回しかける。そして・・・まずはそのまま食らって素地を楽しんだあとは、塩を垂らすようにふって麺だけを味わいますが・・・塩をふったはずなのに、麺の甘味が逆に強まる「塩スイカ現象」ですよ。マジで塩だけで全部食えそう?。そんなこと決してしないけど。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162140j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162141j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162142j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162143j:plain

f:id:TOMASSOON:20211112162144j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー①> 鶏胸肉のコンフィタイプの低温調理!ふわふわ食感!淡白な滋味がタレを吸い込み旨さパワフル!

f:id:TOMASSOON:20211112162149j:plain

 

 

 今となっては、当たり前になってる低温調理の肉ですが、肉が蕩けたり貼り付いたりする艶かしい旨さは逸品。コンフィを感じさせる鶏胸肉が相変わらず見事です。ここにも細かく隠し包丁の技。淡泊な鶏肉の滋味が色合い感じるような明るい旨さが滲みます。胸肉も本来淡泊な味わいながらも、つけダレを潜らせて食らうと旨さが染みて旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162150j:plain

 
 
 
<チャーシュー②> 絶品豚肩ロースの低温調理!赤身の肉旨さと脂身の甘味に塩ダレが染みる!三重の旨味融合が素晴らしい!

f:id:TOMASSOON:20211112162148j:plain

 
 ツヤっぽくも艶めかしい生感覚がある仕上がりだったのが、微妙に熱入りが進んだようなイメージ。少し温もりがあるところが上手です。非常に細かく指す脂が溶け、全体的に甘味を感じさ、その旨味も含むので酒を進ませます。スープの中で泳がせると熱が入るので少し勿体無いと思うかもですが、包丁の隠し切れ目に出汁がまとわり着くので味わい深し!。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162159j:plain

 

 
 
<味玉> 薄めの乳白色だが下味の浸透深し!卵黄はねっとりジュレ感覚!マチュアで濃密な甘味と塩ダレ旨味がハイパーコラボレーション!

f:id:TOMASSOON:20211112162154j:plain



 

 薄出汁がしっかりとストレスなく浸透しており、形も押しつぶされたような部分もなく綺麗。つけダレに最初から浸っているので全体的に暖かです。それにしても美しい味玉。那須御養卵使用で、卵黄の濃密なオレンジ色に輝く艶めきには、出汁が浸透して熟したような甘味があります。またねっとりとしているジュレ状態も秀逸で、舌の上に絡まりつくような粘りがナイス!。そこをあえて・・・塩ダレに絡めて食らって味を足す。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162155j:plain

 
 またそれだけじゃなく、白身が旨い。薄らとした乳白色で出汁の浸透がしっかりと感じさせる仕上がり。そして味わうと出汁の旨味が白身の柔らかさと一体化して旨いです。

 

 
 
 
 
<他具材> 塩ダレに染みつつ清涼感と野菜の甘味を醸し出す小松菜!

f:id:TOMASSOON:20211112162138j:plain

 
 脇役の小松菜すら旨し。色鮮やかなのは、πウォーターのおかげ?とても瑞々しさを感じるほどの色映えで、歯切れもざくりと楽しませてくれます。塩ダレとの相性もよく、仄かな野菜ならではの甘味と清涼感も伝わる!。麺に絡んでも味わいでいい仕事をします。
 

 

 
 
 
<〆に昆布水割り> 最後に昆布水のグルタミン成分をがっつり投入!旨味溢れる味変化!滋味の塊!

f:id:TOMASSOON:20211112162201j:plain

 
 ま、最後は定番の昆布水投入。案外と麺に絡まって持ち上げっているようで、残ったのは少なめです。それでも昆布のエキス感が最後に深まり、和の旨さで締め上げる展開。ますます昆布水つけ麺にハマりそうな予感です。
 

f:id:TOMASSOON:20211112162202j:plain

 
 
 
 
総じまして「自分史上最高の塩つけ麺!細つけ最高旨さ爆誕!カタ麺主義なら一回食っとけ!激しくオススメ!」

f:id:TOMASSOON:20211112162118j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。つけダレの刺激から滋味円やかに流れる展開と昆布水に浸る麺の美しさと美味さ!そして東京トップクラスの低温2種肉!非の打ち所がないとはこのことかもしない一杯。最高な一杯ってのは狙って食らうより遭遇して食らうものなのかもしれません。ともあれ、つけ麺好き・塩好き・酒好きなら一回食してみてはいかがかと!。もう一回激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211112193937j:plain

 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4733】 くじら食堂bazar 三鷹店 (東京・JR三鷹駅北口) 支那そばチャーシュー[肉別皿]+ 味玉 + サッポロラガービール 赤星 中瓶 〜肉を外して素拉麺!それでも質感キープの完成度!何気にハイグレード?なる三鷹支那そば!

そろそろ我が儘してみたよ!?肉無しチャーシューメンなる展開??
 シンプルなメニュー展開なので、何周も食い倒した感覚なのですが、代休日なので多少イチびり気味に、今回はわがままを通してみましょう。一般的なチャーシューメンのその上を行く「支那そばチャーシュー」をあえて全肉別皿で!。その肉はビールのアテとして活用するとして、それでは拉麺が寂しかろうと、味玉追加の構成です。これが中々伝わらなくて、「味玉をアテにですか?」などと言われ、コミュニケーションとネゴシエーションを重ねた今回の展開です。とても鬱陶しい客でスンマソン。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193459j:plain

 
 
 
<酒> サッポロ赤星!代休で飲むと味わい格別!小春日和に喉を鳴らしながら飲む痛快さが堪らん!

f:id:TOMASSOON:20211111193512j:plain

 兎に角、この先一年弱は、週末が潰れるので平日代休 o r 有休に弾けます。お気に入りでご機嫌な「サッポロ赤星」を今回もトライ!。ふふふ・・・初動は苦いが、後味がスッキリした甘味が残るイメージは、さすが赤星だわ!。まだ新しいスタフさんから配膳だったので、「あ!またとまそん来た!」など動揺を受けることなく、落ち着いて堪能です(爆)。 
 

f:id:TOMASSOON:20211111193513j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193514j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193515j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193516j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193527j:plain

 
 
 
<チャーシュー> ふふっ!小皿に迫力の肉三昧!赤身に染みた下味に舌の熱で溶ける脂身の旨さが染みるのだ!

f:id:TOMASSOON:20211111193505j:plain

 
 へへへ・・・この薄らとした窯焼風がいいね。心持ちしっとりしておりしかもデカい。スマホサイズの大判が堪らんわ。一枚がひと口では収まらないし、折り畳んで食いまくります。かなり肉厚に感じて充実度が高まる上に、箸で持ち上がると重く感じる。柔らかい赤身に多めの脂身が差し込みが、噛み締めると赤身の肉味と脂身の甘味が溶け合うのです。ビールに合うわー。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193504j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193508j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193509j:plain



 

 

 
<コロチャー> 外側の香ばしさとペッパー感に肉汁が滲む旨さ!確かな歯応えが満足感に到達!

f:id:TOMASSOON:20211111193506j:plain

 
 毎度嬉しくさせるのが、このコロチャー。一口で食うと必ず喉につっかえて窒息リスクを感じます。もういい歳だから無理せず噛みちぎりますが、デカくて肉厚すぎるので、これがかなりダイナミックに齧りつかなければいけません。懐かしの原始人間ギャートルズになりきり食らいつきます。上質なれどワイルドに味わえる肉感がナイスです。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193507j:plain

 
 
 
 
<メンマ> この店定番の細くコリコリとしたメンマ!さっぱり食感とスパイス感がナイス!

f:id:TOMASSOON:20211111193528j:plain


 
 このメンマは、このブランド定番!。極細と思えるメンマですが、微妙にかかってた胡椒が妙に海老ダレにコラボする旨さ。実に心地よい風合いを醸します。酒のアテとして食らうのもいいですが、後ほど是非とも麺と絡めて食らうのオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193529j:plain

 
 
 
 
<全体> 肉類一才削いでも明るい醤油ブラウン!浮くだつ素朴な麺線!実に質実なる麺顔!和やかな味玉面持ち!

f:id:TOMASSOON:20211111193501j:plain

 
 おおお!肉を全部外したから、貧相な麺顔になるかと思いきや、実に立派な麺顔!プレゼンスがありありです。むしろ麺線全体がはっきりと伺えて凛とした風貌かも。シンプル・イズ・ベストを超えた質感を伝えるようで、次回はデフォルトで食おうかと思うほどです。スープの煌めきもダイレクトに伝わる様子で、キラキラ煌めく香味油がペイズリーに漂う姿が美しいではないか。うん!完成度感じるほど旨そう!。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193502j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193503j:plain

 
 
 
<スープ> 鶏油がしつこくなく味わいが濃ゆめ!塩っぱさなく旨さが濃厚!キリリとした醤油輪郭がグッド!

f:id:TOMASSOON:20211111193538j:plain

 
 以前は笠岡系だったものの、どんな事情か察せませんが、今の出汁感も実にナカナカです。基本的には少し味が少し濃ゆめなイメージなのですが、全くもって塩っぺーという尖りはないと感じない。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193543j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193541j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193542j:plain

 
 淡麗系のようでそうじゃないんですね。表層には黄色い脂が輪郭を施しており、これは明らかに鶏油。フツーに鶏醤系かと言えば、キリリとした醤油の輪郭に鶏豚の旨味と乾物が溶けて、円やかな濃厚感という展開です。鶏油は色合いほど重くないので、別に植物系の香味が溶けているのか?。いや乾物の溶け込みも深いかもしれませんん。通うほどに違った妄想が広がり旨さがいつもいい感じ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193544j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193552j:plain

 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺!支那そばイメージの薄らと黄色みがかったボコつくストレート細麺!素地甘味と出汁旨味が一体!

f:id:TOMASSOON:20211111193553j:plain

 
 微妙にボコつくストレート細麺。多加水系でやや黄色みがかっている、いかにも支那そばってイメージです。とても表層がツルツルしており、かなり滑りがいいし、仄かで微妙なソバージュ感が出汁をよく纏わせる様子。そして素地の風合いより出汁を吸い込んだ方が明らでに旨いのです!。素地の甘味に出汁の味わいが絡むと別の旨さに昇華するし、箸で引き上げると揃う麺線もキレイ!。食えば食うほど馴染むって感覚です!。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193557j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193600j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193603j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193605j:plain

 
 
 
<味玉> 旨味を注入した質感!?出汁がぎゅっと込められ卵黄は濃厚濃密芳醇!しかも柔らい!白身にも深く浸透し崇高な旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211111193539j:plain

 
 大きな凹みがあります。どうもそこから出汁を深く注入してるような感覚。これは、東小金井本店とも違う仕上がりです。味玉フェチとしても、これは実に秀逸。温度!柔らかさ!味の深さ!どれも申し分なしな上に、卵黄のマチュアな甘味が、ナチュラルなようでMAXです。ダイレクトに注射したのかと思うほどの、芳醇な出汁が浸透がナイス。節系を感じさせる和出汁と醤油のカエシ感が実に深いのです。その下味付けの出汁の深みは、白身までしっかりと染め上げ、白身のふわふわな優しい仕上がりに、思いのほかしっかりと味がついており、以前も伝えましたがまるで和菓子のよう。雅な華やかすら感じます。私の中では、ここ最近食った味玉の中では間違いなくトップクラスで、激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211111193606j:plain

f:id:TOMASSOON:20211111193609j:plain

 
 
 
 
総じまして「肉を外して素拉麺!それでも質感キープの完成度!何気にハイグレード?なる三鷹支那そば!」

f:id:TOMASSOON:20211111193500j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。これまで肉増し必定として食らい続けて来ましたが、肉も旨いがそのままデフォルトでシンプルに素拉麺として食らってもレベルの高さと再認識です。もう少しブレークしてもおかしくないはず。素直に外して激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211111211408j:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211111193616j:plain

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4732】 貝出汁 中華そば 竹祥 (東京・吉祥寺) 特製貝出汁味噌そば + 自家製あさりつくね + 貝めし(小) 〜吉祥寺に旨し貝出汁あり!プレゼンスの高まり感じ味噌淡麗貝出汁!秋冬に食うべし!

