ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3223】 うまいヨ ゆうちゃんラーメン (神奈川・大和) ラーメン+のり+きくらげ ~まさに濃密感にどっぷりなド豚骨に浸りたる家系ならここ!

<意地で爪痕残すと言うより、後ろ髪を引かれ倒されて感じ〜>
 
 以前新橋でラーメン食ってて、今からさあ食おう!というタイミングで他客のスマホが鳴りだし、揉めた内容らしく彼は店前へ出てゆき長電話。可哀そうに、大切なラーメンを台無しにした・・・・という記憶が新しい。ちょっと年度も変わった事だし、仕事を片付けて午後休暇にしたラーメン活動であったが、今度は同じように私のスマホが、配膳直後に震えだした。画面をチラ見して・・・あぁやっぱり会社か・・・・と急激に下げモード。そして無視。先例が頭に残ってたため、絶対に電話には出ませんでした(爆)。これ、実は猫トラ亭での話・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153010j:plain

 
 
 で、食ってから店をでて、ちょこっとラーメンの記憶を整理したあとで、会社に電話したー。やっぱり揉めてたー・・。神奈川県大和市からオフィスへは、ちょっとアクセスが悪すぎですから、どこかのファミレスで仕事をした方が早い。ということでジョナサンで休暇サービスワークをしてしまいました。しかも2時間半くらい。最近のモバイルPCは、電池の持ちが良いから逆に罪だよな。仕事を終えて、PCの電源を切って、社有PCだから酒ものめず、なんだかイライラ・・・・。全く休んだ気がしない。仕方がない・・・・どこかでもう一軒、ラーメン活動をしながら帰ろうと切り替えましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153105j:plain

 
 
 いろいろスマホで探ってたら・・・やっぱり「ゆうちゃん」で爪痕残したいよなー。午後の部開くまで時間潰すかという流れ。で、もう一度ちゃんと調べてみたら、なんと!通し営業だったのには気が付かなかった!!だったら行くしかねーと、あの長い道のりをまた歩いて店方向へと戻って突撃。やはり食いたいもの食いたいし!。
 
f:id:TOMASSOON:20180423153011j:plain
f:id:TOMASSOON:20180423153012j:plain
 

 
 
 
<まさに「ド豚骨LOVE!」と言わんばかりの泡立つ豚エキスなのだ!>
 
 確かに午後4時半過ぎそこそこで、家系ラーメン屋が賑わうはずもないけど、それでもパラパラと先客がおられる。集配業の運転手さんらしき方が、誠に遅い昼飯になってしまった・・・感がひしひしと伝わる。豚骨の香り立ち込める店内は、そういった労働者の哀愁にも近い、エレジーに包まれた気だるい重さがいい感じなのでした。オレも折角の半日休暇を乱された、やさぐれ気分。オレ達気が合ってたかもしれません。そんな感じで雰囲気に浸っていたところで、空気読まないハキハキイ元気さ一杯で配膳してくれたのが、この麺顔です。
 

f:id:TOMASSOON:20180423191515j:plain

 
 ははははは!まさしく気だるい空気感全く読まない、海苔増しの凛々しさと華やかさ!。しかもゴリゴリのきくらげも追加で、やる気満々といった風貌。結局、ラーメンだけはどんな時でもやる気満々な私なわけです。本当はここに、ねぎを増したかったんだけど、+150円が痛かったという小心者。ちっちぇえ自分。それでも単純バカだから、配膳されただけで元気になってしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153031j:plain

 
 まずはスープからいただくんですが、レンゲを差し入れる前から「ド・とんこつ」の風合いが伝わってきます。スープのマットな褐色肌色が正に濃厚なのですが、そこには泡立ちが見受けられ、丼の端っこにあるエキスの貼りつきなどみると、相当の濃厚さが伺えます。家系自体は濃厚なんだけど、それをさらに上を行く感じ。デフォルトでこの状態です。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153102j:plain