今日も多忙!でも拉麺だ!吉祥寺で貴重なハイスペック貝出汁拉麺店へ
 入り口の間口狭くて地下の店。今少し蔓延り気味の貝出汁系。開店当初は、正直言って根付くかなぁ・・・と少し心配していたのですが、いやいやどうして!。それは余計なお世話のようです。行列まではいかないものの盛況です。多忙なのですが、そんな店状況がとても都合が良いのです。そんな感覚で今回は、吉祥寺で貴重なハイスペック貝出汁拉麺店へ。竹祥さんです。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162313j:plain

 本当は、未食の醤油系を狙ってもいたのですが、たまたま味噌系に目が流れ、思わずその券売機のボタンを押してしまいました。それで意識のタガが外れたのか、本能の赴くままに、「あさりつくね」と「貝めし」も追加してしまいましたよ:汗。ま、後半の流れは予定調和ですが、結果的にはまさに貝尽くし。
 
 

 

 
 
 
<全体> 味噌系に淡麗があるとしたらこんな感じ!?特製具材達を覆いながら味噌エキスの漂わせる美しさ!

f:id:TOMASSOON:20211110162212j:plain

 以前のメニュー構成はシンプルに、醤油と塩の貝出汁という2本立てだったはず。味噌系が増えましたが、別に限定扱いではありません。そしてこれ以外にも限定出してるし、お若い店主ながらとても器用なんですな。さて・・・貝出汁系で味噌コラボって、案外記憶にないかも。そんなワクワク感が後から湧き起こるタイミングで配膳されました!
 

f:id:TOMASSOON:20211110162216j:plain

 
 おおお!こんな味噌感覚だったのか。味噌と言えば濃ゆい感覚。シャバ系の味噌出汁もありましょうが、そのどちらにも当てはまりません。味噌系に「淡麗」は結びつかないと思ってたんですが、ここにあったよ・・・・そんな感覚。味噌なのに意識の中では、柔らかい透明度がある感覚で見た目ですでにカオスです。特製のため肉がかなり迫力的なはずですが、出汁が多くて埋没気味?。でもそれはそれで出汁が多くて嬉しいです。また、具材の配置も整然としており、スキマに差し込まれた透明レンゲがまた印象的。きらきらスープにきらきらレンゲがナイス。そして、へへへ・・・・今回は「あさりつくね」を追加したのが、更にいい感じ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162210j:plain

 

 
 
 
<スープ> 味噌が貝出汁風味を一切マスキングせず!味噌コクの心地よさに凛として広がる浅利出汁!寄り添う円やか帆立出汁!

f:id:TOMASSOON:20211110162221j:plain

 
 「味噌」と「貝出汁」ってどんな展開?。注文してからワクワクが高まりますが、まずは「味噌は貝エキスを邪魔しない」と申しておきましょう。いや、「むしろコラボ!」とお伝えしたい。静かに一口目を味わいますが・・・うほっ!味噌系なのに、これは実に分かりやすい!浅利のエキスがしっかりと明確に伝わります。口の中に貝類特有の滋味が広がるではないか。どうしても浅利がメインに感じるけど、帆立の肉厚さも伝わる様子。蘊蓄では、道南産昆布をじっくりと炊き込んだとありますが、それも滋味重なるって感覚です。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162220j:plain

 
 一方の味噌ですが、豆と米の発酵感?。塩気柔らかで麹の広がりは割と抑え目です。なのにこのオレンジとも黄土色ともつかぬ味噌色合い。見た目よりも味噌の素材が出汁の中で漂う様子です。これが、あさりつくねの凹みからゆっくり浸透してゆくようで、後になってつくねの旨さを知る展開!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162222j:plain

 
 
 
 
<麺> 多加水系ストレート中細麺!しなやかな腰つきと柔らかい弾力!味噌貝出汁に濡れて持ち上げスベリの心地よさがナイス!

f:id:TOMASSOON:20211110162244j:plain

 
 お?麺変えたのね。塩では確か全粒が配合されてたはず。今回の味噌系ではそれがない様子です。しかしそれによって一層と、見た目は上品のようで素朴さも醸し出すイメージ。更にスベスベした地肌なので口当たりもよく、プツプツと小気味よく千切れるのが実にナイスではないか。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162245j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162246j:plain

 
 中細な多加水感覚がまたいいね。ぱつぱつとした風合いとは違い、これは、汁に馴染んだ旨さを伝えるタイプのようで、特に今回は味噌系だから余計に汁の浸透が際立つのです。奥歯でクチリと潰した時に感じる出汁と合わさった甘味が、実に上品で味わい豊か!。味噌の味に混じりつつ、優しい風味と貝出汁の相性よしなのです!。完全に出汁を吸い込み切ってもダレる部分はないのもいい感じで・・・、だったらやっぱり、大盛にしておけばよかったかなと!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162302j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 令和定番な低温調理の鶏豚2種肉!艶かしくも噛み締め楽しい豚肩ロース!化粧パフの如く上品柔らかな鶏胸肉!

f:id:TOMASSOON:20211110162218j:plain

 
 低温調理タイプの2種肉。ゆっくりと熱入れした感覚で、レア感は抑えめな「熱入れしレアを残す」と言うより、「低温で煮た」というイメージです。出汁に浸って分かりにくいが、豚は肩ロース肉で大判!。細かく赤身に脂身が差しております。肉自体も薄味で、肉本来の旨味を残し、薄っすらと浸透する味噌と貝出汁のコクもまとった感じ。やっぱり味噌系なのに淡麗なる滋味感覚です。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162236j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162237j:plain

 
 鶏は王道の胸肉。王道のコンフィに似たタイプ。やはりプロの技って感覚で、とても美しい!食むと、きめ細かいので味わうとシルキーに肉繊維が解けるようすです。甘噛みすると化粧パフのような優しい弾力感。特製だと肉増しだし、やっぱり特製を激しくオススメする次第!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162238j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162239j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162240j:plain

 
 
 
 
<具材> 充実感ある箸休め!素材感しっかり伝える太メンマと青菜!抜かりなし!

f:id:TOMASSOON:20211110162233j:plain

 
 相変わらずメンマが立派。太くて大きい。なぜかキングオブコント王者の「ずぶろっく」ネタを思い出しましてしまいました(照)。色合いが薄く、素材の風合いを残している様子で、コリコリコリ!ザクザクザクザクリ!とはっきりした歯応えが実快感です素材の風味があって、微妙に後味に酸味を感じます。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162234j:plain

 
 一方の青菜は、一転してナチュラルな清涼感を楽しませ、淡麗貝出汁の中にあってお互いの滋味同志をコラボしあうような旨さを伝えてくれます。実にナイス箸休めって感じっすね!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162232j:plain

 

 
 
 
<味変> 柚子胡椒!味噌出汁にも合うよ!相性格別!貝の滋味響き合う旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211110162300j:plain

 
 とっても高級!?この少しばかりの柚子胡椒の差し出されが、穿った考えもあったが、実際に溶かすと、喜びに変わります。柚子胡椒は説明するまでもない。まさに風雅なる味の変換アイテム!。少し貝の出汁を抑えるようですが、妙に味噌との相性も良いことが今回の発見です。味噌が清涼にすら変化する素晴らしさ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162301j:plain

 

 
 
 
<味玉> 上品で薄めの出汁が深く浸透!ふわっと感覚の白身!濃厚濃密ねっとりな芳醇な卵黄!

f:id:TOMASSOON:20211110162217j:plain

 
 奥久慈卵とのこと。このブランドは、濃ゆい卵黄がアピールポイントです。全体的には柔らかな仕上げで、白身にふわふわ感が残る感覚。卵黄は面白いように全体的にクリーミーというかトロトロ感覚で、舌全体にねっとりと絡みつきます。味は濃密なコクが広がり、薄い出汁がしっかりとストレスなく浸透している様子。円やかな風合いの中に甘味すら感じます。味噌出汁に濡れると、妙に卵本来の味わいも如実に出てくるではないか。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162257j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162259j:plain

 

 
 
 
<つくね> これがここではウリ!浅利のぶつ切り!粗い練り込みに出汁が染み入る自家製貝つくね!

f:id:TOMASSOON:20211110162241j:plain

 
 これがこの店のアイコンの一つ。つくねは「アサリのぶつ切り」で仕上げられたもので、まさに貝つくね」。アサリの身も少し練り込まれているようで、多少スカスカした食感がありますが、スープが浸透してネットリと感じる部分もあのです。そして食感がゴツゴツして貝を感じさえる上に、浸るスープにはアサリ出汁が含まれる。ですから、混じり合うと相性抜群!。特に今回は、味噌系ですから余計にハッピーな味わいです。貝つくねの滋味がぶわっと口の中に広がる!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162248j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162249j:plain

 

 
 
 
<〆飯> これも外せぬ名物貝めし!浅利身のぶつ切りを出汁炊きこむ仕上がり!残り出汁かけるの必定!

f:id:TOMASSOON:20211110162224j:plain



 もう一つの、この店のアイコン的存在。それが「貝めし」。追加注文した貝つくねを、一つこちらへ移し、貝っぷりを補強してみました。一気に貝パワーをより増して食おうではないか!。実際食らうと、確かに貝エキスが炊き出しで深く米粒に浸透しており、仕上げ貝身をまぶしたような仕上がりで風味高い!。丼に残っているスープを少し入れて食らうと、実に旨しです。

f:id:TOMASSOON:20211110162307j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162308j:plain

 
 
 茶碗の中はm炊き込みの貝!トッピングで追加された貝つくね!スープに溶けた味噌貝出汁!みんな渾然一体となって、飯も旨さがしっかりと感じられます!。今回の私のように小サイズもございますので、「貝めし」激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211110162309j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162310j:plain

f:id:TOMASSOON:20211110162312j:plain

 

 
 
 
総じまして「吉祥寺に旨し貝出汁あり!プレゼンスの高まり感じ味噌淡麗貝出汁!秋冬に食うべし!」
 
 ・・・と言う感動の嵐!。吉祥寺グルメの一頁に加わる旨さかと!。個人的にはこれに酒類が充実してくると更に嬉しいんだが(汗)。ともあれ駅地下超便利!近隣住民に限らず、中央線利用者には激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211110215845j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 吉祥寺駅井の頭公園駅

 

 

【今週のラーメン4731】 たなか青空笑店 (東京・西武柳沢) ぴりりとしたタナニボ + パクチー増し + チャーシューご飯 〜極細濃密円やか煮干に溶ける辣油の切れ味!やっぱ斬新!コンテンポラリー辛煮干そば!

ホントいつも気に留めてるのに行いけてなくて・・・
 
 ここは、本当ならもっと訪問してるはずな程、実はお気に入り。ところが自宅からは歩くにも遠く、チャリなら何とかなる範囲だが・・・酒が置いてないだけで、妙に訪問機会が少なくなってしまってます。ずっと気になってる一杯のレビューが最近上がったので、強い雨の平日ではありましたが、クルマを出して久しぶりに訪問してみましたー。なんと言っても、ご店主の明るさが気持ち良いよね。最近、仕事諸々でヘタリ気味ですが、どんな時でも笑って過ごすことの意義を知ったような気がします。牡蠣の限定も気になるが・・・兼ねてより狙ってたピリ辛系煮干しを今回はチョイス。準レギュラーと言う扱いだそうです。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141807j:plain

f:id:TOMASSOON:20211109141817j:plain

 
 
 
 
<全体> 極まる煮干微粒子!実に灰褐色な泡立ち出汁に辣油が染まる!肉感に魚介と動物系のインパクト!

f:id:TOMASSOON:20211109141824j:plain

 
 極濃煮干と分類すべきか迷うのがこちらの一杯。ベースの色合いは見事に、深緑がかった灰褐色ですが、ザラつき感覚が全くないので、洋風とすら思える風貌。そこに辣油とパクチーのインパクトが鮮烈です。辣油の赤とパクチーの緑は、色彩学的には補色関係で対立してるが故に、ヴィヴィットな印象を与えますね。なのに煮干しの泡立ちが濃ゆくて、スープ表層に漂うばかりでなく、丼の縁にも貼り付くと言う有様です。更に具材は、肉感に魚介と動物系のインパクトありあり!。へへへ・・・おまけに、雨の日サービスとのことで、味玉ハーフが乗るのが嬉しい!
 

f:id:TOMASSOON:20211109141820j:plain

f:id:TOMASSOON:20211109141809j:plain

 
 
 
 
<スープ> 滑らかさと濃厚感が細流にすら覚える極煮干!超仄かな苦味い優しい甘味!芳醇動物エキスと一体化する芳醇旨味!

f:id:TOMASSOON:20211109141810j:plain

 
 レンゲで掬うと微かにとろみ?。見かけの色合いよりは煮干しが実に円やかです。しっかりとニボっとした苦味を感じさせますが、その軽やかな風合いは、極ニボと言った風には感じません。シルキーとすら例えたい濃厚煮干で、見方によっては洋風とも感じる私はバカでしょうか。そしてその色合いは極煮干のエキストリームのように感じさせますが、ハードルが低くとっても食べやすい!まさに上品煮干しと言えます。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141822j:plain

 

 

 一方の動物系のエキスも伺えます?。個人的には鶏ニュアンスの方が勝ってると受け止めましたが、ベースストックは白湯系でしかも微かなとろみは、微妙に口の周りに貼り付きを覚えさせます。そして引き際がいい動物エキス。ペットりと舌にまとわりつくというものでもありません。濃厚なのにかなり上品!。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141813j:plain

 
 そして辣油が絡むのだった。実はレギュラーの「タナニボ」は、この辣油投入で完成系なのかもしれません。濃厚だけど上品な煮干感は、辣油辛味でややエスニック方向にベクトルを移します。なのに岩海苔が香るところがカオスなんだが・・・新たな煮干しの扉を開くかって感覚。ちょっとびっくりな旨さ!。驚き。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141814j:plain

 
 
 
 
<麺> ピリ辛ニボ出汁と絡むストレート細麺!旨味と辛味を絡めて持ち上げる極上感!具材も絡ませ貼り付け旨し!