 
 実際に食べても濃厚豚骨の世界そのものですー。家系の醤油豚骨と言えば、鶏ガラとチー油がかなりの存在感を示し、塩気と結びつきますが、この鶏感がデフォルトでは意外と低め。それだけに濃厚豚骨に歯止めがかからないように、ズドン!とそのままダイレクトに食べ手に伝わってきます。九州系豚骨とはまた違った、塩気の低めなダイレクトボディ。塩か醤油ダレかの違いで、こんなにも印象が違うんですね。口のまわりに貼りつく動物系のコラーゲン感も、あまりカピカピしないし、やはり濃厚豚骨の反比例で鶏が抑え目な気がするー。気のせいか背脂が少し浮いているような気もするが、鶏だったら全く説得力を失いますな(苦笑)。
 

f:id:TOMASSOON:20180423191513j:plain

 
 醤油ダレの感覚もなかなか。しかし私は、この日は図らずも二杯目ということもあって、自分自身に加速の鈍さを覚えたため、ニンニクとフライドオニオンを投入してしまいましょう。嗚呼、どうして濃厚豚骨にニンニクはこんなに合うのだろう。別腹で食えるとはこのこと。大気圏を脱して軌道高度へと運ぶ二段目ロケットのように、爆速で食いめます。入れ過ぎてちょっと苦みもあったかも(笑)。
 
 
 
<クシクシ感キープの中太ストレート麺!分厚い汁を受け止める>
 
 酒井製麺をはじめとする、典型的な家系の太麺ですね。もうこれだけで、多くを語ってしまうほどに、ティピカルなクシクシカタメな風合いがナイス。カタメがちゃんとしてると言うか、前歯に力を入れるとプツリと割けるが、歯の裏側に当たったような時点で、この手の麺風合いがふわっと伝わります。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153103j:plain

 
 超濃厚なスープをしっかりと受け止める炭水化物のしっかりした味わい。奥歯で潰しても風合いキープで最後まで味わえるのがいいね。やはり濃厚スープは浸透度については弱いということか・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153104j:plain

 
 
 
 
<9枚のエリマキな海苔ときくらげで、バリバリと麺を絡ませる>
 
 海苔がすばらしい。これを見て、エリマキトカゲと例える人は年齢がばれる。一枚一枚はがして、本来なら白飯を食うところですが、今回は麺を巻いて食い続けました。もうこれだけあれば、最後の最後まで堪能ですよ。それだけに飽きたらず、ときどき海苔にキクラゲなんかを載せてそれで麺を合わせて食らいつく。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153032j:plain

 
 海苔の少しバリっとした感覚と、キクラゲのゴリゴリした歯ごたえと、カタメ茹で上げの太麺のクッシリさが、見事にコラボというか、カオスというか、歯ごたえと味わいの良さに身震いしつつ、食らって楽しんでおりました。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153034j:plain

 
 
 
<非常にとろみと柔らかさのある肩ロース肉! ^_^>
 
 肉は肩ロース肉でしょうか。まるでもも肉のようなフワフワ感でしたが、脂身の感じが蕩けて甘く、一口で食いきることに勿体なさを覚えました。あと1枚あれば、いろいろ海苔を使ったりして楽しめそうな気がしましたので、次回はチャーシューメンにして、シンプルに食っても面白そうです。スープもトッピングも豚まみれと言うテーマで!。
 

f:id:TOMASSOON:20180423153033j:plain

 
 
 
 総じまして、「まさに濃密感にどっぷりなド豚骨に浸りたる家系ならここ!」と言う感じでして、そのまま何の捻りもない感想まとめでごめんちゃい!。なんと・・・残すかと思ってたスープも飲み干しそうでした。これは、この日二杯目なので、これを飲み干すとヤバいのではないか?という配慮のためですので、あしからず。今回は慌てて訪問してしまいましたが、ここは改めて、腹を空かせてからガッツリと行きたい店ですよね。あまりに活動エリアからアクセスが不便ですけど、今度はガッツリと勝負させていただきたい次第です。ネギも肉も追加してね!。そんな今回の感動と次回の期待を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   男なら
   ドンと食いたい
   ド豚骨
 
 
   気おくれ無用
   薬味で爆食
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeでまとめてみました!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 大和駅

 

小さな会社の事務がなんでもこなせる本

小さな会社の事務がなんでもこなせる本

 
小さな会社の総務・経理の仕事ができる本―初めてでもよくわかる

小さな会社の総務・経理の仕事ができる本―初めてでもよくわかる

 
これだけは知っておきたい「会社の総務」の基本と常識

これだけは知っておきたい「会社の総務」の基本と常識