f:id:TOMASSOON:20211109141839j:plain

 
 麺は素直な白地がかかり、美しく映えます。煮干し系には相性の良いストレート細麺ですが、やや気のせいか微妙にグラマスな印象。よくあるパツパツ系ではなく、密度や潰し込みに少し余裕を感じる仕上がりがナイスです。とてもスパスパと小気味よく千切れ、微かにモチモチ感もある感覚。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141840j:plain

 
 また表面がとてもツルツルしており、スープによく絡んで濡れて光ります。濡れて絡みつかせるようにスープと一体化し、スープを吸い込むような感覚は低く、最後までスパスパと麺素地の旨味を楽しめる。辣油と絡むとまた格別。また、具材や薬味がこれに貼り付き絡まります。中でも、玉葱と絡んだりすると、歯応えが楽しくてらなん。あゝ・・・大盛にすべきであった。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141846j:plain

 
 
 
 
<チャーシュー> 仄かなレア感が煮干と馴染む豚肩ロース!脂身旨しでトロトロ大判なる豚バラ肉!

f:id:TOMASSOON:20211109141834j:plain

 
 まず、比較的レア感が残ってる仕上がりの豚肩ロース肉。下味のタレ浸透に、軽くグリルされた感覚が香ばしいです。そして淡麗な味わいが深く浸透しており、下味に赤身本来の肉旨味が実に芳醇。確かに脂身は少な目で、出汁の熱を受けて変色しつつあるところと噛み締めると甘味があります。絶対に酒と合うのだが・・・夜の部だけでも酒出してくれんもんかのう・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141835j:plain



 

 次にやっぱり落ち着く旨さの豚バラ肉。周囲はローストの香ばしさとタレの味わいで、仄かに甘辛さに肉味が混じって実に旨い。へへへ・・・全く持って箸で千切れるほど柔らかいのも印象的!。口の中へ運ぶと脂身が潰れて溶けて、旨さの余り、あっという間に飲みこんでしまいます。ふふふ・・・ここに辣油の辛旨さが混じるのが格別!。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141845j:plain

f:id:TOMASSOON:20211109141852j:plain

 
 
 
 
 
<薬味具材> 煮干抜群相性の岩海苔!煮干で珍しいモヤシ!更にエスニックなパクチー!

f:id:TOMASSOON:20211109141815j:plain

 
 煮干しに岩海苔は定番!こちらは、背脂がないものの、動物系のエキスも芳醇で、フツー以上に岩海苔が合うのです。そして、麺や玉葱に絡みついてもろとも食らうと、磯の風味が口の中に広がる。次に意外なのモヤシ。煮干そばで、これほどはっきりとモヤシを感じるのは・・・ちょっと他に直ぐ思い出せないのです。玉葱は、シャキシャキとした歯応えと、野菜特有のフレッシュな甘みを弾けさせますが、これあ煮干に合う!。実に卒なく好印象!。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141823j:plain

 
 今回は、ここにパクチーが足されるのであった!。和名「カメムシソウ」。カメのように臭いと言うが、カメが臭いと知ったことか。こいつが辣油の辛さと絶品過ぎるほどに合うのだった!。味のセカンドインパクト!いやサードインパクト?。スープを漂う赤い辣油が、赤い海を思わせます。
 
 

 

 
 
<味玉> 雨の日は半玉サービス!辛煮干と調和する優しい甘さ!卵本来の旨味がナチュラル!

f:id:TOMASSOON:20211109141843j:plain

 
 雨の日サービスの半玉ですが・・・これだけでとっても楽しめました。見かけはやや濃ゆい褐色の玉ですが、割ると濃ゆいのは周囲だけで、白身はミルクティーのような色合い。白身だけでも仄かに出汁を感じる旨さ。全体的にはジュレっぽさを全体に残す仕上がりで柔らかめ。卵黄は出汁が差してマチュアな色合いですが・・・・、ここに辣油とパクチー風合いが煮干し出汁に絡むと、旨さがカオス!。濃密感ありありで、飴色に蕩ける卵黄を染めるようですが、熟した甘味だけじゃなく、玉子本来の味わいも残す仕上がりをキープです。嗚呼、やっぱり味玉はハズレなく旨し!
 

f:id:TOMASSOON:20211109141848j:plain

f:id:TOMASSOON:20211109141847j:plain

 
 
 
 
<〆飯> チャーシューご飯!カリカリさと肉汁感覚がコラボする逸品!タレがかかる白飯との一体感に悶絶!

f:id:TOMASSOON:20211109141816j:plain

 
 しばらく来ないうちに、しっかりとサイドメニューがあったのでした。チャーシュー&ご飯と言う、定番の一品。酒のアテに最適なカリカリ仕上げに、吊るしのハードなジューシーさが滲むカット肉。定番のチャーシュータレに絡むほかほか白飯。全体的な印象としては・・・、つまみにも、〆飯にもなりそうです。更にツボを押さえるのは・・・「フレッシュねぎ」の薬味と、「ふりそそぐブラックペッパー」の味調整。麻薬的な焼豚の旨さの上に、これが加わるとトブよ・・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20211109141905j:plain

f:id:TOMASSOON:20211109141906j:plain

f:id:TOMASSOON:20211109141907j:plain

 
 
 
 
総じまして「極細濃密円やか煮干に溶ける辣油の切れ味!やっぱ斬新!コンテンポラリー辛煮干そば!」

f:id:TOMASSOON:20211109141819j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。ワンオペでワン定番メニューにこだわりを見せますが、実は限定&準レギュラーもしっかりしてる店。このピリリ系は準レギュラー扱いとのことですが、個人的には看板メニューです。ゆっくりと着実に成長して欲しい店。今後もう少し足を運びますね。激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211109221848j:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211109141826j:plain

関連ランキング:ラーメン | 西武柳沢駅東伏見駅

 

 

【今週のラーメン4729】 中華蕎麦 はる (東京・下井草) 特製中華蕎麦 + 麻婆ごはん + キリン零ICHI 〜旨さと作り込みに隙なし!旨さ崇高!料理人気質がありありと滲み出る極上醤油蕎麦!

飲めない休日・・・じっくり美味しい店に行ってみた結果
 全くもって恨めしい日曜日。翌日月曜日には定期健康診断があるため、酒が飲めないばかりか、暴食も控えねばならず、非常につまらないです1日を過ごすことになりそうです。で、どうせ飲めないから、車も最近使ってないし、遠出でもしたいところですが・・・仕事を思うとそんな気持ちも起こらず。だったら近場でじっくりと美味しいものを楽しみたい。そんな気分でチョイスしたのが「中華蕎麦はる@下井草」さんです。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193900j:plain


 
 ここはある意味、究極のワンオペ中華そば店と個人的には感じてるかも。仕事は早くて回転が非常に良いのだが、慌てるようなそぶりは微塵も感じさえないのが見事で、しかも一品一品飾りつけに手が込んでる。しかも、限定麺ばかりでなく、サイドメニューは「季節のごはん」としてレギュラー以外に定期的に入れ替わり、その質感・レベルもかなり高い!。チャリで行ける範囲にあったら、きっとヘビーユーザーになってたことでしょう。今回は、デフォルトの醤油をまだ一度も食していないこともあって、定番を特製で頂いてまいりました。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193906j:plain

 
 
 
<ノンアル> キリン零壱!一番搾りの気分で味わう麦芽の風合い!十分楽しめるノンアル系!

f:id:TOMASSOON:20211107193903j:plain

 
 飲めないからノンアルコールビールをいっちゃいましょう!。こちらはキリン党らしく「キリン零ICHI」。グラスは、ハートランドオフィシャルで、気分的には多少高まりますね。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193857j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193852j:plain

 
 ご存知「一番搾り」と似た製法で、気のせい化それに似た感覚もあります。やはり麦汁感が、一番搾りに共通してるようで、味わいとしてはやっぱり料理に合うかと!。キレという点では本物麦酒と比べると、やはりノンアルには限界を感じますが、めちゃキンキンに冷えたことから、冷たさにキレと近いものを感じます。うん、何気にうまいから、帰りに夜の分としてスーパーで買い込むこととしました。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193904j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193902j:plain

 
 
 
<全体> まるで和食風合い!具材の質感手抜かりない高さ!独特の醤油の深み!食らう前から美味そう!

f:id:TOMASSOON:20211107193907j:plain

 
 満席で前客4名もいて、待つかなと思えどノンアルゆっくり飲み干すあたりでちょうど配膳です。ううう、具材がどれもしっかり質感ある上に、美しく整って並ぶ姿が美しい。写真ではどうしても伝わりにくいのですが、実は結構ボリューミー。この店のアイコンのような存在「筍」も和食感を感じさせます。また肉もいい感じだが、海苔とか青菜の質感すら高く感じるため、全体的なプレゼンスの高さが半端ない。更に出汁の醤油ブラウンが少し独特で・・・エキスの溶け込む柔らかさがあるようで、それでいてキリリと深まる色合いの濃ゆさもありあり。これは食らう前から絶対に美味いはずと確信に至る!。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193850j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193858j:plain

 
 
 
<スープ> 芳醇すっきりな動物感!本醸造醤油の深みとエッジング!乾物の豊かな溶け込みに中華スパイスも滲む?

f:id:TOMASSOON:20211107193923j:plain

 
  おおお!見た目以上に芳醇!鶏油を少し感じます。このため少し華やかな展開から始まりますが、他の味わいでカオスなのか、いわゆる鶏醤油といった馴染みの展開とも違うようです。芳醇なれどすっきりもしており、豚も溶けているのか、野菜の甘味もあるのか、すっきりしたベース感かと。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193855j:plain

 
 また醤油の輪郭は明るいようで深口・・・これは妄想の中の妄想なんだが、まるで溜まり醤油がブレンドされてるような色合いとすっきり感か。また再仕込みのような醤油の深みと明るさすら覚えるようです。さすが本醸造!。更にここには乾物系の溶け込みがしっとりと溶けているため、カエシのエッジングに甘味すら溶けているようで、なんとも複雑で崇高な旨さ。そして・・・もっと面白いのは、中華系スパイスも少し溶けていないかとも感じるかも。明らかに感じさせず、八角のうような輪郭も覚えるが、サイドメニューの麻婆ごはんの香りが一緒に漂ったため、そんな錯覚をしているだけかとも思えます。時間が経過すると麺の素地から溶ける炭水化物の甘味も混じるので、甘味がとってもカオスで美味い。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193930j:plain

 
 
 
<麺> 三河屋製麺!淡い芯を残すストレート細麺!微かなクツっとした感覚の後に素地の風味と甘味を感じる質感の高さ!

f:id:TOMASSOON:20211107193933j:plain

 
 加水は中程度のストレート細麺。割と真っ直ぐフォルムですが、粉の色合いと仄かに全粒が打ち込まれているようです。箸でリフトしてすすり食うと、パツパツっとしたところはなく、汁をある程度吸い込んだクツクツとした柔らかさも感じるところが印象的。前歯で千切って切断面を見て見ると、試しに軽く芯に当たるようなところがあります。そんな素地から麺自体の風味を発しているのかとても味わい深い。全粒っぽい部分からも風味と甘味をアップしているようで、これが実に美味い。後半になると、その芯に当たるところにも出汁が浸透して、物腰を更に柔らかくさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193922j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193931j:plain

 
 啜り上げは軽やか。口当たりから細麺特有の繊細さを感じますし、汁の吸い込みと同時に持ち上げの良さも感ます。絡みもつれ合うこともなく、滑らかさを感じさせてズボボボボボボーーーーっとすするスピード感がいい感じ。何となく蕎麦感覚な喉越しすら爽快に思えてくるようです。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193918j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193924j:plain

 
 
 
<たけのこ> メンマじゃなくて筍!この店のアイコン!和風感覚を盛り上げるナイスな演出!

f:id:TOMASSOON:20211107193914j:plain

 やはりこちらの目印は「たけのこ」ですね。よくよく考えてみると、メンマの代わりと思われますが、代用というちっぽけな存在感ではなく、サクサクとした歯切れを明確にアピールしてくれる存在感は、もはやアイコン的なイメージですよ。それに店のコンセプトにもマッチするようで、和風感というかお料理感覚と言うか・・・実に味わいと共に盛り上げてくれるアイテムです。醤油出汁ともすごく似合う味わい。たけのこ増しってのもできるようなので、次回は是非トライしてみたいです。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193917j:plain

 
<チャーシュー> 鶏豚3種4枚の贅沢さ!低温とボイル各々の旨さが出汁に濡れて味わい深し!酒を欲するほど滋味深し!

f:id:TOMASSOON:20211107193916j:plain

 
 豚が2種3枚。まず低温調理っぽい肩ロース肉がいいね。飲めないのが悔しいが、酒と一緒に食したいほどに仕上がりが崇高。塩気を感じさせない程度に肉味を与えて、脂の甘みを与えつつ、野趣を感じる肉感です。その弾力が実にナイス。噛み締めるほど肉本来の味わいと、脂の甘味と、出汁が染まった味わいがたまりません。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193919j:plain

 
 そして豚バラ肉もいいね。赤身と脂身の層が整っているし、赤身の外側は脂身が網のように差してます。下味の出汁でしっかりボイルされ、味がしっかり差しており、出汁と脂身の甘味の一体感が白飯を思わず欲してしまうほど。サイズと分厚さも申し分なしです。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193941j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193943j:plain

 
 一方の鶏胸肉のコンフィは、まさにシルキーなる肉繊維がぱふぱふと弾力を感じさせます。歯を当てて力を入れるのが楽しくなるようす。その感覚は、ふわり!さく!!っと切れ込んで、吸い込んだスープと肉の持つ旨味をジュワーっと吐き出すように感じさせます。何度もこれまでと同じ例えで恐縮ですが、吸い込んだスポンジが吐き出すようでこれもたまらん!。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193929j:plain

 
 
 
<他具材> 肉厚で風味と味わいをしっかり伝える海苔3枚!飾りじゃない!フレッシュ感に甘味すら覚えるしっかり青菜!

f:id:TOMASSOON:20211107193928j:plain

 
 福岡産の海苔の質感もいいね。肉厚でパリパリと食感も楽しめるタイプで、風味がとても強め。敢えて盛り付けでふわっと置かれており、湿りらせるのは食べ手に委ねたって様子です。これも当然ながら、いつもの通り麺に巻き付けて食らうが、出汁を吸い込んだ麺の甘味に、香ばしい磯風味が混じり合い、旨さ格別です。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193854j:plain

 
 そして青菜。飾りつけや色合いのポイントという感覚ではなく、しっかりとボリューム感じつつ味わいもしっかり。青菜の清涼感がしっかりしている上に、野菜らしい甘味もしっかり伝わります。食感も楽しいのは言わずもがな。これだけでも立派に酒のアテにもなりましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193926j:plain

 
 
 
<味玉> 乾物の旨味が深い出汁がしっかり浸透!白身味わい深し!卵黄は卵本来の味と濃密も旨し!

f:id:TOMASSOON:20211107193950j:plain

 
 海苔が湿らないように、味玉の上にふわっと乗せられてる都合上、麺顔からは隠れております。薄い褐色をしたいかにも出汁の浸透が深そうな色合いで、実際に割ってみると白身に深々と染み込んでいる様子。乾物の深みを白身からも味わえる感覚で、かなり質感の高い仕上がり。100円という設定がうそみたいに上質上品感覚です。ふるふると震えるような白身の質感がGOOD!。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193958j:plain

 
 そして卵黄は、黄色いタイプで白身とのコントラストも感じるようです。出汁の深さが感じられるので、さぞかし濃厚でマチュアな甘味だろうな・・・・と構えて味わうと、なんともナチュラルな卵本来の味わいも残すことか!。白身の深い味わいとも面白い構成で、これ単独でも味わって日本酒が軽く一合飲み干せそう!。ここの味玉こんなに旨かったのか・・・・これまで大いなる機会損失です。これ激しくオススメかと!。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193949j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193948j:plain

 
 
 
 
<〆飯> 麻婆ごはん!ボリュームもあってかなり本格的な作り込み!ジャンもタレも本場仕込み!?破格の200円!

f:id:TOMASSOON:20211107193908j:plain


 
 今回も、期間限定の「季節のごはん」を狙ったものの、未提供で肩透かし。それでもこの店には、レギュラーでこの「麻婆ごはん」があるから嬉しいです。これは調味料自体が実に凝ってますよ。本場の醤を多用してるのか?という感覚で、甜面醤・豆板醤は言わずもがな、花椒の刺激もまた堪らなく本場と感じさせてくれます。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193951j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193944j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193952j:plain

 
 更にお好みで、山椒ミルも出してくれるし、更にビリビリと辛痺へと調整可能。醤の麹が生きているのかと感じるほど、滋味深くて華やかなる麻婆!。ボリューム感もしっかりで、これが200円で味わえるなら食うべし!。
 

f:id:TOMASSOON:20211107193953j:plain

f:id:TOMASSOON:20211107193947j:plain

 
 
 
総じまして「旨さと作り込みに隙なし!旨さ崇高!料理人気質がありありと滲み出る極上醤油蕎麦!」

f:id:TOMASSOON:20211107193909j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。こちらは、四季折々にとどまらず、細かい時節の移り変わりに応じた限定麺が素晴らしい。しかしデフォルト定番の中華蕎麦もこんなにしっかり美味いのかと思うと、かなりレベルが高いお店と申せましょう。西武新宿線ご利用なら、絶対に一度は行っておくべき店かと。清潔感もあり落ち着く店内は、老若男女全てに受け入れ易いと思います。激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211107201115j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211107193946j:plain

関連ランキング:ラーメン | 下井草駅井荻駅

 

 

【今週のラーメン4728】 丸幸 (東京・武蔵境) ラーメン + チャーシュー皿 + アサヒスーパードライ中瓶 + 清酒 多満自慢 〜ラヲタオヤジのオアシスなスポット!夜も静かに止まり木感覚でゆったりしつつクラシカルな旨さ抜群!

中華そば専門店で思うままフルコース的に発散してみた!
 あんまり時間的余裕もなく、今回も活動エリア内の近場で、酒と麺を楽しもうと、また「丸幸@武蔵境」さんへとやって参りました。前日、「みたか@三鷹」で同じような展開をしたばかりなのに、相変わらずやることワンパターンでございます。実は、週明け早々に定期健康診断がありまして、日曜日は飲めないのが痛い!。なので意地でも土曜日に酒も存分に絡ませて食らいつくそうと言う企みで、今回は少しばかり弾けてみましたわー。こちらは、時間をずらせばギチギチに混雑することもないので、ゆっくり過ごせるのがお気に入り!。中央線利用者にはオススメでございます。
 

f:id:TOMASSOON:20211106190829j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106190946j:plain

 
 
 
<酒1> アサヒスーパードライ:もやもや気分を一刀両断する辛口キレ味!キン冷え痛快!サービス嬉しいお通しメンマ!一気にクールダウン!

f:id:TOMASSOON:20211106221031j:plain

 
 まずは定番の瓶ビールからいってしまおう!サービスのメンマお通しをつまみながら、軽くアイドリングです。相変わらずいいね!瓶が冷え冷えでして冷たさが手に伝わる!。コップも冷えてて曇ってます。毎度、冷たいコップにキン冷えビールを注ぐ瞬間がたまらんのです!。泡立ちが透けて見えるのが実に粋です。やっぱり、スーパードライらしいキーンとした辛口の響きと冷たい刺激がナイス。いつもの喉越し刺激を感じつつ、鋭いキレ味で、心のストレスを泡と共に流してくれるようですわー。ビールは切れ味!っていう感覚をいつも十分にアピールしてくれます。
 

 

f:id:TOMASSOON:20211106221119j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221043j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221052j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221059j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221108j:plain

 
 
 
<酒2> 三多摩地区自慢の蔵!多満自慢!レギュラークラスなれど馴染みの甘さとすっきり飲み口!

f:id:TOMASSOON:20211106221629j:plain

 
 続いて今回も日本酒!三多摩地区の銘酒「多満自慢」の常用酒一合瓶。熱燗も考えたが、小春日和の暖かさが余韻として残る夜だったので、今回も常温でいただきましょう。あゝ、やっぱり甘さとすっきり余韻!。辛口のキレもいいが、お手頃感なる甘味と気安さがいいね。今回はアテは「チャーシュー皿」と決めてましたが、その和芥子の味わいにかなりフィット!。ますますここで酒飲むのがハマるのです。あゝ、だんだんオレ、酒にヤバいやつになっていきそう:汗。
 

f:id:TOMASSOON:20211106221543j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221550j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221612j:plain

 
 
 
<チャーシュー皿> 常連の中で確実に人気メニュー!2種の豚肉スライスにてんこ山盛りの味葱!酒が進みまくり!

f:id:TOMASSOON:20211106194138j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221335j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221241j:plain



 
 ここでは「チャーシュー皿」を激しくオススメ。定番ラーメンが430円と安すぎるのもあり、それ以上の価格はしますが、しっかり楽しめます。常連人気で、休日の昼間は、これで瓶ビールを空けまくる光景ありあり。チャーシュー2種あって、「蕩けるスライス」なのが魅力的で、肩ロースとバラ肉がダブルで重ねらる。そして、味ネギがこんもりと山盛りで、更に嬉しいのが辛子がペットリと、皿の縁に多めにネジつけられてる。
 

f:id:TOMASSOON:20211106221444j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221642j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221516j:plain

 
 ふふっ!いつもの通り、葱を肉で巻くのです。そして辛子もねじり入れる。更に甘めの醤油ダレを絡める!。これを一気に口に入れると絶品至極!。煮豚タイプの脂身の甘味とタレが滲む赤身の肉味!。味葱の甘味で旨さを高め、辛子の刺激で旨さは完成です。酒好きなら絶対にアテる価値あり!。麦酒とも日本酒とも相性良いですが、ハイボールでもいい感じみたい。
 

f:id:TOMASSOON:20211106221654j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221530j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221431j:plain

 
 
 
 
<全体> 素朴な風貌!拍車をかける素朴なメンマの盛り!馴染みのあっさり醤油出汁の優しさに心は溶けゆく!

f:id:TOMASSOON:20211106212608j:plain

 
 酒のアテに、肉とネギをたんまり頂いたので、その流れで今回は「メンマ」ラーメンとさせていただきませう。おおお!いつもながらライトな醤油スープに刻み玉葱のトッピング!素朴さがじんわりと深く伝わりましょう。チャーシューはバラ肉スライスで少しペラいが、スープに浸って緩く蕩けるか?昭和のラーメン感覚ってイメージです。そしてメインのメンマが、醤油の色合いを伝えるようで、同時に柔らかさも伝わりいい感じ。特にオーソドックスさがいいね。短冊型のメンマの黄土色感が、麺顔全体を妙に優しく落ち着かせる風貌です。
 

f:id:TOMASSOON:20211106192437j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106192440j:plain

 

 
 
 
<スープ> さっぱり系豚肉煮出しに仄かに清涼感!節系の魚介溶込みしみじみ!カエシ穏やか!安らぎ感じる大衆の旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211106221821j:plain

 
 毎度思うが、出汁の映え方がクラシカル。そこがいい塩梅です。単純に言えば「さっぱり系」。動物感が淡い感覚だが、下味のように滋味深く感じます。グツグツとエキスを絞り出したようでもなく、妄想の中では、骨というより肉を煮出したような優しい豚の出方?。とても穏やかな動物エキス感です。そしてしっかり合わさる魚介の出汁感。その甘味も穏やかなことから、煮干しよりも節系の溶け込みの方が、しっくりと感じさせます。そしてカエシも穏やか。まさにゴクゴクと飲み干しても引っ掛かりがありません。薬味の玉葱もフレッシュな甘味を感じるほどで、その風味が酔っているのもあって、生姜に似た清涼感を仄かに感じさせるか?。飲んだ後の〆に実に最適でもございますよ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211106221752j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106221807j:plain

 

 
 
 
<麺> 今回も卵麺チョイス!つるっとスベり引き締まるモチモチ歯応え!ゆっくりじわじわ出汁を吸い込み素地の甘味がナイス!

f:id:TOMASSOON:20211106222031j:plain

 
 2種類選べる麺の中で、今回も卵麺。すっかり蕎麦粉入りから宗旨替えしてしまってますな。以前は柔麺のイメージだったんですが、多加水っぽいモチモチ感がある上に、落ち着きを感じるほどの引き締まりもありなむか。プツプツプツリプツリと千切れる感覚も快感です。そして出汁を吸い取った後の旨味がしっかり伝わるのが更に旨し!。特に玉葱を絡め込んだ時の味わいもよく、その複雑な歯応えが快感です。へへへ・・・一通り楽しんだあとは、今回も性懲りも無く、海苔!メンマ!チャーシュー!と色々と巻き込んで遊びながら食らうのだった・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20211106222055j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106222044j:plain

 

 
 
 
<チャーシュー> 崩れんばかりの柔らか豚ばら肉薄切りスライス!醤油タレに甘さに脂身の甘さを覚える円やかな展開!

f:id:TOMASSOON:20211106221933j:plain

 醤油系のタレにしっかり浸かった豚ばら肉。定番中の定番ですな。タレが浸透した脂身の部分が旨いが、スープが浸透した赤身も肉味と交わって旨い。もう定番過ぎてそれだけでも、容易にイメージしていただけるかと。特にその脂身と赤身が交わると最も旨いですわー。肉全体に甘味すら覚える円やかさもクラシカルで印象的かと。チャーシューメンとなっても、全く胃袋に負担なく、妙にバクバクといくらでも食える感覚なのす。さてこの肉。チャーシュー丼でも楽しめるようですが、一度どんなのか見てみたいかも。いつも気になってるが、どうしてもラヲタだとラーメン優先になってしまうし、麺も丼もフルサイズ一度に食らうのも、今となってはかなりしんどい〜。
 

f:id:TOMASSOON:20211106221854j:plain

f:id:TOMASSOON:20211106222108j:plain

 

 
 
<メンマ> 色合い深く!されど薄味で素材感あり!出汁感覚ありな乾物下味!染みる優しい旨味!

f:id:TOMASSOON:20211106221835j:plain

 
 メンマラーメンを選ぶってところが、少し常連ぽく思えませんかね?。関西オリジンな私は、実は若い頃、このメニューはお目にかかったことがないのよねぇー。海苔さえ邪道と思ってた若造でしたが、就職で上京しこっちがかなり長くなり始めた頃から、関東流儀の醤油色が深いメンマに、ゆっくりとハマり始めたようです。このメンマも自家製なんじゃないかと感じる仕上がりで、まるで昔から慣れ親しんだ味わいのよう。丁寧な作り込みを感じます。毎度毎度同じ語りだが、醤油っぽい色合いがある一方で実は薄味系。素材感も味わえるし、スープを吸い込んだ後の一体感もまた旨いのです。
 

f:id:TOMASSOON:20211106221842j:plain

 
 
 
総じまして「ラヲタオヤジのオアシスなスポット!夜も静かに止まり木感覚でゆったりしつつクラシカルな旨さ抜群!」

f:id:TOMASSOON:20211106192429j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。駅前では既にクリスマスに向けた冬のイルミネーションが点灯し、華やかさを増してますが、少しそばの路地裏で暗影にポツネンと暖かく灯る中華そば屋の明かり。夜にほっこりと一人で過ごせる良い店です。そんな雰囲気が拉麺にも染みるようす。中央線オヤジなら激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211107095539j:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211106220918j:plain

関連ランキング:ラーメン | 武蔵境駅

【今週のラーメン4727】 中華そば みたか (東京・三鷹) ラーメン + チャシューワンタン皿 + サッポロラガービール赤星 中瓶 〜今に耐える名店江ぐちスピリッツ!昭和の旨さ令和に伝えるクラシカル極上中華そば!

魂の疲弊を癒す心のオアシス・・・中華そば みたか
 
 もうこの日は、絶対夜に「みたか@三鷹」へ行こうと決めておりました。久しぶりに出社してそれなりに忙しく、妙に食事のタイミングが合わず、昼飯はカロリーメイトのみですぜ。割り切ってはみたものの、金曜日でなかったらキレていたかもしれません(嘘ぴょん!)。家族は飲み会その他で、家に帰っても出払っておりますし、とっても遅い昼飯兼晩飯。実に久しぶりの「夜みたか」で楽しませていただきませう。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210041j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210054j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210121j:plain

 
 
 
<酒> サッポロ赤星!入店するなりご店主が赤星持って出迎えるよ(爆)!そんなホスピタリティで尚更旨し!ナイス過ぎるラガービール!

f:id:TOMASSOON:20211105210226j:plain

 
 満席で少し待っての入店。そしたらH店主が、赤星を持ちながら出迎えてくれました(爆)。あゝ・・・拙ブログ&レビューをちゃんとチェックしてくれてたのね(瀧汗)。心の中で大爆笑しつつ恐縮な気持ちでとりあえず席に着きます。もうそんな出来事だけで酒が旨くなるよね。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210156j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210207j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210218j:plain

 
 いつものズシリとした苦味が今回は軽快に甘くも感じるじゃないか!。お気に入りの店と拉麺、そして赤星!。1週間の疲れや憂さが一気に晴れやかですー!。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210241j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210248j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210259j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210307j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210320j:plain

 
 
<アテ> チャシューワンタン皿!具材と薬味と出汁で溢れ出んばかりの豪快素朴さ!小腹が張ってしまいそうな量感質感!

f:id:TOMASSOON:20211105210426j:plain

 
 前回訪問時に、他客がやってたアレンジをちゃっかり今回真似させていただきます。名物チャシュー皿に、ワンタン追加でお願いしてみました。そしたら何と、小皿に溢れんばかりの並々状態で焦る。ワンタン入れたので、スープを少し足してくれてる様子です。またそれに合わせて小刻みな葱微塵もたんまり。これだけで少し小腹が張るほどです。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210411j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210449j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210506j:plain

 
 チャーシューもいつもはスカッとしてるものの、出汁を吸い込んでジューシー。それはメンマも同様で、少し濃ゆい拉麺出汁に浸ったようで、妙に味わい旨味が濃ゆいので酒が更に進みます。ワンタンは言わずもがなのレトロなタイプ。皮中心で揺らめきと滑り、そして素地の旨味をしっかりと堪能できる塩梅です。思わず小瓶を追加しそうになるが・・・翌週健康診断だったので気持ちギリギリ抑えることができました。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210523j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210540j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210550j:plain

 
 
 
<全体> 名店「江ぐち」を彷彿とさせる不敵な素朴さ!和む醤油出汁に和蕎麦ライクな麺線が透ける!シンプルな具材が昭和を感じるよね!

f:id:TOMASSOON:20211105181211j:plain

 
 リアルに「江ぐち」を知ってるわけじゃないが、色々意見があるようですが見事に再現されてるようですね。それだけで昔の風景が蘇るよう。昔の中華そばって、具材は飾り程度なのが多かったと感じてるんだが、令和の今だとすごくシンプル過ぎる感覚になってしまうね。しかし、むしろそれがこの店らしく、そんな素朴さが嬉しく感じる麺顔です。特に煌めくでもない醤油清油で、素朴な地肌で和蕎麦ライクな麺が透けて見えるのも、レトロな風雅を感じさせるほど。今となっては逆に、大胆不敵な素朴さとも受け取れてしまいそうです。
 

f:id:TOMASSOON:20211105180159j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105180200j:plain

 
 
 
<スープ> チャシュー皿の余りタレも投入!豚煮出しの円やかさに野菜の甘味!昆布エキスの溶け込み深く滋味和やか!

f:id:TOMASSOON:20211105210730j:plain

 
 調理風景で、白い粉の投入によりケミカルな印象を持ってしまうかもですが、いえいえ、味わうとそんなことは微塵も感じません。いい意味でとてもさっぱりとして、嫌味が全くない!。醤油ダレが魔法のようにキリリと伸びるような塩気だが、ベースの出汁は優しい豚煮出しである上に、大量の葉野菜と昆布の投入と、その煮出しが効いており、とても円やかで優しい旨味となっております。今回は、「チャシューワンタン皿」で残ったタレも投入したのもあって、一層優しく円やかな展開がナイス。それぞれのエキスが溶け込み、いつもより滋味和やかな展開となって旨しです。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210707j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210717j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210648j:plain

 
 
 
<麺> 何度も言うよ「和蕎麦ライク!」さりとてオーションに似た分厚い風合いも残す!出汁が浸透し切っても素地を感じる旨さ也!

f:id:TOMASSOON:20211105210829j:plain

 
 もうこれしか言うことないかも(笑)・・・和蕎麦ライク。数年前、テレ朝系の「かりそめ天国」で有識者で出させてもらったことがあるのですが、その際も、この店の紹介で思いっきり「和蕎麦」と表現したでしたー。そういえば、その当時から見ると、H店主も痩せたよねぇ〜!。しかし本当に蕎麦粉が入ってるのかもしれんが、個人的にはオーションも少し混じるのではとか邪推しております。風合いの強さ、そしてザラつき。出汁をしっかり吸い込んでからも熱ダレ汁ダレせずに、甘味を伝えるところなど・・・妄想が妄想を呼んで止まらなくなるー。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210840j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105210850j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105211000j:plain

 
 
 
<具材> 多くのファンを魅了する豚切り落とし!昭和の魅力を感じさせるレトロな旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211105210907j:plain

 
 ま、チャシューワンタン皿でしこたま食ったので、この程度のシンプルさで十分です。煮豚の切り落としは、この店大人気メニューで、常連がこぞってお土産に買い求めるものだから、チャシューメン頼むことができるのか心配してしまうほど。今や、炙りや低温調理、そして吊るしが人気復活している中ですが、こんな古風素朴な肉がやっぱり旨いのです。懐かしくもレトロな旨さと申し上げたい。
 

 

 
 
<メンマ> 昔の名前で出ています〜♫メンマと呼ばず「竹の子!」さっぱり仕立てが出汁に合う!

f:id:TOMASSOON:20211105210929j:plain

 
 これも何度もブログ・レビューで伝えるが、ここでは「竹の子」と言う呼び名。丸長@荻窪でもそんな呼び方だし、東京西エリアで古くからはそれが正式名称だったのかもしれません。サクサクと歯切れがよく、下味は控えめ。醤油スープや、醤油ダレとシンプルにマッチし、いくらでも食えそうな気がするほどライトな旨さが痛快です。豚もいいが、竹の子もいいよね!。激しくオススメかも!。
 

f:id:TOMASSOON:20211105210919j:plain

 
 
 
総じまして「今に耐える名店江ぐちスピリッツ!昭和の旨さ令和に伝えるクラシカル極上中華そば!」

f:id:TOMASSOON:20211105180156j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。ここの拉麺はもちろん好きなんだが、この雰囲気というか、接客というか、地下に籠るのに明るさといったものが、とても和ませてくれます。少しこの先、色々と忙しくなるので癒しを求めて訪問回数増えるかも?。引き続きよろしくと感謝の気持ちを伝えつつも激しくオススメ!旨しなので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211105214121j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211105211110j:plain

f:id:TOMASSOON:20211105211157j:plain

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4726】 麺屋 さくら井 (東京・武蔵野市西久保) 特製らぁ麺 醤油 中盛 〜止まること知らぬ旨さブラッシュアップ!?進化と緊張感に深い穏やかさ伝える極上醤油そば!

近場に名店!嬉しすぎる!忙しいときしょっちゅうお世話になってます!
 最近、疲れてない時がないね(汗)。期日に追われた状況に陥り、昼飯タイムも仕事をしてしまいました〜。決してブラック企業ではありませんのであしからず。好きでやってるだけです(笑)。とは言え、ちょっと憂さ晴らしに近い気分転換もしたくなると、とっても良いのを食いたくなるのは必定。そんな時に、とっておきなのが。「麺屋さくら井」さんでございます。行列覚悟なお店な故に、平日でピークタイム過ぎた頃合いならサクッと入れると考えたのですが、なんと・・・・行列なし!。入店後、そこそこ混み合うというタイミングで実にラッキー。きっとこの日は、ここで食うと言う運命だった様です。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145131j:plain

 
 ただ、残念なのは・・・仕事がまだ残ってるので飲めないこと。この店なら、酒が飲める日に来たかった・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145128j:plain

 
 
<全体> ゆっくり変化?全体的に煌びやかさの中に穏やかさが進む印象!?整然さと迫力の肉重なり美しく!

f:id:TOMASSOON:20211104145135j:plain


 
 酒が飲めないし、腹パンになり過ぎると眠くなるので、程よく「特製」で「中盛」としたのがこの麺顔です。もう何度も遭遇してるんだが・・・全く見飽きないね。定番&看板の醤油なんだけど、近年少しづつ変化を持たせた感じです。個人的には、若干醤油の色合いが明るくも感じるようで、煌びやかさがアップした様子。そしてチャーシューの表情が、半レア感抑え目。今回も肉の整形が凛とした感覚があり、サイズも揃ってエッジが立って折り重なり、見映えしますな。以前はもう少し素朴さがあった気がするが、実に垢抜けて崇高にも感じる醤そばですな!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211104145132j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145134j:plain

 
 
 
<スープ> 円やかさの中に密かなすっきり動物感?乾物と醤油の溶け具合が見事!正しく飲干したくなる芳醇さ!

f:id:TOMASSOON:20211104145146j:plain


 
 やっぱり、日によって多少変化を持たせていると感じます。今回も、さらりと飲みやすい感覚!。最近こういうのが多いのかな・・・、鶏油で甘かったり、乾物の甘味が濃ゆいことも少なめな感覚。少しライトになったというかすっきり?と感じます。なので淡麗さが増したイメージです。個人的には乾物の溶け込みでスマートになったような印象で、以前は、この板で頻繁に指摘した椎茸の風合いが、微妙に少し抑えられた様子。引き算とも思えず、節が増えたのかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145144j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145145j:plain

 
 カエシもすっきり円やか!。なま醤油系のブレンドがよく伝わりますが、ベースが微妙に変化か?。鶏のエキスはスマートに感じる一方、コクもしっかり感じる様です。煮干系は日によって変えているのかな?。同じようで毎回違って感じるから飽きないんですよね〜。こうやって振り返るだけで、また楽しくなってくる。
 f:id:TOMASSOON:20211104145143j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145142j:plain

 
 
 
<麺> 三河屋製麺!美しく整う麺線!スープを受け止める素地の風味と甘味の高さ!品やかもキマる旨味と甘味!

f:id:TOMASSOON:20211104145155j:plain


 
 左右に流れる麺線がシンボル。メンマも並行しているため、目線を泳がせずより強く平行線を感じさせます。この麺もまた旨い。ゆっくりと出汁を吸い込むのはいつもの通りですが、素地の風合いと甘味をしなやかに伝える様です。序盤からプツプツクスクスとした歯切れがナイスで、微妙にハードさを醸しつつ、噛み締めると一層旨味が高まる感覚。フレッシュ感すら覚える様です。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145156j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145157j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145158j:plain

 
 へへへ・・・また今回も海苔を巻き付けて食らわせてもらいましょう。麺の甘味は、海苔との相性もまた変わり、海苔の方もよりよく風味を感じます。また前回と同様にメンマ・青菜、そして肉など具材を巻き込ませて食らうと更に旨し!。今回の中盛は大正解!。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145202j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145203j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145205j:plain

 

 
  
<チャーシュー> 極上低温調理2種肉!整い美しき!隠し包丁の技冴える柔らかさ!レアっぽさ抑えた豚肩ロース!ぱふぱふ歯応えの鶏胸肉!噛み締めて旨さ最高!

f:id:TOMASSOON:20211104145149j:plain


 
 形が整形されただけでなく、豚には細かく隠し包丁が入れられてます。なので元から柔らかい肉が、更に柔らかく感じるところが素晴らしい。肉屋で勉強したとのことですよ。探究心に頭が下がる思い。そんな豚肩ロースは、以前はツヤっぽくも艶めかしい生感覚がある仕上がりだったのが、今では微妙に熱入りが進んだような仕上がりです。出汁の温もりで細かく差す脂が溶け、じんわりと甘味を感じます。あゝ・・・やっぱりこの旨さだと酒が飲めるタイミングで来たかったと思う。そんな悔しい旨さ。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145150j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145151j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145152j:plain

 
 一方、コンフィを感じさせる鶏胸肉もまた見事。まさにぱふぱふふかふか!。箸で持ち上げたり曲げると、細かいスキマが生まれ、そこから出汁が浸透するような感覚。淡泊な鶏肉の滋味が、一気に明るい旨さと滲みます。これも、スポンジのように出汁をたっぷり吸わせると、もっと旨くなる。激しくオススメです。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145147j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145148j:plain

 

 
 
<他具材> 質感高く色鮮やか!歯応え上品!思わずお酒が欲しくなるメンマと青菜!

f:id:TOMASSOON:20211104145159j:plain


 
 かなり上質!。メンマは細長で、きめ細かい繊維がみっしり!。とても品やかで柔らかい歯応えで、絶対にそのまま白飯に乗せてめんまご飯にして食らうと旨いはず。緩いコリコリ感がまたそそります。一方の青菜は、単品でやっぱりお浸しになる上質感!。出汁を吸わせてくらうと青さの中に旨味が残ります。何と言っても仕上げもよくて色鮮やか!。ザクっとした歯応えも微妙に柔らかで、しっかり箸休めとして堪能させてくれます。ほんと隅々まで手抜きなし。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145200j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145201j:plain

 

 
 
<味玉にはずれなし!> こだわりの那須御養卵!ふるふる柔らかき白身!出汁が深く浸透しマチュアな甘味と素材の濃密さを伝える卵黄!

f:id:TOMASSOON:20211104145140j:plain


 
 今回も、柔和で穏やかな色合い素敵!。白出汁を連想させる仄かな乳白色で、相変わらずフルフルとした柔らかさが絶妙です。割った中の白身は、まるで杏仁豆腐のようなやわらかさとは言い過ぎか?。味わいもしっかり浸透し、優しいお出汁の感覚がありありです。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145206j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145207j:plain

 
 そしてブランド卵!那須御養卵!その卵黄の濃密感が素晴らしく、出汁が浸透しすると熟したような鮮烈で濃ゆいオレンジ色が見事!。ほぼ全体がジュレ部分で、緩くトロミ部分はネットリしております。もちろん、スープに浸しても濁ったりしない濃厚さで、まさに舌全体にに絡みつく!。やっぱり味玉の旨さはハンパないのですな!。
 

f:id:TOMASSOON:20211104145208j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145209j:plain

 

 
 
総じまして「止まること知らぬ旨さブラッシュアップ!?進化と緊張感に深い穏やかさ伝える極上醤油そば!」

f:id:TOMASSOON:20211104145133j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。醤油ラーメンの域を超え、まるでお料理のような醤油そばです。出汁・麺・肉・その他どれをとっても質感あるし、全体的まとまりも素晴らしい!。こんな一杯にサクッとたどり着けるエリアに住んでるだけで幸せでございます。なのでみなさんにも激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211104213259j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20211104145214j:plain

f:id:TOMASSOON:20211104145138j:plain

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

 

【今週のラーメン4725】 Tombo(東京・吉祥寺) 味玉汐の旨味ソバ + 皮ワンタン + サッポロラガービール赤星 中瓶 〜さすが大賞受賞経験店!明るさと深さと楽しさの演出素晴らし!隙なしの極上塩そば!

小春日和に気分転換・・・井の頭公園散策ついでに極上の一杯!
 最近、休日もすっかり余裕なく、気分転換もままなりませぬ.遠出も出来ないため、ふらっと井の頭公園へ散歩です。緊急事態宣言が明けたせいで、すっかり人手は戻っておりますが、大道芸やら路上演奏は全くなく、公園全体がほのぼのとした感覚ですー。本来なら、「いせや」にでも入って昼酒肴と洒落込みたいところですが・・・すっかり元通り混んでるわ:汗。ま、天気もいいし運動不足で少し歩こうと考え改め、昼飯ついでに訪問したのが「Tombo」さんです。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164142j:plain

 
 本来もっともっと通っていいお店ですが、吉祥寺駅からそれなりに歩くし、行列するので、平日利用するなら昼休みがはみ出てしまうのよねー。そんな心残りを休日に回収する流れでもあります。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164141j:plain

 

 
 
<酒> サッポロラガービール赤星!漸く気兼ねなく飲めるぜ絶対的旨さの信頼感!キンキン冷え冷えズッシリ苦味の分厚いコク味!

f:id:TOMASSOON:20211103164150j:plain


 
 へへへ・・・Tomboにこだわる理由は、これ「赤星」があるのも理由の一つ。実にここで飲むの久しぶりな気がします。相変わらず座席間が仕切られており、あまり客を詰め込まない様子。ゆっくり酒を楽しみます。キンキンに冷やされて、切れ味が鋭くなる。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164155j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164156j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164158j:plain

 
 独特なズシリとした苦味をそのまま単に味わうもいいが、後味に少しばかりの甘味を感じるのが大好き。まさに絶対的信頼感とも思えるビールで、酔いの回りも気のせいか、いつもより心地良し。
  
 

f:id:TOMASSOON:20211103164151j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164152j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164153j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164154j:plain


 

 
 
<全体> 雲のような皮ワンタンの和みと迫力!別格痛快にも感じさせる淡麗塩そば感覚!完成度バリバリ!

f:id:TOMASSOON:20211103164145j:plain


 
 おおう!穏やかに透き通った清湯の海に、焦がしねぎのような欠片が漂う。そして肉!メンマ!のみならず、今回は雲のような「皮ワンタン」が投入されており、面白い具材の均衡を保っているうようです。肉は三枚肉とも呼びたくなるような、豚バラ肉で、また酒が進んでしまいそう。汁を吸い込んで旨さも高めているようでワクワクしてきます。そして皮ワンタン・・・・もうすっかりと汁を含んだトロトロ状態。まさしく雲のような有様で、丼の中でプレゼンスを発揮しております。どこから箸をつけてよいものか、迷ってしまうほど楽しい!。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164157j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164237j:plain

 

 
 
<スープ> 動物系のコク旨味が実に芳醇!しっかり溶け込む乾物系魚介の甘味とキレ込む塩ダレ感!焦がし葱?の香りで旨味もアップ!

f:id:TOMASSOON:20211103164209j:plain


 
 スープを啜るが、想定通り明るい味わいの広がりがナイス。優しく丸鶏・鶏ガラの旨味さを芳醇に感じます!。豚肉エキスも溶けるような優しさ?。分厚い厚化粧はなく、素直な旨さです。そして香味が良く甘味も深い。焦がしネギ油が少し入っているようで、葱油をギトギト感じさせることもなく、焦がしの軽い香ばしさと葱特有の甘味を引き出した感覚。ただビールで酔っていたためか、微妙にニンニク油も入ってるのか?と妄想もしてしまいました(全く妄想で根拠も自信もないが)。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164207j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164206j:plain


 
 一方で魚介系もかなりアピールしています。ベースにも魚介は滲んでいるのかは不明。でも塩ダレには節系や昆布、煮干しの滲みもあるはず。ニボ感は全くなし。塩気をチリッと感じさせる程度のエッジングでしょうか。次第に麺と皮ワンタンから吐き出される炭水化物の甘味も中盤以降は溶け出すので、ゆっくりと旨さのカオスが重なる感覚といえましょう。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211103164205j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164204j:plain


 

 
 
 
<麺> 三河屋製麺!かつての名店「エルドラド」彷彿とさせる品やかさ極まるストレート系多加水細麺!出汁の持ち上げ抜群!皮雲呑までも巻き込む密着フィット感覚!

f:id:TOMASSOON:20211103164218j:plain


 
 麺が独特!というか名店系譜だなと思わせて安堵させます。とってもしなやかで、汁を一度吸い込んだら、ダレたりするかもと思える細い麺。しかし、これが持続性が高いから長く楽しめる展開で、汁を吸い込んでも麺の風味も残すところが、素晴らしくも感じます。まさに品やかな腰付き。麺と麺とが貼りついて出汁をググッと持ち上げる力がありあり。ズボボボボボボーーーーっとすすり上げると実に快感なのです。 
 

f:id:TOMASSOON:20211103164217j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164216j:plain

 
 なんと言っても歯応えがいいね。プツプツ!スパスパ!クチクチ!と前歯や奥歯で楽しませてくれます。このライトさがいい感じで、やっぱり個人的にはかつての名店「EL DORADO@福生」を彷彿とさせられます。繊細な麺にしては、麺の風合いもしっかりしてて、汐出汁とマッチして旨し。後半になって・・・皮ワンタンが麺に貼りついてきますが、これもヒモ皮と麺の一体感も呼び込む旨さ!。多分、今後毎回、皮ワンタンを入れると思う!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211103164224j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164225j:plain

 
 
 
<皮ワンタン> 蕩ける帯!トロトロと滑らかに揺らぎ絡まる極楽感覚!吸込む出汁と素地の旨味をしっかり伝える!

f:id:TOMASSOON:20211103164219j:plain


 
 実は、赤星以外に強く惹きつけるのがこの「皮ワンタン」。これにかなりハマってしまいました。皮ワンタンというより、一旦木綿のような感覚でしょうか。ヒモ皮を連想させると言っても良いね。箸で持ち上げると千切れそうで、これが中々タフ。結構しっかりと粘ってくるので、調子に乗って引き上げると、ビロ〜ンと伸びるのが楽しませます。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164220j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164221j:plain

 
 見て分るように、口当たり、滑らかさ、トロトロ感、ヌルヌルと滑る感覚がナイスすぎる。口に含んで飲み込むまでが全て快楽で、出汁を適度に含んで、味わいとしても実に楽しめるのです。更にボリュームもたっぷり!。皮自体にしっかりとした風味があるのもいいね。粉のざらつき部分を感じるような微細な斑点が浮かびます。この皮ワンタンも酒のアイテムになりそうな旨さ?。 
 

f:id:TOMASSOON:20211103164222j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164223j:plain

 

 
 
<メンマ> コリコリと小気味よい軽快な歯応え!優しく円やかな下味つけ!かなり一級品メンマ!

f:id:TOMASSOON:20211103164203j:plain


 
 ここのメンマは実に旨い!。オススメは「メンマご飯」だったりします。汁に浸った温かみを得て風味がたつところを、味わいますが・・・コリコリ感が優しくも凛としてます。その繊維質の繊細さと引き締まりが素晴らしいのです!。そして味付けがほのかに甘味を残すようで、さっぱりとも感じる。実に清楚な味わいとも思えますね。次回は、皮ワンタンの他にメンマも追加トッピングすると心に誓う!。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164215j:plain

 

 
 
<チャーシュー> 肉厚!そしてトロトロな煮豚バラ肉!出汁を吸い込んだ赤身旨味!重なる脂身の甘味!じっとりと塩気が混じる肉汁うまし!

f:id:TOMASSOON:20211103164200j:plain


 
 煮豚タイプのバラの一枚肉を分厚くカットした感覚。脂と肉の層が美しく割れ見た目も旨そうで、しかもサイズもでかいです。下味もしっかり滲んでいるようで、甘味感じる仕上がりがナイス!。汁に全部浸って旨味を吸い込んでおります。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164211j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164210j:plain

 
 この魚介系とも動物系ともとれぬハイブリッドな出汁が、バラ肉の旨味に溶けると実に格別。甘味のある脂身にほどよく塩気が響くと、両顎が痛くなるほど唾液が一気に溢れすぎてしまいます。前歯を差し入れてもサクッと切れるのも気持ち良い。嫌味なところが一切なしの極上肉!。ううう・・・次回肉増ししてみようか!?。段々と厚化粧になる一方だが:汗。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164212j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164213j:plain

 

 
 
 
<味玉>非常にねっとりとした卵黄が艶かしい表情!出汁をたっぷり吸い込んだ浸透したマチュアな甘味!

f:id:TOMASSOON:20211103164201j:plain

 
 ほのかな塩気がナイスバランス!。いや、下味は白醤油白出汁なのか、柔らかい甘味も感じる仕上がりです。白身がやや引き締まったような弾力で、それも好印象。しっかりと味が浸透した白身の旨さがいい感じです。これは確かに酒のアテになる味玉!冷酒にも合いそうだわ(店に置いてないが)。
 

f:id:TOMASSOON:20211103164226j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164227j:plain

f:id:TOMASSOON:20211103164228j:plain

 
 
 
総じまして「さすが大賞受賞経験店!明るさと深さと楽しさの演出素晴らし!隙なしの極上塩そば!」

f:id:TOMASSOON:20211103164144j:plain

 
 ・・・と言う感動!。どれ食っても美味い!本当にハズレがないお店。実は小まめに限定も繰り出しているんですが、夜限定で今は忙しくて手が出せないのが本当に悔しい。誰かのレビューアップを心待ちにしております。とにかく美味いので激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
 
  
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 井の頭公園駅三鷹台駅吉祥寺駅

 

 

【今週のラーメン4724】 ラーメン 健やか (東京・JR三鷹駅北口) 特製 醤油と貝のラーメン 〜三鷹エリアで代表的な貝出汁!ブラッシュアップが止まらない崇高拉麺!激しくオススメ!

忙しいとき頼もしいお店!しょっちゅうお世話になってます!
 
 ここんとこ、ずーっと身動き取りづらく、中央線沿線ばかりの拉麺活動が続いておりますが、更に最近になって、三鷹エリアに集中してる?。でもほんといい店ばかりで、本当に救われております。今回は、カタメ主義者なら必ずハマる店「健やか」さんへとやって参りました。マジ疲れてる私・・・・今回は大人しく並盛一杯だけ。それじゃ気晴らしにも不足かと、特製にさせてもらいませう。いつもここでは塩系なんだけど、気分転換もかねて醤油系をいただきます。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131443j:plain

 
 
 
<全体> 肉肉しさの中に淡麗感あり!深みの醤油ブラウンが妙に円やかさを感じさせる仕上がり!

f:id:TOMASSOON:20211102131432j:plain

 
 平成・令和になって、淡麗系拉麺がすっかり珍しくなくなった感もありましょうが、へへへ・・・やっぱり今風醤油系の王道なる麺顔がナイスだね!。まさしく美的な麺顔と言えましょうか?。本来なら特徴的なのは麺線がきっちりと整って浮かび上がりますが、特製具材ゆえに、隠れた奥ゆかしい美しさを伝えるところでございます。平成後半に一気に隆盛した低温調理の半レアチャーシューを見ると、あゝ・・・酒を合わせたくなるところだが、平日昼間故に悔しいです。いつもここでは思うんだが、色気の落ち着きが円やかで素敵。香味油でギラつかせず、素顔か薄化粧のような親しみと、今回も繰り返させてもらいます。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131430j:plain

 
 
<スープ> カエシしっかり!乾物柔らか!ぴっちり感じる貝出汁浸透!妙に軽やかな動物エキス?
 

f:id:TOMASSOON:20211102131445j:plain


 
 疲れていればこそ感覚が冴えるか?。いつも淡麗のなかに複雑に感じる旨さが、少し出汁の旨さが因数分解のように分かる気がしました(さっそく妄想入ります)。まず、貝出汁の浸透は、いつも通り素晴らしいんだが、ピチーーーーっとした以前の地味感は、今ではずっと円やか。開店当初のホンビノス感ではなく、浅利って感覚で非常に馴染みやすく感じます。個人的には乾物系の溶け込みとのバランスが取れてきた様な感覚。節と煮干しの甘味が浸透してる様です。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131444j:plain

 
 そして、いつもここが謎だったんだが、仄かな動物系の余韻。それでいてしっかりもしているし、香味油の余韻かなどと思ってたんですが・・・・実は牛エキス??。決して全面には出ず、下支え感なのですが、鶏の濃密感、豚の優しさ、それらとも違う透き通る様でしっかりした味わいを感じる様です(表現力が足らん)。表層に浮く油の一部に、植物系とも違う、動物系な細かい煌めきも感じたりして。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131442j:plain

 
 そして醤油。貝出汁でいつも撹乱されてますが、ライトな様で深みのある味わいは、たまり醤油かと。だったらもっと黒みが深いはずと思えど、乾物で和らいだ様な色合いに感じます。他とブレンドしてるのも少し感じるかもね。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131438j:plain

 
 
 
<麺> 自家製麺!馴染みのパツっとした歯応え&風味高さが痛快!噛み締めて出汁と混じる旨さ!見栄え凛々しく腰つき品やか!

f:id:TOMASSOON:20211102131500j:plain


 
 やっぱり、カタメ主義者を唸らせる旨さです。パツっとしたストレート細麺が実に秀逸。密度が高くて風味も高い。博多系のような熟成した風味より、フレッシュさが伝わる様子。そして出汁が浸透し始めると少しシットリ感も混じるパツッと歯応えです。言わずもがな、風味高さは相変わらず痛快。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131503j:plain


 
 汁が浸透し始めると、ややゆったりとっした腰つき。と噛み締めて旨し!。汁の持ち上げは良く、噛み締めると麺と出汁が一体化する旨さです。束になった麺を奥歯でプツプツヌツヌツと潰すと素地の風合いが溢れると同時に、汁が混じった旨さで唾液腺が一気に刺激。溢れまくり。ここは素直に麺だけをノーマルで楽しみたいところですが、やっぱり今回も具材を絡めても楽しんでしまいました。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131507j:plain

f:id:TOMASSOON:20211102131506j:plain

 

 
 
<チャーシュー> 低温調理系の鶏豚2種!滑らかに絡みつき甘味ある豚肩ロース!タレのほんのりした旨味に軽い刺激の鶏胸肉!

f:id:TOMASSOON:20211102131441j:plain


 
 豚肩ロース。下出汁が浸透して、味はとても穏やか。全体的にピンク色した赤身は、肉本来の肉味がダイレクトに伝わります。そして、下出汁の風合いも見え隠れで淡麗なイメージの味わい。そこに脂身の甘さが混じり浸透し、一体化する旨さ!。酒なしで食らうのが何と勿体無いことか。また少し遊ぶ感覚で、スープに絡めて泳がせてから食らいますが、豚肩ロースは脂身が緩くなるようだし、また赤身が少しだけ上気した旨味も、白飯に合いそうな旨味が生まれてナイスです。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131440j:plain

f:id:TOMASSOON:20211102131448j:plain

f:id:TOMASSOON:20211102131514j:plain


 
 鶏胸肉は、定番とも言えるコンフィ状。少しハードなパフの様なフカフカで、少し引き締まりがある歯応えです。気持ちよいほどに千切れるのも快感。浸透させた出汁が少し特徴があって、周囲に絡ませたのか微妙なスパイス感もナイス。下味の甘味とマッチします。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131459j:plain

f:id:TOMASSOON:20211102131446j:plain

 

 
 
<穂先メンマ> 超細長で大胆に丸々一本!貝出汁を吸い込み深い味わい!フニャコリとした楽しい歯応えの持続感!

f:id:TOMASSOON:20211102131439j:plain


 
 実は、穂先メンマがこの店の売り?もしかしてシンボルになりそう?。実に長い!丼の中3/4程度ぐるりと巻いており、食べ応えもあります。色合いはかなり出汁の深い色合い。そして味わいはとてもあっさりしており、スープが浸透し旨さを更に感じさせます。実にこれは一度で食らうのは勿体ない。ちぎっては味わいますが、特に穂先部分は、出汁がしっかり浸透して旨しです。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211102131508j:plain

f:id:TOMASSOON:20211102131509j:plain

 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 玉子本来の味わいがしっかり!上品な濃密感!塩ダレに白出汁混じる様な円やか旨味!

f:id:TOMASSOON:20211102131447j:plain


 
 塩ダレと言うより、白出汁風の味玉かな。全体的に優しい味わいで、卵本来の味わいをしっかり伝える旨さです。白身はプルプルとした柔らかい状態で好き!。軽く乳白色しており、白身だけでも実に優しく旨いのだった。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131512j:plain


 
 卵黄は、やっぱりトロミが少な目で全体的にジュレのような仕上がり。特有の濃密さを表しつつ、出汁の円やかさが心地よく浸透します。以前「生和菓子のようにすごく上品」と伝えましたが、個人的には言い得て妙かと。今回は醤油系の味に混じりましたが、そんな変化も楽しく、しっかり堪能させていただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20211102131513j:plain

 

 
 
総じまして「三鷹エリアで代表的な貝出汁!ブラッシュアップが止まらない崇高拉麺!激しくオススメ!」

f:id:TOMASSOON:20211102132009j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。開店以来通い続けてますが、振り返ると知らぬ間に変化してるし、ブラッシュアップの研鑽を確実に感じます。食べログ2020百名店の仲間入りしたのも頷ける次第。再度激しくオススメ!旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211102205937j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4723】 くじら食堂bazar 三鷹店 (東京・JR三鷹駅北口) 支那そば チャーシュー 海老塩 大盛 〜ピッチリ塩気と海老芳香さ!細かく捩れる麺に見事に絡み合う!味わいしっかり海老そば!

忙しいとき頼もしいお店!いつもお世話になってます!
 とても立ち寄り易いし、うまいのでいつもお世話になってる次第。行列短めで回転がいいし、非常に助かってます。以前より、かなり絞られたメニュー数になってしまったけど、今回もお気に入りの支那そばを「海老塩」で頂いて参りました。デフォルトが680円と抑え目なので、肉増しを超えるチャーシュー盛りメニューでも、野口英世一人分を下回る設定なのが嬉しいね!。もはやここではチャーシュー盛り必須!。性懲りも無く、今回も肉三昧とさせていただきましょう!。食券を買ってから・・・来週、健康診断があるのに気がついてしまったが(汗)。
 

https://lh3.googleusercontent.com/sLZE_YjKkmjealomJTrlV5suToDjN3qrNAnGoLUfA5m0D2WDOKWZOmQetUozQ-OgiDO9UDoAfpelkIxi5zdRbjxRFoXupEVVRAm1QDvWCO_ACOw_y_toioCJJB2CM7zlaSQVH4fdUhVFyMYaUshzr2BiKyfPn6sJQHa0FwMm8sufnydHCXKqi2dMfDXyJUEi7Sh-iwLagdNK6WCdwUqvw5OtUJ1F_HCv-y1ogvjlaLdGvDCiExx2f5yRp1KYgjU5CczSiV71ZNA65oMTuSDK5v2IDjVHVEff4H2NOWq51vWyco6E5N5zG_QWbZheLtZ4h4_939ebw5USQgJ_Uwt9XKK2qZQkAe2guQB-4m_zGkAV_TtErZ6DxHWz0PjMIQ7OOAV5GIVedIQlRTl5KPb5ugT5xv3OveS-k0o_FuZUBKhMYislXY2p0zPu8ClWiO0-IOV7cEpK9up0HV9Ox8iO1mbHE4sAC1vjRfpyQrBkMzu4I76Hv0As6QriUosnu-IuTre-mAO4KJXzWh7XY1JtAlZyQFqDnQgZwhMCpfgkAftNyapUtLKmh7h2LxOR7KSn36jhxcakq8O8mnAXWnY56IzXu93ZwkD_lg02-KGZPf6p2_99RoDzJX3k_0K_oRnl3h_FpCEg9yL-7x-jn38JWQr84qs8k8e_L2ZM-23ZdzSPS3NSpegUU3GIRQ8Y235kN2s1yKJT0koOLLWv8kUejbH6=w2000-h1125-no?authuser=0

f:id:TOMASSOON:20211101135854j:plain

 

 
<全体> 配膳から立ち昇る香ばしい海老風合い!透き通る塩清湯に粗く覆う海老塩ダレ!細の薄黄色!出汁の海老色!

f:id:TOMASSOON:20211101135857j:plain


 
 ふふふ・・・過去に実食済なので想定通りの海老エキスの垂れこみが嬉しいね!ベースストックは、塩煮干の明るさに共通するものを感じますが、そこに海老タレがたれ込みます。その色合いが深い。昔の人はよく言ったものだ・・・まさに正当な「海老色」。色見本通りの発色!。そしてそこには、濃ゆい味わいと感じさせる海老味のパンチ力が潜んでいるようです。配膳の瞬間に、たちまち香りが漂うようで、海老の香りが実にしっかり。その海老ダレの色合いと、細麺の薄い黄色がすごくマッチしており、色組み合わせとしてナイス!。実にプレゼンスの高さを感じる様子!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211101135856j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135911j:plain

 

 
 
<スープ> ピチッとキマる塩気!海老香りが滲むさっぱり仕立て!魚介出汁とコラボする風味感!旨味分厚し!

f:id:TOMASSOON:20211101135904j:plain


 
 ううう・・・これはまさに「海老」&「塩」。先日食した「塩煮干し」との違いや共通が因数分解のように分かりやすいか?。塩気がいい塩梅でピッチリやや強めで、舌に広がります。「塩煮干し」だとここからさらにニボ感に滲んだ塩気がプラスされるが、「海老塩」だと香ばしさが入れ替わる感覚。どちらも塩とコラボするパンチ力に優れるが、甲殻類独特の香ばしさが、スパーーンとキマってる感覚です。繰り返し伝えますが・・・塩っぺーという感じではなく、海老の旨味と香りに共鳴する感覚。すっかり頭の中は海老味に支配されております。
 

f:id:TOMASSOON:20211101135903j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135902j:plain


 
 そして海老特有のザラツキが殆どないのが素晴らしい。これはきっと・・・妄想ですが、徹底的にシノワで細かく擂りこぎされたのかと思ってしまいます。汁をさらえた後の丼に残る粉には、微かに海老甲殻の残存が残る。海老好きにはまさにドンピシャですな。甲殻類特有のエグ味なし!。それに、えへへ・・・魚介系の下支えもいいね。味に落ち着きをもたせ、ハードな印象の割には、ゴクゴクと飲ませるじゃないか。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211101135901j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135900j:plain

 
 
  
<麺> お馴染みの三河屋製麺!加水多めに手揉みボコつき細かく入る細麺!歯切れプツプツ!タレと出汁を持ち上げ卵麺らしい味わいがナイス!

f:id:TOMASSOON:20211101135916j:plain


 
 加水が多め?細麺の中でスリムなタイプ。ストレート細麺と言いたいが、密かな手揉みが入ったような捩れがちょっとレトロっぽいニュアンス?。いや、微かなボコツキと言うべきでしょうか。「支那そば」って感覚ですね。腰つきや啜り上げ、そして歯切れが、細麺の楽しさを感じさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20211101135917j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135918j:plain

 
 そして腰つきが品やかで啜るのが楽しくてならん!寄り添い易くて出汁の持ち上げがすごくいいのです。口当たりがとても軽いし、とても滑らかでズボボボボボっと気持ち良い軽やかな抵抗感が素敵。直後の歯切れがまた小気味よくて、プツプツプツプツプツプツ・・・と実に小気味よい。また、出汁の浸透も割と早いかも。それが出汁と馴染み易いようで、麺との絡み合いも増えてナイス!。やっぱり大盛で正解!。 
 
 

f:id:TOMASSOON:20211101135919j:plain

 

 

 
<チャーシュー> スマホよりもデカい大判3枚!+ブロック肉2つ!仄かに窯焼香ばしさを残す肉汁の旨味!出汁と脂でジューシー!

f:id:TOMASSOON:20211101135859j:plain


 
 圧倒的じゃないか・・・肉の高い質感!そしてボリューム!。全体的にしっとりとした豚肩ロース。とにかく、手のひらサイズの大判が嬉しい!。大きくてそのままでは収まらん。少し折りながら、肉厚なのを箸で持ち上げると箸に重さを感じてしまいます。へへへ・・・更に豚肩ロースを食感で楽しめるブロック肉がナイス!。一口サイズ大のブロックが2つ追加され、そばにビールが無いことが、逆に悔しく感じさせるかも。
 

f:id:TOMASSOON:20211101135906j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135907j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135908j:plain

 
 まぁ全体的には、柔らかい赤身に多めの脂身が差し込んでおり、食らうと仄かにスモーキーな感覚もありなむか?。続いて噛み締めると赤身の肉味と脂身の甘味が渾然一体ですわ!。そして出汁に沈めても全く失われず、更に別ジューシーさが加わるような展開!。旨さを巻き込んで更に昇華するイメージですよ。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211101135909j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135910j:plain

 
 
 
<味変化> 海老には辛味!実は合う!軽い唐辛子の刺激を添えて旨さ広げる!

f:id:TOMASSOON:20211101135922j:plain


 
 海老味だから当然に、辛味とも合う!。カウンターの唐辛子を4回ばかりふってみます。塩気が増すどころか、軽やかな辛刺激増して、それを受けて海老風味も反応するような展開がGOOD!。風合いが少し変わって方が旨くて面白いかと!。中盤以降に激しくオススメ!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211101135923j:plain

f:id:TOMASSOON:20211101135924j:plain

 
 
 
<他具材> 分厚く食べ応えあるナルト!細くコリコリとしたメンマ!食感とスパイス感が心地よし!
 

f:id:TOMASSOON:20211101135913j:plain


 
 やっぱり少し箸休めが恋しくなるかも?。ならば、分厚く大き目なナルトがいい感じです。肉厚でソフトなかまぼこい似た感覚。やはり、ラーメンにナルトは必然ですな。一方のメンマは、このブランド定番の細メンマで、微妙にかかってた胡椒が妙に海老ダレにコラボする様子。それは、心地よい風合いを醸します。是非とも絡めて食らうのオススメかと!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211101135914j:plain

 
 
 
 
総じまして、「ピッチリ塩気と海老芳香さ!細かく捩れる麺に見事に絡み合う!味わいしっかり海老そば!」

f:id:TOMASSOON:20211101135855j:plain

 ・・・と言う感動の嵐!。この店では3番目にでた味わいなんだけど、とても三つ巴的に感じるし、他客のオーダーもよく見かける様子。三鷹駅から北に数分歩いて、武蔵野警察署の交差点向かい側あたりでわかりやすい。サクッと食えるし激しくオススメ!。旨し!・・・なのでとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211101212806j:plain

 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!。
 

f:id:TOMASSOON:20211101135928j:plain

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

【今週のラーメン4722】 清湯豚骨白醤油拉麺 LABO 麺 (東京・中野)[限定]秋刀魚と甘海老のビスクラーメン + キリン一番搾り 小瓶 〜秋の休日しじまに深く染み入る!おフランスの洒落乙感覚溢れる創作系絶品拉麺!

たまには洒落乙に楽しもう!おフランス風流拉麺!
 
 たまには休日だから中央線で都心くらいは出て、酒と拉麺で弾けようと思ったが・・・疲れすぎて気持ちが乗らず。中野で途中下車です。この数ヶ月ずっとラーメン活動もワンパターン化しているので、たまにはお洒落でハイエンドな一杯を食おうかと頭を捻り・・・牡蠣系の洋風な店も思いつくが、駅から近いので今回はココ。LABO麺さんに出没です。確か、酒が豊富だったような記憶だったのも後押し。今回は、洒落乙に食い散らかしました。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124804j:plain

 
 
 
<酒> キリン一番搾り!料理に合うレギュラービール!華やぐ酵母と麦芽の風合いが映える旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211031124809j:plain

 
 確かビールは、ハートランドでワインも出す店だったと記憶してますが・・・酒未提供!!。おいおい、緊急事態宣言明けたんだぜ。しかも日曜日だぜ。これはショックすぎる。引き返すのもみっともないが、どうしてもお酒はダメ???とプッシュしたところ、小瓶ならと出してくれたのがこちらです。昨夜も自宅で飲んだ一番搾り。ま、好きだからいいけどね。料理に合うレギュラービール!華やぐ酵母と麦芽の風合いが映える旨さ!。後味が割と分かりやすく残るタイプで、味わい強い料理ともマッチしそうです。ほとんで三クチで飲み干してしまったかも:爆。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124810j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124811j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124812j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124813j:plain

 
 
 
<全体> 豪勢な一枚ロースト肉とバゲットのインパクト!濃厚なペースト添え!いかにも洒落乙拉麺の極み!

f:id:TOMASSOON:20211031124800j:plain

 
 今月の限定とのことで、これをアップするタイミングでは終わっていますがあしからず。へへへ・・・見事なフレンチ風拉麺。もうトッピングのバゲットでおフランス感覚炸裂です。肉も実に豪華で大判。しかも、オレのような素人には皆目見当もつかん特製ペースト添えで、いかにも挑戦的で質感の高さがバリバリと伝わってきます。これで野口英世1枚ポッキリなら値頃感あるかと。出汁が面白い色合いをしており、ベージュの中に薄くピンクが溶けたようで、しかもエキス感があって半濁り。なるほど・・・ビスク系スープって表現ですね。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124801j:plain

 
 
 
<スープ> 柔らかい白醤油のエッジングに秋刀魚節の甘味!甘海老の旨味が溶けてちょっぴり海鮮系ビスク感覚!

f:id:TOMASSOON:20211031124824j:plain

 
 うわ!洋風かと思いきや、とても落ち着きのある和風感覚も染み入る様子。個人的には醤油系だとカエシをチェックするが、白出汁白醤油を思わせる円やかなエッジングが素敵です。そして秋刀魚節でしょうか、やや厚みのある和出汁風味が広がり、秋刀魚独特の甘味を感じます。そしてその甘味に感覚を集中させてゆくほどに、今度は甘海老らしい海鮮系の甘味に変化してゆくような展開が面白いね!。そっか・・・確かにメニュー表題にはビスクとあったので、その表現なのですね。まさしく甘海老系ビスク感覚がじわじわと広がるのが美味い!嗚呼、ここに白ワインがないことが悔やまれる・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124815j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124814j:plain

 
 
 
<麺> 浅草開化楼!きめ細かい漆喰のような地肌感!品やかなれど密度感ある腰つきと歯応え!素地に甘味を醸し出し出汁を吸い込んで高まる旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211031124829j:plain

 
 細いストレート麺。地肌は白めで漆喰のようなきめ細やかさがあるため、口当たりや喉越しがとてもライト。品やかな腰つきなようでしっかりと密度感があり、モチモチ感覚もややハードにとらえられます。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124830j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124831j:plain

 
 噛み締めると素地の風合いもしっかり伝えるようですが、中盤以降はしっかり出汁を吸い込んで、そして持ち上げて、素地と出汁の旨味の一体感がしっかりと味わえます。麺量は私の腹回りで150から160といったグラム数。お洒落な一杯にしては、食べ応えも感じさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124838j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124840j:plain

 
 
 
<チャーシュー> 大判極上肩肉ローストポーク!赤身の肉味滋味深く脂と出汁を吸い込んで華やぐ旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211031124825j:plain

 
 フランス料理経験者らしい仕上がり?。チャーシューと呼ぶより、ローストポークと呼びたい質感で、ピンク色の赤身が美味い。下味もライトなので肉本来の味わいがしっかり滋味として伝わるようです。しかもビスク出汁に濡れてじわじわと吸い込むところに、差している脂味も溶けて染みるようで、渾然一体となった肉味が旨し。これも是非とも酒と合わせたいような感覚です。引き締まりがあるようで柔らかい食感もたまらん!。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124826j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124827j:plain

 
 
 
<ワンタン> 皮は肉厚!餡は弾けてプリプリ小海老!妙に洋風に感じる面白い旨さ!

f:id:TOMASSOON:20211031124837j:plain



 出汁の雰囲気に飲み込まれたのか、ワンタンすら洋風と思える旨さ。肉厚な皮で素地かんも味わえるタイプ。そして餡は小海老の肉感が弾ける感覚で、さっぱりした上品な海老味が弾けます。出汁の海老エキスも染みるので妙に美味いぞ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124835j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124836j:plain

 

 

 

 

<味変化1> 柚子とペッパー感が滲むペースト添え!濃厚アップと清涼感を漂わせる濃厚風雅な展開!

f:id:TOMASSOON:20211031124841j:plain

 
 さてこのペースト?ルイユ??(だったっけか)。店員さんが忙しそうだったので、聞きそびれた。駄舌ゆえ今でも不明なんだが・・・柚子とスパイス感が淡く感じるもので、肝心の本体が何だか分からん。ニンニク入りのマヨネーズ感覚のようで、とてもさっぱりしてる。さっぱりしてるが、出汁に溶かすとコクが一気に深まるので、やっぱりニンニクが少し溶けているのでしょうかね?。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124842j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124843j:plain

 
 
 
<味変化2> 山椒オイル!植物系さっぱりオイルに溶けた山椒が実に香味豊か!キレを含ませるコク深さ!

f:id:TOMASSOON:20211031124802j:plain

 
 さらに山椒オイル。この味変化アイテムが確かこちらのウリだから、トライしない手はないね。前段の清涼感とはまた違うシャープさと華やぎがあり、味わい重なるが少しクリアーな展開が痛快!。入れた方が絶対に良い。激しくオススメ!。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124846j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124847j:plain

f:id:TOMASSOON:20211031124848j:plain

 
 
 
<バゲット> カリカリローストが出汁を吸い込むふわふわ感!カラスミ添えで甘海老の旨さにもマッチ!

f:id:TOMASSOON:20211031124833j:plain

 
 とてもシンボリックな具材。カリカリローストしてある薄切りバゲット。器用に仕上げるものですね。発想がステレオタイプな私は、ガーリクバターくらいしか思いつきませんが、少し表面に貼り付けられてるのは、カラスミのようです。これがまたいいね。甘海老ビスクな出汁に浸すと非常に相性が良いので、海鮮系コクが相乗効果のように深まる!。こういうところにとってもセンスを感じさせますね。
 

f:id:TOMASSOON:20211031124844j:plain

 
 
 
総じまして「秋の休日しじまに深く染み入る!おフランスの洒落乙感覚溢れる創作系絶品拉麺!」

f:id:TOMASSOON:20211031124803j:plain

 
 ・・・と言う感動の嵐!。今回は、たまたま酒があまり飲めなかったのが残念だが、気軽でハイセンスな雰囲気だし、お洒落な旨さを味わえるので、カップルで訪れるのにはもってこいかと。もう少し、コロナ後の日常が落ち着いたら、もっと酒を合わせてながら楽しみたいと思う次第です。場所は中野駅南口のレンガ坂を上がったところ。立ち寄りやすいので激しくオススメ!。旨し!なので・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 

f:id:TOMASSOON:20211031201426j:plain

 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

関連ランキング:ラーメン | 中野駅新中野駅東高円寺駅